FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

Pick Up

【最近のエントリー】



WARNING !



  



 人により程度は異なりますが、当サイトのコンテンツはあなたのマゾヒズムを刺激し、女性を崇拝したり、女性から支配されたくなる願望を強める可能性があります。

 
本当は、見ないでほしい(>_<)

*当ブログ内のコンテンツを許可なく転載されるのは別に気にしません。
 
 閲覧に関しては全て自己責任でお願い致します。こちらは無責任です。



 


ようこそ! お訪ね頂きましてありがとうございます。当ブログの最新記事はこの下から始まります。


  【定期購読中】新着RSSフィード


精神の拠り所となってくれた春川さんのマゾ絵画 

Namio_Memorial_Ex01.jpg
[ 2021/03/01 13:06 ] 試験に出る春川ナミオ | トラックバック(-) | CM(2)

持続可能な顔面騎乗 

春川ナミオ_スタンディング顔面騎乗

 女王様には申し訳ないけれど、座るというよりは立って頂きながらの顔面騎乗になります。

 春川ナミオさんも実は、強烈に苦しい顔面騎乗ばかりでなく、この種のスタンディング顔面騎乗図を、実際には多く描かれています

vintage_Love


 このスタイルは高齢者向きというか、顔や首への負担が少なくて安心・安全だと思う。

 先日のセッションでもこんな感じでお願いしました。

 いわゆる「持続可能な顔面騎乗」といういうやつで、人生百年時代のマゾにはオススメです。

 しかし、その後で女王様が「やっぱり座りたい」とおっしゃり、顔の上でなくてほぼ首の上にお座りになって、とてもまったりした顔面騎乗になりました。

 昔、「よくわかる顔面騎乗」でご紹介したスタイルに近く、呼吸も楽で、快適な顔面騎乗でした(>_<)

 エロいんだけど、冷静に、『イマココ!」感を味わえる。

 たいてい、顔面騎乗されると「ウハ〜」状態で平常心を失っているのが常ですが、まったりと、心ゆくまで己のマゾヒズムを堪能できたような気がします。


 僕も長年、顔面騎乗にこだわってきたつもりでしたが、こういう体験や感覚は、若い時にはなかったです。

 いや〜、顔面騎乗って、ほんといいものですね!

 それでは皆さん、またお目にかかりましょう。

 サヨナラ、サヨナラ、 サヨナラ!




■ 顔面騎乗の社会的評価



■ 彼女に顔面騎乗をしてもらう9つの方法
彼女に顔面騎乗をしてもらう9つの方法




スタンディング顔面騎乗でも、これはツラい(>_<)

 ジェーン
 手はお尻を支えるため添えられるよう、縛らない方がいいよね。















[ 2021/02/26 14:10 ] 顔面騎乗探求 | トラックバック(-) | CM(0)

ラ・シオラは裏切らない! 

 ブログの更新が滞っていたせいか、各方面から生存確認的なお問い合わせやメッセージを多数頂きまして、皆様にご心配をおかけして申し訳ないです。

 僕は変態ですが、身体は健康でして、なんとか元気にやってます。

 励ましのお便り、ありがとうございました。

老い先短い爺


 もう、還暦も過ぎるとさ、不要不急の用事しかネ〜のヨ(>_<)

 (ちなみに、僕と今の天皇陛下は同年代。どうでもいいか、そんなコト)

 若い頃のようなモチベーションは持続可能だが、おうちで過ごすのは苦痛ではないし、監禁されてみたいとかいう妄想を膨らませたりして、ファンタジーだけは相変わらずアクティブです。

だけど、昨年はSM的な活動を、ほとんどしなかった。

喪に服していたようなもので、別にコロナがあってもなくても関係なかったと思うけど…


 とにかく、このご時世、非常事態宣言継続中にSMクラブに逝ったら、いったい、どういうことになるのだろう?

 コロナが怖くて、SMはできない。

 究極の濃厚接触だし、もとから死ぬ覚悟である。

 というわけで、久しぶりに某有名SMクラブに、ダイレクト参拝してきました。

 絶対に秘密ですが、3年ぐらい前から、ちょっと気になる、というか気に入っている女王様がいて、それこそお互いの生存確認のごとく、ご挨拶程度でもいいから顔が見たくて、逝ってきまスた(>_<)

 一応、フェイス・シールドとマスクをして、それなりの感染予防対策を講じて。

 いや〜、いつも通りでね、安心しまスた。

 最初の挨拶の時だけはお互いマスクしてた(ように思う)んだけども、セッションが始まれば、そんなものジャマ臭いし、飛沫飛び交う空間で思う存分楽しめました。

 よくよく考えてみれば(いや別に考えなくても)、SMクラブで時短営業やリモートはありえないでしょ?

 ソーシャル・ディスタンスをキープする顔面騎乗なんて意味不明だし、女王様はしっかり接触してくれまスた。

 コロナ禍では、カラオケや飲み会はNGでも、SMクラブだけはOKです。

 小池都知事も許してくれる(多分)

 歳をとっても、コロナが終息しなくても、SMだけはやめられない。

 SMのない人生なんて、クリープをいれないコーヒーのようなもの。

 ただ、やっぱりSMクラブでクラスター発生!なんてシャレにならんから、皆さん、やるからには、感染予防・防止対策には気をつかって逝きましょう。

 楽しくなければ、SMじゃない。

 経済のグローバル化にSMは間違いなく貢献している。

 こういう時だからこそ、マゾはSMクラブに逝くべきなんだ!

 マゾじゃない皆さんも、興味があるならぜひ逝ってみて、楽しまれてはいかがでしょう。



 いや〜、SMって、ホント、いいものですね。

  それでは皆さん、またお会いしましょう。

日曜洋画劇場 淀川長治

 サヨナラ、サヨナラ、 サヨナラ!





【あまり関連してない他のブログ】

with_Mugi_at_Mazo_Sute.jpg

 ブログ仲間の mugi ぴょんの「マゾほど素敵な性癖はない!」にゲスト出演しちゃったりなんかして(>_<)



[ 2021/02/23 20:36 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(3)

春川ナミオ追悼展〜 Exhibition in memory of Namio HARUKAWA 

春川ナミオ追悼展

 ヴァニラ画廊(東京・銀座)で春川ナミオ追悼展が開催されます。

 原画の展示と販売の他、新作画集も刊行予定とのこと。


 *事前予約制でチケットも事前購入が推奨されますが、当日イキナリ行っても、ワクに余裕があれば当日券も入り口で購入可能なようです。詳しいお問い合わせはヴァニラ画廊まで。

 時節がら、行列ができるほど3密になるとは思えませんが、観に行かれる方は感染予防対策をしっかりされて下さい。


 これまでに春川さんの個展やギャラリーは何度も観てきましたし、僕自身も「原画展」を企画するなど、キュレーションも担当したことがあったのですが、今回だけは気がすすまない・・・

 北川プロの方でも「お別れの会」をしんみりとやるようなお話もあったみたいですが、正直なところ、お別れなんてしたくない(>_<)

 春川さんの他界は、僕の心の中では「なかったこと」にしています。

 コロナ禍に明け暮れた今年は、奇しくも DVD「顔面騎乗に花束を!」の発売十周年ということで、昨年から記念の原画展を準備していました。

 今年の春にはゴールデンウィークに実現の目処をつけようとしてましたが、まさか春川さんが急逝されるとは思ってもいませんから、企画だおれというよりは、実質的に自粛というか、立ち消えになった。

 しかし、もし春川さんがご存命でも、コロナ禍で実現は難しかったとも思われます。

 ですから、このタイミングで「追悼展」というのは、気持ちにケジメをつけなければならない僕としては、ありがたいと言うと語弊がありますが、救われるようにも感じるところであります。

 先日、僕と同じ年齢のマラドーナが亡くなりましたが、同じ時代の空気を吸っていた人が逝くのは、身内や親しい友人とのお別れ同様に辛いものがあります。

 まぁ、こういうことは、避けては通れないさだめみたいなものですが、これからも、何度もそういう思いをしなければならない・・・と思うと、寂しい気持ちになってくる。


 
 僕が30代に突入したころ、「40才は二度目のハタチ」という広告コピーがありました。

 その当時は、約10年後の40歳なんて、まだ先の先すぎて、漠然としかイメージできなかった。
 
40歳は二度目のハタチ

 しかし、歳を重ねてくると自ずと自覚できてくるのでしょうか、少なくとも、永遠には生きて逝けない人生の儚さを、しみじみと感じております。

 まぁ、還暦は3度目のハタチとでも思って、人生百年時代を、残り少ないかもしれない余生を、前向きに、ポジティブに生きて逝きたい...(>_<)



 春川ナミオ追悼展
Exhibition in memory of Namio HARUKAWA

ヴァニラ画廊展示室AB

2020年12月22日(火)〜1月7日(木)

※12月31日、1月1日休業

December 22, 2020 (Tue) to January 7, 2021 (Thu)
* Closed on December 31 and January 1

入場料
Ticket
オンライン予約:800円
当日券:1000円(残枠がある場合のみ発売)

Advance:¥800 Door:¥1000






 



 



[ 2020/12/20 09:35 ] 試験に出る春川ナミオ | トラックバック(-) | CM(5)

Go To SMクラブ 


「週刊ビッグコミックスピリッツ」 2020年51号


 このコミックに出てくる「日暮里駅前クンニ塾」は実在するお店らしいのですが、ごく普通の風俗店でありながら、SMクラブテイストとでもいうのか、M心に刺さるものがあるような気がします。(行ったことはないんだけど、ちょっと行ってみたくなりまスた)

 僕は、別にことさらクンニをしたいワケではない。

 もちろん、女王様からのご命令とあらば、まぁ、やぶさかではないが(>_<)

 SMプレイで顔面騎乗をやっていると、場合によってはアナル奉仕からクンニへとシフトすることもある。

 このあたりは、デリケートなタイミングで相手にもよりますが、クンニそのものがプレイのメインコンテンツとなることは稀かもしれない。

 まぁ、よくあるのは「ご褒美」的な意味合いのオプションで、いいか悪いかも含めて、技術的な評価はおざなりにされてきたように思われます。
 
 しかし、せっかくお許し頂くからには、女王様にも楽しんで頂きたいというのがM心というもの。
 
 女王様としては、M男相手にそれほど期待してないでしょうが、なるべくなら気持ちいい体験をしたいと思っている(と思う)

 そのための基礎というかノウハウがあるのであれば、マゾとして(男として?)習得しておいたほうがいいと思うのですが、何か間違ってますでしょうか?

 僕的に「願わくば」、になりますけれど、顔面騎乗(アナル奉仕)の最中、

「そうじゃない!」とか、

「もっと舌を伸ばして!」など、

 こと細かく指示やお叱りを頂きながらご奉仕するというのが理想なのですが、これもどこか問題ありますでしょうか?

 このようなコダワリというか、言葉では説明しきれない微妙な心の動き(つまりは舌の動き)みたいな世界を、可視化するというのは、本当に難しい。

 今年の春に急逝した春川ナミオさんは、はるか昔にアナル奉仕における舌使いについて見事にビジュアライズ化されていました。

SM研究会_春川ナミオ

 SMプレイにおけるマゾヒズムというのは、そういう面倒くさい段取りをとっぱらっちゃてでも、満足を追求するエゴイスティックな部分と、女王様のために己を消し去り、崇拝して、ご奉仕するというストイックな面の融合の上で成り立つ特殊で歪な世界だと思います。

 それにしましても、三密や濃厚接触の避けられないSMプレイにこそ、自治体の補助金や割引などが適用されるべきだと考えます(考えてるだけ...)

 僕は、別にコロナ禍でなくても、常に死ぬ覚悟でSMクラブに逝ってます(>_<)

 どうでもいいか、そんなこと(>_<)(>_<)(>_<)



 

*ホイチョイ・プロダクションズはたまにSMっぽいネタで仕掛けてくるので、見逃せない。

匂わない聖水
匂わない聖水_サムネイル













 


[ 2020/12/01 17:26 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(0)

Les enfants du Paradis 「天井棧敷の人々」 



 元来アウトドア派でもない僕なのですが、巣篭もりが続きインドアで映画見るのも、いいかげん飽きてきたこともあって、マルセル・カルネ監督の有名な仏映画「天井棧敷の人々」を映画館で観てきました。
(現在、東京・恵比寿ガーデンシネマで上映中

 40年ぐらい昔に、初めて見た時は、ジャン・ルイ・バローのパントマイムが強烈に想い出に残る不思議な作品という印象でしたが、20年前にあらためて見た時には、第二次世界大戦時のナチス占領下で製作されていたという、歴史的背景なども理解しつつ観賞し、感銘を受けたのを憶えています。
 (メインスタッフには、ユダヤ系の人々も携わっていた...)

 日本では80年代以降から、5年〜10年間隔で時折、大々的にリバイバル上映される定番映画でもありますが、今回は4Kデジタルで修復された美しい画質で(音質も)、ひときわ鮮やかです。

 修復されていなくても古さを感じることのない永遠の名作だとは思うのですが、衣裳のテクスチャーとかオープン・セットの臨場感など、1945年公開とは思えない新鮮な美しさには唖然としてしまう。

 僕よりひと回り上の世代には絶対的なレジェンド映画で、今さら僕が言うのも恥ずかしいけれど、世界的・国際的にも映画史上に残る不滅の傑作ですので、若い方にはもちろん、全ての未見の方には強くオススメします。

 あまりにも有名すぎて、おそらくこの拙ブログの読者であれば、既に見て知っている人がほとんどだと思いますけれど、何度も見ても楽しめるし、新しい発見や感動を味わえる、本当に一粒で二度も三度も美味しい(← もしかして死語?)映画です。

 DVDも出てますが、やはりこの作品は、物語の設定が劇場や舞台俳優を主人公にしていることもあり、たとえコロナ禍であっても、いや、だからこそこの機会に映画館で鑑賞するに値するのではないだろうか。

 演出や美術が見事なのはもちろんのこと、脚本がシャンソンの「枯葉」の作詞で知られるジャック・プレヴェールで、この映画の台詞はすべてが抒情詩のように素晴らしい。

JackP_book.jpg

 僕が還暦を迎えたからといって、そうした情緒を理解しているとも思えないんだけど、なんだか良質な文学作品を味わうかのごとく字幕を夢中で追っている自分に、思わず気恥ずかしくなってしまった。

 絵画や音楽でも、近年は心の底から感動するという経験から遠ざかっていたので、若かりし日のウブな自分を懐かしく思い出したりして・・・

 かつて自分がウブだったことなんて、自分自身にも絶対に秘密にしておきたい忌まわしい記憶だ。

 まぁそれはともかくとして、味わい深いセリフやシーンの洪水で堪能した。

 例えば、舞台で行われているパントマイムに天井桟敷から観ている客がヤジを飛ばすと、その下にいる別の客が「やかましい!無言劇が聞こえねーぞ!」と怒鳴り返すシーンに象徴されるように、あちらこちらに散りばめられたさりげなく粋な言い回しが、詩的リアリズムを感じさせてくれます。

 休憩を挟んでの二部構成で、第1幕約100分、第2幕約90分の3時間を超える大作ですが、お芝居を観るような気分でのんびりと、まったりとご覧いただきたい。

 本当に時間の経つのを忘れるくらい癒される。

 こんなご時世のせいか、まさにヒーリング・ムービーとも言えるかのではないだろうか。

 普通なら満席となりそうな企画・作品なのに、入りは半分以下でガラすきでした。

 三密はないので快適だし、入場時に検温と手指の消毒といった段取りもきちんとあります。

 ちなみにチケット購入はネットですが、入場時に「マゾ花で見た」と言えば、料金が2割引のキャッシュバックに、なりませんのでご注意下さい (。。)☆\バキ






 ほとんど関連してないエントリー・・・

■ ロマン・ポランスキー監督「毛皮のヴィーナス」

毛皮を着たヴィーナス2014年映画




■ 映画「毛皮のヴィーナス」を見て

毛皮のヴィーナス_フライヤー




[ 2020/11/14 08:48 ] FemDom座映画劇場 | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

18位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ