FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

ソフトなプレイはハードか? 


 恥の多い人生を歩んできました。
Soft_Facesitting.jpg

 初対面の女王様とプレイをする時、カウンセリングで僕がよく使う決まり文句は

「ソフトなフェチプレイでお願いします」というものです。

 これが必ずといっていいほど、女王様にはあまりいい顔されません。

 ソフト・プレイは、実は女王様側にとって、ハードなものであるらしい。

 ある有名な、熟練女王様の最近のブログに、以下のような記述がありました。

 ソフトプレイの人はツボが狭いことが多く、やり過ぎると興冷めになってしまうので、
 その狭いツボにハマることは何なのか、Mの出すシグナルに注意深くならないといけない。


 う〜ム、なるほど。

 ハード・プレイより神経を使わなければならない、という意味でやりにくい... と。

 ではハード・プレイ嗜好の人はツボが広く、やりやすいのでしょうか?

 例えばマッサージされている時、ツボをピンポイントで指定するのは難しくて、上手くキメてくれた時に、


 「あ〜ソコ、そこ! ソコなんだよ〜(>_<)

bdd9a9bd6ef6a64d28b7f2142d54f917.jpg


 ・・・と思わず恍惚となるような状況は、SMプレイでは滅多にない。

 ハードであろうがなかろうと、ツボをはずされると興ざめしてしまうのは同じで、要は

 ツボを見極める難しさが、ハードルの高さなのだと思う。

 何度かプレイしてみて、お互いに気心が知れてきても、

 SMプレイの最中には、注意力、想像力、共感力は、お互いに、常に必要。

 両者どちらかに、そのどれかが欠けていると、プレイはしんどくなる。

 内容がソフトでもハードでも、気の使い方には同じエネルギーがいるものだろう。

 女王様には、なるべくなら苦労をおかけしたくないと僕は思っています。

 可能なら、僕とのプレイを楽しんで頂きたいと願っている。

 だから、「メンドウクサイことお願いして申し訳ないです(>_<)」と、恐縮しています。

 
 言われてみれば、これはこれで確かに「ハード」な依頼内容ではあったのかもしれない。

 難しいことをお願いしているからには、こちらも全力でそれに応えなければ逝けません。

 ソフトプレイが楽ではないのは、マゾ側にとっても同じです。

 立場的には受け身なので、場を仕切るようなことは出来ないですが、全身全霊でセッションを受け止め、


 「いえ、そこはそうではありません(>_<)」とか、

今のところは、このようにしてはいかがでしょう? などと、


 そこはかとなく、自分のエゴマゾっぷりを自己主張してみる。
 
 「ソフトに」、ほのめかすようにプレイを誘導してみるんだ。 (。。)☆\バキ

 これはコレで、ソフト嗜好のエゴマゾにはハードルが高いです。


顔面騎乗で脱ぐ!-1


  本日も「マゾ花」にお越し頂きまして、ありがとうございます。

  マゾにとっても、楽なセッションなんて無い。

  楽をしたいとも思わないのだけれど、お互いに楽しめるようにするには、楽はしないんだ。






[ 2017/02/19 22:16 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(2)

女王様の生前退位 




 恥の多い生涯を歩んできました。

 SMクラブの女王様が店をお辞めになるタイミングは、人それぞれだと思われますが、事前に告知されることは滅多にありません。

 女王様の「生前退位」は、マゾヒストにとって実に悩ましい。

 わかりきっていることとはいえ、それが一代限りであり、崇拝の対象となるべき地位が継承されないのです。

 元バロックの麻倉雅さんや、ピンクリの瀬里奈さんのように、退位された後でも、別のステージで活躍するレアなケースもあるにはあった。

 しかし従来は、いつの間にかいなくなっていて、後から、結婚やら出産といった個人的事情から退店したことを風のたよりに知る程度。

 「いつまでも、いると思うな女王様」

 とも言われるように、マゾとしては常に女王様の突然の退位を覚悟しておかなければなりません。

 ネットやSNSの発達した最近の傾向としては、プレイがリピーターだけに限定され、新規予約が受付されなくなり、まもなく退位されることを予感させるアナウンスをしてくれる親切な女王様もいます。

 最後のプレイを惜しむ熱烈なる崇拝者の気持を尊重されているのでしょう。

 このようにして、いつか来るべき「お別れの時」に備えていれば、マゾは次世代の新人のチェックや、前から気になっていた別の女王様へと崇拝の対象を切り替える心の準備が可能となる。

(。。)☆\バキ


 現代は幸福のかたちが見えにくい時代なのかもしれません。



 幸せそうに見える、他の人々の情報の氾濫によって、つい自分と他人を比べてしまう。

 もっと不幸な多くの人々がいることを知るべきでしょう。

 小さな願望でも、それが満たされないと自分は不幸だと思ってしまいがちな世の中。
 
 仏教の言葉に「無常」というのがあります。

 様々な意味がありますが、人の世は常ならずという解釈が僕は好きです。


 象徴としての女王様の存在は、マゾの日常生活の基盤であり、非日常への架け橋として必要不可欠な要素。

 多くのマゾヒストは、現実の人間関係としての奴隷契約や、支配と服従の構図を日常的に維持しているわけではなく、たまにSMクラブへと足を運び、

  鞭で打たれ、縄で縛られ、ローソクたらされたり、浣腸されたりする。

 しかし、それは無常なのです。 

 その時だけの、つかの間の一瞬の幸せな気持。ああ、無情(>_<)

 それを追求する熱意があまりにも巨大なため、それが満たされない時の喪失感も大きい。

 老いぼれたマゾであれば、かつての仮想現実における、不完全でもかりそめの幸福感が、もう二度と得られないことを認めるざるを得ない哀しみを一度や二度経験しているでしょう。

 女王様の生前退位というトラウマは、これからも幾度となく訪れてくる。

 でも、苦しみや哀しみだって永遠に続くものではない。

 理不尽なことは人生にたくさんあります。

 たとえ好きだった女王様にもう顔面騎乗してもらえないという、想像を絶する苦しみにも耐えなければなりません。

 人の世は常ならず。

 時の変わり目を見つめ、じっと待つことです。

 プロとして活躍されている現役の女王様は、そのコトを常に心の片隅において、お辞めになる時はまずひと言、「お言葉」を述べ、有識者による議論と検討を経てから、せめて半年以上は前にお声がけ頂きたいと願っています。

 

 どうでもいいか、そんなコト





[ 2017/01/28 07:12 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(6)

相性という名の幻想 

Peach_20160820133752b71.jpg

 恥の多い生涯を送って来ました。

 女王様の世から、僕たちは相性がよかったように思える時が稀にある。

 だけど、それは幻想なんだ。

 手練手管のプロフェッショナルであれば、波長をうまくあわせることができる。

 それに騙されて、もしかして、いいかんじかも鴨川?と錯覚する。

 個人専属奴隷になってみたら、さぁタイヘン。

 勘違いだった〜(>_<) ・・・ みたいなコトも。

 いかにも相性があっているかのように振る舞ってくれているだけ。

 それなのに、相性がいいと思いこむのは、罪はない。

 勘違いでも、セッションでは気持ちが上がりますよ。

 あちらが無理にでも「相性」を合わせてくれるなら、たいしたものだ。

 相性とは本来、合わせるようなものではないのに。

 SMクラブであれば、それは「営業」という名の女王様の熱意であり、彼女達がいい仕事をしているということ。

 相性が合っても、合わなくても、いい仕事をするのがプロ。

 嫌いな人とも仲良くやっていくのが大人のたしなみ。

 SMプレイで相性が合わなくても、いい人間関係を結ぶことは可能だし、その逆だってある。

 苦手な人や嫌いな人と仕事はなんとか出来ても、SMプレイは絶対にやらない。

 やっぱりSMっていうのは、高度に大人の遊戯なんだよね。

桃尻


 本日も「マゾ花」にお越し頂きまして、ありがとうございます。

 果物の中では桃が大好物なのですが、何か問題ありましたでしょうか。



[ 2017/01/19 18:29 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(8)

年の瀬に思ふこと 

 恥の多い人生を歩いてきました。

 命というのは、生から死、そして死から生へと繋がっていくのでしょうか。 

 2016年という年は、プリンスやデビッド・ボウイ、アース・ウィンド&ファイアーのモーリス・ホワイトなど、僕の世代には影響力の大きかった、ミュージシャンやアーティストの訃報が相次いだ年だったような気がします。 

 つい先日もジョージ・マイケルさんに続いて、ショッキングな訃報がダブルで届きました。

「レイア姫」女優キャリー・フィッシャーさんの母も死去
 「雨に唄えば」のデビー・レイノルズさん


 あのレイア姫が「雨に唄えば」のデビー・レイノルズの娘さんだったとは知っていたようで、知りませんでした。

 母子ともにご冥福をお祈り致します。

 別に隠していたわけではないですが、「雨に唄えば」は十歳の時に初めて観たミュージカル映画で、トラウマ的に大好きな作品。

 今でも脳裏に焼き付いているメモリー画像はコレ。

Cyd Charisse

 この映画のメイン・キャストはジーン・ケリー、デビー・レイノルズ、ドナルド・オコナーの3人ですが、シド・チャリシーが登場するこの一幕は、とても印象に残っています。
 
 純粋にダンスシーンとしても素晴らしいのはもちろんのこと、10歳の僕には刺激が強すぎた。

 僕はダンサーの脚線美の魅力にこの時目覚めたのです。

 踊りでなく女性の脚に目が釘づけになる癖、いわゆる脚フェチの性癖がこの時から生まれたような気がする。
    (それ以前から、顔面騎乗への情熱は持っていたのですが・・・)
 

Legfetish_08.jpg
「雨に唄えば」のワンシーンから、こういう画像が好きになるきっかけをもらった


 そういう意味で(何が「そういう意味」なのか、意味不明か?)僕のSM的ファンタジーには、ミュージカル的な思い出が深くリンクしています。

 ミュージカルというのか、音楽的感性、そして文学やその他の芸術的情趣とのつながりは、僕の変態性リビドーを支えている。

 随分昔、もう30年以上前になりますけれども、老舗SMクラブから六本木へ暖簾分けしたあるお店での「豪華調教ルーム」は、実際は古いマンションの和室で、近隣住民への配慮から、必ず悪趣味でウルサいBGMを流してプレイが行われていました。

 僕はそれがイヤで、できることなら静かなクラシック音楽でもかけて欲しいと思っていた。

 ある日ある時、「大きな声は絶対に出さないから、無音でお願いします」と懇願してみたけれど、それは叶いませんでした。

     そして、案の定、ヒイヒイ言わされてしまったのでした(>_<)


 顔面騎乗をされる時の僕の脳内には、シュトラウス作曲「ツァラトゥストラかく語りき」のメロディが流れています。

 顔面騎乗こそは、「性」を超越した、永遠の快楽と苦痛との輪廻転生物語だと思います。





 どうでもいいか、そんなコト。





【心に沁みる関連エントリー】

■ 顔面騎乗の想い尻
homer_memory





[ 2016/12/30 10:06 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(4)

心の中のマゾヒズム 

 夏目漱石アンドロイドに目が点になった。

 その一方で、人工知能がクリエイトする「明暗」のラストを読んでみたいとも思った。

 今年は夏目漱石の没後百年。今日はその命日です。


■ 我が輩はマゾである



 別にこれまで内緒にしていたわけではないのですが、漱石は好きな作家というよりも、別格であり、全てにおいて他の文学者を凌駕しているような気がします。

 おそらく多くの皆さんも、似たような思いを抱いているのではないのでしょうか?

 大学時代に漱石研究で知られる中島国彦先生の講義を受けたこともあって、卒業後も何度か読み返しており、今年も「猫」と「こころ」を懐かしく読みました。何度読んでも、これらの作品にはそのたびに新しい発見があります。


 僕が子どもの頃、文学と言えばよく知りもしないのに夏目漱石という初期設定が既に出来上がっていた。
 
 あるいは根拠もなく、芥川龍之介や川端康成などの大御所に、思春期の視野の狭い文学&マンガ少年にとっては絶対的な権威が感じられて、夏目漱石も実はたいして好きでもないのに読んでいたような気がする。
 
 後から思えば、自分が本当に好きだったのは、谷崎とか三島のような「非主流派」みたいな?勝手な誤解をしていたのでした。

 時を同じくして、己の内部にマゾヒズム的な感性が同時多発的に芽生えており、ゆがんだ精神に悩んだ時期。

 妄想やいびつな願望を満たしてくれるコンテンツを模索するウブな少年だった自分のことを今思い出して、なんだか涙が出そうになってくる。

 夏目漱石もイギリス留学時代に鬱病になった時期があったそうで、まぁレベルは違うのだろうけど漱石作品の多くに共感できたのは、似たような「こころ」のメカニズムを共有していたからだと、こじつけ的にでも思いたい。

 「こころ」のような偉大で有名な傑作は、読み手の精神面、知性や恋愛経験によっても様々に解釈が可能であり、特にどういうSMプレイを好み、やってきたかで評価は大きく分かれるのだと思われます。

心の中のマゾヒズム4

 顔面騎乗ばかりを望んだりしている自分の本性は、突き詰めるとエゴイストいう見方も出来るのかもしれない。

心の中のマゾヒズム3

 人間の本性とは何か。

tumblr_mwr9noe0ZP1rm35woo1_400.gif


 少なくとも自分にとっては(その程度はゆるくても)マゾヒズムが自己の心を構成する一つの重大な要素であり、なくてはならないものだと思います。

心の中のマゾヒズム2

 そしてそれは、エゴイズムとは切り離されたものであって、崇拝する女王様のために自我を消し去り、誠心誠意尽くす奉仕の「こころ」であるということを感じる。

 「こころ」の語源は「凝る」だという説があるそうです。

 そうだとすれば、心にもマッサージが必要で、こころのしこりを揉みほぐすのが、顔面騎乗だと言えるでしょう。

 鞭打ちでも緊縛でもなく、誰が何と言っても顔面騎乗こそが「こころ」の拠り所なのですが、何か問題ありましたでしょうか?


Reading_Mistress_20161209211405c6c.jpg




[ 2016/12/09 21:22 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(1)

好きなことして生きていく 

好きなことだけして生きて逝く

 思い通りに生きるとか、好きなように生きる。

 最近、この種のフレーズを使った書籍やコラム、講演やセミナーなどをよく見かけます。

 需要があるから供給があるとの原則からすると、好きなことをして逝きたいという人が多いのでしょう。

 逆に言うなら、嫌いなことをして生きている人が多い?

 僕は、わりと好きなことだけをして生きてきましたが、残念ながら顔面騎乗だけをして生きていくのは困難です。

好きなことをして生きる

 それでも、なるべく嫌なことはしてきませんでした。

 ただ一つ、SMプレイにおいてだけは、どういうわけなんだか、

 嫌なことをされても我慢する というシチュエーションがあった。
  
    ↑ それがいいんだろうっていうツッコミはなしで(>_<)

 SMはざっくばらんに言えば「好きなコト」ではあるのですが、中には嫌いな項目もあります。

 ファンタジーとして受け入れ可能であっても、実際には出来ないことがありすぎる。

 しかし、それらをある程度我慢しないと、自分が本当に「好きなこと」は実現しない。
 
 具体的には、苦手な鞭打ちのご調教に耐えてからでないと、顔面騎乗をしてもらえません。

tumblr_odddydNNsO1ug6umqo1_1280.jpg

 ビギナー時代には(今もビギナーだけど) そんなのズルい!と思ってた。

 どうして、顔面騎乗してもらうために、これほど痛い思いをしなければならないのか?

 それがどうにも腑に落ちない。

 神はなんという理不尽な受難を、イエスにでなく僕に与えるのか?

 それを女王様に(恐る恐る)言ってみたことがある。

 すると彼女は、

「自分だけが好きなことをするなんて、それこそズルいわよ」

 と可愛くおっしゃる。

 ですよね〜(>_<)

 ホントかわゆくて、胸キュンとなりました。(←もしかして死語?)

 ようするに、女王様が可愛ければ、それでいいのだ。 (。。)☆\バキ

 なので女王様が鞭で打つのが好きなことであるならば、少しは我慢してみようかとは思う
         (思うだけだったりして)

 バラ鞭なら5回。一本鞭なら3回まで。ケインはNGで  (。。)☆\バキ (。。)☆\バキ


tumblr_nybamz6Pbs1ul34lho1_1280.jpg


 しかし、それでも僕は、顔面騎乗をしてもらうために、それとのトレードオフで鞭打たれるのは、やはりズルいと思うのです。

 なぜなら、鞭で打たれたい人が、苦手な顔面騎乗してもらってから、鞭で打たれることはないからです。

 鞭で打たれたい人は、最初からもうイキナリ鞭で打たれます。

 あるいは、緊縛好きな人は、すぐ縛ってもらえる。

 どうして、「ご調教よろしくお願いします」とご挨拶した後ですぐに、

「じゃ、まず顔面騎乗からね」

 とはならないのか(>_<)

 顔面騎乗は必ずといっていいほど、最後のご褒美的な扱いになってます。

 いったい、誰が決めたんや!

Fasesitting_Smoother_05.jpg

 「いつ誰が決めたのか、特定できなかった」

  ではすまされんぞ!

 大好きな顔面騎乗ぐらい、好きなようにさせて下さ〜いいいい!(←魂の叫び)


エリックスタイルの顔面騎乗
 やっぱ、エリック・スタイルがいいネ! 呼吸できるし(^^)




 

[ 2016/09/30 20:07 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(3)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

22位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ