FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

SとMはどちらがより変態か? 

マゾvsサド


 そんなのどっちもたいして変わらんべや、というツッコミも予想されるが、もちろん個人差もあるし、一概に言えないのを承知の上で、ここではサディストとマゾヒストではなく、作家のマルキ=ド・サドとザッヘル・マゾッホの作品比較で考えてみたい。資料としてはサドの「悪徳の栄え」とマゾッホの「毛皮を着たヴィーナス」をテキストにしてみる。

 この二つを読み比べた経験のある人は少ないのではないだろうか。どちらか一冊だけ、あるいはどちらか一方の作家が好きというパターンが多いと思う。かく言う僕だって、サドの作品はごく最近になってから読んだばかりなので偉そうなことは言えないのだが、SとかMとかの立場の違いを差し引いても、マゾッホとはあまりにも違いすぎるサドの作風に僕はおおいに驚いた。

 そして、どちらの作品がより変態っぽいかという問いに対する僕の結論は、明らかにサドの方に軍配が上がる。

 小説の中で使われる語彙だけで比較しても、「悪徳の栄え」には70年代のサド裁判でも問題となったワイセツ表現が激しい内容であるのに対して、「毛皮を着たヴィーナス」ではこれといった卑猥な表現は出てこない。

 だからイヤラシくないのか?  というと・・・

 う~ん、そうとも言えないのだが(これは読む人の感性にもよると思う)

 変態的ボキャブラリーとしてピックアップできる単語の数は「悪徳の栄え」の方が断然多い。「千鳥」や「裁尾する」といった、澁澤の気の利いた和訳でモザイクはかかっていても、登場人物達が繰り広げる凄まじい性愛行為はハンパではない。アナルセックス、同性愛からスカトロ、ネクロフィル(死体愛好)、超変態的で残酷な拷問の数々。これにはドSでも真っ青になるくらい、ウンザリするはずだ。

 対する我らが「毛皮」の方には、せいぜい鞭とか靴などのフェティッシュなアイテムが並ぶ程度なのである。それは変態というよりは官能、ワイセツというよりはエロス。作品世界だけで比較するなら、「悪徳」は明らかに常規を逸しており、「毛皮」はノーマルとは言わないにしても、「悪徳」よりは控えめでソフトな印象となる。

 これだけの理由でサドの方が変態だとは言えないし、そんなつもりは全くない。むしろ、精神的にはマゾの方がよっぽど屈折しているのではないかとさえ思う。

 ただ、個人的に作品を読む立場からすれば、僕は「毛皮」の方が好きで、マゾッホの作品世界に魅了されているので、冷静に客観的な判断は難しい。

 ここはやはりSでもMでもなく、性的な倒錯願望を持たないノーマルな人が、これら2つの作品を読み比べてみて、いったいどちらに「異常」を感じるかの判断を下して頂きたい。


【関連エントリー】

■ サドとマゾッホの会話






[ 2008/03/10 20:27 ] 過去記事リバイバル | トラックバック(-) | CM(1)

Mのトリセツ 


 脳内メーカーの次は取扱説明書メーカーときましたか。マニュアル世代には受けるのだろうか。

 マゾヒスト側からの願望や幸福論的な言説ではなく、S女性からの目線で考える場合、 Elise Sutton 女史の文献が参考になる。欧米にはこのように「Mistress Manual」のような、「女王様入門書」的な書物が多いのに対して、日本ではあまりみかけない。S女性の数が少なく、そういうニーズもないから市場が成立しないのかもしれないが、最近はSMクラブ嬢も含め、女性が男性を支配するための指南書への需要が増えつつある。しかし伝統的に、そして必然的というべきか、「女王様」はM男が創り上げるものという従来からの因習的偏見もあり、本来ならエリスのように経験豊富なミストレスが執筆すべきような「マゾ男の扱い方」なるアイデアも、マゾ男自身の手で創り出されることが多いようだ。

 ひところ画像チャンネルで流行った「M男的台詞付画像」なども作者は例外なくMッ気のある男性で、自分が女性に言ってもらいたいサディスティックなセリフを創作し、そのイメージにあう写真に貼付けているのだ。あるいはその逆で先に写真やイメージがあり、それに合う「M男的台詞」を考えるパターン(こちらの方が多いかもしれない)がある。



 例えば「伊藤美咲のマゾ奴隷の飼い方」は次のような具合である。


 マゾ奴隷になる資質のある人間は貴女の身近にいます。
私の場合は「どうしても奴隷にして欲しい」というマゾ男が奴隷宣誓の契約書をもって頼み込んできました。マゾはその性質上、私たち女性の言うことには逆らえませんので、ぜひ身近にいるマゾを捕まえて飼い始めましょう。


 あるいは「家畜奴隷の心得」にはこうある。


 家畜奴隷になったお前には拷問を徹底的に繰り返して恐怖心を体に染み付かせるつもり。私の前にいる時は足元に土下座してブルブルと震え上がるくらいにね。家畜奴隷の分際で絶対に生意気な態度を取れないようにしてあげる。


 実際に聞いてM男のツボに効くフレーズは、そのM男にしか創れない。

 これは「マゾ男の取扱方法」という名を借りた、「理想の女王様養成講座」のようなものであろう。

 マゾヒストには、セッションでしてもらいたいコト、つまりアクションの依頼内容(顔面騎乗とか)もさることながら、その最中に女性の口から言ってもらいたい表現的な要望もある。いわゆる「言葉責め」と呼ばれるもので、この種の内容やセリフは、プレイ前の打ち合わせ・カウンセリングなどで明確に伝えておく必要がある。しかし、M男側の心理を適確に汲み取って効果的に言ってもらえるかどうかは賭けみたいなもので、一番てっとり早いのは、そのものズバリの台本を書いてそれを覚えて言ってもらうしかない。だがこれはあまりにもナンセンスという気がする。

 そこまで面倒なことをしなくても、M男側気持ちを理解し、多少表現形式は異なっても、マゾヒストを言葉だけで逝かせてしまえるくらいの口調で責めるのが理想の、いやプロの女王様と言えるのではないか。

 なんでもかんでもマニュアルに頼るのは味気ないが、お互いによいコミュニケーションがとれていない(クラブで初めての相手とのファーストセッションなど)の場合は、優れたマニュアルはありがたい。そういう意味では、「M男的台詞付き画像」のようなコンテンツは、マゾ男側にも女王様サイドにも、有効な「トリセツ」と言えるのではないだろうか。これらを参考にして独自の、パートナーとの充実したセッションを行うためのオリジナルマニュアルを作成していけばよい。



[ 2008/03/01 14:21 ] 過去記事リバイバル | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

16位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ