FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

偏ったSM報道 



マックス・モズレー
 SMを趣味に持つ人に関する報道は、どうしても偏ってしまうのか。個人の趣味として敬意が払われるべきものではないとでもいうのだろうか。軽蔑されたりするのはともかく、個人のプライバシーや人権が社会的に侵害されていいはずがない。

 国際自動車連盟(FIA)のマックス・モズリー会長(67歳)が、5人の売春婦を女王様にしたSMプレイをしていたことが報道され、しかも盗撮された映像がネットで公開されてしまった。F1レースや自動車業界では、日本も含めて世界的にリスペクトされてきた大人物のスキャンダルとして、今年の春騒ぎになっていた。

 全裸で首輪をつけられたモズリー会長がブロンド女性から鞭で打たれるの図。英国では伝統的によく見られる性的倒錯というだけではなく、ナチスドイツが強制収容所で行った拷問をイメージするようなシナリオだったということもあってか、人種差別問題としても取りざたされ、FIA会長職の辞任が議論されるまでの騒ぎとなった。モズリー氏はすっぱ抜いたタブロイド紙を告発し、訴えられた News of World側は、(モズリー氏の趣味は)公的人物として相応しくない行為として受けてたつ姿勢。巧みに政治的に利用された印象である。

 「戦争で捕虜になった男が、女性に監禁され拷問を受ける」なんていうのは、SM的にはごくありきたりのストーリー。むしろ変態性がなくて面白くないレベルだと思うのだが、モズリー氏の父親が、英国のファシスト的リーダーで反ユダヤ思想家だったことが問題をややこしくしている。そんな家庭の事情ゆえの倒錯的願望だったかもしれないことを思うと不幸な偶然だ。さらに、その事実ゆえの陰謀という線も十分考えられる。モズリー会長が好んだSMのシナリオが、「女教師と生徒」ものとか、あるいは「看護婦に浣腸されるM男」といったセッション・イメージであったとしても、同様にオモシロおかしく、侮蔑の眼差しを込めて暴露されていたのであろう。

 いや、間違いなくモズリー氏はハメられたのだ。英情報機関MI5の陰謀説も出ているぐらいだ。

 盗撮された映像を見れば、それがいかに周到に準備されたものかがわかる。つけられたテロップ原稿も、意図的なメッセージを伝えているのは明らかだ。大金を渡され、買収されてしまった女王様たち。英国の現行法では売春を斡旋する側に違法性があり、客であるモズリー氏は法を犯しているわけではない。タブロイド紙は情報提供元である犯罪者の身元を保護し、無実の人物をさらしものにしているのである。

 モズリー氏が家族を裏切ったこと。モータースポーツ界に不名誉な損害をもたらしたこと。そして、タブロイド紙のねつ造を信じるとするなら、彼がナチス的空想にふけったこと。これら全てが彼の全人格を貶め、FIA会長職を辞任すべき理由となるのだろうか。

 後日、モズリー氏がこの問題に関するインタビューで次のように述べているのが心に残った。

「セックスの問題は、生殖過程としての正常位から、わたしの行為をはるかに超えた最も奇妙で異常なものまで含まれる。
 誰も傷つけず、同意に基づき、成人同士が秘かにする、という条件であれば、ほとんどの大人は、他人の性行為の範囲に関しては当事者間の問題だと言うだろう。だからこれが道徳的問題だとは思わない」


 もうこうなってしまったら、開きなおるしかないのだろう。究極の羞恥プレイの官能に、精神がマヒしてもおかしくない。マゾでなかったら自殺していたかもしれない。

 全世界に 全裸で首輪をつけられ鞭打たれている姿が 公開されたマゾヒストの発言だけに、重い。いや軽いのか?

 今月の5日、パリで開催されたFIA臨時総会の信任投票でモズリー氏は信任され、会長職に留まることが決定した。


「人々がそういった一面を持つことを理解しなくてはならない。

 繰り返すが、成人で同意があり、秘かにする限り、誰も傷つけない

 というのがわたしの意見だ」

 (マックス・モズリー FIA会長)


 F1の大物 エッチな地下牢へ





 安っぽいアダルトビデオよりは凝った、モーションテロップで状況が解説されていく内容。ナマ撮りでなく、編集されてかなり念入りに造り込まれているのがわかる。



モズリー氏は年に3~4回、同じ売春宿に通いつめ、SMプレイに興じていた。彼と特定できる映像を、待ち伏せして撮影している。



アパートの地下室に入ると、ナチス看守のような服を着た女性から、これから罰を受けることになると言われ、他の収容所でどんな罰を受けたかを確認するために全裸になるよう命じられる。



さんざん鞭打たれて辱めを受けた後、今度は囚人服を着た別の女性を鞭打つこ立場に逆転するモズリー氏。なんてことはない、「S&Mの5人女王様コース」ではないか。これで日本円にして約50万円という値段は、人数と内容を考慮すれば相場と言えるかもしれない。











[ 2008/06/23 00:00 ] 報道 | トラックバック(-) | CM(0)

朝霧リエに調教されたドM有名人とは? 

 朝霧リエ関連はそろそろ週刊誌ネタとしても登場してくる時期で、「アサヒ芸能」にはやり掲載された。秋葉の事件ほど大きくはないが、表紙の目立つところに

「伝説のSM女王様にお仕置きされたドM有名人」

というキャプションで見開き入れて3ページのボリューム。これまでの報道にはない、彼女の個性に踏み込んだ構成になっている。

 朝霧リエが「お嬢様タイプの女王様」というのは妥当な言い方だと思う。彼女の実家が大金持ちだったかどうかはともかくとして、性格や趣味にはそのような育ちの良さがあらわれている。世間知らずのおっとりしたところが、今回の摘発の一因ともなっているのだろう。言葉責めが上手いと、冒頭で関係者のコメントが紹介されているがこれも正しい。しかし一番の持ち味は鞭さばきで、この部分の取材がきちんとなされている点が評価できる。彼女はこれを独学で身につけた。日本には鞭の伝統も文化もないから、わざわざ西欧にまで出かけていき、独自のSM観とともにその腕に磨きをかけていった。ヨーロッパの性倒錯に鞭は欠かせない。基本的な鞭の打ち方の技術から、どのように打てば安全にかつマゾヒストが悶えるのかといったキメの細かいスキルまでを習得していた。
 
 今日SMと言えば緊縛も鞭打ちも、顔面騎乗やお馬さんごっこも含めてごった煮的な状況であるが、縄や縛りが主流だった日本のSMに、西洋の鞭や革というアイテムを見事に融合させたのは朝霧リエの功績だ。たんにヨーロッパにかぶれた女王様でなく、日本の緊縛についても志摩紫光から手ほどきを受け、持ち前の好奇心で様々なSM的思想を吸収し、洗練させていったのである。
 マゾッホ以来伝統的だった「マゾヒストにとって都合のいいように創造される女王様」ではなく、自立した主体性を持つ真の意味での支配者たる女王様として、新しいSM観を構築した点が画期的であったと思う。
 そういう意味において、彼女の個人奴隷になれるのは限られたエリート・マゾヒストだけであった。今風に言うエゴマゾやヘタレではつとまらないし、そもそも満足できるわけがない。

 それにしても、エロとスキャンダルがウリのアサ芸の記事にしては、まあまあの記事内容に驚いた。かろうじて朝霧リエをこき下ろすことをしていない。志摩紫光さんなど、彼女のよき理解者の好意的なコメントを紹介し、どちらかというと、お仕置きされた「ドM」の方にウエートが置かれている感じ。(なのに、キャプションで期待したほど政治家や芸能人が登場してないが)

 大物を奴隷にしていたカリスマ女王様というイメージをどうしても定着させたいのか、あるいは既にそのようなステロタイプがあるのかわからないが、通常レベルのバイアスでそこそこ無難にまとめている。好意的ではないにしても、否定的ではない初めての記事ではないだろうか。



WickedWoman_02




【関連エントリー】

■ 朝霧リエさんの逮捕

■ ラシオラのSM 朝霧リエの思想と美学
朝霧リエ


■ ラシオラよ永遠に!


■ 偏ったSM報道


■ 大阪・夢楽園の摘発

■ 夢楽園ガンバレ!



[ 2008/06/20 15:58 ] 報道 | トラックバック(-) | CM(0)

無意識のカミングアウト 

 前回に引き続き、SMクラブ「ラシオラ」摘発問題についての、一般の人たちの声をブログからピックアップしてみる。

 全体的には、やや距離をおきながらも、今は話題性と必然性(←これが重要らしい)があるから「仕方ないからコメントしておくか」というノリで書かれているような気がする。僕のように開き直って好意的な立場は皆無だ(まあ、当然かもしれない)

 興味深いというかやや残念なのは、リンクしているM男系や女王様系ブログではほとんどこの話題が触れられていないこと。まぁ、そっとしておいてあげよう、という気持ちの現れだと思うのだがそんな中で、なんとS男性系ブログでまともな記事があったのがまた面白い。

▶九州SM情報局ブログ「SM事件簿18」 
▶SMを真面目に考える「摘発されたそうで」

 さすがに一般の人たちと比べると、一歩踏み込んだ発言になっている。

 記事を書く時にこの「一歩」を踏み越えるか越えないか で、

 その人のSMとの距離感がわかるのではないだろうか。





▶ちゃんねるニュース!「漏れるほどのプレイ」

"本当にプレイの声が外に漏れたのでしょうか...おしっこ?
 あっ、おしっこはSMじゃないね."


 聖水は立派にSMプレイのアイテムとして広く認知されていると思うが、この人にとっては違うらしい。スカトロとSMは別だという意見もあるし、人それぞれの世界である。この人はついうっかり、自分のSM観を漏らしてしまっている。





▶dangunのトンデモ

"前、池袋でもSMクラブが摘発されました。案内所を不適切な場所に設置とていたという理由でした。オリンピックに備えて厳しく摘発しているのかな? 水商売も取り締まりが厳しくなったそうだし。"


 昨年摘発された池袋のSMクラブのことを知っているとは、あなたクインダムに通ってましたか?
それとなく自分とは無縁の世界だと言ってるようで、強い関心のあることが示されているのではないだろうか。





▶為八の「頑張れデスク!」雪

【マンションのSMクラブは防音しましょ!】
"なんかね…。
僕には「恐い」だけだけど。それで行っちゃう人もいるんだってね?
「女王様」のスタイルは「エロ」いと思うんだけど、「鞭」でしばかれたりしたら「痛い」だけじゃないの?
 この話をNデスクにしたら、「キミは無知だ、アレは良いもんだ」と力説してました。"


 「それだけで行く」とは、SMクラブに足を運ぶことでなく「逝く」という意味だろうか。日本語って難しい。ところで、このデスクは某新聞社のデスクか?





▶雑文魂~白虎の呟き~

"これ、聞こえてきたのはM男性のものなのでしょう(笑)男の声ですから、それなりに大きかったはず。この店はミストレス系。いわゆる女王様が在籍されていてなぶられたいM男性が集う店。M男ってのは、一度入っちゃうと我を忘れるタイプも多いので、信じられないような大声を出したんじゃないか、と。「あら、女のコみたいな声だして」などと女王様は言うわけですが、やはり、地声は男で「おうおう系」だったんでしょうね。"
続きを読む


 フリーライターの永瀬白虎さんのブログ。さすが読ませる文章になっていて面白い。業界の事情にも通じているようだが、Mッ気が多少なりともないとわからないツボをおさえた表現があり、これも無意識にカミングアウトしているように思える。ついでに喜国雅彦のコミックを紹介しているところもアヤシイ。





▶木漏れ日に降る雪赤裸々なまでの裏社会の断片

【おままごと】
"雰囲気を味わいたい人にはいいんだろうな(大笑)
本当のSMって廃退的で荒涼たる世界だ。荒む心のうちを狭い室内で表現できるのだろうか。。
まっ、私はマニアックですけど、罵声に酔う人は多いそうですが、私は嫌いです(苦笑)
アダルトビデオの見過ぎです、はい。"


 人それぞれに「本当のSM」というものがある。この人はそれを知っている。想像だが彼は、声を立てず羞恥にじっと耐えるのが好きなマゾではないだろうか。僕もそういうのは好きだからわかる。過剰な演技で女王様に気を使いすぎるのもなんかね。狭いワンルームでなく、広くて閑散とした静寂の中で、彼のSM美学は花開くのか? 

 ラシオラには大卒で入店前はSM未経験のドミナも多く、それが一つのウリのポイントにもなっていた。経験豊富なベテランドミナのセッションと比べると「おままごと」みたいで物足りないという批判的な声もあった。その「もの足りなさ」がまたいいんだよ!っていう人もいる。

 セッションに何を求めるのか。SMとはその人にとって何なのか。客にとってもドミナにとってもそれは多様化してきているようだ。



Lovers_to_Lick





[ 2008/06/18 16:01 ] トピック | トラックバック(-) | CM(0)

ラシオラのSM 朝霧リエの思想と美学 

朝霧リエ

 朝霧リエが目指していたのは、

コミュニケーションとしてのSM であり、


 女王様が真のマゾヒストを心酔させ、支配することを可能とする環境を構築し、アーティストとしてのドミナを育成していくことにあった。

 元来プライベートSMから出発した朝霧は、不特定多数を相手とする「ビジネスとしてのSM」をほとんど重視していない。

 10年以上も前からフリーでやってきた彼女の場合、ある特定の顧客だけを相手にした趣味のSMと言ってもさしつかえないのだが、SMの多様性を認めつつ、独自のコンセプトを当初から抱いていた。

 ファッション・ヘルスやM性感と変わらぬサービスが提供されることも多いSMクラブの中にあって、ラシオラは純粋なSMの美学を守ろうとする。

 あまりにも画期的だったその発想は当時は理解されず、さながら前衛芸術家のユートピア思想のように誤解された。

雑誌「卑弥呼」表紙・朝霧リエs

 ラシオラでの新人女王様の採用規準は高く、大卒であることが条件ではないものの、不特定多数を対象としなければならないノウハウには、大卒同等レベルの教養が必要だと朝霧は判断した。それ以上の知的センスをドミナに求めていたのは、彼女のこだわりでもあった。

 それというのも、注文のウルサい様々なタイプのマゾヒストを相手とするのに、上滑りの知識と経験だけで接客させるのは、ドミナ本人のみならず、客であるマゾヒストにとっても不幸な結果になることを知っていたからである。

 性をシンボライズした単純な業務ではなく、

  人としての関係性にコミットした

    インタラクティブなセッション

 を実現するための要素として、技術や経験以上に「知性」や「品格」といったものを重視していたのだろう。

 その当然の結果として、クオリティの高いセッションが提供されてきたのである。

 風俗という枠にとらわれることなく、高品質なSM文化を切り開こうとしていた。

 ラシオラには昔から帰国子女や語学堪能なドミナも多く、外国人客の需要にも応えることが可能な、世界中にクライアントを持つ国際的なSMクラブとしても認知されている。指先のテクニックだけで男を逝かせるたぐいの場所ではない。

 ただ単に「射精」を目的とするだけの客を想定していない。そういう人は他に行って下さいという立場。



 さらに朝霧は、業界の達人に委嘱した本格的な鞭や縛りのワークショップや講習を企画し、西欧のSM観を学ぶためのヨーロッパ研修を手がけるなど、次世代ドミナの指導育成にも積極的に取り組んできた。

 彼女の求心力に集まったドミナ予備軍は、客の言いなりになってひたすら奉仕する風俗嬢ではなく、

精神的にもマゾヒストを支配する能力 を備えた、

気高いドミナとして成長していった。


 技術と精神の向上、動と静の調和を意識した啓蒙活動は、閉塞的なSM社会に光明を差し込んでいた。

 このような思想と行動力はSM業界を牽引していく一方で、突出した存在感を見せつけ、妬みや批判の対象になりやすかった。

  たかが風俗のクセにお高くとまりやがって

 みたいなノイズも多かった。

 ラシオラのドミナは高邁なSM観ばかりをふりかざして、M側の顧客満足度を軽視しているという声も聞かれた。

 そういった指摘も間違いではないのかもしれない。



 しかしそれはラシオラに限った話ではなく、どこの有名SMクラブに足を運んだとしても、自分の思い通りにさせてくれない、してくれないという失望を味わうリスクは常にある。

 それはそれとして、SMを本質的に理解していたハイレベルなマゾヒストたちからは、熱烈に受け入れられていた事実も見のがせない。

 もちろん、他のSMクラブや女王様の中にも同様の信条で発展してきたところはあるだろう。

 しかしラシオラほどラディカルに、妥協を許さぬやりかたで飛躍してきた例は他にない。

 朝霧リエのラシオラが築いてきた実績と価値観は、

今回の摘発で否定されるべきものではない。

 それとコレとは話が別なのである。

 罪は罪として認めて反省するだろうし、あれだけ真摯な姿勢で取り組んできたリエさんのこと。なんとしても再起動に向けて頑張って欲しいと願っている。



ラシオラのオープン当初、1998年ぐらい?の広告
朝霧リエの熱いメッセージが異彩を放つ。若かった。




関連エントリー】

■ ラシオラよ永遠に!

■ 朝霧リエさん逮捕

■ 朝霧リエに調教されたドM有名人とは?

■ 今そこにある危機

憧れの朝霧リエさんと



*他のブログでのエントリー

伝説のSM女王様・朝霧リエ容疑者お縄







[ 2008/06/14 05:32 ] 報道 | トラックバック(-) | CM(0)

ブログ考察 

 朝霧リエさん衝撃の逮捕から約1週間。日常のスモール・トークでこの話題を持ち出せなくても、ブログには書けるのだろう。エロ系ブログではなくて、普通の人たちが健全な趣味の話題を綴る一般的なブログで、この話題が盛んに取り上げられていたのが注目される。普段はSMの世界とは無縁の人たちの素朴な声は、なかなか興味深いものがあるので紹介したい。

 特に目を引くのがネット第一報の「プレイの声が外に漏れる」という表現へのリアクションである。これらは新聞の見出しにもなり、一般の人にとっては「いったいどんな声なの?」という強い好奇心が動いたらしい。




▶ぷぅたんの気まぐれ日記「どんな声?」

"声が漏れる・・・って。SMプレイの声って、一体どんな声なんだ?「このメスブタめー!」とかかしら?どっちがSだかMだかわからないけど、そんなに白熱するものなんですかねぇ? "


 この人は、男性客がSでM女を責めるのが「普通のSM」と思っているみたいだ。SMクラブとは一般的にそう思われているかもしれないがラシオラはいわゆるM専(M男性だけを対象)とする店で、「カリスマ女王様」というキーワードも報道されているのに、こう勘違いする人は多い。





▶面白ニュースを共有しよう!!「マンションの一室から変な声が」

"夜毎聞こえてくる男や女の奇声とムチの音。すごいマンションですね。間違ってもそんな所に住みたくないな。"



やはり都会生活での騒音問題は深刻とみえ、この種の反応が目立った。
▶未亡人ヒロミの憂い
▶好き勝手に考えを書いているブログ
▶ノースワイピング「お隣のアノ声」 




▶風柳 随時号 4677

"マンションの SMクラブ 声が漏れ 住民たちが 声上げた  愚山"



 騒音おばさんではないけれど、やはり今回の摘発はやむなしといったところか・・・

 その次に目立ったのが、テレビなどでも「荒稼ぎ」していたように報道された影響だろう。70分2万円というプレイ料金や月に700万の売り上げがあったことについてのコメントだ。





▶レナの萌えブログ

"マンションのSMクラブ摘発 その真相に迫ってみましょう☆しかしマンションの一室を借りてSMクラブをやったりするもんなんですね。なぜ摘発されたのかというと部屋の外にプレイの声が漏れていたからだということです。ムチを叩く音や、男性の尋常ではない声が外に漏れていたのです。かなり怖いというか奇妙ですよね・・・。しかも1部屋だけではなく4室も借りていたというのだから驚きです。その店ではなんと!!十数人の女性が働いていたそうです。気になるプレイ代金は70分2万円。月約700万円の売り上があったそうです。 "








▶言葉の吐き溜め「恐怖!マンションに響く声」

"月700万で一回のプレイが2万だから、一月350時間。オプションが付いたとしても一日10時間以上はピシピシやってた計算になる。そりゃ怖いわなぁ。そう言ったプレイはくれぐれも近隣の方のご迷惑にならないように。 "



 SMクラブというのは他の水商売と比較しても、それほど高収入が期待できるものではない。仮にこの700万をまるごと15名で割っても、月の収入は一人46万円ぐらい。この程度で「荒稼ぎ」と言われる筋合いではなかろう。もっとも女王様は歩合制でラシオラは同じ業界では珍しく女王様への還元率が高いほうではある(7割)。
 固定客のついたドミナはそれなりに稼いではいたかもしれないが、それでも違法とされたルーム代の維持費や必要経費を差し引けば、経営者側の利益はもっと低く見積もってもいい。案外地味な稼業なのである。

 一応性的にはノーマルで、SMに関心がないという前提のブログばかりを取り上げてみたつもりだが、実際はどうなのだろうか。匿名のブログであっても、筆者が本音とタテマエを使い分けている印象もある。普段は絶対に口にしない話題でも、このタイミングならということで紹介だけする人が多い中、実は隠れSMファンで、チャンス到来とばかりにいつもよりテンション高めにエントリーしている人もいるようだ。

 一般の一人々の受け止め方もそれぞれで、次回もう少し深いコメントをしているブログを紹介してみたい。


【関連エントリー】

■無意識のカミングアウト


[ 2008/06/13 16:03 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(0)

日常の狂気 

ちびまるこ

 昔はSMクラブでプレイルーム甘美、じゃなくて「完備」と広告でうたってはいても、実際にはごく普通のマンションの一室であったりした。

 本格的な吊りの設備や拷問台があっても、場所は和室の畳の上。

 天井には家庭的な蛍光灯、所帯染みた食器棚やテレビも雑然としてある。

 これからやることの非日常性と、日常的な空間のギャップがかえってシュールさを出していた。


 郊外の一軒家から新宿の高層4LDKマンションに引っ越してきたさくら一家の夕食風景。



父・ひろし:「母さん、醤油まわしてくれ」

娘・まるこ:「ごはんおかわり!」

母:すみれ:「おじいちゃん、食事中はテレビ消して下さいな」

   プツン。
 


       ピシっ ピシっ

母:「あら、なんの音?」


    ピシっ!ひぃぃ~、ピシぃ!

父:「隣の部屋からかな?」


【隣の1126号室の会話】
 
  「このブタ野郎、ひざまずいて足をお舐め!」

  「あぅ~女王様、お許し下さい! じゃなくて、もっとぶって!」

  「これがいいのか? ん? そんなに大きくしちゃって」

  「あふぅ・・・ あぃ~ん」



まるこ:「お母さん、変な声が聞こえるー」

  
      「うぉ~」「あぅ~」 ムチの音ピシッ!




 縛ったり鞭で打ったりと、日常社会では許されないことを擬似的に行うのがSMプレイだ。

 その非日常的な仮想現実が日常の現実生活と接点を持った時にコンフリクトが発生する。

 ラ・シオラが摘発された理由の一つは、このニアミスが大きい。

 しかし、隣の部屋から漏れてきたのが、ベッドのきしむ音や

「そこじゃないわ」 

「愛してるよ」

「あ~ん、イクぅ~」

などという声だったら、問題にならなかったのだろうか。それが営業行為の結果としてのノイズであったとしても、人々の奇異の目にさらされることはなかったのだろうか。

 SEXが日常か非日常かという問題はさておき、隣の人は何する人ぞ?というレベルの、都会の無関心がほってはおけない特別な理由とは何だろう。マンションの密室では、音も立てずにひっそりと女性の身体を細かく切り刻みトイレに流す人もいる。

 人を殺すためにわざわざ秋葉原に行く人もいる。

 こうした都会の狂気に比べれば、70分2万円のバーチャル・リアリティを買いに行く人の行為は、実に健全な部類に思えるのだが。



関連エントリー】

朝霧リエさん逮捕

朝霧リエに調教されたドM有名人とは?


[ 2008/06/11 22:37 ] 過去記事リバイバル | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

13位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ