FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

SMでしゃべらナイト 



 こんなブログやってるせいで、北川プロ主催イベントに招待されてしまいました。なんとSMトークショーのパネリストとして参加することになったのです。

*このカテゴリーでは過去記事を新しい順番で投稿しています。つまり上から古い順で時系列的に読めるよう構成してしてあり、実際の日付とは異なります。




 いやまったくどこの誰に読まれているのかわからないのがブログの世界で、ホントに恐ろしい。何の前触れもなく北川プロの関係者から出演を打診するメールが来たわけですが、最初は

たちの悪い冗談か?

と思いましたですよ。全然面識もないのにイキナリそんな話がありえるのだろうかと。

新手のオレオレ詐欺  じゃないのか?
 
それに天下の北川プロが僕みたいなド素人相手にそんなあぶなっかしいマネをするだろうか?
 
 依頼内容としては一般客を相手に Fem-Dom 庶民派の代表として話をして欲しいということで、企画趣旨にはおおいにうなずけるものがあった。ちょっとウサンクサイなとも思いつつ、何度かメールでやりとりするうちに、僕のブログがきちんと評価されているらしいことも判明した。おだてられて調子にのっているうちに、文面から伝わってくるネゴ担当者の誠実な人柄が決めてとなり、ためらいながらもお引き受けすることにしたわけです。

 気がかりなのはSMについて何かしゃべらなきゃならないということ。ブログでは偉そうなこと書いてはいますが、僕は普段SMについては口にしたことがない。

SMは  声に出して読めない英語 

 これまでの人生で他の誰ともこのトピックでまともな会話すら経験してないのに、いきなり見ず知らずの人たちと不特定多数の観客を目の前にして話せるものなのだろうか。

 しかも状況としては「自分はマゾです」というカミングアウトしちゃっているという前提で!

これではほとんど 公開羞恥プレイ 状態になってしまう。

 羞恥プレイは相手が女性ならいいけど、そこに来るお客さんのほとんどは僕と同じM男なんでしょう?   

 ... う~ん、それってちょっとなぁ・・・

 僕のことを抜きにすれば、イベントそのものは見所満載。ボンデージ・ファッションショーやフェティッシュ・ライブ、ダンスパフォーマンスなど、一般的な舞台としての構成が充実している。北川プロ主催だからといって特に「マニアックな人向け」というものではないようだ。むしろ北川ビデオのコアなファンにとっては物足りないぐらいかもしれない。事実、企画書をよく読んでみると、SM周辺の閉塞的な状況を開放し、誰もが明るく「SMを遊べる」ような社会に目を向けるといった、どこかの文化シンポジウムでも言われそうなことが述べられている。「SM」という枠を越えて広く世間的にオープンで前向きな事業としての面が大きい。僕が参加を決意したもう一つの理由がここにある。

 こう書くと「なんとなく面白くなさそうかも」と思われるかもしれませんが、あれだけの数の北川ビデオの主演女王様たちを一度に生で拝めるチャンスなんてそう滅多にあるものではない。これはもう、だまされてもいいから  Go! Fetish! Go!

もし僕のマヌケ面みてみたいという奇特なお方、会場で見かけたら気軽に声をかけて下さいね。励ましのお言葉、待ってます!



[ 2005/09/30 12:28 ] SMイベント体験記 | トラックバック(-) | コメント(-)

命令される時 


命令される時


 FemDomというキーワードは、マゾヒズムという言葉の響きと比較するなら、ややインタラクティブとでもいうのか、相手とのやりとり、支配と服従の関係性という構図に重点が置かれているような気がする。

 自分一人だけの想像力を駆使して、自虐的に盛り上がるのも可能なマゾヒズムだが、女性から命令されてその指示どおりの行動をする、または行動を制限されるといった様式に普遍的な価値を見いだすのがFemDom 的な美学なのである。この解釈の仕方でいくと、FemDomの方が少し抽象的でわかりにくいかもしれない。

 上のイメージはネットでゲットした写真に、僕が勝手にキャプションをつけたもの。きっとこんなことを言ってるんだろうな、あるいは言ってもらえたらウレシいかも、といったセリフ。何も言われないのに、おずおずと近づいていって、跪いてしまうのも「アリ」でしょう。でも、この女性の勝ち気な表情を見ていると、ついこんな口調で言って欲しいと願わずにはいられない。







【関連エントリー】


画像チャンネルM男的 ■ M男的台詞付き画像


言葉責_サムネール ■ 言葉責め




■ ドーパミンを増幅するCD「ムチと罰」



[ 2005/09/30 08:50 ] 憧れの一瞬ギャラリー | トラックバック(-) | コメント(-)

檻から出される時 


檻から出される時


 こんなポスターがJRの駅前通りにあったらいいな~^^ 、と思って作ってみました。

 クライアントは檻を刑務所に納品しているメーカーとかペットショップなど。

 売れるぞー、きっと。監禁マニアも注目! 右下の部分に会社名やロゴが入ります。

 そんなポスター採用されないって (。。)☆\バキ...







【憧れの一瞬ギャラリー】


首輪 ■ 首輪につながれる時

命令される時 ■ 命令される時

人間便器 ■ 人間便器にされる時

自然に帰る時 ■ 自然に帰る時

顔に座られる時 ■ 顔に座られる時

背中に座られる時 ■ 背中に座られる時

乳首を責められる時 ■ 乳首を責められる時

鼻責め ■ 鼻責め地獄





[ 2005/09/29 13:43 ] 憧れの一瞬ギャラリー | トラックバック(-) | CM(0)

北川ビデオ研究 


 膨大な作品群と豊富なバリエーション

 以前たまたまビデオのレビュー記事を書きましたが、僕は北川プロの作品をそれほど見ているわけではありません。自分で買ったのは20本ぐらいでそのほとんどがソフトなタイプ。北川プロが得意とする本格的でハードなものはあまり知らないのです。
 その程度で研究を試みるのはおこがましいのですが、映像フェチの立場からちょっと述べさせて下さい。

 ひとくちにソフト路線といってもその内容は様々で、基本的に登場する女王様のキャラクター次第です。これは他の女王様ものビデオ全般に同じことが言えます。それゆえに作品購入の決めては、自分が見たいプレイスタイルと好みの女王様とのコンビネーションを吟味しなければならず、これがなかなか難しい。北川プロの場合、詳しい解説付きのパンフレットとにらめっこしながら、悩みに悩み抜いて最後の一本を決断するのにかなり時間を要しました。

 北川ビデオの特色をひとことで言うならその多様性にあると思います。プレイスタイルはソフトからハードまで、ありとあらゆるジャンルが網羅されており、その幅広いバリエーションが強みです。演出不在の生撮りっぽいのもあれば、ストーリー重視の作り込んだものもあり、ドキュメンタリー番組までラインナップされています。

 僕が自分で最近購入したのは「女王様情報~関東編」というSM業界のルポルタージュもの。北川女史自ら有名女王様にインタビューを試み、実際のプレイ内容が紹介されます。(普段は商業主義的なSMプレイに辛口のコメントをしている北川女史なのに、SMクラブ選びの参考になりそうな番組を作品化するあたりはちゃっかりしている)
 長年にわたる人脈とノウハウが反映されたオーソドックスなつくりで、しっかり参考にさせてもらいました。

 近年、印象に残っているタイトルでいうと、作品No.182 の「ザ・プレイ Mistress LEONA 」というのがあります。何年か前、北川プロが主催した女王様オーディションをある雑誌で見て、釘づけになってしまったミストレスがこのLEONA女王様でした(北川プロにはもう一人レオナというカリスマ女王様が登場するが別人)

 表情とプロポーションが素晴らしく、ほとんど一目惚れ状態となり、この時は迷わず即決で購入しました。もの静かで無口なのに見る者を威圧するオーラを放つLEONA女王様。こういう雰囲気に僕は弱い。ビデオ出演やSMプレイの経験が浅いとは思えないほどの落ち着いたセッションには凄みがあり、その映像には圧倒されます。おそらく彼女の個人的な特性を最大限に生かした構成となっていて、それまでの北川作品にない独特の味を出していたように感じられました。すでに多彩な作品群で業界トップに君臨していたようなものなのですが、新しい方向性を常に模索している姿勢を象徴する作品でした。

 結局「女王様ビデオ」の内容的な善し悪しは

 主演女王様によってほぼ決まる といってよいでしょう。

キャスティングが全てとまで言いませんが、その重要性を北川プロはしっかり認識していて、実際北川作品に登場する女王様は例外なく一流ぞろいです。さらにM奴隷(M男優ではない)もレベルが高い。みかけは作りものでも中身のセッションが本物なのです。

  北川プロのイベント に出ることになったから

 急によいしょしてる と思うでしょ? ^^

まあ、タイミング的にそれもあるかもしれないけど、昔から僕は北川作品のファンであることには間違いない。だから不満も含めて言いたいことは山ほどあって、それは当日のトークショーでぶつけるつもり。ただ前述したように、購入前の綿密なリサーチと検討のおかげで、僕は幸いなことにつまらない作品を見ていない。おそらくあの膨大な作品群の中には、僕にとっての駄作もあるのかもしれない。しかしそれが他の人にとっても「駄作」となるとは限らないではないですか。繰り返しますが北川作品の長所はバリエーションの豊富さ。こだわりのウルサいあなたにもハマるタイトル、ワンシーンが必ずどこかにあるはずです。

 現在の最新タイトルは先日紹介した No.218で、この20年間で毎年コンスタントに10本以上の作品を世に出し続けてきた情熱は凄い。さらに昨今の細分化されてきた嗜好性を意識した別レーベル 「INBIシリーズ」 も立ち上げており、多様化したニーズにもきちんと対応している。常に前進する老舗の勢いはとどまることがない。
[ 2005/09/29 12:36 ] SMイベント体験記 | トラックバック(-) | コメント(-)

首輪につながれる時 

首輪につながれる時

 2ちゃんねるのSM板でも単独でスレッドがたっているほど、その愛好者も多い「首輪」

 SMコミュニティでは人気のアイテム。比較的ノーマルなシチュでも使える。

 いったいナンなんだろうかコレは。

 猟奇的な事件や犯罪で使用されるたびに評判を落とすが、首輪自体は何も悪くない。

首輪につながれて2


 特に責め道具というわけではないし、もちろんアダルト・グッズでもない。

 日常的にみることのできるアイテムだが、それだけに Femdom 的な想像力をかきたててくれる。

 誰もいないところで自分でつけるのも楽しいが、やはり支配される女性の手でつけてもらうのがいい。
 
 そして、リードを引っ張られている時の弾むような気持ちは、マゾにしか理解できないであろう。


エアー女王様


 → 首輪が好きになりそうな Femdom 映像

愛犬願望s

首輪につながれて







【関連するかもしれない記事】

■ 犬になって女王様と散歩したい
pu_Dog_Slave.jpg



【憧れの一瞬ギャラリー】

命令される時 ■ 命令される時

人間便器 ■ 人間便器にされる時

自然に帰る時 ■ 自然に帰る時

顔に座られる時 ■ 顔に座られる時

背中に座られる時 ■ 背中に座られる時

鞭で打たれる時 ■ 鞭で打たれる時

鼻責め ■ 鼻責め地獄

乳首を責められる時 ■ 乳首を責められる時



[ 2005/09/28 14:18 ] 憧れの一瞬ギャラリー | トラックバック(-) | CM(0)

プレッシャー 

 いよいよ本番が三日後に迫ってきた。ヤバいですよ。怖い。

やばい。怖い。恥ずかしい。ヤバイ。コワイ。やばい。怖い。どうしよう?



 ブログでリアルな日記を綴っている方もいますが、僕の場合自分の妄想を描くことが多い。それは脳内天国における仮想現実であって、外の世界との接点がなかった。ところが、北川プロのイベントに参加することになり、いっきに現実社会へのマトリックスへ突入するわけである。これから実際に、あの北川プロの女王様たちと会うことになる。そこにはスタッフとして筋金入りのM男さんたちも来るらしい。これはこれで、トークショーのプレッシャーとは別物でオソロシイ。

 これまでの私的なヴァーチャルリアリティが、現実の空間となって浮かびあがってくる。
実際の体験となる。やばい。怖い。ヤバイ。コワイ。恥ずかしい。

 そもそも僕みたいなヘタレがのこのこ出かけて行って大丈夫なんだろうか?


 もしかして 拉致・監禁され、ビデオに強制出演 させられるとか? 

 う~ん、なんだかおっかないぞ。やっぱり行くの辞めようかな。

メールだけの口約束みたいなものだし、すっぽかしても問題はあるまい。どうせお客さんのお目当ては女王様なんでしょ?へたれなゲストが一人ドタキャンしたからといって害はないであろう。しかし、そんなことしたら報復としてホントに拉致されて拷問されるかもしれない。リアルで奴隷調教されて社会復帰できなくなる? 
 
 ウ~ム、それも、いいかも ^^...  やっぱ行くの辞めちゃおうかな....

 真面目な話、これについては真剣に悩みました。SMは好きだからイベントとしては正直楽しみ。しかも今回のコレは内容的に有意義で参加できることを光栄に思っている。

 しかしこの種のものに関しては、これまでにもお客として行くことにすらわだかまりみたいなものがあってずっと機会を見送ってきた。無名の一人として足を運ぶのでもためらいがあった。SMクラブだって滅多に行かないし、さんざん悩んでから行くことを決める小心者。ブログで大胆になれるのは、それが匿名だからですよ。

 出演者としてパブリックな場に登場することは、ある意味で生き恥を晒しに行くようなものである。

「あの変態ブログ書いてるのはアイツか」みたいに思われるんだろうな。

(もっとも僕のブログ読んでる人はほとんど来ないみたいですけど...今のところメールで参加表明して下さった方お一人様)

 いったいどんな人たちが来るんだろう。高いイベントだから来て下さいとは言えないのがツライけど、誰か知ってる人が来てくれると少し気分が楽になりそう。「知ってる人」っていうか、つまりこのブログ読んでらっしゃる方のことね。実際の人間関係で知ってる人には来て欲しくなかったりして。だけど、そういう人が偶然来ないとも限らないわけで、それも心配だなあ。

「あら! あんたもマゾだったの?」 

  やばい。怖い。ヤバイ。コワイ。恥ずかしい。
 
 責めて、じゃなかった(← 変換する必要なかったのに一発で出たので残しました ^^;)
せめて励ましのお便り、待ってます! (←最近コレばっかやね)
 
この イベント は9月18日午後1時から新宿歌舞伎町で行われます。
当日券6000円
( ↑ ネット予約すると前売り料金5000円でご覧頂けるそうです。当日清算可)

[ 2005/09/28 12:45 ] SMイベント体験記 | トラックバック(-) | コメント(-)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

23位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ