FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

Pick Up

【最近のエントリー】



WARNING !



  



 人により程度は異なりますが、当サイトのコンテンツはあなたのマゾヒズムを刺激し、女性を崇拝したり、女性から支配されたくなる願望を強める可能性があります。

 
本当は、見ないでほしい(>_<)

*当ブログ内のコンテンツを許可なく転載されるのは別に気にしません。
 
 閲覧に関しては全て自己責任でお願い致します。こちらは無責任です。



 


ようこそ! お訪ね頂きましてありがとうございます。当ブログの最新記事はこの下から始まります。


  【定期購読中】新着RSSフィード


顔面騎乗礼賛 

新しい元号・顔騎


 最近、SMバーなどで、素人S女性さんとお話する機会が増えました。

「素人」という表現が適切かわかりませんが、プロではない、というぐらいの意味です。呼び名は素人でも、初心者とは限らず、考え方やスキルがしっかりとした女性も多い。

 僕が初めて、いわゆる「S女」らしき人と接したのは、昭和の時代の二十歳の時。相手はプロで、その時にやはり初めてSMプレイをしたわけですが、お店に所属しているのかプライベートでやってるかの違いぐらいで、そもそも「S女」という存在自体が稀であり、一般女性もまだまだ社会進出はしていなかった。
 (SMクラブで女王様やってますっていう女性だって、真性S女とは限らない)

 平成生まれの若いS女性が、ものおじせずに「何が好きなの?」と訊いてくるあたり、それだけでライトな言葉責めのようで萌えてしまいますが、僕は恥ずかしがり屋さんなので、「顔面騎乗です!」とハッキリとは言えない(>_<)

 ハナシが弾んで少し打ち解けてからならともかく、初対面の女性にそんなコト言うのは、恥ずかしいというよりも、品がないというか失礼にあたるような気がして。

 しかし、最近の強気なS女性は、「はっきりと言いなさいヨ!」とたたみかけてくる(それは、それでいいと思う)

 そこで僕が「お許し下さい(>_<)」と言った時、あるS女性は、「マゾのお許し下さいは、命令形よね〜」と宣った。
 
 これに僕は、打ちのめされました。

 そんなつもりはなかったけれど、言われてみればおっしゃる通りで、傲慢なエゴマゾの片鱗を見せてしまったことを恥じた。

 妄想や願望を実現するために、こだわりを謙虚に自己主張する(それを『謙虚』というオクシモロン)状況は多々あります。

 まともな神経ではとても口にできない、恥ずかしいことを、相手にわかりやすく言うのは、難しい。

 なんとか言えたにしても、理解して頂けるかどうかワカラナイし、誤解されてしまうぐらいなら、何も言わないほうがマシという気持ちで「お許し下さい」という表現を選んでいる。

 しかしこのオプションは、コミュ力が高い女子には不満となるらしい。

 素人S女性だって、SMバーではカミングアウトしても、M男と同じように表社会では隠している場合もあると思う。

 何でも正直に、自然に言えたらどれほどいいかとは思っていても、根はひねくれた恥ずかしがり屋さんなので、いかんともしがたい。

 本心では、顔面騎乗が好きだ〜と、叫んでみたいのに。





 先日、某所でそれがプチ実現しました。

 「顔面騎乗の発明(顔面騎乗の文化史)」というプレゼンテーションを、不特定多数のお客さんにトライさせて頂いたのですが、これがけっこう気持ちよかった(^^)

 言えばしてもらえるとは限りませんが、とにかく、好きなことは好きだと、はっきり主張するポジティブな姿勢は、コミュニケーションスキルとして重要なのでしょう。
 
 難しいとは思うけど、ダメもとで言ってみて、本当にダメになっても凹まないことだ。

 実現すれば、ラッキー!ぐらいに、ゆるく考えておくとよろしいかと。

       ↑ 顔面騎乗のハナシですよ! 
 


     何か問題ありましたでしょうか?




[ 2019/02/17 17:53 ] 顔面騎乗の発明 | トラックバック(-) | CM(2)

死後のコレクション? 

絶対に秘密

 昨年末の大掃除の時、部屋で押し入れの整理してたら、こんなの出てきた。

 いったい何だろう? いつ作ったのか、忘却の彼方。

 どうやら、このお手製のラベルは、自分の作のようだ。

 見つけた瞬間に、不覚にも笑ってしまったのですが、中に何をいれたのかを何も覚えていないのがショック。

 歳とったんだな〜(>_<)




 開ける勇気が、出ない。



 ブログネタにはしても、絶対に秘密にしておこう・・・




 ■ 性癖の親バレ  (2005年 11月10日付記事)



[ 2019/01/26 15:11 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(6)

ある老マゾヒスト氏との邂逅 

 「後ほど、バグをお見せします」

 まもなく古希をお迎えになるというその御仁は、お互いに自己紹介が終わった後で、10歳も年下の僕に、なんともご丁寧な物腰でおっしゃる。

 どんな「不具合」なのだろう?と、マジで心配になりましたが、「橋」と「箸」のアクセントの違いと似たようなもので、彼の言うそれは「馬具」のことでした。

 自分の普段の語彙にないので、最初は意味不明にひびきました。

 この世界ではよく知られた、「日本3大M男」にも数えられる超有名なマゾヒストであられまする、馬之助さんとの初めての出会いは、何とも間の抜けた、こんな感じでした。

 お名前だけなら、おそらく20年ぐらい前から存じ上げていた(と思う)

 昔から僕はどちらかというと「妄想派」で(そんな派閥あるんか?)、実践派でタフガイの馬之助さんとは、あまりにも格が違い過ぎて、ただただ、羨望のまなざしで見つめていました。

 もうログインできない状態なので正確な時期はうろ覚えですが、15年ぐらい前に、mixyでマイミクさん(だっけか?)になって頂いたこともある。それ以降、ネットやメールでは時々、ほんの少しだけ交流があっただけで、ずっと面識はなかったのです。

 かつて「お馬さんごっこ普及振興会」というのを立ち上げて、特に何も活動はしていませんでしたが、馬仙人さんとともにその理事というか、起立メンバーになって頂いたこともありましたっけ。

 その後僕は腰を痛めて、もうお馬さんごっこは出来ない身体になってしまいましたが、西欧風のポニープレイへの愛着は深く、その世界のマエストロとも言える馬之助さんとは、いつかは、お目にかかり直接お話してみたいな、とは思っていたのです。

 たまたま昨年末、Twitterで「そのうちお会いしたいものですね」というやりとりが、まぁ、おそらく社交辞令的にあった。

 この歳になると、「そのうち」というのは永遠にこないことが多い。

 僕もまもなく還暦を迎える年齢に近づきつつあり、(自分が)死ぬ前に一度は会っておきたい「3大M男」のお一人が、馬之助さんでした。でも、わざわざアポとって会う、というのもなんだか厚かましいような気がして、SMバーをぶらぶらしていれば、そのうちどこかで遭遇できるかも?などと期待しつつ、直接お会いするご縁がこれまで(たまたま)なかったのでした。

 先日、急用で上京した際、知人の手配してくれたホテルが、山王日枝神社のすぐ近くで、そこから歩いて5分ぐらいの所に、赤坂に昨年オープンしたSMバーがあります。そこはかつて、六本木で一度だけお会いしたことのあるミストレスがママさんの店だと後で知りました。なので、ここも、死ぬ前に一度は訪れておきたい(>_<)と、昨年から狙いを定めていたのでした。

 彼女は僕のことを覚えているはずないけれど、こんな近くにまで来ていて、ダイレクト参拝しないてはない!と(勝手に)思いこみ、恐る恐る、お店に伺いました。

 一番ノリでお店に足を運ぶも、残念なことにママさんは体調不良でお休み(>_<)

 開店したばかりの店内で、一人ポツンとしていると、2〜3分後に現れたお客さんが、馬之助さんだったのでした。

 面識はないので、お互いに素顔は知らない。おなじみの全頭マスクと「馬具」をつけて登場してくれれば(そういうコトも十分ありえる)おそらく気がついたかもしれない・・・

 接客してくれたミストレスに、僕がホーマーと名のるのを、隣の席でふと耳にした馬之助さんが、驚いたように「ホーマーさん?」と叫ぶ。

 すかさず立ち上がり「馬之助です!」と、M男らしく名のる。

 かっこいい! そういう意味ではM男らしからぬ所作に僕は度肝を抜かれた。

 「え? あの?」と、僕が言ったか言わなかったか、こちらもたいへん驚き、自分がどんなリアクションしたのか正直覚えていません。

 ただ、お目当ての女王様と会うことは叶わなかったのに、ず〜と憧れていた馬之助さんとお話できたことがなんだか嬉しくて、楽しかったというのだけは覚えている。

 お手製、自家製のハーネスや拍車を嬉しそうに見せる時の笑顔が、おチャメというかチャーミングで印象に残っています。

 どんなご縁で、この場所でお会いすることになったのか、偶然と言えば本当にただの偶然にすぎず、どうということのないこの日の思い出を大切にしたくて、今年最初の記事として、ブログに書き綴ってみました。

 



[ 2019/01/20 12:55 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(2)

女子の方がコミュ力は高い? 

NHK_2018_12_15.jpg

 そうだったのか!

 この発言の状況や背景を知らずに、報道で目にした時はそう思った。

 最近、一部で流行っている空耳アワーではないですが、僕にはこう聞こえた。

  ↓

 女王様の方が、(M男より)コミュ力が高い。

 NHKのニュースでは、「無意識の偏見」ということに焦点が当てられており、「男だから」、「女性だから」というレッテル張りに警鐘を鳴らす。

 例えば、男性縄師よりも、女性縄師の方がコミュ力が高い?

 最近、何でもかんでも「〜力」(女子力とか)と「力」という語尾をつけて説明、分析できるような風潮がありますが、そもそも「コミュ力」(コミュニケーション能力)とは何ぞや?

 試験の点数のように、客観的に数値化できるんだっけ?

 会話の内容のことなら、薄っぺらい話題で盛り上がることがある。

 説得力や交渉力などとヒモづけされる「コミュ力」は、主観的な要素が大きいように思う。

 コミュ力がなくても、キャラが立っているとかでプレゼンで勝利を得るとか、人柄の印象によって決まる場合も多い。

 キャバクラやスナックでたわいない話をしている時、たいていはこちらが乗せられて、一方的に喋りまくっているような状況が心地よく、そんな時ホステスさんのコミュ力を後で認識することもありますが、実際にはコミュニケーションが成立しているとは言いがたい。それは女性だから場が和むとか言うレベルにとどまり、女性特有に優れている技量でもないでしょう。

 しかし、今「女性だから」というレッテルを、いつのまにか僕も使っている!

 相手のルックスがいいと、勝手にそう思ってたりするだけなんだけれど・・・

 実は、評価する側(男)の目線の影響力がはるかに大きいような気がしますが、ここにも男目線というレッテルが貼られているのです(>_<)


 例えば、SMクラブの女王様であれば、一瞬でマゾヒストの秘めたる願望を見抜き、適切なプレイを組み立てる能力に優れている、という意味においてコミュ力があるとは言えるかもしれない。

 しかし、たとえそれがなくても、マゾがその女王様を気に入って、「天然で不器用なところが好き」などと言えば、結果的にその女王様にコミュ力があったのかどうかは不明です。

 マゾヒストの方がコミュ力が高い場合だって、往々にしてある。

 だからといって、「マゾほうが」コミュ力が高いとか、「女王様だから」というレッテル張りは、やはりナンセンスに聞こえる。

 客観的にはなんとも言えないけれど、女王様と奴隷が、仲良く楽しいSMプレイが出来たのであれば、そこには相互的に高い水準で良いコミュニケーションが成立していたとは言えそうです。

 コミュニケーション力の一つは、インタラクティブに、共振させる能力のことで、対話する二人の無自覚なコラボとして評価されるべきものではないでしょうか。

 無意識に行われている判断は、自覚的にコントロールするのが困難。

 だから、差別や偏見が悪意なく行われる場合は厄介です。

 同様に、無意識な好意は、客観的に言える理由がなくても、納得できる。

 相性が完璧にマッチングしていれば、コミュニケーション(力)は不要なのかもしれない。


 会見で思わず「女子のほうがコミュ力が高い」という本音を漏らしてしまった心理的背景には、男性マゾヒズムや、女性崇拝主義の影響があったのでは?なかろうか・・・・

 などとモ〜ソー。

 彼が、思わず「女王様」と口をすべらせなくてヨカッタ(>_<)・・・残念?





■ マゾ力


■ マゾの壁


■ マゾ検定

親身の調教




[ 2018/12/16 11:16 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(5)

平成生まれの女王様 



 最近は、平成生まれの女王様と、カジュアルに接する機会が増えました。

 心の中で何回「いいね!」ボタンをぽちっても、いざSMプレイ(ごっこでも)には、尻ごみしてしまう。

 そういう恥ずかしがり屋の僕には、可愛くて初々しいミストレスは、眼が眩むほど眩しい。

Serina_02.jpg

 既に昭和の時代から、素人っぽくアイドル化した女王様というのは登場していたし、オドロおどろしいSM世界への扉は一般にも開かれていましたが、当時はまだインターネットやSNSもなく、やはり僕にとってその扉は重たくて、心理的なハードルも高かった。

 昭和の空気を、明治ほど遠くに感じているであろう若い女王様にも、その幼い少女のような面影の向こう側に、懐かしくも伝統的な昭和ノスタルジー遺伝子が受け継がれている不思議。

 いわゆる「なんちゃって女王様」やフシギちゃんではなく、きちんとした、折り目正しい正統派?女王様の資質とも言えるようなものが、確実に存在している気がする。

Serinakazuki_20181212114813a0f.jpg


 それらは、マゾが勝手に妄想を膨らませているだけかもしれないにせよ、発見され、開発され、育成されたりもする。
 
 個性という名のオブラートに包まれた、解明不能なDNAであり、無言でマゾを調教することが出来る特殊なオーラを発している。

 そのオーラを受け取ることの出来る才能が、マゾヒズムの要素の一つかもしれない。

 変態性癖や倒錯が、必ずしも遺伝するわけではないと思うけど、社会的、文化的に伝達されるメッセージ物質のやりとりが、SM的なる関係性、共同体を形作ってきたように思う。

 普通に若い女性と話していると抱いてしまいがちな違和感やジェネレーション・ギャップというものが、SMの女王様にはあまり感じられないような気がするのは、そうした特殊な伝達要素を、幸運にもシェアしているからであり、それはつまり、相性がいいということにもなるのかもしれない。

  ・・・などとモ〜ソ〜。

フランソワ・ブーシェ
フランソワ・ブーシェ「オダリスク」


 既に現役を退き、もう会えないかと思っていた有名人気女王様と、先日、久しぶりに再会する機会を得ました。

 まるで火の鳥の生き血を飲んでいたかのごとく、昔とほとんど変わっていないのに感動しつつ、プレイしたいと30年以上前から、ず〜と思い続けていたその夢が叶わなかったことが悔やまれる(>_<)

 しかしその彼女も、後進の指導や人材育成に携わるお立場となり、次世代の女王様達に、古き良き時代の精神を引き継ごうとしている姿に触れ、魂の救済を得たように思った(勝手に)。

 人生黄昏の下り坂にさしかかり、絶望もしないけれど希望もないような境地にありながら、人生100年時代とも囁かれている平成が、まもなく終わろうとしている。

 昔は人生50年と言われていたことを思い出せば、今の自分はムリヤリ10代、ティーンエイジャーのつもりになって、まぞマゾしいオナニーをしてみるのも楽しいカモ鴨川。


 たとえ精液は出なくとも、

「逝かせて下さ〜い女王様あぁぁぁ〜!」 

 と叫んでみたい(>_<)





【懐かしの昭和的M男ビデオ】


和樹女王様
  当時池袋のクインビーといえば、新規参入でありながら・・・(続きを読む)



美しき女王様 セビアン・クイーンズ・コレクション シルバークイーン「畜奴」 高貴な顔面騎乗 真・女王伝説 Part II ビデオカバー 


■ 秀美女王様



【この記事を読んだ人は以下の過去記事も読んでいます!】


■ SMを楽しむために

■ 女王様はわかってくれない

■ SMクラブの仁義

■ SMは芸術?




■ 緊縛事故について 妄想だけじゃない。僕自身のツラく悲しい思い出・・・(>_<)について書いてみました(>_<)

現代緊縛入門




[ 2018/12/12 11:52 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(9)

妄想は思想だ! 



 30年前に、僕はいったい何を考えていたのだろうか?

 平成がまもなく、終わろうとしている今、この時代を振り返ってみるのもいいかもしれない。

 若い頃は、SMプレイで満足の逝く内容を実現させたかったので、とにかく、自分の願望の「見える化」に努力していたように思う。

 春川ナミオ画伯の作品などを利用し、Femdomアートのイメージに託したりしながら、模索を繰り返していた。

春川ナミオさんのイラストって素敵m

 プレイがチグハグになるのは、その可視化に失敗し、女王様へ自分のメッセージが伝わらない時だ。

 相手がプロでも、プライベートなご主人様であろうとも、このことは同じだと思われる。

 いや、あらゆるコミュニケーションにあてはまる道理でもあろう。

 何も考えずに、実現されることではない。

sardax_2018_12.jpg


 しかしSMというのは奥が深く幅も広く、何も考えない方がいい時もあるから不思議だ。

 そういう奇跡的なセッションを一度でも経験すると、結局は相性とか、感性の問題になる。

 それらの合わない人とは、いいセッションは出来ないのだろうか?

 誰とでも合わせられるものではなかろう。

 これがSMの大きな前提で、もちろん可能な限り合わせる努力はするし、そのためのスキルが存在するにしても、最終的に残念な結果になりえる場合があるのを、想定しておいたほうがいい。

 相手次第、状況次第、努力次第、あるいはタイミングや関係性の持続時間という属性も含め、様々で複雑な要素がある。それらを考えると、とても無思想でプレイできる気がしない。


 昔、90年代に、観念絵夢というAV男優がいて、マゾ思想ということを言っていた。
  ー「マゾバイブル」(太田出版)ー

 世紀末を生き抜くにはマゾ思想しかない!

 そこまで言わなくても、思考は常に大切な行為で、いろいろなことを考えてしまうのは、仕方ないのではなく、必然だと思われる。

 そう考えると、確かに、「何も考えない」ことのほうが負担が少なくて楽かもしれない。

 だが、ここに大きな矛盾があることに気がつく。

 もし僕が何も考えていないのであれば、それは意図的に努力して「何も考えないぞ!」ということを考えているにすぎない。

 無思想の発見ではないけれども、雑念も含めて、脳内にはなんやかやが渦巻いている。

 そこまで取っ払って、完全に真っ白な状態にする(なる)には、相当な修行を積んだ達人でないと無理だと思う。

 妄想も、無秩序な思考なのだ。

 マゾヒストは、その無秩序を楽しむことが出来る達人とも言える。

 例えば、マゾ目線で言うと、全て自分の思い通りになるSMプレイはつまらない!と考える。

 だから、「必ずしも全てが自分の思い通りにはならない」プレイを望む。
 (あるいは、「少しだけ、自分の思い通りにならないプレイ」を望むとか)

 または、お相手して下さる女王様が楽しめるプレイを希望する。

 これって結局、全て「マゾの思い通り」なプレイとして取り込まれることになってしまうんだよな〜(>_<)

支配と服従

 どこか、間違ってますでしょうか?

JiJi_mazo.jpg




[ 2018/12/08 00:16 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(6)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

15位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ