FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

ヘンタイの義務 

ジェイル摘発報道V

 数年前、ラ・シオラや大阪のSMクラブが摘発された時の容疑の一つは、出店が違法とされる場所での風俗営業が原因だった。しかし、おおっぴらに告知していたわけではなく、ひっそりと10年以上もそれでやってきたのだから、

 大目にみろ とは言わないにしても、

 まずは行政指導とか警告を先にしてもよかったのではないだろうか。

 風俗営業の届け出の義務を怠ったからといって、即逮捕とか摘発という動きにはならないと思う。まずは当局が業界の実態を把握するのが目的の法律なのであり、取り締まりはその後の話だろう。

 以前は、ダンス教室なども風営法の規制対象だったが、映画「Shall we ダンス?」のヒットのおかげで社交ダンスの流行とともに規制除外となったケースもある。

 この種の法律の適用や解釈には、しばしば恣意的な印象を受ける。

 1985年に、戦後初めて大規模な改正風営法が施行され、パチンコ業界などが大打撃を受けた。この当時のSMは、同好会や秘密サークル系のノリで、それこそ実態把握など不可能な状況から、商業的なSMクラブへと発展しつつある時代でもあった。

 伝えられる有名な話では、当時における六本木の老舗SMクラブ「サムの城」が、この影響で閉店に追い込まれたらしい。

 パチンコ店も何故か「風俗」営業でこの規制の対象となるが、ソープやその他の風俗営業と比べると、

SM関係の店は目の敵にされている ような気がするのは気のせいだろうか・・・

 戦前から戦後にかけての風俗営業は、地図に赤線で囲まれた地域だけに許可されていた。

 トルコ風呂(ソープランド以前の名称)や遊廓のある地域が一時期「赤線」と呼ばれていたのはこのためである。

 遊廓や赤線ではいったい何が行われていたのか? もちろん性行為だ。

 ただし、ノーマルなセックスだけとは限らない。

 娼婦におしっこをかけてもらったり(あるいは飲んだり)、顔面騎乗やお馬さんごっこなど、性行為とは言えない意味不明なプレイもそこで行われていた。

 当時のお役人があまり気にしなかっただけで、ありとあらゆる変態行為が国家公認のもとでなされていた。

 そのスタイルは当事者同士だけの秘密の世界。

 口コミで「変なお客さん」の噂は流れても、規制対象となるほどではなかった。

 夫婦間ではとてもできない変態行為をするための場所として赤線地帯は利用されており、今で言うSMプレイもその一つであった。

 当人同士の合意の上とはいえ、傷害事件として発覚したこともあり、異常性愛行為は犯罪として見なされていた時代。

 ほぼ同じ頃「奇譚クラブ」や「風俗草子」が有害図書として規制され、発禁処分になっている。

 この時に事情聴取を受けた編集者が刑事に

「変態はな、それだけで犯罪なんだよ!」

 と糾弾された。

 まず「ストーリーありき」のえん罪の構図がここにも見られる。

 21世紀の今、アブノーマルな趣味が犯罪視されているとは考えたくないが、古い時代の偏見や差別の悪影響が、少なからず残っているのかもしれない。

 一般の人たちが、個人的にSMというものへの誤解を抱くのはいたしかたないにしても、当局やマスコミが異質なものへの理性的な態度を失うようなことは、許されることではない。

 そのような事態をなんとしても回避していく意識や努力が、店側やお客さん、そして我々変態には求められているのではないだろうか。



【関連エントリー】

■ 朝霧リエさん逮捕

■ 偏ったSM報道

■ 売春禁止法とソープランド



過去記事ダイジェスト




[ 2011/03/08 18:06 ] 過去記事リバイバル | トラックバック(-) | CM(7)

偏ったSM報道 

マックス・モズレー

 SMを趣味に持つ人に関する報道は、どうしても偏ってしまうのか。

 個人の趣味として敬意が払われるべきものではないとでもいうのだろうか。

 軽蔑されたりするのはともかく、個人のプライバシーや人権が社会的に侵害されていいはずがない。

 国際自動車連盟(FIA)のマックス・モズリー会長(67歳)が、5人の売春婦を女王様にしたてSMプレイをしていたことが報道され、しかも盗撮された映像がネットで公開されてしまった。

 F1レースや自動車業界では、日本も含めて世界的にリスペクトされてきた大人物のスキャンダルとして、国際的に大騒ぎになっている。

*注)この記事は2008年6月に gooブログにエントリーし、goo事務局により削除されたものを再投稿したものです。

 

 全裸で首輪をつけられたモズリー会長がブロンド女性から鞭で打たれるの図。


 英国では伝統的によく見られるものの、ナチスドイツが強制収容所で行った拷問をイメージするようなシナリオだったということもあってか、人種差別問題としても取りざたされた。

 FIA会長職の辞任が議論されるまでの騒ぎとなり、モズリー氏はすっぱ抜いたタブロイド紙を告発、訴えられた News of World側は、(モズリー氏の趣味は)公的人物として相応しくない行為として受けて立つ姿勢。

 巧みに政治的に利用された印象である。

 「戦争で捕虜になった男が、女性に監禁され拷問を受ける」なんていうのは、SM的にはごくありきたりのストーリー。むしろ平凡で変態性がなく面白くないレベルだと思うのだが、モズリー氏の父親が、英国のファシスト的リーダーで反ユダヤ思想家だったことが問題をややこしくしている。そんな家庭の事情ゆえの倒錯的願望だったかもしれないことを思うと不幸な偶然だ。さらに、その事実ゆえの陰謀という線も十分考えられる。モズリー会長が好んだSMのシナリオが、「女教師と生徒」ものとか、あるいは「看護婦に浣腸されるM男」といったセッション・イメージであったとしても、同様にオモシロおかしく、侮蔑の眼差しを込めて暴露されていたのであろう。

 いや、間違いなくモズリー氏はハメられたのだ。英情報機関MI5の陰謀説も出ているぐらいだ。

 盗撮された映像を見れば、それがいかに周到に準備されたものかがわかる。つけられたテロップ原稿も、意図的なメッセージを伝えているのは明らかだ。大金を渡され、買収されてしまった女王様たち。英国の現行法では売春を斡旋する側に違法性があり、客であるモズリー氏は法を犯しているわけではない。タブロイド紙は情報提供元である犯罪者の身元を保護し、無実の人物をさらしものにしているのである。

 モズリー氏が家族を裏切ったこと。モータースポーツ界に不名誉な損害をもたらしたこと。そして、タブロイド紙のねつ造を信じるとするなら、彼がナチス的空想にふけったこと。これら全てが彼の全人格を貶め、FIA会長職を辞任すべき理由となるのだろうか。

 後日、モズリー氏がこの問題に関するインタビューで次のように述べているのが心に残った。

「セックスの問題は、生殖過程としての正常位から、わたしの行為をはるかに超えた最も奇妙で異常なものまで含まれる。
 誰も傷つけず、同意に基づき、成人同士が秘かにする、という条件であれば、ほとんどの大人は、他人の性行為の範囲に関しては当事者間の問題だと言うだろう。だからこれが道徳的問題だとは思わない」


 もうこうなってしまったら、開きなおるしかないのだろう。究極の羞恥プレイの官能に、精神がマヒしてもおかしくない。マゾでなかったら自殺していたかもしれない。

 全世界に 全裸で首輪をつけられ鞭打たれている姿が 公開されたマゾヒストの発言だけに、重い。いや軽いのか?

 今月の5日、パリで開催されたFIA臨時総会の信任投票でモズリー氏は信任され、会長職に留まることが決定した。


「人々がそういった一面を持つことを理解しなくてはならない。

 繰り返すが、成人で同意があり、秘かにする限り、誰も傷つけない

 というのがわたしの意見だ」

 (マックス・モズリー FIA会長)



【盗撮されネットに流出した映像】

 F1の大物 エッチな地下牢へ




 安っぽいモーションテロップで状況が解説されていく。
ナマ撮りではなく、念入りに編集されているのがわかる。



モズリー氏は年に3~4回、同じ売春宿に通っていたらしい。
彼と特定できる映像を、待ち伏せして撮影しているのだ。



アパートの地下室にはナチス看守のような服を着た女性がいる。
「これから罰を受けることになるのよ」と言われ、他の収容所でどんな罰を受けたかを確認するために全裸になるよう命じられる。(なかなかよいストーリーではある)



さんざん鞭打たれて辱めを受けた後、今度は囚人服を着た別の女性を鞭打つ立場に逆転するモズリー氏。
なんてことはない、「S&Mの5人女王様コース」である。

これで日本円にして約50万円という値段が相場的に高いのか安いのかわからないが、人数と時間、内容を考慮するにしても、結果的にお高くついてしまった。

 日本の経団連会長が芸者遊びの一環として花魁を縛って鞭打っても、こんな報道をされるだろうか。

   (されるだろうな^^;;;  もっと叩かれるかも)











[ 2010/12/14 15:02 ] 過去記事リバイバル | トラックバック(-) | CM(2)

Helmut Newton 

 パリのホテルで、全裸の女性が首輪に繋がれている。

 いったいどのような物語がこの部屋で展開されるというのだろうか?

ホテル

  ヘルムート・ニュートン は「ヴォーグ」に代表されるようなわりと上品なメディアに、鞭やハイヒールといったSMを連想させるシンボルを意図的に配置してみせた初めての写真家である。

 フェティッシュな形式美による場面構成には、そのものズバリの描写はないものの、見る人が見ればエロティックな想像力をかきたてざるを得ない独特のスタイルで見る者を魅了する。

 そこはかとなく見る人の感性でどのようにでもエロティックに、あるいは上品にもなってくれる柔軟でスタイリッシュな作品性がこの人のウリだと思う。

 あるいは、ゴージャスでグラマーな女性が首輪をつけた犬を、そのリードを引っ張って見下ろしている作品。

ヘルムートニュートン

 これなどは、僕は自分がその黒い犬になったつもりで見てしまい、どうしても

 そっちの方向

 での想像をしたくてたまらなくなる。(いったいどっちの方向なんだか ^^)

 デビッド・ボウイやアンディ・ウォホールのポートレート写真など、マトモな作品も有名ではあるが、そのマトモと思われている被写体の多くは、実は世界的な変態だったりもする。

Helmut Newton\'s IllustratedHelmut Newton's Illustrated
(2000/06/01)
Helmut Newton

商品詳細を見る



 ベルリンで1920年に生まれたニュートンの国籍はオーストリア。1950年代からパリで活動し国際的なカメラマンとしての経歴をスタートさせる。既存のモードを打破しようとする過激さの中に、どこか退廃的なエロスを感じさせる作品を発表して当初は物議をかもしたらしいが、70年代以降、マリークレール、エル、プレイボーイ誌などでも活躍し、この世界の押しも押されぬカリスマ的アーティストとして君臨した。



 日本ではヘアヌードが解禁された90年代に石田えりの写真集を撮り下ろして話題に。



 2004年に交通事故で亡くなった。










[ 2010/12/12 18:16 ] 過去記事リバイバル | トラックバック(-) | CM(4)

2010年 アート・美術関連記事 

下田ひかり

【美術/アート】


怖い絵

レンピッカ展

女王様の肖像画

アレン・ジョーンズ

奇譚クラブのイメージギャラリー

星新一展

ブルーノ・シュルツ

平安時代の足フェチ




[ 2010/11/08 10:46 ] 過去記事リバイバル | トラックバック(-) | CM(0)

2009年のエントリー 

【2009年1月】


■ 謹賀新年

■ じゅんさいとぜんざい

■ 命のキス

■ マイ・タイム
待つ次男


■ NHKの変態講座
NHKの変態講座



■ マゾ派遣村

■ 秘密の本棚

■ SMクラブの仁義

■ 黒パンストの女王

■ 性奴隷

■ 昔のSMクラブの広告


【2009年2月】


■ SMシークレット


■ どんなご縁で

■究極の個人情報

■ 料理とSM

■ CFNMサロン

■ 韓国のお馬さんごっこ

■ 落ちた天使・小向美奈子

■ S男の気持ち


【2009年3月】

■ 麗子女王様

■ ロリマゾの罪

■ 人生における成功とは

■ ヤッターマン

■ 深田恭子の女王様

■ 女は腰?

■ 女王様からの手紙
女王様からの手紙


■ 女子中学生が男を鞭打つシーンのテレビ公開映像

■ 毒恋

■ 我が輩はマゾである


【2009年4月】

■ SMに恋する

■ ちょいM男

■ 実写版「ヤッターマン」観てきました!

■ マイケル・マニング

■ Die Heilge Hure (聖なる娼婦)  You Tubeで見ることのできる欧米のBDSM動画

■ 女王様ちゃんねる

■ SMのクオリア

■ 椋陽児

■ 早稲田大学SM文学研究会

■ 江戸川乱歩の「陰獣」

■ 毛皮を着たヴィーナス

■ ドーパミン


【2009年5月】

■ ドーパミンを増幅するCD「ムチと罰」


■ 言葉責め

■ SM占い?

■ ドS型ドM型トリセツ

■ 室井亜砂二

■ M女系ブログの名作「奴隷ノ穴」

■ 鞭で打たれてみる

■ 「穴祭り」閉め切り迫る!

■ 西牧徹展

■ 迷惑メール

■ 伊藤晴雨

■ SM診断

■ 匿名の羞恥心

■ ガーター騎士団

■ ティツィアーノ  マゾッホも敬愛した「鏡に向かえるヴィーナス」
鏡に向えるヴィーナス(T)


■ 緊縛の芸!飛室イヴ嬢王様

■ BARBAR札幌の緊縛ショー

■ SweetMarriage

■ クリック・フェチ

■ スウィートスメルに花束を!

■ 徒然草

■ 団鬼六「Mの呪縛」

■ ダウンタウン松本人志の結婚

■ 北川プロの北海道ロケ

■ 北川プロ撮影日記


【2009年6月】

■ 謎の組織「ブタの穴」

■ ラシオラよ永遠に

■ 今そこにある危機

■ マゾ猫

■ 平安時代の足フェチ
小柴垣草子


■ 喜国雅彦「日本一の男の魂」
Sです、あなたは?


【2009年7月】

■ ペニスのサイズは重要か?

■ 撮影現場

■ ホモとマゾはどちら変態か?

■ レズとS女はどちどちら変態か?

■ 性倒錯

■ 身体も心もボクのもの ビギナー・カップル向け「はじめてのSMガイド」


■ M男の羞恥心

■ 椋陽児 2001年7月に他界されていた椋陽児氏に追悼の意をこめて...


【2009年8月】

■ 完訳Oの物語

■ 顔面騎乗に市民権を与えた男

■ 春川ナミオさんとお会いしました! 憧れの巨匠とついにご対面!
春川ナミオと  

■ 人間便器

■ 春川ナミオの芸術
PU_春川ナミオの芸術

■ 終戦記念日

■ 刺激に満ちたSMの撮影現場  BARBAR札幌プロデュースによるDVD制作現場


■ ハードディスクの個人情報


■ ハードディスクの中の青春



■ 縛師 Bakushi

■ 今日のクレーン

■ スカトロと人間便器願望

■ 麗子女王様


■ 恥ずかしくてためになる店 麗子女王様の札幌遠征緊縛ライブショー


【2009年9月】

■ SMショーの構成について

■ 鞭打ちの刑  日本と西欧の鞭文化の差異について

■ 北の大地SM紀行  北海道を舞台にした北川プロの新作DVD
北の大地SM紀行


■ むちゃかわ!  フランスの美少女歌手アリゼちゃん(>_<)


■ SMプレイのご挨拶

■ 鞭で打たれたい

■ 鬼頭暁


■ 昔のSM雑誌から

■ SM道

■ サレンダー 服従の恍惚 バレエ・ダンサーがアナルファックに目覚めM化していく
サレンダー 服従の恍惚


■ 美の格差社会
なぜ美人ばかりが得をするのか

■ 「奴隷ノ穴」逝く  M女系ブログの名作「奴隷ノ穴」閉鎖

■ 個人的にアブナい動画を楽しむ権利について

■ 三山のぼる原画展

■ 女性の胸・バスト・おっぱいの話

■ バスト占いの歌
バスト占いの歌

■ 罪と恥
ゴルゴ13


■ 大切なことは眼で見えない

■ 髪フェチ

■ CFNM

■ CFNMの起源


【2009年10月】

■ 着衣男性全裸女性

■ 愛犬願望

■ 変態を生きる

■ サタミシュウの主従関係

■ 愛の嵐

■ 卑弥呼
 
■ オナニーマラソン

■ 恥ずかしい写真

■ モバイルSMプレイ


【2009年11月】

■ 秋の深まりを感じます

■ 家畜人ヤプー

■ リアルミストレス

■ 胸かお尻か

■ パンティーを頭にかぶる

■ Long time no see Kano Haru !  謎のFemdomアーティスト かの春復活?

■ レヴィ・ストロース逝く

■ 構造とワレメ ポストモダン時代におけるフェティシズムの構造論
構造と力―記号論を超えて 
■ クイーンズクラブ復活!

■ 幸福な顔面騎乗  伝説の正統派顔面騎乗サイト Happy Facesitting 



■ ドエムTシャツ

■ おねえさんのキック

■ ガンキ?

■ 顔面騎乗の社会的評価

■ ジャン=ジュネ「泥棒日記」

■ 今そこにあるネコ

■ 理想と現実


【2009年11月】

■ 勘違い  英会話女性講師殺人事件について

■鬼龍院冴子 探偵事務所  一般コミックにおけるSM描写

■ 顔面騎乗をしてもらう9つの方法

■ 問題発言

■ 女は世界の奴隷か

■ 悩み相談

■ SMタイプ診断テスト
弱い奴に強いエムのバナー


■ 緊縛ショーと暗黒舞踏


■ コルセット
コルセット


■ M時々S


■ マゾのお酒の正しい飲み方
kika_2


■ クリスマス

■ ママさん女王様

■ 足コキと足フェチ

■ もっと頑張らなあかん

■ 草食系男子

■ 今年を振り返って



【過去記事インデックス】

2005年  2006年  2007年  2008年   
















[ 2010/01/01 21:06 ] 過去記事リバイバル | トラックバック(-) | CM(0)

江戸川乱歩の「陰獣」 

 今年はじめにブログを引っ越したさい、過去のエントリーが随分と移行されないまま残ってしまっています。新しいカテゴリー「過去記事リバイバル」ではそういう過去記事を再度復活させていきます。



 「崖の上のポニョ」
の話題で盛り上がっているヴェネチア国際映画祭。コンペティション部門に出品されていた「インジュ(Inju)」というタイトルが目を引いた。
 
 これは江戸川乱歩の「陰獣」を現代風にリメイクしたような作品で、監督はフランス人。かつて松竹でも映画化され、SMをモチーフにした乱歩の傑作である。サスペンスとしても秀逸で、まだSMという概念が人々に馴染みのない時代に、トッピングとしてのSMの味つけがまた素晴らしかった作品。

 キャストの日本人俳優石橋凌は、SMクラブの女王様から演技指導を受けたのだという。なるほど、微妙に変化していくSとMの人間関係の綾を表現するのに苦労しそうな作品ではある。演技のリアリティのためにわざわざSMクラブに行くとは見上げたプロ意識とは思うが、「個人的にそういう趣味はないです」だとぉ~??

 ホントか? 

 少しはSMに興味があるからこれ幸いと足を運んで楽しい思いもしたんじゃないのか? 

 もっと自分に素直になれよ石橋~! 赤裸裸にSMを語るイチロー選手を見習ってほしいものである。

 ま、それはいいや。とにかく昭和初期に発表された耽美的な日本文学が、ヌーヴェル・バーグのおフランスでどのように作品化されたのか興味がつきない。

 日本文化オタクのヘンタイ映画監督ヴィム・ヴェンダースが審査委員長なだけに、賞取りレースに絡んでくる可能性も大きく、「ポニョ」以上に日本人としては注目作品と言えるだろう。


【関連記事】

江戸川乱歩の小説を基にした映画『Inju』が登場/ヴェネチア映画祭

石橋凌:仏映画「INJU」に出演

映画に初主演した源利華の“INJU”での存在感にヴェネチア沸く

バラエティ・ジャパン 第65回 ヴェネチア映画祭

「Inju」レッド・カーペット




 これは松竹作品
   ↓





[ 2009/04/29 00:52 ] 過去記事リバイバル | トラックバック(-) | CM(4)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ