FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

まる子ロス 〜いしかわじゅん氏の追悼記事 

 お盆休みに故郷の実家に帰省していた時、恥ずかしい「死後のコレクション問題」(昔のSM雑誌やビデオなど)を、どう整理したものか悪銭苦闘していた。

 今思うと、むしの知らせだったのでしょうか、たまたま押入れにしまってあった「ちびまる子ちゃん」を、本当にふと、何気なく手にして、くすくすと読んでいました(>_<)

 さくらももこさんが旅立ってしまったという喪失感は、ただ単にファンの一人としてというよりも、もっと大きくて普遍的な何かを失ったという感じがしてなりません。

 そう思っていた矢先、漫画家いしかわじゅん氏の「さくらももこさんを悼む」という日経での記事を拝見しました。

 僕がもやもやと感じていたことを、かなり明確にしてくれているので、日経にもいしかわさんにも無断でここに全文を共有させて頂きますが、何か問題ありますでしょうか?



 それにしましても、この人の名前を久しぶりに見ました。

 この前日にも朝日新聞に談話が掲載されていたので、なおさら印象深い。

朝日新聞_いしかわじゅん談話

 僕がまだかろうじて「漫画少年」だった10代後半、彼の作品や漫画評論などを熱心に読んでいたので、とても懐かしいのですが、このブログのカテゴリー「BdSmマンガ夜話」というのは、NHKの「BS漫画夜話」から拝借していて、その番組にもいしかわ氏が出演していたのをリアルタイムで見ていたので、本当に懐かしい。

 僕よりはひとまわりほど上の世代のいしかわさんは、往年の漫画少年であったのはもちろんですが、いい感じの「マンガ老年」になられて、昭和生まれのおじさんの気持ちを適確に代弁されていらっしゃいます。

Ishikawa_YuKoku.jpg


 僕らの世代や、いい歳した大人がきちんと楽しめた「ちびまる子ちゃん」も、今の時代のこども達にとってたいへん貴重な作品だと思う。

 イジメや虐待などで悩んだり苦しんで自殺なんぞを考える前に読めば、生きるヒントや勇気が与えられるような、そんな気がします(たぶん)

 全国的に「ちびまる子ちゃん」やさくらももこさんの書籍が品薄状態となり、増刷が決まったそうで、なによりです。

 



[ 2018/09/01 11:16 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(5)

永井豪 

 僕はつい最近まで、漫画家の永井豪氏のことをこんな人だと思っていました。



永井豪

んなワケね〜だろ (。。)☆\バキ


もちろん、そんなワケなくて、ウイキペディアのプロフ写真では、こうなっております。

永井豪_Photo


 お顔は昔から存じ上げておりましたが、若かりし頃はイケメンで通用する美男子。

 こんな好青年が「ハレンチ学園 」という、ハレンチな作品で、PTAや教育委員会から叩かれたこともある巨匠であるのは、昭和世代のオヂさんたちにとっては懐かしいエピソードです。

 彼の作品には必ず独特のエロス・パワーが溢れんばかりで、どのコミックにも魅了されます。

けっこう仮面

 特にSM的なモティーフが際立つことはなかったような印象ではあるものの、どこかに、ちょっとだけFemdom?っぽい描写がちらほらしていて、覚醒前のマゾ少年には刺激が強かったんだなぁ・・・



 この当時はまだ読者も世論も成熟してなかったのと、永井作品はあまりにもあっけらかんと性的な場面をコミカルに描く傾向が強く、PTAに叩かれるぐらいはご愛嬌で、それほど深刻な問題とは認識されてなかったようにも思う。

顔を隠して身体を隠さない


 あえてM男として女王様っぽいキャラを探すと「キューティー・ハニー」ちゃんがオススメ!

キューティー・ハニー

 この当時の少年漫画としては画期的に明るいエロスが輝き、やましい気持ちを隠すことなく大きな声で「ハニー、かっこいい!」と言える、初めてのキャラクターだった。

 さらに敵役のパンサークローというのが、完全に女王様系キャラとして立ち上がっていました。

 ところが、そんなのんびりしたことも言ってられない、凄い作品が70年代から登場してきます。

 サド・マゾヒズム的に注目したいのが「バイオレンス・ジャック」



 「人犬」という、これまた少年コミックでは初めてのネタで衝撃的でありました。

1208361_603537036469920_830072442_n.jpg
 こんなにトンデモナイ場面も平気で掲載されていた。今ならNGではないでしょうか・・・・

 永井豪は、育ち盛りの健全な男の子たちを「正しいマゾ」として覚醒させようとしていたとしか思えない。

 ある意味では手塚治虫よりも罪深い作家であったかもしれない。



 どうでもいいか、そんなコト


 永井豪記念館


【関連エントリー】


■ つげ義春

 つい最近まで、僕はつげ義春さんをこんな人だと思っていました。
  ↓
ねじ式の登場人物 んなワケね〜だろ (。。)☆\バキ



■ 宮崎駿 宮崎アニメは世界にロリコン市場を創出した!


■ マンガでわかるドM


 お元気クリニック 麗羅(三山のぼる) Behive ハレンチ学園

Sです、あなたは? おねえさんのキック pu_桂 正和 「エム」  pu_Sweet_Mariage







[ 2018/06/10 10:12 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(10)

罵倒してもらえない言葉責め 

罵倒してもらえない言葉責め

 これもよくわからないよ〜(>_<)(>_<)(>_<)




■ マンガでわかるドM
マンガでわかるドM





[ 2018/02/17 09:16 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(4)

マンガでわかるドM 

マンガでわかるドM

 わ、わからない・・・(>_<)





[ 2018/02/14 21:42 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(4)

つげ義春 

 つい最近まで、僕はつげ義春さんをこんな人だと思っていました。
  ↓
ねじ式の登場人物 んなワケね〜だろ (。。)☆\バキ


 もちろん、そんなワケなくて、伝説の「ねじ式」の時は、こういう顔だった。

つげ義春

 こう言っては失礼(?)かもしれませんが、意外とイケメンですよね?

 僕はショーガクセイの頃から、ガロやCOMを読んでいたのですが、当時はどちらかといえば、「どろろ」とか「バンパイア」のような手塚治虫のヒット作にハマっており、トキワ荘出身の漫画家達を注目していました。


COM = 手塚治虫

COM


ガロ = つげ義春


 みたいな方程式がすでに頭の中にあり、だからといってつげ作品をないがしろにしていたわけではなく、面白そうだけど、その面白さを本当に理解していたとは言えなかったと思うのです。

 「ねじ式」に代表されるつげ作品のシュールでアンダーグラウンドな世界は、当時すでにマゾだった僕でも、「これはわかりにくい」という印象を持っていた。

 子どもにも分かるそのような難解さが、雑誌「ガロ」の立ち位置だったように思います。

 まぁ、もともと(エッチではない)成人向け雑誌ぐらいの、浅はかな認識ではありましたが。

 永島慎二や水木しげるの作品なども、ナイーブな少年に受けそうでいて、当時の漫画少年の王道からは外れていたような気がする。


 それとは別に、アニメで「カムイ」や「サスケ」なども夢中で見ていました。



 時代劇というか、いわゆる「忍者」ものが大好きだったのです。

 ていうか、マゾなら誰でもそうだが、女忍者に憧れますよね?

 時代劇(の緊縛シーン)や忍者関係は、SMにまつわるトラウマのキラーコンテンツの一つだと思われます。

 ちなみに、三重大学が「忍者・忍術」を専門科目として新設するとのことで、個人的には今年一番嬉しいニュースでした。

 
 マゾヒズム、あるいは特定のフェティシズムがいつ「覚醒」するのか?

 それは意識のはるか銀河のはてにまでさかのぼることができるのかもしれない。

 マゾのくせに、何ほざいてんのよ!

   っていうツッコミはなしで(>_<)






 



[ 2017/12/27 22:52 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(0)

暗藻ナイトのコミック・マゾヒズムの覚醒 

 この人の描写は凄まじい。

コミックマゾ_5

 挿絵であればまだイマジネーションの膨らむ余地があるのだが、漫画においては、そのものズバリが表現される。

 視覚の暴力ともいえるその直接的メッセージは強烈で、内なる何かが目覚めるだろう。

 見た瞬間マゾになってしまうか、自分の中に隠されたダークマターが一気に覚醒してしまう。

 それぐらい、マゾヒズムへの訴求力が強く、ある人にとっては曖昧で、よくわからなかった恥ずかしい性癖が、ビジュアルに明らかにされていく。その明快さこそが最大の魅力だと思う。

コミックマゾ_6

 コミック・マゾにおいては、言葉や設定、ト書きに至るまで、とことん徹底している。

 醜く勃起した肉棒を固縛される屈辱のコスチューム

    ↑
 このようなキャプションは、よくぞ言ってくれました〜!というぐらい痛快。

 僕のような軟弱なエゴマゾの感性にも、深く突き刺さる(>_<)

 マゾへの取り扱いも半端ない。

コミックマゾ_7

 かつての教え子との、なんとも幸福な再会。

コミックマゾ_8

 あり得ない状況も、すんなり受け入れることが許される暗藻ナイトのマジック。

コミックマゾ_1

 誰がどう見ても、何だか知らないけどみじめ〜な気分になる恍惚を与えてくれる。

コミックマゾ

 誰だって、こんなことされたくない(>_<)と思っている人でも、見ているうちにやってもいいかも?

 なんて思っちゃったりなんかする恐れがあって、これ以上読み進めて逝くことができませぬ(>_<)

暗藻ナイト_ボーイ・ミーツ・ロープ

 今さらながら、自分で紹介していても恥ずかしくなってシマウマなのですが、これまでどういうわけかまともには記事化していませんでした。

 それは、リスペクトしていながらも、潜在意識の中で排除していたのかもしれない・・・

コミックマゾ_2

 ここで紹介している画像は古いものですが、雑誌「女神の愛」での新作を見ても、昔から一貫してブレがないところが凄いと思う。

 ヘタレ軟弱マゾには、ちょっとついて逝けそうもないフォースを感じる。

コミックマゾ_4


 それなのに、グイグイと引込まれてしまう魔力が、この作品の魅力だ!(なんのこっちゃい)


コミックマゾ_9

 この漫画を違和感なく読めてしまうのが、マゾの性(さが)なのであろう。

コミックマゾ_3

 クールジャパンのコンテンツとして、このコミックマゾもリストに加えて欲しいと願うものですが、どこか間違ってますでしょうか?


【マゾ花の独断と偏見による、クール・ジャパンのマゾまぞコミック】


ひさうちみちお「理髪店主の悲しみ
 

お元気クリニック 麗羅(三山のぼる) Behive ハレンチ学園

Sです、あなたは? おねえさんのキック pu_桂 正和 「エム」  pu_Sweet_Mariage


キューティーハニー



■ 号外!「エムさん」が街の本屋さんで発売?
M-san_001.jpg





[ 2017/12/23 14:24 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(12)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

17位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ