FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

大阪・夢楽園の摘発 


 大阪のSMクラブ夢楽園が摘発された。

 SMクラブを「装って」違法にファッションヘルスを営業していたかどで逮捕されたらしい。記事を読んだだけではちょっと意味がよくわからない。「SMクラブを装ったコト」が違法なのか、ヘルスの違法営業なのか。この店は関西地区では昔から有名な老舗であり、またナゼ今頃になって?という疑問が残る。

 僕は10年ぐらい前に一度だけこの店に行ったことがある。「ソフトでお願いします」って言っておいたのにハードな鞭打ちにあって散々だった ^^

 それでも巧みなプレイ運びと本格的なセッションはまあまあだった。

 だが確か射精はさせてくれなかったように記憶している。つまり性的なサービスはほとんどなかった。もっとも、僕のほうでそれを望んでいたわけでもなかったのだが。

 詳しいことは知らないが、夢楽園はSMクラブというよりもサークル的なノリで、風俗営業という意識はなかったのではないかな。マンションまるごと、ほぼ全室がプレイルームとして使用されているため、ラ・シオラの時のように周辺住民のクレームはあり得ない環境だし、昔からのびのびと純粋なSMプレイが行われていたように思う。

 セッションの最中、

客を廊下に連れ出すというハーフ野外露出プレイ

 が売りの一つだった。

 僕もプレイ中に突然「さあ、お散歩の時間よ!」と言われてルームの外に連れ出された時はビビった。


 
「近所の人」というのは同好のM客か、スタンバイしている女王様だけなので危険はないのだ。

 そういう擬似的な羞恥プレイを楽しみにしている常連客もいるという。

 そんなコトは全く知らなかった僕は「勘弁して下さい」と哀願した。

 必死に抵抗しようとするんだけど、本物の恐怖心で身体に力は入らないし、全裸で首輪につながれた惨めな姿ではもうどうしようもない。

 リードを引っ張りながら女王様がドアを開けたあの光景は今でも忘れられない。

 ついに引きずり出されてしまった。

 これは相当にインパクトあった。あれほどリアルな羞恥心はそれまでに味わったことがなかった。

 今思い出すだけでも背筋が凍る思いと同時に、なぜか熱いものを股間に感じる。

これを「性的サービス」と解釈するかどうかがポイント になると思う。

 いったいSMプレイのどこからが性的なサービスと言えるのだろう。ノーマルな人から見れば全て「虐待」と思われるかもしれないのに。マニアックに言えば、鞭打ちも含めて全てのSMプレイは性的なのだ。

 純正マゾヒストの中には、抜きはなくても「性的」な満足が得られる人も存在するのである。

 だから夢楽園は、もしかすると風俗営業の届け出をしていなかった可能性もある。確かにM性感的なサービスを提供していたわけではないし、それを期待するM客にはやや不満の声も耳にする有名店であった。

 もしもそうであるならば、「SMクラブを装って」という部分が理解できる。経営者には商業的なSMクラブを営業しているという認識がなかったのかもしれない。

  ( ↑ さすがにそれはないと思うが・・・)

 しかし、少なくとも「射精産業」ではなかったという申し開きは可能なのかもしれない。

 当時の僕は正直、このお店はもういいやと思ったものである。僕のような「仮性マゾ」にはちょっとレベルが高すぎた。とか言いつつも、どういうわけか(ずっと後になって、振り返ってみればだが)心の奥底では、喜んでもいたのかもしれないのだ。想定外の羞恥に、そのリアルな官能によって僕の魂の暗部は狙撃された。

 うん、あれはあれで良かったのかも。全裸で四つん這いになってマンションの廊下を女王様に引きずり回されたのは初めての体験で、精神的にかなりこたえたが、そのような妄想を過去にしていたことはあったのだ。
 
 少なくともあの一瞬は、僕にとってかけがえのない現実だった。

 妄想が現実となったあの瞬間は、まさに夢楽園にいたかのよう。

 そういう意味で印象に残るセッションだったし、あの時の女王様には感謝している。ラシオラ同様、今回の摘発はSM界の大きな損失であり、たいへん残念だ。



【関連エントリー】


■ 夢楽園ガンバレ!

■ 朝霧リエさんの逮捕  カリスマSMクラブ ラシオラのまさかの摘発

■ ヘンタイの義務 六本木のSMバーが摘発

■ SMは風俗か?

■ 妄想が現実となったあの日  甘くて切ない、初のSMプレイの思い出

■ アイコンタクト








[ 2008/08/30 07:50 ] 報道 | トラックバック(-) | CM(1)

さるぐつわ 



 猿ぐつわ(猿轡)って、自分がされてみたいとはあまり思わないのだけれど、されている女性を見ると何故か興奮しますね。同じ緊縛写真でも、猿ぐつわをされているかどうかで「萌え」度が違ってくる。


 こんなコト感じたり、考えたりしているのは僕だけか?と思っていたら、そうでもなかったようで、猿ぐつわをされた女性の画像コレクターがいました。テレビドラマから女性が猿ぐつわされた場面を収集し、そのキャプチャ画像を女優別に公開している素晴らしいサイトです。

(なぜかこのサイト、ここの記事本文中でホットテキストにしてリンクを張ると、エントリーできません。左サイドバーでブックマークの一番上にリンクを設定しましたので、そこからアクセスして下さい。不思議です・・・gooブログだけの制限なのかもしれません)

 ここの管理人さんがその性癖に目覚めたきっかけのひとつに、ウイリアムワイラー監督の「コレクター」という映画をあげているのも、マニア度が高いと思いました。この映画は僕も見ましたが、女性を監禁・調教するという禁断の思想に惹かれはしても、猿ぐつわ的にはピンとこなかった。タオルで女性の口がふさがれているシーンはあまり印象に残っていない。惜しいことをした。

 それにしても、何がその人のパンドラの箱をあけることになるのか、わからないものだと思います。時代劇などで女性が縛られたり、拷問を受ける場面でSM的な目覚めを感じるというケースはよくありますが、「猿ぐつわ萌え」というのは僕的には新鮮な感じがしました。

 SM博物館でも、冒頭のかなりのスペースを使って、猿轡の魅力について言及されていました。昔からこの種のマニアがいたことがわかります。
 蘭光生によって選び抜かれた昔の投稿作品には、マニアにしかわからない目線で、もの静かに猿ぐつわの魅力が描かれています。

 僕は正直なところあまり関心がなかったのですが、これを読んでハマりました。というか、アーティスティックに観たり読んだりは好きだけど、自分としては実際に女性に猿ぐつわをかましてみたいとは思わない。されてみたいかも、とは思うぐらいで。

 猿ぐつわには鞭のような派手なアクションはないものの、口がふさがれ、悲鳴すら封じ込まれるサイレンとな世界には、言葉による理性的なコミュニケーションも閉ざされた、より被虐度の深いSMの世界が見えるように思います。




 
 *実際のセッションで猿ぐつわを使用する際、万が一危険な状態になった場合に備えてセーフワードに代わる合図(アクション)を決めておきましょう。

 身体全体が拘束されている場合なら、部屋のあるポジションに視線を向けるなど、事前に確認してからプレイに入ります。







[ 2008/08/28 09:30 ] 責めの種類 | トラックバック(-) | コメント(-)

逝くべきか逝かざるべきか 





 行ったこともないSMクラブについてとやかく書くのはなんとなく気がひけるが、明日オープンのSM ACID 東京は、今一番行ってみたいSMクラブかもしれない。全体的にムードがラ・シオラと似通っているのと、ホームページから判断する限り、なかなか良さそうに思える。それに「縄とアナルの教室」の流れにある点も見逃せない。女王様が「縄師」というのがいい。ACIDは新規オープンとはいえ、ミストレスは皆「教室」での充実したワークショップの経験を積んでおり、その点が安心できる。

 acidとは英検2級レベルの単語で、「酸っぱい」という代表的な意味の他には「厳しい、とげとげしい、どぎつい、意地の悪い、気難しい、辛らつな、不機嫌な・・・」などの語義がある。ドラッグや麻薬のスラングとしても使用されることもあり、なにやら意味深なネーミングではある。そう簡単には好きなことをさせてもらえそうにはないということだろうか?

 いやそうではない。あくまでも女性上位のM専であることを強調したいのだろう。
(ACIDでは「女王様専科」という表現をしているが、まあ同じこと)

 気難しくて不機嫌な女王様がいるということではないはずである。というのも、お店としては「性風俗特殊営業」の届け出をしているので(ホームページから判断する限り)M客は逝かせてもらえると思う。きちんとカウンセリングで正直に己の恥ずかしい願望を曝け出すことができれば、女王様は全力投球でM男を射精に導いてくれるだろう。M性感やファッションヘルス風でありながら、緊縛や鞭も含めて本格的なSMプレイが実現される、ビギナーのエゴマゾ君でも大満足できそうではないか。

「縄とアナルの教室」では女性も縛られたが、この店はM男性のみ縛られる。専用プレイルームは使用せず、客が自分でチェックインするシティホテルに女王様が派遣される形態となるため縛られても心配はない。
 (↑なんの心配だ?)

 ただし、「教室」の生徒&会員ではない一見さんがイキナリ行って「ほぼ満足」を確約できるかどうかは別問題。こればかりは何とも言えない。アナルの感度は一番個人差の激しい部分だと思う。(よく知らんけど)

 必ずしも射精を保証するものではないし、逝ければいいというわけでもない。

 僕のSMファンタジーの中心はお馬さんごっこと顔面騎乗なので、基本的には緊縛もアナルもNGだ。しかし、安心して身を任せることが可能であるなら、縛られてもいいとは思う。身動き出来ない状態でアナルに指一本ぐらい軽く突っ込まれるのって、ホントはイヤだけど、ちょっとぐらいならいいかな? 
  ↑ いったいどっちなのよ! (。。)☆\バキ

 今の僕のレベルにとっての、新しい領域でちょっと冒険してみるにはこのACIDはちょうどいいと言えるかもしれない、未知の感動を求めるなら、行く価値はある。

 おそらく、これは僕のやり方になると思うが「縄もアナルも苦手なんですけど・・・」と最初のカウンセリングで正直に告白しておいて、まずはドミナのお手並み拝見(←や~な客だ)という手法をとるだろう。これで「やや不満」がなければ、次回に縄とアナルに挑戦できるかもしれないかなと。

 つまり、向こうの得意手がこちらの苦手であるならば、まずはこちらの得意スタイルに合わせてもらうドミナのスキルを見る。それがきちんとやれていれば、次回は相手方の得意スタイルに身を任せるに値する担保が得られたと思うのです。

 リスク覚悟で多少の先行投資がなければ、ハイリターンは期待できない世界。その点はいつの場合でも「賭け」になる。このようなインタラクティブなセッションを楽しむためには、精神的にも経済的にもゆとりが必要だし、なかなか難しい。もちろんお相手となるドミナとの相性の問題もある。

 いずれにしても開店してすぐに行くのはちょっとなァ・・・ しばらくはお店のブログ在籍女王様のブログなどで様子見させて下さいってカンジになるだろうか。それに行くとしたらその前にまず、「教室」の方で自分のアナル開発を少しやってから、ACIDに足を運ぶのが正しい道かもしれない。
(緊縛やアナルなしの、通常ソフトプレイも対応してくれていると思いますが、ここの扉を開けるなら、自分のアナルの扉も開けるのがよろしいかと)

 自分でも知らなかった未知なる快楽の扉を開いてくれそうなSMクラブ。そういう期待感を抱いている。

 まずはこちらからチャレンジして、来月ACIDで睡蓮ちゃんを指名するのがスマートかも!


[ 2008/08/19 05:50 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(0)

終戦記念日・・・ねェ 

TOKKO-特攻-

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る





 戦争映画は好きでも、本当に「戦争が好き」な人はいないでしょう。

 先の大戦については、すでに知ってる人も少なくなってきたし、関心のある人がいなくなってきた。嫌いなのはいいとして、まったく興味が持てないというのも、いかがなものかという気がする。今グルジアで何が起きているのか、オリンピック以上に注目してもバチは当たらない。具体的に何も行動できはしなくとも、何も知らないよりはまだマシだ。

 日本は敗戦を経験したことで、ある意味で戦争アレルギーになっているんじゃないですかね。戦争はイケナイことだという「信念」ではなく、

戦争なんて、俺たちにはもうアリエネ~よ!

 みたいな。

 無関心というより、存在そのものが見えないし、考えようともしない。拒絶反応とか、「無視」というアクティブなものすらない。

 今もしも、日本が戦争状態になって徴兵制度が復活し、若者が戦地へ行かねばならない事態になったとしたら、皆さんどうされるのでしょうか。反対集会とかデモやっていて間に合うのかな?

 侵略されて皆殺しにされるくらいなら、いやいやながらもおとなしく行くかしらね。


 世論が許さないとか言ったところで、国がやるっていうんだから、やるしか、行くしかないでしょう。

 そうなったらなったで、あきらめて行くような連中は、ワーキングプアーなオタクばっかりで、ろくな戦力になりゃしないだろうけれど。
 
 だけど、無差別に誰でもよかった的に罪のない人を殺すぐらいなら、戦場でこちらに敵意を持つ兵士に銃口を向けることの方がはるかに人間らしい。どうせ返り討ちにあうとしても、正当防衛という「正義」はある。しかし、戦争そのものには正義はないのだ。

 人殺しをするよりも、「非国民!」と呼ばれて刑務所に行く人も現代ならいるかもしれない。

 いや、いて欲しいですね。ていうか、今の若い人たちって、ほとんど非国民という気がします。愛国心なんかないでしょ?

 僕ならどうするか? 僕はそこまで非国民じゃないけれど、今の気分ではとても行く気になれない。僕は身勝手な人間ですが、さすがに自分に人を殺せるとは思えない。

 人を殺したくないとか、そんなきれいごと言う前に、まず

自分が死にたくないだけ だったりするんですが。

 まだこの世に未練がある。とりあえず流れに身をまかせてでも生き延びたい。

 「君のためなら死ねる」と言えるほど愛する人もいないし、ましてやお国のためになんか絶対に死にたくないですよ。

 それこそ「ヤプー」的にでも、生きることを選ぶだろう。僕は弱い人間です。

 ま、本当に戦争になってみないことにはわかりませんが、今の状況で国民の総意で戦争を回避できるようなシステムじゃないからね。国がっていうより、「人間が」っていう意味で。戦争や国というもの、政治や社会に無関心な人間ばかりでは、どうにもならん。

 しかし、まあ、趣味的に拷問を受けるような遊びが出来る今の世の中は、ある意味で平和なことで、結構なことなんじゃないでしょうか。



 一年に一度だけでも、戦争について少しは真面目に考えるきっかけとなる「終戦記念日」というのも、ネーミングのダサイところは差し引いて意義はあったでしょう。

 海の向こう側のことまでは正直なところ面倒みきれませんが、身近なところから平和な世の中になることを祈っています。



[ 2008/08/15 09:32 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)

顔面騎乗の美学 

顔面騎乗


 顔面騎乗は、とてもストイックな願望だ。

 欲望むき出しの積極性があまり感じられない。(もちろん、舌奉仕など行う場合もあるが)

 CFNM(着衣女性全裸男性)もいいが、お互い普段着のまま、日常空間に浮かび上がる不自然な構図も、捨てがたい魅力がある。

 M男側からの視線で語られることの多い顔面騎乗であるが、上に座る女性側の立場は見過ごされやすい。

 いくらサディスティックな気持ちを持ってはいても、心のどこかで恥ずかしいと感じる女性もいるかもしれない。

 秘密の花園を男の顔の上に乗せるという行為には心理的抵抗があるだろう。



「ちょっと恥ずかしいな~」というためらいがちな女性の姿も、ナカナカよろしいのではないでしょうか。


 好きな女性に顔面騎乗を依頼するのも勇気がいるが、女性が男の顔の上に座るというのにも勇気がいる。

 女王様とはいえ、乙女の恥じらいはある。女性に無理なく座ってもらえるような配慮は不可欠だ。

 そこで、最初は着衣で座って頂くのが望ましい。すでに肉体関係をもつノーマルなカップルにとっても、顔面騎乗は禁断の扉なのかもしれない。女性にもともとSッ気があればよいのだが、最初はためらいがちに、そしてだんだんと積極的になっていくのがもっと理想的と言えないだろうか。

 バリバリのサジスチン女性に圧迫責めされるのと、慎ましくも謙虚なS女に顔面騎乗される二つのオプションがあるとすれば、どちらを選ばれるであろうか?



Eric Stanton のイラストから
このように勝気な表情のほうが、顔面騎乗にはハマる。





顔面騎乗_舌奉仕




スタンディング顔面騎乗


















[ 2008/08/12 09:34 ] 顔面騎乗探求 | トラックバック(-) | コメント(-)

膝枕と顔面騎乗 


 男の健全な願望の一つに、女性にひざまくらをしてもらうというのがあると思われる。そこまでいったら、顔面騎乗まであと少し・・・イヤいや、そうでなくて。

 ちょっと前に「癒し系」サービスとして、浴衣美人の膝枕&耳かきで癒されるというのがあったが、こんな商品まで発売されているところを見ると、それなりニーズがあるわけだ。

 これの下半身部分を可動式にして、立て膝にしたり、股を広げたりすることが出来るように改良すれば、顔面騎乗をしてもらうこともでき・・・、そうでなくって・・・

 だけど、ありそうでなかったのではないか。ダッチワイフでもやれちゃうのかもしれないが、顔面騎乗に特化した普及版をどこかで開発してくれないだろうか、大人のおもちゃとして。

 と思って探していたらあった! 脚の部分を曲げたり伸ばしたりできる低反発素材の枕が

 膝枕と顔面騎乗のどっちを選ぶかと問われたなら、男なら文句なく顔面騎乗と答えるはずで、今やマゾヒストでなくても、

顔面騎乗はノーマルな男の普遍的な願望だ。

 顔面騎乗に関してはウエブサイトも多く、今さらとやかく触れる必要を感じないが、Happy Facesittingというサイトは僕の大好きなサイトの一つで、顔面騎乗の魅力について初めてわかりやすく、上品に解説したホームページ。

 ここ3年ぐらい更新がないようだが、内容の素晴らしさに変わりはない。

 幸福な顔面騎乗は、SMや男性マゾヒズムにおいて大きなテーマであるのに、関連商品が少ないのが残念である。





[ 2008/08/10 09:36 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

16位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ