FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

妄想は思想だ! 



 30年前に、僕はいったい何を考えていたのだろうか?

 平成がまもなく、終わろうとしている今、この時代を振り返ってみるのもいいかもしれない。

 若い頃は、SMプレイで満足の逝く内容を実現させたかったので、とにかく、自分の願望の「見える化」に努力していたように思う。

 春川ナミオ画伯の作品などを利用し、Femdomアートのイメージに託したりしながら、模索を繰り返していた。

春川ナミオさんのイラストって素敵m

 プレイがチグハグになるのは、その可視化に失敗し、女王様へ自分のメッセージが伝わらない時だ。

 相手がプロでも、プライベートなご主人様であろうとも、このことは同じだと思われる。

 いや、あらゆるコミュニケーションにあてはまる道理でもあろう。

 何も考えずに、実現されることではない。

sardax_2018_12.jpg


 しかしSMというのは奥が深く幅も広く、何も考えない方がいい時もあるから不思議だ。

 そういう奇跡的なセッションを一度でも経験すると、結局は相性とか、感性の問題になる。

 それらの合わない人とは、いいセッションは出来ないのだろうか?

 誰とでも合わせられるものではなかろう。

 これがSMの大きな前提で、もちろん可能な限り合わせる努力はするし、そのためのスキルが存在するにしても、最終的に残念な結果になりえる場合があるのを、想定しておいたほうがいい。

 相手次第、状況次第、努力次第、あるいはタイミングや関係性の持続時間という属性も含め、様々で複雑な要素がある。それらを考えると、とても無思想でプレイできる気がしない。


 昔、90年代に、観念絵夢というAV男優がいて、マゾ思想ということを言っていた。
  ー「マゾバイブル」(太田出版)ー

 世紀末を生き抜くにはマゾ思想しかない!

 そこまで言わなくても、思考は常に大切な行為で、いろいろなことを考えてしまうのは、仕方ないのではなく、必然だと思われる。

 そう考えると、確かに、「何も考えない」ことのほうが負担が少なくて楽かもしれない。

 だが、ここに大きな矛盾があることに気がつく。

 もし僕が何も考えていないのであれば、それは意図的に努力して「何も考えないぞ!」ということを考えているにすぎない。

 無思想の発見ではないけれども、雑念も含めて、脳内にはなんやかやが渦巻いている。

 そこまで取っ払って、完全に真っ白な状態にする(なる)には、相当な修行を積んだ達人でないと無理だと思う。

 妄想も、無秩序な思考なのだ。

 マゾヒストは、その無秩序を楽しむことが出来る達人とも言える。

 例えば、マゾ目線で言うと、全て自分の思い通りになるSMプレイはつまらない!と考える。

 だから、「必ずしも全てが自分の思い通りにはならない」プレイを望む。
 (あるいは、「少しだけ、自分の思い通りにならないプレイ」を望むとか)

 または、お相手して下さる女王様が楽しめるプレイを希望する。

 これって結局、全て「マゾの思い通り」なプレイとして取り込まれることになってしまうんだよな〜(>_<)

支配と服従

 どこか、間違ってますでしょうか?

JiJi_mazo.jpg




[ 2018/12/08 00:16 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(4)

寺山修司展〜ひとりぼっちのあなたに 



 僕の父は、寺山修司と大学の同級生でした。

 ほとんど交流はなく、寺山も1年生の時に入院して、死と隣り合わせの闘病・入院生活を3年も続けたこともあり、接点はないようなものですが、彼のレガシーやレジェンドについては子供の頃から耳にしていました。

 そして、僕も同じ大学に入学したその同じ年、寺山修司は世を去った。

 今年は没後35年。
 
 個人的な感慨深い思いを抱いて、神奈川近代文学館に足を運びました。

 今さらテラヤマ・ワールドのもの凄さをここで語る気はしないのだけれど、あらゆる人にイチオシの展覧会だと思います。

 なぜなら、人は皆、ひとりぼっちなのだから。

 家族や友人に囲まれ、あるいは理想の女王様との主従関係に恵まれた幸福なマゾだって、結局は孤独な存在であることに、気づいていない。

 本当は、当たり前すぎて、気づかないフリをしている。

 そんな自己発見の、貴重な体験を共有できる構成です。

 今年の谷川俊太郎展の時にも感じたのですが、画家でなく、詩人や劇作家の企画展示会というのは、それまで自分が取得していたもの、つまり活字の世界で膨張していたイメージを再確認するだけでなく、もっと普遍的で宇宙的な「絵画」として心に刺さってくるような気がします。

 そして言葉が持つ美術的側面、すなわち芸術性の秘密を寺山が模索していて、それが詩や短歌から、演劇・映画などへ収斂していく。

 この企画展の構成を担当している三浦雅士氏の情熱にも心打たれました。

 11月25日まで



Kodoku_no_Hatusmei.jpg


[ 2018/11/18 13:45 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(3)

ゾーンSM 

WorshipMistress.jpg

 アメリカン・フットボール(NFL)にゾーン・ディフェンスという作戦というかフォーメーションがあって、ロングパスを警戒しつつも近場のランプレイにも備えるという守備範囲の広い戦略があります。

 それから野球でも「ストライク・ゾーン」などと言いますが、この「ゾーン」という言葉は、スポーツ関係の他ではあまり耳にしませんね。

 ふと思い出したのは、昔の海外ドラマ「フレンズ」に出てくる英会話で「friend zone」という表現があり、恋人や愛人にはなれないけど、「よいお友達」にはなれそうな人間関係で使う。
 
 昭和の時代は告白してふられる時の常套句でしたが、その真意は「どうでもいいお友だちであることが多いようです。

 今回は、「ゾーン」という言葉・表現に注目してみたい。

WorshipMistress_02.jpg



 何かと便利な「お友達ゾーン」の関係性は、仕事関係とも微妙にかぶる領域があるように思います。


 SMにおいては、日常的に深い主従関係はなくとも、セッションの時だけに限定して「主従ゾーン」に入るというのはよくあります。

 あるいは、プレイはしたことないけれども、SMバーなどでプロの女王様(元プロも)と対面でお話する時などに、「局地的な主従ゾーン」に入ります。

 有名女王様で近寄りがたいオーラが感じられる時、こちらはそのゾーンの周辺エリアで匍匐前進している。

匍匐前進

 前進しようか?撤退すべきか(>_<) 突撃したら玉砕するかも(>_<)(>_<)(>_<)

 あまり仰々しい敬語は使えないけれど、こちらも「おおせのままに」とか、「かしこまりました」なんていう、普段は使ってない語彙を、恐るおそる使ってみたりして、まぁ楽しめます。

 すると、たまに瞬間的な言葉責めが降り注いだりして

  *まれに顔面騎乗とか ← ないって (。。)☆\バキ

 カウンター越しに、突然ネクタイを引っぱられ、「アゴクイ」ぐらいは(好意的に)されたりします。

Ago-kui_1.jpg


 こういう時に当意即妙なやりとりが出来るかどうかで、主従ゾーンの範囲や密度、空気感が決まってくる。

 つまりコミュニケーションのクオリティが決まる。

 言うまでもないことですが、会話は一歩通行ではダメで、相手の言うことを受け入れることが大切。

 それは必ずしも同意することを意味せず、あからさまに否定もしないけれど、敬意をこめて受け流したりする。

 メッセージの本質や結論が、ゾーンに浮遊している状態だとも言えるでしょう。

 今、ふと唐突に思いついたような表現ですが、こういう「ゾーン意識」みたいなものが、なめらかなコミュニケーションを成立させるのに大切ではないかなと、思ったりしました。

 身も蓋もない言い方をするなら、曖昧にしたままにしておく。

 アメフトのゾーン・ディフェンスではないけれど、どっちつかずのユルい状況で、ポジティブな言い方だと様子見ですが、なかなか高度なスキルではないかと。

 理不尽な出来事や、意味不明な人の行為に対して、ピンポイントな悪意や憎悪でなく、ゾーン悪意(憎悪)で対応できれば、衝突やコンフリクトのリスクが軽減するのではないでしょうか。

Kankokukitachosenn.jpg


 先日、北朝鮮と韓国の首脳会談が話題になってました。

 あえて「何が」とは言いませんが(コレこそゾーン意識)、日米や日韓、あるいは米朝関係、日ソやイギリスとEUなど、様々な国際政治関係でも、こうしたゾーン意識が高度に作用している。問題が緩やかに持続する限りにおいて、解決はしない代わりに、破綻や決裂もない。どちらも先送り。

 SMプレイにおいても、マゾの言いなりになるのを嫌う女王様が、それなりの自己主張をしつつ、いかにマゾの矛盾した快楽に対応するかにしのぎを削る場面で、宙吊り状態を持続させるのは、無意識にもこのゾーンに入り込んでいるような気がするのですが、何か間違ってますでしょうか?

 SMが知的遊戯と言われるのは、高度に政治的な哲学が利用される面もあるからで、そこのところがネ、な〜んかネ。イヤラシイと言えば、いやらしい。あんまり気持ちよくないというか、なんというか。

 しかし、よいSMには、妄想や幻想はあっても、嘘はない。

 ゾーンが異なるだけです。

Zettai_None.jpg
みんなの大好きな「絶対ゾーン(領域)」


 SMのセッションにおいては、両者の異なるゾーンが重なる時が、少なからずある。

 あるいは、微調整しながら重なりあうようにお互いが意識する。

 純真な気持ちで素直に、裸の声でコミュニケーションできた時の感動があるから素晴らしい。







【関連してるかもしれないエントリー】


■ 会話のキャッチボールが大切だと思う




[ 2018/09/22 14:51 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(2)

外国人のマゾ男性とディープな会話を英語でしてみた 

  別に自慢するわけではありませんが、僕は英語がペラペラなのです。

  ↑ 自慢してるじゃんか (。。)☆\バキ

 だけど、SMの話は、日本語でもペラペラとは話せない(>_<)

 普通の、何気ない英会話は、練習すればある程度伝わるし、伝わってくる。
 
 だけど、それが「コミュニケーション」として成立するかどうかは別のお話。
 
 SMバーなどで、自分の性癖をカミングアウトするような場合、全部は言わなくても、ある程度の内容はきちんと伝えないと、誤解されかねません。

 ざっくばらんに、さらりとやれちゃう人もいるようですけど、恥ずかしがり屋さんの僕には、嘘をつくことさえ憚られるのです。

 しかし、今回、意外なことに気づきました。

 英語だと、別のフィルターがかかって、日本語で言うより大胆に、より正確に自分の言いたいことを表現できたような気がしたのです。

 相手は北欧系白人で、僕より少し年長に見えましたが、彼にとってもおそらく英語は第2外国語で、使われる語彙が平易で、米国スラングや英国人が好んで使うイディオムが会話に登場してきません。

 中学・高校生ぐらいのボキャブラリーで、アダルトな会話が進行しました。

 幼少時に顔面騎乗に近い体験を彼もしていて、春川ナミオの大ファンであり、数年前に六本木のバロックで開催された「春川ナミオ展」を見ていました。

 これで僕と話があわないワケがない。

 僕が春川ナミオ氏と会ったことがあり、インタビューもしたことを伝えると、顔面騎乗談義に盛り上がり、Facesittingという言葉は世界共通語なのだと、あらためて認識できて幸せになりました。

 しばらくしてから、「Do you know Eric Stanton ?」(エリック・スタントンを知ってるか?)と聞かれ、

 I know him well, but I did not meet him. (面識はないがよく知っている)と応えると、超ウケました。爆笑された。

「米国の春川ナミオ」とも称される、ポップな顔面騎乗イラストを描くErick Stanton
エリック・スタントン
 初期のスパイダーマンの作画に関わったコミック作家として活躍した


 日本語ではやらないような、ちょっとしたリアクションが、なぜか英語だと出来るのが不思議。

 しかしこれは、相手との距離感がなせる、自然な会話だったのだなぁと思いました。

 日本人のM男性とも、気を許せば、心地よい会話ができるもので、それと同じことです。

 英語の偏差値は関係ない。

 そもそも母国語で言えないことを、外国語で言えるはずが、ない。

 しかし、僕は、SMや自分のマゾヒズムについて、かろうじて日本語では言えます(たぶん)

 言い難いけど、カタコトの日本でとりあえず言える。

 それが英語だと、英語能力や会話スキルとは別の文脈で、どういうわけだか気楽に言いやすいような気がした。

 この「気づき」が新鮮で、不思議で面白いことだと思いました。

 英語の基本的な学力があっても、英会話が苦手な人は多く、僕もそのひとりです。

 ブロークンで文法的に間違っていっても、そんなこと気にせずにどんどん話をしていくと、なんとなく気は通じるもので、失敗を恐れず、というよりどんどん失敗をして会話を続けることが、英会話上達の近道だと思います。

 SMで英会話は、日常的な英会話よりハードルが高そうでいて実は簡単、とは言わないまでも、はるかに取り組みやすい。教材として活用するにはいい素材になります。

 自分のM性癖を英語でプレゼンテーションできるようにすれば、TOEICのスコアは確実に上がるでしょう。

 あ、別にM性癖でなくても、自分が一番好きなこと(例えば「顔面騎乗」とか)を、英語で説明できると、いいですね。

 


   

 









[ 2018/03/30 14:44 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(4)

エスエム落語に逝ってみた 

舞きー独演会


 うまいき〜! (>_<) 

 終演後の拍手喝采時、僕は思わずそう叫んでいた。

 いや、シャレでなくてね。 ← ダジャレだ (。。)☆\バキ

 女王亭・舞き〜 SM落語会

 この笑いはヤバいよ。ヤバすぎる。

 突き抜けた名人芸に、そこにいた全員が感動していた。

 このブログでも時々紹介している、ラシオラの元女王様で、現在はフリーライターとして活躍中の早川舞さんが、ご自身の聖誕祭で、オリジナルの創作落語を披露されました。

 いや本当に、もの凄〜く面白かった。

 「おもしろい」というような平凡な言葉を使うのが嫌になるんだけど、正直これほど、スカッと爽やかに笑えるとは、失礼ながら想定外でした。

 ステージは新宿のアマルコルドの店内にある檻(の上)

 開演直前まで、いつものようにカウンターでグラデスカ(ホステス)として接客していた舞さんが、おもむろに大きい座布団をどこからか持ち出して来て、その檻テーブルの上に敷く。

 寄席ではこういうのは普通、付き人か弟子、M男がやるものなのだが、主賓で主役の、いやそれよりも女王様が自分でやっちゃうのが舞さんらしい。

 さすがに「人間座布団」は使わないんだ(笑)、などと内心クダラナイことを考えていたら、上半身裸のM男氏が登場し、舞さんが彼のお腹と背中に、墨汁と筆で何かを書き始めた。

女王亭_舞き〜

 「人間めくり札」キタ〜( ゚∀゚ )

 SM文化が大衆化し、(S男やM女性は昔から大勢いたけれど)女王様やM男の人口が増えてきて、ついに伝統芸能としての落語のネタになる時代がやってきた。

 そういった目のつけどころが鋭いし、出来映えも見事でした。


 僕はかねてよりSMにおける女王様とは「表現者」だと常々感じていた。

 そこが素人S女性と、プロ女王様との根本的で決定的に異なる点だと思う。

 ヤラセも含めて、金銭の授受をともなうパフォーマンス性をいかにして客に評価させるのか。

 客席の妄想(要望)次第で、きれいごとでなく、現実としてかなりエグい舞台となることも。


 ネタの原点はSMの本質、しかも(よりによって)

 顔面騎乗がモティーフ

 となっているのに、テレビの「笑点」でも通用するぐらい「まっとう」できれいな物語には驚きました。

 「低温ロウソク」とか、「アナル」とか、まぁ〜それなりにキワドイ専門用語が出てはくるんだけど、古典落語としてのきちんとした構成を巧みに活かしており、SM未経験者でもおおいに笑えたと思います。
 
 しかしながら、この作品で腹の底から笑えたのは、やはりプレイ体験者だけなのでしょう。

 僕は自分が経験豊富とまでは思っていないけれど、一応、知ってはいる。(たぶん)

 絶対に秘密にしたい、恥ずかしくて、ためにならない、あの密室での体験の数々は、誰にも共有されたくないし、自分でも「いいネ」ボタンは押せないんだ。

 しかし、最近思うことに、SMと笑いはもともと相性がよかったのかもしれない。

 はたから見れば「恐ろしいほど滑稽」なあの茶番劇には、濃厚な笑いのエッセンスが凝縮されている。

 それらを三ツ星シェフのように抽出し、仕込み、熟成させて、舌の洗練されたグルメにはもちろん、味音痴のマニアをも満足させるほどに美味しく調理してくれた女王亭・舞き〜の巧みの芸は、人間国宝級だと思う。

 女王様としての「話芸」は、プレイルームを超えて、国立小劇場の観客席にも響くほどの芸術として昇華した。

 彼女の凄さは、その才能だけではない。

 本番終了後、カウンターで歓談していた時、今回の台本を特別に見せてもらったのですが、M男のキャラクター設定から、筋や場面構成など、ガチでびっしり書き込まれた原稿には、本番直前までギリギリまで粘って推敲し、スクリプトを練って書き直して、またリハを繰り返したのであろうという凄まじい汗のような痕跡に再び感動する。

 台詞のほとんどは、どこかで聞いたような、かつて自分も言ったことあるような、そんな微妙なデジャブ感もあったりして、自虐的でシニカルな笑いを堪えることが出来ない。

 逆に言ってない、「そんなことは(自分には)恐れおおくて口が裂けても言えない」というような言い回しも出てきて、それはそれで面白い。言ってみれば「あるある」感を(ナイナイ感も?)快楽的に煽ってくれる。

 例えば、プレイ後半にM男が顔面騎乗をおねだりするくだりで、「顔面騎乗はやり方によっては責めにもご褒美にもなります!」とMが女王様に促す。それをM自らが言うのかい?!と。

 通常(?)は、Mの苦手なプレイが実行される際、女王様がこれを言う(たぶん)

 舞さんの実体験なのか創作なのかは謎ですが、リアリティもあっただけに笑えます。

 以前から、彼女のライターとしての仕事ぶりとその才覚には瞠目していましたが、実際は明らかに努力の人でした。

 ラシオラには昔から努力家肌の女王様が多い。
  (それは、リエさんがお手本なのだと思われます)

 この日、たまたまお客さんとして来ていたラシオラの新人さんともお話する機会があったのですが、彼女の物腰からもそれは感じられました。


 本番が始まる前に、舞さんは確か、僕にギャフンと言わせたい、みたいなことをおっしゃっていたようでした。

 ( ↑ 「ギャフン」という死語は使わなかったけど、なんかそのような意味のこと)


 確かに言わされましたね。

 最高だった。

 素晴らしい感動をどうもありがとう!



月刊アマルコルド

 *追記:舞さんがお客さんに配っていた手作りミニ冊子が、まるで同人誌のようで、これにもプチ感動(>_<)



【関連エントリー】


■ 元女王様ライター早川舞さん

■ SMの女王様に市民権を与えたのは朝霧リエです

■ SMと笑い

[ 2018/02/18 11:21 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(2)

コミティア123に逝ってみた 

コミティア123カタログ

 別にこれまで隠していたわけではないのですが、僕はコミケなるものに行ったことなかった。

 もともと、同人誌の類いにそれほど大きな関心がなく、人ごみや行列に並ぶのが好きでない。

 とはいえ、子供の頃から漫画少年ではあったので、いつかは逝ってみたいカモ鴨川〜(>_<)という思いを、密かに抱いていた。

 絶対に秘密ですが10代の頃には、本気でプロの漫画家を目指して切磋琢磨していた時期もあったのです。

 当時はGペンとも呼ばれる専用の筆記用具を使ってコマ割り漫画を描いては、雑誌社に投稿などもしていました。作品内容的には必要はなかったにもかかわらず、スクリーントーンや、「ちゃんと学校の勉強もするから!」と親にねだり、ショーがくせいにしては高額なエアブラシも一応は駆使(?)してたりして。ツールだけはいっちょまえにそろえて、実は大したことやれないタイプ(>_<)

 当時、熱中して読んでいた「あしたのジョー」の矢吹丈のように、ひたすら孤独にマンガを描きまくっていた。

 夢やぶれてSMあり。

 自分の絵の才能の、あまりにもなささかげんに情けなくなり、思春期の僕はすでに活字の方へと方向転換していました。

 まぁ、そんなコトはD・I・S(どうでもいいかそんなコト)なんだけど、漫画家の卵の祭典ともいえるだろう初期のコミックマーケットを、すでに身を引いた(というのもおこがましいが)分際で、遠目に垂涎の眼差しで見つめていたのでした。

 それはともかくとして、僕は重大な誤解をしていました。

 ふうこさんが出展されていたコミティア123を、いわゆるコミケと勘違いしていたのです。

 なので、女王様漢字ドリル欲しさに、これは「いいチャンスだ!」と勝手に思い込みケ、ユリイカ14周年のご挨拶で東京に寄った際、ついでに有明にまで足を伸ばしてみようと思ったのでした。

 門外漢にとっては、「コミケ」も「コミティア」も、似たようなものだと思いますが、事業としては別もので、主催者に言わせるとコミティアは「オリジナル作品」の展示販売がメインのコンテンツなのだそう。

 本部事務局のスタッフは、明確には言わなかったが、ここに「海賊版」や「パクリ」はないということらしい。

 それがどうした? てな漢字で、そんなことは僕にとってはDISなのですが(むしろパクリやパロディの方が好き!)コミケ童貞だった僕が、ついに一皮剥けるんだ〜と、ほくほくしていたのに、残念な気持ちになってしまったヨ。

 「コミティア123」(コミティア・ワンツースリーと僕は呼んでいた)というイベント名も、例えば「Photoshop A to Z」みたいな漢字で、「コミケのいろは」のように、初心者向けコミケのネーミングだろうと、これも思いっきり、思い込みで、たまたま通算123回目という意味だったのです。

 ともあれ、田舎者で恥ずかしがり屋さんの僕にとっては、敷居の高いと思われた「聖地」への冒険者的な気分で、思い入れ深い貴重な体験をさせて頂きました。

 生まれて初めて訪れる有明・東京ビッグサイト。

 本家のコミケより小規模とはいえ、会場は広く、人も多い。

 ところ狭しと並ぶ展示ブースは、さながら人間動物園といった漢字。

 ズラリと並ぶ作品の後ろに控えているのは、ほとんどがその作家さんやコラボスタッフだ。

 とあるカラフルな美少女系の絵に目が釘付けになり、恐る恐る視線を上に向け、それを描いた本人を見ると、

 不気味な表情 の「キモオタ」君である(>_<)

不気味君


 引きつった笑顔で「どうぞ、立ち読み自由ですので、手に取ってご覧ください」と、あきらかに普段は口にしてないであろう台詞を、言ってくれる。

 出展者の人間性、風貌、表情、ファッション等も展示作のようなものと気づき、今度はクリエイターぽい人に注目しながら、ブースを回ってみた。

 来場者そっちのけでスマホをいじくるツワモノさんから、おどおどしながら下から目線のビギナー(?)さんまで、人間観察的におもしろい。

 今度はとてもチャーミングで、魅力的なお姉さんに目が釘付けになり、その前に並んでいるイラストを見つめてみると、

 全然、たいしたことなく、平凡な作品 でがっかりする(>_<)

 それでも、せっかく来たんだからと、心の中で「イイネ」ボタンをクリックしたくなるものを何点か購入した。ほとんどが100円〜300円なのヨ。

 片っ端から大人買いしても、5〜6千円の出費ですんだヨ。

 そして、ほとんどとは言わないまでも、僕の目にとまったイラストのキャラは、宮崎駿や江口寿史、背景は大友克洋のパースをパクったかのような絵柄が多かった。
 
 つまり技術的にはプロレベルの高度な作品が、価格破壊の激安で売られているような印象。

 その中には、スキルはなさそうでも情熱だけは熱く、インパクトを感じるものもある。

 ヘタウマでもない、はっきり言うと「下手な」なイラストなのだが (。。)☆\バキ
 
 なんかホッコリとする絵柄。

 そんな漢字の、なんとなく見覚えのある、素朴なタッチの同人誌に、目がとまった。

重版未定

 コミティアへの入場券がわりに一般来場者が購入することになっている(図録ではなく、展示サークル目録のような)カタログの表紙と同じイラストだ。

 「重版未定」... と、これもどこかで聞いたことあるような、パクリの匂いのするタイトル。

 思わず目線を上に向けると、それを書いた伝説のマイナー編集者・川崎昌平氏が、売り子として目の前にいた!

 この人間動物園の中では、危なげもなく一番目立たないタイプに見えるけれど、この人は10年前に幻冬舎から出た「ネットカフェ難民」でブレイクしている。

 まさに「黒子」としての存在感がシブい漢字のナイスガイでした。

 こういう一期一会を大切にしたいと思い、ほとんど気まぐれに購入してみた。

 今回一番高い買い物だったけど、それでも確か千円ぐらいだった(と思う)

 こうして後から思うと、「女王様漢字ドリル」のワンコインは、やや高価だったのかも加茂神社(>_<) 

 帰りのゆりかめの中で「重版未定」をほのぼのと熟読しましたが、同人誌や漫画だけでなく、いわゆる出版文化の歴史や未来を、真面目に考えさせてくれる素晴らしい内容でした。



 そして今回最大の収穫が、憧れの漫画家・ちばてつやさんに出会えたこと!
 
 全く偶然の賜物で、たまたまふうこさんのオススメもあって覗いてみたブースのトークショーに出演されていました。

 単行本としては18年ぶりの最新作「ひねもすのたり日記」が発売されたばかり!

ひねもすのたり日記

 もう感激しちゃって舞上がり、サインを頂き、厚かましくもツーショット記念写真まで撮らせて頂き、本当によい思い出になりました〜(>_<)

 この出会いのきっかけをくれたふうこさんに感謝です! どうもありがとう!!!

 ちばてつやさんは現在、文星芸術大学で、マンガ専攻学科の教授をされているのです!!

 
↑ 大ファンだったのに知らなかった〜(>_<)





 大学で、アカデミックにマンガを学べるなんて、いい時代ですね・・・

 しかも現役の大御所作家から・・・

明日のジョー

 僕の大学での専攻は「演劇」で、主に映画に焦点をあてていましたが、卒論では漫画も取り上げたんだけど、指導教授にはあまりいい顔されなかった(30年以上も昔の話だからD・I・S

 かつて僕も漫画家を目指していた思い出があるだけに、あまりにも早くあきらめてしまった自分が口惜しくなったけれど(>_<)、コミティア123に集結した若い人たちの熱意と熱気に勇気づけられました。

 

 1Fの西ホール、ブースアドレス「041a 」で、作家さんも可愛くて、描くイラストも可愛い、コミティアとしてはレアーな?出展「女王様漢字ドリル」をゲット!

女王様漢字ドリル「公開自慰」
僕にしては珍しく著者の承諾を得て、気に入ったページをご紹介!


  昨年ヒットした「ナントカ漢字ドリル」をパクっているようでいて、内容はオリジナリティが光る。

 真性・素人S女性によるナウい(←もしかして死語?)SM観をベースに、伸びしろのあるイラストが魅力。

 ポスト六反りょうを目指して、幸福なご結婚と、漫画家、イラストレーターとしてのブレイクスルーを願っています。

 
 *ドリルはけっこう難しくて「後悔爺」って、僕のように未練たらしい老いぼれたマゾのコトかいな?と最初はオモタのですが、何か間違ってまスたでしょうか?


美マゾ図鑑POP



■ つげ義春
ねじ式の登場人物
 


■ ひさうちみちお

ひさうちみちお「理髪店主の悲しみ
 



お元気クリニック 麗羅(三山のぼる) Behive ハレンチ学園

Sです、あなたは? おねえさんのキック pu_桂 正和 「エム」  pu_Sweet_Mariage


キューティーハニー


■ 号外!「エムさん」が街の本屋さんで発売?
M-san_001.jpg



■ 暗藻ナイトのコミック・マゾヒズムの覚醒
コミックマゾ_5




■ もしも「ゴルゴ13」がマゾだったら?
ゴルゴ13





[ 2018/02/12 16:56 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(5)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

12位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ