FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

「エムさん」が街の本屋さんで発売? 


 別にこれまで隠していたわけではないのですが、「エムさん」というネット・コミックを楽しみに読んでいます。

M-san_001.jpg

 嗜好のツボが僕とかなり違うけれども、ストライクゾーンのかぶっているところもある。

 M男なら誰でもそうだが、

 街で見かけた美少女を勝手に自分だけの女王様に仕立てる妄想をします。

 しかし、その自分に対する無関心ぶりを「仮想放置プレイ」にしてしまうなんて、かなり高等なファンタジー。

 普通は後ろ姿(というよりお尻から太ももにかけて)を見つめて

女子高生の後ろ姿

もし、このお尻で顔面騎乗されたなら、 (*´Д`)ハァハァ 


 と想像するものです。

普通はしないって ↑

普通はこうですね ↓
エムさん_視姦
*別の作品です


 例えば、鏡というのはSMプレイにおいて重要なアイテムとなります。

エムさん_鏡のナルシシズム

 以前、「鏡のナルシシズム」というエントリーでも触れたように、写っている自分の姿に萌えるのでなく、崇拝する女神様とのツーショットであることがポイント。

in_front_of_mirror_1.jpg


 「毛皮を着たヴィーナス」で女主人のワンダと奴隷ゼヴェーリンのSMプレイ中にこんなシーンがある。

 部屋の奥にある鏡に写った二人の姿にゼヴェーリンが声をあげ、ワンダがそれを見て

 「残念ね、この瞬間は絵には残しておけないのね」 と言う。

 自縛した緊縛写真をセルフタイマーで撮影する「自縛撮り」のように、完全な独りナルシシズムと違って、やはり女王様とのインタラクティブなやり取りの中において、己の惨めな姿を再確認するというのが王道なのです。

 
王道と言えるほどのことなのか? ↑


エムさん_身長差

 「亭マゾ」がいくら実話を元にしてるとはいえ、やはり一般的には非現実的な夢物語。

 そういう点では、「エムさん」の世界は、わりとリアルで身近に感じる。

 SMは風俗と割り切り、女王様をある意味で「風俗嬢」とみなすドライな視点が、僕にとっては衝撃でした。

 意味不明とも言える自虐ネタで、世間の理解を越えるマゾヒズムの心理を、わかりやすく解説している点で秀逸。

 自分の性癖をここまで冷静に見つめる態度は、

 保守的な劣等感からは、一つ大きく突き抜けた革新性が漂う。

 M性感やSMクラブに行くことを自らの癒しのツールと位置づけ、その恩恵により健全な生活を維持する。

エムさんはMなので

 そういう人は昔からいたし、僕もその一人なのですが、「エムさん」的人格は病んでいるようでいて、そもそも病理が飽和状態にある現代の格差社会に適合した突然変異のよう。

 そして、あらゆる変態に献身的なお・も・て・な・しで接遇することのできる女王様は、ストレスがどこよりも充満している都会というアリ地獄の天使だ。

ShortHope.jpg


 未だにSMクラブに足を運ぶのには、ビギナー時代の背徳感を引きずっている自分が恥ずかしくなります。

 エンターテイメントとしての出来もよく、マゾならではの笑えるオチにも好感が持てるのですが、これならば一般ノーマルな人々の共感をも呼ぶでしょう。

 独特のコダワリを主張しているようでいて、「SMとはこういうもの」という枠にとらわれる考え方が、実はナンセンスであることに気づかされます。

 SM原理主義ではなく、変態自由平和主義です!

 このように素晴らしいコンテンツを、ネットでコソコソ見るんじゃなくて、紀伊国屋書店で立ち読みでもしたいものだなぁ〜と思っていた矢先、なんと!この作品も紙メディアで出版されることになったそうで、ちょっとびっくりしました。「亭マゾ」のように若い女性に売れそうとは思えないのですが、僕のようなオールドタイプには嬉しいニュース。

 単行本用に書き下ろした新作の中編とエッセイコミックが追加されるそうです。

 マウスでクリックしたり、スワップして次ページに逝くのはかったるい。

 僕は「手に触れて、ページをめくり」フェチなのです。

毛皮を着たヴィーナス_本
 やっぱりズシリと重さを感じて、指先でページをめくりたいよね(>_<)

 この感覚は、顔面騎乗されている時に、両手で女王様のお尻の谷(山?)を鷲掴みにしたい気持とよく似ている。

↑ 似てネーから  (。。)☆\バキ


eichan_#201

 別にお尻を触りたいのではありません(>_<)

 息が苦しい時に、呼吸のために少し隙間をあけたいだけなのです (。。)☆\バキ


 そんなコトはどうでもよくて、

単行本「エムさん」は8月22日発売開始!

エムさん



 エムさんは、どこにでもいる普通のオタクであり、微笑ましいマゾとして応援して逝きたい!

エムさん_言葉責め
   言葉責めも高度や(>_<)




■ SMプレイ前は、全裸か着衣か?
「エムさん」じゃあ、服脱いで


■ 鏡のナルシズム(初級編)
鏡s



■ 鏡とマゾヒズム
鏡_2



■ 男としては最低で、M男としては最高の瞬間




[ 2016/08/19 18:09 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(7)

女王様とM男の複雑な関係 

女王様とM男の複雑な関係


 こんな人、本当にいるのかな?と思っていましたが、実際にいるらしい。

 僕も年齢的には、つい言ってしまいがちなことではあるのですが、そんな偉そうなこと恥ずかしくて言えません。

 相手が若くてまだ未熟なプロ女王様だったとしても、失礼な話だと思います。

 よくも悪くも、まずはこちらの変態妄想願望におつき合い頂いたことに感謝し、プレイ内容について不満があったにしても、批判をするべきではないのに。 ただし、

 NG項目をされた場合を除く(>_<)

 それはともかく、将来性のある女王様に、助言やセッション内容のポジティブなフィードバックをするのはいいと思います。

 ぎこちない程度はご愛嬌で、よかった点に触れてお礼を言う。

 僕もそれほど経験があるわけではないけれども、かれこれ30年以上はSMクラブに通ってきた恥ずかしい経歴から、プロ女王様にもピンからキリまで様々なタイプがいることは知っている。

 なんちゃって女王様にシッチャカメッチャカにされたこともあるし、思い出したくないほどイヤな思いをしたこともあるので、期せずして大人げない対応をしてしまったことが何度かあります。その時は、自分も未熟だったことに気がついていなかった。

 女王様も大変だと思う。

 こちらは、「合わないナ」と思えば、もう指名しなければいいだけ。

 しかし、女王様の方ではM客と相性が合わないと思っても、もう指名されてしまったら断るわけにはいかない世界。

 合わないからといって、あえてしっちゃかめっちゃかなプレイをして、もう二度と指名されないようにする女王様はまずいない。

 むしろ、自分では気づかずに、無意識にやらかしてしまうので、困ったちゃんなのです。

 もう随分大昔、ローソクをNGと伝えてあったのにも関わらず、プレイ中に使われてしまったことがあった。

 低温ローソクでたいしたことなかったけれど、嫌なものはイヤなのです!(>_<)

 その新人女王様は曰く、「これぐらい、大丈夫かと思った」

 そういう問題ではないのです!

 嫌なものはイヤなのである(>_<)

 彼女は全く悪びれずにこうものたまった。

 「貴方の可能性を広げて、未知への扉を開けてあげようと思ったの」

 どこかで聞いたような定番の常套句は、当時の僕の心に刺さらない。

 嫌なものはイヤなのです(>_<)

 その彼女のことは特に気に入っていただけにショックも大きい。

 嫌なことはされないだろうと、最低限の信頼はしていた。

 嫌なことをギリギリのところでやめてくれる前提で、そのスリリングな展開を愉しむというのは、わかるような気はするし、それもSMの醍醐味の一つではあるのだろう。

 しかし、NGと指定したからには、少なくも初回は、それはなしですよ。

 女王様も悪気があったわけではないのは、わかっている。
  
 今の僕なら、初々しい女王様とのプレイがイマイチであったなら、偉そうなことはあまり言いたくないのですが、3コマ目の台詞は

 「もっとリラックスしてやれば、次はもっとよくなる。女王様としては将来が楽しみだから頑張ってネ」

 とかナントカ言ってみたい気はする(言わないと思うけど)

 予約して指名したからには、求愛宣言をしたようなもので、信頼してないと言えば嘘になるかもしれないが、信頼していると言ってもそれは本当ではないかもしれない。

↑ 意味ワカンネーって (。。)☆\バキ


 僕はチョー恥ずかしがり屋さんなので、真に本当のことは言えない。

 だから結局のところは、素直になれない自分が悪いんだけども・・・

 
 どうでもいいか、そんなコト(>_<)



 
【関連記事】

■ イヂメとじゃれあいの狭間で
みづきツイッターPROF

 SMクラブまで行って、カッコつけるのやめましょう。







■ 女王様はわかってくれない

エゴマゾ様


■ SMを楽しむために

■ SMクラブの仁義


■ 緊縛事故について

現代緊縛入門



■ マゾの壁




[ 2016/08/05 19:24 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(4)

M男に市民権を与えるコミック「亭マゾ」 

亭主元気でマゾがいい_表紙

 このマンガがすごい!

 以前紹介した六反りょうの「亭主元気でマゾがいい!」が電子書籍でなく、ついに紙の単行本として発売されました。

★ネット版の最新作(2016年3月末現在)


 SMバーにお客さんとしてやってきたマゾ男。そのマゾと結婚した女王様の描いたコミックが、全国の本屋さんに並んでいる。これは凄いことだと思う。

 かつて、SM業界をリアルに描いたメジャーコミックとしては、森園みるくの「Beehive」 や、「 麗羅(レイラ)/三山のぼる」 がありました。

 奥さんを女王様にして家の中でのSMプレイが描かれるコミック作品は、僕の知る限り1993年に発行されていたマニア向けマイナーSM雑誌「Queens Express vol.3」に掲載されていたこれ
 ↓
Sweet Marriage_Cover
Sweet Marriage(甘い結婚)

 女王様とマゾのプライベートや、特に「性生活」というのは、従来はあまり可視化されてこなかった領域です。

 夫婦でSMやっている人はいても、それは「夫婦間の秘め事」というカテゴリーに属し、セックスは奥さんとやって、SMは女王様とするという不文律みたいなものがありました。

夫がマゾです

 ある世代から上の人にとって、SMを家庭内に持ち込むのはタブー。

 その禁断の扉が、このコミックによって開かれたのです。

マゾ亭

 この作品には、きわめて普遍的で、現代的なテーマが含まれていると思う。

 ドメスティック・バイオレンス(家庭内暴力)や虐待など、夫婦間や家庭内における沈鬱な事態に対して、明快な解決策の与えられる画期的な作品として期待されていい。

 こうなってくると、この作品には、手塚治虫文化賞の受賞もありえる。

 ストーリーは事実を元にするフィクションですが、女王様目線のエッセイ風コミックという切り口で、都会的なSMコミュニティのルポルタージュ作品としても仕上がっています。

 出来ることなら見たくない恥ずかしい世界。

 マゾヒストの夫と、女王様の妻は、いったい家庭内でどう暮らしているのでしょうか?

 歴史的には、自分の奥さんに 顔面騎乗してもらったり、聖水をかけてもらったり(飲んだり?)というアブノーマルな行為は、おそらく常にどこかで、密やかに行われていたであろうことは想像に難くありません。その内容にSMとか変態というカテゴリーはなく、夫婦間のユニークな性生活として勝手にやってくれという感じ。

 戦後の風俗雑誌の投稿欄などからも、わりあい古くから、家の中の密室でそういうことが行われていたのは伺い知れるのですが、それにしてもはやり非日常であり、家庭が舞台としてのSMには違和感が強い。SMが非日常的幻想であるなら、妻=女王様の方程式は成立しにくいのです。愛人=女王様ならわかります。ミストレスというのには、「愛人」という訳語も与えられているわけだし。

 そもそも全てのM男が、女王様と結婚したいと考えるかというと、そうでもないような気がします(その逆はなおさらのこと)

 まずは普通に好きな女性(ノーマルな)と結婚し、段階的に(顔面騎乗してもらったりしてして)女王様になってもらうという逆調教パターン(?)が王道だったと思われます。

 つまり、結局は男が主導権を握っており、

 女性の立場や気持は 
  ないがしろ にされている。


 男尊女卑の精神はまだ息づいているわけです。

 そこまで言わなくても、そんな雰囲気や因習的偏見が、後遺症のように現代社会の水面下にかすかに残っているような気がします。

 戦後、男女平等が政治的に実現し、男女雇用均等法の制定や性同一性障害差別撤廃への動きもダイナミックになった現代において、未だにセクハラ、パワハラ、さらにはマタハラ(妊婦さんへの差別・イジメ)といった男尊女卑的な動きが横行している背景には、そこに原因があるのではないでしょうか。

沖渉二

 SMという、狭い世界に目を向けても、夫が妻を縛ったり、浣腸したりという「S男M女物語」が依然としてこの世界の主流であり、女王様とM男の夫婦物語というのは、ありそうでなかった。やはりレアーなジャンルです。

 女性を、妻を、心から愛し、本当に崇拝することのできる男が、いったいどれほどいるのでしょうか。

 もちろんいることは知っていますが、ギリギリどこまで女性上位をリアルで実践されているかは疑問の余地が残ります。なぜなら、いわゆるサブミッシヴな男性ですら、本音の部分では生活の主軸に男上位の思想が無意識のうちに立っていて、非日常の舞台でそれをひっくり返すのが倒錯であり、そこに快楽性を見い出していたのだから。

「ちょっとだけ Femdom ?」なのであり、「いつも 完璧に Femdom !」ではない。

 SMは言うまでもなくデリケートで微妙な、あいまいで複雑な、マニア同士の共同体の中においてさえも共有不可能な部分が混沌として存在する世界。

 この作品の中では、そうしたSMの特殊性が排除され、すでに一般化したコンテンツとして扱われています。

 女王様とマゾヒストの物語ではなく、現代的な男女間の新しい関係性としても読めるのです。

 マゾの夫は、作者である女王様から、ごく普通に男としてリスペクトされています。

 そしてマゾ夫も、妻を女王様として崇拝しているだけでなく、まっとうな愛で支えている。

亭主元気でマゾがいい#22_pickUp

 そこには夫婦間にあるべき 伝統的関係性の美徳 が維持されている。

 SMはその装置として機能しているにすぎません。

 もしノーマルな人が夫婦仲に行き詰まったなら、SMの女王様と奴隷という関係性に焦点を合わせるとうまくいくと思う。

 「亭主元気でマゾがいい!」の物語では、いやSMというくくりのカップル間(男女とは限らない)の人間関係と置き換えてもいいのですが、この両者は相互理解を越えて、お互いに心を丸裸にしてコミットした関係性を築いている。

 浮気やDVや離婚後の親権争いなど、夫婦間の現代的・都会的諸問題やトラブルの多くは、このコミック作品を読むことで全て解決されるのではないでしょうか。

 六反りょうとマゾ夫の、この若いカップルが、末永く幸せに暮らし、エロティックで楽しい夫婦生活を営んでくれるよう願っています。

↑ 余計なお世話っだっちゅうの  (。。)☆\バキ


 マゾだって素敵な女王様と結ばれる(>_<)

 そんな夢を与えてくれる物語には、誤解や、嫉妬や、気持のすれ違いという、仮面夫婦間のギスギスした暗い荒野に、明るい光を投げかけてくれるそうな希望を感じます。


 どうでもいいか、そんなコト。(>_<)


■ SMの女王様に市民権を与えたのは朝霧リエです

■ マゾは己の欲望を満たすためにSMプレイをする
亭主元気でマゾがいい

■ 女王様の亭主になりたい

■ 顔面騎乗に市民権を与えた男


【このマンガがスゴい!】
〜SMを考察するきっかけとなる過去の作品〜


山岸 凉子「天人唐草」
草食系男子
おすすめ度 ★★★☆☆

SMおとぎ話
SMおとぎ話



PU毒恋





【この記事を読んだ人は、以下の過去記事をまだ読んでいないかもしれません】

 Sです、あなたは? おねえさんのキック


ジャハティの誘惑 麗羅(三山のぼる)  Behive お元気クリニック  

pu_Sweet_Mariage pu_桂 正和 「エム」 ハレンチ学園 キューティーハニー


C級さらりーまん講座






[ 2016/04/02 15:00 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(4)

人間関係 

コミック「人間椅子」山口譲司_2
コミック「人間椅子」山口譲司


 この件でお悩みの方は多かろうと思います。

 人間関係では僕も苦労している方ですが、根が楽観的なのか、それほど深刻に悩んだ経験というのはありません。

 江戸川乱歩の「人間椅子」という作品は、今から思うと、

   ストーカーのお話でした。

 憧れの美しい女性と会話することも出来ない醜い男が、椅子となって(自分で作った椅子の中に隠れて)ず〜っと彼女のそばにいたという設定は、この時代としてはかなり刺激的でエロティックです。

 主人公の人間椅子男は、メールでなくファンレター(女性は小説家という設定です)を送って自己主張をする。

 大正時代のまったりとした変態小説と言えなくもない。

 しかし、一般的には優れたミステリーとして評価され、いやらしい妄想部分の可能性については封印されてきたような印象がある。

 当時の挿し絵などを見ても、旧き良き時代のエロスとでも言うべき雰囲気にとどまっていました。

人間椅子


 読む人によっては過激なイメージが触発されるはずですが、それは読者のイマジネーションの中にだけ。

コミック「人間椅子」山口譲司_1

 僕が初めて「人間椅子」を読んだ時(高校の頃)は性欲的な願望というよりは、顔面騎乗の方向に流れていました。

 (僕は幼少時に顔面騎乗を体験しているので、あまりセクシャルな感覚がない)

 しかしなるほど、まともな男だったら、セックスへとベクトルは向かうのでしょう。

人間椅子イラスト

 セックスと顔面騎乗、どっちが好きかと言えば、もちろん顔面騎乗!

 顔面騎乗ができるなら、セックスはいらない(>_<)

 だからセックスよりは人間関係があまり影響しない顔面騎乗に魅力を感じるのかもしれない。


人間失格ですな(>_<)

 




チェコの映像作家・ヤン・シュヴァンクマイエルがデザインした表紙。

ヤン・シュヴァンクマイエルの人間椅子


Kika女王様の人間椅子
人間椅子と言えば、やっぱりコレしかない!(北川プロの作品から)














■ 人間椅子


■ 面白イス





[ 2016/01/20 19:31 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(2)

女王様の知られざる苦労 



3_2.jpg
3_3.jpeg
3_4.jpeg
3_5.jpeg
3_6.jpeg
そんな面倒なことを!? 第3話「女王様の知られざる苦労」




 最近はSMクラブにほとんど行くことがなくなったものの、この種の苦労話は情報としてはある程度知っていました。

 マゾヒズム願望やSMプレイへの情熱が高まれば高まるほど、もう僕の思いに応えてくれる女王様なんていないんだという絶望感が増すばかり。

 しかしこうして女王様経験者自らの、生の声をあらためて思い知ると、また期待してみたくなったりする。

 昔からお世話になってきたSMクラブの女王様の中でも、印象に残る人たちというのは、やはり地道な努力をしていたし、職業としてはあまり恵まれない環境の中でもきちんとした志を持ち、そしてなによりもお客となるM男への思いやりみたいなものを常に大切にしていたように思う。

 だけども、セッションそのものへの不満や違和感が少しでもあると、

 そういうのは 帳消しになってしまっていた。

 何が悪いとか、誰のせいとかいうのでなく、相性やタイミングなど、不明確で不正確な属性がSMプレイを左右するということに、もっと早く気づいていればと、今頃になって思うのです。

 まぁ、とにかく、女王様のこうした知られざる苦労を知ると、もう足向けて寝られません!(>_<)



とか言いつつ、どこかの女王様には足向けて寝てるっちゅう〜の  (。。)☆\バキ






 


[ 2015/10/24 21:16 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(1)

女王様の亭主になりたい 

 久々にM男マンガの紹介です。作者は女王様なんですね〜。

亭主元気でマゾがいい_1


亭主元気でマゾがいい_2


亭主元気でマゾがいい_3


亭主元気でマゾがいい_4


 これはマゾと結婚して楽したいS女性向けのマンガではありません。

 女王様と恋愛関係にもつれ込み、結婚できるかもしれないという夢を抱くマゾヒストのための作品です!



「亭主元気でマゾがいい」 六反りょう



[ 2015/10/02 21:13 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(4)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ