FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

職業としての女王様 

ホイチョイ

 先日のSM落語で笑わせてくれた女王亭マイキーこと、フリーライター早川舞さんが興味深い記事を書いていましたので、ご紹介したいと思います。

  “根拠のある自信”を持つ女だけがM男を跪かせる

 この記事に反論するわけではないのですが、というよりも、あまり関係ないかもしれませんが、昭和の時代のSMクラブでは、「根拠のない自信」をかろうじて持つ女王様が、多かったような印象を、ふと思い出しました。

 舞さんの趣旨とは離れますが、関連するかもしれないこんな記事もあります。

   ↓

  SM女王様とS女性は真逆のスタイル

 今はそうでもないけれど、少なくとも昭和の昔は、プロもアマも、仕事だろうが趣味であろうとなかろうと、女王様がマゾを跪かせる技術や知識、情報なんて皆無。

そこにあるのは、マゾ側のドロドロとした妄想と、意味不明な倒錯や性癖。

 「奇譚クラブ」をはじめとする、初期SM媒体が全国にばらまいたファンタジーの多くは、夫婦ですら(いや夫婦であればこそ)実現不可能な桃源郷なのでした。

奇譚クラブ  SMキング keel  



 それらに偏見を抱くことなく、変態行為を実現してくれる女性は現実社会には存在せず、よほど親しい間柄でも、カミングアウトした瞬間にドン引かれ、軽蔑され、かろうじて見下されることによってマゾ希望に叶うという悲惨な状況。

 ハードルの高い幻想を、脳内妄想でいかに自由に思い描けるかが、マゾヒズムの知能なのであった。

 現代は、信じられないことに、職業女王様を高い意識レベルでめざす若い女性が、少なからず実在する。

「素人」S女性も増えているようですが、実際問題、お店に所属していないというだけで、プロ顔負けの素人女王様が10代から覚醒している状況に思えます。

 彼女たちは、M男の需要や願望に応えるべく、それなりに研究熱心。

 利益よりも顧客満足度を高めるような方向性と、彼女たちが持つ本来の母性本能が合わさり、かつてない水準で「最強」の女王様、ミストレスたちが続々と登場しているのは、喜ばしい限りです。

 ネットに氾濫する共有情報などもおそらく貢献しているのでしょう。

 昔は、意思の疎通面も含めてコミュニケーション不足だった。

 きちんとこちら側の願望や性癖をプレゼンテーションできていない未熟さを棚上げし、「女王様は判ってくれない!」なんてこと言って凹んでいた自分が恥ずかしい(>_<)

 一見、判ってくれなさそうな女王様であっても、心の中では判ってあげようと努力している。

 このことは、昭和の時代からも継続されてきた伝統だったのかもしれない。

 
 一般的には「風俗嬢」というレッテルで見られ、待遇面でもまだまだ改善の余地が残される環境ではあるにせよ、質的に高度で、知的かつクリエイティブな能力も必要な職業として社会に認知されつつあるのは、彼女たちの誠実な姿勢の賜物であると思われます。

 プライベートで女王様を演じてくれるパートナーがいればもちろんですが、SMクラブへ逝かれるM男性は、ただ当たり前に「女王様」として崇拝するのではなく、それ以上に、職業としての女王様を選んでくれた女性として、最大限のリスペクトを持つべきです。
 
 女王様というのは職業的であっても、マゾヒストの夢を叶えてくれる女神様だと思っています。







■ そうだったのか!マゾヒズム
学べるニュース
池上彰がSMを解説したら?



 【関連記事】

■ SMは風俗か?

■ 職業に貴賤なし

■ 女王様はわかってくれない?

■ SMクラブの仁義

■ 料理とSM

 
  Mエグゼクティヴ 




[ 2018/07/20 16:32 ] マゾの手帳 | トラックバック(-) | CM(1)

そうだったのか!「女王様はアレが欲しい問題」 

 スイーツかな? それとも香水かな? 

 女王様が、いや、女性が何を欲しがっているのかは、男なら誰でも気になるもの。

 相手の好みや性格を知っていれば、それ傾向の書籍や画集、イベントのチケットなどが考えられます。

 初対面で無難なのは、やっぱりお花でしょうか。

 女王様に何かプレゼントをしたいと考えているM男性の皆さん、特ダネです!

 僕もこれまで、女王様にはいろいろな贈り物をしてきました。

 しかし、これだけは、「ギフト」として想定してこなかったです。

 ペニバ〜ン!!!

 先月、落語でブレイクした女王亭・舞キ〜による、チン説、でなくて、興味深い記事を拝見し、衝撃を受けました。

 上記のテキストにリンク貼りましたが、

 「お題」はコレ

       ↓

     女王様は「アレ」がほしい問題
 
 
 いやぁ〜、何と申しましょうか、「女王様がチンコを欲しい!」だなんて、

 全く思いがけないどころか、そもそもフレーズとしてあり得ないでしょ?

 この表現には、普通に考えて「性行為?」といった類推もあり得るだけに、(それを悪いとまでは言わないにしても)これは正直、意外なことでした。

 じゃあ、逆に言えば、M男は、お○ンコが欲しいってか? (。。)☆\バキ

 それはノーマルな男性の噺であって、M男やマゾヒストには、それはない。
   (あっても犯罪とまでは言わないにしても)

 この記事を読んで、視野が広がりまくりスティーブ・ジョブズ (>_<)




iM男ビル・ゲイツ







[ 2018/03/11 20:16 ] マゾの手帳 | トラックバック(-) | CM(0)

宇宙の果てには何があるんだろう? 

宇宙のイメージ

 光の速さで膨張するマゾヒズムには、あらゆるものを吸収するブラックホールが存在する。

 理性や健康な日常生活、金や名誉も、全てを失ってしまうリスクがあるんだ。

 宇宙の謎や神秘を考える前に、人類はマゾヒズムについて考える必要がある。

 近い将来、シンギュラリティーの先に人工知能の自意識が芽生えたとして、そこにマゾヒズムは創り出されるのだろうか?

 AIマゾヒズムで、ロボットが快楽を得る。

 レプリカント同士で、SMプレイをする。

 そんな時代がやってくるのかな。


■ 絵踏して生きのこりたる女かな


[ 2017/12/31 11:19 ] マゾの手帳 | トラックバック(-) | CM(1)

マゾはどこから来て、どこへ逝くのか? 

マゾはどこから来て、どこへ逝くのか?

 今年も残すところあとなん日とかナントカの決まり文句にも飽きてきましたが・・・

 なんとなく年の瀬というのは、人をオセンチにしてくれると思う。

 今年を振り返ってみると、あまりSMやってませんでした。

 その理由の一つには、体調を崩したり、目の手術をしたりで、個人的な諸事情もあった。

 なので、リスキーなプレイからは遠ざかったけれど、← もともとやってないくせに(>_<)

 イベントやSMバーなどにはよく顔を出した年でもありました。

 モチベーションが下がったわけではないから、距離をおけばおくほど、マゾ気分が上がってきますね。

 もう無理できない身体なので慎重に、丁寧に、今後もSMとは関わって逝ければと願っています。

 皆様、よいお年をお迎え下さいませ m(_ _)m




 




[ 2017/12/29 22:47 ] マゾの手帳 | トラックバック(-) | CM(0)

イケメンM男 

 まもなく、六本木に、人類史上初の「M男のホストクラブ」がグランドオープンします。

 まぁねえ、僕にはあまり(というか全然)関係ないけど、な〜んとなく気になっています。

 この企画は成功するのだろうか? 繁盛するのか、外して、フェードアウトするのか・・・




 いわゆるホストクラブなる場所へは、行ったことがありませんので、よくわかりませんけれど、おそらくイケメン男子さん達が、わんさかワンサカいるというイメージです。

 ブ男じゃ勤まらないだろうし、そもそも採用されませんよね。

 では、M男のホストクラブには、醜いブサイクなマゾがいるのかな?と(勝手に)推察されるのですが、ルックスはともかく、マゾたる者は女性を心から崇拝し、誠実にご奉仕しなければ務まりませぬ(>_<)

 それはホストである以前に、ごく基本的な、しかし絶対条件でありましょう。

 女王様の方も、マゾ相手にルックスにはそれほどこだわらない傾向があるようです。
 (もっとも、人は見た目が9割という原則から言えば、美男子であるに越したことはない)

 重要なのは、女王様への忠誠心であり、女性崇拝精神の濃さでしょう。

 どれほどのイケメンでも、その気持が薄ければ、女王様にとっては「無資格なマゾ」となる。



 だから、マゾであれば(ぶさいくなM男でも)、ホストの資質だけはありそうな気がする。
  だからといって、僕にもなれそうと言うつもりは全くございませぬ(>_<)

 歌舞伎町の、ごく普通のホストクラブにだって、Mっ気のあるホストがすでにいたのかもしれない。

 そしてSっ気のある女性客が、何となくM気質のホストを指名する。

 M女がS男のホストを指名するのが主要なマーケットだと思ってましたけど、SでもMでも男性が女性に接客する場は、すでにFemdom的な要素があった。

 大昔、ソープがナントカ風呂と呼ばれていた時代、Mっぽい客がSっぽい トルコ嬢 を指名していたかのごとく・・・

 (ちょっと違うか? まぁ、どうでもいいか、そんなコト)

 マゾにはブサイクがよく似合う。

pool205.jpg

 問題となるのは、敢えてわかりやすく失礼な言い方をするならば、

 どんなに見た目がイマイチな女性客に対してでも、そして性格的にも残念と言わざる得ない相手に対して

 誠心誠意ご奉仕できるかどうかだと思う。

 (人は見た目が9割という原則から言えば、女王様も美人であるに越したことはない)


 真に服従と支配という関係性が成立するためには、マゾの側にとっても、相手を崇拝するに足りる女性として認められなければならない。

 そこがプロのM男ホストとしてやっていけるかどうかの分かれ目となりそう。

イケメンM男


 イケメン男子は、大概は美女とのお付き合いに長けているので、そうではない女性に対しての接客のスキルに関して、ひょっとすると懸念がありそう。

 マゾにもイケメンがいることを期待して、世間のノーマルな(?)S女性が、M男のホストクラブへ逝くのであろうか?

 はたして、そこで、銀座の一流のホステスがやるような、おもてなしの極意が見られるのであろうか?

 選ばれし、厳選されたマゾヒストが、クオリティーの高い奉仕精神を発揮できるのであろうか・・・

  純粋なFemdom精神と不屈のマゾヒズムを備えた、醜いけれど質の高いM男ホストがいて欲しいと(勝手に)願っているのですが、何か問題ありますでしょうか?





[ 2017/07/25 19:40 ] マゾの手帳 | トラックバック(-) | CM(3)

モヘアマゾってナニ? 

モヘアフェチ

 先日、言葉フェチについて書きましたが、本来のフェティシズムの意味として、ある特定の「物体」を神聖視するには、そのモノの背後にある神性、つまり女王様の存在感があります。

 さて、言葉はモノではありません。つまり目に見えない。

 しかし、やはりそれを発する声の主である人間性が大切。

 大切なモノは目に見えない。

 僕は恥ずかしがり屋さんなので、生身の女性とうまく向き合えず、彼女に関連する物体へと意識が向ってしまいます。逝けないコトと知りつつ、彼女のパンティーを頭に被って志麻ウマ。よくありがちな、靴や下着へのフェティシズムは、それを身につける女性へのコダワリが前提としてある(ように思う)

直接ナマの女性を舐めるのは恥ずかしいから、ビニール越しに舐めるM男?
マリア_02
これぞ正統派?ビニールマゾ!もの凄い屈折率だ!




 しかし、純粋にそのモノ「そのもの」への愛も、フェティッシュな感覚としてあります。

 「女神の愛」のパブリシティにも貢献している Mohair_Man というマゾの方のツイートを最近何気なく見ていて思いました。

モヘアマゾ
 エナメルやビザールでなく、毛糸で全身ボンデージされるMohair_Man



 ゴムとか、エナメルフェチとか、素材の質感へのコダワリというのは理解できるのですが、モヘアフェチというのは初耳だった。

この人は以前から「女神の愛」でコラムを連載していたが、全然興味なかったので、ほとんど読んでいませんでした
DBXBKqtVoAETYyv.jpg
ミイラプレイにも似ているよね


 マゾッホのような毛皮フェチともテイストが異なるみたいな。

 僕は北国育ちなんですけど、子どものころからウールや毛糸のセーターは、あのチクチクした感じが嫌いであまり着ませんでした。

 だからとって別にどうのこうの言うつもりもないけれど、その「チクチク感」が嫌だから、

 「無理矢理女王様に着せられちゃって萌え〜」

 ・・・と、いうのはあるのかもしれない。

 針や黄金のように、絶対に無理(>_<) というのと違い、

 まあ許容範囲内の「イヤいや」感を強制されるのは、マゾヒスムの王道でしょう。 

 だけど、その着せられるセーターなり、ウール素材の服は、女王様のものか、一度その女王様が身につけた服であって欲しいのですが、何か間違ってますでしょうか?

女神の愛_vol_14

 ルブタンのハイヒールといえども、誰も履いたことのないものには、興奮しない。

ルブタンのハイヒール


 憧れのあの女性が履いた(出来れば直後)のであれば、ウハーとなる。

tumblr_m57x2aijCy1qfs224o1_1280.jpg
でも、本当はナマの脚を舐めたいんですが、何か問題ありますでしょうか?


 本日もマゾ花にお越し頂きまして、ありがとうございます。

 それにしまして、今さらながら、フェチの世界は奥が深いよ。

 鞭フェチM男さんも、鞭への強烈な愛が感じられるし、フェチの王道を極めているマゾは尊敬に値します。

 Mohair_Manさんのプロフィールにはこうあります。

 モヘアで全身を包まれて拘束、緊縛される事に最大の喜びを感じるモヘアマゾです。

 モヘアマゾというのも初めて聞いたけど、全然理解できないんですが〜(笑)

 でも、なんかホッコリして、いい感じです。




[ 2017/06/04 20:20 ] マゾの手帳 | トラックバック(-) | CM(1)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

17位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ