FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

緊急出版?「マゾヒストたち〜究極の変態18人の肖像」 

mazo_tachi_flyer.jpg

 マゾ人口は絶対に増えている。

 昭和の昔から、それなりの数は存在していたが、自己主張する(出来る)Mが増えたのが平成だったように思う。

 とはいえ、SMバーなどで自分のことを「エム」とはカミングアウトできても、

 「マゾヒスト」

   とまでは、なかなか言えない気がするんだよなぁ...(>_<)

 正直に言うと、僕はマゾではないのかもしれない、などと最近は思っていたりする。

 というのはウソですが、いつか人間になりた〜い!とは思っている...  

 
↑ 妖怪かい (。。)☆\バキ



 M男とマゾは(ほぼ)同義語かと思われますが、「マゾヒスト」は違う(たぶん)

 このフルネームは、それなりにリスペクトされるべき尊称であって、古くは沼正三とか、凛龍のヤプー0号氏の呼び名としてふさわしい。

 僕みたいな中途半端でユルいMは、自虐的な意味を込めて「仮性マゾ」などと自称してます。

 それはともかくとして、かつて「スナイパーEVE」に連載されていた「当世マゾヒスト列伝」が、書籍化され、なぜかこのタイミングで先日、新発売された。しかも新潮文庫で。
 
 この雑誌を僕は創刊号(2001年7月)から熱心に愛読していたので、内容はよく覚えていて、今でも時々、押し入れからバックナンバーを取り出しては、ニヤニヤ(ハアハア)しながら眺めたりもしている。(グラビアを)

 奇しくも同誌は今年廃刊になってしまったのですが、おそらく定期刊行物としては初めての女王様専門誌で、M男性のみを読者に想定したその編集コンセプトは画期的でした。

 これはそのオマージュ出版なのかもしれない。まだM男がクローズアップされることも稀だったご時世に、熱視線がそそがれた素晴らしいシリーズ企画だった。

 これと似たような試みが、早川舞女王様により「その時歴史が鞭打たれた」で、同じマゾヒストたちに取材されて別媒体で紙面化されているが、これよりさらに10年昔のハナシだ。

 だから懐かしい気持ちで、遅すぎる書籍化を祝福しています。

 そうはいっても連載当時は「とてもじゃないが、真似できない」ハイレベルな達人たちのルポルタージュを、かなりな距離間でもって、ちょっと歪な親近感を抱きながら読んでいたんだと思う。

 今となっては、ここに登場している有名マゾヒストたちの何人かと実際にお会いする機会を得て、まっとうな親しみを(勝手に)感じてはいるのだけれど・・・

 この本にも書かれているように、マゾヒストやM男性は、ひとくくりに出来ない多様性に溢れている。

 しかし、けして同じではないけれども、言い尽くしがたい何かを、僕らは共有もしているのだと感じる。

 それはマゾヒストに限らず、全ての人間に普遍的な宿命とも言えるであろう。

 人間として(いや、時には女王様の奴隷として)思索と実践を積み重ねてきた変態たちの肖像。

 そのトラウマと恥辱に満ちた黒歴史に、著者はあたたかいスポットライトを浴びせる。

 連載時のインターバルを補うように、随所に挿入されている書き下ろしコラム記事が面白かった。

 SMの文化や伝説が、本来は寡黙なマゾヒストたちの目線で語られる時、そこに新鮮な刺激や発見がないはずはない。

 このタイプのコンテンツが、「新潮」というメジャーなブランドから、一般社会の健全な人々にも共有される意義は大きいと思う。

 ちょっと変わった「特殊な趣味」が、多様性に寛容となった現代社会に価値あるインパクトを与えてくれる。

 世界はマゾでできている。

 確かに、マゾヒストはもはや、マイノリティではないのかもしれない。

 しかし真の意味において、赤裸々に自己主張するマゾヒズムは希有であり、ユニークだ。

 サブカルチャーからも脱皮しつつある男性マゾヒズムに、新たなスタンダードが掲示された渾身の力作。

 
マゾヒストたち_cover


 *この出版を記念して、登場するマゾヒストたちと著者によるトークセッションが高円寺パンディットで11月17日に、開催されます。


  トークイベント『世界はマゾでできている@高円寺パンディット』

 こちらも緊急開催!なのかな?

  世界はマゾでできている。

 けだし、名言だと思います。


 


 
[ 2019/11/14 20:58 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(4)

お尻の穴 

 最近愛読している「夫婦でSM」というブログでは、アナル特集のシリーズで、とても興味深く、刺激的で参考になります。まあ、自分でやってみようとまでは思いませんが、妄想だけは膨らむ。ついでにアソコも(>_<)

 GWの連休を利用して今、東京に来ているのですが、新宿の紀伊国屋書店で、目立つ所に平積みされていたので、思わず目が釘づけになっちゃった本がコレ。

アナル・アナリシス

 さすが東京だべや。

 「アナル」という表記は、18禁でもないとは思いましたが、本当に「この場所に置いていいの?」と心配になりました。本との出会いも一期一会、購入はしたものの、まだチラ見程度の段階で何とも言えませんが、相当にヤバイよ、コレ。

 歌舞伎町がすぐそこだからか「売れる!」とカリスマ店員が判断したのかもしれない。


 別に隠していたわけではないですが、というか、こんなこと書くの恥ずかしいけれど、僕はアナル大好きです(>_<)

 といっても、アナルを責められる側でなくて(もちろん責める側でもなく)、ただ単純に女性のお尻全般が好き!という文脈です。

 そして、その逝きつく先にあるものとしてのアナル・アヌスであって、相対的にはお尻の谷間、山頂から麓にかけての方が好きです。

      ↑ どっちだろうと一緒なんだヨ (。。)☆\バキ

 ちなみに子どもの頃、ひらがなで一番好きな文字が「の」の字でした。
 
 オトナになった今では*(=アスタリスクと読みます)が好きになりました。(←D・I・S

 10代の頃は、女の子のお尻(アナル)を生で見たことはなく、二十歳を過ぎてから、SMクラブでホンモノの「*」をリアルで目撃し、感激したものです。

 そういえば、自分のケツの穴だって、リアルでは見たことなかったよ。
(鏡を使わないとよく見えないし、それやったことある記憶はショー学生の頃だったかと思うのですが、よく覚えていない)

 だから、女の子のお尻が好きとは逝っても、実際どんな形で、どういうものなのかは、ほとんど知らない状態なのでした(今もだが・・・)

 女性のお尻は、神秘的で謎めいている・・・

 なんだかよくわからないのに、好きになれることの不思議はともかくとして、普通(?)の、顔面騎乗が好きな人なら、これ(アナル)も好きなのだと思う(たぶん)

 しかし、ノーマルな男性であれば、(どちらかと言えば)お○ンコの方が好きなのでしょう。

 よく、胸派ですか? 尻派ですか? という質問も耳にしますが、人類は哺乳類ですから、生物学的に男女問わず、みんなが皆、胸派と言えます。

 母子ともに健康で、母乳で育っていれば、お乳が好きで、お乳が出る胸も大好き。

 誰だって、おっぱい、ボイン(←もしかして死語?)が好きになってシマウマ。

 ですから、胸をさしおいてお尻が好きというのは、哺乳類として許されない。

 これは「ヒップよりボイン原理主義」と呼ばれています。

 まぁ、お尻が好きでもエッチ程度ですんだ昭和の時代と違い、平成も終わろうとしている現代においては、アナルが好きだなんてもうそれだけでセクハラでしょう。

 ホモ氏やゲイさんたちには悪いけれど、お尻は、好みの対象としては ないがしろにされてきた長い歴史があります。

 それを復権したのが春川ナミオ画伯に代表される「顔面騎乗図絵」の普及で、このビジュアルの美しさが、お尻フェチへの福音となり、お尻やアナルへの愛が社会に受け入れられたのです(と思う)

 稲垣足穂の言うところの「両円筒のドッキング」が、顔面騎乗の本質でしょう。

 そういう基本的な知識があれば、「アナル・アナリシス」は面白く読めると思う。

 まだ全部読んでませんが、連休中にゆっくり読んでみたいと思います。

 これを衝動買いできたのは、ずいぶんと昔に読んだ「お尻のエスプリ」という本がまず最初に思い浮かんだからです。


お尻のエスプリ

 日本で出版されたのはもう20年前ですが、執筆動機はほとんど同じようです。

 ペニスにもヴァギナにもとらわれない究極のジェンダーフリーは、お尻の復権から恥まる。

 んでなくて始まる。


 どうでもいいか、そんなコト(D・I・S



 
[ 2018/04/28 15:39 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(2)

新しい分かり方 

 恥の多い人生をおくってきました。

Presentation_of_homers_embarrassingM.jpg

 僕はこれまで、マゾヒズム全般、そして自分に特有・固有のマゾヒズムを、主に女王様に分かって頂きたくて、努力してきました。

 しかし僕の恥ずかしいマゾヒズムを、女王様はナカナカ判ってくれません(>_<)

 何事にも言えるのかもしれませんが、特にSMの世界というのは、

 わかる人にしか、わからない。

 わからない人には、絶対にわからない。そういう世界でしょう。

新しい分かり方

 そこで、前から気になっていた新刊を、買って読んでみました。

 この本のエッセンスを、ちょっとだけ、紹介してみます。

 まずは、下のこの画像(テキスト)をご覧下さい。

       ↓

私の恥ずかしいマゾヒズム(上下反転)

 これを、とりあえず、素直に下から上に向って読んでみて下さい。

 その後、立ち上がって上体をヒネリながらで首も曲げて(無理しないでネ)
(スマホやタブレットのユーザーは、画面表示を固定してひっくり返す)

 少し斜めっていてもよいから、逆さまにして、見て頂きたい。

 すると、アレ?

私の恥ずかしいマゾヒズム

 いくつかの文字が、左右まで反転しているのに、最初は気がつかなった人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 それが、何だっちゅうねん! 

  ・・・っていうツッコミはなしで(>_<)

 僕たちは普段、様々なことを見たり、聞いたり、触ったりしているのですが、何気なく自然に感じて、メッセージを受け取っているようでいて、実はそれは自分なりの思考によって形成されている「別物」に変化している、ということに、なかなか気づいていないようです。

 というようなワカリニクイことを、すんなり分からせてくれる、気持ちいい本。

 その変化に貢献するのは、個性や感性など、時には教養や無知、あるいは偏見などから、歪にねじれることもあるかもしれない。

 この「新しい分かり方」がわからないと、全く分からんであろうかと思います。

 「分かる(判る)」という本質を理解していないと、わかるものもわからなくなる。
 
 とかナントカ偉そうに言いながら、正直自分の中でも、まだよく分かっていないことが多すぎるのですが・・・。


My_embarrassing_M_Img-1.jpg

 人によっては「今さら感」、「あるある感」も感じられるでしょうが、そのバリエーションの豊富さが、この本のテーマみたいなもので、いろいろな意味で、これから人生の岐路に立つであろう新社会(新入生)や、僕のようにこれから前期高齢者の仲間入りするような老いぼれにも、かなりな読み応えがあります。
  
My_embarrassing_M_Img-2.jpg

 何かを決断する時、そして考える時、様々なオプションを想定するには、思考の引き出しにそれらが無ければ選べない。判っても分からなくても、選択肢の種類や数は、何かしらあったほうがいいと思うな。

 この書籍は昨年の出版でしたが、新刊本は危なっかしいので、滅多に買って読まないんだけど、これはよかった。

 いわゆる「自己啓発本」ではないけれど、十分にその価値のある不思議な読み物としてオススメです!

 エンターテインメント的にも読めるので、漫画や落語などの創作のネタ本にも適しているかも。



 どうでもいいか、そんなコト(>_<)




女王様は判ってくれない



■ いいSMプレイが人生を成功に導く

 

 

 



 

[ 2018/03/20 19:36 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(0)

誰が世界を支配しているのか? 

誰がマゾを支配しているのか?

 そんなの女王様に決まっている。

 チョムスキーほど聡明な人がそれを知らないはずがない。

 自己啓発したい人は、この本を読むといい加茂鴨川。





[ 2018/02/25 12:46 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(0)

美尻トレ 

美尻トレ

 僕はクリスマス・プレゼントに、よく本を贈ります。
 (別にクリスマスでなくても贈ってたりするのですが・・・)

 顔面騎乗の愛好家としては、女王様へのクリスマスの贈り物に、この本はいかがでしょうか。

 キッツ〜いお仕置きが期待できますので、おススメかも(>_<)



■ 顔面騎乗に適したお尻とは?
顔面騎乗に適したお尻のポイント解説





 






 
[ 2017/12/25 15:31 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(4)

マゾの宅配便 

マゾと宅配便

 アレ? 何だっけか・・・

 どこかで聞いたことあるような。

 あ〜! もしかして、「魔女と宅急便」なの?



 こういうのも、ある種パクリというのか、アダプテイションと言えるのでしょうか?

 それなら、なんで「マゾの宅便」とならなかったのでしょう?

 どうでもいいか、そんなコト。

 う〜ん、読んでみたい・・・カモかも。
 
 あ、Kindleオンリーでした! 

 よかった(>_<) 

  ↑ Kindle端末、持ってません。

 こんなのも、見つけました。暗藻ナイトさんだから、OKです。

暗藻ナイト_ボーイ・ミーツ・ロープ

 最近、イケメンのM男という、新しいマゾのスタンダードが市民権を獲得しつつあるように見受けられる。

 まぁ、別にかまわんのだけど...

 でも、変てこりんな胸騒ぎがします(>_<)


 醜いオジさんマゾには、全然関係ないんだけど。


 それにしましても、イケメンのM男って、酷くない?
  
どこが ↑  (。。)☆\バキ



 イケメンの人は、マゾをやめて下さいね(なるべく)




■ 羞恥心とは不可思議なるもの
いや〜見ないで〜_01





[ 2017/12/01 19:03 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(9)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ