FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

屈辱の縄 

 今年「奇想の系譜展」と題する、江戸美術の絵画展をとても興味深く観ました。

 この流れでぜひとも、春川ナミオについて語りたいところなのですが、その前に、明治時代から大正、昭和にかけて活躍した伊藤晴雨を経て、昭和における後継者として突出した存在感を示した須磨利之という絵師について触れてみたいと思います。

 またの名を喜多玲子。このブログでも何度か紹介していますが、1970年代のSM雑誌で美濃村晃というペンネームでも知られる「奇想の人」です。

 かつて「奇譚クラブ」の編集者として腕を振るい、挿絵やカットを描き、緊縛師としてはモデルを縛り写真も撮影するという才気煥発になクリエイター。そして、もしかしたらこの人は詩も書いていたのだろうか?と思われる痕跡を古いSM雑誌から「再発見」しました。



 花は おしつぶされて 屈辱が身をせめる

 涙が乳房を伝うと けだものが それをみて嗤う(笑う) 
 
 からだのひだに 喰いこんでくる縄は 

 泣き声を誘って

 ああ、花が濡れ 屈辱が身をせめる

 
(1971年 SMセレクト 8月号)

SMセレクト

      
 なんというのか、刺激に満ちたSM雑誌のキャプションにしては、素朴な味わいがあります。

 ここでは、「屈辱」という言葉が、僕の心に刺さりました。

pic17.jpg

 鑑賞者は、詩や絵の対象が感じている屈辱に共感することで悶える。

 羞恥と似ているようで、少し趣が異なります。

 須磨が描く女性緊縛絵図では、羞恥よりも屈辱にスポットライトが当たり、女性はおそらくマゾではない。気位の高い貴婦人が、責めの結果として将来的にマゾとして堕ちる可能性はあるにせよ、強い意思と誇りで責めに抵抗しようとする姿に、鑑賞者は心打たれる。

reiko17.jpg

 本来なら、サディスティックな女王様として、男を屈服させるべき資質を持つ女性が、不本意ながら責められるところに官能的な美を見いだし、S男性もM男にも、いやSMとは無縁なノーマルな鑑賞者にも普遍的な感動を与えることに成功しているようです。

 これと対照的なのが椋陽児の筆致で、彼の責め絵においては、無垢な少女はもう抵抗を諦め、屈辱を受け入れて羞恥の表情を浮かべています。

椋陽児 「羞恥晒し」

 それがやはりS男性にもM男にも受けた。

 須磨は、本人にMっ気があったかどうかはともかく、SM雑誌の編集者として、男性マゾヒズムにも深い理解を示しており、S男性向けが主流だった当時のメディアにおいて、M男向けを意識した企画やコンテンツが目を引きます。

Kita-Reiko_Omoshi-Zeme.jpg

 SM自体にまだ市民権がなく、致命的にマイノリティだった男性マゾヒストに寄り添う姿勢は、当時としては異端の、その意味で「奇想の絵師」と呼べるのではないでしょうか。





SumaNureki.jpg
「裏窓」編集部時代の須磨利之(左)と右は濡木痴夢男




■ 万華鏡〜抒情と緊縛
竹久夢二と伊藤晴雨


■ 伊藤晴雨  責め絵(女性緊縛絵画)のパイオニア!
伊藤晴雨フォト


■ SMのクオリア



■ 椋陽児  女性緊縛イラストの巨匠!


■ 女は縛ると美しくなる
 責め絵の巨匠・伊藤晴雨


■ 緊縛の文化史・日本人の知らない日本美
緊縛の文化史 表紙


■ マスター "K"の素顔に触れて
マスター



■ 緊縛の芸
女性緊縛_1



■ 縛師 Bakushi



■ 男性緊縛美
樹里ふぉとぐらふ







[ 2019/05/03 19:46 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(4)

チチの日 

哀願少年

 父と子と聖霊は三位一体。

 現代のフェティシズム的に置き換えると、乳と胸と乳首は一体である。

 つまり、こじつけがましいけれども、バスト崇拝信仰です。

 ということで本日は「牛乳(ちち)の日」なのですね。


 わかりにくく言うと、おっぱいの日でもありますよね〜  (。。)☆\バキ

 全国のマゾのお父さんは、いかがお過ごしでしょうか。

 別にこれまで内緒にしていたわけではありませんが、僕はチチが大好きなのです(>_<)

淫微なご奉仕

 僕が「うぶ」だった(今もだが)少年時代(1970年代〜)のSM雑誌には、どういうワケだか「女王様のおっぱいをM男奴隷が舐めるの図」グラビアが数多くありました。 平成も終わろうとしている現代ではほとんど見かけないビジュアルです。

 SMクラブやM性感などでも、いわゆる用事プレイなどは例外として(よく知らんが)これはセクハラでしょう。

 別にそれにいちゃもんをつける気はありません。

 ただ、まだオナニーを知らなかった少年の僕としては、

「どうせ舐めるんだったら、胸でなくてお尻のほうがいいんだけどなぁ」と思っていた。

 この時点で、マゾヒズムのフォースが覚醒していたのかもしれない。

舐め舐めM男(カラー)

 健全な男の子であれば、ボイン(←もしかして死語?)を舐めたいと思うところが、僕はお尻のほうに惹かれていた。

 言い訳じゃなく、誤解を恐れずに言うと、ボインをないがしろにしていたわけではありません。

 さらにつけ加えるなら、大きいかどうかも、たいして問題ではない。

 もちろん、大きいことはいいことだが... 胸もお尻もネ。


 憧れの女性のものであれば、その属性としての身体の一部分にフェチは感じており、その順番がお尻の次だったというだけのことです。

 ですから、きちんと心の中では、胸にもリスペクトを持って興味を抱いていました(たぶん)

恍惚の雨

 だけどねえ、すでに大人になっちまったM男のてまえ、シリが好きとは言えても、ムネが好きとは言えませぬ(>_<)

 だから、年に一度の乳の日にけ、声を大にして言ってみたいのです!

NaMeNaMeMan_TB.jpg


 本当は、女王様のボインや乳首を舐めてみたい!(>_<)のですが、何か問題ありましたでしょうか?


 * 補記:子どもを意味する「ようじ」や「じどう」という用語がFC2ブログ内で使用できません


AnaruButa_4B_201806170824522af.jpg
昔のSM雑誌では、女王様は顔を隠しても、胸は隠さないお約束でした。



薔薇をお舐め




■ 春川ナミオのおっぱいグリグリ絵
春川ナミオのおっぱいグリグリ絵図



父の日



[ 2018/06/17 08:46 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(2)

女王様の風雲児・原田京子嬢 

原田京子

 「絶対に秘密ファイル」の中から、お正月っぽい画像を探していたら、こんなの見つけました!

 このM女モデルさん、なんと往年の「SMセレクト」で「拝啓クインローズ様」シリーズ八代目を演じていた原田京子さんらしいのです。

 クインローズ8代目

 彼女はもともとビニ本やごく普通のヌードグラビアで活躍されていたらしく、詳しい経緯はわかりかねますが、SMメディアでも引っ張りだこ。

 まだ保守的で因習的偏見も濃厚な時代、ノーマルで健全(?)なポルノグラフィーから、M女だけでなく当時は異端視されていた女王様役もこなすなんて、コンプライアンス違反のような気もします。

 胸は出しても、顔出しはしない

 これが初期設定だったSM雑誌の時代において、美しいお顔(とバスト)を拝める希有な存在でした。
 
 それは、生粋のS女とか女王様意識でなく、純粋なプロ意識から、この種の媒体で「お仕事」としての役割をまっとうに演じる、自立した女性だったのではないかと推察されるのです。

 それにしましても、昭和のSM雑誌はいつ見ても、何時の時代の号を見ても萌えるのはナゼ?

 独特のフォースというかオーラを感じますぞよ。

 平成も終わろうとしている今、トップレスの女王様を見ると違和感あるけど、当時はなかった。

 あの頃は、ヌード雑誌の延長上にSM雑誌があって、読者も編集者もさほど気にしてなかったかもしれない。

 マゾヒストにとっては別に胸が見えなくても構わないんだよね。(人によるけど)

 極論すれば、見えそうで見えないアソコであっても、ヌードとは異なる視点と価値観で見つめる。

 そこにイヤラシサやスケベ根性がないとは言わないまでも、けして蔑みの目では見ないし、おかずにさせて頂くにしても、親愛と敬意を抱きながら、それを行う。

 当時のメディア側が無頓着だった分、マニアの熱い視線が、グラビアを沸騰させていたように思えます。







 乳房は見せても、顔はみせない乙女心...




■ 女王様と御風呂に入りたい!  (。。)☆\バキ
CleanServe_cover.jpg
[ 2018/01/04 19:26 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(0)

女王様のポージング 

M雑誌_レディーズ_vol3
 1980年代後半あたりから、女王様とM男のSMプレイが単独のテーマで出版されるようになった。

 その昔、SMメディアの銀河の果て、桜桃書房がムック本形式でMIstyというシリーズも出していた。

 どことなく若い頃の原田知世に似ているベビー・フェイス。

 いわゆる「女王様タイプ」という顔ではないのかもしれない。

 カメラ目線が多く、このことからプレイ専門ではなく、撮影主体のモデルさんではないかと思われる舞女王様。もしかして実生活ではSMプレイの経験はないのかもしれないが、グラビアの出来不出来にそれはあまり関係はないのだろう。それなりの世界を創り出していると思う。



M雑誌_レディーズ_舞女王様_01

 今どきのスタイルと比較すると、ややパンチに欠けるかわいらさが、逆にそそる。

 
M雑誌_レディーズ_舞女王様_05

 マゾ小説にペニス責めは描かれても、カラーグラビアで露骨にそれが撮影されることはなかった時代。

 女王様もおそるおそる鞭でツンツンする程度で、ご愛嬌のある写真だ。

 もちろんこの当時は女王様による手コキなどは行われていない。

Ladies_Mai_p12.jpg

 ペニス自体を露出しにくい時代背景で、これはかなり頑張っていたほう。

 このグラビアではM男モデルに目線の黒塗りはない。

 ペニスを黒スミで修正するという苦し紛れに興奮した。

 M雑誌_レディーズ_舞女王様_08

 全体的にソフトでフェティッシュな構成で、70年代に見られた泥臭さがなく、洗練されている。

M雑誌_レディーズ_舞女王様_10

 「女王様のポーズ」(ポージング)という概念を考える時、カメラマンが「はい、こうして〜」と言えるようなものは、はたしてあるのだろうか?

 ベタなスタイルはあるにはあるのだろうが、それを見て感動(興奮・勃起)するかは別の問題だと思う。

 例えば言葉責めにおいて定型の「キメ台詞」は存在するが、それを言われて全てのマゾが逝けるかどうかは別問題であろう。

 僕などは、女王様から「あら、もうダメなの?」と言われて昇天したことがあるけれど、どうでもいいかそんなコト。

 
【Femdomメディア史】

奇譚クラブ  SMキング keel  

  Mエグゼクティヴ 



■ SMセレクトのマゾ写真



■ 奇譚クラブのマゾフォト

PU_Kitan_OLD_MazoPhoto.jpg



[ 2017/12/30 22:56 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(6)

女王様とお風呂に入りたい 

 毎日蒸し暑い日が続くと、女王様とお風呂に入りたくなりますよね (。。)☆\バキ

 そんなのありえないでしょ!という声も聞こえてきそうですが、昔のSM雑誌ではよくあったのです。

 というわけで、押し入れの隅っこから引っ張り出してきました。

CleanServe_cover.jpg

 このグラビアのタイトルは気が利いていると思う。

 女王様が奴隷の口を「洗浄」しています。 これでは逆なのでは?

 そうではなくて、これは次に奴隷が口で女王様を「洗浄奉仕」するために、汚れた口が清められているのです。

 SMクラブなどでは舌奉仕の前に奴隷の口をリステリンなどでうがいさせる女王様がいらっしゃいます。



Tongue_2b.jpg

しかし、この時代、実際には局部奉仕の場面は出てきません。


 この当時のグラビアでは、クンニや舌奉仕のシーンは、モザイク規制する以前に撮影すらされていませんでした。

 ギリギリのラインで読者のイマジネーションを膨らませるように工夫されていた時代。

 自分の妄想力であんなコト こんなコトをイメージするための、きっかけ場面であればいい。

Tongue_4.jpg

 マゾ男グラビアが稀少な時代に、これはかなり キタキタ キタ━(゚∀゚)━!のイメージ。



緊縛されて湯船につかるというのは恐怖心があおられるものです。

 Tongue_2a.jpg

しかし、女王様と一緒にお風呂に入れるんだから、もう死んでもいいよネ(>_<)






【昔のSM雑誌】



Mエグゼクティヴ    SMキング 

 奇譚クラブ keel  







[ 2012/07/19 00:00 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(0)

早乙女宏美の「エロスの鉄人」 

エロスの鉄人_PHOTO_01

 今からちょうど15年前、春川ナミオ氏はSM雑誌の取材に応じられたことがあります。

 僕の知る限りでは、春川さんご本人がメディアに登場したのはおそらくこれが初めてだったのではないでしょうか。

 この翌年(1998年)にも「お尻倶楽部」という、SMとはちょっと異なるテイストのマニア向け雑誌で、松沢呉一氏(スナイパーEVEなどで女王様のインタビューなどを手がけるライター&エディター)の記事にも登場しましたが、滅多なことでは顔を出さない寡黙な巨匠だっただけに、一時期話題となりました。

 とはいっても、顔は出さずに写真では後ろ姿だけでしたが、長年沈黙していた大御所の肉声には感銘を受けたのでした。

 この1990年代後半という時代は、すでにSMも社会的に認知されて久しく、ブームを越えて安定した爛熟期だったのだと思います。

 春川さんは北川プロ主催の女王様オーディションの審査員などもされたりしていました。

エロスの鉄人_PHOTO_02
リックすると拡大画像で記事本文がお読み頂けます


 独特の筆致は、それが「マゾ画」であることを差し引いても強烈な印象を残してくれます。

 オーソドックスな芸術的感動がそこにはある。

 鮮やかな色彩はないのだけれど、とことん描き込まれたディテールからは画家の魂が伝わってくる。

 鉛筆による素朴なモノトーンの味わいが、ある一つのメッセージを強調しているかのよう。


エロスの鉄人_PHOTO_03
 *写真は全て「S&Mスナイパー」1997年7月号より


 
 SMやこの分野に特に興味のない人でも、芸術表現としてこの職人芸に触れてみる価値はあります。

 S男性ですら様々な解釈を抱き、その「果実」を心の中に思い描く風景に投影するはず。




春川ナミオ バロック展






 


[ 2012/06/26 03:03 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ