fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

(仮)健全なお馬さんごっこ 



  見る人が見ればそれなりに激情することの可能なコンテンツなんだろうな...

ノンケの人が見ても十分楽しめると思うが、はたして制作側がどこまでヘンタイ、倒錯的な叙情を理解しているだろうか。もっとも歌詞や音楽性に関してはわからないのでなんとも言えないですが、ミュージシャンの意図、またはイニシアチブがどの程度反映されているのか、つい余計なことを考えてしまう。

 でも、けっこう昔の映像ですが、いい出来だと思います。

 特にお馬さんごっこのパートは、キタ〜!という感じで、たとえ映像的に出来がわるくても、僕だから興奮できてしまうので、それでいいと思います。

 PVとしては、物語的に意味不明で、ラストの電話はどういう意味なのでしょうか?

 歌詞と関連してるのかな〜。どなたか、読み解いて頂けると幸いです。

 あるいは関連情報のありそうなサイトとか、もし心当たりがありましたら、ご教示下さい 。

  m(_ _)m

 余談ですが、最近の若い人は「お馬さんごっこ」なんてレトロなのはなさらないんでしょうけど、僕は若い頃からやってました。

 爺くさいこというと(もう爺いだが)鞭や緊縛などより叙情的というか、情趣あふれる魅力的なプレイです。
(詳しくは馬仙人さんのサイトをご覧ください)

 もう腰や脚が脆くなって、体力的にやりたくても出来なくなってしまったのが残念というか悔しいです。

 ポニープレイと言えば、馬之助パイセン、お元気でしょうか?

   こちらもおすすめ ↓

Keep your mouth shut, my dear !  〜 「慎みたまえ、口」〜

















[ 2023/12/12 11:46 ] You Tube ネタ | トラックバック(-) | CM(0)

撮影あるなしで、体験の濃度は変わるのか? 




 YouTubeで最近みた動画です。

 写真を撮っている時、その時の体験は損なわれてしまうのか?という、僕も昔から関心を持っていたテーマで語られています。このトピックはカジュアルに日常話題になることはあっても、学術的でまともな言及というのには、あまりお目にかかったことがなかったので、とても興味深く拝見しました。

 これは昨年TEDで行われたトークで、翻訳スクリプトも入手できます

 YouTube動画も、「設定」ボタンをカスタマイズすれば、日本語字幕で見ることができます。

 何故このテーマで興味をひかれるのかというと、SMプレイを自撮りしている時、「イマここ」感が損なわれるような気がして、もったいないかなあと常々感じていたからです。

 自撮りしている時もそうですが、置きカメでセッション光景を撮りっぱなしにしている時など、

 せっかくいい感じになっている時に、「今のシーン、上手く撮れてるかな・・・?」などと、気が紛れてしまうこともあります。

 前回の時のように、撮影していることもぶっ飛んでしまうくらい我を忘れてしまう時もあり、それが理想でしょう。

 カメラを意識すると、演技はしないまでも、どこかよそよそしいとでもいうか、本来の自分ではなくなるような気がします。

 (まぁ、何が「本来の自分」なのかが問題でもあるのですが・・・)

 これが他者を客観的に撮影するとなるとまたハナシは別です。

本当の自分を可視化する

 この画像は「顔面騎乗に花束を!」撮影現場ですが、自分の理想の顔面騎乗を見たいがために企画したようなシーンでして、生尻・ナマ顔面騎乗でM男が強制的にご奉仕をさせられるという演出場面です。

 しかし、実際のプレイ自体はキャスト任せで、舌がもっと伸びるところがよく見えるように撮りたいけれど、ナカナカそう上手い具合には撮影できません。どうしてよいのかわからず、困ってしまいました。

 もっと厳密に撮影プランを練って、キャストともトコトン打ち合わせすべきだったことを反省しています。

 ただ、「奉仕」として、どこまでを見せるかというとこまでは、みづきさんにハッキリと確認できなかったのです。

 「春川さんのイラストのように、M男の舌がはっきりと見えるように撮りたい!」とまでは言えなかった。

 キャストの二人は、普段は濃厚なプレイをされていることはわかっていたけれど、僕も恥ずかしがり屋さんの甘チャン野郎だったので、あまり深掘りできなかった部分です。

 もっと貪欲に、自分自身のドロドロした、ギラツいた願望にまで踏み込んで、細かいとこまで詰めておけなかった甘さが、素人監督の僕にはあった。

 北川プロも、プロの集団というよりは、アマチェアの達人の寄せ集め的な雰囲気もあり、事前の打ち合わせでは鋭いツッコミもなく、無粋でやかましいことはあまり言わずに、お二人に自由におまかせしようというところで、おさめたのでした。

 北川繚子さんとの会話で、北川プロの撮影現場の雰囲気がわかる記事を10年以上前にエントリーしましたが、ここでの話は実際のダイアローグで、ほぼ全て真実です。

 だから、僕の作品でも、成り行き任せの部分があっても、それはそれで、よかったのだと思っています。

 ただ、作品的にはもっと深く、あるいは高いレベルに持って行けたのかもしれない・・・

 かっこつけて言えば、そういう余白を残しておいたと、今では思うんです。

 けして妥協したわけでもなく、僕なりにベストを尽くした。

 後は、観る人がご判断、ご評価されればよろしいかと。

 駄作だ!と一喝する人もいらっしゃるかと存じますが(今のところ言われたことないですが)このシーンだけで判断されて頂きたくはないのが正直な気持ち・・・・

 ただ、その後、自分のプレイを置きカメで撮影する時は、演技でなく、女王様に「ヤラセ」をして頂くのでもなく、なるべく自然に、後で二人で観て、「お互いが楽しめるような映像にしようね!」ってことでお願いしています。

 そういう距離感、雰囲気が、充実したセッションにつながり、よい作品になる。

 本来、SMのセッションは、人に見せるためにするものでもないですし(その目的のための場合もありますけれど)、基本的には「秘すれば花」という面が大きいと思うのです。そこを少しだけ、垣間みることができるような映像になれば、粋ではないかなと思っています。

 









[ 2022/08/06 18:11 ] You Tube ネタ | トラックバック(-) | CM(0)

マゾが好きな音楽 - The Music the submissive loves 


 「どんな音楽を聴いてますか?」というお問い合わせを頂きました。ありがとうございます。言われてみれば、このブログで音楽の話題にはあまり触れてこなかったので、少しご紹介してみたいと思います。

 なんでもジャンルを問わず、気に入ったのはしつこく聴いてしまうタイプですが、以前ほど貪欲に新しい楽曲を求めるようなことはしなくなり、昔からよく知ってる音楽をまったり聴くのが好きになりました。そういうお年頃になってしまったんですよね・・・(>_<)

 日頃、コンスタントに流しているのはジャズが多い。コール・ポーターとか、ビル・エバンスなど定番もののスタンダードはやっぱり心地よい。

 ただ、青春時代(←もしかして死語?)には、一応人並みにロックを聴いてました。

 ポリスやエリック・クラプトンの来日公演にも行ったな〜。 懐かしい(>_<)

 僕は、初期のMTV世代なので、マイケル・ジャクソンやマドンナも大好きでした(今もだが)

 ベストヒットUSAや、ポッパーズMTVなど、夢中で見てましたね〜。



 小林克也さんやピーター・バラカン氏もお元気そうですが、二人ともさすがに老けたよな〜、

    って人のこと言えんけど・・・



 基本的にジャズやフュージョンが好きで、最近気にいってるのは(と言うほど新しくはないですが)、トミー・フラナガンとか、Makayaというアーティストを流しています。

 若い頃は、そんなに真面目には聴いてはいなかったクラシックにも、中年(40代以降〜)になってから興味を持つようになりまスた。そういうお年頃なんだよね。

 以前、銀座のヴァニラ画廊で春川さんの個展を見ていた時、BGMにバッハかモーツアルトの定番が流れており、感銘を受けました。なんか、ぴったんこにハマるんですよね、これが。

 春川さんもクラシック音楽はお好きだと伺っていたので、それ以来、自宅でも春川さんの画集を観賞する時には、クラシックを流してみたりするようになりました。ショパンのピアノ曲が好きです。

 それからゴスペルも好きです。若い頃アメリカで生で見て聴いて虜になった。それ以来ソウルやヒップホップなども、見方が変わりました。

 あと、シャンソンもわりと聴く。70年代の日本のフォークソングも好きだったな〜。

 中島みゆきや、宇多田ヒカルもいいね。

 文楽や能もたまに見に行くので、そういう時は雅楽にハマる。

 義太夫節とか、意味わかんなくても、魂に響く。まさに日本のソウル。

 演歌は歌わないけど、好きな曲は結構ある(都はるみとか)

 結局、どんな音楽でも、自分が気に入れば、好きになっちゃいますよね。


 それから、僕は子どもの頃から童謡も大好きでした(今もだが)

 時々、心が疲れた時には、聞いて自分をいたわっております。

 そういうお年頃なのだ... (>_<)




 女王様からたまに聴かれるのが、SMのセッション中に流す音楽について。

 昔、プレイルームが貧弱なSMクラブでは、声や鞭の音が外に漏れないようガンガン音楽を流すところがありましたけど、僕はアレが嫌でしたね〜(>_<)
 
 プレイ中は、お互いの吐息が聞こえるくらい静かなほうがいい。

 皆さんは、いかがでしょうか?

 SMプレイ中はガンゼンローゼスがいい!とかいうM男さんいますかね。

 昔、「顔面騎乗に花束を!」を制作した時、顔騎される時に聴きたい音楽というネタもあったけど、撮影現場で流しただけで本編には入れませんでした。


顔面騎乗に花束を_撮影現場
 * 右側で撮影しているのが僕です


 出演者はもちろん、スタッフにも気分を上げてもらいたかったので、その時のプレイリストには、Acid Jazzや、Hip Hop 系でノリのいい楽曲を選んでいました。

 作業効率を上げたり、気分を集中させたりするのに効果的ではありますが、SMのセッション中には、どうなんでしょう。個人差、好みの差でいろいろなご意見があろうかと思います。

 僕は、個人的には、ある女王様がお好きだというので、エリック・サティをかけてプレイしたことが何回かあります。

 これやっちゃうと、その曲が今度は普段聴けなくなっちゃう。

 な〜んかネ、恥ずかしくなって・・・

 「趣味は音楽鑑賞」と言えるほどでもないと思いますが、以前は年末には第九とか、お声がかかれば演奏会などにも足を運んだりしてました。知人に演奏者がいるので、半分つき合いなんだけれども、やっぱり生の体験はいいものです。

 でも、もう最近はコロナでなくても、行けてないと思います。

 音楽は生演奏が素晴らしいのは当然としても、最近はMP3も音質はいいし、iTunes や配信系でも満足できる体質になりまスた。

 なんでもかんでもネットで見れる時代なのでしょうが、紙の新聞や本、生の舞台、ライブ公演の魅力を共有して逝きたいと思うのです。


 マゾ花の読者がよく聴く音楽の傾向やいかに?



 マゾ花的におすすめなのは(これも古いけど)、ソニー・クラークの「クール・ストラッティン」♪とかどうよ?


 いかがでしたか? けっこう平凡でしょ?

 マゾだからって別に特殊な音楽を聴いてるわけではありません。

 でも、マゾ花を通じてご縁のある方々が、普段どんな音楽を聴いてらっしゃるのかは僕も興味があります。

 よろしければ、皆さんも、思い出の名曲を教えて頂けますれば、幸いです。



 



■ 聞くとマゾになる音楽

■ KORG iMS-20 for iPad


[ 2022/06/16 09:17 ] You Tube ネタ | トラックバック(-) | CM(7)

アイドルは女王様となり得るのか? 




  このイラストを見て、イタリア映画「愛の嵐」(1975年)を連想してしまうのは、僕だけでしょうか…  どうして桐島かれんが?というツッコミはなしにして、名画と呼ぶにはインモラルすぎるのかもしれませんが、強烈なインパクトだけは、忘れることができません。





 もう「背徳」などという枕詞は、SMには似つかわしくなくなってしまったようです。

 だからこそこの映画の価値は、色あせることなく、パワーアップしている。

 SMを趣味として楽しむのは結構なことですが、どこかにウシロメタイ気持ちを持てるほうが、いいんじゃないなと思いますけど、どこか間違ってますでしょうか?

 いや、もし健全なSMがあり得るなら、そっちのほうがいいかも。ちょっとイメージ湧かないけど。キャンディーズが女王様やってくれるとそれに近いか?



 僕は文字通り「年下の男の子」として、彼女たちを見ていたんだけれども。

 上級生のお姉さんに虐められたいという願望は、正直なかったと思う。


 ピンクレディーだとインモラルまでは届かずとも、健全とも言えないのかなぁ...



 
 これらの元祖アイドルが活躍していた頃の僕は、残念ながらSMにはきちんと目覚めておらず、大人になってからも、純粋なアイドルに女王様像を反映させるのは、やや難しい。

 ウブな青少年だった頃の憧れの眼差しでは、きちんと見つめていたように思う。

 矛盾しているようだけど、幼少期〜少年期にかけてのイヤラシイ妄想なんて矛盾だらけだった。

 現代の、スマホを片手に自慰をする青少年たちは、どうなんでしょう・・・



「背徳」水ようかん












[ 2022/05/14 08:35 ] You Tube ネタ | トラックバック(-) | CM(0)

女神の乗馬 




 ちょっと以前のmugiさんのコメントに「勃起力に花束を!」というのがありました。

 勃起したくても、勃起しないお年頃になってしまいましたが、思いがけず、意外な映像が刺激となって、少しだけ元気になる時がありますね。
 
 こういう、フツーの映像を見ていても、勃起できるだけ、幸福だと思うのです。

 SM愛好家はフツーの性欲と、いわゆる「SM欲」が分離しているんじゃないかと思う。

 セックスしたいとは思わず、鞭で打たれて〜!とか、思うんだよね?

  ( ↑ 人による)

 かつて、昭和の時代には、オナニーは悪という文化もあったような気もする。

 そのくせ、大人たちは、SEXそのものは保留にしておいて、青少年には自慰行為は暗い衝動であるような教育をしていたんじゃないか。

 ハナシが少し違うかもしれませんが、西欧のキリスト教文化では、セックスは快楽であってはイケナイという。

 そこで、セックス抜きの喜びを見いだそうと、BDSMやフェティシズムが発達した(たぶん)

 性に目覚める前にSMを知った僕は、オナニーよりも、マゾヒズムに夢中になっていた。

 オナニーするにしても、女王様の許可を頂いてからという快感の誘惑に惹かれる。

 そういう歪な快楽の虜になったマゾに、今さら勃起力は必要ないのかもしれない・・・

       (>_<)


会田誠展 美少女オナニー







[ 2022/01/09 21:09 ] You Tube ネタ | トラックバック(-) | CM(2)

マゾ願望が「どうにもとまらない♪」 



 よくNHK がオンエアーしたかと思う。1972年の紅白歌合戦です。

 時代はちょっとズレるけど、ピンクレディーほどの刺激はなく、衣装も無難な方かもしれないが、脚線美やヒップラインにはドキドキした。いったい、どうやってあんな風にお尻を動かしているんだろう?と、子ども心に興奮しながら観ていた。

 テレビコマーシャルも、今から思うと、けっこうキワドイ演出をやっていたと思う。



 今見ると、全然モーレツでもなんでもないんだけど、強烈に覚えてる。

 家庭用ビデオや YouTube もない時代だったから、映像には飢えていた。
 
 きれいなお姉さんの脚やお尻を見るにつけ、ウハー(^^)となっていたりして。

 ポルノやアダルトでなくても、十分エキサイティングだったんだよなぁ...



  どう〜でもいいか、そんなコト。






[ 2021/04/10 16:42 ] You Tube ネタ | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

7位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング