fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

SMスナイパー廃刊 

 行きつけの本屋さんで、いつもなら絶対に横に並んでディスプレイされることのなかったこの2冊が、ナゼか仲良く平積みされていた。

 

SMスナイパー最終号   月刊プレイボーイ最終号


 性的にノーマルな人は「プレイボーイ」を、変態は「スナイパー」を買う。

 書店でのカテゴリーは異なるべきで、同じアダルト系でも本来場所は別であるべきだろう。
(スナイパーは18禁だし)

 この2冊は、今発売中のこれをもって休刊となる。

 カリスマ店員のさりげない陳列が功を奏したのか、僕は滅多に買うことのなかったこの2冊を衝動買いした。

 休刊とは事実上の廃刊。

 僕は特に熱心な愛読者というわけではなかったけれど、長年に渡って目に親しんできた雑誌がなくなってしまうのははやり寂しい。

「月刊プレイボーイ」は僕が中学生の時(昭和50年)に、「S&Mスナイパー」は昭和54年の高校生の頃に創刊された。「プレイボーイ」は立ち読み専門だったが、「S&Mスナイパー」はよく買っていた。年齢的にもどうにか買える時期と重なっていたこともあり、新しいSM雑誌ということで注目していた。
 だけど当時のSM雑誌のほとんどがそうであったように、やはり女性緊縛ものが中心で男性マゾヒズムを満足させるグラビアや記事はほとんど見当たらない。先行していた「SMフロンティア」(三和出版)や「SMコレクター」(サン出版)などの方が、少ないとはいえM男性向けコンテンツに限ってはよいものがあったように思う。


当時主流(?)だったSM雑誌の表紙。
 ↓

   

いかにも ってな感じのおどろおどろしさが各誌とも共通していた。


時代を先取りしたスタイリッシュなSM雑誌

 しかし「S&Mスナイパー」は目立っていた。それまでの「パンチのきいたSM雑誌」よりは強烈なアッパーカウンターを喰らわしてくれた。旧態依然とした従来路線とは明らかに異なるコンセプトが目を引き、ニュータイプの読者を開拓していったのではなかろうか。ヘンタイだけではない、ノーマルな人の魂の暗部にも、この雑誌は命中していたと思う。

 とにかくビジュアル的に「おしゃれ」なイメージで、80年代のファッションとポップ・カルチャーの流れとも巧みにリンクしていた。表紙のイラストを当時パルコのポスターデザインを手がけ、ノリにのっていた大西洋介が描いている。それこそ「プレイボーイ」と一緒に買っても恥ずかしくないルックスだ。

  


 内容面でもSM雑誌とは思えないほどバラエティに富んでいた。

 内山亜紀平口広美に、そしてなんと高橋葉介のコミック作品が掲載されたり、小説の挿絵には岡崎京子桜沢エリカなども登場する。緊縛写真は荒木経惟による撮影。僕が大学生の頃には中田耕治の「鞭打ちの研究」が連載されていた。(*後に「鞭打ちの文化史」(青弓社)として単行本化される)

 従来のSM雑誌にはなかった斬新さをウリにはしていても、レトロな味わいは残していた。目次裏に描かれていた北原史香のイラストなどは往年の「奇譚クラブ」の雰囲気を伝える。そうした保守層向けに、相変わらず団鬼六千草忠夫といった伝統的なラインナップもきちんと継承されていた。

 文学的な構成が際立つ以上に、アカデミックな内容に加えて芸術や文化、アートなど、幅広い切り口でSMやフェティッシュ、アブノーマルな情報を充実させる編集であったと思う。

 「S&Mスナイパー」が部数を伸ばしていく80年代から90年代にかけては、アダルトビデオや性風俗など、SMを取り巻く環境がダイナミックに変化していく時代とも重なる。SMクラブがビジネスとして成立するようになり、SM誌への広告出稿も増えていった。一般誌と同じように広告収入でやっていけるようになっても、スナイパーは手を抜かない。常に新しい企画、アグレッシヴな狙いを魂の暗部に向けていた。

 創刊時から2~3年はほとんど見られなかったM男向け企画が1984年頃からついにシリーズ化する。それまでにも他紙でごくたまに「S女M男」もの企画フォトは見られたのだが、どこかウソくさい安っぽさにうんざりしていた。中野クィーンに在籍する現役女王様を起用した「スナイパー・クイーン」は衝撃的だった。S女性が目線なしで掲載されたのが驚きだったし、「この女王様にはお金を払えば調教してもらえるんだ!」という文句なしのリアリティ。下半身より先に鳥肌が立ったのを覚えている。


1984年9月号

 

 S女性のモデルによる「顔出し」はまだ新鮮な時代であった


 


 女王様グラビア自体がまだ珍しい時代。現役のリアル女王様ならでの迫力!

 中野クイーンは1981年に開店。

この1984年9月号には「3周年記念パーティー」の様子が記事になっていた。 


なろうと思えば、僕も奴隷になれる
  
 それまで妄想でしかなかったSMプレイが、現実味を帯びてきた時代。

 70年代までのSM雑誌は、あくまでも幻想的な領域を扱っていた。マニアや夫婦が変態行為はやれても、一般の読者にとっては実際にSMプレイをすることなど、夢のまた夢だったのだ。それは実話雑誌としてスタートしたはずの「奇譚クラブ」にもいえることで、「家畜人ヤプー」の」ような世界はあまりにも現実離れしすぎていた。

 「S&Mスナイパー」は、そのような仮想現実だったSMの世界にある種のリアリティーを初めてもたらした画期的な媒体だったと思う。アラーキの生活臭溢れる緊縛写真もそうだが、SM業界の生々しいルポルタージュや現場情報はいつも輝いていた。一部のマニアにしか知られていなかった美芸会の立花冷子も僕はこの雑誌で初めて知った。

 SMを真正面からジャーナリスティックな視点で、クールに扱っていた点が新鮮だった。

 今なら「当然じゃないか」と言う若い方も多いかもしれない。

 フェティッシュ・バーでなくても気軽にSMの話が出来る昨今。

 だが「S&Mスナイパー」が創刊された30年前は、ポケットサイズのSM雑誌をウシロメタイ気持ちでコッソリ読む時代。SMセレクトもSMファンも、置いている書店は少なかったし、うまく見つけても買う勇気が必要。

「SMスナイパー」だけがどこの書店にも必ずあった。(そしてたいてい翌月まで売れ残っていたけれど... ^^)


 貫禄の300号記念特別号が2004年8月に出た。アダルトメディアでは異彩を放ち、安定していたかに思えたが部数は落ち込んでいたらしい。この2年後の2006年から中綴じから平綴じへのリニューアルを行った。この頃から休刊の噂がささやかれるようになる。見かけはリッチになったが苦境に立たされていたのだろうか。
 昨年からついに大西洋介のイラストが表紙に使われなくなり、今年も大幅な誌面刷新が行われ、天野哲夫氏の連載も終了する。DVDが付いて分厚くなったがページ数は減り、誌面の質は低下していった。リニューアルを繰り返すということはそれだけ苦しかったのだろう。SMクラブの摘発や閉店が相次ぎ、頼みの綱だった広告収入の激減がだめ押しとなったのか。ネット全盛の今、商業誌としての使命は終わっていたのかもしれない。

 この30年で価値観とメディアの多様化がタブーをなくし、魂の暗部はかなり明るくなってしまった。

 21世紀の今、すでにSMは妄想ではなく現実に体験するものになっている。しかし「S&Mスナイパー」が真に狙撃に値する魂の暗部は、現代に生きる我々の心にはまだ残されていると信じたい。




奇譚クラブ  SMキング keel Mエグゼクティヴ

  








[ 2008/12/09 14:56 ] FemDom メディア史 | トラックバック(-) | CM(0)

木馬 


 前回のエントリーで紹介した劇団ひとりさんは、パフォーマンス的なレベルは高かったように思います。

 この人が本当にマゾかどうかはともかくとして、僕が感心したのは、スケ番(←死語?)がビビってしまい、M男の意図に反して攻撃をためらうあたりで、「殴れよ、蹴れよ、縛れよー」に続いて、

「なんか、こんな三角の、尖ったやつにのせろよ~!」

 という台詞。

 これはなかなかマニアックでポイントが高いです。

三角木馬にのせろよ~」と言うよりはわかりやすい。

 「木馬」という言葉をあえて使わなかったのでしょう。

 この用語、もう今の若い人には通じないのかもしれない。

 木馬と聞いてギリシャ神話に登場する「トロイの木馬」が思い浮ぶなら、なかなか教養のある人です。少し以前までは悪名高いコンピュータ・ウイルスとしても知られていました。

 江戸川乱歩の小説にも「木馬は回る」という作品がありました。

 機動戦士ガンダムのホワイトベース(木馬)を連想するのは、ちょっとオタク入っているかも(笑)

 でもまあ、健全な方でしょう。

 SMプレイに登場する三角木馬をイメージするとなるとこれはちょっとアブナい。

 実際のプレイでも最近はよほどのマニアでないとあまり使われないようです。

 小道具というには大きすぎるし、それになんといっても危険ですね。

 オブジェとして自宅にあってもよいかもしれないけれど。(←いいのか?)

SM博物館」でも項目としては立っていませんでした。小説の中に登場はしても、木馬マニアというのはあまり聞かない。(いるはずだが)

 一色強兵さんのSM小説かたろぐにも「責め具による分類」というページがあって、ここでも今のところ木馬の項目には作品が登録されていません。

 江戸時代の拷問シーンではおなじみで、日本のオリジナル責め具のような気もするけれど、西洋にも昔から似たような構造の拷問器具は使われていたので、発祥の起源がどこなのかは謎です。

 責め具としての三角木馬は、やはりどちらかと言えば(その構造上)女性向けの拷問によく使用されるようです。男だとおさまりが悪いのでしょう。僕もM男の立場からこれにのせられたいとは思わない。「馬派M」とはいっても、お馬さんになりたい方なのであって、のりたくないですワ(笑)

 江戸時代にキリスト教の女性を転向させるために使用されたという公式記録が残っていますが、キリスト教とSMって、やっぱり切っても切れない縁があるものだとつくづく思います。





西欧でも使用されるがイラスト作品はやや珍しい




 ネットに多く出回っているのは、やはり江戸時代の拷問イメージ。
写真よりもイラストがヒットしやすいのは実物が少ないからか。





 CGでも好んで描かれる(本物はかさばるからNe)






 少なくとも、ネットで検索した限りでは、M男が三角木馬で責められるイメージは見つからなかった。どこかにあるような気がするのだけれど、どなたか発見されたらお知らせ下さい。持っていらっしゃる場合、添付してメール頂けると嬉しいです。



写真だとこんなのを見つけました。やっぱり本物を使用するのはリスクが大きいんでしょうか。



足に重しをつけるのではなく、負担を軽減させる工夫がされている。





[ 2008/12/04 09:28 ] 責めの種類 | トラックバック(-) | コメント(-)

SMサロン 


 SMサロンなるところに初めて行って来ました。フェティッシュ・バーやSMラウンジと似たようなものだろうと思っていたら、それは間違いだった。どのように違うのか?
 人によって「サロン」という用語の使い方、受けとめ方にバラツキがあるのかもしれない。もともとはフランス語で、辞書的な言い方をするなら知的な会話を楽しむ社交の場、みたいなイメージか。

 スナックだろうが居酒屋だろうが、気の合う仲間が集まれば、サロンっぽい空間が自然発生しそうなものだが、もっと高度に洗練されたコミュニティが、サロンと呼ばれるにふさわしい。そして、本場おフランスの宮廷や貴族の邸宅では、「女主人」が文化人や学者、作家らを招いてこの種のサロンを主催していたのだ。

 現代のSMサロンでも、やはり女主人がお客をもてなす。しかし、明確な説明が難しいのだけれど、きちんとした接客システムが確立されていないような印象で、客にとって居心地がいいかどうかは成り行きまかせみたいなところがある。ハプニング的なことは期待はできても保証の限りではない。下手すると文字通りの放置プレイになってしまう可能性がある。しかし、そこにいるのは自分の性癖を知る人ばかりである。

 特にミストレスの

「あんたの趣味はわかっているのよ」

 的な目線はM男的には心地良いものと言えるのかもしれない。

 マイミクさんがよく行ってるお店なので、なんとなく雰囲気はわかっているつもりでいた。しかしいざ初めて行くとなると緊張するものである。場所もホームページで確認はしてはいたのだけれど、近くまできたら「電話しなさい」という点がSMクラブっぽい。わかりにくい場所にあるんだなコレが。妖しげな店のドアには看板もなく、インターホンを押して中にいれてもらう。お座敷ではないのに靴を脱がされるところが何ともアットホームです。初めてのお客さんは、SMクラブで書かされるようなカウンセリングシートに自分の性癖を書くことになる。普段恥ずかしい性癖をブログで書きまくっているくせに、ここでまごついてしまった。
 チェック項目に□マゾと□フェチがあるが、両方にマークすべきか、マゾだけにすべきか真剣に悩んだ(30秒ぐらい)他にもいろいろと、口に出せないような告白を迫られる質問が並ぶ。ある意味でそのお店に馴染むための「同意書」みたいな趣旨を兼ねているのだが、やはり心理的なプレッシャーがある。よほど遊び慣れていないとスラスラと自分の性癖を書きこめるものではない。ちょっとドキドキしながら書いたが、この時点で客は選別されるのだろう。このやりとりについてこれないレベルは来なくていいですという感じ?
 
 HPやブログを公開しているか?という項目もあり、全てありのままに書いてミストレスに手渡した。他のミストレス達が次々にそれを回し読みしていく。たった今自分が書いたその恥ずかしいモノが、今まさに読まれている!

 最後に広い部屋の奥の方にいた、存在感のある有名女王様の手に渡り、

彼女はソファーにうつ伏せになりながら かったるそうに 読みはじめた。

 「あ~、読まれてる・・・今、俺の性癖がバレる」(←あたりまえじゃん)

これがいわゆる「カミングアウトサロン」 と呼ばれる所以か。

 この間、僕はアホみたくポツンと独りでカウンターに座っていた。間がもたないよ。モジモジしながらビールをちびちび飲んだ。

 ついに「こちらへどうぞ~」と言われて、奥のサロン風のスペースへ。その場所では、ミストレスがソファーや椅子に座り、客はフロアに直に座るのがお約束なんですと。目の前には先ほどの有名女王様の素晴らしく美しい脚がどアップで迫る位置にある。

 「あなたのブログ、読んだことないけど タイトルだけ知ってるわよ」

 う~ん、ソレって喜んでいいのか、がっかりしたらいいのかがわからん。知ってるのなら読んでいてくれてもよさそうなものなのに。

 まあ、どちらかと言えばM男向けブログですからね。別に女王様が読んでなくてもいいようなものだけど、本当は読んでもらいたいという気持ちはある。それなのに「今度ぜひお読み下さい」とは、言えなかった。やっぱり少し萎縮していたのだと思う。「はあ、どうも」と、つまらないリアクションしか返せなかった。

 目の前に美しい女性がいるというそれだけで、舞い上がっていた。

 そこには数人のM客もいて、僕のブログのことは意外と知られていた。

 「M男ブログの中では有名ですよ」 「おもしろい」 

 「マニアックすぎる!」 「プレイ体験記とかは書かないの?」


 とかなんとか、いろいろ言われたりしている。

 変態ブログをこっそりと書いている自分の身元がそこではバレているのだ。

 地位も家族もある 僕(笑)にとって、これは 致命的 である(泣)...

 だけど、なんとなくまったりしていていい感じ。

 ここには「キモい」 とか、「オマエ氏ねや」 などという匿名のコメントを書き込むような輩はいない。嗜好や変態性のベクトルが異なっても、相手をリスペクトした会話が行われる。ミストレス達も口調はタカピーだがそれはご愛嬌で、根は優しそうな女性ばかりだ。まさしくここはサロン。

 このお店の魅力の秘密がわかったような気がした。



 おもむろに二人の女王様に挟まれ、正座している僕の膝が踏まれる。二人とも椅子に座っているので、体重はかかってこない。左側にはさきほどの有名女王様。右側にもネットやグラビアで人気のアイドル女王様の脚が。

 いったいどういう会話の流れだったのかよく覚えていないが、どちらの脚がスベスベしているか?とか、どっちがいい?みたいな聞かれ方をされたような気がする。リスキーな質問だ。

「答えようによっては、ただじゃおかないわよ!」とも言われてビビる。どぎまぎして黙っていると、僕の両手は、お二人の女王様の太ももに触れるように誘導された。猫の頭をなでるように、両手で同時に二人の女王様の太ももをなでなでする僕。

 あ、頭がクラクラしてきた。

 「ほらほら、お得意の文章力で何とか言ってごらん!」

 なかなか高度な言葉責めになってきました。パニクって何と言って切り抜けたか記憶にない。切羽詰まって何かを言ったのだが、「上手くはぐらかされた気がする」と言われて、とりあえず許してもらう。

 きちんと接客してくれるじゃん。

 いいお店 です。また行きたくなりました。


【関連項目】

■ 粋な会話をしたい

■ SMを楽しむために




 ■ 解禁モモカ!










[ 2008/12/01 09:26 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

5位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング