FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

昔と今のマゾ 

 古い記事だけど、朝霧リエさんの「昔と今の女王様」というコラムを読んだ。

 昔から彼女の文才には瞠目していましたが、今の若いマゾヒストも必見のコンテンツです。

 僕も、いつの間にか「昔のマゾ」になってしまったみたいだ(>_<)

「それなりの覚悟と意気込み」に関して言えば、当時の女王様だけでなく、マゾにもあてはまっていたと思う。

 たとえその場限りの「お遊び」にせよ、相当の覚悟がなければ、SM体験はできるものではなかった。

 日本三大マゾの武勇伝ほどではないけれど、僕も昔は「それなり」の覚悟があって(今もだが)、修羅場は踏んでないにしても、様々な経験をさせて頂いた。

 社会人としての、仕事での経験以上のものを、SMから学んできたと思っている。

 口コミはもちろんのこと、ほとんど情報がなかった時代、やみくもに自分の夢を求めて彷徨う姿は、真剣だっただけに、今思うと滑稽にさえ感じる。

 マゾも女王様も、手探りで真面目に模索していた時代だった。

 僕の個人的な感覚かもしれないが、今でも遊び感覚でSMをやる気になれない。

 やるからには、ガチで本気で、純粋に、そして可能であれば女王様にはお楽しみ頂けるように精一杯努力したい。

 楽しくなければSMじゃない! という女王様もいる。

 「私が楽しくないと、マゾは悲しいんでしょ?」と、こともなげにおっしゃる平成生まれの女王様には、正直、脱帽してしまう。

 おっしゃるとおりです(>_<)

 昔と今を単純に比較は出来ないのだけれど、今風の、若い女王様の中にも、昔ながらの伝統芸を引き継いだようなセンスをお持ちのドミナがいらっしゃるのが救いだ。

 SMの文化、特にFemDom的な情趣豊かなものは、昔の日本にはなかった。

 「女は縛ると美しくなる」とか言ってた伊藤晴雨など、先駆的な人材は女性緊縛等に集中し、沼 正三や春川ナミオの登場まで、男性マゾヒズムは、SM変態カテゴリーの中では、隅っこに追いやられていた。

 西洋的なスタイルとセンスを持ち込み、洗煉された形に仕上げたのが、リエさんを含む黎明期のSM女王様たちだった。

 リエさんは、そういう意味で、西洋のFemDom的な情趣を日本の伝統と融合させ、女王様としての巧みの芸を後世に伝え継ぐエヴェンジェリストだと言える。

 先行き不透明で閉塞感が漂う昨今ではありますが、もともとSMというのは、一発で答の出る世界ではない。

 どうしたって胡散臭いし、いかがわしい。

 しかし、究極の感動や美が見られる瞬間も、確かにある。

 関係性の賜物で、過程であり、揺れであり、共感するもの。

 言葉や表現は異なれど、リエさんは昔から同じようなことを述べられていた。

 僕もそうしたことを、わかっていたとは言わないけれど、無意識で了解していたような気もするのです。

 どうでもいいか、そんなコト(>_<)


【朝霧リエさん関連エントリー】

■ SMの女王様に市民権を与えたのは朝霧リエです

■ ラシオラは裏切らない

■ ラシオラよ永遠に!

■ ラシオラのSM 朝霧リエの思想と美学
朝霧リエ

■ 朝霧リエに調教されたドM有名人とは?



朝霧リエ




[ 2021/03/20 14:20 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(0)

ラ・シオラは裏切らない! 

 ブログの更新が滞っていたせいか、各方面から生存確認的なお問い合わせやメッセージを多数頂きまして、皆様にご心配をおかけして申し訳ないです。

 僕は変態ですが、身体は健康でして、なんとか元気にやってます。

 励ましのお便り、ありがとうございました。

老い先短い爺


 もう、還暦も過ぎるとさ、不要不急の用事しかネ〜のヨ(>_<)

 (ちなみに、僕と今の天皇陛下は同年代。どうでもいいか、そんなコト)

 若い頃のようなモチベーションは持続可能だが、おうちで過ごすのは苦痛ではないし、監禁されてみたいとかいう妄想を膨らませたりして、ファンタジーだけは相変わらずアクティブです。

だけど、昨年はSM的な活動を、ほとんどしなかった。

喪に服していたようなもので、別にコロナがあってもなくても関係なかったと思うけど…


 とにかく、このご時世、非常事態宣言継続中にSMクラブに逝ったら、いったい、どういうことになるのだろう?

 コロナが怖くて、SMはできない。

 究極の濃厚接触だし、もとから死ぬ覚悟である。

 というわけで、久しぶりに某有名SMクラブに、ダイレクト参拝してきました。

 絶対に秘密ですが、3年ぐらい前から、ちょっと気になる、というか気に入っている女王様がいて、それこそお互いの生存確認のごとく、ご挨拶程度でもいいから顔が見たくて、逝ってきまスた(>_<)

 一応、フェイス・シールドとマスクをして、それなりの感染予防対策を講じて。

 いや〜、いつも通りでね、安心しまスた。

 最初の挨拶の時だけはお互いマスクしてた(ように思う)んだけども、セッションが始まれば、そんなものジャマ臭いし、飛沫飛び交う空間で思う存分楽しめました。

 よくよく考えてみれば(いや別に考えなくても)、SMクラブで時短営業やリモートはありえないでしょ?

 ソーシャル・ディスタンスをキープする顔面騎乗なんて意味不明だし、女王様はしっかり接触してくれまスた。

 コロナ禍では、カラオケや飲み会はNGでも、SMクラブだけはOKです。

 小池都知事も許してくれる(多分)

 歳をとっても、コロナが終息しなくても、SMだけはやめられない。

 SMのない人生なんて、クリープをいれないコーヒーのようなもの。

 ただ、やっぱりSMクラブでクラスター発生!なんてシャレにならんから、皆さん、やるからには、感染予防・防止対策には気をつかって逝きましょう。

 楽しくなければ、SMじゃない。

 経済のグローバル化にSMは間違いなく貢献している。

 こういう時だからこそ、マゾはSMクラブに逝くべきなんだ!

 マゾじゃない皆さんも、興味があるならぜひ逝ってみて、楽しまれてはいかがでしょう。



 いや〜、SMって、ホント、いいものですね。

  それでは皆さん、またお会いしましょう。

日曜洋画劇場 淀川長治

 サヨナラ、サヨナラ、 サヨナラ!





【あまり関連してない他のブログ】

with_Mugi_at_Mazo_Sute.jpg

 ブログ仲間の mugi ぴょんの「マゾほど素敵な性癖はない!」にゲスト出演しちゃったりなんかして(>_<)



[ 2021/02/23 20:36 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(6)

自由なマゾヒズム 



 今さら言うまでもないことだけど、マゾヒズムは、自分が服従したいから、自ら望んで女王様の奴隷となるような、ある意味で矛盾した願望なんだと思う。
 
 人により、「痛い目にあいたい」とか、「恥ずかしい思いをしたい」など、倒錯のバリエーションが様々とはいえ、基本的に主体的で自律的。

 一見すると不自由な印象でも、自ら望んでいるわけで、これ以上の自由はない。

31931154a3841ba17a5.jpg

 だから、マゾヒズムとは、究極の自由を謳歌する贅沢なファンタジーとも言える。

 女王様としては、嫌がって抵抗する奴隷を屈服させる「自由」はない。

 それは、男がその女王様のことが好きで、ナニされてもいいという覚悟を持ったマゾヒストであるのが必要条件だからだ。

 そうではない相手を無理矢理支配するようなことは基本的にNGであり、無理でしょう。

 犯罪や虐待になってしまう。

mistress_chains_her_slave_up_to_the_wall.jpg

 しかし、違法や悪行であっても、それらを楽しめる「黒」のサディズムも、残念ながら存在するのかもしれない。

 女王様やS男性に話を聞いてみると、責めるからには相手に望まれるからであり、相手を好きになれないと楽しめないし、良いセッションにはならないとのこと。

 そもそも、まずそのように理想的な相手が存在するかどうか、出合うことが出来るかどうか、が問題となる。

 奇跡的な一期一会で巡り会えたとして、崇拝する自由より、崇拝される「不自由」のほうが難しいように感じる。

 演技では崇拝できても、「心から崇拝せよ!」という命令形に、本当に従えるマゾヒストは存在するだろうか?

 お互いに共同幻想を抱きながら、適当なところで折り合いをつけている、というのが実情であろうと思うのです。

 そこのところに、不自由さを感じざるを得ない。


ERxS0E_WoAE-vrS.jpg

 まぁ、そうはいってもSMクラブなどで、自分の好みのタイプの女王様を見つけることが出来たなら、あとは崇拝するだけだ。

 本来は性格的に崇拝できない相手なのかもしれない女王様でも、セッションにおいてはマゾにとって理想的な仮面を被ってくれるのがプロの女王様。

 そして、そうした微妙な機微を理解し、忖度して無難なセッションに仕上げてみせるのが逝けてるマゾなんだろう。

 マゾが主導する茶番劇に参加する女王様にとっては、不可解な、いや不愉快な面もあるかもしれない。

 そのようなカオスと謎の果てに、両者双方共になんらかの快楽を期待する。

 しかし、崇拝されたり、人から尊敬されるには、努力が要るのに比べると、マゾが女王様を勝手に崇拝するのには、それほど努力は重要ではない。能力はあまり意味がない。

 好きになれるかどうかで、スキルはいらないのだ。

 どうしても好きになれなかったならそれまでで、それなりのレベルのセッションで我慢するしかない。

 そう考えると、マゾヒズムっていうのは、つくづくエゴイスティックであり、自由で気ままな性癖だなよなぁ〜って思う。

 そんなマゾを相手に、満足感を与える(あるいは、与えなければならない)女王様はタイヘンだし、やはり偉大だ。

 心の底から、尊敬している。崇拝せずにはいられない。


■ 支配と服従のロマンス
支配と服従


■ 支配と服従の神秘
ILoveYourHeelsGoddess2.jpg


■ 俺のマゾヒズム
Presentation_of_homers_embarrassingM.jpg

 

■ 完全希望調教とはなんぞや?
M-san_HouchiPlay



■ SMは風俗か?

■ SMクラブの仁義

■ 料理とSM

■ 女王様に告ぐ! 


老い先短いマゾ







[ 2020/10/03 11:18 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(2)

老マゾは死なず、ただ消え去るのみ 



 まあ、今さらどうでもいいことなんだが、僕と今の天皇陛下とは同級生だったんだ。
(同じ学校に行ってたというワケでなく、たんに同学年という意味ネ)

 もうそんな歳なのかと、お互いに思っているかもしれない。

         ↑ 思ってないって (。。)☆\バキ

 自分の誕生日はまだ少し先だが、去年はなかった祝日に祭し、己の聖誕祭を企画してみる。

 バロックとか、どこかのSMバーで「俺のマゾヒズム」プレゼンテーションをやってみるとか?

 もう少し地味に、久しぶりにこっそりと、SMクラブに逝ってみるとか(>_<)

 正直言って、体力的にSMプレイもツラいものがある。

 女王様もそれを気遣ってくれて、優しくして下さるのはありがたいが、それも何となく惨めである。
 (これは、それほどツラくはないんだけど、惨めさの種類が異なる)

 何しろ、昔に比べてモチベーションが下がってるような気がして、それが信じられない。

 これが加齢ということなのだろうか。

 不思議なことに、妄想力だけは衰えることなく、いろいろとやってみたいことは思いつくんだけど、それが女王様にとって面白いとは限らず、(いつものことだが)恥ずかしくて言い出せなかったり。

 SMクラブのご新規向けやフリーランスの女王様には、「カウンセリング・コース」というのがあって、悩めるマゾヒストの相談にのってくれるメニューがあるらしい。

 今度、そういうのをやってみようかなと思っている。

 まぁねえ、そもそもSMの女王様なんて、全員カウンセラーみたいなものだと、今さらながら思うよ。

 過去を振り返ると、彼女たちこそ、おそらく「やってられネ〜」とか内心では思いつつも、よく誠実におつきあいしてくれていたと思う。本当に感謝の気持ちしかない。


 そうした感謝の気持ちも交えて、己の聖誕祭を(勝手に)考えてみようかと思うのです。


 どう〜でもいいか、そんなコト(>_<)




■ 恍惚のあえぎ
写楽


[ 2020/02/23 15:48 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(3)

俺のマゾヒズム 

Presentation_of_homers_embarrassingM.jpg


 みんなそれぞれの嗜好があって、コダワリがあって、それらを追求し、戸惑い、あきらめたりする。

 満足できないとしても、こだわることへの妥協はせず、ワガママに我が道を逝く。

 そうやって俺は、俺の願望や倒錯にケジメとつけてきた(と思うのです)

 年齢や体力というより、気持ちの問題かもしれないけれど、昔ほど貪欲にはなれなくて、言い換えれば、ユルくても、そこそこ満足できたりするのが不思議だ。

 最近頂いた秘密コメントに「homerさんみたいにゆるーい感じでいきたいのですが・・・」というのがあって、「俺ってユルいのかな?」と、少し驚いた。

 少なくとも、ユルく見られているらしい。

 まぁ、確かにガツガツはしてないとは思うけど、SMに関してはガチで、とことん本気でやってきた(と思う)

 別にプロじゃないし、射精管理とかもされたことなく、凄いことはなに一つやってない。

 念のために申し上げておくと、鞭で打たれたことはあるし、吊られたこともあるんだ!
 
     ・・・別に凄くネ〜か(>_<)


 恥ずかしい気持ちであっても、イイカゲンな気持ちでは、絶対になかった。

 自分だけの世界に引き蘢って、誰とも共有はできない「俺のマゾヒズム」を、俺は大切にしてきたんだ。

 だけど、どこか中途半端なところがあったのも事実で、「やってられネ〜よ!」と思うことも、たまにある。

 そういうのって、別にSMだけに限らない。

 人生の至るところで、仕事でもプライベートでも、本気でやってるのに、様々な局面で、ユルくならないと切り抜けられない時がある。

 頑張っても無駄なことも、ある。

 頑張らなくても、なんとかかんとか、なったりもする。

 SMプレイは、いくら真剣にやっても、頑張れない時がある。

 「やってられネ〜よ!」と一瞬思っても、お相手してくれている女王様が真剣だから、それは言えない。

 ホントは正直、嫌なんだけど、頑張ってみる。

 SMの醍醐味って、そういうところにあるように思う。


俺のマゾヒズム


 最近、街には俺が溢れている。オレオレなんたらではない。

 自撮りカルチャーも、俺という自意識の拡散のように思える。

 俺にとって、俺の存在は他者でもあるようだ。

 しかし、本当の他者との邂逅によってのみ、俺の存在が、はっきりと見えてくる。

 相手に寄り添い、寄り添われる。

 たとえ茶番劇の中であっても、支配され服従することにより「己の消滅」を疑似的に体験できる。

 それによって、愚かな俺を見つめる、賢い俺が、登場してくれるだろうか?

 本当の自分って、いったいどこにいる?

 全ては心の問題なのかもしれない。

 俺のマゾヒズムには、俺にしかわからない気づきがり、自己啓発のきっかけを、俺に与えてくれている。



 ど〜でもいいか、そんなこと(>_<)



 


 

 



 



[ 2020/02/15 16:38 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(4)

新年への希望・マゾ熱削減! 

緊縛新年

 今年の目標は、地球温暖化を食い止めるため、地球環境以上に女王様へやさしい配慮のできるECOマゾになることです!
 (エでなく、です)

 それにはSMクラブで己の願望を満たすだけのプレイを控え、真の意味において女王様に奉仕し、マゾ欲の放熱量を減らさなければなりません!

 具体的には、プラスチック製ストローの使用を止め、コンビニで買い物する時は自宅から紙か布のマイ袋を持参して、有料化となる前にプラ袋の使用を減らしていこう。小さなことでもやらないよりはよしとする。

 しかしながら、精神的なマゾ熱の放出量だけは減らすことが難しく、年々上昇するばかり(>_<)

 今年は還暦なのに、体力的な衰えとは別なところでこの熱量の増大は、地球温暖化に悪影響を与えていないかと心配になります。

 SMのセッションでは酷い目にあったり、嫌な思いをしても、なぜかしばらくすると復活してしまうマゾ熱。

 この放射の勢い、嗜好は本当に不思議だな、と思う。


 もうずいぶんと昔の話ですが、緊縛プレイ中に神経が麻痺して、電気治療やリハビリでなんとか回復したものの、緊縛はもう懲り懲りだと思った。もともとそれほど好きという分野ではなかったので、別にたいしたことないけれど、やはり、何というか、いい思い出ではない。
 
 だから、昔は見るだけで興奮していた女性緊縛写真も、無意識に避けるというか、ネットで「イイネ!」と思える写真を見かけても、ダウンロードしなくなっていた。

 ただ、男性緊縛にも言えるけど、拘束されている姿の美というのは、あると思う。

 自由を放棄するという「自由」な妄想には、ストイックな美学を感じる。

 美しい「緊縛」がある。緊縛の美しさという様なものはない。

 最近は全体的に緊縛をアートとして見る美意識の高まりもあり、倒錯者の悪趣味から、粋な大人の風流な遊びというステージに格上げされた。伊藤晴雨の時代からすると隔世の感がある。

 緊縛事故への啓蒙活動も盛んなようだし、安全でちょっぴりエロティックに楽しめる緊縛プレイならばウエルカムな気持ちにまで吹っ切れた。
  
 しかし、やっぱり実際にSMクラブでお願いする気には、まだなれない。

 あの忌まわしい体験以来僕は、エアー緊縛(フリーの両手を後ろでクロスに組んで、あたかも縛られているようなフリをする、フリー緊縛とも呼ばれる。呼ばネーか)だけで、けっこう萌えてしまえるようになった。これだけでも、精神的にはかなり回復したと言えると思う。

 そして、これをやってみて気づいたことには、この方が、「身も心も貴女に服従し、崇拝していますよ」感が出るような気がする。

 相手にそれが伝わるかどうかはともかくとして、崇拝している、支配されるという行為の抽象化が、僕にとってはたまたま顔面騎乗であり、人によっては鞭や緊縛などに昇華するだけで、各々の理想のマゾヒズムの中身は、本質的にそれほど変わらないのだと思う。

 昨年「マゾヒストたち」という一般向けの本が新潮文庫から出版されましたが、こういう人達のささやかな願いが、あるいは大きな野望でも、ほんわか満たされる世の中になれば、気球温暖化も防げるようになるはずだ(たぶん)

 人間に、それも身近な人達に優しくすることが出来なくて、地球にやさしくなれるとは思えない。

 明るい地球の未来のために、みんなで協力してSMを楽しみ、高度な文化としてのマゾヒズムを繁栄させて逝きたい。





HappyNewYear_2020_for_whip.jpg



 
■ 男性緊縛美
樹里ふぉとぐらふ

■ 屈辱の縄
椋陽児 「羞恥晒し」

■ エアー緊縛とは何ぞや?
エアー緊縛


■ SMのクオリア



■ 緊縛の文化史・日本人の知らない日本美
緊縛の文化史 表紙


■ マスター "K"の素顔に触れて
マスター



[ 2020/01/02 10:16 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(3)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

22位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ