FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

新しい分かり方 

 恥の多い人生をおくってきました。

Presentation_of_homers_embarrassingM.jpg

 僕はこれまで、マゾヒズム全般、そして自分に特有・固有のマゾヒズムを、主に女王様に分かって頂きたくて、努力してきました。

 しかし僕の恥ずかしいマゾヒズムを、女王様はナカナカ判ってくれません(>_<)

 何事にも言えるのかもしれませんが、特にSMの世界というのは、

 わかる人にしか、わからない。

 わからない人には、絶対にわからない。そういう世界でしょう。

新しい分かり方

 そこで、前から気になっていた新刊を、買って読んでみました。

 この本のエッセンスを、ちょっとだけ、紹介してみます。

 まずは、下のこの画像(テキスト)をご覧下さい。

       ↓

私の恥ずかしいマゾヒズム(上下反転)

 これを、とりあえず、素直に下から上に向って読んでみて下さい。

 その後、立ち上がって上体をヒネリながらで首も曲げて(無理しないでネ)
(スマホやタブレットのユーザーは、画面表示を固定してひっくり返す)

 少し斜めっていてもよいから、逆さまにして、見て頂きたい。

 すると、アレ?

私の恥ずかしいマゾヒズム

 いくつかの文字が、左右まで反転しているのに、最初は気がつかなった人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 それが、何だっちゅうねん! 

  ・・・っていうツッコミはなしで(>_<)

 僕たちは普段、様々なことを見たり、聞いたり、触ったりしているのですが、何気なく自然に感じて、メッセージを受け取っているようでいて、実はそれは自分なりの思考によって形成されている「別物」に変化している、ということに、なかなか気づいていないようです。

 というようなワカリニクイことを、すんなり分からせてくれる、気持ちいい本。

 その変化に貢献するのは、個性や感性など、時には教養や無知、あるいは偏見などから、歪にねじれることもあるかもしれない。

 この「新しい分かり方」がわからないと、全く分からんであろうかと思います。

 「分かる(判る)」という本質を理解していないと、わかるものもわからなくなる。
 
 とかナントカ偉そうに言いながら、正直自分の中でも、まだよく分かっていないことが多すぎるのですが・・・。


My_embarrassing_M_Img-1.jpg

 人によっては「今さら感」、「あるある感」も感じられるでしょうが、そのバリエーションの豊富さが、この本のテーマみたいなもので、いろいろな意味で、これから人生の岐路に立つであろう新社会(新入生)や、僕のようにこれから前期高齢者の仲間入りするような老いぼれにも、かなりな読み応えがあります。
  
My_embarrassing_M_Img-2.jpg

 何かを決断する時、そして考える時、様々なオプションを想定するには、思考の引き出しにそれらが無ければ選べない。判っても分からなくても、選択肢の種類や数は、何かしらあったほうがいいと思うな。

 この書籍は昨年の出版でしたが、新刊本は危なっかしいので、滅多に買って読まないんだけど、これはよかった。

 いわゆる「自己啓発本」ではないけれど、十分にその価値のある不思議な読み物としてオススメです!

 エンターテインメント的にも読めるので、漫画や落語などの創作のネタ本にも適しているかも。



 どうでもいいか、そんなコト(>_<)




女王様は判ってくれない



■ いいSMプレイが人生を成功に導く

 

 

 



 

[ 2018/03/20 19:36 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(0)

誰が世界を支配しているのか? 

誰がマゾを支配しているのか?

 そんなの女王様に決まっている。

 チョムスキーほど聡明な人がそれを知らないはずがない。

 自己啓発したい人は、この本を読むといい加茂鴨川。





[ 2018/02/25 12:46 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(0)

美尻トレ 

美尻トレ

 僕はクリスマス・プレゼントに、よく本を贈ります。
 (別にクリスマスでなくても贈ってたりするのですが・・・)

 顔面騎乗の愛好家としては、女王様へのクリスマスの贈り物に、この本はいかがでしょうか。

 キッツ〜いお仕置きが期待できますので、おススメかも(>_<)



■ 顔面騎乗に適したお尻とは?
顔面騎乗に適したお尻のポイント解説





 






 
[ 2017/12/25 15:31 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(4)

マゾの宅配便 

マゾと宅配便

 アレ? 何だっけか・・・

 どこかで聞いたことあるような。

 あ〜! もしかして、「魔女と宅急便」なの?



 こういうのも、ある種パクリというのか、アダプテイションと言えるのでしょうか?

 それなら、なんで「マゾの宅便」とならなかったのでしょう?

 どうでもいいか、そんなコト。

 う〜ん、読んでみたい・・・カモかも。
 
 あ、Kindleオンリーでした! 

 よかった(>_<) 

  ↑ Kindle端末、持ってません。

 こんなのも、見つけました。暗藻ナイトさんだから、OKです。

暗藻ナイト_ボーイ・ミーツ・ロープ

 最近、イケメンのM男という、新しいマゾのスタンダードが市民権を獲得しつつあるように見受けられる。

 まぁ、別にかまわんのだけど...

 でも、変てこりんな胸騒ぎがします(>_<)


 醜いオジさんマゾには、全然関係ないんだけど。


 それにしましても、イケメンのM男って、酷くない?
  
どこが ↑  (。。)☆\バキ



 イケメンの人は、マゾをやめて下さいね(なるべく)




■ 羞恥心とは不可思議なるもの
いや〜見ないで〜_01





[ 2017/12/01 19:03 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(9)

ひざまずいて足をお舐め 


 言わずと知れた山田詠美の小説。

 人には言えない、僕の愛読書の一冊。

 発表当時(1988年)は、新鮮にしてショッキングな題名に響いたものだった。

 それまで、密室の中だけで囁かれていたであろうこの台詞。

 今どきのSMプレイではもう色あせてしまい、コミカルに聞こえてしまうのかもしれない。

 大根芝居でもいいから、気品のある威厳さでもって、このように命令されてみたいと願っているのに。

ひざまずいて足をお舐め


 遥か昔、この本を大学生協で買った。

 同じゼミの女の子から「ひざまずいて足をお舐め」読んだ?と聞かれる。

 Sでもなんでもない普通の女子大生がこのセリフを言う。
 
 これはモノスゴイことだ。

 革命的に凄すぎることだった。

tumblr_ogn1q5R3CI1s46rduo1_1280.jpg


 実際にやるかどうかはともかく、「ひざまずいて足を舐める」という行為自体は、わざわざSMクラブにまで逝かなくても、普通にどこでも出来るだろう。

 
↑ 出来ないって (。。)☆\バキ


 鞭や緊縛ほど、反社会的とは言えない。

tumblr_nhu6peZ3VX1twd7ilo1_1280.jpg

 昨今の若い女子は、合コンや歓迎会などで、気軽にこの台詞を使うし、半分ジョークで実演する男子もいる。

 しかし、本家本元であったハズの、SMクラブの女王様は、

 そんな歌舞伎みたいな台詞言えるかっちゅう〜の!

 と一笑に付されてしまう。

 これって、あんまりだと思いませんか(>_<)

写楽

 別に足を舐めさせてと言ってるわけではないのです。  ← 言ってるのと同じ

「足をお舐め!」と、この言葉を言って頂きたいだけ。  ← 結局舐めるくせに

 むぎピョンが最近の記事で、「ただただひれ伏して、芸術品のように鑑賞させて頂くだけで幸せなのです」と書いてますが、僕はあえて異議あり!と言いたい。

 女性の足を舐めることに意義があるのです。


tumblr_omafkc4GKk1uec0afo1_1280.jpg

 むぎぴょんはこうも書いている。

「目の前にあるとそっと口づけたい誘惑に駆られますが、奴隷の唾液で穢すのは畏れ多い高貴な存在です」

 異議あり!

practice_objection.jpg


 その高貴な足を舐めることによって、奴隷(下僕?)の汚れた舌が清められるわけで、これは魂の救済なのです。

 全国の女王様にお願い申し上げます。

 まずは、ひと言、「ひざまずいて足をお舐め!」と、ご命令して下さ〜い(>_<)

kneedown_and_prostrate.jpg


 本日もマゾ花に来てくれて、ありがとうございます。

 まぁ、特に言われなくても、自主的にやみくもに、同時多発的に勝手に舐めてお仕置きされてしまいますけど、何か問題ありますでしょうか?

tumblr_inline_o5b0qrnlgl1u31cso_500.gif



【ひざまずいて足をお舐め!ミュージアム】


Oshiokidayo.jpg



どういうワケだか、腕はあまり舐めたくない。
c0222662_923840.gif
もちろん「お舐め!」と言われれば、舐めるけどネ



着衣なら野外でもOK
tumblr_lik9lfqqQr1qh2jk8o1_1280.jpg




やはり、男は全裸が基本だと思う。
tumblr_lgmifuOQF31qe5bzho1_1280.jpg
舐める時には勃起していれば、なおよし(>_<)




ありがちなシチュで「脚に飲み物をたらして舐めさせるの図」
tumblr_lkj1xjVMSs1qcpi61o1_1280.jpg
まぁ、いわゆる一つの「ご褒美系」ですが、何か問題ありますでしょうか?




網タイツの上から舐めるの「アリ」だよね!
tumblr_mumrvr3ou41soexhro1_1280.jpg



裏スジ街道を逝くtumblr_mub8z22J9J1rcg3klo1_1280.jpg
このザラザラ感がたまらない


土踏まずも捨てがたい
土踏まずも捨てがたい



指と指の間も捨てがたい
指と指の間も捨てがたい




幸せそうなM男め
tumblr_ms6krhBMsz1rm35woo1_400.gif



このアングルは最高だと思いませんか?
靴の裏は舐めたくないなあ




女王様とこんなツーショットを撮ってみたいヨ
tumblr_lgevxzfNKj1qe5bzho1_1280.jpg



この構図も素晴らしい!男はピンボケで正解。
tumblr_mb7agtVp2g1rzp8pgo1_500.jpg
女王様のクールな眼差しが萌え〜




靴は舐めたくない
靴は舐めたくない


これならギリギリオッケーです
これならギリギリオッケーです


一応、Femdom Art の世界からも
553HZu6slkrwxz8v8wrdZjAio1_500.jpg




これぞまさしく「跪いて足をお舐め!」の図
tumblr_mj6o81KfAY1s7abjxo1_500.jpg


 普通の男なら誰でも、跪いて足を舐めたいんだよね? 違うの?


tumblr_oho9p9zjsy1ug6umqo4_540.jpg
やっぱ素足がいちばん好き





■ 支配と服従のロマンス  足舐めオジさん逮捕!
卒業 

■ 靴フェチM男





こちらのエントリーにも「ひざまずいて足をお舐め!」画像がたくさんありましたのでご紹介しておきます。

■ 勇気が出そうにない時つぶやきたい言葉
KneelDown_Kiss_01.jpg


KneelDown_Kiss_06.jpg



[ 2017/04/26 19:30 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(7)

伯爵夫人 

伯爵夫人

 失礼ながらもう「終わった人」かな、とも思っていた蓮實重彦

 80歳で今年の三島由紀夫賞を受賞した作品が「伯爵夫人」

 「今さら新人賞かよ!」

 と、受賞記者会見の不機嫌極まりない態度で話題となっていたやつです。

 あれはわざとやった「営業」だと思うのですが、元東大総長にしてはおちゃめな感じがしてあの会見は面白かった。

 蓮實さん、80歳にしては若すぎる!

 実は、この人の文章は学生時代からよく読んでいました。

 彼の小難しい映画評論は、演劇専攻の学生にとって必修科目。小林秀雄の絵画論より難解ではなかったけれど、独特のエクリチュールはわかりにいという思い出が残っています。

 意外にも小説作品はこれが3作品目だそうで、今回初めて読んでみました。

 とても初々しい、平成の現代に書かれた「昭和の近代文学」のような、一流の官能小説という印象を得ました。

 多少SMっぽいテイストも入ってますので。(どうでもいいか、そんなコト)

ルイーズ・ブルックス

 僕よりも一回りか二回り上の世代の高齢者にはルルという呼び名が懐かしいルイーズ・ブルックスという、往年のハリウッド女優が(名前だけ)頻繁に登場します。彼女は蓮實さんの世代にとっては絶対的な崇拝の対称として君臨していたようです。

 表紙がまさにそのイメージなのですが、それよりもこのカバーに使用されている紙質が素晴らしい。

 これはぜひ、書店で手にとって頂きたい! これだけでもう貴族趣味〜♪

 独特の手触りとしなやかさをもつ高級な特殊紙が使用されていて、なんというかフェチ心をくすぐってくれるのです。

 つい撫で撫でしたくなるんだよね(>_<)

 革の鞭を、指先で触っている時のような感触が・・・
   (僕は打たれるのは苦手ですが、鞭そのもののマテリアル感は好きだったりして)

 作品中で唐突に登場し、細かい描写がなされるドラステのココア缶の尼僧といい、蓮實さんのマニアックなこだわりにはクラシックなフェティシズムが感じられます。

カカオの缶


 最近の若い女王様は、ケータイで現代の官能小説をよく読まれているようですが、アナログな紙のぬくもりを感じながらこういう作品にも触れて頂きたいと思います。

 もしかしたら80歳で新人賞を狙っていたのかも?とも思えるような、「よく書けるよな〜」とため息がでるほどのずみずしい文体は、読んでいて本当に恥ずかしくなってくる。

 接続詞を使わずにシームレスにつなげる手法は、若い頃の山田詠美のスタイルを彷彿させてくれます。

 ばふりばふりとまわる回転扉も、河野多恵子のSM小説「回転扉」を連想させてくれました。

 高齢化社会の下流老人に、夢と希望を与えてくれる作品です。

oisakimizikaiz.jpg


 日本の近代文学というのは、乱暴な言い方をしてしまうなら、ほとんどが官能小説だったように思う。

 特に男性作家が書いていたのは恋愛小説と言ってもよく、谷崎の「痴人の愛」は間違いなくそれで、昭和の純文学系作家には、その流れが何らかのかたちで受け継がれている。

 純愛をいかにエロティックに、過激なエロスをさりげなく、婉曲的に表現できるのか。

 つまり、下品なことを上品に描けるかが文豪の腕の見せ所。

 勝手に興奮するのは読者の領域。

 そういう意味で「伯爵夫人」の文中には、これでもかというほど扇情的で露骨なキーワード(熟れたま○コ」や「魔羅」とか)が羅列されていくのですが、不思議と卑猥な感じがしない。

 後半にはついにというかやっぱりというべきか「射精」なる表現のオンパレードで、80歳にしても性的欲望が枯れてないのがなんとなく伝わってくる。

 そうした表現上のスキルが、作品テーマの表現形式を通して示される。

 テーマが官能でもSMでも、性愛やセックスに年齢はあまり関係ないということなのでしょう。

 二十歳の人にはその年齢でしか書けないものがあり、80歳の人にも同じことが言えます。

 これはある意味で、カミングアウトを兼ねたファイナルファンタジーなのかもしれない。

 もしかしたら蓮實さん、隠れマゾヒストだったんじゃないか。

 久々に太宰治や川端康成のような、いわゆる「文豪」が若い頃に書いたような純文学作品を読ませてもらった〜という、しっかりとした読み応えを感じました。

tumblr_nqam0c7UQ71sdvbtao1_500-1.gif
旧い映画の話もよく出てくる


某Blogから勝手に拝借した伯爵夫人っぽいイメージ
某Blogから勝手に拝借した伯爵夫人っぽいイメージ



伯爵夫人というと、なぜか鞭を持っているような「偏見」を抱いております。
何か間違ってますしょうか?
伯爵夫人の優雅な休日
伯爵夫人の優雅な休日


こういう画像を紹介するからといって、僕が鞭で打たれたいわけではない(>_<)
こういう画像を紹介するからといって僕が鞭で打たれたいわけではない













[ 2016/07/24 08:06 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(2)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

12位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ