FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

マゾの瞑想 



 最近、瞑想にハマっております。

 もしかしたら、記事のタイトルを「マゾの妄想」と読み間違えていらっしゃる方もいるかもですが、瞑想です、めいそう。

 瞑想がきちんとできるわけではありませんが、簡単な呼吸法で心身のリラクゼーションをはかる感じで、普通の深呼吸を少し真面目にやる。

 それですぐに何か悟るとか、ミスが減るというものではなく、ただ血行が促進され、気分は落ちつく。

 寝起きにやると目がさめてスッキリするし、就寝前にやるとぐっすりと眠れますね。

 これは気持ちにゆとりがないと難しく(瞑想する気も起きない)、日常的に穏やかな生活を心がけるようになります。そうすると自然と精神的なストレスが軽減されてきますので、なにがしかの効果は期待できそうです。

 クタクタになってバタンキュー(←もしかして死後?)と寝るよりかは、たった5分でも呼吸法を使ってリラックスしてから寝ると、確実に翌日の疲労が軽くなってます。

 疲れがとれると、身体が楽になり、気持ちにもゆとりが生まれる。

 これはここ数年、自己啓発セミナーなどでもよく言及されるマインドフルネスとも言われるメソッドです。

 あるきっかけがあって始めたもので、恥ずかしいから最初は絶対に秘密にしていました。

 まぁ、ブログでやってると書けるほど、きちんとやれてるわけでもないんだけど、そろそろ2年ぐらいたちます。

 まだ、瞑想をやれているという実感はないけれど、意識的に「平常心」を維持できそうな「錯覚」はある。

 平常心というのは、「今から平常心になるぞ!」と決めても、そう思ってるだけで、実は全く平常心でない。

 気がつくと失っているのが、平常心です。

 何か緊張やストレスを強いられそうなシチュエーション(例えばプレゼンテーション)の前に行うと、やらないよりは効果がある。

 俳優や講演者などが舞台の本番前に、それぞれ独自のスタイルで、皆さんやっていますね。

 最近の僕はこれを、SMプレイの前に必ず行うようにしています。

 昔は、予約の電話を入れてからはテンションが上がりっぱなしで(今もだが)、とてもじゃないけど瞑想をやろうなんていう発想すらなく、むしろそのエキサイティングな盛り上がりを楽しんでいた。

 しかし、年齢を重ね、様々な失敗や不本意な思い出の反省から、もう少し落ちついて、自分の快楽だけでなく、女王様ファーストなプレイにしたいと思うようになり、ダメ元で簡単な呼吸法のマスターに努力するようになりました。

 プレイ中には何度も平常心を失い、アヘ顔を晒すのですが、そんな自分を冷静に見つめる視線が生まれるようになりました。

 世阿弥の言うところの「離見の見」のようなものですが、そこまで高尚でなくても、惨めな自分の姿を自虐的に見つめる目線は、マゾヒズムにはよくある心理です。
 
 最近のSMクラブには豪華調教ルームがありませんから、事前に歌舞伎町などのラブホにチェックインしてから、お店にルームナンバーを伝え、女王様の到着をホテルの部屋で待つ。

 時間にはゆとりを持って、準備万端整え、シャワーを念入りに浴びて身体を清める。

 あと10分ぐらいで予約の時間になるぐらいのタイミングで、瞑想を始める。

 座禅は組まないけど(できないけど)、正坐して、呼吸を整えます。

 これから、浮世離れした変態行為をやるっていうのに、気分が落ち着くわけがない。

 そこを頑張って、瞑想する。瞑想しているつもりになるだけでもいい。

 無心を楽しむなどと言われますが、それは難しいので、乱心を楽しむ。

 乱れた心を、冷静に見るというのも、一つの(レベルの低い)悟りです。

 まもなく、あのドアの向こうから、

 ものすごく綺麗な女王様がやってくるんだ。

 そして、僕を虐めてくれる。



 そう思うだけで、心臓は爆発しそうになる(>_<)

 幸いなことに射精管理されてないんで、勃起もする(たまにだが)

 イヤらしいこと考えながらやる瞑想でも、多少は効果があって、若い頃よりは、ドジを踏まなくなりました。

 ハイテンションでイケ逝けモードもよいけれど、少しクールに、感興を味わうのも大人のたしなみ。

 そうすれば、女王様へのおもてなしの心も豊かになり、SMプレイのクオリティも高まり、充実したセッションとなるのです。

 いい人生は、いいSMプレイからはじまるのです。



■ 放置プレイ

誘惑  女王様を無視する「逆放置プレイ」?






[ 2018/10/14 10:06 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(1)

もっと下さい(>_<) 

tumblr_o81x502vqx1vnrz7fo1_1280.jpg

 日常的によく耳にするフレーズですが、僕にとっては、なんとも官能的に響く特別な表現なのです。

 だから、自分では滅多に口にしません。

 この台詞は、例えばキャンプなどに行って皆でバーベキューをしている時、鍋奉行担当者に言ったりしますNe

 

新井恵理那m
*過去記事「これが好きなんでしょ?」
(「胸キュン」改題)参照


 それ以外のシチュエーションは、なかなか思い浮かばないのですが、SMプレイでたまに言わされますNe

 もう30年以上も昔、あるSMクラブに言葉責めの上手な女王様がいて、この台詞が超ツボにはまるように仕込まれてしまいました。


 何をやっていた時なのかは、細かいところまで覚えていませんが(覚えていても絶対に秘密ですが)、とにかくセッションの中盤あたりでのこと。

 おそらく、跪いて脚を舐めたり、マッサージなどのソフトなご奉仕をしている最中であったかと思う。

もっとくらひゃい!



 その時の女王様は、次のように、もの凄くやさしい調子でおっしゃっいました。

 「お願いする時は、どうするの?」


 僕はまだ初心者みたいなものだったので(今もだが)意味がよくわからず、黙ってうつむいていると、軽くビンタがとんできて、「私の目を見なさい!」 と少し強い口調でのたまう。

 アイコンタクトが苦手だった僕は(今もだが)恐る恐る、眼を凝らして彼女の顔を見上げたものの、口はまだきけなかった。

 魔性の女のように微笑みながら彼女は、

 「もっと下さい」でしょう!
 
 と、これまでにない迫力で、しかし、上品に言う。

 シンプルな言葉だ。素直に言えればいいのに(>_<)
 
 若い頃の僕は妙にプライドが高かったのだ(今もだが)

 一般的な人間関係においても、相手の方は手を差し伸べてきてくれるのだが、なんとなくぎこちない対応しかできない。

 SMクラブでも、女王様と上手くミュニケーションがとれてないことが多かった。

もっと下さい

 この時の女王様は、ベテランのプロ。

 僕が何を「もっと」欲しがっているのか、彼女にはお見通しだ。


 それはまさに、今こそ僕が言うべき言葉でありました。

 「も、もっと下さい・・・」

 か細い声で、かろうじて言えたような気がする。

   声が小さいわよ!

 僕はなんだか嬉しくて、興奮もしてきたので、大きな声で言った。

  もっと、くらひゃい(>_<) 

 女王様は、あごクイをして僕の顔を近づけて、耳元で囁くように言う。

Rita_Hayworth.jpg
    リタ・ヘイワース チャールズ・ヴィダー監督「ギルダ」(1945年アメリカ)より


 「懇願する気持ちが伝わってこないわよ。 本当に欲しいのかしら?」

 本当に欲しかった。だけど、恥ずかしくて言えないんだ(>_<)

 もっと欲しい欲しいって思いながら、おねだりするように、言ってごらんなさい。

 大きな声でヨ!



 コトバ責めだけで、頭がくらくらしてきた。

tumblr_ov0norK3DV1wyoilgo1_1280-2.jpg

 今にして思えば、これから盛り上がって逝くんだという、前奏曲のきっかけのようなセリフでした。

 僕もついに、ドーパミンが溢れだしたのか

「この女王様のためなら、言える!」と、さながら「愛と誠」の岩清水君のようにふっきれたようでした。

 女王様、お願いします。もっと、もっと下さ〜いいいい

 おもむろに彼女は、僕の上にゆっくり、ゆ〜っくりとしゃがんでくるのでした。

 柔らかくて、あたたかいぬくもりが僕の口もとに伝わってくる・・・


 まぁ、何が欲しくて、その後どうなったのかは絶対に秘密ですが、この時の思い出が忘れがたく、「もっと下さい!」という表現には、心理的に格別なタグがついてしまったのです。

 アウトドアの健全な青空の下で、普通に言えば言える状況でも、(お肉を)「もっと下さい」とは言えない。

 いや、言わないのです。

 女王様にお願いする時だけに使う特別な言葉として、心の奥にしまっておくんだ。

e448ad2cfa0ca80cd9d08ad98faaf46f.jpg

 そんな自分を、愛おしいと思うのですが、どこかおかしいでしょうか?(>_<)



 どうでもいいか、そんなコト!



■ 顎クイフェチ
顎クイ




 




[ 2018/10/06 18:46 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(1)

悲しき玩具〜貞操帯 

The_Day_of_CHI-chi-4.png

 先日の「乳」の日に、頼まれもしないのに、女王様のオッパイ問題を取り上げました。
 
キーホルダー

 あの時の記事を書くための資料として、ボイン(←もしかして死語?)の画像を整理していたら、僕のハードディスクには、この種のイメージが意外と多かったのに自分でもびっくりポン。

KeyHolder_Mistress_08.png

 射精管理でキーホルダーとなる女性がバストを背景に鍵を見せつけるような、「アレ」です。

KeyHolder_Mistress_01.jpg

 アレは実際に射精管理されているM奴隷ならたまらんのでしょうけど、普通の男性が見ても興奮するのかな?
 
KeyHolder_Mistress_02.jpg

 コレ(↓)は胸もいいけど、どちらかというと目チカラに萌えるイメージ。

KeyHolder_Mistress_19.jpg

 これまで隠していたわけではないですが、僕って「目線フェチ」かもしれない。

KeyHolder_Mistress_23.jpg

 普通に脚フェチのマゾは、鍵を足首につけて頂こう!

KeyHolder_Mistress_26.jpg


 手首フェチの人いますか?

KeyHolder_Mistress_24.jpg

 尻フェチ向け ↓

KeyHolder_Mistress_27.jpg


 実は、僕って射精管理にはあんまり興味がないじゃないですか。
  ↑って、こんだけ画像出しておいて、よく言うよ (。。)☆\バキ

KeyHolder_Mistress_21.jpg


 (正確にいうと、ある理由から射精そのものにも関心がないのですが)

 ただ、フェチ目線で小道具として鍵があるかないかで、興奮度が違ってくる。

KeyHolder_Mistress_05.jpg


 フェミニンな魅力や胸の形の良し悪しとは別に、鍵の存在がカギとなる(いや、シャレじゃなくてネ)

 仮想的に射精管理されてるつもりにならないと、この種のビジュアルに萌えるのは難しいかもしれない。

KeyHolder_Mistress_06.jpg

胸単体ではたいしてコーフンしないのに、そこに鍵が見えると勃起してしまう。

チチの日_2

 持続可能な勃起社会実現の鍵は、この貞操帯の鍵にあるのではなかろうか。
 (いや、くどいようですが、シャレでなくてネ)

tumblr_p14gk1sJiZ1w9sz4so1_1280.jpg

 しかし、こうしていろいろ見ていると、やはりペチャパイ(←もしかして死語? いや不適切な表現になりますでしょうか)だとインパクトに欠けるかも加茂神社?

 女性美としての胸のフォルムは重要ではある。

 それは顔面騎乗におけるお尻の形の場合と同じで、本質的なものではない。

tumblr_pcmyckpF5M1u3puwko1_500.jpg


 射精管理されていなくても激昂できちゃうのが、変態性マゾならではの特権と言えるのでしょう(言えないかも)

tumblr_pasfgzD0bk1w9lmpoo1_400.gif

 な〜んかね、どうもネ、こ〜ゆーのって、↓ あまりピンとこない。

KeyHolder_Mistress_03.jpg

 芸術のために脱ぎました!ってか (^^)

 まぁ、悪くはないんだけど・・・あからさますぎると、かえって萎える(>_<)

KeyHolder_Mistress_07.jpg

 マゾヒズムに健全すぎるエロスは、邪魔になる場合が多いような気がする。

 それだけ屈折率が高いのであろう。本当は素直になりたい(射精したい?)のに。

The_Day_of_CHI-chi-6.jpg

 別に射精管理しなくていいので、鍵のペンダントつけて一緒に歩いてくれ (。。)☆\バキ


KeyHolder_Mistress_09.jpg

 Kaiさんの真似して、下の画像↓にある英文キャプションを訳してみよう。

KeyHolder_Mistress_10.jpg

【貞操帯(射精管理)を知るカップルは、鍵の意味を、そして鍵がなぜそこにあるのかを理解している】

KeyHolder_Mistress_11.jpg

 気まぐれに貞操帯を買ったことあるんだけど、大きすぎて意味なかったぜよ(>_<)

 一番小さなサイズを選んだのに(>_<)(>_<)(>_<)

CB_6000_b

 つける時は一応ドキドキしたものの、装着しても勃たネーから(>_<)


KeyHolder_Mistress_12.jpg

 ひとりぼっちの射精管理ごっこは、惨めすぎて、オナニーすら難しいことが判明。


 どうでもいいけど最近、まともな勃起もしないし、ドピュっと出ない。

 まっとうなオナニー(顔面騎乗を妄想しながらしごく)をしても、イマイチ駄目なんです。

      ↑ 本当にどうでもいいか、そんなコト


KeyHolder_Mistress_13.jpg

 絶対に射精させてくれる、キーホルダー女王様募集! (。。)☆\バキ


KeyHolder_Mistress_08.jpg




射精管理  ■ 悲しき玩具 6年前にも同じタイトルで記事書いてた。忘れてたよ。


tumblr_mxuj80K1Ur1r64122o1_400.jpg

 アナルプラグ付きの貞操帯。これはつけたくないなぁ

tumblr_pagyl7eB9y1x3ctemo1_1280.jpg



【関連エントリー】


■ 射精管理



■ 初心者M男の初級射精管理講座
GTOP_67_射精管理


■ 絶対射精管理



[ 2018/08/16 17:34 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(8)

モード・エ・バロックの真実 

モード・エ・バロックに花束を

 今さら信じてもらえないでしょうが、本当に僕は恥ずかしがり屋さんなのです(←真実!)
  
 そういう意味でも、恥の多い生涯をおくってきました。

 反響の大きかった、バロック14周年告知フライヤーにおける、「パクリ疑惑」について、その真相を確かめるべく、僕はこっそりと、六本木に足を運んでいた。

 お店の入っている戸田ビルの前でタクシーから降りた瞬間、「あ、ホーマーさんだ!」と大声で叫ばれ仰天した。

 アマルコルドのグラデスカとバッタリ鉢合わせした(>_<)

 最近は、SM落語会ラシオラ展などでアマルへ逝く機会も多かったので、面が割れていた。

 でも道ばたでブログネームを大声で呼ばれるのは本当に恥ずかしいので、やめて下さい。(>_<)
 
 動揺してしまい、「バロックへご降臨ですか? 絶対に秘密で同伴しましょう!」などと、

 思わずワケのわからないことをつぶやいてしまったが、あっさりスルーされてしまった。

 まぁ、それはともかく、六本木に来ると、やはり気分が盛り上がってシマウマ。

 この場所には、数ある聖地の中でも独特の煌めきを感じる。

 人生初のSMプレイがここだったことに加えて、短期間だが住んでいたこともあるのだ。

 北川プロのDVD「顔面騎乗に花束を!」の撮影以来、バロックとは疎遠になっていた。

カチンコ打つ監督
「顔面騎乗に花束を!」の撮影現場 at バロック


 今年になってから、およそ6年ぶりに訪れていたが、これまでに「づ誕」や各種イベントに参加したことはなく、周年祭も今回が初めてである。

もしモード・エ・バロックがサイド7にあったら

 バロック14周年祭(二日目)は、とても楽しゅうございました(>_<)

 意外とこじんまりというのか、満員御礼というほどの混雑もなく、それでも、ひっきりなしに礼儀正しいM男らしきお客さんが、途切れなくやってくる。

 これら常連客の中に、旧レーヌの広告をパクった手先の起用なマゾ氏がいるのだろうか・・・

 それが誰かを探るかのような探偵目縁で凝視していると、あの有名ながっちゃん氏も来ていた。

 最近、この御仁との遭遇率が高いのだけれど、ご縁があるなあ。

 僕はなるべく地味なスタイルで、いつものように隅っこのほうでチビチビ飲んでいると、ほどなくして、みづき桃香さんご登場。

 六本木の老舗SMクラブの広告版下は、どのように「改ざん」され、二次利用されるに至ったのか?

 その経緯を、ズバリ棟梁の桃香さんに質問箱〜♡


「あ〜、アレは私が考えました。

 昔のSM雑誌から引っぱってきて、

 バロックちゃんにお願いして作ってもらったの エヘ(笑)」



 イヤハヤなんとも、アッケラカンとおっしゃる。

 そして「ホーマーさんの心に、刺さったでしょ?」とニッコリ笑う(>_<)

 やはり、「疑惑の真相」はパクリだったのだ。

 しかしお客さんの関与は一切ないとのこと。

 もちろん旧レーヌへの敬意と、昭和ノスタルジーを突く高度な換骨奪胎なのは明白だ。

初代バロックの麻倉雅さんが所属していたクイーンズクラブの広告
渋谷クイーンズクラブ・麻倉雅
昔のSMクラブの広告なんて、どれも似たり寄ったり。重要なスペックは身長。


 桃香さん特有のまなざしで、僕らの世代へのオマージュがこの祝祭に添えられている。

 そんなことはわかっていた。それを口実に、僕は再びバロックにやってきたのサ。

 先に恥ずかしがり屋と書いたが、もっと正直に言うならば、僕は人見知りなのである。

 恥ずかしがり屋というのは、お知り合いになった後でも「人見知り」状態が持続する性癖だ(たぶん)

 昔誰かに、「それは誰かとつながりたい、という願望意識が強いからではない?」と指摘されたことがある。

 そうなのかもしれない。

 だけど、もっとお話してみたいのに、上手くいかない。接点が見いだせない。

 そのギコチナさをカバーしてくれるのが、イベント性であったり、自己チューな口実と妄想なのであろう。
 
 SMバーやフェティッシュ・イベントでは、どうにも居場所が見いだせず、いつも独りぼっちで浮いている。

 桃香さんは、そんなこともお見通しで、なんの気まずさを僕に感じさせることなく、昔ながらの天真爛漫さで接してくれた。

 嬉しかった。

 どうでもいいか、そんなこと(>_<)



 まもなく、観客調教ショータイムが始まろうとしている。

 周囲のM客たちは、いそいそと、「肌色の人」に変身していく。

 別に司会者や場を仕切る人がいるわけでもないのに。ごく自然と。同時多発的に。

 僕の隣の男性に、バロックちゃんが黄色いドンキホーテの袋を手渡す。

 そこには、彼が着ていた服が入れられる。

 そうかと思えば、着替えに一瞬席を外し、戻ってくるとゼンタイ(全身タイツ姿)になってるオジさん。

 みんなが皆、思い思いの姿やコスチュームになっていく。

 不気味だが、この調和のとれた一連の所作には、長年のマゾライフで培われた伝統芸ともいえる巧みの世界が垣間見える。

 さすが六本木だべや。 僕は少し感動していた。

 坊主頭でスーツ姿の若者も登場! 一昨日、アメフトの反則タックルで記者会見した日大のディフェンス選手とそっくりだ!

 どうみても二十歳に見える。こんなに爽やかな若者が、本当にマゾなのか?!

 僕は思わず、「本当につぶしてこいと指示されたのですか?」と尋ねてしまい、これもスルーされた。

   ↑ 意味不明だからだ (。。)☆\バキ


 観客調教ショーが始まる。

 おもむろに首輪をつけれらたマゾ・オヤジ氏がウットリとしている。

 羨ましいような気もするが、僕にはアレが出来ないんだ(>_<)

 このようなセミ・プライベートな空間でも、晒されマゾにはなれそうもない。

 会場をよく見ていると、お客さんが仲良しと思しきバロックちゃんから誘導されたり(そそのかされたり?)して、次から次へとステージにあがっていく。

 そうした光景は見慣れたものではあったが、なんとも心がざわめき始める。

 僕だって、イキナリ舞台へ引きずり出されてしまうリスクが、全くなくはなくないとは、言いきれなくもないカモ鴨川なのだ。

 幸いにして(残念ながら?)僕はスルーされていた。

 ショーは結構エグいというか、残酷な場面がちょっとだけ(僕には)見えたような気がした。

 でも、全体的にホッコリしていて、初心者でも安心して遊べますから〜(>_<)

 いや〜まじに素晴らしいショータイムで、感激しました。

 昭和のSM残酷ショーとは、ひと味もふた味も違う。

 ほとんどが平成生まれの、若いバロックちゃん達の貫禄ある女王様ブリっこには、桃香さんの面影が見えるような気もした。

 隣に座ってくれた仮免ちゃんは、僕のことをなぜか「師匠」と呼ぶ。
 
 初対面の別のバロックちゃんは、僕がこのブログの筆者だと知ると、

 ア〜! あのドヘンタイは、おまえか〜? 

 と、強烈な言葉責め キタ━━(>_<)━━!!   *ワシは傷ついたヨ(>_<)(>_<)


 内心(ド変態のくせに)マジで凹んでいた僕を桃香さんは、さりげなく慰めてくれました。

 10年前の初対面の時から強烈な女王様オーラを放っていた彼女だったが、ポスト麻倉雅としてバロックを育ててきた経験から、新たなるマダム・オーラを獲得したように感じる。

 もう、雅さんを超えたね!

 平成の時代を象徴してきらめく伝説的な店として君臨した

      ↑ まだ終わってないから (。。)☆\バキ  


MomokaHomer.jpg

 モード・エ・バロックに花束を!


 懐かしい笑顔でもてなしてくれた桃香さん、ありがとうございました!

 そして、楽しいひと時を共有して下さいましたお客さん、バロックちゃんに感謝申し上げます。



■ みづき桃香に花束を!
みづき桃香_10400
 このアヒル唇がたまらん(>_<)


[ 2018/05/26 12:42 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(8)

ヴィーナス・ナイトに逝ってみた 

Nに逝ってみた-4

 別に隠していたわけではないのですが、こっそりと池袋のユリイカに逝ってきました。

 何しろ、僕は 恥ずかしがり屋さん です。

 この種のものが本当に苦手で、いいイベントだとは思いますが、一昨年のクリスマスに初参加した時 満足していたのもあり、その後は距離を置いていました。

 ただ今回、ゆみこさんの近況が気がかりで、久しぶりに勇気を出して逝ってきました。

 ヴィーナスナイトは、SMというよりか、フェチに特化した上品な催しです。

VNに逝ってみた-1

 M男が縛られたり、鞭で打たれることはないとはいえ、足で踏まれたり、人間椅子になって椅子取りゲームの餌食にされたり、ジュリアナのお立ち台で顔面騎乗されたりと、楽しさいっぱいのアミューズメント・パークと化す空間は、現代社会の闇と光を映し出す桃源郷のようで実に刺激的。

 みんなとっても楽しそう(>_<)

 顔面騎乗をおねだりするM男がいたり、ここでは「逆セクハラ?」が許されるのだ(たぶん)

 日本三大マゾの重鎮・がっちゃん氏のような「余裕の老M紳士」から、飢えた目つきのギラギラした若いM男たちの群衆を背景にして、何といっても素晴らしいのは、女王様(素人S女性も含む)たちの表情が生き生きとして目が眩む。

 この女神たちの笑顔パワーこそが、最強のコンテンツだと思う。

 しかし僕は「人間床」や「人間椅子」にはならず、目の前でゆみこさんが、iPhoneにインストールしたDJアプリでノリノリの様子を鑑賞しながら、カウンターで一人ちびちびと飲んでいました。

 彼女の笑顔も百万ボルトだった(←もしかして死語?)

 来週から長期療養のためしばらくシフトから外れるとは思えないほどあっけらかんとしたゆみこさんの様子に、何か安堵したのでした(>_<)

 それを間近で確認することが出来たので、盛り上がりがマックスとなる前に、すでに阿鼻叫喚のサバトと化しつつあるヴィーナス・ナイトの夜を僕は引き上げることにしたのでした。

 と、ブログには書いておこう! 

ユリイカ初期の思い出



■ ヴィーナス・ナイト(2016年 12月23日)


【ユリイカ関連のエントリー】


■ 12年目のカミングアウト・一期一会
亭主元気でマゾがいい#14

■ マゾの社交場・ユリイカ
M男の聖地

 
■ そうだったのか!「ユリイカ12周年記念冊子」
ほしいものが欲しいわ


■ 知らないと損をする鏡ゆみこのツイート
ユリイカ記念冊子+花椿2

■Go ゴー!池袋 丼本ゲット
丼レシピ本 ゆみこフォト ユリイカ9周年祭関係記事

■ ユリイカ十周年に寄せて

■ ユリイカ10周年・後夜祭の速報


■ イカす女王様天国・イカ嬢

■ SMサロンに初めて行ってみる
  
 僕が初めてユリイカへお邪魔した時のエピソードです(>_<)

■ 粋な会話をしたい
 この時はゆみこさん不在で、夕樹七瀬、みづき桃香と初めて会った。


■ 魂を揺さぶる女王様騎馬戦ムービー




[ 2018/04/29 14:06 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(1)

SMは爆発だ! 

SMは爆発だ!

 恥の多い生涯をおくってきました。

 SMが芸術かどうか述べる前に、僕はSMをある種の爆発だと考えています。

 核兵器のような悪意ある危険な爆発でなく、異なる意思が融合して起こる化学反応のような。

 もちろん様々な意味においてリスクも多いSM全般においては、爆発的な脅威もあると思う。サッカー日本代表のハリルホジッチ前監督と選手たちとの不幸な化学反応もありえたのかもしれない。

 しかし、かつて「芸術は爆発だ!」とも言われたように、もしSMが爆発であるならば、SMが芸術と言える根拠はあるでしょう。
 (A=Bで、 B=Cならば、A=Cなので)

 そして、エスエマーは、その爆発の導火線に火をつけるアーティストだ。

 爆発の目撃者が、それに驚き、評価をし、伝道師となる。

 芸術作品とは、各時代の賛美者たちが熱く語り続けることで、次の時代へと繋がれていくものなのです。

ピカソ「泣く女」


 好き嫌いではなく、鑑賞に値するかどうかで、美の粋を見つめたい。

 僕の心の中には、闇の美術館があって、それを昔「マゾロポリタン美術館」と名づけました。

Laurent Lebeau
Laurent Lebeau “Slave view #04”


 自分が「いいネ!」と思ったFemdomアートを収集し、その一部をネット上のミュージアムに保存していたのですが、いつのまにかサーバーごと消滅していました。
 (*このブログで過去記事の画像リンクが切れて表示されない理由がこれです)


 SMをやっていると、セッションの最中に時々頭の中が真っ白になる瞬間がある。

 支配と服従の緊張感の中、その集中に疲れてボーとしてしまう・・・
      (↑体力ないだけだったりして)

 そうした時、心が自分を離れて果てしない時空を彷徨うかのような感覚が訪れます。

 精神のビッグバンを疑似体験したようなインパクト。

 それは必ずしも「逝く」時とは限らず、女王様のある動作や言葉に己の神経が反応した時にも発生し、倒錯の中のゆがみが揺れ、さらにブレるようにプラマイゼロで矯正されてまっすぐになるかのごとく、生命の本質的な躍動に満ちている。

 それを性行為の一つのプロセスとするのか、別次元の感動とするのかで、ノーマルとアブノーマルの境目が決まるような気がします。

 その一方で、境界線など存在しないグローバルな世界ではないかという気もしないではない。

 生きがいを与えてくれる爆発的な感動があるなら、それを芸術と呼ぶのにためらいはない。

 ピカソも春川ナミオも、彩月さんの兎絵にも、逝きる喜びのヒントが溢れている。



 SMプレイは支配と服従のコラボレーションですが、支配者の表現する芸術やパフォーマンスを一番最初に理解し評価するのは、服従する主体であるマゾヒストであることが多い。

アマルコルド_彩月ウサギ絵
  ラシオラ展で公開中の「アヤムーン・バニー」シリーズ(複製画)


 La Siora の新古典主義を代表する彩月さんの兎絵は、ブログ【正述心緒】に登場する貴重なアンソロジーです。

 彼女がセッションの中で見たであろうマゾヒズムの心象風景が、挑発的に鑑賞者の胸に突き刺さってくる。

 ここにも新しい爆発、ケミストリーが誕生しているように感じます。

老い先短い爺


 彩月さんのイラストは、自由闊達な筆致とのびやかな色彩感覚が目に心地よく、心の闇を優しく照らしてくれる。


年金マゾ


 諧謔を交えてマゾヒズムを風刺する「M男的台詞付画像」とも言える作品もあり、本当は素直になりたいと願っているヒネクレた僕にも、素直な気持ちで共感することができるのです(>_<)


 どうでもいいか、そんなコト




■ ラシオラ展に逝ってきた(新宿アマルコルドで開催中)

■ 誰でも15分はマゾになれる アンディー・ウォーホル
Andy-Warhol.jpg

■ SMは芸術?

■ SMを楽しむために








[ 2018/04/14 09:02 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(5)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

16位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ