FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

Different strokes for different folks 



 日常的な出会いから、Femdom的なSMプレイをしたり、女王様との主従関係を結ぶのは、難しいとは思う。

 だからこそ僕たちはSMクラブに逝くし、そこで刹那的でもファンタジーを享受できる歓びに耽る。ただ、プロ女王様へのアプローチは、昔に比べるとかなりハードルは低くなったようにみえる。また、プロ女王様になる女性の数も増え、狭くて閉じていた市場は大きく成長した。

 それを可能にしたのがインターネット。

 それ以前を暗黒の時代とまで言わないまでも、先日の Sardax氏による投稿に、僕と同様な郷愁感で反応した米国人がいました。その彼がTwitterでも投稿している懐かしのキャッチ・コピーが

    Different strokes for different folks

 この表現、ひさしぶりに見たけど、日本では昔から知られている有名な英語のイディオムで、「蓼食う虫も好き好き」という意味です。

stroke は「(鞭などで)打つこと」、「一撃」という意味もある。


 プロ女王様が内気なマゾをターゲットにセッションの募集をしかける個人広告に使われるとは、ちょっと想定外というか意表をついていると思うんですが、いい感じ。

 まあ、今風に僕が意訳するなら、 「みんなちがって、みんないい」とでもなるでしょうか。

      
  folk=people(人々)ですが、あえて韻(文節の語尾を〜ksという音でしめる)を踏ませた表現で、ここは金子みすゞ調で詩的にトランスレートしたいところ。

 直訳すると「それぞれ好みの異なる人々に、それぞれの異なる一撃を(加える)」とでもなりますか。

 まさに、SMの世界というのは、十人十色。

 あまりにも当たり前で、わかる人には、わかっちゃうんだ。 

 この広告を出した女王様は、僕にはそんなに痛く打たないし、Whipping MistressのMoto氏になら痛烈な一撃でぶちのめす(>_<)

 そういう期待をさせてくれるキャッチで、ツワモノもヘタレにも、誰に対してでも各自のファンタジーを刺激し、誘惑し、「よし、電話してみよう!」という勇気を与えてくれる。

 しかし、Sardaxの友人でもあるこの米国人は、自宅から電話するのは危険かもしれないという被害妄想を抱いていたようです。

 (僕もおんなじでした。まだ携帯電話のなかった時代、公衆電話からかけていた)

 早い時期から商業的にBDSMの世界に関わっていた彼ですら、この種のKiky(倒錯趣味)の世界へ足を踏み入れるのには、ためらいがあった。

  Your desire is MY COMMAND

       貴方の願望は、私(女王様)の命令

 こんなことも書いてあるけれど・・・本当だろうか?

 甘い期待を膨らませても、裏切られるんじゃなかろうか?・・・

 今ならそれほど悩まず、TwitterやSNSで、お気軽にダイレクトメッセージが送れる時代。

 しかし、かつては、自分の Submissive desire を実現するためにプロ女王様と会うためには、多くの時間と苦悩を必要としていた。

 変態な自分と、そうではない日常の自分との間には、大きな亀裂があった。

 その裂け目を、くっつけてしまうようなリクスは犯せないという自制心がブレーキをかける。

 時として、ためらいながらも、アクセルを踏むこともあります。

 アクセルとブレーキを踏み間違えるようなことではなく、冷静に考えたうえで、決断する。

 そうした体験や犠牲を伴う勇気が、今の時代にも価値を持つのではないか、とでも言いたげなコラムを彼は書いています。


 僕も、ちょうと10年前に、昔のSMクラブの広告という記事で似たような気持ちを吐露していました。

 新宿伊勢丹前の明治通りの向こう側の路地を逝くと、今はもうなくなってしまったカバリエという小さなアダルトショップがありました。

 2〜3人も入ればもう満員という地下の小スペースに、外国のBDSM系雑誌が所狭し並んでおり、インターネット以前にはここと、やはり風前の灯火?六本木セビアン、目白のアールぐらいでしか海外の情報やメディアは入手できませんでした。

 そういう場所で、ロンドンやニューヨークほどではないにしても、フリーランスで活動している同好の志による個人メッセージや広告もどきみたいな掲示物を見かけたおぼえがあります。

 そうした一期一会の文言を信じて、リスクを承知で賭ける勇気は、内気なマゾにはハードルが高かった。

 それは今でも、女王様のブログやTwitterを見て、コンタクトをとるかどうかの判断材料にしているのと同じ構図でもあるだろう。

 Different strokes for different folks

 表現や文体は異なっても、現代の女王様ブログ等にも、本質的には同じメタ・メッセージが込められている。

 それらを信じられるポジティブな気持ち。

 一期一会の出会いに賭ける勇気は、バカでノロマで、ドジで変態なマゾの自分にだって、昔はあったのだと...

 そんな自分を、自分で褒めてあげたいと思っているのですが、何か問題ありましたでしょうか?






[ 2019/08/31 09:40 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(5)

人生は美しいアルバムじゃない 

yasojikara.jpg

 恥の多い生涯をおくってきました(>_<)

 ボケ〜としていたら、いつのまにか平成が終わって令和が始まっている。

 その令和元年もすでに下半期。

 僕は来年、還暦を迎えますが、思い返せば昭和の終わりにバブルがはじけて「失われた三十年」の平成が始まった時、60歳はガチで年寄りに見えた。

 30歳の僕にとって、60代の老人はすでに「終わった人」(>_<)

 その60代にまもなく突入する今の僕の心境としては、まだ全然終わってない(>_<)

 あの頃に知遇を得た先輩方(当時50代〜60代)の訃報を、最近耳にするようになっても、僕自身には、老いて死が間際という意識は全くない。


 とはいえ、もちろん「これからの人」という意識もない。
 
 バラ色の未来は見えず、人生に悔いや羞恥心がたくさん残っている。

 それでも、それなりに楽しかったし、マゾ人生も充実していたんだと思う。

 思い出だけが通り過ぎて逝き、今の風景は静止画として残らない。

 人生は美しいアルバムじゃない

 視力の悪さもあるのでしょうが、世の中の景色がかすんで見える。

 人生は、美しくなくても、撮れなかった写真のようなものかもしれません。


 「失われた世代」を代表する米国の批評家マルコム カウリー の「八十路から眺めれば」によると、老化の目安は

美女と街ですれ違っても振り返らなくなった時

 なんだとか。

 現代では社会の空気をつくるのはSNSで、換言するなら、Twitterやブログで美しい女王様を見かけても、そのつぶやきが心に刺さらなくなるということか・・・。

 「いいこと言ってるな」とは心の中で思っても「イイネ」をポチるほどでもない。

 馬之介パイセンは「イイネ」押しまくっていますが、この感性、行動力は見習いたい。

 ミスターSardax もいい歳こいて勢力的につぶやき、リツイートしまくっている。

 少なくとも平成の時代は、ネットで画像や動画をむさぼるように追い求めていたように思うのですが、そのモチベーションが最近下がってきているような気がするのは、気のせいだろうか。

leg_Fethish_image.jpg

 かろうじて救いなのは、体力や性欲は衰えても、「マゾ欲」だけは昔のまま変わっていない。

 マゾヒズムも厳密には性欲の一種で、倒錯という名のセックスみたいなものなんだろうけど、街で見かける美人とすれ違い、振り返って見ても「寝たい」とは思わず、ただ単純に 踏まれてみたいとか、跪きたいとか、可能であればその後で

 足を舐めさせて頂いたり、顔面騎乗されてみたい とか、

 そういうことだけはいつも考えているのですが、何か問題ありましたでしょうか?


 人生は下り坂でも、マゾとしての妄想力だけは臍を固めて、かすんだ景色に目を瞠って逝きたい。






[ 2019/07/13 11:24 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(18)

SMプレイの作法 

 恥の多い生涯をおくってきました(>_<)



 大学で僕は演劇を専攻してまして、主にこの学問は作品の鑑賞や評価をしますが、たまに演じたりもしてました。

 役者として舞台に立ったこともあり、その時のわずかな経験が今に逝きていると感じることもあります。

 *念のために申し添えておきますが、いわゆる「観客調教ショー」の類いには参加したことないです(>_<)

  この世はすべて舞台。
  男も女もその役者に過ぎない。
(シェイクスピア「お気に召すまま」)

 人々は社会人を演じ、家庭ではまた各々それぞれの役割を演じ、そしてSMクラブでは全く別のロールプレイを演じている。

 Play には、文字通り「遊ぶ」という意味の他に「演じる」というのがあります。

 芝居をするというのは、ある意味で遊ぶことです。

 だけど、真剣にやる。

 このことは、SMとよく似ているように思う。

 マジメな遊び心がないと、上手くできませんし、楽しくない。

 不真面目にやるような人は、この世界にあまりいないけど、意外と無知な人は多いのかもしれない。

 マドンナも言うように、知は力なりというがごとし。

 善意からでも、知らないがゆえに、愚かなことをしでかしてしまうリスクが常にある。

 かつての僕はものを知らず、世間知らずで困ったものでした。(今もだが)

 SM的遊戯を趣味でやるにしても、真剣に、そして安全第一でやって逝きたい。

 そして、相手をリスペクトし、感謝する。

 一人芝居ではない。

 この相互関係を意識した作法を守ることが、大切だと思っています。

 そうすればきっと、楽しくて、美しい演劇的空間が生まれる。

 それが虚構だろうが仮想現実でもかまわない。

 自分にとっては、「本物」なのだから。

 奴隷役を演じてはいても、服従しているのは事実。

支配と服従

 道化芝居とはいえ、女王様に従順でいるというシナリオに、嘘はない。

 なんだか紛らわしいけれど、SMというのは凄く矛盾している。

 そのカオスの中で、異化効果をどれだけ期待し、実現できるのだろう....

 支配と服従。苦痛と快楽。女王様と奴隷。

 相手にとっても、都合のいいロールプレイを演じる。

 この両者に折り合いをつける物語が、SMプレイなのだと思います。


 そのコラボレーションの中で、お互いにウイン&ウインの関係性を築ければ最高だ。

 




■ 緊縛事故について 僕自身のツラく悲しい思い出・・・について書いてみました(>_<)

現代緊縛入門


[ 2019/04/20 10:14 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(7)

画期的な春川ナミオ画集!凄すぎる 



 春川ナミオというと、従来のSMカテゴリーの中でも異端というか奇想というか、やや歪な目線で評価されがちな印象が、あったように思う。

 もちろん僕を含めて、昔から熱烈なファンは多い。

 伝統美にとどまらない前衛性は素晴らしく、評価され注目されてもきた。

 近年ではマドンナの大好き宣言が記憶に新しい。

 グローバルな人気に今度は違和感すら覚える。

 見ればわかる!というその凄まじい絵には、あまり言説を要しない。

 何が描かれているのか? 見るものは何を期待しているのか、明らかだ。

 言葉にならない感動を、どうにかして表現したい。

 僕がSM初心者だった若い頃、これからSMプレイをお願いする見ず知らずの女王様に、自分の願望を適確にお伝えしたいというような時に、強力なツールとなるのが、春川ナミオの顔騎絵図でもあった。

 ご同輩の似たような武勇伝もよく伺っているので、春川さんのご功績の一つとして、恥ずかしがり屋のマゾヒスト達の、メタ・メッセージを共有、拡散するために利用されてきたという事実は、正統な歴史であろう。

 今年の初め頃、春川さんから突然、電話を頂いた。

 久しぶりの近況報告をお互いに交わした後、「春に個展をやるんだけど...」とおっしゃる。

 数年前、僕は春川さんの原画展をプロデュースした際、団鬼六さんに巻頭言のようなメッセージを依頼して、展覧会場入り口に「主催者挨拶」のようにして掲出させて頂いた。


■ 春川ナミオの絵について・団鬼六
団鬼六氏プロフィール写真
 SM文学の巨匠が春川ナミオのマゾ絵を絶讃!


 あの時のメッセージ文言を、今度の展覧会で同時出版される画集に再録できないかというお問い合わせでした。

 僕が判断できるものではないのですが、「問題ないとは思いますが、北川さんとも相談してみて下さい・・・」と言うのが精一杯でした。

 そんなこともあり、個展はもちろんのこと、発売されたばかりの「Incredible Femdom Art of NAMIO HARUKAWA -ドミナの玉座、あるいは顔面騎乗主義者の愉楽-」を楽しみにしていた。

 これまでも何度か、個展や作品の展示販売会は行われていましたが、出品作のほとんどが掲載される図録の販売はなかったように思います。

 まるで国立西洋美術館で開催される普通の美術展のようなクオリティで、図録が編集され出版されたという画期的な展覧会です。

 この画集には春川さん自らがお茶目な「巻頭言」を披露されており、編集部によるインタビュー記事の書き下ろし、それに加えて、

 著名な美術評論家や精神分析医、アーティストの空山基らがメッセージを寄稿されています。

 先日このブログでも紹介した寺山修司の「不思議図書館」の引用部も転載されていました。

 読みどころもたっぷりで、資料的価値も高いこの画集、ヴァニラ画廊の会場にて、全て春川さん直筆サイン入りで発売されています。

 

 ■ 春川ナミオ展・入場までの待ち時間は最大2時間強!

 ■ 春川ナミオさんの個展




[ 2019/04/05 10:09 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(0)

死後のコレクション? 

絶対に秘密

 昨年末の大掃除の時、部屋で押し入れの整理してたら、こんなの出てきた。

 いったい何だろう? いつ作ったのか、忘却の彼方。

 どうやら、このお手製のラベルは、自分の作のようだ。

 見つけた瞬間に、不覚にも笑ってしまったのですが、中に何をいれたのかを何も覚えていないのがショック。

 歳とったんだな〜(>_<)




 開ける勇気が、出ない。



 ブログネタにはしても、絶対に秘密にしておこう・・・




 ■ 性癖の親バレ  (2005年 11月10日付記事)



[ 2019/01/26 15:11 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(6)

平成生まれの女王様 



 最近は、平成生まれの女王様と、カジュアルに接する機会が増えました。

 心の中で何回「いいね!」ボタンをぽちっても、いざSMプレイ(ごっこでも)には、尻ごみしてしまう。

 そういう恥ずかしがり屋の僕には、可愛くて初々しいミストレスは、眼が眩むほど眩しい。

Serina_02.jpg

 既に昭和の時代から、素人っぽくアイドル化した女王様というのは登場していたし、オドロおどろしいSM世界への扉は一般にも開かれていましたが、当時はまだインターネットやSNSもなく、やはり僕にとってその扉は重たくて、心理的なハードルも高かった。

 昭和の空気を、明治ほど遠くに感じているであろう若い女王様にも、その幼い少女のような面影の向こう側に、懐かしくも伝統的な昭和ノスタルジー遺伝子が受け継がれている不思議。

 いわゆる「なんちゃって女王様」やフシギちゃんではなく、きちんとした、折り目正しい正統派?女王様の資質とも言えるようなものが、確実に存在している気がする。

Serinakazuki_20181212114813a0f.jpg


 それらは、マゾが勝手に妄想を膨らませているだけかもしれないにせよ、発見され、開発され、育成されたりもする。
 
 個性という名のオブラートに包まれた、解明不能なDNAであり、無言でマゾを調教することが出来る特殊なオーラを発している。

 そのオーラを受け取ることの出来る才能が、マゾヒズムの要素の一つかもしれない。

 変態性癖や倒錯が、必ずしも遺伝するわけではないと思うけど、社会的、文化的に伝達されるメッセージ物質のやりとりが、SM的なる関係性、共同体を形作ってきたように思う。

 普通に若い女性と話していると抱いてしまいがちな違和感やジェネレーション・ギャップというものが、SMの女王様にはあまり感じられないような気がするのは、そうした特殊な伝達要素を、幸運にもシェアしているからであり、それはつまり、相性がいいということにもなるのかもしれない。

  ・・・などとモ〜ソ〜。

フランソワ・ブーシェ
フランソワ・ブーシェ「オダリスク」


 既に現役を退き、もう会えないかと思っていた有名人気女王様と、先日、久しぶりに再会する機会を得ました。

 まるで火の鳥の生き血を飲んでいたかのごとく、昔とほとんど変わっていないのに感動しつつ、プレイしたいと30年以上前から、ず〜と思い続けていたその夢が叶わなかったことが悔やまれる(>_<)

 しかしその彼女も、後進の指導や人材育成に携わるお立場となり、次世代の女王様達に、古き良き時代の精神を引き継ごうとしている姿に触れ、魂の救済を得たように思った(勝手に)。

 人生黄昏の下り坂にさしかかり、絶望もしないけれど希望もないような境地にありながら、人生100年時代とも囁かれている平成が、まもなく終わろうとしている。

 昔は人生50年と言われていたことを思い出せば、今の自分はムリヤリ10代、ティーンエイジャーのつもりになって、まぞマゾしいオナニーをしてみるのも楽しいカモ鴨川。


 たとえ精液は出なくとも、

「逝かせて下さ〜い女王様あぁぁぁ〜!」 

 と叫んでみたい(>_<)





【懐かしの昭和的M男ビデオ】


和樹女王様
  当時池袋のクインビーといえば、新規参入でありながら・・・(続きを読む)



美しき女王様 セビアン・クイーンズ・コレクション シルバークイーン「畜奴」 高貴な顔面騎乗 真・女王伝説 Part II ビデオカバー 


■ 秀美女王様



【この記事を読んだ人は以下の過去記事も読んでいます!】


■ SMを楽しむために

■ 女王様はわかってくれない

■ SMクラブの仁義

■ SMは芸術?




■ 緊縛事故について 妄想だけじゃない。僕自身のツラく悲しい思い出・・・(>_<)について書いてみました(>_<)

現代緊縛入門




[ 2018/12/12 11:52 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(9)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

19位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ