FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

謹賀新年! 

MISTRESS WITH SLAVE PET IN CAGE - Vintage Photo, 1920s


 年が暮れようと明けようと、マゾヒストの日常は変わりません。

 朝っぱらから大威張りで、女王様との妄想に耽るのがお正月の楽しみであります。

 元旦の朝に、ナゼか次のアホ句が思い浮かんだ。


年明けて 老いて愉しき まぞひずむ



 年齢を重ねても、自分の未熟さに虚しくなりますが、マゾヒズムも若い頃からちっとも成長しない。

 相も変わらず子どもじみたファンタジーに耽ることで、老ける(イヤ、しゃれなくてね)

 50代も後半に突入してくると、体力的にも衰えてくるので、SMプレイにもイマいちが入らない。

 しかし、妄想だけは力強くたくましくなっていくので不思議です。

 ヴィーナス・ナイトの後半で、お客さんの一人が逆さ吊りにされて虐められていました。

 すでにお立ち台の晒し首で満足していた僕は、ポカンと眺めていた。

 蘭花さんが「あんたもやってみる?」と近づいてきたので、

   絶対に無理(>_<)

 と丁寧にお断りしました。

 でも、ちょっとやってもみてもよかったかもしれない...と、心の底の魂の暗部で、少しだけ思ってしまったかもしれない.....

 若い頃はやみくもに、危険を顧みず何でもやってみようかという無謀な気持もあったようにも思うのだけれど、この年になるとSM的な分別もついてくるし、自分の限界も知ってるから、もう勇気は出ない。

 別にこれまで隠していたわけではないですが、

 逆さ吊りにされて鞭打たれてみたい!みたいな願望

 は(まだ)あるように思うのです。

 そういう気持にさせてくれる女王様がもしいれば、わからないけれど、おそらく、それでも「却下」することだろう。

 「吊りの講習受けました〜」とかナントカ言ってくれてる若い女王様の言葉など

 信じられるわけがない!

 よしんば信頼できる女王様に出会えたとして、その時に震度6弱の地震が起きないともかぎらない。

 そういうことを考えてしまうのが「老いる」ということの真実なのだろう。

 本気でやる気もないのに、空想だけはしてしまう。



 冒頭の画像は、わりと古くから知られているヴィンテージ・フォトで、1920年代のものらしい。

 檻に入れられた全裸のハゲおやじが、やはり全裸のミストレスに見下されているの図。

(男はともかく、女王様が全裸である必要はないと思うんだけど、どうでもいいか、そんなコト)

 これは誰がどうみても、愉しそう!

 女王様は鞭を持っているみたい。

 鞭で打たれるのはイヤだけど、打たれるかもしれない(>_<)というワクワク感は愉しい。

 逆さ吊りで鞭打たれるなんて過激な妄想は、老後の楽しみにとっておきたいと思います。

 (もう老後みたいなものですが・・・)

Hunging_Whipping.jpg

 
 新年早々、どーでもいいようなこと書いてますけど、今年もこんな感じです!

 僕のマゾヒズムと一緒で、全く進歩のないブログですが、よろしければ本年もおつきあい下さい。


 新しい年が皆様にとりまして、佳き年でありますようお祈り申し上げます。
 




 






 
[ 2017/01/01 09:19 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(2)

そうだったのか!「ユリイカ12周年記念冊子」 

ユリイカ記念冊子+花椿

 「記念冊子」の実物を目にして僕は思わず息をのんだ。その表紙デザイン(表4=裏表紙も)は、まさに僕が心の中で思い描いていた通りのグラフィック・ビジュアルだったからです!

 昨年暮れ、お店でこの冊子のアート・ディレクター氏に偶然お会いした時、「一人電通」よろしく僕は「100の質問」の構成デザインについて意見を述べていた。なにしろゲスの極みの好奇心から出た質問だらけで、せめて見た目だけでもきれいにしておかねばと、元々はない仕事を勝手にでっちあげ、冊子全体のトータルコンセプトにまで口を出し、偉そうに

「資生堂の企業文化誌・花椿のイメージなんですよね」などと、

 僕なりに冊子の想定(装丁)スタイルをいつのまにかプレゼンしていた。

 相手は著名な一流デザイナー。ユリイカのお客さんですが、Mでも変態でもないノーマル畑の人です。とてもいい感じの人で、そのゆるさにつけ込んで(今思えば赤面ものですが)、昔から僕が愛読していた「花椿」を思い浮かべながら説明していました。

 というのも、資生堂は紙媒体としての「花椿」を昨年(2015年)限りで廃止にすると発表していたのです。(今年からWEBオンリーで展開)

 僕はなんだかそれが寂しく、どさくさに紛れて「花椿」へのオマージュを、この記念冊子に捧げる気持でプレゼンテーションしていたのです。

 もっともその時に「花椿」の現物を見せたわけではなく、アート・ディレクターも僕の話にはピンとこないような顔していました。
 
 彼が僕のアイデアを採用したわけではないのでしょう。

 だけど、最近の「花椿」の表紙を見れば見るほど、そして完成した記念冊子と見比べると、

 「岡っち、そう来ましたか〜」と、

 思わずニヤリ(^^)としているオレ様って、ナニ様のつもりよ〜!  (。。)☆\バキ

ユリイカ記念冊子+花椿2

 僕はなにも、これが
「花椿」をパクっている

 と仄めかしているわけではありません。
 
     ↑ そう言ってるようなもんじゃんか  (。。)☆\バキ

エンブレム疑惑

 そうではなく、もしかして、このアート・ディレクションは、

 資生堂のエンブレムからインスパイアされているのではないか? 

    ↑ 言ってる意味は同じだ〜  (。。)☆\バキ

 そのような合理的疑惑は、多少なりとも あり得る ような気がするのです
    (岡田さん、ごめんなさい)

 これについての異論・反論・オブジェクションはあるでしょう。僕だけの個人的な思い入れからの幻想かもしれないし、

  おそらくそうでしょうヨ。

 表紙をめくると、表2(表紙の裏=第2ページめ)のインデックスは化粧品のショーウインドーのようだし、つづくイカ嬢のグラビア・ページも「花椿」のコンセプトを踏襲しているように(僕には)見える。

 そんな大それた、チョー厚かましい自己チューな妄想している自分が恥ずかしい〜(>_<)

    ↑ 恥ずかしいのが好きなくせに(>_<)

 僕の狂信的解釈はともかく、この冊子のクオリティーの高さは誰しも認めるところ。本来ならば顔出しNGのイカ嬢の素顔が、効果的にクローズアップされた撮影の素晴らしさ。
 
 カメラマンは複数いるが、全員 篠山紀信か? と思わせる距離感で被写体を巧みに捉えている。

 トップを飾るルイ子さんのグラビア・ページが凄い。普段のクールさとはうってかわって暖かみのある印象で驚いた。ラシオラでも首位の座に君臨するベテランだが、まだあどけない少女のようにかわいい(>_<) 男のエロい視線でなく、彼女の内面に潜む神秘的な笑顔がうまく引き出されている。こういう写真は男には撮れないだろうなと思った。

 昨年入店したばかりのフレッシュなイカ嬢達は、M男でなくても普通に100回は抜けるセクシーなショットのオンパレード。まだ未完成ではあるが、若さあふれるキュートなお尻。次世代の顔面騎乗を担う「もふモフしたお尻」が、エロかわいい。こちらは男性カメラマンでした。

 えりさんは特にヤバい。この小娘はナニ様のつもりよ〜(>_<) 

 他にも暫定CEOに就任したミラ・ラミィーさん、ゆまっちにしのぶさん、モイラさんや今日叶さんとか、そして小さいサムネイル・ギャラリーにも登場するみんなかわいい〜!

 この冊子が手元にあると、しばらく困らない〜(>_<) ( ← 何に?)

 極めつけは蘭花さんの写真! 誰がどう見ても「花椿」じゃん!と(勝手に)思った。

 蘭花さんをかわいいと評しては失礼かもしれないが、この写真はかわゆく撮れている。

 とどめの一発がゆみこさんの写真。

 ものすご〜くかわいいーぃぃ。

鏡ゆみこ ツイッタープロフ写真

 これは現在のTwitterプロフにも使用されている。

 全体的には、見る人が見ればエロい。それでいてエレガントなかわいらしさ。

 銀座の資生堂パーラーに平積みできる上品さで違和感なし。

 昔の「ガロ」から抜け出したような、ゆみこさんのマンガやイラストもいい味出してるし〜

 そう、最終的なこの記念冊子のコンセプトはおそらく「かわいい」のである。

 そのかわいさは、従来の常識的イメージを突き抜けた、独特に斬新な「かわいい」

 そこは、革新的なイデオロギーで広告界に登場した資生堂の思想と、やはり画期的なポリシーでSM界に打って出たユリイカと重複する部分があって当然のことだった。

 ユリイカの仲間内だけでウケるコンテンツのようでいて、普遍的な訴求力を持つ媒体としての完成された姿は、「花椿」と同じものです。

 かわいい、のだけれども、ちょっと近寄りがたい気品とオーラ。

 それはまさしく歴代イカ嬢や、昔からあるお店全体の雰囲気を 表象 している。

 ユリイカのお客さんでなくても、絶対に手元に置いておきたくなるお宝本です!!

 周年イベントでほぼ完売とのことで、まだわずかに残っているとも聞いておりますので、ゲットしてない人はお店に行って購入して下さい(Amazonでのネット販売は行っておりません)
 
 その際、「マゾ花で見た」とひと言申し添えて頂いても、特に割引になるとかの特典はございませんが、何か問題ありましたでしょうか?

 どうでもいいか、そんなコト (>_<)



ゆみこさんに101番目の質問 今いちばん欲しいものは?

ほしいものが欲しいわ

 12周年記念冊子だそうです。

 


■ ゆみこさんに100の質問

マガジンハウスに刺されかねないパクリだらけの表紙!
それにしても、ダサいデザインだ(>_<)
ゆみこさんに100の質問_s
記念冊子では、サムネイルでこのイメージがタイトル横に小さく配置されていた!
岡田さん、ありがとう! チョ〜うれPよ〜ん(>_<)



■ ユリイカ12周年・後夜祭の思い出


■ マゾヒズムのエンブレム

マゾヒズムのエンブレム


■ 二十歳フェチ 昨年、ユリイカの新人女王様と遭遇した時の感想文です。

■ おいしいユリイカ








[ 2016/02/21 10:02 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(1)

誰も教えてくれない「鏡ゆみこに100の質問」 

ゆみこさんに100の質問_s

 昨年の秋、カミングアウトSMサロン ユリイカ のゆみこさんから

 「12周年の企画があるんだけど、何かおもしろいこと考えてよ〜」と頼まれました。

 それが「ゆみこさんへの100の質問」で、元々のアイデアはゆみこさんの発想です。

 僕に与えられたミッションは、ゆみこさんに訊いてみたい質問を100問考えること。

 どんな質問にも答えるから、ホーマーには

 僕の心に刺さった強調表示にした部分 ↑ は、ゆみこさんが特に強調したわけではない。

 むしろカジュアルに、それほど強制力を持たないアバウトなお願いにも聞こえました。

 ゆみこさんとしては、常連ではない僕との適当な距離感で、冷静で客観的な質問が寄せられることを期待していたのでしょう。以前から聞きたいことは山ほどありましたから、即決でOKしました。

 ゆみこさんは「何でも訊いてね〜」と、ざっくばらんに依頼されたようでしたが、僕は、キワドいことを、根掘りハホリ突っ込んだ質問ができるんだと内心「ウヒヒ・・・」と喜んだのでした。

百の質問

 質問には 普通なら絶対に秘密にしたい個人情報も含まれた、悪趣味で最低で、人でなしでろくでなしの、心根の腐った人間のクズにしか思い浮かばないような、チョーくだらない、お下劣なクエスチョンばかりが項目として並びました。

 依頼内容はおもしろいこと考えてね〜」だったのに、

 僕は「イヤらしいこと」を考えてしまったのです。

 冷静に考えれば(冷静でなくても)、12周年のお祝いに載せるコンテンツで、いくらなんでもこれはマズいよねと我にかえり、よくあるベタでつまらない質問も30個ぐらい考えてつけ加えておいた。

 読み物的に面白い構成にすべく苦心し、NGになりそうなのも含めて、答えにくい、辛口でヒネリの入った、ユリイカのお客さんがウハーと喜ぶか、ひんしゅくを買うかも?という微妙なラインで100個に厳選。まあ、10問ぐらいはボツになるかもしれないナ、という内容で完パケとしました。

 結果的には、採用されたのは30問で、7割がボツになったわけです(>_<)

 僕はこの時(そして冊子を受け取った時まで)、これはネットでもよくみかける「100の質問」みたいに、質問者が不在の、つまり聞き手の人格が存在せず「質問項目」だけにゆみこさんが単独で答えているページを想定していました。
 
 しかし件のコーナーの最後には、僕の顔写真入りのプロフィールが丁寧にレイアウトされ、あたかも僕がインタビューしているかのような印象になっている。これには驚いた。

100の質問ラストページ

 真実は、僕が考えた100の質問のうち、無難な30問をゆみこさんがピックアップし、再構成されたのがあのページです。僕は匿名の黒子のつもりでしたから「SMサロンの冊子なので、これぐらいシャレで面白いだろう」と、恥知らずにチョ〜無責任な質問も入れて送っていた。

 非常識な質問は削除され、まっとうな(僕に言わせるとツマラン)質問できれいにまとめられていました。

 あの上品な記念冊子の全体の構成を思えば、これで正解。ヒネリも辛しも利かせる必要はなかったのです。

 仮想人格とはいえ、良識的な仮面をかぶった俗物の、面目は保たれた。

 この配慮に、胸が熱くなりました。お店としては当然といえば当然の判断です。

 そして、ゲスの極みな質問 をしてしまった自分が恥ずかしくなりました。

↑ 恥ずかしいのが好きなくせに(>_<)
  

 ラストのスタッフ名ページに、ユリイカのブレーンでもない Homerの名前が、Kakuさんや蘭花さんに挟まれてクレジットされている。

 これに気がづいた時も目頭が熱くなった〜(>_<)

 こういうことになっているとは、ひと言もなく、僕はアウエーの、アウトサイダーの立場でちょっとだけお手伝いしただけと思ってましたから、これは大きなサプライズで、涙がでるほど嬉しかった。

 12th記念冊子本編で採用されていた質問の一つに

 「人の心を揺さぶり、ワシづかみにする秘訣は?」

 というのがあって、本文中でのゆみこさんは明確な答えを避けていますが、僕はこのネーム・クレジットのさりげないディレクションに、答えを見つけたような気がしています。

 僕はけしてユリイカの常連ではないし、滅多に行かないわりには、いつも暖かく迎えてくれるので、ちょっといい気になっているのかもしれません。

 だけどこのお店は、誰が行っても、いい気になれるんだと思う。

 僕のようなエゴ・マゾで、自己チューの、面倒くさくて、扱いにくい、卑屈で、人でなしの、ろくでなしで、チョー極端な恥ずかしがり屋さんでも、上手くあしらわれて、そして、調子にのってつけ上がってしまうのですが、

 何か問題ありましたでしょうか?


 ユリイカという店は、そういうところです。




[ 2016/02/19 14:52 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(3)

表参道なぅ 

表参道ミストレス

 今、ちょっと東京に来ています。

 地下鉄表参道駅で降りて、青山通りから根津美術館に向っていく道沿いに見えるこの看板に度肝を抜かれました。

表参道ミストレス2

 近くまで行って、思わず見上げてしまい、跪きたくなる(>_<)

表参道ミストレス3

 ここで写真を撮るというのも、勇気のいることでして、頑張りました。

 ここら辺りには以前、何かのSMイベントで来たことがあるのですが、あの時はなかったような、あるいは夜だったから気づかなかったのかもしれません。

 モデルの女性も威厳のある表情で、上から目線がキマってるね!

 田舎もんには刺激的すぎる都市景観です。






[ 2015/11/27 17:42 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(7)

顔面騎乗をオリンピックの正式種目に! 

 前回のエントリーでマゾヒズムのエンブレムを制作してみましたが、組織委員会から国際的な商標登録に似ている作品があるとの指摘を受け、修正しました。

顔面騎乗のエンブレム
mugiさん、こんな感じでしょうか〜?


 ロゴの下に FaceSitting(顔面騎乗)とあるのに、マゾヒズムとの関連性が明確でないというIOC=国際オリンピック委員会からの問い合わせもありましたが、制作側にとってマゾヒズムと顔面騎乗は同一性があり、そこを無自覚に配置してしまったと、深く反省しております。

画像は無断使用?


 また、エンブレムの使用例として海外サイトからの画像を無断で使用したのではないかとの指摘について、あれはプレゼンテーション用にコラージュしたもので内部資料です。

  The English Mansion という有名な Femdomサイトに昔メンバー登録していた時に拝借した画像で、転用を認めます。

 許可を得るべきでしたが、怠りました。申し訳ありません(>_<)

エンブレム使用例

 無断転用はしましたが、模倣ではありません。パクリです。←同じだから  (。。)☆\バキ

 原案では単純にマゾヒズムの頭文字「M」を使ったタイポグラフィーとして制作し、何も考えずにPhotoshopでちょチョイのちょいってな感じで、レイアウトをいじっただけで、顔面騎乗の絵的なイメージを連想させるものではありませんでした。

 修正案では女王様がM字開脚した状態を連想させるようにアレンジし、赤丸はM男の頭に見立てています。

エンブレム・ビフォー&アフター

 SMの世界で緊縛や鞭打ちは競技としてのスペックが高く、見て楽しいエンターテイメントとして成立しやすいと思います。だから新人女王様も、たとえ不得意でも「鞭が好きです」とか「緊縛を勉強中です!」などと、けなげに言ったりしますね。

 それに比べると顔面騎乗は練習などしなくても誰でも出来るんじゃない?と思われているらしい。

 ベテラン女王様にも顔面騎乗を軽くみている感じがあり、それは誤解も甚だしいものです。

 まぁ、M男は簡単に女王様のお尻を舐めてはいけませんが、

 女王様が顔面騎乗を舐めてもらっては困ります。

 というわけで、2020年の東京オリンピック&パラリンピックに、顔面騎乗を正式種目にしたいという動機から、マゾヒズムのエンプレムをつくってみました。

 
↑ んなワケね〜だろ!  (。。)☆\バキ



 WhippingKimbakuよりマイナーなFaceSittingが、どうやってオリンピックの競技として認められるのか注目したいですね!



みづきさんの顔面騎乗



[ 2015/09/04 20:00 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(9)

マゾヒズムのエンブレム 

マゾヒズムのエンブレム


 いつも著作権を無視しまくって、好き勝手にやっている僕がとやかく言える筋合いではないとは思いますが、一言申し上げたい。

 例のオリンピックのエンブレムが、僕は盗用だと考えたくありません。

 言われてみればなるほど、確かに似ているとは思います。

 しかし、デザインの仕事は、昔からパクり(引用や模倣と言い換えてもいい)の世界だったし、ロゴのようにシンプルなつくりの場合、どこかで似ていると言われても仕方のない点が出てくるのは当然のことです。

 玄人の専門家の誰か一人が気づいて「なんか似ているネ」というぐらいならともかく、ネット社会でこれだけ多くの一般大衆が騒ぎだすと、もう収拾がつかなくなります。

 デザインの模倣性や類似性については、従来はわかる人にしかわからない、高度な次元の才能や感覚が必要でした。

 ところが最近、画像検索という、以前はなかった新機能が普及しているタイミングが災いしました。

 組織委員会の言う「国民が納得しない」というのは、「素人に説得できない」という意味でしょう。

マゾヒズムのエンブレム_EM
マゾヒズムも素人さんには説明できない不可思議な領域がある


 いいものを真似してさらに一歩上のいいものを創り出す美意識が伝統的に日本にはあった。

 わが国における商業デザインの先駆は浮世絵と言われています。

 大衆への受けネライで大胆な構図や鮮やかな色彩のオリジナリティを競う一方、誰もが認める「いいネ!」的なデザインはどんどんパクられて、ポジティブに普及しました。

 露骨に真似するのでなく、「いい感じ」で巧みに換骨奪胎する。

 この当時は、西欧的なデザインの概念はなく「意匠」という、もっと抽象的な言葉が使われていました。

 そもそもエンブレム(emblem)という言葉自体に「象徴」という意味があります。

マゾヒズムのエンブレム_EM_03


 このような歴史的背景もあり、デザインに関しては一番最初に誰が考えたのかという著作権意識ではなく、汎用性のある匿名という属性の方が強かったのです。

 いい意味での引用や模倣のセンスに、芸術性が認められていた。

 だから、似ているからどうのこうの言うのは、基本的にナンセンスだと思う。

 逆に言うなら、似ていて当たり前で、間違い探しならぬ「模倣性」探しを行えば、必ず類似点は見つかります。

 今回の一件では、あのアートディレクターの他の仕事での「不手際」が露呈して痛かった。

 いい悪いは別にして、デザイナーやデジタル分野のクリエイターの脇の甘さは業界全体の問題でしょう。

マゾヒズムのエンブレム_EM_05

 例えばヒップホップ音楽の世界では、既存音源を再利用するサンプリングが一般化しています。

 すでに文学やコミック、美術の世界でも引用の手法は多様に用いられている。

 Twitterのリツイートのように大衆文化にも引用の、つまりパクリの概念が常態化しています。

 言い方は不適切ですが、「パクリのセンス」にも、オリジナリティを認めてもよい段階に来ているのではないでしょうか。

 その意味において、問題となっているオリンピックのロゴそのものは、いい仕事だったと思う。

 オリジナリティを追求するのではなく、

 既存のイメージや意匠をどのように解釈し、新しさを産み出すのか

 こういう知恵比べ的な感覚が、この世界のクリエイティブなセンスだと考えられます。

 模倣の疑惑がもたれている佐野氏を有罪とみる世論を行き過ぎと思うのは僕だけでしょうか(>_<)

 デザインの模倣だけでなく、コンセプトの類似性まで犯人探しをするとなるとキリがない。

 あのエンブレムは、組織委員会がコンセプトも含めて採用したデザインだった節があります。

 オリンピックとパラリンピックのコンセプトって何でしょう?

 今回の事例が、国民の祭典であるオリンピックとパラリンピックを、もっと市民レベルの視線から盛り上げ、よいものにして行く機運につながって行くことを願っています。
 
マゾヒズムのエンブレム_EM_02


 マゾヒズムにも、ある象徴的なイメージがいくつもあります。

 どの女王様もM男も、共通する普遍的なコンセプトでプレイを行う。

 しかし、どのプレイにもオリジナリティは存在し、全く同じプレイが2度と再現されることはないのです。


 
どうでもいいか、そんなコト



 絵文字というのか、昔よく使われていた跪いて土下座するイメージの記号があるでしょう → orz

 なんとなく、アレからインスパイアされてこのロゴをデザイン、でなくてパクってみました。

 マゾヒズムのエンブレム

皆さんのTwitterでどしどしリツイートして、拡散してくらひゃい(>_<)



 特に顔面騎乗と関係ないですが、本来デザイン(やパクリ)には、このような説明責任は必要ないんだよね。




 
 
[ 2015/09/03 20:36 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(3)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ