FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

足を舐めるのは犯罪か? 

tumblr_nbmez7q0op1rm35woo1_1280.jpg

 最近、女性の足を不意打ちのように舐めて逮捕された人がいました。

 このようなニュースを耳にするたびに、胸が痛む(>_<)

 足フェチはマイノリティーではないと思いますが、社会的弱者ではあるのかもしれません。

 「女王様が足を舐めさせてくれない」

 こうした不満を抱く、中流層の変態性癖保持者の数は意外と多い。

 足フェチの多くは、やみくもに足を舐めたいだけです。

 つまり足を舐めることでしか幸福を感じられない、ある意味では不幸な人々(>_<)

tumblr_n1rru2PCPs1sel8ayo2_400.gif



 SMがグローバル化し、誰もが楽しめる時代になったかにみえて、実際はマゾと女王様の関係性は分断された。

 その結果多くのマゾが排斥され、伝統的な支配と服従という美徳が崩れつつある。

 見知らぬ女性に声をかけて「足を舐めさせて下さい」とお願いするのは、別に悪いことではない。

 もし断られたら(おそらく断られるけど)、潔く、身を引くのがマナー。

 イキナリ跪いて舐めるのは、無礼です。

tumblr_mw9yroDMMu1rcg3klo1_1280.jpg

 女性が嫌がっているのに無理やり舐めるのはよくないけれど、きちんと礼儀正しく、

 「私はどうしても貴女の足が舐めたいのです。お金を払いますから、よろしければ舐めさせて下さい」

 とお願いするのは、いいことです。

 このような常識的とも言える作法が今、見失われている。

 依頼するだけなら違法でもなんでもありません。
      (いや、違法性はないが不適切な行為かも)


オフィスで足舐め


 職場でこれをやるとハラスメントですが、ある意味でヘンタイの求愛宣言みたいなもの。

tumblr_mynlo2F1d01t62rsco1_500.gif

 女性の足を舐める権利がM男にはある(と思う)

 ただ、舐めさせる「義務」は女性にはないのかもしれない。

tumblr_nbylbmMwCn1rgs797o2_400.gif
足の匂いを嗅ぐ権利は誰にでもある

tumblr_nkucl5AWyI1rm35woo2_r1_400.gif
土踏まずを舐める権利については何とも言えない

tumblr_nbylbmMwCn1rgs797o3_400.gif


 SMクラブなどでは足&脚舐めは問題なく行われています。

 カウンセリングで「足(脚)フェチです」と言えば、ほぼ自動的に舐め奉仕が許される。

tumblr_nkukakvm7E1rm35woo1_1280.gif


 ただ、もし女王様がそれを嫌うのであれば、無理強いすることは出来ません。

 「アタシ、そ〜ゆーのやってないから」と、認めて頂けない女王様もたまにいらっしゃいますが、鞭でも緊縛でも、両者合意の上で、安全に行うのがSMプレイの基本的枠組みです。

tumblr_nbylbmMwCn1rgs797o5_400.gif


 昔、何も言わずに、口に足を突っ込んでくる女王様がいました。

 形の上では舌が足に触れているのですが、「行為」としてまだ舐めていません。

tumblr_nkckzcKpgO1rtumbjo1_1280.jpg

 「舐めてもいいのかナ?」とおそる恐る、舌先をかすかに動かしたとたんに、

 「誰が舐めていいって言ったの!」と蹴飛ばされる(>_<)

 これはコレで、ものすご〜く イイ〜んだよ!(>_<)


 この後、「舐めたかったら、きちんとお願いしなさい!」と言われる。

 あるいは勝手に舐めても、そのままお許しになり

「もっと舌を伸ばしてお舐め!」 とか言われる。

 そういう駆け引きや、スリリングな感覚がSMプレイの醍醐味でもあリます。

 SMは想定外で、どうなるかワカラナイのに、そのどうなるかワカラナイことをコトをやる。

 これをリアルの日常的場面でやる時、ある一線を越えることになりマスターべーション。

tumblr_mnami4Dne21rm35woo5_1280.jpg


 どうでもいいか、そんなコト。


tumblr_n3hyrwWtUT1s3rpero1_400.gif
SMバーなどでは、どうなんでしょう?






「足なめ男」を逮捕 女性の足を30分なめ続けた疑い

足舐めは犯罪か?


[ 2016/11/11 16:00 ] トピック | トラックバック(-) | CM(1)

犬のような扱い 

フィリピンのドゥテルテ大統領と安部首相

 先日来日していたフィリピンのドゥテルテ大統領が、「米国に犬のような扱い」を受けているとかナントカ言ってました。

米国に犬のような扱い_1

 そういう表現を使って安倍首相と会談していたらしき報道に触れて、ドゥテルテ氏はマゾヒスム的な心情を理解しているのかとも思った。
 

米国に犬のような扱い_2

 それほど不快感をあからさまに現しているようにも思えなかったから。

米国に犬のような扱い_3

 もし米国の大統領が女性だったら、犬のような扱いを受けてもかまわないと感じていたのかもしれない。

米国に犬のような扱い_4

 トランプ氏でなくて、彼の娘さんが大統領になるといいのに(>_<)

トランプ氏と娘


 M 男なら誰でもそうだが、


女性から犬のように扱われるなら、本望だよね?


米国に犬のような扱い_5

 いよいよ来週、アメリカ大統領選です。

 トランプ氏の追い上げがスゴいようですが、どっちが勝つんだろう?

 政策に関してはわからんし、別にどっちでもいいような気もするのですが、

 一応、女性崇拝大好きなマゾヒストとしては、女性大統領の誕生を何となく期待しているんだけど、何か間違ってますでしょうか?




 



■ 犬になって女王様と散歩したい
Dog_Slave.jpg


■ 室井亜砂二 女犬の世界にはM男的にも独特のエロティシズムを感じる



■ 自然に帰る時
自然に帰る時 







[ 2016/11/04 18:06 ] トピック | トラックバック(-) | CM(0)

山田詠美「賢者の愛」のテレビドラマ化 

賢者の愛

 早くも今週末にオン・エアーされるそうで、楽しみ... ん〜でもないかナ。

 8月20日(土) WOWOWプレミアム 夜10時スタート

 毎度のことながら、原作を読んでから、その映像化されたものを観る時、ガッカリした経験が何度もあるからか、そう簡単に期待は出来なさそう。

 若い頃観た映画「痴人の愛」で、文芸作品の映画版は観るもんじゃなナいと思いました。

痴人の愛チラシ


 先に映画で観た「春琴抄」には感動したのに...(>_<) 山口百恵に (。。)☆\バキ

春琴抄


 しかし今回の場合は、

  原作には、それほど思い入れがない

 だけに、逆向きの期待は持てるのかもしれない。


 山田詠美の文体には、デビュー当初からも感じていた独特のテンポがあり、ついていくのがややシンドイなと昔から思っていました。のんびり屋の僕は、いつだってどの現代小説にもノリ遅れていたように思う。

 女王様やS女性には、テキパキとしたスピード感がよく似合う。

 少しのろまなマゾが必死についていく構図が萌えるのです。

 僕は年のせいか、最近何だか動きも感覚もとろくなってきました(>_<)

 大正時代のまったりした雰囲気(そんなのよく知らないけど)が身体に馴染む気がする。

 それはともかく、人間関係、特に男女関係というのはリズム感も重要だと思う(これをもしかして「バイブス」とも言うのかも?)

ゆ@様ツイート


 リズムが合えば調和し、美しいハーモニーを奏でる。

 回りにいる全ての聴衆が、それを心地よいと感じるかどうかは別問題なのですが。

 このリズム関係は恋人同士だけでなく、家族や親子、同性愛やSMの主従関係にも当てはまる。

 谷崎潤一郎の「痴人の愛」は、近代日本文学の古典的な位置づけとして僕は十代後半で読みました。内容云々の前に、自分のリズムで心地よく読めた作品として青春の思い出に残っています。

 「賢者の愛」はスマホ世代の若い人たちにはマイペースで読めるんじゃないかと思う。

 しかし、エヴァンゲリオンにあまり馴染みのない僕が「シンゴジラ」を観てシラケるのと同じような(ちょっと違うか?)違和感を、「賢者の愛」には抱きました。 

 この小説は「痴人の愛」への意趣返しというアイデアが面白く、山田詠美は谷崎潤一郎に喧嘩を売るつもりで書いたとどこかで言ってました。それはわかるけど、谷崎の(「痴人の愛」の)愛読者にもいちゃもんつけているような、そういう野心も見える。そこを理解して読むと、「じゃ、受けて立とうじゃないか」と、楽しめる作品にはなります。

賢者の愛

 山田詠美は大正時代の耽美主義を使って、現代風の官能小説を書こうとしているのです。

 ただ、新感覚の官能小説としてはまともすぎて、僕のリズムと合わずスムーズに入っていけなかった。

 僕は稲垣足穂とか夢野久作みたいな、あるいは沼正三といった、頭はいいハズなのに、

 頭がどうかしているとしか思えない

 まともではない作家の文章が大好きなので(>_<)

 山田詠美はそういう意味で、まともな作家です。

 この作品は、昨年が谷崎の没後50年で、今年が生誕130年ということで、それに合わせて(あえてケンカを売るような言い方をすると)営業的に執筆しただけというような気もしました。テレビ番組化が早かったのはそういうタイミングもあるのでしょう。

 谷崎のフンドシはいて相撲をとるみたいな。谷崎は山田のパンティーをはきたい(イヤ頭にかぶりたい?)かもですが、いずれにしても冥途で喜んでいると思われます。


 優れた原作の漫画化や舞台化、映像化作品への思い入れに腰が引けてしまうのは、高齢化による頑固なコダワリのせいかもしれない。

 この種の類いで稀に感動することも時にはあるにはある。

 数年前に舞台で観た演劇「沼正三/家畜人ヤプー」 がそれ。

 これは厳密に原作の舞台化ではなかったけれど、ものすご〜くよかったので感想をブログに書いておきました。

 家畜人ヤプーについては最近、官能劇画作家の三条友美氏によるREBOOTが話題になっています。
家畜人ヤプー


 いわゆるマゾヒズム文学がこのように注目されてしまうことに、素直に喜べないというか、なんとはなしに恥ずかしいように思うのは僕だけなんだろうか。

 昨年の「歴史秘話ヒストリア」中で放映された「痴人の愛」もよかったんだけど、NHKがこれやるっちゅうところに赤面してしまう(>_<)

あなたはボクの女神様_1

 もう一つ、谷崎作品の映像化で成功している例が「富美子の足」

富美子の足バナー

 耽美主義的な世界を映像化するのは難しい。それは一人ひとりの心象風景で皆違うものだから。

 マゾヒズムはそのコンテンツの一つです。


 僕は最初、山田詠美は男性マゾヒズムのなんたるかをわかってない!と思っていました。

 しかし、それは彼女だけでなく、僕自身も含めてみんなわかっていないし、わかったような顔をして好き勝手なことを言ってるにすぎないのです。


 だからこれは僕だけの独特の感じ方かもしれないのだけれど、谷崎文学のマゾヒズムは純愛であって控えめで、

 山田詠美のように強欲で激しいタイプとは真逆

  な感じがする。

 さらに言うなら、谷崎が純粋女性崇拝賛美論者で、山田は不純男性蔑視路線で書く。

 「賢者の愛」はマゾヒズム文学とは言えないし、まっとうな小説だから仕方ないのですが、老いぼれたおじさんの脳内には、ドーパミンがもうそれほど分泌されない。

 プラトニック・ラブで、告白も出来ないような女性に対して、お馬さんごっこや顔面騎乗を望む精神構造は、病んでいるのか認知症なのか、わけがわからない。

 谷崎も山田も時空を越えてある一つのテーマを共有しているようには思いました。

 それは「愚かな賢者」、あるいは「賢い愚か者」を描こうとしているのだ...と。

 愛だ欲だとゆう場合、きれいごとは言ってられない。

 醜いものを美しく。

 谷崎はそれを男性のマゾヒズムに、山田は女性のS性に托して描いた。

 どうでもいいか、そんなコト。


 せっかくドラマ映像化されることを知らせてくれた親切な読者の方に、なんだか申し訳ないような記事になってしまいましたが、何か問題ありましたでしょうか... (>_<)





【関連エントリー】

■ ひざまずいて足をお舐め(日本のSM文学)

■ 痴人の愛


■ 家畜人ヤプー

■ 寺山修司と三島由紀夫

■ サタミシュウの主従関係

■ 稲垣足穂





[ 2016/08/16 18:56 ] トピック | トラックバック(-) | CM(5)

初の女性都知事誕生おめでとう! 

M雑誌_レディーズ_舞女王様_01

 女性が初めて東京都の知事になりました。

 都政が Female Domination(女性支配)になる。

M雑誌_レディーズ_舞女王様_05

 政策とか小難しい話は抜きにして、これはおめでたいことではないでしょうか?

 与党や野党の推薦なしで、その推薦候補と大差をつけての当選っていうのも、なんかチョー気持いい!

Ladies_Mai_p12.jpg

 マゾの多い自民党の政治家も、たまらん(>_<)気持だったりして。

 アメリカもこの勢いで女性初の大統領になってほしい。

 (とりあえずトランプ氏でなければ誰でもいいんだが...)


M雑誌_レディーズ_舞女王様_08

 戦に負けて生き恥を晒すくらいなら死ぬ。そういう価値観もあった時代が日本にありました。

 今であれば、死ぬくらいなら、生き恥を晒すほうを潔しとするのであろうか・・・


生き恥さらすマゾヒスト


 政治家にマゾヒストが多いという伝統(伝説?)は、わかるような気がする。

 公開羞恥プレイに耐えられる神経は、マゾヒズムと無関係ではないだろう。


 今度の新都知事さんには、何かやらかして集中砲火を受けないように祈ります(>_<)












[ 2016/08/01 14:45 ] トピック | トラックバック(-) | CM(2)

謝罪と感謝 

謝罪

 
 不意打ちで真珠湾攻撃をやらかして、こちらから戦争を始めたのに、負けて人がたくさん死んだから謝れというのはどうなのだろう。それだったら、今の首相が、まず真珠湾の犠牲者や遺族に謝るのが先ではないだろうか。

 そもそも、謝ったからといってすむという問題ではない。

 中国や韓国は、日本に謝罪しろと主張し続けていますが、謝っても彼らは許してくれない。

 戦争は、謝って許されるものではないのです。

 それはともかく、サミットが終わればすぐに帰ればよいのに、わざわざ広島にまで行き、核兵器廃絶のスピーチをするのは、そこに多少は「悪かった」という気持はあったはず。

 開発しそれを使った国が、その廃絶を誓うのは「間違ってました」と言うのに等しい。

 「謝罪ではない」とは言うけれど、誰がどうみてもここには、

 謝罪のメッセージが含まれている、

 と受けとめていいと思います。

 オバマ大統領は、恥ずかしがり屋さんだから、あからさまには謝らなかっただけ。

 被爆者やその遺族は別にしても、私たち日本人は、そして国際世論も、アメリカが謝罪したのだと、大人の流儀で(勝手に)解釈すればいいのではないでしょうか。

 日本は、中国や韓国のように声高に謝罪を求めることなく、上品に米国の謝罪を受け入れられたのだと思いたい。

 オバマ大統領には、この訪問を決意したことに敬意を表し、感謝したいです。

 戦争は国家の判断であり、一般庶民や遺族には、なすすべはなかった。

 しかし、国が悪くて、人は悪くないという論はないでしょう。

 心情的には、国や政治家に謝罪を求めたい気持は理解できます。

 謝ってもらったからそれでおしまい、というのではなく、私たち一人一人が、戦争やテロのない平和な世界の実現に目を向けるべきなのです。

 選挙に行くとか、あるいはSMクラブに逝くとか、いろいな方法がある。

 そもそも戦争をしたことが罪深い。それは日米両国に言える。

 日米の過ちでなく、人類の誤りであったと被爆者の代表者は言った。

 人間は、罪深い生き物なのです。

 戦争に善悪はない。生か死、つまり、「殺るか殺られるか」

 戦争は、非人道的な行い。

 SMプレイは、最初からマゾの謝意と女王様の慈愛に満ちた人間的な行いです。

 SMは世界を変える。

 オバマ大統領もSMクラブに逝って、謝罪の心意気を体験してみると、絶対に世界は平和になると思います。


  どうでもいいか、そんなコト。




【関連してるかどうか、よくわからんエントリー】


■ 戦後70年のマゾヒスム

■ 戦争と平和とSMと

■ 戦争と平和

■ 終戦記念日

■ 終戦記念日・・・ねぇ

■ 往きて還らず







[ 2016/05/27 19:33 ] トピック | トラックバック(-) | CM(4)

六反りょうサイン会 

六反りょうサイン会

 これが「亭主元気でマゾがいい!」読者層なのか・・・

 サイン会が始まる10分ぐらい前、発売されたばかりの単行本を持つ人が30人ぐらい並んでいました。みんな若い。ほとんどが20代から30代の女性に見える。それに交じってオタク系の男子も少しいるが、それにしてもやはり30代前半といった感じ。

 50過ぎたオヤジは僕だけ(>_<)

 今の若い人たちは、SMに興味を持っていることに、それほど羞恥心を抱いていないようです。

 女性ならば、「興味がある=S女」ということで、別に恥でもない。この場合M女さんでもオッケーでしょう。

 しかし、男の場合は、このコミックに関してはマゾであることをカミングアウトすることになる。

 こうした行列に並ぶことすら恥ずかしいと感じる僕は、世代感覚格差に愕然としてしまった。

 この年齢になると、そもそもマンガ自体をあまり読まなくなりますね。

 サイン会に来ないだけで、人知れずこの本を購入している高齢者マゾはいるのだろうか?

 基本的にこの作品の主な読者ターゲットは若い女性です。

 真剣に読むのは、マゾと結婚して楽チンしたい未婚の初心者S女性ばかり  (。。)☆\バキ

 僕のようなオヤジ読者は、想定外であろう。

 それでも、僕はこのコミックが好きだ。純粋にストーリがまともに面白い。

 六反りょうは、別にネタがSMでなくてもいい作品が描ける作家です。

 絵もストーリーも、昔ながらの、悪く言えば 古くさい趣 を感じさせる。

 言い方が適切でないかもしれないけど、絵柄や作品の筆致には、手塚治虫や赤塚不二夫といった古き良き時代の、ときわ荘時代の懐かしさが感じられる。

 都会的な若いセンスで、SMをほのぼのと描く作風が、かえって新鮮に映る。

 全然関係ないけれど、六反りょうの顔を近くで見た時、「キューティー・ハニー」のイメージが思い浮かんだ。

キューティー・ハニー   (*)永井豪はときわ荘とは縁がない


 彼女には、失礼ながら、女王様っぽいオーラは全然なかった。
 
 SMクラブでドM客を相手に修羅場を踏んでないからか、どちらかというとアイドルやアニメのようなゆるいキャラクターで、ごく普通の女の子に見えました。

 まぁ、かわいいから、いいか(>_<)


亭主元気でマゾがいい_表紙

 
■ マゾは己の欲望を満たすためにSMプレイをする
亭主元気でマゾがいい




Rokutan_Tweet_2016_5_7.jpg


 
 
 
[ 2016/05/05 18:26 ] トピック | トラックバック(-) | CM(11)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ