FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

Pick Up

【最近のエントリー】



WARNING !



  



 人により程度は異なりますが、当サイトのコンテンツはあなたのマゾヒズムを刺激し、女性を崇拝したり、女性から支配されたくなる願望を強める可能性があります。

 
本当は、見ないでほしい(>_<)

*当ブログ内のコンテンツを許可なく転載されるのは別に気にしません。
 
 閲覧に関しては全て自己責任でお願い致します。こちらは無責任です。



 


ようこそ! お訪ね頂きましてありがとうございます。当ブログの最新記事はこの下から始まります。


  【定期購読中】新着RSSフィード


六本木レーヌ・良美女王様ご降臨! 


良美女王様


 最近、過去記事へのコメントで、バブル以前の六本木が話題となったりして、懐かしく思い出しています。

 折りも折り、池袋に新しくオープンしたファム・ファタールというSMバーに、往年の六本木レーヌでご活躍されていた良美女王様がご降臨されているとのこと。

 昭和のSMを知る前期高齢者マゾには、ちょっとそわそわしてしまいそう。

 ファム・ファタールというのは、この世界ではわりとおなじみの言葉なんだけど、これまでありそうでなかったお店の名前です。

 僕が知らなかっただけで、以前どこかにあったのかもしれないですが、今回池袋にグランド・オープンしたのは、元アマルコルドの凛子ママが仕切る、正真正銘のSMバーです(たぶん)

 ハナシだけ聞いていて、まだ僕は逝ったことないのですが、そのうち顔を出してみようかな〜と思っています。

 



[ 2019/08/15 10:56 ] トピック | トラックバック(-) | CM(2)

平常心でSMを楽しみたい 

 She-Shupos_Old-M-magagin.jpg


 たいていのSMプレイでは、興奮状態なんだろうと思う。

 性的にエキサイトしているとか、勃起のハナシでなく(それもあるけど)

 冷静な判断力が低下するような感じ。

 例えば僕は、プレイ中にはメガネを外していますが、ある時メガネをかけたまま、外したと思っているメガネを探したりする(これは普段でもよくある)

 まぁ、初期の認知症を疑うべきかもしれないけど、非日常的な空間の中で、ふわふわと浮ついた気持ちで、女王様のちょっとした指示や言葉へ臨機応変にリアクションを取れないことがある。

 別に動揺しているわけでもないのに、何が何だかよくワカラナイ(>_<)

 新人女王様にありがちなフリーズともまた違う。

 まぁ、それもソレで、楽しい時間ではあるわけですが、もう少し落ち着いて、ひと呼吸おいて、まったりとSM的体験を味わいたいもの。

 平常心というやつは、

 「今から自分は平常心になりま〜す!」

 といくら宣言しても、なれるものではない。

 気づいた時には、すでに失っている
     (そのことに気づいていないことがほとんど)

 なるべくなら、女王様との時間を大切にしたい。

 そのような思いから、「いまココ」にいる感動をじっくりと見つめられるよう意識するようになった。

 そうはいっても、女王様の方もいろいろとやってくれますから、戸惑ったり、ウハ〜(>_<)となったり、セッション中は頭がテンパって、女王様に「アヘ顔」晒して、とても冷静ではいられるわけがない。


She-Shupos_1.jpg

 女王様も、冷静にシラけているマゾを見ていてもツマラナイだろうから、こちらも演技的に興奮しているようなフリをすることもあるけれど、それは別に「平常心」からではなく、どちらかというと「忠誠心」に近い。

 忠誠を尽くしているフリというのは、それが偽りでも、忠誠を尽くしていることになる
(と思う)
 
 結局、マゾが自己満足のためにご奉仕しているようでいて、女王様がそれで楽しければ、そういうことも全部ひっくるめて、お互いにウイン&ウインの体験が可能だし、本来そうあるべきなのだろう。

 興奮状態で頭の中が真っ白になるのもいいけれど、女王様がきちんと楽しまれているご様子を、きちんと確認できる余裕があったほうが、より充実したセッションが共有できると思う。

 エゴマゾよろしく己の快楽に突っ走るのではなくて、女王様の快楽・満足のために、己を消し去り、

  無我無欲の境地でご奉仕する。

 その心意気が、地球環境よりもやさしく女王様に配慮したエコ・マゾヒズムへの道しるべとなるであろう。


 どうでもいいか、そんなコト。










[ 2019/08/10 20:55 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(0)

こまめに聖水補給 

こまめに水分補給
  
 極限状態的に喉がカラカラだと、おいしく頂けるんだろうか(>_<)

 可能であれば、氷を用意して、オンザロックで・・・ ...

 いやイヤ、やっぱりやめとこう(>_<)

 
dehydrate :

【自動】 水分を失う、脱水状態になる



GARTAR.jpg



■ 聖水拝受
聖水拝受PK_TB


■ 家に帰ると夫が必ず便器になっています
家に帰ると夫が必ず便器になっています(^^)



[ 2019/07/27 19:10 ] たわごと | トラックバック(-) | CM(7)

人生は美しいアルバムじゃない 

yasojikara.jpg

 恥の多い生涯をおくってきました(>_<)

 ボケ〜としていたら、いつのまにか平成が終わって令和が始まっている。

 その令和元年もすでに下半期。

 僕は来年、還暦を迎えますが、思い返せば昭和の終わりにバブルがはじけて「失われた三十年」の平成が始まった時、60歳はガチで年寄りに見えた。

 30歳の僕にとって、60代の老人はすでに「終わった人」(>_<)

 その60代にまもなく突入する今の僕の心境としては、まだ全然終わってない(>_<)

 あの頃に知遇を得た先輩方(当時50代〜60代)の訃報を、最近耳にするようになっても、僕自身には、老いて死が間際という意識は全くない。


 とはいえ、もちろん「これからの人」という意識もない。
 
 バラ色の未来は見えず、人生に悔いや羞恥心がたくさん残っている。

 それでも、それなりに楽しかったし、マゾ人生も充実していたんだと思う。

 思い出だけが通り過ぎて逝き、今の風景は静止画として残らない。

 人生は美しいアルバムじゃない

 視力の悪さもあるのでしょうが、世の中の景色がかすんで見える。

 人生は、美しくなくても、撮れなかった写真のようなものかもしれません。


 「失われた世代」を代表する米国の批評家マルコム カウリー の「八十路から眺めれば」によると、老化の目安は

美女と街ですれ違っても振り返らなくなった時

 なんだとか。

 現代では社会の空気をつくるのはSNSで、換言するなら、Twitterやブログで美しい女王様を見かけても、そのつぶやきが心に刺さらなくなるということか・・・。

 「いいこと言ってるな」とは心の中で思っても「イイネ」をポチるほどでもない。

 馬之介パイセンは「イイネ」押しまくっていますが、この感性、行動力は見習いたい。

 ミスターSardax もいい歳こいて勢力的につぶやき、リツイートしまくっている。

 少なくとも平成の時代は、ネットで画像や動画をむさぼるように追い求めていたように思うのですが、そのモチベーションが最近下がってきているような気がするのは、気のせいだろうか。

leg_Fethish_image.jpg

 かろうじて救いなのは、体力や性欲は衰えても、「マゾ欲」だけは昔のまま変わっていない。

 マゾヒズムも厳密には性欲の一種で、倒錯という名のセックスみたいなものなんだろうけど、街で見かける美人とすれ違い、振り返って見ても「寝たい」とは思わず、ただ単純に 踏まれてみたいとか、跪きたいとか、可能であればその後で

 足を舐めさせて頂いたり、顔面騎乗されてみたい とか、

 そういうことだけはいつも考えているのですが、何か問題ありましたでしょうか?


 人生は下り坂でも、マゾとしての妄想力だけは臍を固めて、かすんだ景色に目を瞠って逝きたい。






[ 2019/07/13 11:24 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(16)

SM関係の調べもので検索したら、ヒットしたのは自分のブログの過去記事だった 

 モーロクしたもんだ〜(>_<)
 
 初期の認知症かもカモ皮を剝かないで〜(>_<)(>_<)

 かつて自分が知っていたことを忘れる。

 これは老化による普通のモノ忘れなんだろう。

「メタ記憶」という言葉がある。

 例えば、なんか用事があって家の2階に行ったはいいけど、さて「何しに来たんだっけか?」となったりする。

「自分が何かを忘れている」という事実だけは認識している状態は、まだマシなのだとか。

 2階に到着したら、もう別のことをやりだして、何かを忘れてしまったことを忘れてしまうと、アブナいらしい。

 まもなく還暦なんだけど、最近は昭和の時代の思い出をよく夢に見るようになった。

 もう忘れてしまいたいくらい恥ずかしい記憶もあるけれど・・・

レイチェル


 映画「ブレード・ランナー」のレプリカントの連中は、「記憶」を欲しがっていた。
 
 現在のAI(人工知能)は、まだそこまでのレベルには至ってはいないようですが、僕たち人間にとって思い出というのは、求めるというよりは、失いたくないもの。

 常に頭の中にあるわけではないけれど、ふとしたきっかけで思い出してほっこりしたり(あるいはバツの悪い思いをすることも)、残っていてよかった(なかったことにしたい)などという感情が沸き上がってくる。

 そんなレトロな思い出も、羞恥心とともに大切にしまっておきたい今日このごろであります。

 忘れたくない大切な思い出もたくさんありマスターベーション。


 どうでもいいか、そんなコト。







[ 2019/07/03 19:03 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(6)

恥ずかしがり屋さんの Sardax ? 



 僕が敬愛する著名な Femdomアーティストの Sardax 氏が、彼自身の懐かしい思い出?をブログで綴られていました。

Meeting a mistress pre-Internet

 あれほど素晴らしく過激なイラストを描きまくっているわりには、かつて恥ずかしがり屋さんだったのかもしれない?ことが思い浮かぶような、興味深い内容です。

 インターネット時代の夜明け前、自分が理想とする女王様と出合う手段は限られていた。

 それは日本でも英国も変わらない。

 若かりし頃のSardaxは、今でこそ仕事の一環としてミストレスと出会っている境遇を、夢にだに想像し得なかったと告白しています。

 ロンドンのソーホー地区にあった公衆電話の描写は、東京の六本木のそれとほぼ同じ。ボックス内に貼りめぐされた違法で猥褻なチラシ広告も、ウエブサイトに現れる現在のポップアップの源流だ。最新のテクノロジーも、やってることやアイデアは昔からさほど進化してないような気がする。

 そこからSMクラブへ、恐るおそる電話する。受付係は、女王様の身長やスリーサイズを「イイカゲン」に客に伝える。予約が完了すると、電話ボックスの近くにある薄暗い地下の部屋へと案内されるわけだ。そして、願わくば自分のファンタジーを叶えてくれるような舞台との出会いは、たいてい失望の幕を閉じる。

 Sardaxは、もう一つの、まっとうな Optionとして、交流投稿媒体の利用を紹介している。
A5サイズの安っぽいモノクロ雑誌で、日本で言うなら「SMシークレット」の読者投稿欄のようなメディアだろう。これも、全くおんなじで微笑ましい。

Image_02-contact magazine


 昔と今の大きな違いは、その情報量とクオリティだ。

 Sardaxの青春時代には考えられない手段とツールで、自分の理想とされる相手とのコミュニケーションが、恐ろしく容易に可能となった今、 内気でシャイな人々には福音ではあるが、かつての暗い体験のリスクが完全に消えたわけではない。
 
 自分の過去をSardaxは、古き良き時代の思い出と振り返っているというよりも、おぞましい黒歴史として語っているように僕には読める。

 未知なるプロ女王様とお目にかかるには、相当の覚悟がいる。

 人間関係のリスクは、時代や装置が変わっても、常に僕たちを脅かしている。

 ネット社会は便利な反面、想像以上の脅威が潜んでいるのではないだろうか。

 Sardaxは、やみくもにネット時代を礼賛しているわけではなさそうです。

 
 「黄金の時代は終わったかもしれないが、暗黒時代の始まりではない」と、含蓄深く結んでいる。

 慎み深い英国紳士としての一面が垣間見える、心に沁みるエッセイでした。




■ Sardax 英国紳士の描くSM絵画
Sardax_鞭



■ Sardaxの世界 Fedmom 美術の芸術性
Sardax_Harp


【関連エントリー】

*以下の記事で Sardaxのイラスト作品を何点か紹介しています。


■ 女王様の肖像画

■ 毛皮を着たヴィーナス

Sardax ~英国紳士の描く上品なミストレスたち

■ 顔面騎乗に市民権を与えた男




[ 2019/06/24 15:44 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(2)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ