FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

表象としての「奇譚クラブ」イメージギャラリー 

春日田春夫

 この絵はかなり昔から僕のお気に入りで、いわゆる「死後のコレクション」の中から再発見しました。

 ここでは自分の蔵書からスキャンしたものをご紹介していますが、Google などで「春日田春夫」と検索すると、もっとキレイなコレがヒットします。

 「昼はOL、夜は女王様、アッ、君は秘書のS子さん

 というキャプションが、泣ける(>_<) 

 いや、今となっては、笑えるのか? (^^)

 絵師である春日田本人のものとも思えないのですが、どうなんでしょう?

 今さら、何をトボケタこと言ってんだヨ!... てな感じですが、仕事帰りにこっそりSMクラブに逝ったら、職場のOLがバイトで女王様をやっていた〜!なんていう妄想(あるいは現実?)は、確かにあったであろうし、萌える。

 春川ナミオ原作・監督の「復讐の美尻」が、まさにそんなストーリーだった。

 昭和の古き良き時代のSMっぽい感覚が、郷愁をそそると同時に、微笑ましくもある。

 かつて春川さんも投稿していた奇クのイメージ・ギャラリーは、悪く言えば洗練されてはいない画風や趣向もあったりして、玉石混淆でしたが、実に様々な妄想が鮮やかに、あるいはドロドロと描かれる異色の場でありました。

   (*「読者ギャラリー」とか「ナミオM画廊」という名称もありました)

 たとえ自分の好みのタイプでなかったとしても、僕は好きでした(見るだけなら)

 春日田のこの絵は、緊縛に興味がなくても、胡座縛りの惨めさが強調される構図が見事だとわかります。

 中年の醜いオジさんが見上げる女王様の脚のラインがなんとも美しい。

 多くの場合、自分の秘めたる願望を表象する何かを模索するわけだけれども、必ずしも「このようにされたい」というあからさまなイメージばかりでもない。


岡たかし_鼻責め
こんなコト、実際にはされたくないんだけど、何故か胸騒ぎがする... (>_<)


 そこのところのピントはぼやけている。

 まだネットもSNSのない時代、自分の特殊な性癖や願望をどう処理してよいのかワカラナイ変態予備軍は、何らかの救済を求めて、奇譚クラブのようなメディアに耽溺していた。

 そもそも、自分のこの不可思議な性癖ってナニ?みたいな立ち位置で苦悩していた。

 よくワカラナイんだけど、何かこの絵には、自分の理想に近いものがある。

 そういう気持ちで作品に寄り添うと、もしかしたら、かすっている部分があるかもしれないと思えてくる。


散歩後のお礼
うん、コレならオッケー(^^)


 本来、誰にも「共有」されたくもなさそう(ゴメンネ)なのですが、それまで見たこともないような、思わず惹き込まれてしまう「お宝画像」によって「開眼」したマニアックなファンも多かったのではないでしょうか?

 SMバーやSMクラブもポツポツ登場し始めていた頃でもありましたが、秘密を共有しあえる成熟した共同社会的なネットワークは、まだ成立していない。

 奇クのようなメディアのお陰で、マゾとしての個の意識に目覚めながらも、閉鎖的な孤絶の世界に閉じこもる。

 そういう、様々な人々が一期一会的に見えない絆で繋がっていたという幻想を感じられた時代を象徴するのが、奇クのイメージ・ギャラリーだった。

 技術的にはプロでないにしても、真剣なマニアによる魂のこもったコンテンツが、奇クのイメージ・ギャラリーの醍醐味だったように思います。


 まあ、とにかく、ざっくばらんに言うと、世の中には、本当にいろんな人がいるんだなぁ〜と、感心したものです。

 その「いろんな人」の中に、自分も含まれていたとは気づかない、のんきで、それこそすっトボケタ変態だったのが僕なワケで・・・

 当時は若かったこともあり、自分はヘンタイじゃないと信じていた (。。)☆\バキ

 いや、信じていたかったのかもしれない(今もだが・・・)

 ただ、少なからず、僕と同じ趣向のヘンタイさんが、実際に存在しているんだなあという、驚きとも安堵ともしれない共感を得たのも確かでした。

 昔はわからなかったけれど、みんなのツールやイメーが異なるだけで、心は同じなんだろうな、と今は思える。

 みんなちがって、みんなイイ

 今なら、この春日田の絵に、「いいネ」ボタンがどれだけ押されるだろうか...

 ちょっと試してみたくなりました。




【少しは関連してるかもしれないエントリー】

■ 奇譚クラブ

■ 奇クのイメージ・ギャラリー

■ 春日ルミ

■ 不可解な願望


■ 秘密の本棚

■ 温故知新

■ 須磨利之

■ 沼正三

■ 伊藤晴雨



■ 鼻責め

■ 室井亜砂二

■ 緊縛の女王・絹川文代

■ SMスナイパー廃刊

■ 女性雑誌「CREA」

■ フェムドム・メディアの台頭











[ 2020/08/09 11:06 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(0)

マゾフォトの文学的キャプション 



 苦痛は官能の歓びに還元され恍惚の渦の中に埋没する。

 ひとことで「苦痛と快楽」などと言っても、それは単純に二項対立的なものではない。

 僕の感覚的には、揺らぎのあるゲシュタルトであり、苦痛も快楽も同じというか、時には区別のつかない重層性を持つ。

 このことは、一見相反するかにみえる「光」と「闇」の両義性にも繋がる。

 万葉集の「渡る日のかげも隠ろひ 照る月の光も見えず」にあるように、月の影は光であり、この輝きによってその物と重なるもう一つの姿が黒い「かげ」と呼ばれる。

 影とは現身(うつせみ)の分身とも言えるでしょう。

 SとMも似たような構造であり、SM雑誌の編集者たちは、古代から繰り返されて来たこの形而上学的な重層性を示唆してくれます。

 そうでなければ、このように文学的に冴えたキャプションを、添えることは適わないと思うのです。


 どうでもいいか、そんなコト(>_<)





[ 2020/01/11 18:02 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(6)

恍惚のあえぎ 

恍惚のあえぎキャプション

 年末年始は、「死後のコレクション」の整理整頓をしてのんびりしてました。ここんとこ、毎年のようにやっています。

 いやぁ、真面目な話、老衰で大往生できれば本望だけど、地震や津波で突然命を落とさないとも限らないご時世、理不尽なアオリ運転も怖い。

 いつオサラバしても大丈夫なように、絶対に秘密のアブナいお宝写真は処分せねばなるまいて...(>_<)

 いや、捨てきれずにとりあえず「絶対に秘密(>_<)」というラベルをつけて分類しているだけなんだが・・・

 これが結構楽しい。

 老後の楽しみにとっておきたい(もうすでに老後みたいなものか...)

 とにかくマゾ気分をさっぱり整理してから、極楽浄土に旅立ちたいもの。

 それはともかくとして、昭和の時代の古いSM雑誌には、昔はあまり気にしなかったけれど、グラビア写真についてくるキャッチなコピーが目を引く。

 詩情あふれるこのキャプション。

 読者の皆さん、ものは試しで音読してみませんか?

KouKotsu_no_Aegi_textpart_LARGE.jpg

 何度読んでも笑える。いや、泣ける(>_<)

 声に出して読みたい日本語だよ。セッション前に言葉責めへの練習用に使えるかも。

 「たとえ火の中、水の中...」なぁんて表現、現代ではもう死後、じゃなくて死語でしょう。

 恍惚状態で喘いでいる時に、こんな名文句はなかなか言えたものじゃないと思う。

 「極楽浄土」も、単語として祖母から聞いたことあるぐらいで、日常会話ではもう使えない。

 宗教的なことをヌキにしても、インパクトありすぎて、気安には口にできそうもない。

 だけど、SMのセッション中になら、現代でも使える、ナウい口語となる。
 (「ナウい」はもう死後か?)

 僕はSMプレイの時には何故か昔から(若い時から)「嬉しゅうございます女王様」とか、妙に古臭い大和言葉を使ってしまう癖があって、普段の自分のボキャブラリーにない表現をよく使った。

 例えば「お許し下さい!」の代わりに、

 「どうか、お慈悲を...」とか。じひかな?

 自分でも変なヤツと、後から思ったりして。

 言葉責めで使って頂きたい文言を台本形式にして持参しても、「こんな歌舞伎みたいな台詞、言えないわヨ!」と、却下はされないまでも、呆れられたりもしたっけな(>_<)

 山田詠美が「ひざまずいて足をお舐め」という小説を書いてくれて本当にありがたかった。

写楽

 理性的になれば、SMプレイみたいな茶番劇は、見るに堪えない。

 なんとなれば、茶番なのにガチで真剣だから。

 女王様もそれを判っていればこそ、内心呆れていても誠実に対応してくれる。

 いわば「筋書きのないドラマ」を、存在するはずのない観客を前に演じているわけで、そこに描かれる演劇的空間は、ある意味では芸術的なものだと僕は思うのです。

 誰のためでもない、自分のための罪深いお芝居。

 女王様という美しい共犯者を得て、輝く背徳の芸術。

 それは、ボードレールの言う祝祭であり、マラルメが惹かれる陶酔。

 マゾヒストの恍惚のあえぎは、フランスの詩人たちの魂の声のように、僕の胸を打つのでした。


■ 男性緊縛美
樹里ふぉとぐらふ

■ 屈辱の縄
椋陽児 「羞恥晒し」

■ エアー緊縛とは何ぞや?
エアー緊縛


■ SMのクオリア



■ 緊縛の文化史・日本人の知らない日本美
緊縛の文化史 表紙


■ マスター "K"の素顔に触れて
マスター








[ 2020/01/04 19:45 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(4)

不思議だな 胸を舐めるの 好きなマゾ 

不思議だな胸を舐めるの好きなマゾ

 これは昔のSM雑誌グラビアには時々登場していた。

 いわゆる「赤ちゃんプレイ」とは違っていて、わりとノーマルっぽく。

 まぁ、別にいいんだけど、SMプレイとしてはどうなのだろう。

 ここは倒錯の世界が主流で、どこか「健全」っぽい胸舐め奉仕は、あまり似つかわしくないような気はする。
 (*個人の見解です)

 実際、SMクラブにもご褒美感覚でなさる女王様は、稀にいらっしゃいます。

 僕もかつて、頼みもしないのに胸を押しつけられ「お舐め!」と言われたことがたまにあったけれども、どちらかというと「胸よりはお尻」派だったので、

 はぁ? てな感じでびっくりしたんだ。

 もちろん、「いいのかな?」と思いつつ、むしゃぶりついたのは言うまでもない(>_<)

 女王様の中には母性本能が強く、その場の勢いでつい「やらかしてしまう?」場合もあるかもしれませんが、まぁなんとなく微笑ましいプレイではある。

 
海外のBDSMフォトにもよく見られる光景
tumblr_mxgjevEosA1rtumbjo1_500.jpg
 *ちなみに、コレが「エアー緊縛」 ↑


 しかしプレイメニューには入らないでしょう? オプションでも。

 いや、別にあってもいいのか(>_<)

 よく考えたら(考えなくとも)あったほうが、いいかもしれないね (。。)☆\バキ

 
■ チチの日
NaMeNaMeMan_TB.jpg

 
■ 女性の足を舐めるのは犯罪か?
tumblr_n1rru2PCPs1sel8ayo2_400.gif マゾには足を舐める義務がある!
 

■ 春川ナミオのおっぱいグリグリ絵
春川ナミオのおっぱいグリグリ絵図

 春川ナミオさんも絵のモティーフとして取り入れてますから.. (←「から」どうだというのか?)


 ちなみに、「用事プレイ」で一般的に使用される言葉(ようじ)がFC2ブログ利用規約に抵触するらしく、この文字が文中にあると記事が投稿できません。コメントなどでもご注意願います。「奨学生」などもそうです。不思議だな。

[ 2020/01/03 08:51 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(6)

マゾのグルメ 

マゾのグルメ

 切り抜き保存だから、出処が不明ですが、おそらく70年代の「SMセレクト」あたりか?

 昔のグラビア写真には独特の迫力があって、目に焼きつくような印象が残る。

 その中でも当時としてこれは珍しいタイプだった。

 今見ても斬新なビジュアルで、たまたまひらめいた「マゾのグルメ」という言葉からふと記憶が蘇り、年末の大掃除のついでに探してみたら、幸いなことにすぐ見つかった。

Mazo_Gurume_03.jpg
 女王様:ハイ、あ〜んして


 別にグルメでなくたって、誰でも皆こういう食べ方してみたいですよね?

 ( ↑ フツーですよね? )

 この時ハイヒールで踏みつぶして欲しいという願望を持つマゾもいたりして。

 感覚的に咀嚼と近いような気もするんだけど、気のせいかも。


■ 美味しいワインのいただき方



■ SMセレクトのマゾ写真
鞭の調教師_4A

■ マゾ写メ  
Mazo_Shame_20111216101358.jpg S女性にM男の恥ずかしい姿を撮影されちゃうマゾ写メ (>_<)


■ 奇譚クラブのマゾフォト
PU_Kitan_OLD_MazoPhoto.jpg


 ■ 女王様の地位向上の歴史
 昔の女王様はなぜマスクで顔を隠していたのか?



 ■ マゾフォトのカメラ目線
マゾフォトの目線



 ■ SMスナイパーの廃刊
 SMメディア変遷の歴史


■ 死後のコレクション
絶対に秘密




[ 2019/12/30 09:39 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(4)

屈辱の縄 

 今年「奇想の系譜展」と題する、江戸美術の絵画展をとても興味深く観ました。

 この流れでぜひとも、春川ナミオについて語りたいところなのですが、その前に、明治時代から大正、昭和にかけて活躍した伊藤晴雨を経て、昭和における後継者として突出した存在感を示した須磨利之という絵師について触れてみたいと思います。

 またの名を喜多玲子。このブログでも何度か紹介していますが、1970年代のSM雑誌で美濃村晃というペンネームでも知られる「奇想の人」です。

 かつて「奇譚クラブ」の編集者として腕を振るい、挿絵やカットを描き、緊縛師としてはモデルを縛り写真も撮影するという才気煥発になクリエイター。そして、もしかしたらこの人は詩も書いていたのだろうか?と思われる痕跡を古いSM雑誌から「再発見」しました。



 花は おしつぶされて 屈辱が身をせめる

 涙が乳房を伝うと けだものが それをみて嗤う(笑う) 
 
 からだのひだに 喰いこんでくる縄は 

 泣き声を誘って

 ああ、花が濡れ 屈辱が身をせめる

 
(1971年 SMセレクト 8月号)

SMセレクト

      
 なんというのか、刺激に満ちたSM雑誌のキャプションにしては、素朴な味わいがあります。

 ここでは、「屈辱」という言葉が、僕の心に刺さりました。

pic17.jpg

 鑑賞者は、詩や絵の対象が感じている屈辱に共感することで悶える。

 羞恥と似ているようで、少し趣が異なります。

 須磨が描く女性緊縛絵図では、羞恥よりも屈辱にスポットライトが当たり、女性はおそらくマゾではない。気位の高い貴婦人が、責めの結果として将来的にマゾとして堕ちる可能性はあるにせよ、強い意思と誇りで責めに抵抗しようとする姿に、鑑賞者は心打たれる。

reiko17.jpg

 本来なら、サディスティックな女王様として、男を屈服させるべき資質を持つ女性が、不本意ながら責められるところに官能的な美を見いだし、S男性もM男にも、いやSMとは無縁なノーマルな鑑賞者にも普遍的な感動を与えることに成功しているようです。

 これと対照的なのが椋陽児の筆致で、彼の責め絵においては、無垢な少女はもう抵抗を諦め、屈辱を受け入れて羞恥の表情を浮かべています。

椋陽児 「羞恥晒し」

 それがやはりS男性にもM男にも受けた。

 須磨は、本人にMっ気があったかどうかはともかく、SM雑誌の編集者として、男性マゾヒズムにも深い理解を示しており、S男性向けが主流だった当時のメディアにおいて、M男向けを意識した企画やコンテンツが目を引きます。

Kita-Reiko_Omoshi-Zeme.jpg

 SM自体にまだ市民権がなく、致命的にマイノリティだった男性マゾヒストに寄り添う姿勢は、当時としては異端の、その意味で「奇想の絵師」と呼べるのではないでしょうか。





SumaNureki.jpg
「裏窓」編集部時代の須磨利之(左)と右は濡木痴夢男




■ 万華鏡〜抒情と緊縛
竹久夢二と伊藤晴雨


■ 伊藤晴雨  責め絵(女性緊縛絵画)のパイオニア!
伊藤晴雨フォト


■ SMのクオリア



■ 椋陽児  女性緊縛イラストの巨匠!


■ 女は縛ると美しくなる
 責め絵の巨匠・伊藤晴雨


■ 緊縛の文化史・日本人の知らない日本美
緊縛の文化史 表紙


■ マスター "K"の素顔に触れて
マスター



■ 緊縛の芸
女性緊縛_1



■ 縛師 Bakushi



■ 男性緊縛美
樹里ふぉとぐらふ







[ 2019/05/03 19:46 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(4)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

16位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ