fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

FemDomアートの世界 

Bernard Montorgueil


 マゾヒストは世界中に古くからいた。

 しかし、その存在は常に闇の中。明るい表舞台にでてくることは滅多にない。

 そして隠遁するマゾヒズム派アーティストが描くFemDon主義の作品は、ブラックマーケットでのみ売買され、鑑賞されていた。


 FemDom、あるいはSM的なアートが大衆文化としてポピュラーになったのは20世紀後半のアメリカにおいてであったが、それ以前からヨーロッパ大陸ではひっそりと女性支配の幻想世界が成熟していた。
 FemDom Art の世界では古典的なアーティストとして知られる ベルナール・モントルグイユ は、1930年代にフランスで活躍した人らしい。永らく愛好家の間で語り継がれ、保存されてきた作品の一部は、現在あちらこちらのウエブサイトで紹介されている。彼の作品の特徴を一言で述べるなら「魅惑的嗜虐女性による幻想的な男性淫虐図」とでも言えようか。

 男性マゾヒズム願望を刺激してやまない洗練された表現の精華である。

Montorgeil


 ------ ベルナールの他の作品を展示しているサイト ------

FemDom Art

Bernard Montorgueil


 当美術館では、技術的にも「アート」と呼ぶに相応しい作品が存在するにも関わらず、そのテーマ性ゆえ不当に評価されている名品にスポットライトをあてていきます。本館への作品の寄贈、情報のご提供を歓迎します。


Bernard Montorgueil_208




【Femdom Drawing ART マゾロポリタン美術館】

PU_EricStanton.jpg Nanshakh Srdax 鬼頭暁 PU_kanoharu.jpg

春川ナミオ 馬仙人_2 





[ 2005/10/29 14:02 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(0)

昔のSM雑誌 




 人知れず買って押し入れの奥にでもしまっておく。客間の本棚には絶対に飾られることのない、可哀想な雑誌...

 戦後まもなくのカストリ誌は発行部数が少なく、不安定なメディアだった。1952年(昭和27年)奇譚クラブの編集方針がSM路線に変わったのをきっかけに、この種の市場の可能性が開かれ、1960年代には「裏窓」「風俗奇譚」などの雑誌が徐々にマーケットを広げていく。この時期は同性愛や近親相姦なども含めた異常性愛、フェチ嗜好や様々な変態性欲など、いわゆるアブノーマル全般を扱っており、まだ「Fem-Dom」というキーワードはまだ登場してこない。かろうじて「SM」という言葉が使われるようにはなっていたが、雑誌のタイトルや表紙にコピーとして使われるほどの市民権はまだ得られていなかったようである。

 普通なら押し入れから出てくることのない禁断の雑誌を見ながら、FemDomメディアの考察を試みてみる。



【関連エントリー】


奇譚クラブ ■ 奇譚クラブ


 ■懐かしのM本  


SMキング ■ SMキング


keel ■ 外国の FemDom メディア


 ■ SMスナイパーの廃刊


 ■ 女王様の地位向上の歴史 昔の女王様はなぜマスクで顔を隠していたのか?



Mエグゼクティヴ ■ Femdom メディアの台頭




[ 2005/10/29 13:48 ] FemDom メディア史 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本一の男の魂 

日本一の男の魂 2 (ヤングサンデーコミックス)日本一の男の魂 2 (ヤングサンデーコミックス)
(1998/07)
喜国 雅彦

商品詳細を見る


 喜国雅彦は主に4コマ・ギャグを得意とする作家だが、映画化もされた「月光の囁き」といったシリアスな長編も手がけており、全体的に共通するフェティッシュなテイストは独特でカルトな人気を博している。




 コミック作品の中で話題としてSMが語られるのはたまにあっても、お見合いの席でここまで語られたことはかつてなかったであろう。

 以前と比較すれば、ライトな感覚で語れる雰囲気になりつつあるとは思うが、SMはまだ日常会話ではタブーである。しかも男性マゾヒズム願望はなおさらだ。ここまで突き詰めて話せるものだろうか、お見合いの席で...ざっくばらんなシチュエーションでも難しいだろう。お見合いの席でこんなこと話せないよ、とか思いつつも、なぜかうらやましくなってしまう。

 この作品を全部読んでみたい人は こちら をどうぞ。




【関連エントリー】

 お元気クリニック 麗羅(三山のぼる) Behive ハレンチ学園

Sです、あなたは? おねえさんのキック pu_桂 正和 「エム」  pu_Sweet_Mariage


キューティーハニー




[ 2005/10/29 13:24 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | コメント(-)

【い】 

いかせて下さい 女王様


 僕は最初、このセリフが言えなかった。とてもじゃないけど恥ずかしすぎて(>_<)

 その気持ちを逆手にとって、マゾヒスティックに少し明るく遊んでみたい。

 そんな思いでSMカルタを作ってみました。

 これはもともとは2チャンネルのSM板で今年の1月に僕が立てたスレッドです。読み札の表現を募集し、その絵札にあうイメージを探しだそうという試み。今は荒れて止まっていますが、一応スレッドは残っていますので、なにかアイデアありましたらよろしくお願いします。

 本来であれば、

イカせて頂きます!

と丁寧に言わなければなりません。

いつ聞いても恥ずかしい表現ですが、マゾヒストにとっては最も古典的で由緒正しきフレーズですね。

tumblr_lwg4r0sXMu1qgnjaoo1_1280.jpg




【恥ずかしい関連エントリー】


【ろ】 SMいろはカルタ




【は】 SMいろはカルタ




【に】 SMいろはカルタ




[ 2005/10/29 12:47 ] SMいろはカルタ | トラックバック(-) | コメント(-)

FemDom Art の魅力 

 このブログで紹介している FemDom Art の作品をピックアップしてみました。

PU_EricStanton.jpg 春川ナミオ Nanshakh Montorgueil Srdax 

鬼頭暁 馬仙人_2 PU_kanoharu.jpg たべ・こーじ ドイツのジムさん

*画像をクリックすると該当記事へジャンプします。



ジョン・ウイリー
John_Willie_02

 厳密には女性支配や女性崇拝的なイメージとは言えないものも含まれていますが...

 何らかのかたちで僕の男性マゾヒズムを刺激してくれた作品やアーティストで構成しました。


椋陽児(2009年4月27日付記事)


椋陽児さんがすでに他界されていたことを後から知り、追悼記事をエントリー(2009年7月30日)
 



鏡ゆみこ
ユリイカゆみりん

 池袋のSMカミングアウト・サロンユリイカ所蔵


鬼頭暁




■ ベティ・ペイジ

bet-klaw7.jpg

 アーヴィング・クローとベティ・ペイジ


マイケル・マニング
マイケル・マニング_06



 これらの作品は僕が管理している別サイト マゾロポリタン美術館 にも収蔵しています。


Nanshakh's Vault
Sahara_in_the_Park




Erick Stanton
エリック・スタントン


馬仙人
馬仙人さんの作品



かの春
かの春



Unknown




これも Femdom 系ではありませんが、緊縛された少女の姿にも、M男は萌えてしまうのです(>_<)

被虐の文化祭_01














[ 2005/10/29 00:35 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

5位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング