FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

ハレンチ学園 

少年漫画に内在していたSMスピリッツ

ハレンチ学園


 ♪ ウンバババッパ ウンバババッパ
 ♫ ウンババ ハレンチ ウンバッパぁ!

 忘れがたいこのメロディ ! ^^)  

(ABCDWHY イタズラ描きで女の人の裸をWHYで書いてたりしてませんでしたか?)

 SMとはあまり縁のない人でも、このマンガやドラマのインパクトは大きかったに違いない。それでなくても「普通にエッチ」なコミックとして叩かれていた。

 十兵衛こと柳生みつ子には女王様的な魅力がある。テレビの実写版で演じる女優にもそういうS女性独特の雰囲気が感じられたのは、原作のキャラが持つ必然性があったからだ。永井豪はこの他にも「キューティーハニー」や「けっこう仮面」など、多くの女王様的キャラクターを造りだし、当時の小学校にM男予備軍を産み出していた。

 思春期以前の、特に小学生高学年ぐらいの女の子というのは悩ましい存在だ。あるのかないのかわからないようなフェロモンをまき散らしながら、男子生徒を無邪気に惑わす。そして男子生徒も無意識に幻惑される。職業女王様のインタビュー記事などでたまに、好きだった男の子を虐めたりしたというエピソードが物語るように、この時代にはSM関係特有のDNAが形成されるようだ。男子にも言えるが、好きな子を虐めたい、または「好きな子から虐められたい」という感情は、健全な魂にやどる普通の精神なのである。それがちょっとエスカレートすると、「縛りたい」とか、「鞭で打ちたい(打たれたい)」といった具体的な願望となるだけ。僕は小学1年生の頃から顔面騎乗願望を抱いていたが、「ハレンチ学園」の一コマで初めて、それまでの自分の意味不明な願望が視覚化された映像を目にして衝撃を受けたのをよく覚えている。春川ナミオのイラストを知る前だ。ここには、そうした具体的なテンプレートがさりげなくちりばめられており、単なる「エッチなマンガ」という評価を越えたデンジャラスな有害図書として、当時の教育委員会やPTAにこの作品は目の敵にされていた。

 SMという言葉や概念は知らなくても、学校における「強い女の子」の存在を明確に印象づける美少女キャラクターの元祖がこの十兵衛だった。現実の少女にでなく、実在しない2次元の美少女キャラに「萌え」る気持ちの起源もここから始まったような気がする。

 古き良き時代の FemDom Comic の一つとして記憶にとどめておきたい作品である。


【関連エントリー】


 Behive お元気クリニック 麗羅(三山のぼる) Sです、あなたは?




[ 2005/12/29 21:11 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | コメント(-)

セビアン・クィーンズ・コレクション 

セビアンビデオ
 北川プロとならんで80年代を代表するMビデオ・シリーズ。

 値段のわりには画質が悪く、音声もいいかげんだったが、演出不在のナマ撮りの映像は見応えがあった。

 中にはずっと固定アングルで、おそらくそこには女王様と奴隷の二人きりしかいない完全な密室という状況が、さらにいやらしいムードを高めていた。

 本来であれば、一般公開されるべきではないSMプレイの多彩なテンプレートが、そこにはあった。

 登場する女王様やM男も個性的で、作品ごとに時間や内容にムラがあり、当たりハズレのギャップは大きかったかもしれない。タイトルはナンバリングだけで特にコピーまわりがなく、パッケージに唯一添付されていた一枚の写真だけが購入を判断する決めてだった。手元にあるチラシには大阪スウエーデン、北川プロなどと共用のカタログで商品説明がわずかにこうある。

 こんな感じ ↓

【No.36/ 30分 ¥12,000】 
 女王様の美しい御脚でもてあそばれる奴隷。
極めつけは奴隷へのアナル奉仕で奴隷はとっても楽しそう。


 このキャプションでは「アナル奉仕」されるのが奴隷なのか女王様なのかよくわからない。素直に(僕の勝手な期待に都合よく)読めば、女王様が奴隷のアナルを責めると理解できなくもない。写真では奴隷が女王様のアナルを奉仕しているようだ。僕は悩んだ。いったいどっちなんだ!? どちらもあるのか? 当時はまだ予備校に通う金欠学生だったので、買う決心をして六本木まで行っても、セビアンのショップの中で2時間ぐらい迷ったのを覚えている。結局買った。M男へのアナル責めはなくて、ひたすら女王様のアナルをなめまくり。予想は裏切られたが納得のいく内容ではあった。

 ここで登場する天鳥舞女王様はセビアン・シリーズの常連で、彼女の口調や責めのスタイルを当時は新鮮に感じたものだが、今からみるとあまりにも典型的でハマりすぎ。その後の「女王様」的イメージのスタンダードになったような気がする。実際、90年代から続々と登場してくるMビデオの演出には、この流れが引き継がれていたように思う。


アダルト動画:セビアン・クイーンズコレクション No.36 天鳥舞女王様



【懐かしのM男ビデオ】

美しき女王様 黒パンストの女王 女王様伝説・和樹女王 シルバークイーン「畜奴」 高貴な顔面騎乗





m(_ _)m

ランキング




[ 2005/12/27 13:09 ] ビデオレビュー | トラックバック(-) | コメント(-)

独の女王様マゾ男を監禁? 

FemDom TIMEs


 ドイツという国はよく知らないけど、フェムドム先進国なのかもしれない。
以下の記事はSM系ではなく、むしろ一般のブログでトラックバックされていたもの。
 

女王様、奴隷のわたくしめをトランクに監禁してくださいませ……

 誘拐かもしれない、という通報を受けて、ドイツの警察が、車のトランクから男性(39)を《解放》したところ、《犠牲者》は、自らの意志でSMの奴隷になったマゾヒストだった。女が誰かをトランクに監禁している、との通報を受けて、警察は該当の車を停車させた。しかしトランクを開けてビックリ!そこには全裸で首輪と皮ひもをつけた男がいたのだ。「2人はSMのカップルでした。《女王様》が運転して、《奴隷》はトランクの中、というわけです」というのはドイツ南部バイロイトの警察広報。後部トランクは危険、と判断した警察は男性に車内に移るよう命じ、2人を解放した。(ベルリン・ロイター)

------ 世界びっくりニュースから ------


 そっち方面に趣味のない人には、やっぱワカンナイんだろうね。「バカじゃないの?」の一言で終わるんだろうか。二人にとってこれはアクシデントなのか羞恥プレイの一環だったのかしらないけど、今話題の日本の事件と比較すると微笑ましいし「男が監禁」されているところがフェムドム的でいいと思った。

 日本で、もしこのような事件(事故)が起こったとして警察はすぐに解放してくれるだろうか? やはり、まず取り調べを受けて一晩くらい留置所にぶち込まれるような気がする。そして犯罪性がなくて、合意の上であることがあきらかだったとしても、マスコミはおもしろおかしく取り上げ、めちゃくちゃにしてしまうだろう。
 その点ロイターの記事はリライトされているとはいえ、ニュートラルでバカにした響きは感じられない。読む人が読めば「アホか!」と思える内容だが、表現は冷静だしユーモアさえ感じられる。SM全般にも言えるが、つくづく日本はフェムドム後進国だと思う。
[ 2005/12/23 19:06 ] FemDom TIMES | トラックバック(-) | コメント(-)

Eric Stanton 

エリック・スタントン


 Fem-Dom 系アーティストとしては、おそらく最もメジャーな成功者となったエリック・スタントンはニューヨーク、ブルックリン生まれ。初期の「スパイダーマン」の制作にも関わった経歴を持つ著名なコミック作家である。カラフルなアメコミというテイストで それまでダークアンダーだったフェムドムの世界をポップに創出した。ジョン・ウイリーと並び米国フェムドムアートの大御所だ。

 最近顔面騎乗ファンでもスタントンの初期の作品が紹介されていた。フェムドム愛好家ならずとも人気のある作家で洋書店にいくと豪華な画集(TASCHENという出版社)がまだ入手可能なはず。ポストカードにもなっていて何気に使われてしまうとちょっとドキドキしてしまう。

エリック・スタントン ミニギャラリー

    


■ ベティ・ペイジ
PU_bettie_page_20.jpg




【Femdom Drawing ART マゾロポリタン美術館】

春川ナミオ Nanshakh Srdax 鬼頭暁 Montorgueil

馬仙人_2 PU_kanoharu.jpg




[ 2005/12/22 20:51 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | コメント(-)

理髪店主の悲しみ 

理髪店主の悲しみ_表紙
ひさうちみちお


 この人の描く変態ワールドは、内容的にはかなりドギツイのだが、不思議と現実離れしており、ソフトで清潔感すら漂う感じがする。

 単行本の解説で川本三郎氏が述べているように、最高級の変態とは人の幻想・妄想の中にあるというのは実に正しい指摘だ。

 SMやマゾヒズムにこだわった作品はむしろ少なく、幅広いアブノーマルな世界をオールラウンドに、そして独特のデフォルメで描く希有な作家である。

 しかしながら、マゾヒズムについては、かなりマニアックな心理を理解していないと出てこない味わいがあり、この人Mッ気があるなァと昔から思っていた。

 ガロ出身のマイナーな作家というイメージが強かったが、同名作品が映画化されたこともあり一躍メジャーに。

 こだわりのツボは相変わらずマイナーなまま現在に至っている。



クリックすると画像が大きくなります

理髪店主の悲しみ_1理髪店主の悲しみ_2理髪店主の悲しみ_3

理髪店主の悲しみ_4理髪店主の悲しみ_5理髪店主の悲しみ_6

理髪店主の悲しみ_7理髪店主の悲しみ_8理髪店主の悲しみ_9

「SMクラブ」(1981年4月号) に掲載された作品



【関連エントリー】

ハレンチ学園 Behive お元気クリニック 麗羅(三山のぼる) Sです、あなたは?







[ 2005/12/22 12:38 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | コメント(-)

お元気クリニック 

お元気クリニック

乾はるか
( プレイコミック/秋田書店・1991年1月24日)

 今やコミック作家というよりは 北川プロ の看板ディレクターになってしまった感じの乾はるか氏。先週発売されたばかりの新作「黒パンストの女王 PART-4 ~ディルドウの罠~」 では原作のみの参加だが、このシリーズの第1作では監督・脚本も手がけていた。

 デビュー当時は少年チャンピオンにも作品を発表していた正当派。アダルト系のエロ作家というよりは「お色気マンガ家」と呼ぶにふさわしい。

 「プレイコミック」は少年チャンピオンの出版社である秋田書店の、大手にしては貧乏臭い成年向けマンガ雑誌。
この雑誌の偉大なところは、すでに1980年代からSMをモチーフとした作品を掲載していたこと。フェムドム的な期待に添うものは少なかった時代に「お元気クリニック」では毎回いろいろな患者が女王様やM男として登場し楽しませてくれた。好きだったなあ、このマンガ。

 やはりきちんとわかっている人が描いている作品 は、

内容に関わらず共感できる部分が多い。

 ここで一部分を紹介しているエピソードでは、メインキャラである看護婦の多々瀬ルコ(ルビふりたくなる衝動にかられるこの名前!)によって、マゾヒストの心理・哲学がわかりやすく解説されているのでぜひご注目だ。抜粋している3ページめの彼女のセリフ

気持ちいいのは、愛するまたは崇拝するものから受ける「はずかしめ」を受けること

というのはフェムドム心理の真理をついた名言。

 今回の患者はスタミナドリンクを販売している製薬会社の三代目若社長。インポテンツに悩んでお元気クリニックにやってくるが、実はマゾだった...?
 そこでルコ女王様のSM治療が始まる!

クリックすると画像が大きくなります


01 2  3



 505 606



【関連エントリー】

pu_桂 正和 「エム」 麗羅(三山のぼる) Behive ハレンチ学園

Sです、あなたは? おねえさんのキック   






[ 2005/12/19 18:09 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | コメント(-)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ