FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

SMの未来は・・・? 


 (小学館「悪魔のうたたね」 by 喜国雅彦)


 これ、今だとシャレにならない(>_<)

 もうかれこれ20年以上前の、喜国雅彦のコミック作品からで、先見の明?があったとは、言えるのかな?
 
 僕は黄金はやらない(やれない)のですが、カラオケやパチンコ店同様、今やどこにでも誰にでも、感染リスクはあるわけで、宣言が解除されても、まだしばらくは慎重な行動と心がけは求められるのでしょう。

 そんなこと言っておきながら、僕は緊急事態宣言下、全国的に総自粛のムードの中でもSMクラブへ逝ってきましたが、女王様持参のハイヒールを、プレイ前にアルコール消毒させられてしまったのには、苦笑してしまった。独特の緊張感が走りましたね。

 いつも以上に女王様には気を配って頂き、恐縮しました。

 それにしましても、昔から時々、緊縛事故や鞭による怪我の件は耳にするんだけど、不思議と黄金や聖水でのトラブルは、少ないような印象です。

 皆さん気をつけてやってると思うし、もし万が一、何かあったとしても、自己責任で表沙汰にはならないのだとも思われます。

 ビフォー・コロナの時代から、ラシオラのようなきちんとしたSMクラブでは衛生面での対策は抜かりなかった。

 清潔なプレイルームを自前で確保していたので、風営法改正後の不注意から摘発されてしまったのはご愛嬌(>_<)

 その朝霧さんも、SMの将来を憂いて先日、こんな記事を書いてました。

  コロナ収束後のBDSM 華麗なるギャッピー By Rie Asagiri


 たとえコロナが収束したとしても、これからのSMプレイの未来はどうなることやらという思いです。

 SMというのは豊かな文化であり、

 自己啓発にも有効な祝祭的遊戯です。


 女王様もマゾも、いつも前向きにこの文化の発展と成熟に向けて、ともに歩んでいければと願っております。



■ SMは芸術だ!
SMは爆発だ!


■ SMは芸術?

■ SMを楽しむために

■ 誰でも15分はマゾになれる


■ 緊縛事故について








[ 2021/04/03 11:16 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(2)

Go To SMクラブ 


「週刊ビッグコミックスピリッツ」 2020年51号


 このコミックに出てくる「日暮里駅前クンニ塾」は実在するお店らしいのですが、ごく普通の風俗店でありながら、SMクラブテイストとでもいうのか、M心に刺さるものがあるような気がします。(行ったことはないんだけど、ちょっと行ってみたくなりまスた)

 僕は、別にことさらクンニをしたいワケではない。

 もちろん、女王様からのご命令とあらば、まぁ、やぶさかではないが(>_<)

 SMプレイで顔面騎乗をやっていると、場合によってはアナル奉仕からクンニへとシフトすることもある。

 このあたりは、デリケートなタイミングで相手にもよりますが、クンニそのものがプレイのメインコンテンツとなることは稀かもしれない。

 まぁ、よくあるのは「ご褒美」的な意味合いのオプションで、いいか悪いかも含めて、技術的な評価はおざなりにされてきたように思われます。
 
 しかし、せっかくお許し頂くからには、女王様にも楽しんで頂きたいというのがM心というもの。
 
 女王様としては、M男相手にそれほど期待してないでしょうが、なるべくなら気持ちいい体験をしたいと思っている(と思う)

 そのための基礎というかノウハウがあるのであれば、マゾとして(男として?)習得しておいたほうがいいと思うのですが、何か間違ってますでしょうか?

 僕的に「願わくば」、になりますけれど、顔面騎乗(アナル奉仕)の最中、

「そうじゃない!」とか、

「もっと舌を伸ばして!」など、

 こと細かく指示やお叱りを頂きながらご奉仕するというのが理想なのですが、これもどこか問題ありますでしょうか?

 このようなコダワリというか、言葉では説明しきれない微妙な心の動き(つまりは舌の動き)みたいな世界を、可視化するというのは、本当に難しい。

 今年の春に急逝した春川ナミオさんは、はるか昔にアナル奉仕における舌使いについて見事にビジュアライズ化されていました。

SM研究会_春川ナミオ

 SMプレイにおけるマゾヒズムというのは、そういう面倒くさい段取りをとっぱらっちゃてでも、満足を追求するエゴイスティックな部分と、女王様のために己を消し去り、崇拝して、ご奉仕するというストイックな面の融合の上で成り立つ特殊で歪な世界だと思います。

 それにしましても、三密や濃厚接触の避けられないSMプレイにこそ、自治体の補助金や割引などが適用されるべきだと考えます(考えてるだけ...)

 僕は、別にコロナ禍でなくても、常に死ぬ覚悟でSMクラブに逝ってます(>_<)

 どうでもいいか、そんなこと(>_<)(>_<)(>_<)



 

*ホイチョイ・プロダクションズはたまにSMっぽいネタで仕掛けてくるので、見逃せない。

匂わない聖水
匂わない聖水_サムネイル













 


[ 2020/12/01 17:26 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(0)

フェミニンゾーン? 



 なんで「ご奉仕しなさい!」って言えないかな〜?

 
#1(1コマ目) Actress(Mistress): Lick my delicate zone soon.

#2(2コマ目) Director: “Cut! It's not something like that.Speak more directly.

#3 (3コマ目)Actress:Lick my feminine zone faster!
 

#4 (4コマ目)Director:Cut,cut. Why don’t you say omanko?

         Actress: I’m sorry.
       I used to appear in a commercial Film of detergent for female genitals.

[ 2020/06/15 13:32 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(4)

手塚治虫AI漫画「ぱいどん」〜人口知能は電気羊の夢を見るか? 

手塚治虫AI起動_1

 このトピックは、もしミケランジェロやシェークスピアが今の時代に生きていたとしたら、どんな作品を創り出すのだろうかという妄想にも火が灯される。

 膨大なビッグデータを人口知能に学習させ、最新のテクノロジーと人類のコラボが、究極の芸術作品を生みだす。

 立ち読みでなくて、おそらく十何年ぶりかで漫画雑誌モーニングをきちんと購入して読んでみました。

 巻頭カラーページでこの企画の概要が掴めます。

手塚治虫AI起動_2


 子どもの頃から熱烈なる手塚ファンであった僕は、話題性を抜きにしても、きちんと読んでみたかった。

 なるほど、確かに今は亡き故手塚治虫が、この令和の時代に生きていたら、本当にこんなテイストの漫画を描きそうだな・・・そう思ったが早いか、少し目がウルウルしてきた(>_<)

 いや〜、なんか懐かしいっちゅう感じ! 

 現役の作家が、天然知能で描いたのでは?と思えるほど、違和感ない。

 生身の人間が高度にパクったのだとしても、上出来だと思えるワケなのだから、まだウブ声をあげたばかりの未熟なAIが、人並みレベルには成長しているのだろう。

 それにしても、人口知能がシナリオ生成とキャラクターデザインまで担当して実行されたのだというから驚きだ。

手塚治虫AI起動_3

 手塚プロのヒューマンパワーとのコラボ的な側面もあるのだけれど、「漫画の神様」だからこそ、やってみる価値と意義があるのかもしれない。

 昔の手塚ワールドを知らない世代は「何のこっちゃ?」と首をかしげるかもしれないが、久しぶりに、本当に久しぶりに漫画を読んで興奮した。

 長生きはしてみるものぢやなのう・・・

 
 あまり関係ないけど、谷川俊太郎に「百三歳になったアトム」という詩がある。

 今回の「ぱいどん」を読んでみて、おぼろげながら、それが頭に浮かんだ。

  
  人里離れた湖の岸辺でアトムは夕日を見ている

  百三歳になったが顔は生まれたときのままだ

  鴉の群れがねぐらへ帰っていく

  もう何度自分に問いかけたことだろう

  ぼくには魂ってものがあるんだろうか


         「夜のミッキーマウス」(新潮社)より


 この詩にはまだ続きがあって、この先が面白いんだけど、まぁそれはおいといて。

 膨大なビッグデータを学習させ、AI(人口知能)が手塚ワールドを生成したという新作漫画作品「ぱいどん」には、人口知能にも、もしかしたら魂が存在し得る可能性があるのかもしれないということを思わせてくれる。

 近い将来、人口知能による「言葉責め」アプリの開発が、期待できる?

 自分のマゾ性癖とツボの台詞を人口知能にディープラーニングさせれば、必ず抜ける言葉責めが実現される。

 これこそ究極のフェティシズム快楽ではないだろうか?!??!!!

 言葉というのは、物質ではないかもしれないが、物神崇拝の核となりえるコンテンツな気がする。

 ハイヒールや縄、あるいは鞭などにも繋がる、俺のマゾヒズムを感情移入しやすい入れ物としての言葉には、恥ずかしくて割り切れない思いや余白を埋めてくれる物語が見える。

 人口知能は、電気羊の夢をみるのだろうか?

 
 どうでもいいか、そんなコト(最近こんなんばっかだな・・・)

■ アポロの歌


■ ブレードランナー  アンドロイドのマゾは、電気鞭で打たれる夢をみるか?


■ 永井豪
 ノーマルな漫画家が描くSMの世界(永井豪はノーマルじゃねーか?)


■ 宮崎駿 宮崎アニメは世界にロリコン市場を創出した!


■ マンガでわかるドM


 お元気クリニック 麗羅(三山のぼる) Behive ハレンチ学園

Sです、あなたは? おねえさんのキック pu_桂 正和 「エム」  pu_Sweet_Mariage



■ チ○コがときめく4コマ漫画
フジ三太郎_本になりたい








[ 2020/03/01 13:26 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(2)

チ○コがときめく4コマ漫画 

フジ三太郎_本になりたい


 リーマンショック以来、貧富の格差が注目される傾向が強まった気がします。

 しかし、おそらく何千年もの歴史があるはずの「男女の性差(格差?)」についての議論は、ほぼリーマンショックと同じくらい新しいような印象がある。

 「フジ三太郎」は、典型的な昭和の空気感の中で朝日新聞に連載されていました。
(掲載作は1990年 6月25日付 朝日新聞朝刊)

 まだ性差やジェンダーという言葉や概念が一般化する前から、時代を先取りした風刺性で問題提起しているように見せかけつつ、実はたんにエッチ度の高い作品ということも出来る。

 登場するキャラクターは、まぁ、普通に健全なエッチではあるのですが、作者のサトウサンペイが、かなりフェチ度の高い漫画家であろうことは疑いない。

 例えば、イケメン男子が同じく本を太ももに挟んでる姿をJKが目撃し、似たようなこと言わせても、フェチにならない。あくまでも男性中心社会(特にサラリーマン世界)で女性を、上から目線で描写する。

 フェティシズムは従来、男性性から女性性へのベクトルで語られていた。

 つまり、チ○コがときめくか否か座標軸となっている。

 この作品の、ここでのメタ・メッセージは、本の代わりにチ○コを挟んでもらいたいという男の願望なのです (。。)☆\バキ
 

 何か問題ありますでしょうか?






[ 2019/05/10 18:55 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(4)

少年老いやすく、マゾなりがたし 


 マゾとしての愛読書といえば、「毛皮を着たヴィーナス」とか「痴人の愛」、または「家畜人ヤプー」などが有名です。

 しかし、イキナリこれらを読んでマゾになれるかというのも、極端なハナシで(そういう方々もいらっしゃるのでしょうが)、多くの場合、人それぞれの小さな伏線なり、微妙なきっかけがあるものです。幼少時の体験や漫画本、テレビ番組(時代劇の拷問・緊縛シーンやヒーローもの女性隊員のコスチュームとか)が引き金になっていたりする。

 僕は自殺を考えるほど深刻な虐待は未経験ですが、フツーに「健全な」イジメの体験は度々あっただろうし、実際、愛に飢える孤独な少年時代を過ごしていた。

 マゾに目覚める直接のきっかけもいろいろとあったように思いますが、愛読書と言えば、まず最初(10歳〜?ぐらいの頃)に出合ったのが、いわゆる単行本としては手塚治虫の「アポロの歌」でした。主人公の近石昭吾少年には凄く共感するものがあった。

アポロの歌

 しかしそれより以前、大人向け週刊誌のちょっとエッチなマンガ作品にも影響を受けており、それらは漠然とした曖昧な印象しか残ってないのだけれども、小島功、あるいは清水崑のカッパ女絵図だったと思う。

 まだ愛もSMも知らなかった僕は、たんなる女体のフォルム・フェチだった。

かっぱ天国

 妖怪関係もごく健全に?大好きな少年時代を過ごしていた僕は、それとは全く別の文脈で、エロティック・コミックの元祖的な作品群に幼少時出合っていた。それらの主なコンテンツは、親が所有していたり、盆暮れに親戚筋の家で遭遇していた。偶発的に目撃したそれを、もちろん当時は自分の所有物にすることが出来ず、内容的にそれらが何であるかもわからないまま、おさな心に胸をときめかしていました。

manga_Sunday_cover.jpg

 いったいナニに胸キュンしていたのか? 

 平成も終わろうとしている今風の感覚からすると、ちょっと古くさくて、歪な女性礼賛的モードなるものでした。

 絶対に男尊女卑ではなかったけれど、女尊男卑でもない。

 セックスはもちろん、まだオナニーも知らない年頃の僕が感じていたのは、明らかに性的なものではありました。

 恋愛を実体験する以前から、フェティッシュな愛を擬似的に体験するような感覚です。

 本当の愛を知らないのに、愛に飢えていた、な〜んちゃって(>_<)

 文豪ゲーテが、幼友達の少女の靴下を履くシーンを目撃して、その脚に目が釘付けとなり興奮したように、僕は、女性のカッパに「萌え」ていたのかもしれない。

やけっぱちのマリア
メインキャラの焼野矢八(やけっぱち)はアポロの歌の近石昭吾にソックリな気がする



 手塚治虫の「やけっぱちのマリア」を読んだ時、マリアのボディラインに、カッパ絵と同じような身体の柔らかいフォルムにモワモワしたものを感じたのを覚えています。そのマリアとは、実態はダッチワイフという(今もあるのでしょうか?)エナメルのようにマテリアルなテイストを持つ皮膚感覚です。この作品のストーリーは、魂(エクトプラズム)が人形に乗り移ってマリアとなり、ちょっとエッチでナンセンスなコメディが展開されるという、僕に言わせれば、ほとんど健全なエロマンガでしたが、どこかの教育委員会から有害図書に指定された問題作でした。

 何が言いたいかというと、僕のマゾヒズムを決定づけた一つの大きな要因に、手塚治虫があり、その手塚が模倣しようとしていた小島功の手になるデフォルメされた女性美ラインの影響を、期せずして僕も受けていたということです。


ヒゲとボイン


 小島が先か手塚が先かはともかくとして(この二人は同じ昭和3年生まれで、同時代に活躍した)漫画のコマの中に見える「女性美」に惹きつけられる体験は、まぎれもなくフェティッシュな原体験でした。

 1960年代後半から70年代初めの頃で、ハレンチ学園や安保闘争の時代です。
 
(↑どういうくくりやねん)


Kojima-Kou.jpg


 時を同じくして永井豪やジョージ秋山の作品群にも出会い、運命的に「奇譚クラブ」という古本雑誌も中 学生になってから入手。文学的、絵画的、そして、あえてかっこつけて言うならば芸術的にSMというカテゴリーの中で、僕の魂は突然変異する。
 
 そして、一番多感な青春時代に、谷崎やマゾッホの作品を溺愛するようになってしまった。

 自分でもわかりやすく整理して綴ってみたものの、それほど単純なものではない。

 もっと複雑で、ドロドロしているものだと思いますが、不思議と漫画やコミックという媒体による原体験があればこそ、心理的にもデフォルメされて、自分の内面を客観視することが容易となるような気がします。

 少年時代からマゾヒズムを意識していましたが、還暦間近になってくると、自分は本当にマゾだったのか?と思い返すようにもなりました。ノーマルとは言えないまでも、言うほどマゾでもなかったかもしれない・・・それを恥じているわけでもなく、誇りというのも妙な感覚ですが、すこし安堵している自分。

 ただ、愛に飢えた恥ずかしがり屋さんのヘンタイであるのは、疑いのない事実です。

 そういった気持ちや感覚を、自然と共有できそうなのは、おそらく同年代以上の、ご年配のマゾパイセン達だと思われるのです。

 今回のエントリーが、そんな方々に懐かしく感じて頂ければ幸いです(>_<)








「アポロの歌」冒頭シーン!
アポロの歌_1
こいつら、みんな精子だから(>_<)




 健全なる性倒錯・LGBT作品「リボンの騎士」



[ 2019/03/23 14:06 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(8)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

18位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ