fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

劣等感のマゾヒズム 

Sardaxのチン踏み絵画

 これはすでにあちこちで書いているし、しゃべってもいるので、今さら申し上げるのも二倍恥ずかしい。

 僕には、自分のペニスに抱く深刻な劣等感があったために、このダメチンポに罰を与えなければならないという、ある意味ではまっとうな思想が、子どもの頃からありました。

 それが僕のマゾヒズムの核をなす命題となり、Pを女王様の足(脚)で踏まれることを願うという、屈折した願望に繋がっています。

 今僕がこうして書いている内容をご理解頂けるとは期待してはおりませんが、少なくとも、ご立派なイチモツをお持ちのご仁には、読んで頂きたくないのかもしれません。

 このような屈折した気持ちや考えを、それなりに整理整頓して言葉にして話すにしても、文章に綴って表現するにしても、正確に他者へ伝わるとは、僕には信じることが出来ない。

 それなのに敢えて書くのは、僕と同じような苦悩を知る同士の目に触れ、何らかの共感が得られることを密かに願っているとは、言えるのかもしれません。

 単純には解説不可能なCBT妄想を、僕なりに寡黙に述べてみたいのです。

 CBT、つまり「チン踏み」には、自分としては「苦痛と快楽」という、SMにありがちな文脈にはなく、踏まれて勃起して射精するという物語も存在しません。

チン踏みの刑

 結果として、時たまそうなることもあるというのを、僕はSMクラブで初めて経験しました。

 この倒錯をカミングアウトするのは心理的に困難であったし、告白したところでわかってもらえるとも思えず、無意味だと感じていました。よしんば意味があったとして、それは自分でも意味不明であり、ヘタすると狂気と解釈される懸念もありました。異常・アブノーマルであるのは当然として、もっとネガティブな危険思想と見なされるのも嫌だったのです。

 緊縛や鞭打ちなどのように、「健全なSM」とは、カテゴリーが別だろうと思っていました。

 *ちなみに近年、「顔面騎乗」も、比較的まっとうなSM(男性マゾヒズム)の一つであるという解釈が可能であるようです)

 北川プロでお世話になった強者Mパイセンには、ペニスにお灸をすえるというプレイを好まれる紳士もいらっしゃいましたが、僕はそこまでの過激な刺激には耐えられないし、このパイセンには言えませんでしたが、ちょっと引いてしまいました。

 僕の場合、チンフミといってもせいぜい、足で軽く踏まれる程度で、いわゆる「足コキ」を希望するほどの大胆な気持ちもありませんでした。

もっと強く踏んで欲しいの?

 踏まれる前に、そういうシチュエーションに追い込まれた段階で逝ってしまうぐらいの早漏でもあったので、女王様には呆れ顔を何度もされていました。

 そもそも、日本の伝統的なSMでは、いわゆる「チン踏み」(または足コキ)のようなシチュはかつてありませんでした。発想というか、そのような思想すらなかった。

チン踏みプレイ

 それに比べると、欧米のBDSMシーンにおいては、よく見かける光景だったようで、インターネットで海外のビジュアルを目撃するようにもなり、自分のペニスがやはりまともではないことを実感させられました。

チン踏みフォト

 女王様にとっても、踏み甲斐のある立派なそれでなければ、マゾとしては不完全なのだという、最悪で最低のコンプレックスに苛まれたものです。

チン踏みの刑

 海外ビジュアルでは欧米のマゾ男性のそういう立派なペニスを見ることができました。

 こういうまっとうなペニスというか、本来の正しいカタチのペニスの姿も初めて目撃した。

 踏まれてもヘコタレナイ「正しいペニス」の逞しさは、僕にはない。

ジムさんのチン踏みプレイ

 僕の劣等感は確実に増幅されていく中で、唯一 TallGoddess Com の JIMパイセンのソレが、(こう言っては失礼ですが)海外サイトの中では、僕のといい勝負の「ふにゃふにゃちんぽ」だったのには救われた。

 こういう貧弱なイチモツでも、Goddess に相手にして頂ける希望の灯りを見たような気がしました。

 しかし、役立たずな僕のダメちんぽは、女王様の慰みものにもなれずに、お許しもなしに勃起することもなく、また、お許しを得てから晴れて逝くというショータイムをご披露することもなく、虚しく先走り汁が滴るばかり・・・(>_<)

 嘗てある女王様からは、次のように言われたことが思い出されます。

 あら?ろくに我慢もしていないクセに、我慢汁が垂れているのね

 そう言って、僕の哀れなそれを、手持ち無沙汰に脚で弄ぶ女王様。

 FemDom の世界では、女王様が奴隷のペニスを踏んだり蹴ったりというシチュは、わりと見かけるのですが、僕のように小さくて仮性ホーケーで、柔らかくて役に勃たたないモノは、あまり絵になりません。

マゾヒズムのエンブレム_EM

 若い時はそれでけっこう落ち込んだものですが、この哀れさが実に自然と似合う老マゾの年齢になってくると、それなりに味わい深いものがあるものだという境地にも至ったような気がします。

 Sardax の FemDom アートでは、CBT系列の作品が顕著に見られます。描かれているペニスも立派な輪郭で芸術的。貧相な包茎野郎はクライアントにはいないのでしょう。

 Sardax 氏のもとへは、世界中から様々でユニークなマゾからの依頼が殺到しているはずですから、いつかは、小さくて貧弱なペニスが虐められるという、僕にとっての「リアル」な美術の登場を密かに願っております。



■ Sardax


■ 息を合わせてコラボレーション
Nail_varnish

■ Giko (FemDom Art 画家)
newchair.jpg







[ 2023/04/22 16:16 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(11)

咀嚼プレイ 

 クリスマスの夜、ブラッと立ち寄ったSMバーで女王様に「ご専門は何ですか?」(=好きなプレイは?)と訊いてみたら、

 「そしゃくプレイです」  

 という答が返ってきた。

 租借? 咀嚼かな?

 今、香港のデモが熱いけど、占領統治されたシチュエーションで、被支配民族が英国式に鞭打ちされるという歴史的なプレイなのだろうか?と想像した。

Nanshark

 普段この言葉は、僕のボキャブラリーにはない。

 「物事や文章の意味を考えつつ味わう」という意味は知っているけれど、それもあまり経験がない。ボードレールや寺山修司の作品などで、そういう味わいに出会えるならば、幸福なことだと思う。

 SM的には女王様が口に含んでぐちゃぐちゃに噛まれた食べ物を、奴隷(M男)が味わうプレイらしい(たぶん)。

 それも知識としてなんとなく知っていたけど、僕はやったことがなかった。

 それはともかくとして、なんと十年以上も前に、宮崎駿の「もののけ姫」で、咀嚼プレイがフィーチャーされていたことを指摘する記事を、僕自身が書いていた。

 

 咀嚼プレイの何たるかも知らずに、これはこれで、羨ましいものだと思いながら見ていた。

  ( ↑ フツーですよね?)

 もうすっかり忘れていただや(>_<)

 不思議と、そういう妄想もしてこなかった。

 あまり、SMとのつながりを感じていなかったのだと思う。

 昔、セッション中に女王様が「喉がかわいたでしょう?」とか言って、口に含んだウーロン茶を口から垂らして飲ませてくれたことがあったけど、あれに近いものがあるかも。噛んでないけど。

 黄金や聖水プレイは出来なくても、これなら逝ける! と思った。

           ( ↑ フツーですよね?)

 食材は何がいいんだろう?

 肉とか野菜でなく、お菓子類がいいんじゃないかな。

 あるいは果物とか。

 そのSMバーでは、オプション料金(千円)を払うと、5分のプチセッションが可能らしく、カウンターに座っていたあるお客さんが、その女王様の口から何かを恭しく頂いている光景をチラ見することが出来た。

  それはそれで、羨ましいものだと思いながら見ていたのは確かだ。

     ( ↑ フツーですよね?)


咀嚼プレイ

 不思議なプレイだ。

 女王様はサディスティックな気分を、マゾの方は被虐感を味わうプレイ。

 しかし、マゾは孤独のグルメなのだ。

孤独のグルメ

 まぁ、全てのSMプレイは不思議な世界とも言えるんだが・・・

 ...、顔面騎乗もお願いできるのだろうか? 

 だけど、千円で顔面騎乗は安すぎるような気がする(別にいいんだけど)

 安いことに抵抗感はなくても、「顔面騎乗オナシャス」とは、恥ずかしくて言えない(>_<)

 絶対に秘密ですが、僕は恥ずかしがり屋さんなので....(>_<)




 どうでもいいか、そんなコト





[ 2019/12/27 12:36 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(6)

お気持ちだけ頂いておきます 

奴隷の視点
 
 女王様からSMプレイ中に、僕の苦手なことをされそうになった時に出る台詞です。

 ある女王様が、NG項目であったはずの針を、威嚇的に小道具として取り出してきたことがありました。

 若い時の僕ならば、すぐセーフ・ワードを叫んでいたかもしれない。

 しかし、最近は歳のせいか、

 もうこれで、死んでもいいか... (←そんな大袈裟なもんかい)

 てなぐらいに思っているので、相手が本気かどうか、その危険予測も含めて、ある程度は冷静に対処できるようにはなった。

 「どお〜? コレ使ってお仕置きしましょうか?」と女王様が微笑みながらおっしゃる。

 もちろん、その時の彼女は、茶目っ気たっぷりで、僕の反応を楽しむつもりですが、

 僕が「いえ、お気持ちだけ頂いておきます」と冷静に言うので、シラケてしまったようです。

 ウソでもいいから、怯えながら

 「ひ、ヒエ〜ッ お、お許し下さい、女王様~(>_<)」

  でな感じで、泣きわめくのがこの場合のエチケットだったのかもしれない。

 あるいは、ベテランのミストレスであれば、こちらに本気と思い込ませて、ギリギリのとこで僕にギブアップさせるすべを心得ていたかもしれません。

 プロ・アマ問わず、女王様もあの手この手でいろいろやってくれますが、そのお気持ちだけでもありがたいコトだと思います。

 最近の若い女王様はこのような言葉使いを知らないのか、ウケル時もありますけど、僕としては、せっかくのご好意を無にしてしまうのが申し訳なく、かなり真剣な気持ちで言っています。

 でも、本当は、そんな気持ちすらいらないっていう時もある。

 そういう時こそ、冷静に、謙虚にこの言葉が使えるかどうかで、マゾの品格が決まるような気がします。

Book-Cover_J-Yamato.jpg


 最近は耳にする機会が少なくなりましたが、いわゆる「大和言葉(やまとことば)」というのが昔から日本にあります。

 SMのセッション中には、使われにくいボキャブラリーかもしれない。

 想定外の事態やリスク回避のため、直接的でわかりやすい表現を心がけるべきだからです。

 「責め側」と「受け側」の感じ方の違い、「たいしたことないだろう」の基準、レベルは全く異なります。

 イヤなことはきちんと、きっぱり「イヤ」と、あるいは、あらかじめ決めておいたセーフワードを使って、ストレートに主張してもいい。

 ところが、この微妙なやりとりこそが、BDSMのパワーゲームにおける神秘的で発展性のある醍醐味なのも事実です。

 駆け引きを楽しむのは難易度が高く、やはり、相手に「NO」と言わざるを得ない時には、

 「お気持ちだけ、頂いておきます」というあいまいな表現は、

 「ダメです」や、「それはNGなので・・・」などと主張するよりかは、

 ネガティブな気持ちを静かに伝えながらも、心を添えるひと言だと思うのです。

 僕は聖水(拝受の危機)を、このフレーズで何度も切り抜けてきました。

 かつて、こんなことがありました。

 ある女王様がプレイ中に、突然素になって「ところで、どうして聖水がダメなの?」と尋ねてきた。

 ちょっと答えに困っていると「衛生的な理由かしら?」などとたたみかけてくる。

(女王様のご聖水を不潔とは思っていないし、飲めない理由は正直僕にもよくわかりません)

 「私ね、今ちょっとお手洗いに行きたいの... ま、今こここですぐに飲みなさいとは言わないけど、いつか飲ませてあげるから覚悟しておきなさい!」

 と言われた時は、えらいコーフンしました。

 あ~、ついにその時がくるのかぁ...と、

こまめに聖水補給


 このように微妙な時、タイミングと気分、状況によってはOKかも?というような場合は、本当に悩ましい。

 聖水も黄金も、老後の楽しみにとっておこうかと漠然と思っていました。

 ここで「頂きます!」とか、「ぜひ飲ませて下さい!」などと言うのもいいけれど、なぁ〜んだかね〜(>_<)

 情趣がないような・・・

 自分の気持ちも、ここまで来ると、はたしてよくわからない。

 女王様のことが心から好きなら飲めるはず、というのは妄想で、実際はどうなのか?

 強制的に飲まされるなら、受け入れる心の準備は出来ているのかもしれないが、勇気がない....

 こういう時に使える便利な言葉が、

 「お、おたわむれを・・・」 です。

 これだと、Yes なのか No なのか、自分も相手もよくわからない〜♪

 出たとこの勝負の、成り行きまかせとなるでしょうね。
 
 サスペンションというか、宙ぶらりんとでも言おうか・・・

 全てを受け入れられる覚悟があっても、出来ることと出来ないことがあるのは当たり前。

 それをいかにして適確に、効果的に伝えればよいのでしょう。

はいはい、土下座でしょ


 コミュニケーションを円滑に進めるために、あからさまにはあえて表現しないのは、ある種日本的な価値観であり、海外からは批判されがちですが、今でも有効な場合は多い。

 大和言葉とは、語彙やイディオムとしてだけでなく、表現の曖昧性、意識の不確実でメンタルな要素も含まれているように感じます。

 もちろん、曖昧なままで放置すると、深刻な問題にもなりえるのですが・・・

 まあ、どんな結末になろうとも、最後には、


 楽しゅうございました、ありがとうございます、女王様

 と、感謝の気持ちを伝えて、結びとしたいものです。





 SMプレイ中に使えそうな大和言葉


 女王様から褒められた時          嬉しゅうございます

 女王様から叱られた時           不行き届きな点、誠に申し訳ございません

 ちょっと時間に余裕が欲しい時に      しばし、お待ちを




 「黄金でもやってみる?」と言われたら    めっそうもございません


 










[ 2018/05/01 21:16 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(6)

おしりかじり虫 

おしりかじり虫

 ちょっと古いネタで恐縮ですが、下書きだけして何年も忘れていました。

You Tube で 『うるまでるび「おしりかじり虫」新作アニメ毎週配信中』を見る



 かつて顔面騎乗された時、苦しくて女王様の臀部に思わず歯が当たってしまったことはありましたけれど、

 かじったことはありません!

 不可抗力です(>_<)

 「女王様のお尻をかじってみたい〜!」と思ったこともない。

  舐めてみたい(>_<)と思ったことは、あります(たぶん)

           ↑ 絶対だろうが〜 (。。)☆\バキ

 しかし、そんなことを言おうものなら、女王様を舐めんなよ!と叱られちゃいますよね。

舐めんなよ


 この歌聞いて、アニメも見ていると、そうだったのか! 

 かじるのはいいんだぁ〜(>_<)と、嬉しくなっちゃいますが、

 どこか間違ってますでしょうか?



 これを機会に、SMクラブでも「お尻かじりプレイ」をオプションでもいいからメニューに入れて頂きたい。


 それにしましても、子ども向けのアニメとはいえ、コレって許されるんでしょうか?

 妙に興奮させられるのは、僕だけ?

 かじるどさくさにまぎれて、舐めるのも可能です。危険です(>_<) ←ナニがだろう?

 

 お尻かぶりつき(>_<)
 女子高生&マゾ教師
こりゃあセクハラどころの騒ぎでないヨ





■ 違法性はないが、不適切な顔面騎乗
不適切な顔面騎乗_05

■ メタ・メッセージ
顔面騎乗が好き!


■ 顔面騎乗の起源と歴史

■ 顔面騎乗の社会的評価

■ 顔面騎乗に市民権を与えた男

■ よくわかる顔面騎


■ 現代思想としての顔面騎乗 レヴィ・ストロースも好きだったかもしれない顔面騎乗

■ 顔面騎乗の形而上学  普遍的な文化芸術としての顔面騎乗

■ 顔面騎乗の宇宙 人類に残された最後の謎、顔面騎乗ワールド


■ ファッションで見る顔面騎乗

■ 顔面騎乗の美学
 
顔面騎乗はとてもストイックな美学の羞恥で、必ずしも性的快楽を目指すものではないのです。

■ 初心者S女のための顔面騎乗教室

■ 彼女に顔面騎乗をしてもらう9つの方法

■ エリック・スタイルの顔面騎乗

エリックの顔騎_B


■ 顔面騎乗に適したお尻とは?


*参考画像:形として顔面騎乗に適したお尻



■ 高貴な顔面騎乗

高貴な顔面騎乗


■ 幸福な顔面騎乗

■ 本当はツライ顔面騎乗 ま、そりゃそうだわな(^^;;;)


*参考画像:神様に感謝する顔面騎乗



■ 人間椅子




【大好評「試験に出る!シリーズ」】

■ 試験に出る春川ナミオ

■ 試験に出る顔面騎乗

■ 試験に出るSM


■ 文豪座談会

明治の文豪も愛した顔面騎乗


■ 別の日の会話
No_15
 北川プロのCEO、北川繚子さんが語る顔面騎乗論。舌奉仕は顔面騎乗において是か非か?











[ 2018/04/20 15:00 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(0)

いい感じの「M夫ブログ」発見! 

夫婦でSM

 絶対に秘密ですが、最近見つけました面白いブログを、ここだけの話、ご紹介します。

 今となっては、もう珍しくもナントモなくなってしまった「よくあるM男ブログ」のようでいて、これがなかなかユニーク。

 漫画付きなのです。

 M男のエッセイ・コミックというジャンル?では「エムさん」を以前ご紹介しましたが、夫婦でSMという、やや健全というか認可外と言うべきか、「亭主元気でマゾがいい」とは逆バージョンみたいな漫画です(たぶん)


夫婦でSM_コミック_301
   ワシはSMにハマった後でもず〜と見てたんだけど、なんか問題ありますでしょうか?


 ていうか、この人、プロの漫画家になれます。

 ていうか、すでにプロかも?

 覆面作家としてどこかで活動されているやもしれないので、迂闊にリンク貼れませんが、

 ご本人には無断で 勝手にシェアしてしまいます!

  夫婦でSM 〜マリア様と菊千代〜


 何か問題ありましたでしょうか?  あったら言って下さい〜(>_<)

 「エムさん」よりホッコリした感じの線で、キャラはなんとなく、mugiさんっぽい。

KikuMari_comic_101.jpg
 作家の似顔絵を全頭マスクで表現する手法は定番? 

 筆者の人間性のことではなく、コミックとしての絵柄のお話です。
(僕だけの感じ方かもしれません)

 このタイプの線というかキャラが僕は大好きなのです。

 漫画だけでなくコラム風に記事化してあり、その合わせワザで、伝えきれない微妙なところがわかるようなシステムになっております。

 コミック作品として完成させればよいのに、

 そこまで頑張らない 腰の引けぐあいが、 なんとも心地よい。

 文章表現が難しいところを、絵では頑張ろうとする。

 絵の上手な人でも、こういうキワドい、プライベートな、だけど強く自己主張してもみたいヘンテコリンな心の機微は、伝わりにくいと思います。

 エッセイ漫画として完結させるためには、文章力、構成の技術が必要になってくる。

 菊千代さんは絵も文章も高度なスキルと表現力をお持ちなのに、ハーフ&ハーフで完成度が抑えられており、マニアックなこだわりさんから、あまり深く考えない初心者さんまで安心して読めます。

 そのものズバリを過激に書かない、描かない。

夫婦でSM_コミック105

 アナルの話など(あまり興味のない人にとっては)、文章だけではインパクトないような気がする。

 絵と文。

 こういうのを、何気なくやれちゃう人が羨ましいです。

 このタイプの才能を持つ人に、ジョン・ウイリー須磨利之という人がいました。

 それから、ブルーノ・シュルツというマゾヒズム絵画の元祖みたいな人がいましたが、彼も、文芸作品と絵を両立させて自分のマゾヒズムを赤裸裸に表現していました。

 あるいは、「詩画」風のブログというのでしょうか、スタイルとしても新しい。

 まだ始まったばかりで、更新もユルいですが、今後とも期待しております。

 目指せ幕張、コミティア出展?!

 皆さんも応援してあげて下さ〜い!


素人S女性様も頑張ってます!

女王様漢字ドリル




【この記事を見た読者はこちらも見ています】


■ 伝説の Femdomアーティスト・Kaku氏
Kakuさんのイラスト作品
 Kakuさんは、イラスト&写真、そして最近はアクション・フィギュアの制作アーティストです。


■ SMプレイ前は、全裸か着衣か?
「エムさん」じゃあ、服脱いで
 

■ マゾは己の欲望を満たすためにSMプレイをする
亭主元気でマゾがいい


 ユリイカのゆみこさんも、実はFemdomアーティストなのだ!!
ユリイカゆみりん



[ 2018/04/01 18:06 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(2)

マゾは性的マイノリティなのか? 

マゾはマイノリティなのか?
 
 LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の中には今のところ、マゾヒストは含まれていませんが、レズやゲイの人々の嗜好の中には、マゾヒズム的要素が含まれている場合もあります。

 マゾヒストやM男が、マゾヒズムを主張してデモ行進することはまずありえないでしょう。

マゾはマイノリティなのか?-2

 なのでマゾはもっと間口の狭い、超「少数派」だと思われてきたような印象があります。

 しかし僕はマゾがマイノリティと言えるのかどうかに、疑問を感じています。

 大前提として、人間は誰でもサディズムとマゾヒズムの両面を併せ持っている。

 Sが表面化しやすく、Mが埋没しやすいという属性が、マゾヒズムを見えにくくしてきた。

 むしろマゾは、

 サイレント・マジョリティー

   (声をあげない多数派)ではないのだろうかと。
 
 出典が明らかではないものの、最近の研究では人間の50%は変態である可能性があると言われており、その性的倒錯の中で最も多かったのがマゾヒズムに関するものだったそう。

 僕のような恥ずかしがり屋さんの羞恥系マゾヒストは、意外に数多くいるのかもしれない。

 ここ数年の世の流れは、少数者の権利を見直す動きが活性化していて、LGBTや性的マイノリティという言葉もよく耳にするようになりました。

 それにも関わらず、マゾの人権が回復されないのは、実は多数派だからなのかもしれません。

 もしそうだとしても、やっぱり「恥ずかしがり屋さん」というのは、少数派ではないかと思われるのです。

 アブノーマル性癖を隠して、コソコソと変態プレイを密室でやっていた昭和の時代を懐かしく思い出す。

マゾはマイノリティなのか?-2
顔面騎乗もパブリックでやれちゃう時代?


 公然と誇らしげに自らの恥ずかしい姿をBlogやTwitterで晒す平成の現代社会には、何となく違和感を覚えるのは僕だけでしょうか。


マゾはマイノリティなのか?-3
このぐらいならやれそうかも?




これは無理だから(>_<)
マゾはマイノリティなのか?-4
先っぽから我慢汁が出ています・・・



 ガマンしてもいないのに、ガマン汁と言うがごとし





[ 2016/07/30 16:48 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(4)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

5位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング