FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

マゾ差別をなくすために 

 マゾヒストは社会の表舞台に出ることがまずないから、差別が明るみになることはない。むしろ差別されることを喜び、されたとしても、それを問題視しないであろう。

 しかし、マゾヒズムという思想は皮相の見では差別されているように感じる。マゾヒズムという性癖、意識、欲望、妄想、行為、それら全ては忌まわしい、蔑みの対象となり、表現の自由というテーブルにさえ上がることが困難なのだ。マゾヒズムそれ自体の歴史は古く、人間の本能、本質的な部分にも関わるのに、なぜこうも不合理な扱いを受けてしまうのか。マゾヒズムという思想が、偏見や侮蔑的な見方をされることは、理不尽ではないのか?

 マゾヒズムの発生起源や成立過程についてはまだよくわかっていない。この分野の研究は21世紀の今になっても立ち後れている。



 いったい「何」がマゾヒズム衝動の引きがねとなるかは、類推や仮説の域を出ず、これまで放置プレイにされてきて、勝手な憶測や迷信が蔓延している。

 現代のマゾヒズムは、例えば幼少時の心理的トラウマや、社会的な抑圧、そしてネットなど様々なメディアの影響、セックスにおける前戯的で健康的なものから、身体改造やリストカットなど病的で深刻なものまで実に多種多彩である。それら個々の原因についても早急な解明が求められるが、文化人類学や考古学的にも、人間意識の起源においてマゾヒズム発生の瞬間はいつなのか、どうやってこの種の願望、幻想が芽生えたのかといった根本的な学術研究すらない。いや研究そのものが一種のタブーになっているのが実情である。

 この分野ではフロイトが初めて「死の欲動と性愛の生命欲動」といった文脈で論文を発表したが、リビドーとの関連でマゾヒズムの存在を指摘するにとどまり、しかもそれは健康や生命の脅威であるという、無根拠で誤った見解を広めてしまった。

 命名者のクラフト・エビングでさえ、性的倒錯という病的な見方で定義し、文学者としてのマゾッホの名声を葬り去ってしまった。おそらくマゾヒズムへの差別はこの時から始まったものと考えられる。これら近代におけるマゾヒズムのネガティブな発見過程の弊害が今現在も続いている。もしマゾヒズムなるものを真剣に研究テーマに選ぼうものなら、その研究者もマゾではないかと疑われる恐怖感が、この種の研究に心理的・社会的なブレーキをかけてきた。

 我が国においても、種村季弘や谷崎潤一郎、遠藤周作、そして沼正三など、マゾヒズムについてまともな言説を残してきた先人達は皆マゾヒストであった。彼らの言うことはマゾヒストが理解しやすいのは当然としても、マゾヒズムを理解できない人間にマゾヒズム研究が不可能ということはないはずである。より客観的で偏見のない中立的な視点で、マゾヒズムは再評価されるべきなのだ。

 昨今、にしおかすみこやイチローのM発言などの影響もあり、マゾヒズムへのカジュアルな関心が高まりつつある。ウシロメタイ変態性欲というイメージから脱却し、ポジティヴで明るい見方でマゾヒズムを認識する気運を盛り上げていきたい。





「顔面騎乗に花束を!」の撮影現場にて(六本木 mode et baroque )
休憩
あるマゾヒズム的衝動が、北川プロでの作品制作へとかりたてた...


[ 2008/04/28 21:52 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)

人はマゾに生まれない 

ウィリアム・ブーグロー
ウィリアム・ブーグロー『ヴィーナスの誕生』(1879年)
オルセー美術館所蔵




 フランスの女流作家ボーヴォワールの有名な言葉に

 「人は女に生まれない。女になるのだ」

 というのがある。(「第二の性」)

 これと同様に人間は始めからマゾヒストに生まれついていたわけではない。

人はマゾに生まれない。マゾになるのだ


 そのDNAが仮に存在するにしても、たいてい何かのきっかけがあって自覚するのではないだろうか。

 では、そのきっかけとは?

 何も近代になってからマゾッホが「毛皮を着たヴィーナス」を発表し、人々がそれを読んでからマゾヒズムという意識が芽生えたわけではない。

 そういう心の動きに彼の名前が使われただけで、この意識の起源はもっと古いはずである。

サンドロ・ボッティチェリ作「ヴィーナスの誕生」
サンドロ・ボッティチェリ作「ヴィーナスの誕生」


 人の持つ本能的な心の動きに、美しいものには思わず目を奪われてしまう!というのがある。

 新生児ですら、美人とブスの写真を並べると、美人のほうに注目するという事実がある。

 それは美を見た瞬間に心の中で何かが起きているからだ。

 例えば男性の場合ならば美しい女性を見れば自然と「好きになる」という心の変化が生じる。

 その美を崇拝したいと思うか、支配したいと望むのか、これは人によって異なるかもしれないが、美には人の心を変えてしまう力があることだけは確かだ。

 マゾヒズム、あるいはサディズムは、こうした精神的な変化の現れなのだと思う。

 自分が美しいと思う対象へのアプローチの手段が、鞭で打つことになるか、打たれたいと願うことになるのか。

 美を支配しようとすれば鞭で打ち、美を崇拝しようとするなら、鞭で打たれても文句は言わない。

 特に西洋のキリスト教社会では、苦痛によって神と出会えるとする信仰が根強く、偉大なる神(美神)からの試練を甘んじて享受しようとする伝統的文化があった。キリスト教以前にあった古代ローマやギリシア時代のヴィーナス信仰も、美しいものに対する人々の普遍的な心の現れであったのだろう。

 美そのものの定義はともかくとして、人類はその歴史始まって以来、美を追い求めてきた。

 SM的意識の萌芽は、美への追求心と無関係ではないだろう。



ウルビーノのヴィーナス
ティツィアーノ作「ウルビーノのヴィーナス」(1538年頃)



ランキング








[ 2008/04/09 21:28 ] マゾヒズム概論序説 | トラックバック(-) | CM(0)

現代日本のエロティックアート展 

 

 フランスはパリのエロティック・ミュージアムで今、現代日本のエロティックアート展 が開催中。これは東京・銀座にあるヴァニラ画廊の主催で、同画廊で過去に展示された21人の作家による約200点余の作品が、あの花の都パリで「堂々と」展示されている。出品作家には「奇譚クラブ」出身の室井亜砂二の名前もある。

 この美術館はルーブルのエロス館とも言われており、当局にきちんと認可されているれっきとしたミュージアム。お国がらというのか、さすが「おふらんすだべや」と言わざるを得ない。まだ開館してから10年ほどだが、これまでにフランス国内外の有名作家の展覧会を数多く企画してきた。今回日本の作品がこれほどの規模で展示されるのはフランス、いや西洋では初めてのことであり、画期的なイベントといえる。
 
 フランスのエロティックアートといえば、僕はどうしてもベルナール・モントルグイユを思い出さずにはいられない。1930年頃に活躍した人らしいが詳細は不明。独特の絵柄で男性マゾヒズム願望を巧みに刺激する幻想的な淫虐図を描いた。お馬さんごっこの変形バージョンともいえるこの作品などは室井の犬女シリーズを裏返したようなイメージで昔から好きだった。

 Fem-Dom アートも言ってみればエロティックアートの範疇に入るわけで、西洋には昔からこの種のカテゴリーが確立していた。そういう芸術的伝統のあるパリで、日本のエロティックアートが紹介されていることの意義は大きい。願わくば、出品作家に春川ナミオ椋陽児、そして乾はるかのようなコミック作家の名前もあればよかったのにと思う。ヴァニラ画廊的にはアートではないのかもしれないが、世界に誇れる「日本のエロス」であることは間違いないのだから。



【現代日本のエロティックアート展】

と き 2008年 4月3日~10月16日
ところ Erotic museum of Paris(Paris-Montmartre)

■出展作家(50音順)

朝倉景龍/Keiryu Asakura 
奥津直道/Naomichi Okutsu
大倉野亜樹/Aki Okurano
金井清顕/Kiyoaki Kanai
河上ヨシタカ/Yoshitaka Kawakami
キジメッカ/KIZIMECCA
鏡堂みやび/Miyabi Kyodo
小宮山逢邦/Hobo Komiyama
こやまけんいち/Kenitchi Koyama
酒井敦/Atushi Sakai
作場知生/Tomomi Sakuba
Shin3./Shin3.
西牧徹/Toru Nishimaki
林良文/Yoshihumi Hayashi
廣江友和/Tomokaza Hiroe
ペルレ/Perle
室井亜砂ニ/Asaji Muroi
森馨/Kaoru Mori
山口椿/Tsubaki Yamaguchi
山地博子/Hiroko yamaji
レオ澤鬼/Reo Sawaki




[ 2008/04/01 14:19 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ