FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

映画「沈黙 -サイレンス-」 

かみさまへの手紙


 映画「沈黙」を観てきました。


 高校時代に遠藤周作の原作を読んでいましたが、好みのタイプの作品ではありませんでした。

 「神様なんていないんだよ」といったようなお話で、救いがない。

 この映画を観て、昔アメリカでベストセラーになった有名な絵本「かみさまへのてがみ」を思い出しました。

 世界中の子どもたちが神様宛に書いた手紙のコレクションで、原書にはない葉祥明のイラストと谷川俊太郎の訳が実に素晴らしかった。
 
 例えばこんなのがあります。

 かみさま あなたって ほんとに いるの? 

 そうは おもってないひとたちも いるわ

 もし ほんとにいるんなら 

 すぐに どうにか したほうが いいわよ
  

                          ハリエット・アン



       谷川俊太郎・訳(サンリオ刊)


 大人になってしまうと、考えもつかない、言えないような迫真の表現の数々。

 谷川俊太郎の訳もネリリし、キルルし、ハララしている!


 もし しんだあと いきるんなら 

 どうしてにんげんは しななきゃ いけないの?




 スコセッシ監督がこの絵本を知っていたかどうかわかりませんが、テーマに深く関わってくる問いかけです。

 もう一つ、「マゾ花」的に考えさせられたことがあります。

 踏み絵を踏まされるシーンが何度も出てくるのですが、本心では「したくない」ことを「やらされる」感には、それがどんな行為であれ、なんとなくマゾヒスムに通じる部分があるような気がするのです。

聖セバスティアヌス

 マゾヒスムの古典的な、そして有名な解説に、被虐者が自己防衛のために用いる精神的なシステムとして発達したというのがあります。

 まるで宗教のように女王様を崇拝するマゾヒスムには、お許しを乞うという行いに、キリスト教との共通項があるように思われます。

 僕は神様は信じていないですが、女神様は信じてみたい。

 それが菩薩観音でもなんでもいい。

 女王様は、最終的には僕のことを裏切らない。

 そんな妄想を抱いているわけですが、何か問題ありましたでしょうか?、

 裏切られてもなおかつ萌えるマゾヒスム。
 

 本日も「マゾ花」にお越し頂きまして、ありがとうございます。


 
 いけないぼくのことを しかってくれる 

 じょうおうさまは ほんとうに いるのかな

 あしや おしりで ふんでくれるかな?





[ 2017/03/06 19:56 ] FemDom座映画劇場 | トラックバック(-) | CM(5)

映画「毛皮のヴィーナス」を見て 

毛皮のヴィーナス_フライヤー

 内容は原作小説の映画化ではありません。

 マゾッホの原作を舞台化しようとしている演出家(兼脚本家)と、そのオーディションを受ける舞台女優の物語です。

 ストーリーは主演二人のダイアローグのみで進行する対話劇で、オーディションで使われる台詞は原作の文言から忠実に再現されています。

 だから原作を知っているかいないかで、かなり印象は異なるものになりますが、それがいいのかわるいのか、どちらが面白く感じられるかは正直わからない。

 原作を読んでいなくても楽しめますし、先に原作を読んだからネタバレになるということもありません。

 しかし原作を知らないと損をするネガティブな面 が多いとは言えそうです。


毛皮を着たヴィーナス(河出書房新社)このアイテムの詳細を見る


 僕は個人的には、偉大なるマゾッホの「毛皮を着たヴィーナス」をダシにして、悪意はないにせよコケにしているかのような印象を受けましたけれども、ある意味では「期待どおりに」僕の期待を裏切ってくれました。

 つまり「見た後で失望するんだろうなぁ・・・」という予測は外れたのです。

 予想に反して面白かったし、違和感なく作品世界に入っていけたのは、僕がまがりなりにもマゾヒストであったことの証であったと思えます。

 映像的にも「今風」で、21世紀の今日、見るべき作品として位置づけられる傑作でした。

 ポランスキー監督を見直しました。

 僕は原作を過去30年間で10回以上は読み込んでいましたし、英訳も読み、最近はSardaxの新訳でも再読し、そのついでにまた日本語訳も読んでいました。

Sardax電子ブック「毛皮を着たヴィーナス」表紙 Sardaxの翻訳本(電子ブック版)

 この作品への思い入れが相当強く、今回は気合いを入れて見たのでした。

 僕としてはこの映画を「シナリオ」として楽しむことが出来ましたし、それはオプションのようなものであったけれど、この作品に関して言えば重要な要素となっています。

 一般的に原作本を読んでからその映画版をみると、多くの場合失望する可能性が高い。

 しかし、冒頭で述べたように「原作の映画化」ではないのでその心配はないでしょう。

 かなり巧妙に換骨奪胎され、原作の持つ世界観の鮮やかな映像化に成功しています。

 小説「毛皮を着たヴィーナス」はまず文学作品として素晴らしく、そのよさを堪能するには、ヨーロッパの文化や芸術、歴史的な背景知識や教養が欠かせません。

ティツィアーノ「鏡に向えるヴィーナス」
鏡に向えるヴィーナス
この絵画も映画にチラっと(複製画の絵はがきとして)登場する

 そもそも原作の持つ醍醐味とSMの世界観への理解抜きには語れない部分があるので、小説を読んでおくことが必修科目ではないにしても、選択科目として履修しておくのが望ましいのは確か。

 マゾッホはペダンティックな文体、作風を持つ作家ですが、ロマン・ポランスキーにも似たようなところがあります。

 この映画の装置としてのステージ上で展開される劇中劇の構成は、演劇の手法としてはおなじみのスタイルで、そこはシェークスピアの時代から変わっていない。

 しかしここで新しいのは、マゾヒストがSMプレイの中で常に行っている自分自身の「劇中劇」が加わっている点です。

 入れ子構造が3つになっている。観客である僕たちは・・・

1. まず映画で展開する普通の(ひとつ目の)お芝居を見ます

2. それを演じる映画俳優はいわゆる劇中劇(2つ目)の中でワンダとセヴェーリンを演じる。

3. その純粋な「劇中劇」の最中に、予期せぬ支配と服従という第三の舞台が造り出される。


 ここら辺りの演出が実に見事で、SMクラブなどで普段(恐れ多くも)女王様を演出した経験を持つマゾヒストであれば、なるほど!我が意を得たりと膝を打つでしょう。

 マゾヒストは、この映画の主人公トマ(マチュー・アマルリック)のように、あるいは「毛皮を着たヴィーナス」のセヴェーリンのように、崇拝する女性に支配されているようでいて実は支配し、演出しているのです。

 それは茶番劇のようでありながら、実人生と演劇の確実な、それと同時に曖昧なボーダーラインを実感する瞬間でもある。お芝居を鑑賞している時の異化効果は、SMプレイの時にも作用している。

 女優に関しては最初の頃、いや既に映画製作発表時から「なんだこのキャスティング?」と失望して、映画を見ようとするモチベーションを一段階盛り下げてくれたエマニュエル・セニエ(監督の奥さん)でしたが、その最初に感じていた僕の、いや他の多くの観客も感じたであろう嫌悪は、映画冒頭でトマが感じたものと同じです。オーディションを受けに登場したワンダを見た時に演出家として失望した感情と同じでしょう。

 それがいつのまにやら、観客視線でもトマと同じように彼女の虜となり、精神的な奴隷として堕ちていくのを追体験できる。

 理想と現実。

 支配しているかのようで、実は支配されている。

 いや、支配されていると思うのは妄想なのか?

 リアルとファンタジーの境目を行ったり来たりしているうちに恍惚となっていく。

 力の反転の美学。

 そういう意味では、「ヌける」手応えがありました。

 自分がマゾヒストでなければわかり得ない部分かもしれません。
 
 マゾであればこそ、味わい深い感動と理解ができたような気がします。

 つながっていなかった「服従回路」がつながった。

 この映画はけして変態向けとは言えないけれど、まともというにも少し危ういものがある。

 変態趣味のない健全な人であれば、毛色の変わったラブストーリーと評価してくれるのでしょうか。

 限りなく変態に近いノーマルな人にはうってつけとは言えると思う。

 SMの微妙で深い世界を知ることで、見る人の感性がより豊かになる。

 このことは、見る人がノーマルであろうがアブノーマルであろうが関係ありません。

 なので普通の女性が見ても「女子力」を向上させてくれるであろうし、新人女王様はもちろんのこと、

 挫折しそうなアンポンタンでも、

 すでに「人気女王様」となられているベテランまで

 海千山千のS女性様にもぜひ見て頂きたい。

 もちろんM男には特選イチオシ映画です。

 ちなみに僕が観にいった時は、年末の平日の朝イチにも関わらず、いい感じのご高齢な夫婦や若い男女のカップルがいっぱい行列を作っていました。

 男一人は目立ちます(>_<)

 映画を見る前から「M男ひとりぼっちの公開羞恥プレイ」が楽しめますよ〜!
 
 ↑ イトーさんへ(^^)




今年の夏から一応は楽しみにしていた、という関連記事 

 ロマン・ポランスキー監督「毛皮のヴィーナス




毛皮を着たヴィーナス_ 表紙 Sardaxから贈られてきた書籍バージョン



■ 毛皮を着たヴィーナス マゾッホの原作小説について


■ マゾとサドはどちらがより変態か?
マゾvsサド

■ サドとマゾッホの会話

マゾマゾ:マルキ=ド・サドさんは、多少のMっ気があるでしょう?

サドサド:多少どころか、実はドMなんだ。



[ 2014/12/30 16:20 ] FemDom座映画劇場 | トラックバック(-) | CM(2)

ロマン・ポランスキー監督「毛皮のヴィーナス」 

毛皮を着たヴィーナス2014年映画

 これはもう見る前から必ず失望できると期待(?)できる。

 以前にも1969年に映画化されたバージョンのエントリーで述べたように、原作の小説に深い思い入れがあればあるほど、映画化された作品への失望は大きくなるという方程式は普遍です。

 もともとロマン・ポランスキーの映画はあまり好みのタイプとは言えず、その彼の三度目の奥さんである主演女優にも魅力が感じられない。

 というのは僕の偏見の入り交じった所見で、一般的には優れた映像作品であろうと予想されます。

 マゾッホの「毛皮を着たヴィーナス」をベースにした脚本で、どのような演出がなされるのか。

 マゾヒズムの新解釈が期待できるのか? そういった興味は尽きません。

 ところで、日本公開版のビジュアル・イメージには少しドキッとさせられて、ある思い出が蘇りましたので、今回はその哀しいエピソードについて触れてみたいと思います。

 一昨年、眼鏡(遠近両用)を新調したのですが、その翌日、シオラの周年パーティの2次会か何かで六本木のクラブに朝霧リエさんたちと行った時のこと。

 そこで、ある女王様にお立ち台のステージへと引っぱり出され、一緒に踊らされたのです。

 そういうのは苦手だったんだけど、女王様にバツの悪い思いをさせるワケにもいかず、

 僕は仕方なくデスコ」風 ダンスを踊りました。 

サタデーナイトフィーバー

↑ その時点ですでに女王様はバツの悪いをしてるっちゅう〜の!


 僕はノリは悪いけれど、マンボと、ブギウギダンスは踊れるんです!

 そのうち、ノリノリになった女王様が僕に馬乗りになったり、ちょっとSMっぽい振り付けで絡んできたりしたので、こちらもエキサイトして、というか空気を読んで自分の踊りを

 70年代デスコ から、90年代の Hip Hop・スタイル へと

 ヒート・アップしてみたら、ちょっと首を激しく回しすぎたはずみで眼鏡がフロアーに落っこちた。

 すかさず不幸なタイミングで女王様の足で踏まれてしまい!まさに映画のポスターのように眼鏡のレンズが砕かれたのです。

 もう20年以上愛用しているスイスフレクスというメーカーの、軽くて壊れにくい素材だったのに、木っ端みじんでした(>_<)

 僕も女王様も一瞬で素に戻り、彼女がステージ上で恐縮しきりに謝ってくれるので、僕は平然を装い(心の中では泣きながら)「まあ、これはなかったことにしましょう」と、また踊り続けたのでした(>_<)

 相手が女王様でなかったなら、つい恨み言のひとつでも口に出そうな局面ではあったのですが、意識的にスルーしました。

 この時の心情は実に複雑で、新調したばかりのお気に入りの眼鏡が壊れたことのショックと、それと同時にお気に入りの女王様の足で踏まれて壊されたことへの官能的な思いが入り乱れ、なんとも忘れがたい夜となりました。

 マゾヒズムって、こういう時にお買い得ですよネ!って、なんのこっちゃ(>_<)

 別にまぁ、どうってことのない思い出です・・・

 もう忘れてたんだけど、このポスター見てふと思い出しちゃった。


 どうでもいいか、そんなコト。



[ 2014/08/06 15:05 ] FemDom座映画劇場 | トラックバック(-) | CM(2)

ショウほど素敵な商売はない 

ショーほど素敵な商売はない

 SMプレイとは、M男のマゾヒズムを見せるショータイムみたいなものだと思う。


 ♫ 「マゾほど素敵な性癖はない ♪ 」


  メイクアップにコスチューム、鞭やハイヒール、ライト、女王様が準備をしている

  頭痛に動悸に、胃の痛み、全てに気を遣う 

  セッションが近づくと、高鳴る胸の鼓動

  マゾほど素敵な性癖はない! 全てのことが現れ、全てのことが消える

  どこにもない幸せ、光があふれている

  マゾヒズムに生きる人々よ、女王様の笑顔、苦痛に耐える喜び、恥を超えて輝く

  涙をふくと見えてくる、さあ、マゾを続けよう

  マゾほど素敵な性癖はない! 全ての変態の喜び、全ての変態の哀しみ

  何でも叶えるセッション、光があふれている

  マゾヒズムに生きる人々よ、女王の笑顔、苦痛に耐える喜び、恥を超えて輝く

  涙をふくと見えてくる、さあ、マゾを続けよう マゾを続けよう!

 
マゾほど素敵な性癖はない!

 観客である女王様を楽しませることが出来れば、これほど素敵な性癖はあるまい。

 
 それでは皆さん、またお会いしましょう。

日曜洋画劇場 淀川長治

 サヨナラ、サヨナラ、 サヨナラ!




 ■ マゾで行こう!
イージーライダー

■ 小津安二郎 「麦秋」



紀子 : ねえおばさん、本当に私みたいな売れ残りでいいの?

たみ : へ?

紀子 : 私で良かったら...謙吉さんの女王様に...

(中略)

たみ : 紀子さん、パン食べない? アンパン。

  あ、ついでに
鞭でも打ってみる?




■ SMクラブの仁義 マゾヒストの道化芝居が始まる・・・お楽しみはこれからだ?




[ 2014/06/08 12:09 ] FemDom座映画劇場 | トラックバック(-) | CM(4)

マゾでいこう! 

イージーライダー

 初めて劇場公開映画を僕が観たのは小学校5年〜6年生ぐらいの頃で、アメリカン・ニューシネマの波が映画界を席巻していた時代です。子どもだったから反体制的なメッセージには無頓着に、普通の娯楽作品として「俺たちに明日はない」(1967)、「イージー・ライダー」(1969)、「タクシードライバー」(1976)などの作品を面白いなぁ〜と思いながら、片っぱしから映画館で観まくっていました。

 これらをきっかけとして、まだガキだったくせにハリウッドのクラシックな名作からエイゼンシュタイン、フランス映画なども観まくるようになり、

「いや〜映画ってほんとに、イイもんですね!」

と思ったりしてさらにマニアックな道へと進んだ。

 思春期にリアルタイムなのでモロに洗礼と受けたという感じで、「卒業」(1967)や「明日に向って撃て!」(1969)などの映画音楽の影響も大きかった。


卒業
当時はまだ足フェチではなかったが、ジャケ買いしたレコード



「明日に向って撃て!」の挿入歌は心にしみまスた。

雨にぬれても

 僕はロックンロールやアメリカン・ポップスというのをこの流れにある作品群から知りました。

 中でも、「イージー・ライダー」の挿入歌「ワイルドでいこう!」はインパクトありましたね。

 ステッペン・ウルフのこの曲   ”Bone to be wild”  は今聴いても古さを感じさせることなく懐かしいサウンドで、詩もイケてます。

 タイトルを直訳すれば「ワイルドに生まれて」といった感じですが、「ワイルドで行こう」という意訳の妙。

 外国音楽の英語歌詞を初めて理解したようなつもりになったのも、この曲だったからのような気がする。

 ロックは特に愛がテーマでセックスに関する詩のメタファーがおもしろく、それが英語の勉強にもなりました。

 ストーリー的には子ども心に当時は意味不明???みたいな感じで、テーマや内容がわからなくても鮮烈に記憶が残っているのは、ピーター・フォンダ(同映画のプロデューサーでもある)とデニス・ホッパー(監督でもある)の2人がオートバイで駆け抜けるシーンが本当にかっこよかったからでしょう。

 今あらためて観てみると、さほど洗練されていないカット編集が微笑ましいレベルで気にはなるものの、その稚拙さがまた時代を感じさせてくれます。

 僕はこの映画を観てからすぐ原付免許を取得し、高校時代の夏休みに50ccのバイクで全国を駆け巡ったものです。今思うと、本当にワイルドに行ったものだと思う。

 そして映画への興味とともに、演劇や映像関連への関心も深めるようになっていくきっかけにもなった作品です。

 僕にとっては青春時代の思い出深い映画であり、音楽なのです。


ワイルドでいこう


Born To Be Wild

Get your motor runnin’
Head out on the highway
Lookin’ for adventure
And whatever comes our way
Yeah Darlin’ go make it happen
Take the world in a love embrace
Fire all of your guns at once
And explode into space

I like smoke and lightning
Heavy metal thunder
Racin’ with the wind
And the feelin’ that I’m under
Yeah Darlin’ go make it happen
Take the world in a love embrace
Fire all of your guns at once
And explode into space

Like a true nature’s child
We were born,
born to be wild
We can climb so high
I never wanna die

Born to be wild
Born to be wild



ワイルドで行こう

モーターを回すんだ
ハイウェイを目指そう
冒険を探しに
俺たちの道に何があろうとも
Yeah ダーリン、させてやればいいさ
この世界を愛の抱擁で包み込もう
一発でお前の拳銃を撃ち尽くせよ
そして宇宙へぶっとばすんだ

俺はタバコと稲妻が好きなのさ
へヴィーメタルの雷鳴が
風と競争して
それに俺が格下だという感覚が
Yeah ダーリン、させてやればいいさ
この世界を愛の抱擁で包み込もう
一発でお前の拳銃を撃ち尽くせよ
そして宇宙へぶっとばすんだ

真の自然の子のように
俺たちは生まれたんだ
ワイルドに生きるために生まれた
俺たちはとても高く登れるさ
死にたくなんかないんだ

マゾになるために生まれた

マゾになるために生まれた





 それでは皆さん、またお会いしましょう。サヨナラ、サヨナラ、 サヨナラ!





[ 2014/02/07 00:16 ] FemDom座映画劇場 | トラックバック(-) | CM(4)

R100 

R100フライヤー

 謎の(SM?)クラブ「ボンテージ」へ入会してしまった有名家具店勤務・片山貴文。

 途中解約が出来ないという条件の元、1年間の契約をしてから片山の前に突如謎の美女たちが現れて、未知の世界に誘い込むが、内容は次第にエスカレートしていく。

 未体験リアルファンタジーエンタテインメント作品。(ほぼ「ウィキペディア」より)

「R100」(アールひゃく)は、2013年10月5日公開予定の日本映画(松本人志監督作品)

 企画段階で一番最初にこの題名が決定されたという。

 つまり「18歳未満」ではなく、100歳未満は見れない・・・というのはタイトルの意味あいだけであって、実際の映倫指定はR15です。

 んじゃ、タイシタコトないじゃん。

 でもそれなりに過激な、少なくとも中学生にはふさわしくないと判断されたシーンはあるものと推察されます。

 それがエロなのかSMなのか、あるいはそれ以外の部分なのかはわかりません。

R100

 SMを題材とする映画はこれまでにも何度か製作されてきましたし、そのつど期待して見てはみるのですが、いっ〜つも失望や「なんだかな〜」みたいな気持ちにさせられてきているだけに、今回もどうせたいしたコトなかろうと思ってはいるのです。

 ただ、 マゾヒストである松本人志が監督している

 という点において、いつもとはまた違った期待感が大きいのも否めない。

 芸人や監督としての力量はよくわからないけれど、マゾならでは自虐的なキャラには昔からある種の好感を抱いてはいました。

ダウンタウン松本


 なので、この映画がつまらなくても許せるし、おそらく「期待通り」に失望させてくれるのではなかろうかと逆期待しています(^^)

 そのように考えると、タイトルも松本らしいハッタリのようでつじつまが合う。

 キャスティングは、ナカナカよい。
 
富永愛


 あの富永愛にSMの女王様役のイメージをオファーできたのは、さすがです。

 テレビなどで垣間見る横顔も、S女性っぽい「目チカラ」や仕草に気品が上乗せされたハイグレード感には圧倒されるよね。ルックスだけでこれだけの威圧感は天性のものなのでしょうか。演技力でがっかりさせないで欲しいものですが・・・

 SMクラブの職業女王様には、S女としての才能やSMのスキルよりも、ズバリ「演技力」が要求されます。

 言葉責めなどでの臭い台詞を大根芝居でやられてしまっては、いくら魅力的な女王様でも萎えてしまう。

 しかし、かつて SMクラブの仁義 でも述べましたが、M男としていったんセッションというステージに立ったからには、自分で仕立てたその茶番劇に最後までおつきあいするのがマナー。

 なるべく感動的な幕引きのために、お互いに協力しあうコラボレーションが、いわゆるSMクラブでの粋をきかせたプレイなのだと思う。


 だから、寺島しのぶや大地真央など、文学座や宝塚出身の舞台女優に目をつけたあたりも凄いと思いました。

 片桐はいりは女王様にはなってほしくないタイプ だけれど、舞台女優としては一級品です。

 モデルやグラビア・アイドルでなく、舞台出身でないと出せない味がSMにはあるような気がしますね。

 とはいえ、佐藤江梨子は無難なラインで、女王様になってほしいタイプ。

 彼女は意外と演技派というかナチュラル・メイクのような芝居が得意のようです。

R100佐藤江梨子

 
 ストーリーは平凡なサラリーマンが、SMの世界に足を踏み入れて堕ちていくというベタ話だとか。

 僕が注目したのは、それまで密室の世界だったSMクラブという属性を日常空間にまで拡張したところ。

 非日常とのボーダーラインを曖昧に仕立てる設定は上手いと思いました。

 羞恥プレイなどがそうであるように、厳密には日常という禁断の扉を開かないと真の快楽というか、恍惚はあり得ない。

 もし松本が真性Mで、奥の深いマゾヒズムを理解し、かつ表現しようとしたとして、それに成功しているとするならば、ノーマルな一般大衆には不可解な映画と評価されるでしょう。

 最新の前評判では、相当に「ワケわからん」作品?らしいです。

 このブログをご覧になられている、「それなりに」アブノーマルな皆さんのご感想も伺ってみたく思っておりますので、あえて公開前にエントリーしてみました。

 僕の場合、映画としての評価と、SMというテーマ性の処理についての評価は別物になってしまいますが、娯楽作品としてその題材にSMを取り上げた姿勢は高く評価しています。

 レベルは全く違いますけど、僕も北川プロのDVD作品「顔面騎乗に花束を!」でやりたかったのは、SMの奥の深さを、その「ワケのわからなさ」を、手法としてはノリの軽いエンターテイメントに乗せることだったので、

 予算をかけているわりには自主制作のような匂い

 のするこの作品には、ある意味で本当に期待させてもらっています。

 見てから、期待はずれだったらレビューなんて書けないと思うので、先に書いてみました。

 今回は、きちんと期待外れも想定しているので、そういう意味でも楽しみです(^^)





 【たいして関連してないかもしれない過去エントリー】

■ 映画「私の奴隷になりなさい」
私の奴隷になりなさい


■ 女王様という名の女優
エリカ_SMっぽいの好き



■ ヤッターマン


 これはSM映画じゃないけどネ


■ 団鬼六「花と蛇 3 」
花と蛇3scene_A


■ ダウンタウン松本人志の結婚
伊原凛

 マゾでも美人と結婚できる(>_<)

■ SMクラブの仁義


 野暮はいいっこなし!



■ 萌えるマゾヒズム
ホイチョイ
 マゾヒズムの真実が、明らかに?


[ 2013/10/01 09:26 ] FemDom座映画劇場 | トラックバック(-) | CM(6)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ