fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

女王様のお言葉 

ラシオラ真珠女王様

 20年ぐらい前の、2003年の「スナイパー EVE」に掲載されていたラ・シオラの広告です。

 在籍ドミナが並び、それぞれ一家言みたいなコピーで構成されていました。

 それを読んで、指名するかどうかを判断されるわけで、皆さん真剣に書いておられるし、読む方も真面目に読む。

 ラ・シオラの広告は、いつもシンプルに洗練されていて、新規顧客獲得に向けたキャッチコピーをあえて押し出すことをそれまであまりしていませんでした。

 ところが、今回のコレは、各々のドミナのメッセージが掲載されており、印象に残っています。

SHINJU
 私はこれしか出来ないけど、
 この中であなたは何がいいの? 
 というセッションはしなくない。
 M男性に突進していくドミナでありたい。
 常に責めていたい。
 

 僕は真珠さんとはご縁がありませんけれども、本命の女王様の指名が獲得できなかった時に「押さえ」でキープしておこうかな、というぐらいなレベルの気持ちで毎回目を留めてはいた。

 安全パイではないですが、おそらく無難なタイプだと思っていました。

 しかし、この広告を読んで、「ちょっと待てよ?」 とも思いました。

 当時の僕は「僕はこれしかできませんので、この範囲内でお願いします」というスタンス。

 常に「責められるのOK」なマゾではなかった(今もだが)

 そういう中途半端な仮性マゾにとって、やはり真珠さんは上級すぎる。

 それで、何となく距離を置くようになった気がします。

 まぁ、今だから言えることですが、勇気を出して入ってみればよかったのにと、後悔しております。

 プロフィール蘭での文言というのは、その女王様を指名しようかと検討しているマゾにとっては、おろそかにできない重要データとなります。

ラシオラ広告_ドミナのお言葉_02

 紫さんはこんなコト言ってます。

 セッションはいつも真剣勝負よ! 突き抜けた変態大好き。
 病的なM男を私の毒で救ってあげる。


 う〜ん、僕は突き抜けた変態でも、病的なM男でもないからなぁ...

 彼女の毒で救われるとは、いったいどゆこと???

 ちょっとした表現でひっかかり、心にブレーキがかかることもある。

 ドミナがMを癒すこともあれば、Mがドミナを癒すこともある。
 SMとは癒し合いっこだったりする。


 REIKAさんのこのひと言は、アクセルになりますね。

 しかし、僕がドミナを癒すようなプレイ・・・は、痛い思いをすることになるのかもしれないカモ鴨川。

ラシオラ広告_ドミナのお言葉_01

 SM結婚式ってなんだい? まだ六反りょうの「亭主元気でマゾがいい」の前の時代の広告だけどね。

 こういう時は、いつもはしない読み方、例えば大学受験の現代国語の入試問題を読むかのごとく「行間を読む」というのを、ついやらかしてしまう。

 んで、深掘りしすぎて余計な先入観や勘違いで、地雷を踏むようなことも起こります。

 まぁ、どんな酷い目にあったとしても、結局、指名した自分が悪いのであって、女王様に罪はなかったんです。

 ラ・シオラの名誉のために申し上げておきますが、皆さん素晴らしい女王様ですが、自分とあうか合わないかのマッチングの問題は常にあるだろうし、それらは自己責任だと心得ておくのが望ましいと思います。

 女王様のブログやTwitterなどで彼女たちの「お言葉」をいかに読み、どう解釈するのか。

 根拠となる判断をするのも、自分自身なのです。

 だからこちらの期待と添わないからといってめげるのでなく、間違っても地雷を踏んだとは思わないで、ご縁があったこと(あるいは結果的になかったこと)を謙虚に受け止め、なるべく気持ちよくプレイして別れるのが粋というものではないでしょうか。

まぁいいや

 昔からある慣用表現なので僕もつい使ってしまいますが、「地雷を踏む」というのも、よくよく考えれば失礼な言い方で、けしからんと思う。

 誠実にセッションに取り組んでいる女王様にしてみれば、濡れ衣であり、マゾの歪んだ幻想の一つでしょう。

 このような考え方を、昔は僕も出来なかったのですけれど、マゾが期待した妄想が裏切られてなんぼのSMセッションだと割り切って、女王様の言葉や気持ちを受け止める寛容な態度で、女王様をおもてなしするのが、本来は望ましいのだと、最近は考えていますのじゃ。




■ 一期一会
ラシオラ広告_1997



■ Rie Asagiri 朝霧リエ
シオラ広告1998_スナイパー



[ 2023/04/01 09:03 ] 伝説の女王様 | トラックバック(-) | CM(5)

Rie Asagiri 

シオラ広告1998_スナイパー

 最近、昔のSM雑誌を、泣く泣く捨てています。

 子どもの頃、道ばたに捨てられていたSM雑誌を見つけて、こっそり家に持ち帰った経験のある人もいらっしゃるかと思いますが、まさか自分が、捨てる立場になろうとは、想定外でした。

「MISTRESS」とか「家畜人」は、カバーを外さないと、気楽に家の前には捨てられないので、ちょっと遠くのゴミ捨て場まで歩きました。

先日も、「SMスナイパー」をざっくり十年分ぐらいをまとめて処分しました。

 置き場所もないし、もう読むこともなかろうと、思い切りましたが、記事は永久保存したいくらい、内容の濃いものばかりで、断腸の思いでした(>_<)

 雑誌媒体には、時代を映す鏡のような魅力や輝きがあります。

 その輝きは、自分の思い出を照らしてくれる。

 1998年9月号で、ラ・シオラのの広告を見つけた。

 オープンして1年ぐらい、店が軌道に乗り出した頃で、僕はこれを見て、ラ・シオラの会員になったのです。

 これを捨てるには思い切れず、ここだけ切り抜きしました。

 朝霧さんはまだ現役でプレイされており、雑誌グラビアにもよく登場されていた。
 

 同じ頃に北川プロで撮影された写真がコレです。

朝霧リエ_Photo

 勢いのある頃で、朝霧さんの表情には広告の方とはまた別のオーラが感じられる、ステキな写真だと思います。


 時々、おすすめの女王様は?とか尋ねられるのですが、これは独断で無責任にお答えできないと思うので、ノーコメントにさせて下さい。

 朝霧リエさんとはプレイしたことはありませんので、当然、なんとも言えない。

 若い時にはご縁はありませんでしたが、イベント会場で何度かお目にかかったことはあります。

 理想の女王様に関しては、自己責任で探して、当たって砕けろ的な世界です。

 ただ、おすすめのSMクラブは? ということであれば、正直、(特におすすめもしませんが)、ラ・シオラは老舗の一流店であるとだけ、申し添えておきましょう。

 まぁ、僕がとやかく言える筋合いではないです。

 ラシオラの創設者であり、CEOのリエさんは、ドミナ原石の奥に女王様資質を見抜く才にも長け、素晴らしい人材を育成できる環境を構築されてきました。

 研修会やワークショップ、ブログやメーリングリストなど、M男性をも含むFemdomワールド全体の環境改善にも手腕を発揮されてきました。

 最近はご無沙汰しておりますが、昔のSMスナイパーを見ているうちに、当時の思い出も瞼に浮かんできました。

 あの頃、輝いていたのは女王様だけでなく、自分のファンタジーだったように思います。

 そうした思い出も、今にも消えてしまいそうになるくらい、年をとりました。

 かそけき流れのような記憶の中に眠っているかつての輝きを・・・再び灯したい。

 それが、人生の意味を捉えるきっかけになることを願って・・・



■ ラ・シオラとともに・・・ おめでとう♡20周年!

■ 祝・ラシオラ15周年!

■ ラシオラのSM 朝霧リエの思想と美学
朝霧リエ

■ ラシオラよ永遠に!

■ 朝霧リエさん逮捕

■ 朝霧リエに調教されたドM有名人とは?

■ 今そこにある危機

憧れの朝霧リエさんと



■ SMの女王様に市民権を与えたのは朝霧リエです



■ ラ・シオラは裏切らない!







[ 2022/07/06 14:18 ] 伝説の女王様 | トラックバック(-) | CM(4)

レーヌの光女王様 

レーヌの光女王様

 恥の多い生涯をおくってきました(>_<)

 もう20年以上経つので「時効」だろうからカミングアウトしますと、六本木レーヌの光女王様とその昔、何度かプレイ致しました。

 当時のSM雑誌に登場したインパクトある顔面騎乗のグラビアを持参して、

 こんな感じでオナシャス(>_<) とお願いしたのでした。

   それがコレ ↓

Renu_Hikari_06.jpg
 司書房「MISTRESS Vol.37」(1999年6月)  


 それまでは、SMクラブに逝く時には、春川ナミオ氏の絵をお見せしていたのですが、グラビア写真のご本人に頼むんだからハナシは早い。

Renu_Hikari_03.jpg

 光さんは、「いいわよ!」と、嬉しそうに、そしてとても優しく、僕の希望どおりに顔面騎乗をしてくれたのでした。
 
 発売されたばかりのその雑誌を持参して来たのは、僕が初めてだったらしく、いいノリでセッションは進んだ。

 ちょっとハスキーボイスで、ヤンキー系の女王様でした。ノリがいい。

 恥ずかしがり屋さんの僕でも、そのバイブスに共振して、いつもよりかは少しだけ、い〜イ感じのプレイが出来たように思う(たぶん)

 レーヌでは3人目の女王様でしたが、いい思い出として残っており、一番長いお付き合いとなりました。

 20年以上経過した今でも、こうしてニヤニヤすることのできる女王様って.... ムふふ

 大阪の夢楽園みたいな「悪夢」のような体験も数多いのですが、レーヌの光女王様は天使でした。いや女神か。

 いやな思い出は忘れてポイして、素敵な記憶だけを大切に心のメモリーに保存しておこう。


 光さん、その節はお世話になりました。どうもありがとうございます(>_<)



 ■ 女王様からの手紙

 ■ ある思い出
エマニエルの椅子

 ■ SMクラブ電話予約時の会話 もしも早見あかりがSMクラブでアルバイト(受付)したら?

 ■ 胸キュン(>_<) 妄想も思い出になる(>_<)

 ■ 大阪・夢楽園での恐ろしい思い出について

 ■ アイコンタクト

 ■ ロマン・ポランスキー監督「毛皮のヴィーナス」  泣けるSMちっくな思ひ出(>_<)
毛皮を着たヴィーナス2014年映画


 



 
[ 2022/05/04 19:41 ] 伝説の女王様 | トラックバック(-) | CM(4)

どんなご縁で(仮) 

秀美女王様_SMグラビア

 これも前回の和樹女王様と同じ一般写真週刊誌からの1枚。

 そして指名したくても、ご縁がなかったという意味でも同じ。

 だったら、同じ記事の中で言及すればいいのにっていうツッコミも予想されますが、僕、

 「二人女王様」って、どうも苦手なんですよね (>_<)

 一回のセッションでは、お一人女王様というのが基本であります。

 でなければ、メインの女王様以外に、女王様は3人以上が理想です!

↑ 意味不明





[ 2022/04/01 18:59 ] 伝説の女王様 | トラックバック(-) | CM(0)

ご縁のある女王様 

和樹女王様_SMグラビア

 これはSM雑誌でなく、フライデーかフォーカスか忘れたけど、普通の写真週刊誌のページです。

 昔は、こういうキワドい写真はSM雑誌にも載らなかった。

 「どこがキワドいの?」というツッコミも予想されますが、ここまでマゾの視線を喜ばせるポーズが、一般写真週刊誌で可能になった時代が、1990年代だった。

 以前、この女王様と絶対にプレイしたくてお店にまで逝ったはいいけど、予約がいっぱいで指名できなかったという、ちょっと哀しくも甘酸っぱい思い出を記事にしたことがありました。

 そういう記憶があると、ふとしたはずみで、たとえば雑誌のグラビアなどでお目にかかると、その写真を手もとに残したくなる性癖がある(と思う、たぶん)

 ご縁のなかった女王様は星の数ほどいる。

 だけど、実際にプレイしたことはなくても、和樹女王様とは、ご縁があったのです。

 僕のブログ記事を読まれた和樹女王様から、当時のお店の対応に誠実さが欠けていたことの、お詫びとも受け取れるメッセージが届きました。

 その文面から、女王様としての威厳というよりは、庶民的な節度ある母性のような印象が感じられたものです。

  SM文化の敷居が低くなった分「なんちゃって」女王様も急増した90年代でしたが、昔ながらの、誠実な女王様もかろうじて残っていた時代でもありましたなあ・・・(>_<)


 






 

 
[ 2022/03/30 18:18 ] 伝説の女王様 | トラックバック(-) | CM(0)

六本木レーヌ・ゆかり女王様 

六本木レーヌ・ゆかり女王様

 還暦を過ぎたマゾには懐かしい女王様だと思う。

 中野クイーンのレガシーを受け継ぐ京子ママのお店が六本木レーヌです。

passion_08.jpg

 当時はまだメディアに顔出し可能な女王様は少ない時代。

 しかし、アイマスクをつけていても、感じる目力と妖気が際立っている。

passion_11.jpg

 僕はこのグラビア写真を見て、彼女の指名を決意した。

 まだ大学生でシャイな僕にしては、大胆な決断だったと思う。

 そう思わせるだけのインパクトが、この写真にはある。

 当時は、M男向け企画に、マゾヒストの心に刺さる魅力が希薄な時代だったから。

passion_07.jpg


 1970年代からそうであったように、編集者もカメラマンもマゾヒストの気持ちなんてわかってないし、モデルの女王様役の女性も

 実はM女だったりして、

 M男向けのグラビアのほとんどは、チグハグな構成が目立っていた。

 女性緊縛写真の場合であれば、まっとうな縄師が撮影を兼ねるような現場なので、きっちりとした演出で突き抜けたフォトが見られたが、「女王様と奴隷」というコンセプトの写真は、「SMセレクト」などを例外として、本当に中途半端なものが多かった。

 この桜桃書房から単発で出た「PASSION」という写真集は、そういう意味で画期的だった。

 ゆかり女王様は当時すでに人気のプロ女王様で、単なるポーズだけでもリアルな存在感が引き立っている。

passion_09.jpg


 昔は「女王様がマゾのペニスを責めるの図」というのはあまり描かれなかった。

 1980年代後半ぐらいから、SM風俗店の急速な台頭の流れとともに、こうした描写も増えてきたように思う。

 秘すれば花であったような、女王様とマゾヒストの実態が、鞭・ローソク・緊縛以外で、密室の中で何が行われていたのかが、少しずつ露になっていく過渡期だったのかもしれない。

 僕もこの時、ゆかり女王様に顔面騎乗されながら、何がナンだかワカラナイうちに逝かされてしまった(>_<)

 ソレ以外はほとんど覚えていないけれど、ソレだけは強烈に今でも覚えている。

 「SMプレイって、そういうものだったの?」という、新鮮な感動があった。

 世間知らずのウブな大学生には、刺激が強すぎたように思うのだけれど、とにかく、優しいプレイだった。


passion_06.jpg

  ↑
 このグラビア・シリーズでは顔出しされていませんでしたが、

 その後、別のメディアで素顔を見せてくれた。

  ↓



 この撮影では、後ろの障子に影を効果的に映し込むという照明の使い方が絶妙だ。

 知ってか知らずか偶然なのか、春川ナミオさんの描く陰影を思わせる巧みな手法だと思う。

 スタンディング顔面騎乗というスタイルは、春川さんも好まれていた構図。




 このグラビア企画の真骨頂は、和室で赤いハイヒールという、当時としては斬新なコーディネイトだ。

 やっぱり、コーディネートはこうでないと (。。)☆\バキ
 
 もしかして、死語?  ↑ 

 社会人になってからも、何度かお世話になりましたが、程なく退位されてそれっきりです。

 僕にとっては永遠の女王様となりましたが、まだお元気なことを、願っております。 

 *下の広告は、10年以上も経った後のもので、ここで掲載されている「ゆかり」女王様は別人です。
六本木レーヌ広告

 上段左端の良美さんは、池袋のSMバー・ファムファタールで会える(はずです)







■ 天野蘭女王様 育児とSMを両立させたママさん女王様の元祖!
天之蘭女王様_01
 *この記事にはご本人からコメントが入っております!


和樹女王様



北川繚子女王様



シャネル女王様




朝霧リエ


伝説の女王様



春日ルミ



みづき桃香



飛室璃杏(Eve)



■ 秀美女王様
秀美女王様














[ 2021/06/06 12:09 ] 伝説の女王様 | トラックバック(-) | CM(7)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

9位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング



ブログパーツ