FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

柊一華写真展「ガールズ」のエクスタシー 

Girls_exbition.jpg

 今さら言うまでもないことですが、女王様というのは、存在そのものがすでに芸術だ。

 だから、その身体や表情が撮影されたならば、その写真は必然的に、爆発なんだ!

 などという意味不明な期待と勝手な思い込みで、現在、六本木で好評開催中の、柊一華写真展「ガールズ」を観てきました。

 今どき「女流カメラマン」などという言い方も、不適切になってしまうのを承知であえて言うと、なるほど、確かに女性が撮影したんだろうな、と感じました。

 よく被写体との距離感や信頼関係といった項目があがるけれども、やはり現役プロ女王様による撮影であり、モデルとなった同業者達も、仲間意識とでもいうのか、少しまったりした、いい感じでゆるい!というのが、僕の個人的な感想です。

Girls_Photo_Ruiko.jpg

 SMクラブの女王様なんて、腹を括らないとできない。

 その強さがあればこそ、一瞬に垣間見せる優しさも美しく光る。

 それは、芸術の創造性が生み出す緊張感というよりは、どことなくリラックスした雰囲気が感じられて、心地よい。

 もしかしたら、女王様が何かのはずみで見せる、調教ルームでマゾが目撃したかもしれないものが、そこにあるような気がした。

 今回の展示作品を眺めていてふと頭に思い浮かんだのは、以前、このBlogでも紹介した、フォトグラファー・Kazukiさんのこと。

リエ&京子
 *許可を得ず、無断で掲載しています!(たぶん) 
 Ⓒイタリアの雑誌「NU」から。現役時代の朝霧リエさんと京子女王様


 「女王様撮らせたら、この人!」的な存在感があって、昔はよく北川プロの女王様達を撮影されていました。

 真逆とは言えないまでも、少なくとも男目線というフィルターを通した女王様像であり、今回の「ガールズ」とは印象的なコントラストを感じます。

 何がどう違うのかよくわからないけど、どちらも魅力的であり、真実なのでしょう。

 篠山紀信曰く「写真は時代を映す鏡」とも言われるように、今やインスタやTwitterで見ることのできる写真(画像)も、まさに時代を映しているように見えます。

 厳密には画像データとして端末に保存されたような無数のイメージは、現代性を象徴する曖昧かつ具体的なアートの素材にはなるのであろう。

 それらがどう爆発するのか。あるいはしないのか。



 フランスの哲学者で批評家のロラン・バルトの有名な写真論「明るい部屋」に、「写真のエクスタシー」というフレーズが出てきます。

 それは「エロティックな写真による興奮」( エッチな写真 )という意味ではない。

 写真には、「撮る人」と、「見る人」が存在する。

 撮る人も見る人の一人となり、そこにはもう一人、別人格として「撮られる人」が存在する。
 つまりその写真に写っているその人です。
  (もちろんその被写体も後日、「見る人」にはなる)

 このヴァーチャルな他者の視線は、世阿弥のいう「離見の見」に通じるものがある。

 「撮る人の思い」と「撮られる人の思い」そして「見る人の思い」が交わることにより、共感も生まれれば、反感も生まれるでしょう。

 写真の魅力とは、この「感じる」ことと、「感じ方の違い」にあり、この差異によりコミュニケーションが生まれる。

Sunny_Room_Barut.jpg


 これをバルトは「写真のエクスタシー」と表現したわけです。

 見る人の数以上に差異は生まれ、共感はカオスとなる。

 ネットによる拡散と勘違いのうねりも加わり、新たなエクスタシーが生まれているのかもしれない。

 昭和の時代には、お店の指名アルバムや雑誌広告でしか拝めなかった「女王様」像を、今回このように、印画紙に焼かれた、昔ながらの「写真」として、しかもギャラリー空間というパブリックビューイングにより、つくづくと味わいながら眺めてみることにより、あらためて写真のエクスタシーというものを感じるのです。

 スマホではなく、この大きなサイズで見て今回はっきりとわかったのは、女王様の存在感というのはやはり偉大なる芸術であり、僕の心の中でいつ爆発するやもしれぬ危険な魅力に満ちあふれているということなのでした。

 エッチな意味でなくてね(>_<)

 いや、少しはエッチなんだけれど・・・ (。。)☆\バキ


Girls_Ruiko_2019_9_27_atmage.jpg
 *主宰者の許可を得て撮影・掲載しています(たぶん)







柊一華写真展・ガールズ

港区六本木4-5-2 B1 atmage

Tel:03-3479-0055

2019年 10月19日まで





■ SMは爆発だ!


[ 2019/09/28 09:52 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(1)

持続可能な勃起社会 

sustainable_election_YO_06.jpg

 連日、こう暑い日が持続すると、勃起が持続しませぬ(>_<)

 
持続可能な勃起社会_1

 ムギさんが最近の更新でおっしゃっていましたが、M欲も衰退しますね。

持続可能な勃起社会_2

 だから、何か新しい刺激で、興奮したくなったりして。

sustainable_election_03_20180731192554a8d.jpg


sustainable_election_04_20180731192553e51.jpg


sustainable_election_05_20180731192552942.jpg


sustainable_election_07.jpg


sustainable_election_09.jpg


sustainable_election_10.png


sustainable_election_11.jpg









[ 2018/08/08 21:10 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(4)

妄想は、心の宇宙のビッグバン 


塩化ブーツ_夏のビーチのマゾヒズト

 別にこれまで内緒にしていたわけではありませんが、僕はエナメルとかブーツはあまり好みではありません。

 これが好きな諸兄には申し訳ないのですが、暑苦しい。(悪くはないと思うヨ)

 女王様に履いて頂きたいのは、涼しげなハイヒールで、皮膚はなるべく露出して頂きたい(>_<)

 だから網タイツもいいけど、生足(脚)のほうがいいネ!

 そんなこともあって、塩化ブーツは好きなアーティストですが、ちょっと距離を置いてました。

 でもこの人は随分昔から地道に活動しており、常に注目はしていました。

 ある理由(後述)から個人的には距離感を抱いてましたが、親しみやすい「ゆるキャラ」の女王様によるポップな表現は好きでした。

塩化ブーツ_鞭で打たれるM男

 ペンネームからも明らかなように、ブーツやエナメルなどへの嗜好性が強く見受けられます。

塩化ブーツ_エナメル女王様



 女王様との関係性やシチュエーションに独特のこだわりが際立つのも大きな特徴。

塩化ブーツ_幼なじみは女王様

 様々な状況で多彩に展開される Femdom ワールドには、爽やかな明るさも共存する。

Enka_Boots_osanpo.jpg


塩化ブーツの最新作
塩化ブーツ_僕の彼女は女王様
 「僕の彼女は女王様」

 
塩化ブーツ_ブーツを舐めるM男

 消えてしまいたいような恥ずかしさを、天真爛漫に笑いとばすようなアニメ顔の女王様が眩しい。

塩化ブーツ_初期の習作
 初期の作品にも味があった

 画風としては無個性なアニメ・テイストですが、手書きのぬくもり感も伝わるタッチに好感が持て、コミックでも味わいのある作品をいくつか発表しています。

長身美女とチビ男_扉


 ご自身も認めていらっしゃるように、長年精力的に活動しているわりには絵柄にさほど変化がなく、進歩がないというのか(安定しているというべきかもしれませんが)「パソコンでお絵描き」レベルの時代がしばらく続いていましたが、Twitterに投稿するようになってから微妙に画風が洗練されてきたような印象です。

 そんなことを感じていたら、最近では紙媒体の「女神の愛」にも登場するようになり、一気にメジャー入り。

塩化ブーツ_女神の愛

 モティーフにブレはなく、終始一貫して美脚の長身女性にブーツを履かせる粘り強さには目を見張るものがあります。

 マゾヒズム特有の羞恥やコンプレックスをさらりと表現するテクニックに優れ、フェチよりも羞恥のほうに本質的な魅力が感じられる描写です。

塩化ブーツ_乳首責め

 己の信念を貫くマゾ絵巻の世界を追求する姿勢には、春川ナミオにも通じるものが感じられる。

 数は少ないですが顔面騎乗絵図も描いており、そのツボのおさえ方は一流です。

顔面騎乗_オリビアのポーズ
(以前、「試験に出る春川ナミオ」という記事で紹介した "オリビアのスタイル")

 塩化ブーツさんには包茎ペニスへのこだわりも強く意識される表現も目立ちます。

塩化ブーツ_ペニス責め


 僕自身、このあたりの機微がよくわかるだけに、このタイプの作品を紹介するのがためらわれた時期がありました。

 その点、春川ナミオ氏の作品はペニス描写が抑制されており、違和感なく鑑賞を楽しめますが、塩化ブーツさんの場合、身につまされる思いがして正直ツラいものがある(>_<)

 やはり自分にとっても深刻なコンプレックスが描かれている内容を、真面目な顔して解説できるほど修行を積んでおりません(>_<)(>_<)


塩化ブーツ_女王様おお尻を舐めるM男

 塩化ブーツさん自身が似たようなコンプレックスをお持ちかどうか存じませんが、フェチの裏側に秘められた己の真の妄想や願望を見いだすことを可能にしてくれる表現は希代のFemdomアートの世界だと思います。


 このような「ゆるいキャラ」でSMを描く試みは、夫婦でSM ~マリア様と菊千代~にも共通しています。

 いわゆる「劇画」でなく、昔のギャグ漫画のようなテイストで、僕はこの系統が好きですね。

 ラシオラの七さんとか、mugiピョンの絵柄もこのタイプに分類されるように思います。


 どうでもよくもわるくもないかもカモ川、そんなコト (。。)☆\バキ






[ 2018/07/15 20:46 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(2)

平成マゾカルタ by 暗藻ナイト 

暗藻ナイト_平成マゾかるた
 スター出版「SMシークレット」(2002年8月号)


 「パンティーを頭に被る」という文化は、暗藻ナイト氏も公認の正式プレイであることが判明しました。

 これの「いいネ!」なところは、パンティーのあの部分が、猿ぐつわで固定され、口の中にめり込んでるところ。

 パンティーを被るだけでも凄いのに、ここまでされると嬉しすぎます!

 これからは女王様に堂々と、「お召し物(下着)をお脱ぎ頂けますでしょうか?」とお願いできます。

 → 頭に被りたいからって (。。)☆\バキ

 そんなこと言われなくても昔からやってたよ!っていう(ワシもそうだが)人も、これで安心ですね。

 これは春川ナミオ画伯の絵を見せて顔面騎乗をお願いするのと似てます。(ん? 似てるか?)

 実際には、マゾが自分で新品のパンティーを持参して、それを履いて頂くのがマナーです。

 高級ブランド品で同じ製品を2枚購入し、一つは記念にプレゼントして、履いて頂いたもう一つはお持ち帰り用。

 これのいいところは、事前に同じ製品を2個買う時店員さんにその理由を説明できること(>_<)

 一つはギフト用にラッピング依頼して、もう一個は適当に包んでもらう。

 「これは僕の女王様に履いて頂く用です」と店員さんに告白するの。まぁ、ここまでは誰でも言える平凡な台詞ですが、その後で、

 「5分ぐらい(出来れば30分程度!)履いてもらった後で、それを頭にかぶります(>_<)」

 これを言えると、ベテランのマゾでしょう!

  ( ↑ いや、今時そんなコト言うだけで逮捕されてシマウマ)

 まぁ、そこまでやらんくていいけど、黙っていてもドキドキしますよね〜(>_<) 

 楽しすぎる。(>_<)(>_<)(>_<)


 恥ずかしがり屋さんの僕は、そんなコトを想像するだけで心臓が爆発しそうになります。

 一粒で2度おいしい、パンティーを頭に被るプレイの前奏曲は、日本橋高島屋か銀座三越の下着売り場がおススメです。


 *この「SMシークレット」(2002年8月号)に、昨年末にエントリーした記事「暗藻ナイトのコミックマゾヒズムの覚醒」で紹介しているマンガ作品が掲載されています。
これネ ↓
コミックマゾ_5



 
[ 2018/01/05 19:16 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(2)

魔性の女挿絵集 

魔性の女

 この本は、ラシオラの20週年祭で、記念品として頂いたものです。

 ドミナの皆さんが、パーティーに参加した会員のために、様々な一冊を選んだのだとか。

 入場時に手渡された番号札ごとに割り当てられ、会の終盤でよくあるお楽しみ抽選会みたいな感じに番号を発表する。

 その番号(札)と交換で僕が受け取るはずだったのが、この「魔性の女挿絵集」でした。

 というのも、実は、僕はこの番号札(No.23)を紛失していました(>_<)

 クロークに荷物を預けた時の引換券か何かと勘違いしたわけでもないのですが、おざなりにしていたらなくなっちゃっていた(>_<)

 そのことをたまたま近くにいた朝霧リエさんに伝えると、リエさんが、番号読み上げの時に、

 「23番の番号を無くしてしまった人〜!」とお茶目に言ってくれて、瞬間的な羞恥プレイに少しドギマギしてしまった。

 いかにもマゾが読みたそうな、あるいは既に所有しているかもしれないであろう作品を、各ドミナが個々に選んでいて、それがどの会員の手に渡るかは無作為に決まる。

 なので、この本が僕の手元に来たのは全くの偶然なのだけれど、これは2〜3年ぐらい前に出版された比較的新しいもので、僕はそれを知ってはいましたが未読でした。

 機会があればいつか買って読んでみたいな〜と漠然と感じていた書籍で、こんなことにも「一期一会」のご縁を(勝手に)感じてしまうのでありましたが、なんか間違ってますでしょうか?

 
魔性の女挿絵


■ 伊藤晴雨


■ 痴人の愛



[ 2017/12/18 19:18 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(4)

なぜ「お尻たたき」なのか? 


お尻ペンペン
 
とてもいい感じで素敵なサイトを見つけちゃいました。

 憧れのお尻叩き百景

 って、僕が見つけたんじゃなく、Whipping Mistress 2 の記事で見かけたのですが、

 それを紹介しているページを僕が「読んだ」わけで、結果として僕が見つけたことにしちゃって、何か問題ありましたでしょうか?

 それはともかく、スパンキングのカテゴリーで有名な「お尻ペンペン」というジャンルがある。

 膝の上にお尻を乗せられて、素手で叩かれるという、アレです。(素手でない場合もある)



 これは、男女ともに同等の、同様なファンタジーとして位置づけられているような気もしますが、もしかしたら、ほとんどのマゾヒストに共有可能な集合的無意識の一つではないかと思われます。
 
 特に僕よりも上の世代の、ご年配の紳士淑女には、「お尻ペンペン」にはある種独特の憧れがある。

 幼少時や少年時代の思い出に甘酸っぱいものを感じる老マゾ紳士も多いでしょう。

 さすがに現代の学校教育現場でコレはやらない(やれない?)であろうし、昭和の古き良き時代の文化として、すでにすたれて久しいから、このような記憶を抱いている人々は少数派になりつつあるのかもしれません。

 昔の親は(教師も)、躾には厳しくても、あまり深く考えず、言わば無邪気に行なっていたのが「お仕置き」でした。

 お仕置きと言えば「お尻ペンペン」であり、この言葉に官能的な響きを感じることは別に恥ではない。

 昨年、初めてお手合わせをお願いしたある女王様も、僕が「鞭&緊縛はNG」と言っておいたからなのか、最初にしてくれたのが、いわゆるこの「お尻ペンペン」プレイでした。

 そう来ますか?

 僕は内心、苦笑してしまった。

 その女王様は、僕よりは30歳ぐらい若く、どちらかというと鞭と緊縛が大得意のハード系で売っていたので、敢えて「ソフトなフェチプレイで」という、本来的には掟破りみたいな依頼内容で予約していたから。

 おそらく、女王様としてもどうしてよいのか困ってしまい、彼女なりに僕が喜ぶであろうと「忖度」してのチョイスだったようです。
 
 しかし、お尻ペンペンとは僕は全くの想定外、ノーマークだったので、意表をつかれた感じでした。

 それよりも、ほぼ平成生まれの若い彼女が自然に「お尻ペンペン」をやれちゃうというか、SMクラブでも定番のカテゴリーになっちゃっていることに正直、戸惑ったのです。

 実際にやるやらないは別にして、お尻叩きへの「憧れ感」みたいなものは、誰しも抱いているのかもしれない?

 あまり痛くない(ハズ)なので、女王様が素手であれば、まぁ、いいとは思います。

 しかし、顔面騎乗して下さい(>_<)とは言えても、「お尻ぺんぺんして下さい」とは言えない。

 フツー、言わないでしょう?


 まず申し訳ないなぁ、と思うのが、女王様の太ももの上に、「乗っかっている」というか、乗せられているというのに罪悪感。そうでなければならない理由はないけれど、お尻ペンペンの基本型はコレらしい。

 コレの本当に申し訳ない部分は、自分の「あの部分」が、女王様の太ももの上にあって、お尻を叩かれるごとに、大きくなったり、硬くなったりする。

 そういう想定外の(←どこが)の状況と同時にイヤらしい妄想(例えば、女王様の太ももでナニが挟まれてナニされてしまうとか)が膨らみ、ナニも膨らむ。

 黙っていても、もしかしたら、してくれるのが「お尻ペンペン」です。

 お尻ペンペンには、こういう副産物的な責めだか快楽だかわからんプレイへとなだれ込む必然が醍醐味なのかもしれません。

 それはそれで楽しそうなんだけど、

 何か問題ありましたでしょうか?



 男性教授が女生徒を膝の上に乗せてペンペンする時にも、似たような状況が発情しますね。
 




 








【関連する重要エントリー】


■ お尻ぺんぺんフェチ



■ お尻ぺんぺん



■ スパンキング




[ 2017/11/12 23:00 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(4)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

23位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ