FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

平常心でSMを楽しみたい 

 She-Shupos_Old-M-magagin.jpg


 たいていのSMプレイでは、興奮状態なんだろうと思う。

 性的にエキサイトしているとか、勃起のハナシでなく(それもあるけど)

 冷静な判断力が低下するような感じ。

 例えば僕は、プレイ中にはメガネを外していますが、ある時メガネをかけたまま、外したと思っているメガネを探したりする(これは普段でもよくある)

 まぁ、初期の認知症を疑うべきかもしれないけど、非日常的な空間の中で、ふわふわと浮ついた気持ちで、女王様のちょっとした指示や言葉へ臨機応変にリアクションを取れないことがある。

 別に動揺しているわけでもないのに、何が何だかよくワカラナイ(>_<)

 新人女王様にありがちなフリーズともまた違う。

 まぁ、それもソレで、楽しい時間ではあるわけですが、もう少し落ち着いて、ひと呼吸おいて、まったりとSM的体験を味わいたいもの。

 平常心というやつは、

 「今から自分は平常心になりま〜す!」

 といくら宣言しても、なれるものではない。

 気づいた時には、すでに失っている
     (そのことに気づいていないことがほとんど)

 なるべくなら、女王様との時間を大切にしたい。

 そのような思いから、「いまココ」にいる感動をじっくりと見つめられるよう意識するようになった。

 そうはいっても、女王様の方もいろいろとやってくれますから、戸惑ったり、ウハ〜(>_<)となったり、セッション中は頭がテンパって、女王様に「アヘ顔」晒して、とても冷静ではいられるわけがない。


She-Shupos_1.jpg

 女王様も、冷静にシラけているマゾを見ていてもツマラナイだろうから、こちらも演技的に興奮しているようなフリをすることもあるけれど、それは別に「平常心」からではなく、どちらかというと「忠誠心」に近い。

 忠誠を尽くしているフリというのは、それが偽りでも、忠誠を尽くしていることになる
(と思う)
 
 結局、マゾが自己満足のためにご奉仕しているようでいて、女王様がそれで楽しければ、そういうことも全部ひっくるめて、お互いにウイン&ウインの体験が可能だし、本来そうあるべきなのだろう。

 興奮状態で頭の中が真っ白になるのもいいけれど、女王様がきちんと楽しまれているご様子を、きちんと確認できる余裕があったほうが、より充実したセッションが共有できると思う。

 エゴマゾよろしく己の快楽に突っ走るのではなくて、女王様の快楽・満足のために、己を消し去り、

  無我無欲の境地でご奉仕する。

 その心意気が、地球環境よりもやさしく女王様に配慮したエコ・マゾヒズムへの道しるべとなるであろう。


 どうでもいいか、そんなコト。










[ 2019/08/10 20:55 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(0)

恥ずかしがり屋さんの Sardax ? 



 僕が敬愛する著名な Femdomアーティストの Sardax 氏が、彼自身の懐かしい思い出?をブログで綴られていました。

Meeting a mistress pre-Internet

 あれほど素晴らしく過激なイラストを描きまくっているわりには、かつて恥ずかしがり屋さんだったのかもしれない?ことが思い浮かぶような、興味深い内容です。

 インターネット時代の夜明け前、自分が理想とする女王様と出合う手段は限られていた。

 それは日本でも英国も変わらない。

 若かりし頃のSardaxは、今でこそ仕事の一環としてミストレスと出会っている境遇を、夢にだに想像し得なかったと告白しています。

 ロンドンのソーホー地区にあった公衆電話の描写は、東京の六本木のそれとほぼ同じ。ボックス内に貼りめぐされた違法で猥褻なチラシ広告も、ウエブサイトに現れる現在のポップアップの源流だ。最新のテクノロジーも、やってることやアイデアは昔からさほど進化してないような気がする。

 そこからSMクラブへ、恐るおそる電話する。受付係は、女王様の身長やスリーサイズを「イイカゲン」に客に伝える。予約が完了すると、電話ボックスの近くにある薄暗い地下の部屋へと案内されるわけだ。そして、願わくば自分のファンタジーを叶えてくれるような舞台との出会いは、たいてい失望の幕を閉じる。

 Sardaxは、もう一つの、まっとうな Optionとして、交流投稿媒体の利用を紹介している。
A5サイズの安っぽいモノクロ雑誌で、日本で言うなら「SMシークレット」の読者投稿欄のようなメディアだろう。これも、全くおんなじで微笑ましい。

Image_02-contact magazine


 昔と今の大きな違いは、その情報量とクオリティだ。

 Sardaxの青春時代には考えられない手段とツールで、自分の理想とされる相手とのコミュニケーションが、恐ろしく容易に可能となった今、 内気でシャイな人々には福音ではあるが、かつての暗い体験のリスクが完全に消えたわけではない。
 
 自分の過去をSardaxは、古き良き時代の思い出と振り返っているというよりも、おぞましい黒歴史として語っているように僕には読める。

 未知なるプロ女王様とお目にかかるには、相当の覚悟がいる。

 人間関係のリスクは、時代や装置が変わっても、常に僕たちを脅かしている。

 ネット社会は便利な反面、想像以上の脅威が潜んでいるのではないだろうか。

 Sardaxは、やみくもにネット時代を礼賛しているわけではなさそうです。

 
 「黄金の時代は終わったかもしれないが、暗黒時代の始まりではない」と、含蓄深く結んでいる。

 慎み深い英国紳士としての一面が垣間見える、心に沁みるエッセイでした。




■ Sardax 英国紳士の描くSM絵画
Sardax_鞭



■ Sardaxの世界 Fedmom 美術の芸術性
Sardax_Harp


【関連エントリー】

*以下の記事で Sardaxのイラスト作品を何点か紹介しています。


■ 女王様の肖像画

■ 毛皮を着たヴィーナス

Sardax ~英国紳士の描く上品なミストレスたち

■ 顔面騎乗に市民権を与えた男




[ 2019/06/24 15:44 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(2)

恥ずかしいマゾがいる。マゾの恥ずかしさというというものはない。 

 これは、近代批評の泰斗・小林秀雄の名言です。

無常といふこと

 ロダンの有名な「美しい自然がある、自然の美しさといふものはない」
のパクリとも言われていますが、考え方としては無常ということの本質であり、
美の追求者であった小林は、それは頭の中の観念ではなく、自分の中で受け止められるものだと言っています。

 つまり、認識できる存在(人の感情、心)があってこそ、外界の物事(SMやマゾヒスム)は成り立つのだと。   

 SMやこの種の変態性アブノーマル性癖の主要なコンセプトに、羞恥(心)があります。

 政治家の羞恥心と一般庶民のそれとは、感じ方に違いがあり、その乖離は美と醜より大きい。

 羞恥は人によって感じ方が異なるから、恥ずかしさを感じることの出来る人は大勢いても、恥ずかしさそのものは定義できず曖昧なままです。

 女王様が恥ずかしいマゾを見ても、花を見て美しいと感じる気持ちと同じ心の動きが考えられます。花と美は一体化している。

 だから、女王様は裏切らない。

 いくらマゾ本人が恥ずかしがり屋などと照れくさそうに言ったところで、どこからどう見ても恥知らずなのは明らかなのです。

 自分がその恥知らずな存在であることが、恥ずかしくてつらい。

 しかし、嬉しくもある。


 嬉し恥ずかしのカオスが複雑に入り乱れたマゾヒズムは、より普遍的な地平へと肯定的確信的に読み解かれる。


 女王様と対峙している時、僕は本当の自分の心の闇の奥の底まではカミングアウトしていないと思う。

mild_M_06.jpg

 予約して、彼女を指名してそこに己が勃って(座っていても)いるからには、その事実が恥ずかしいマゾであることをカミングアウトしている。

 すでに「マゾの恥ずかしさ」などというものは消滅しているんだ。
  
 だからといって「恥ずかしくない」というわけではない。

 やはり恥ずかしいし、「こんなコトやってる俺っていったい・・・(>_<)」というような、後悔にも似た複雑な心境が渦巻いている。
 
 しかしその後悔も羞恥心も含めて、筋書きのないシナリオに含まれたドラマの一部だったりする。
(もちろんマゾのコダワリによっては筋書きのあるドラマも、あるのかもしれません)

 女王様はそんなことお見通しで、追い打ちをかけるように、

「恥ずかしいのが嬉しいんでしょ?」と、あまりにも定番すぎる台詞が出てくる。

tumblr_n8q4x6CFjT1skeqgxo1_500.jpg


 それが嬉し恥ずかしかろうとなかろうと、多くのM男と接してきているプロ女王様は、どこでどんな言葉を使えば、マゾ萌えするかをきちんと心得ている。

 それほど多くはないマゾのスモール・データから、現場で適切な表現を選びとる人肌の温かい女王様のスペックは、膨大なビッグデータを必要とする人工知能とは比べものにならない。

 そして、何よりも人間の女王様の素晴らしいところは、知識や経験からでも意味不明なマゾの性癖や願望に対して、そこに寄り添った対応で受け入れて下さる「おもてなし」のプログラムが先天的に組み込まれていることだと思う。

 どういうわけだか、僕はそう思っています。
 
 その時は酷い目にあったと誤解し、「なんて女王様だ。もう二度と指名しない!」と憤慨しても、あとから冷静に思い起こしてみると、当てずっぽうでも僕のために努力してくれていたのだ、と思えるようになった。

 かつて僕は「女王様は判ってくれない」という記事を書いたことがありますが、最終的に常に、女王様は裏切らない。

 若い頃は「裏切られた!」と勘違いしたこともあった。

 ただたんに、まだ信頼関係が築かれていなかっただけなのに、裏切られたもへったくれもないもんだ。

JiJi_mazo_20190601112939a18.jpg

 こちら側の身勝手な妄想が、全て完璧に実現するとは限らないだけで、少なくとも僕がお世話になった女王様方は全員、全力でベストを尽くしてくれていた。

 僕のちっぽけでクダラナイ妄想をヴァーチャル空間で可視化し、馬鹿げた夢を叶えて下さった女王様に、心から感謝しています。

 マゾの羞恥には、花の美しさと同様に、解釈のうえに哲学がひろがる。

 「花」という名詞は文法的に存在するけれども、「美しい」という形容詞は物理的に存在しない。





 それがどうした?っていうおハナシでしたが、何か問題ありましたでしょうか? (>_<)




■ 女王様からの手紙

■ マゾの壁

■ 女王様とハグできますか?
e448ad2cfa0ca80cd9d08ad98faaf46f_20190601211151101.jpg








■ 私の恥ずかしいマゾヒズム
Presentation_of_homers_embarrassingM.jpg



■ 恥ずかしいマゾの私
恥ずかしいマゾの私_02



[ 2019/06/01 11:42 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(3)

まっすぐな道でさみしい 

まっすぐな道でさみしい
 東山魁夷「道」(1950年)東京国立近代美術館

 令和になったんで、SM倶楽部にでも逝こうかな。





[ 2019/05/01 11:16 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(4)

ハゲ頭のマゾがご奉仕するには 

 I would not mind my bald-head. But it could make my Mistress feel frustrated when I’m trying to worship her pussy. When I found a drawing of Mr.Sardax, I thought this will be really helpful for those bald-head slaves.

バカマゾへの崇拝指南

 特に気にはしてなかったのですが、加齢とともに頭の毛髪が少なくなり、円形脱毛症っぽくなってきました〜(>_<)

 普段はともかく、女王様にご奉仕するような時、困ります(女王様が?)

 光栄にも、ご奉仕のお許しを頂いて頑張る時、どうにも上手く逝かずに、昔なら女王様が僕の髪の毛を鷲掴みにして、「もっとこっち側」とかおっしゃりながら位置の微調整が可能でしたが、最近は掴むモノが足りない(>_<)

 首輪をつけていればリードでコントロール出来ますが、イマイチ正確性に欠けるようです。

 そういう場合、Mr.Sardax のイラストのような道具が重宝します。

 この図では髪の毛がフサフサしてるけど、ハゲ奴隷にこの装置は必須のアイテムではないでしょうか。

 微妙な位置へとピンポイントで誘導する強力なハンドルが、

 左右上下にと柔軟かつ正確にナビゲートを補助してくれます

 ハゲマゾの奉仕活動を支援してくれるこの種の便利なツールは、セビアンとか日本のアダルトショップではお見かけしません。

 Mr.馬之助さんだったら、オールハンドメイドで製作可能ではないでしょうか。

 だけども、馬之助さんはそういうご趣味(顔騎とか)がなさそうなので、お作りにはならないでしょうなぁ....

 それにまだ髪の毛あるし(>_<)

 令和時代には高齢者マゾ人口が急増しますから需要は見込まれますので、業界関連の達人の方々、よろしくオナシャス!

Jim_TallGoddes.jpg


 
[ 2019/04/29 11:28 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(2)

ある老マゾヒスト氏との邂逅 

 「後ほど、バグをお見せします」

 まもなく古希をお迎えになるというその御仁は、お互いに自己紹介が終わった後で、10歳も年下の僕に、なんともご丁寧な物腰でおっしゃる。

 どんな「不具合」なのだろう?と、マジで心配になりましたが、「橋」と「箸」のアクセントの違いと似たようなもので、彼の言うそれは「馬具」のことでした。

 自分の普段の語彙にないので、最初は意味不明にひびきました。

 この世界ではよく知られた、「日本3大M男」にも数えられる超有名なマゾヒストであられまする、馬之助さんとの初めての出会いは、何とも間の抜けた、こんな感じでした。

 お名前だけなら、おそらく20年ぐらい前から存じ上げていた(と思う)

 昔から僕はどちらかというと「妄想派」で(そんな派閥あるんか?)、実践派でタフガイの馬之助さんとは、あまりにも格が違い過ぎて、ただただ、羨望のまなざしで見つめていました。

 もうログインできない状態なので正確な時期はうろ覚えですが、15年ぐらい前に、mixyでマイミクさん(だっけか?)になって頂いたこともある。それ以降、ネットやメールでは時々、ほんの少しだけ交流があっただけで、ずっと面識はなかったのです。

 かつて「お馬さんごっこ普及振興会」というのを立ち上げて、特に何も活動はしていませんでしたが、馬仙人さんとともにその理事というか、起立メンバーになって頂いたこともありましたっけ。

 その後僕は腰を痛めて、もうお馬さんごっこは出来ない身体になってしまいましたが、西欧風のポニープレイへの愛着は深く、その世界のマエストロとも言える馬之助さんとは、いつかは、お目にかかり直接お話してみたいな、とは思っていたのです。

 たまたま昨年末、Twitterで「そのうちお会いしたいものですね」というやりとりが、まぁ、おそらく社交辞令的にあった。

 この歳になると、「そのうち」というのは永遠にこないことが多い。

 僕もまもなく還暦を迎える年齢に近づきつつあり、(自分が)死ぬ前に一度は会っておきたい「3大M男」のお一人が、馬之助さんでした。でも、わざわざアポとって会う、というのもなんだか厚かましいような気がして、SMバーをぶらぶらしていれば、そのうちどこかで遭遇できるかも?などと期待しつつ、直接お会いするご縁がこれまで(たまたま)なかったのでした。

 先日、急用で上京した際、知人の手配してくれたホテルが、山王日枝神社のすぐ近くで、そこから歩いて5分ぐらいの所に、赤坂に昨年オープンしたSMバーがあります。そこはかつて、六本木で一度だけお会いしたことのあるミストレスがママさんの店だと後で知りました。なので、ここも、死ぬ前に一度は訪れておきたい(>_<)と、昨年から狙いを定めていたのでした。

 彼女は僕のことを覚えているはずないけれど、こんな近くにまで来ていて、ダイレクト参拝しないてはない!と(勝手に)思いこみ、恐る恐る、お店に伺いました。

 一番ノリでお店に足を運ぶも、残念なことにママさんは体調不良でお休み(>_<)

 開店したばかりの店内で、一人ポツンとしていると、2〜3分後に現れたお客さんが、馬之助さんだったのでした。

 面識はないので、お互いに素顔は知らない。おなじみの全頭マスクと「馬具」をつけて登場してくれれば(そういうコトも十分ありえる)おそらく気がついたかもしれない・・・

 接客してくれたミストレスに、僕がホーマーと名のるのを、隣の席でふと耳にした馬之助さんが、驚いたように「ホーマーさん?」と叫ぶ。

 すかさず立ち上がり「馬之助です!」と、M男らしく名のる。

 かっこいい! そういう意味ではM男らしからぬ所作に僕は度肝を抜かれた。

 「え? あの?」と、僕が言ったか言わなかったか、こちらもたいへん驚き、自分がどんなリアクションしたのか正直覚えていません。

 ただ、お目当ての女王様と会うことは叶わなかったのに、ず〜と憧れていた馬之助さんとお話できたことがなんだか嬉しくて、楽しかったというのだけは覚えている。

 お手製、自家製のハーネスや拍車を嬉しそうに見せる時の笑顔が、おチャメというかチャーミングで印象に残っています。

 どんなご縁で、この場所でお会いすることになったのか、偶然と言えば本当にただの偶然にすぎず、どうということのないこの日の思い出を大切にしたくて、今年最初の記事として、ブログに書き綴ってみました。

 



[ 2019/01/20 12:55 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(2)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ