FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

Mのラウンジ 

エムのラウンジ

 東京駅の日本橋口です。こんなの前からあったっけか?

 先日触れた「マゾヒストたち」はきちんと購入し、本の中身は以前から知っていたので、ザッピングのつもりで眺めていたら、思わず熟読モードで一気読みしてしまった。

 連載時には分断されていたコンテンツが、すっきりと繋がる構成で、とても面白い!

 誰にでも気軽にお薦めはしないけど、この世界に興味がない読者でも、文化人類学的な知見は深まるのではなかろうか。

 かろうじて、この世界に身をおいている僕(たぶん)が今読んでも、常に新鮮な感じがするのは、やはり相当に特殊な世界だからなのかもしれない。

 僕が言っても説得力に欠けるんだけど、別世界である。

 この世界は、奥が深い。

 出版記念イベントにも逝ってみたい気もした。というか実は、直前まで迷っていた。

 六反りょうの「亭主元気でマゾがいい」のサイン会の時にも思いましたが、SMバー以外の場所で、自分と同類項の人たちと顔をあわせるのが、どうにも苦手で…(>_<) 

 恥ずかしがり屋さんというのもあるけれど、このテの趣味のない知り合いにバッタリというリスクも怖い。

 今どきSMに興味を持っていることに羞恥は感じなくても、自分がマゾであることに関しては、意味不明な忌避感はあるものです。それをコンプレックスと言ってもいいけど、もっと複雑な心境がある。

 ダイバーシティの令和になっても、昭和のトラウマは引きずっている。

 しかし、「世の中はマゾでできている」というナイスなお題のイベントだ。

 主催は新潮社(ではないが)みたいなものだし、祝祭の意味も兼ねて、勇気を出してちょっくら逝ってみるか?

 先日、ヤプーズの龍パイセンから頂いたコメントにも背中を押された。

 この人と個人的に会うのはもっと勇気が必要だが、イベントに顔を出すついでなら、少し気が楽そう。

 というわけで、絶対に秘密で逝ってきました。

koenj-catshop.jpg
 高円寺駅からイベント会場までの商店街を歩いていると、こんなカワイイお店が・・・

 六本木や新宿でなく、これほどのどかなロケーションで、SMイベントを開催して大丈夫?

 現場に到着すると、やはり行列が出来ている。

 ここまで来ておきながら、あれに並ぶ勇気がでない(>_<)

 思っていたよりも客層が若かったので、

 「僕は無関係ですよ〜」

    という顔して、いったんは通り過ぎた。

 前夜にメールで予約していたので、並ばなくても席は確保されているハズだが、若い女性もそれなりにきちんといるので、近寄ることが出来ない(>_<)というのはウソで、開場予定時刻は過ぎていたから(開演まであと10分というタイミング)、階段を上って、受付らしきところまで行ってみると、キャパはマックスで50名程度の狭さだ。

 これじゃ満員で立ち見じゃん(>_<)

   * * * * * * * * 

 ちゃんと座って見れました (^^)

 トークショーの内容は絶対に秘密なのですが、おおいに楽しませて頂きました。

 登壇するマゾヒストたちは皆さん頗る真面目な、真摯な紳士(いや、シャレじゃなくてネ)で、本来お持ちのサービス精神からユーモラスに話されているだけだと思いますが、衝撃的な行為や、常識ではありえない性癖のカミングアウトに尻込みしつつも、なぜか爆笑することもしばしば。

 この年齢になると、なかなか心の底からは爆笑できなくなるんだけど、はっきり言ってマゾヒズムは滑稽なものだということを、自虐的に再確認したように思う。

 まあ、この世界に興味ない人にとっては、意味不明な部分も多いだろうし、とても中野サンプラザでやれる代物ではなかろうが、内容の濃いトークイベントでした。

 巧みの話術で仕切る司会者が著者の松沢氏だから、取材時のインタビューが再現されているかのようで感銘を受けた。

 ラスト(ラス前?)にメインのゲストスピーカー、龍パイセンが大取りで登場。

 ナマで見るのは初めてだが、この日のキャストでは一番のイケメンだ!

 しかも、肌にシワがない。 

 僕と同世代ぐらいのハズなのに、なんとも若々しい。

 さすが、リューザップの威力か?

 いや、マジでどこかの美術館の学芸員かな?と思われるほど、穏やかで上品な物腰が印象に残ります。

 こんなに優しそうなオジさんが、あのヤプーズマーケットのCEO?と言われても、にわかには信じがたい。

 しかし彼は、僕には出来なかった「北川プロに電話をして、奴隷としてビデオに出演する」という快挙を、昭和の時代に成し遂げて、今がある。

 この世界が少しだけオープンになりかけの頃とはいえ、M男にとっては暗黒時代で、マゾ・ビデオの夜明け前だ。

 龍さんは、この世界の、かけがえのない先駆者なのである。

 開拓者と言ってもいい。

 ヘタレの仮性マゾの分際で、おこがましいのを承知で、きちんとご挨拶しなければ!と、イベント終了後に名刺交換しましたが、黄金!色に輝く上質紙に、

 Fetish Produser凛龍 -rinryu- と明記されていた。

 ハングリーなボクサーからM男優へ、そして素晴らしいパートナーと出会い、自分の思い描くファンタジーのビジュアル化に成功した。

 何かと苦労も多かったようですが、ついにMのラウンジに上りつめた勝ち組のマゾヒスト。

 今後は海外も視野にいれたプロデュースを手がけていくらしい。

 黄金の名刺が眩しかったのではなく、ただならぬ貫禄と情熱に、目が眩んだような気がした。


 僕も Ryuzap やってみようかな(>_<)



 

初期のヤプーズの作品。僕のお気に入りです。

調教ヴィーナス監禁ファイル 残酷な女神達
 



 
[ 2019/11/18 16:16 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(1)

SM関係の調べもので検索したら、ヒットしたのは自分のブログの過去記事だった 

 モーロクしたもんだ〜(>_<)
 
 初期の認知症かもカモ皮を剝かないで〜(>_<)(>_<)

 かつて自分が知っていたことを忘れる。

 これは老化による普通のモノ忘れなんだろう。

「メタ記憶」という言葉がある。

 例えば、なんか用事があって家の2階に行ったはいいけど、さて「何しに来たんだっけか?」となったりする。

「自分が何かを忘れている」という事実だけは認識している状態は、まだマシなのだとか。

 2階に到着したら、もう別のことをやりだして、何かを忘れてしまったことを忘れてしまうと、アブナいらしい。

 まもなく還暦なんだけど、最近は昭和の時代の思い出をよく夢に見るようになった。

 もう忘れてしまいたいくらい恥ずかしい記憶もあるけれど・・・

レイチェル


 映画「ブレード・ランナー」のレプリカントの連中は、「記憶」を欲しがっていた。
 
 現在のAI(人工知能)は、まだそこまでのレベルには至ってはいないようですが、僕たち人間にとって思い出というのは、求めるというよりは、失いたくないもの。

 常に頭の中にあるわけではないけれど、ふとしたきっかけで思い出してほっこりしたり(あるいはバツの悪い思いをすることも)、残っていてよかった(なかったことにしたい)などという感情が沸き上がってくる。

 そんなレトロな思い出も、羞恥心とともに大切にしまっておきたい今日このごろであります。

 忘れたくない大切な思い出もたくさんありマスターベーション。


 どうでもいいか、そんなコト。







[ 2019/07/03 19:03 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(6)

Same reminiscence as in Japan has touched my heart... #sardax 



  Known as the world-famous Femdom artist Mr. Sardax who I respect spelled his nostalgic memories on his blog.

Meeting a mistress pre-Internet


I think it is an interesting content because such extreme drawings artist is also might be known to have been shy at one time?

Before the dawn of the Internet era, the means to meet the Mistress you wanted was extremely limited. That is the same as Japan and Britain.

Sardax confessed humbly that he could not imagine his current situation, meeting Mistress as part of his works.

The depiction of a public phone in the Soho district of London is almost the same as that of Roppongi in Tokyo. Illegal and obscene flyer advertisements posted in boxes are also the source of current Ad pop-ups appearing on websites. It seems that the latest technologies, things to do and ideas have not evolved much from old times.

 From there we call the SM club with a little bit of hesitation, I would say. The receptionist informs the customer of the height and three sizes of the queen roughly Once your reservation is complete, you will be taken to the dimly lit underground room near the phone box. And, encountering a stage that hopefully makes up for your own fantasy usually closes the curtain of disappointment.

Sardax introduces the use of the contact media as another option.
It is a cheap black-and-white magazine of A5 size, and if it says in Japan, it will be media like the reader post column of "SM secret". This is also totally same and smiley.


Image_02-contact magazine


The big difference between the old and the present is the amount of information and the quality. With the tools and tools that can not be considered during Sardax's youth, communication with his ideal partner is now possible, which is a gospel to shy people, but the risk which was the once dark experiences has not completely disappeared.

I can read it as Sardax speaks of his memory as a horrific black history rather than as a memory of the good old days, but "The Golden Age is over, but it is not the beginning of the Dark Age"

I am deeply connected.

It was a heartwarming essay with a glimpse of one side as a humble British gentleman.




■ Sardax Femdom Art by British gentleman  *Described only by Japanese
Sardax_鞭



■ Overtones about Sardax   *Described by only Japanese
Sardax_Harp




【Related articles】

*Described by only Japanese

* You can see other his drawings under the "Related articles"

■ Portrait of Mistress

■ Venus in furs

about Sardax ~英国紳士の描く上品なミストレスたち

■ The man who gives Citizenship of being Face-Sitting






[ 2019/06/23 12:46 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(3)

久しぶりにSMプレイをやると、身体の節々が痛い(>_<) 

tumblr_owhfmaCEJa1snlts6o1_500.jpg


 そんなにハードなことしていないのに(どちらかと言えば超ソフト)、体力的な衰えのようなものを、切実に感じる。

 とは言うものの、心ときめくセッションの余韻でもあり、このまま保存しておきたい痛みでもあります。

 若い頃は鞭で打たれた痕なども宝ものみたいに感じていた。

 もう10年以上昔にやらかしてしまった緊縛事故で、今でも左手に軽い違和感が残っています。

 これなどは悲しい思い出ではありますが、愚かだった自分(今もだが)の証であり、マゾ人生の勲章と思って向き合っております。

tumblr_inline_o3poulaf5T1rjkqs4_500.png

 
 それにしましても、「甲斐甲斐しくご奉仕するプレイ」が実現し、夢のような時間でありました。

 こんな年寄りじみた(実際にもう前期高齢者だが)アホ馬鹿プレイに、平成生まれの女王様もよくつき合ってくれたと思う。

tumblr_njuvv3vN9O1snlts6o1_1280 のコピー

 僕にとっては、難易度の高い「ガーターのフックをストッキングに装着する」というミッションに手間取り、もたついている姿を女王様は楽しまれていらっしゃるようでした。

 元気いっぱいの若い彼女は、弱っている僕の身を案じながらも、つい暴走して、僕のことを苦しめる。

 チョー楽てィ(>_<)


 苦痛と快楽。哀しみと歓び。

 SMでは、相異なるものが隣り合い、揺らぎながら共鳴しているんだ。・・・


 いや〜、SMって、ホントイイモンデスネ!
 
  それでは皆さん、またお会いしましょう。

日曜洋画劇場 淀川長治

 サヨナラ、サヨナラ、 サヨナラ!



tumblr_oyf9pzcoGd1snlts6o1_500.jpg


[ 2019/06/16 14:01 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(8)

秘すれば花 


秘すれば花

 おっしゃる通り!

 そりゃそうだと思いますわ(>_<)


[ 2019/06/14 13:31 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(5)

待ち時間なしで入場できます!春川ナミオ個展 

春川ナミオ個展


 ほとんどが、よく見慣れたおなじみの絵でしたが、一つだけ、僕が初めて観る異色の作品がありました。

 顔面騎乗の絵ではない。

 なんのヘンテツもない、女性の後ろ立ち姿で、一見するだけならば、さほど刺激は感じられません。

 だだ、よく観ると、妖艶な魅惑とでもいうべき、明らかに独特の、あのオーラを発している。

 これは新作で、今回の展覧会のために描き下ろされたもの。

 おそらく、幼き日の春川さんの眼を釘付けにした、女教師のお尻なのでしょう。

 だからなのか、額装されて壁いっぱいに展示されている過去の作品群と見比べると、エロスがない。

 「ない」とは言い過ぎかもしれませんが、どこかあどけないとでもいうか、罪がないように感じられます。

 例の目的に使えるかどうか、という程度の違いはあるのではないでしょうか。

 さすがにこの年齢になると、見慣れてしまった春川さんの絵では、感動はしても勃起はしなくなっちまった(>_<)

 ヴァニラ画廊の展示室で原画130点余にかこまれ、我慢汁は少しだけ分泌したかもしれないけれど・・

 雑誌やネットを通じて、何百というビッグデータが脳内メモリーにあれば、この新作の輝きがわかると思います。



 それにしても、ギャラリーに若い女性客が多いのには、少し驚きました。

 春川ナミオの描くような、身なりのよい上品な貴婦人が、その絵を眺めています。
 
 そんな光景をリアルで目撃できるのも、なんだかとてつもなく凄いことだと思われる。

 マドンナが観てるんじゃない。

 銀座の中央通りを歩く普通の女子が、春川ナミオの「顔騎絵図」を無邪気に眺めているんだ。

 これには、感動を通りこして、勃起してしまった (。。)☆\バキ

  




  春川ナミオ個展 「VÉNUS CALLIPYGE」  

 ◇と き 2019年4月2日(火)~4月11日(木)
      平日  12:00〜19:00  土日&最終日 12:00〜17:00
  
 ◇ところ ヴァニラ画廊 展示室A 
 
   入場料 500円 会期中無休


  

■ 春川ナミオ展・入場までの待ち時間は最大2時間強!


■ 早乙女宏美の「エロスの鉄人」
エロスの鉄人_PHOTO_01 春川ナミオさんがメディアに初登場!(1997年)






[ 2019/04/06 15:20 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(2)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

19位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ