FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

マゾは性的マイノリティなのか? 

LGBT
 
 ちょっと古いツイートなのですが、たまたま見つけて苦笑いしてしまったダヨ。

 LGBTという言葉もすでに人口に膾炙したような印象ですが、もしかしたら「なにソレ?」という人もいらしゃるのかもしれません。

 知っておくべきLGBTの基礎知識

 昔はなかったこの新しいカテゴリー(もちろん個々に存在はしていた)

 今となっては、LGBTはもはやマイノリティではないような気もします。

 人工密度的に薄くても、社会的にはマジョリティという地位にたどり着いたのでは?

 そのお仲間に、マゾは入れるのかな〜?とは、僕も以前から思ってはいました。

 公的には数字が明らかになっていないだけで、おそらくマゾも、マイノリティではないような気がする。

 好きな人の前では、誰でもマゾになれる(たぶん)

 そういう意味では、多数派とは言わないまでも、まっとうな性癖?とも言えなくはないカモ鴨川〜!!

 まぁ、本格的に変態なマゾだって、カミングアウトしてないだけで、実数は相当多いのではないだろうか。

 もちろん、同じことが同性愛の人にも言えるでしょうが、社会的・制度的に、マゾだからという理由で差別されたり、不利益を被る場面が表面化してないだけに、厄介な問題だと思う。

        ↑ 別に厄介でもなんでもネ〜から (。。)☆\バキ

なにソレ?マゾなの?

 マゾだってLGBTの人々同様、カテゴリーとして発明されるはるか以前から存在はしていた。

 少数派ではあっても、近年その存在感が増してきており、LGBTには圧倒的なパワーを感じます。

 なぜなら、NHKのニュースでは政治家やNPOの人も、「エルジービーティー」とはアナウンスしても、「まぞ」とか、「えむお」とは、言わない。

 これはこれで、差別的な問題であると思う。 ←  D・I・S

 何も「えるじーびーてぃー」になりたいとか思っているわけではありません。

 ちなみに、女装好きなマゾは、部分的に性同一性障害にあてはまるのでしょうか?

 女装子さんでも、女王様に虐められたいと願っているからには、性的にはストレートで、同性愛ではないような気がするのですが、専門外なのでよくわからない。

 厳密には、ゲイとホモとオカマさんの違いもよくわかっておりません(>_<)

 三島由紀夫はゲイなのか?ホモなのか? この場合では同義語になりますか???

ゲイ・バイ・チョイス
三島由紀夫
切腹自殺してから、ひとりぼっちの多数派となった三島


 女装の趣味はないのに、SMプレイ中で一瞬だけ、女性の気分になって虐められてみたいカモの気持ちはわかるような気がするかも鴨川なのです(たぶん)

 「マゾにも人権を!」とまで言う気はないけれど、世界の中心でそれを叫んでみるのは、気持ちいいのかも。
  (ミジメで、恥ずかしいから・・・)

 ただ、何かを主張したりして、それが却下されてしまう屈服にさえ、喜びを感じてしまう心理がマゾヒズムに含まれるからには、いかんともしがたい。

 マニアックなフェチや寝取られ系、す・か・トロなど、細かく見ていくとマゾも一筋縄では逝かないナゾが多い。

 LGBTの人々の中にも、マゾヒスティックな気持ちを理解される人がいるかと思われます。

 ただ、僕の考える基本的なマゾヒズムの初期設定はおそらく、惨めでみっともないのがいい、と思っている。

 今の世の中、LGBTは「カッコイイ!」という風潮さえ見受けられる。

 そうであるならば、MはLGBTの仲間にはなれそうもない(>_<)

 ↑ ていう考え方も、差別的とか偏見とか言われたりしないだろうかと危惧している(>_<)


 LGBTなみの評価というか扱いを、マゾも受けてみたいかな〜とか(ちょっとだけでも)思ったりしてしまうのは、変態のくせに何か問題ありますでしょうか?


 ところで、もしLGBTの中にMを入れるとしたら、場所はどこらあたりがいいですかね。

 LGBTM と、やっぱり最後尾の方?

 いや、小文字にしてLGBTm か....

 なんとなく、根拠無く、真ん中で、LGmBTが良いかも鴨川。

 LGBTは単なるカテゴリーの総称ではなく、新しい価値観と多様性の象徴として受け入れられた感じがする。

 ですから、ワケのわからない変態性癖であるMには、入会資格はないのでしょう。

 それはそれで惨めでみっともなく、Mの面目躍如ともいえるのかもしれない(>_<)


 どうでもいいか、そんなこと




 【この記事を読んだ人は、以下のエントリーも読んでいます!】

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

■ ゲイ作家・田亀源五郎氏のお母さん、いいなぁ
978-4-7808-0156-9in02.jpg

■ わたしの「ふつう」と、あなたの「ふつう」はちがう
My_normal_diversity.jpg



■ オスプレイって、SMプレイの一種かと思っていたナぅ



■ じゃ、メスプレイはレズビアンSMか?

メスプレイ

■ ホモとマゾはどちらがヘンタイか?

■ レズとS女はどちらが変態か?

■ マゾは病気か?

■ 女装とマゾ

■ 性倒錯



 あなたにオススメ!
 ↓  ↓  ↓  ↓  

■ もののけ姫
ものの姫
 宮崎アニメキャラクターのS女性

■ 正しいマゾのなり方
PU_i_am_M.jpg


■ 三島由紀夫と寺山修司の対話

三島由紀夫三島:ところで「家畜人ヤプー」という小説読んだ?

寺山修司寺山:読みました。おもしろかったです。



■ 聞け!お前ら、聞けえ〜
聞け!お前ら、聞け



[ 2018/06/01 16:06 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(5)

SM女子会?とな 

 なんか、逝ってみたい。

 ↓ ↓ ↓

 SM女子会

 行って、何か言って、袋叩きにされてみたいカモ鴨川(>_<)








[ 2018/03/03 19:56 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(0)

そういえば、今年は戌年か・・・ 

 どうして干支に猫年ってないんだろうね。

 どうでも いいか、そんなコト(D・I・S)

 待望のマゾステ(マゾほど素敵な商売はない!)がついに素敵な画像で更新されました。

 こういう写真みると、M男ならだれでも女王様の犬になりたいと思いますよね?



 
だけど、こんな犬にはなりたくありませぬ(>_<) ↓
Nagai_GO_humandog.jpg


 これは永井豪氏の「バイオレンス・ジャック」の有名なひとコマで、ネットでもかなり拡散しているイメージ。

 「バイオレンス・ジャック、人犬」で画像検索かけると、けっこう出てきます。

 実はここまでの部分、mugiさんが戌年にちなんだネタで次回の記事を執筆中との情趣をキャッチし、もしかしたらこのネタで来るのではないかと?とヤマをかけて、専制攻撃しました。別に内容はないような(いやシャレじゃなくてね)感じで、ただこの衝撃的な場面を紹介したかっただけです。

mugi ぴょんと僕は、ざっくばらんに読んでいる漫画作品や傾向が「かぶって」いるので、まぁ、「チ○ポの皮はかぶっても、ネタはかぶらないようにしようネ」なんていうコメントのやりとりをしていたわけですが、こうして敢えてかぶりそうなネタを投入してみることに、何か問題ありましたでしょうか?

 SM的なカテゴリーでいうところの「人間犬」には、道化芝居としての「お犬さんごっこ」というファンタジーとは別に、沼正三風とでもいうのか、人体改造っぽい猟奇的な妄想も含まれます。

 会田誠さんなどは、そんなインスピレーションを得ていたのかも(違うカモ鴨川)

会田誠_犬少女

 人間馬ならぬ、人間犬は専門外なのですが、想像するだけの悪魔の楽しみも、マゾヒズムにはあります。



 さて、ここからが僕の本ネタ。

 昨日の続きではありませんが、こんな画像を絶対に秘密ファイルから見つけちゃった。

wahuku_001.jpg

 ここで注目して頂きたいのはお尻、じゃなくてタイトルなんです。

の性装」ときました。

 これ、媒体名は不明ですが、昭和のいい〜時代のSM雑誌からのスクラップです。
  (たぶん、「SMセレクト」? いやコレクターだったかなぁ)

 この時代のグラビア・タイトルやキャプションには、秀逸なものから意味不明なものまで玉石混淆で、編集者のさりげない知性やお茶目な遊び心が光るコピーまわりが楽しめるのです。

 僕は幸いにして(いや、不幸かも?)この種のメディアにはショーガクセイの頃から親しんでおり、読めない漢字が多かったので、小説はスルーしてグラビアばかりむさぼりまくり、タイトルと写真内容の整合性のなさかげんと意味不明さに苦悩しておりました。まさか大人に訊くわけにもいかず、知りたい気持ちを抑えつつ放置せざるを得なかった。

 大人になってから、タイトル回りの面白さ、文学性にあらためて気づき、別の楽しみになっております。オヤヂも寒くなるようなダジャレの中にも、味わい深い情趣があり、今後はこの観点からも昔のSM雑誌を見つめてみたい。

 まぁそれはさておき、戌年にちなんで、犬に関する過去記事を集めてみました!

■ 愛犬願望  2009年 10月23日付エントリー
愛犬願望s

 M男なら誰でもそうだが、女王様の犬になりたいと願っている(と思う)

■ 犬になって女王様と散歩したい
pu_Dog_Slave.jpg


 
 このブログではあまり政治的なことには触れてなかったのですが、珍しくこの記事ではちょこっと書いてるような気がして、久しぶりに自分で読んでみてびっくりした。下手すると炎上の恐れのあるヤバい記事だったのかも鴨川。

■ 聞くとマゾになる音楽・わたしの犬
PU_My_Dog.jpg


この記事を投稿した当時はYouTubeで動画を見れたのに、現在は削除されていますね。そういこともあろうかと、動画のスナップショットを記事内で紹介していました。


 コレ ↓ 懐かしいなぁ〜 昔「SMいろはカルタ」なんての作って遊んでたんだ。
新年SMいろはカルタ_ろ
  出マゾ 野外調教 うれしいな



■ 室井亜砂二 女犬の世界にはM男的にも独特のエロティシズムを感じる



■ 自然に帰る時
自然に帰る時 



  
【犬になって女王様と散歩したくなる画像イメージ・リバイバル!】
Dream_slavedog_walking_14.jpg Dream_slavedog_walking_14.jpg
犬になって女王様と散歩     犬になって女王様と散歩

dog-001030a.jpg


犬になって女王様と散歩



Dream_slavedog_walking_12.jpg Dream_slavedog_walking_11.jpg Dream_slavedog_walking_13e.jpg
犬になって女王様と散歩   犬になって女王様と散歩   犬になって女王様と散歩




雨の日も犬になって女王様と散歩


Saharah_Top
犬になって女王様と散歩


slavedog_Sardax.jpg

犬になって女王様と散歩


PU_GTOP_66_LegDog.jpg PU_sam_GTOP_67_Dogwalking.jpg PU_GTOP_64.jpg

犬になって女王様と散歩   犬になって女王様と散歩   犬になって女王様と散歩





犬になって女王様と散歩


Dream_slavedog_walking_9.jpg


犬になって女王様と散歩



leather-dog-slave-mask-bon.jpg
全頭マスクでなくて、このようにかわいい犬マスクだと外へ遊びに行けるかも鴨川


 あくまでも、道化芝居的な「お犬さんごっこ遊び」としてのファンタジーでした。

  でもなぁ・・・

 これからは、犬じゃなくて、女王様のになりたいよ〜(>_<)などと思っているのですが、どこか間違ってますでしょうか?

 去年、某有名女王様に「猫みたいに可愛がって欲しいんでしょ?」と図星をつかれたトラウマが尾を引いているような気がする(>_<)

 そんなことはありませぬ(>_<)

 キッツ〜い、お仕置き・ご調教もご期待申し上げております。
 
(↑ ウソぴょ〜ん)


北川繚子_s北川繚子:そんな甘ユルい女王様は、この世界に 実在しないわよ!
 
Homer_sホーマー:いや、いますよ きっと、どこかに!




■ 犬のような扱い 2016年 11月4日付記事
米国に犬のような扱い_2
 

 

[ 2018/01/03 00:02 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(4)

Happy クリスマス! 

サンタさんの女王様

 クリスマスというより、年の瀬のセンチメンタルな気分は、マゾ気分とよく合うような気がします。
  (時々だけど)

 
 「マゾ気分」とは、何だか知らないが、やたらめったら顔面騎乗されたくなる!とか(人によっては鞭で打たれたくなったりとか)、普段以上に(異常に?)被虐願望が増幅される時の気持ちのことです。

 お正月には数の子を食べたくなるのと同じ。 ← 違うって (。。)☆\バキ

 マゾ気分は、あるいはマゾヒズム性欲と言ってもいいそれは、食欲とか性欲などと比べると、桁違いにフォースの値が高いように思う。

 それにもかかわらず絶対に必要不可欠というほどのものでもなくて、その時に顔面騎乗されなければ(鞭打たれなければ)もう生きて逝けないほどの絶望感があるわけでもない。

 うまい具合にバランスがとれてしまうのがマゾ気分なのである。

 別にクリスマスにデートをしなくても、ケーキを食べなくたって、死にはしない。

 ただ、クリスマスにやたらと(彼女もいないのに)デートしたくなったり、普段食べない苺のショートケーキでも買ってみたくなったりするのと似ている。

 全然関係ないけど、ある女王様に、苺のショートケーキをお尻でクラッシュしてもらい、マゾ気分で味わえる甘美なプレゼントとして頂いたことがあります。

苺のショートケーキクラッシュ

 足で踏むのはよくあるんだけれど、お尻は珍しいでしょ。
 
 それは僕が(恐る恐る)熱望したもので、女王様は面白がってやってくれました。

 そんな思い出もあるせいか、この時期クリスケーキを街中で見かけると、その時の記憶がフラッシュバックして、思わず勃起してしまうのです(時々だけど)

 どうでもいいか、そんなコト




■ 違法性はないが、不適切な顔面騎乗
不適切な顔面騎乗_05

■ メタ・メッセージ
顔面騎乗が好き!


■ 顔面騎乗の起源と歴史

■ 顔面騎乗の社会的評価

■ 顔面騎乗に市民権を与えた男



 
 

[ 2017/12/24 10:34 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(2)

バロックってスナック? 

リツイートのリツイート

 リツイートのリツイート(Re-Retweet ?)、孫ツイート?のやり方がよくわからん。

 オリジナルの元ツイートをリツイートすればいいのかもしれんが、これはバロックのみづき桃香さんがリツイートしたことに意味があるんだと思っています。

(「」とはみきさんの愛称)

 彼女をフォローしていなければ、この「スナック研究会」にご縁がなかったわけで。

 みづきさんはこの記事を読み、何かしら感じられるところがあってリツイートされたのでしょう。

 「クローズアップ現代」は昔からよく見ていて、昨年でしたか「ヤラセ問題」で物議を醸したけれども、あれを抜きにすれば、まぁいい番組だと思っていただけに、興味深く拝見しました。

 それはともかく、何故に彼女がコレを?と、ふと思ってしまった。

 3千人以上いるフォロワーにこの記事を読んで欲しいと思った理由は?

 実は、最近、ひさしぶりにバロックを訪れて、楽しい時を過ごしました。

 それはSM的なものでなく、まるでスナックのような、みづきさんはスナックのママさんのようでした。

 もともと、モード・エ・バロックというお店は、麻倉雅さんの時代からスナックのような雰囲気はあったし、そのような居心地の良さが魅力だと思う。

 普通のスナックに昔はよく通っていた。

 特に社会人に成り立てのホヤホヤ(←もしかして死語?)の頃は、先輩や上司にイヤというほど連れていかれた。
 
 お酒にあまり強くなかったのと、人づきあいが苦手だったので、居心地はよろしくない。

 何よりも、苦手な人と胸襟を開くために、お酒を飲むのって、な〜んかネ。

 ダブルでイヤでした(>_<)

 大人の社交場なんて言われても、常に大人がそこにいるとは限らない。

 大人げない人々が、愚痴や戯言を言う。(そうでない場合だってもちろんあるが)

 だから、スナックという空間に、(若い頃は)いい印象は抱いてはいませんでした。

 その点、SMバーは違いますね。

 (SMスナックっていう言い方、あんまりしないですよね)

 目的が違うし、客層が限定されているだけに、コミュニケーションの質は普通のスナックより濃厚だと思われます。

 人づきあいが苦手で、恥ずかしがり屋さんの僕が、今ではスナックに逝くようなノリでSMバーヘ逝けてしまうのが信じられない。

 以前は、特殊な目的意識を持つ、特殊な人々のみが集うはずの空間であったSMバーが、伝統的なスナックが形成する共同体へとシフトしつつあるのではないか.... とオヂさんは感じています。

 さすがにSMクラブは、そこまで庶民的になってはいないと思いますが、SMスポーツクラブ?みたいなジム施設も登場してくる時代、SMの市民権は、大きくうねる大衆化の波にさらされているような気がします。

 SMバーだからといって、特殊な人々が、特殊な会話や空間を共有しているわけではない。

 特に最近は、ノンケ(何をもってこう呼ぶのかは知らない)の人や素人さんが、カジュアルにSMという異文化へ触れようと、気軽に訪れているようです。

 そうなってくると、ノーマルとアブノーマルのグローバル化と融合によって、新しい秩序とムードが醸造される。

 古き良き時代の、昭和のスナックのようなホッコリした雰囲気が、バロックみたいにいい感じのSMバーで、先祖帰りのように、自然と醸しだされてきている。

 同じことは、ユリイカやアマルコルドにも言えると思う。

ルパンの太宰

 スナックもバーも夜の公共圏として、文化や人と人との絆を発展させてきました。

 それに、SMバーやフェティッシュ・サロン、、ハプバーなども貢献している。

 そのコミュニティの中の一員としての思いが、みづきさんのあのリツイートには反映されているのかも鴨川。

 ・・・などと勝手にモーソー。

 基本的に僕はTwitterで単独のつぶやきはしていませんが、フォローしている人のツイート(リツイートも)は流れてくるので、時々何気な〜く眺めています。

 今回は、人のリツイートをネタにして、勝手に140字以上のコメントをブログでとりとめもなく綴ってみたのですが、何か問題ありましたでしょうか?

 みづきさんのフォロワーの方が読者にいらっしゃれば、ぜひご感想をお願いします!

 どうでもいいか、そんなコト(>_<)


■ みづき桃香に花束を!
みづき桃香_10242

■ 主演女王様決定!


 

 
[ 2017/11/19 19:31 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(4)

Torture Garden にも逝ってみた(>_<) 

 
 絶対に秘密ですが、トーチャーガーデンの公式ギャラリーに、僕の姿が載ってました!

Torture_Garden_Japan

 別にこれまで隠していたわけではないけれど、パーティーは苦手なんだ。

 明らかに僕はパリピー(パーティーピープルの略)ではない。
 【Party Peaple:社交性が高く、ノリが良い人】

 最近は、なんとなく訪れる機会が増えたけれど、賑やかな場であればあるほど、
自分の立ち位置がわからなくなる(>_<)

 恥ずかしがり屋さんであるのに加えて、空気読む能力がなさすぎ(>_<)

 きっかけが掴めなくて、いつも隅っこの方でモジモジしてる。

 そんな僕が、なんと Torture Garden に逝ってしまっただよ。

 ていうか、ラシオラの周年祭の後で、同じフロアでそれが始まっただけなのだが・・・

 わざわざ逝ったわけではありません。

 
↑ 同じだって (。。)☆\バキ


 シオラ周年祭でも、カジュアル禁止という似たようなドレスコードがあって、実はあまりノリ気でなかった。

 何を着て逝けばいいのか本当に分からなくて、困っていた。

 散々悩んで、考えた挙げ句、Amazonでスターウォーズのコスチュームを購入し、生まれて初めてのコスプレなるものに挑戦してみたわけです。

 SMプレイ自体が、全裸のコスプレ(*もちろん女王様は着衣です)みたいなものですが、あれは密室だから出来るのであって、パブリックな場で、他者の視線に晒されるのは、恥ずかしがり屋さんの僕にとっては苦痛なのです。

 ハロウィンのお祭り騒ぎも、僕には縁がない世界で、あそこでコスプレやってるような人たちと、お友達にはなりたくないなあ、と冷めた目線で見ていたものです。

 そう思っていたのですが、正体不明の匿名さんであれば、意外と心地よいものだな〜という感触を得ました。

 それでもネ、このようなところで鞭打たれたり、縛られたりするのは、やっぱりね...

 嫌なのカモ鴨川〜(>_<)

 ただ、こんな恰好だと、手持ち無沙汰でも少しはサマになる?みたいな??

 シオラのイベントでは浮いてたけど、Torture Garden では、なんとか着地できたような気がする。



 どうでもいいか、そんなコト



■ シオラ20周年祭に逝ってみた
ラシオラとともに


■ ラ・シオラとともに...おめでとう♡20周年!
ララシオラ

■ 一期一会
Lasiora_Ad_2010_08.jpg
 10年ぐらい前の、ラシオラの雑誌広告







[ 2017/11/02 16:43 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(3)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

15位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ