FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

支配と服従のロマンス 

卒業

 いつだったか、ある中年男性が、女性の脚を舐めて逮捕されるという事件がありました。

「舐めさせて下さい」とお願いして舐めるのは、ちょっと違うような気がする。

 いや、そうでなくて、とにかく女性の嫌がる行為をしては逝けません。

 「足なめ男」が逮捕 衝撃の行為にネット民も「何が楽しいの」と困惑

 この事件では、不意打ち的に舐められたらしい。

 何事も許可を頂いてからというのは当然として、その依頼内容が、女性にとって不快感を伴うような場合、そもそもお願いすること自体が本来のプロトコルに反する。

(この足舐めオジさんは、ブレーキの修理だと偽り女性を車に乗せて足を舐めた後、感謝の意を込めてありがとうと言って女性を解放し、特に危害を加えることはしなかったらしいが、それでも精神的に与えたダメージは計り知れない)

足舐めおじさん


 関連記事:「足なめ男」が再逮捕 「ありがとう」を忘れない姿勢に驚きの声

 僕も、たまに(許可を頂いた上で)女性の足を舐めたり、脚を愛撫することはある。

 そういう時に、「もしかしたら、こんなオヤヂに足を舐められて、気持悪いと思われているかも(>_<)」と申し訳なく思いながらも、目の前のファンタジーに酔いしれてしまう。

 SMクラブや、フェティッシュ・サロン等では、今やそういうことは日常茶飯事だ。

sexiness.jpg

 女王様も本心ではいい気持はしないが、お客さんだし、仕方ないから「ま、いっか」と。

 そんな妥協で舐めさせて頂いても、面白くもなんともない。

 「まんざら悪い気もしないワ」と、サディスティックな気持を抱いているという幻想が前提。

 願わくば蔑みや軽蔑の眼差しで視て欲しいというマゾヒスムが主流だろう。

 ましてや、性行為のついでに舐めるようではダメなんだ!

 わりと日常的な空間で、可能であれば着衣で、さらに可能であるならば女性から

 「全裸になりなさい!」 

 などと命令されて、跪いて、惨めな状態で無様に舐め舐めする(>_<)

跪いて足をお舐め


 不意打ちで舐めるのは許されないので、根回しのようなものが必要となる。

 マゾヒストは、「舐めなさいと命令して下さい(>_<) と、

 不本意ながら(?)も、女王様にお願いしている。

 実質的には「命令」しているようなもの。

 そこには、今流行のキーワード「忖度(そんたく)」というものが見られる。

 その意味は、「言わなくてもわかるでしょ?」という、暗黙の依頼。

 一般的には不可解でインモラルな世界が、このSMという共同幻想でバーチャルに実現する。

 純粋にSMというカテゴリー、つまり被虐願望としてのマゾヒスムには、

 したいことをさせていただくという図式に違和感が伴う。

 本当はしたくないんだけど、不承不承させられてシマウマ、という絶妙なバランス感が大切なのカモ鴨川

 マゾヒストは、いや仮性Mでも、

 服従したいことに服従する。

 つまり、支配されているようでいて、実際には女王様をマゾが支配している。

 この矛盾が、SMプレイを「茶番劇」と言わしめている本質だろう。

支配と服従

 それでも、その三文芝居を僕たちは真面目に演じる。

 支配しているつもりで実際には服従させられている女王様も、

 服従しているようで実は女王様を支配しているマゾヒストも、

 お互いにそれは言わないお約束。

 演劇的な異化効果により「支配と服従」のパワーゲームが観客のいない舞台で繰り広げられる。

 虚構とはいえ、そこには

 重層的で深みのある「物語」 が存在していることに気づく。

 この神秘的世界の中で、真の意味での支配と服従のドラマが実現していく夢と可能性、

 そしてそのリスクの誘惑に、僕たちは抗うことはできないのだ。

 支配と服従の謎

 本日も「マゾ花」にお越し頂きまして、ありがとうございます。

 この足舐めオジさん、みんなが言うほど変態ではないと僕は思うんだけど、何か間違ってますでしょうか?


 

老い先短いマゾ


 


■ 支配と服従の神秘

■ 完全希望調教とはなんぞや?


■ SMは風俗か?

■ SMクラブの仁義

■ 料理とSM

■ 女王様に告ぐ! 







 

[ 2017/04/08 16:01 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(9)

老いぼれマゾのSMプレイ体験記 

老いぼれマゾと若い女王様

 久しぶりに、全く初対面の女王様とプレイしてきました。

 昔はそれが当たり前でしたが、最近はイベントやSMバーなどで、「とりあえず面識だけはある女王様」と交流する機会が増え、その時の印象で「あ、この女王様とプレイしてみてもいいかも?」と思える場合があります。

 しかし面識があるとネ、逆にプレイしにくくなる心理も働く。
 
 知り合い感覚になってしまい、今さら恥ずかしい(>_<) ( ← 恥ずかしいのが好きなくせに)

 そこがいいんだよ〜、という人もいるかもしれない。

 インターネット登場以前のSMクラブでは、お店に実際に足を運び、アルバムを見て、気に入ったタイプが見つかれば、その場でイキナリ指名する。
 
 売れっ子女王様は雑誌広告に「緊縛が得意」とか、「鞭の練習台になりに来な!」なんて書かれている程度。
 
 ブログもTwitterもないので、どんな感じなのか全くわからない。

 「初めまして、よろしくお願いします」でスタートする、いちかばちかの賭けみたいなものでした。

 だから、相性やスタイルの違う女王様にぶちあたり、しっちゃかめっちゃかにされてしまうケースもあった。

 PTSD(心的外傷後ストレス障害:Post Traumatic Stress Disorder)に苛まれ、心のケアーが必要でした。

 そこがいいんだよ〜、という人もいるかもしれない。

 今回は、3年前に二十歳ぐらいでデビューした、もう新人とは言えないまでも、まだ初々しい女王様を指名した。

 
老いぼれマゾと若い女王様2

 一応デビュー当時から注目はしていて、最初は危なっかしいようにも思った。

 そこがいいんだヨ〜、という人もいるかも。

 「いい感じだけど、しばらく様子見だな」、と保留フォルダにしまっておいた。

 顔は松たか子似で、何も知らない純真無垢な少女のよう。

 僕もいい歳して、こんな子どもっぽい女王様とSMプレイするなんて、児ドウ福祉法違反で逮捕されるかもしれないから、もっと年長でベテランを検討すべきだったかもしれない。

 SMクラブに入店する時期が、ある程度プライベートで経験を積んでから、という人材も最近はいらっしゃいます。

 ベテランであれば初対面でも安心だし、おそらく満足なプレイになるであろうことは想像できる。

 しかし、経験者の多くは、鞭や緊縛を得意のスタイルとしており、そういう女王様に

 「鞭と緊縛はNGで、顔面騎乗をマスト(必須)で」

 などと言おうものなら、「あんたナニしに来たの?」と門前払いされそうなもの。

 今回僕が指名した女王様は、鞭や緊縛はそれほど得意ではなさそうでしたが、最近の若い人にしては珍しく「支配と服従」というレトロなSM観に理解の深そうなキャラクターでした。

支配と服従
こういう古くさいSMがワシは好き(>_<)


 ただ、まるで「しょうがくせい」が書く作文のようなブログを読む限りでは

 「いったい何を考えているのか、サッパリ判らん」

 という面も推し量られ、地雷を踏むリスクもかなり感じました。

 「入ろうか、やっぱりやめとこうか」 毎度のことですが、僕の心は揺れに揺れた。

 そろそろ、大丈夫かな? ( ← って何がだろう?) よし、思いきって逝こう!

 なんだかんだいってこの3年間、僕の心の琴線にフックし続けた不思議な女王様です。

 老い先短いこの人生、この女王様にしっちゃかめっちゃかにされるなら本望だ。

 なので正直に、予約の時に僕は

「初心者ですので、ソフトなフェチプレイでお願いします」

 と電話で伝えました。

 そして、本番当日。

 想像以上にびっくりするほど可愛らしい女王様に、僕は有頂天になってしまった。

 まだ若いのに成熟した女性の気品も兼ね備えた、パーフェクトなお尻、でなくてもの腰

 これほど予想を遥かに越えた美しさなら、何されたって構わない。

 普通はセッションの流れの中で、こういう揺らぎが発生するのですが、会った瞬間にこのような衝動が起こるのは珍しいことです。

 だけど、見かけはよくても、中身がイマイチなことが多いのもこの世の常。

 この女王様、僕のことを判ってくれるかな(>_<)

女王様は判ってくれない


 驚いたことに彼女は、「毛皮を着たヴィーナス」や「痴人の愛」も、乱歩や沼正三なども熟知した、魅力的なS女性なのでした。知識としてだけでなく、SMの思想的感覚、自分なりの意見や他者の所見なども交えて会話のできる大人の女性でした。

 パっと見では、いかにも勘違い系の「なんちゃって女王様」なのに、中身は本物。

 その格差が凄〜い。

 そこがいい〜んだよー、という人もいるかもしれない…  あ、僕のことか


 僕は、もうメロメロになってしまって、

 自分が出来ることだけ の絶対服従を誓い、


 自分の納得することだけ に支配されることを希望し、

 NG項目を伝え、念のためセーフワードも設定し、勇気を出して彼女に全てを委ねたのです。

 ↑ それって全然、委ねてないから  (。。)☆\バキ


 
 この女王様は間違いなく真性サディスティンであり、それに気づいた瞬間は愕然ともなった。

 しかし、どういうわけなのか、彼女は「誠実」に、意外にも真面目にソフトなプレイをしてくれた。

 小悪魔のような小娘に、僕は完璧にやられちまった。

 
 ・・・ という夢を見ただヨ。



 本日も「マゾ花」にお越し頂きまして、ありがとうございます。


 現実には子どもっぽい女王様でも、こちらの妄想でそこは割り引き(割り増しか?)、脳内で大人の女性に仕上げてしまうのを可能とするのがマゾ力です。
 
 難しいけれど、誠実に努力すれば、不可能ではありません。

 いい夢を見よう!





■ 支配と服従の神秘


■ リアルSM(しっちゃかめっちゃかプレイについて)


■ 誰も教えてくれない女王様のためのSM講座

 
■ いいSMプレイが人生を成功に導く



■ 女王様はわかってくれない?

女王様は判ってくれない

[ 2017/04/02 20:20 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(6)

気持ちのいいSMのために 

松たか子_気持いいため

 ちょうど1年前の今日「初めてのSMプレイ」という記事を書きました。

 ビギナーの時代の(今もだが)、自分本位の身勝手な願望だけで頭がいっぱいだった頃の思い出。

 今読み返すと実に恥ずかしいエントリーなので、別に読まれなくても結構ですけど、

 本当は恥ずかしいのが好き なので、ぜひ読んでみて下さい(>_<)


 この中で「痛そうな小道具は何のためにあるのか?」という問いかけに、当時の女王様は

「気持ちのいいため」とお答えになられています。

 全くその通りで、けだし名言だと思う。

 「気持いい」とは、肉体的な快楽だけでなく、文字通りの「気持ち」、すなわち精神面にも言える。

 鞭や緊縛などで、基本的にやることやってはいても、お互いの気持が離れていては、気持よくなれません。

 つかの間の刹那的な一期一会でも、その瞬間に魂の触れ合いのようなものが感じられるようにしたいといつも願っています。

 たとえ、SMだけのパートナーであったとしても。

 それは恋人や夫婦、親友や仕事上の関係性とは全く異なるものかもしれません。

 もちろん、重層的にかぶっている場合もあるでしょう。

 しかし、深くて強い気落ちの結びつきがなければ、理想的なセッションになりにくいのではないでしょうか。

 当時はそういう意識に欠けていました。

 それでも良い思い出として記憶に残っているのは、松たか子似の女王様が、未熟な僕を受け入れて下さっていたからです。
 
 気持ち良さの前提条件として、相手を信頼し、敬意を抱く。

 ここが大切なんだと思う。

 どのようなシチュエーションでもそれが大事なのは言うまでもないけれども、

 何かとリスクの大きいSMプレイの時には、特に大切です。

 初対面の相手を信頼して、リスペクトするのは、容易なことではない。
 
 プレイそのものに問題なければ、人間関係なんていらないという考え方もある。

 むしろ、そんなややこしい人間関係なんかない方が「気持ちいい」という人もいる。

 何が理想で、どこに気持のよさを見いだすのかは人それぞれです。

 僕としては、「この人と時を共有するのは気持よい」と、お互いに思えるのが理想です。

 仮想現実におけるバーチャルな関係性のようなものですが、それが嘘か誠かなんて意味がない。

 なんやかやを取っ払って、お互いに楽しめるような環境をつくりだす。

 一瞬でも、女王様からの微笑みが見たい。

 無様な姿を晒してでも、それが冷笑でも苦笑でも構わないのです。

 そうなれば、プレイが多少ぎこちないものになったとしても、気持ちいいから。

 難しいけれど、理想として追求する価値はあると思います。

 
 本日もマゾ花にお越し頂きましてありがとうございます。

 少なくとも、相手を不愉快にさせない努力は、尊いものなんだと思う。




 

[ 2017/03/26 11:47 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(8)

卒業と自転車のサドル 



 SMバーやフェティッシュ・サロンでも、ミストレスが退店されていくのを「卒業」という。

 AKB48劇場のごとく、いつの頃からか、気軽に会いに逝ける女王様が巷に氾濫するようになった。

 SMクラブの現役嬢や経験者にまぎれて、ウブな女子大生もいる。

 お客さんも含めてツワモノ達との交流に育まれ「なんちゃって女王様」から、それなりに成熟した大人の女性に変貌していく様子を見ていると、すでに成長が止まってしまっている老いぼれの自分が情けなく思えてくる。

 その娘さんは、女王様っぽいオーラや迫力といったものが

   ほとんどなく、

 M女とは言わないまでも、どことなく従順そうな、将来の目標を見いだせず悶々とした日々を過ごしてはいるけれど、素直で明るい女の子だった。

 2年前、初対面の僕に、無邪気な顔面騎乗をしてくれたのを鮮明に覚えている。

 心の闇に潜む己のアブノーマル性を開花させる、というようなことではなく、ごく普通のやさしいお嬢さんが、ちょっと意地悪になるという程度の意味で、筋書きのないリアルなドラマが、そこには確かにあった。
 
サドルになりたい



 普段、特に親しく話をしたことのない女性から、イキナリ顔面騎乗されるというのは、もの凄く刺激的な経験だった。

 これまでにもSMクラブなどでは、そういうことをされてきたのに、全く別の感動に思える。

 小学校のクラスメートの女子に、期せずして顔面騎乗されてしまった遠い記憶が蘇るような。

homer_memory

 もう来週が卒業式というタイミングで、最後に顔(お尻)だけでも拝んでおこうと、お店に会いに逝った。

 なぜかふと、自転車のサドルを購入して持参して、彼女に見せた。

サドル


 そのサドルに3分ぐらい座ってもらい、真空パックの袋に入れて持ち帰る。

 映画「ラ・ラ・ランド」で、売れないジャズピアニストが、かつての大御所ホーギー・カーマイケルが座ったという椅子を大切にしていたように、僕はこのサドルをお宝にしようと思う。



 なんのヘンテツもないサドルは、女神が実際に座ったという歴史的事実により物神と化し、フェティシズムの神秘的なツールとなる、といった、いかにも的なネタに、彼女はいつものように屈託のない笑顔で応える。

 若い女性には退屈なウンチク話をしている自分が、もうずいぶんと長く生きて来たものだと感じた。

 別に僕が何かを教えたとか、彼女の感性に影響を及ぼしたということはない。

 ハッキリと言うまでもなく、僕と彼女の間には、何もない。

 一方的で、僕の妄想が入り乱れる身勝手な思い出があるだけ。

 ただ、時々僕は、彼女に本をプレゼントしていた。

 僕は人畜無害で、やや腰の引けた心理的ストーカーであった。

 彼女の人生の1ページに、ほんの隅っこに、汚れちまった染みのような印象を与えることは叶っただろうか。

 もしそうであるならば、僕の心組は成功したことになる。

 たとえ、間もなく社会人となる彼女の未来について、漠然とした僕の祈りの気持が伝わらなかったとしても。
 
 あるいは何年か後に、彼女の足元に跪くであろう若いM男が、親切で頼もしい人生の道案内をしているのを想像してみたところで、今の彼女に何の意味を持たないにしても。




 本日もマゾ花にお越し頂きまして、ありがとうございます。

 春は別れと出会いの季節。

 ユリイカでは、新人女王様を募集しているそうです(>_<)

ユリイカリクルートツイート



■ ユリイカで就活を!

■ 二十歳フェチ

■ 自転車のサドルになりたい願望



 
ユリイカ・リクルート








[ 2017/03/19 12:33 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(3)

ソフトなプレイはハードか? 


 恥の多い人生を歩んできました。
Soft_Facesitting.jpg

 初対面の女王様とプレイをする時、カウンセリングで僕がよく使う決まり文句は

「ソフトなフェチプレイでお願いします」というものです。

 これが必ずといっていいほど、女王様にはあまりいい顔されません。

 ソフト・プレイは、実は女王様側にとって、ハードなものであるらしい。

 ある有名な、熟練女王様の最近のブログに、以下のような記述がありました。

 ソフトプレイの人はツボが狭いことが多く、やり過ぎると興冷めになってしまうので、
 その狭いツボにハマることは何なのか、Mの出すシグナルに注意深くならないといけない。


 う〜ム、なるほど。

 ハード・プレイより神経を使わなければならない、という意味でやりにくい... と。

 ではハード・プレイ嗜好の人はツボが広く、やりやすいのでしょうか?

 例えばマッサージされている時、ツボをピンポイントで指定するのは難しくて、上手くキメてくれた時に、


 「あ〜ソコ、そこ! ソコなんだよ〜(>_<)

bdd9a9bd6ef6a64d28b7f2142d54f917.jpg


 ・・・と思わず恍惚となるような状況は、SMプレイでは滅多にない。

 ハードであろうがなかろうと、ツボをはずされると興ざめしてしまうのは同じで、要は

 ツボを見極める難しさが、ハードルの高さなのだと思う。

 何度かプレイしてみて、お互いに気心が知れてきても、

 SMプレイの最中には、注意力、想像力、共感力は、お互いに、常に必要。

 両者どちらかに、そのどれかが欠けていると、プレイはしんどくなる。

 内容がソフトでもハードでも、気の使い方には同じエネルギーがいるものだろう。

 女王様には、なるべくなら苦労をおかけしたくないと僕は思っています。

 可能なら、僕とのプレイを楽しんで頂きたいと願っている。

 だから、「メンドウクサイことお願いして申し訳ないです(>_<)」と、恐縮しています。

 
 言われてみれば、これはこれで確かに「ハード」な依頼内容ではあったのかもしれない。

 難しいことをお願いしているからには、こちらも全力でそれに応えなければ逝けません。

 ソフトプレイが楽ではないのは、マゾ側にとっても同じです。

 立場的には受け身なので、場を仕切るようなことは出来ないですが、全身全霊でセッションを受け止め、


 「いえ、そこはそうではありません(>_<)」とか、

今のところは、このようにしてはいかがでしょう? などと、


 そこはかとなく、自分のエゴマゾっぷりを自己主張してみる。
 
 「ソフトに」、ほのめかすようにプレイを誘導してみるんだ。 (。。)☆\バキ

 これはコレで、ソフト嗜好のエゴマゾにはハードルが高いです。


顔面騎乗で脱ぐ!-1


  本日も「マゾ花」にお越し頂きまして、ありがとうございます。

  マゾにとっても、楽なセッションなんて無い。

  楽をしたいとも思わないのだけれど、お互いに楽しめるようにするには、楽はしないんだ。






[ 2017/02/19 22:16 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(4)

女王様の生前退位 




 恥の多い生涯を歩んできました。

 SMクラブの女王様が店をお辞めになるタイミングは、人それぞれだと思われますが、事前に告知されることは滅多にありません。

 女王様の「生前退位」は、マゾヒストにとって実に悩ましい。

 わかりきっていることとはいえ、それが一代限りであり、崇拝の対象となるべき地位が継承されないのです。

 元バロックの麻倉雅さんや、ピンクリの瀬里奈さんのように、退位された後でも、別のステージで活躍するレアなケースもあるにはあった。

 しかし従来は、いつの間にかいなくなっていて、後から、結婚やら出産といった個人的事情から退店したことを風のたよりに知る程度。

 「いつまでも、いると思うな女王様」

 とも言われるように、マゾとしては常に女王様の突然の退位を覚悟しておかなければなりません。

 ネットやSNSの発達した最近の傾向としては、プレイがリピーターだけに限定され、新規予約が受付されなくなり、まもなく退位されることを予感させるアナウンスをしてくれる親切な女王様もいます。

 最後のプレイを惜しむ熱烈なる崇拝者の気持を尊重されているのでしょう。

 このようにして、いつか来るべき「お別れの時」に備えていれば、マゾは次世代の新人のチェックや、前から気になっていた別の女王様へと崇拝の対象を切り替える心の準備が可能となる。

(。。)☆\バキ


 現代は幸福のかたちが見えにくい時代なのかもしれません。



 幸せそうに見える、他の人々の情報の氾濫によって、つい自分と他人を比べてしまう。

 もっと不幸な多くの人々がいることを知るべきでしょう。

 小さな願望でも、それが満たされないと自分は不幸だと思ってしまいがちな世の中。
 
 仏教の言葉に「無常」というのがあります。

 様々な意味がありますが、人の世は常ならずという解釈が僕は好きです。


 象徴としての女王様の存在は、マゾの日常生活の基盤であり、非日常への架け橋として必要不可欠な要素。

 多くのマゾヒストは、現実の人間関係としての奴隷契約や、支配と服従の構図を日常的に維持しているわけではなく、たまにSMクラブへと足を運び、

  鞭で打たれ、縄で縛られ、ローソクたらされたり、浣腸されたりする。

 しかし、それは無常なのです。 

 その時だけの、つかの間の一瞬の幸せな気持。ああ、無情(>_<)

 それを追求する熱意があまりにも巨大なため、それが満たされない時の喪失感も大きい。

 老いぼれたマゾであれば、かつての仮想現実における、不完全でもかりそめの幸福感が、もう二度と得られないことを認めるざるを得ない哀しみを一度や二度経験しているでしょう。

 女王様の生前退位というトラウマは、これからも幾度となく訪れてくる。

 でも、苦しみや哀しみだって永遠に続くものではない。

 理不尽なことは人生にたくさんあります。

 たとえ好きだった女王様にもう顔面騎乗してもらえないという、想像を絶する苦しみにも耐えなければなりません。

 人の世は常ならず。

 時の変わり目を見つめ、じっと待つことです。

 プロとして活躍されている現役の女王様は、そのコトを常に心の片隅において、お辞めになる時はまずひと言、「お言葉」を述べ、有識者による議論と検討を経てから、せめて半年以上は前にお声がけ頂きたいと願っています。

 

 どうでもいいか、そんなコト





[ 2017/01/28 07:12 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(6)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

25位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ