FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

我が輩はマゾである 



 生まれて初めて松山へ行ってきました。先月岡山に行った時にも思ったのですが、こちらの方は言葉がまったりしていていい感じです。関西とはまた違った雰囲気じゃけん。なんとなく人なつこい感じがするゾナもし。

 道後温泉にも行ってきましたぁ~

 ここは夏目漱石の「坊っちゃん」の舞台としても有名だったところ。恥ずかしながら知りませんでした。

 漱石は好きな作家なんだけど、偉大すぎてどうも近寄りがたいような雰囲気がちょっとイヤで、わざと距離をおいてきたような気がする。ひねくれてるよなぁ。「こころ」とか「我が輩はネコである」は学生時代に読んでた。ただ「坊っちゃん」だけはたままた読んでなかったので、今回の愛媛県デビューを記念して新潮文庫を買い、帰りの飛行機の中で読んでみました。短いね。乗り継ぎ時間もあったので、その日のうちに読み終えました。僕は田舎ものだから、なるほど!これが江戸っ子のステロタイプなのかと、知らないなりに納得できる極端な人物像。これが長年のベストセラーとして親しまれているという事実は「親譲りの無鉄砲で子どもの頃から損ばかりしている」キャラクターが、日本人の心に染み付いているという証なのだろう。「坊っちゃん」のストーリーは恐ろしいほどシンプルで、あまりにもあっさりしすぎていて驚いてしまった。色恋沙汰も出てこない。ただ、マドンナをめぐる「寝取られもの」の原型みたいなエピソードがちょっとだけありますよね(ほとんどの皆さんが読まれているという前提で書いてるのでネタバレになります)

 友人の女を奪うというストーリーは「こころ」のメインテーマになっていて、その萌芽がここにもあったのかと思いました。漱石にとって「寝取られ」は重たいトラウマなのかもしれません。僕にはちょっと理解しがたいマゾヒズムの第三者関係とも関連がありそうで、「夏目漱石のマゾヒズム」という論文を書こうかと思っています(ウソ)

 まあ、あまり根拠ないけど、太宰とか芥川とか、近代日本文学の巨匠たちの多くは、程度の差こそあれ、みんなマゾヒズムを理解していたように思ってます。マゾであったかどうかは別にして。

   ↑ 結局そういう話に持っていくんかい (。。)☆\バキ




[ 2009/03/22 17:21 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(0)

毒恋 



 集英社のスーパージャンプというコミック雑誌は、一般誌だと思っていましたが、読んでみるとけっこうエロい内容です。これまであまりマジメには読んでなかったのですが、この「毒恋」などは立派なSMマンガになっていてちょっと驚きました。

 最近はこの種のテーマがもう一般コミックとしても通用する時代なのでしょうか? 



 過激なエロ劇画誌でもここまでディープにマゾヒズムを描いてはこなかったように思う。そういえば、同じ集英社の「ビジネス・ジャンプ」では昔「 麗羅(レイラ)」という、SMクラブの女王様が主人公という作品がありました。また小学館のビッグ・コミックスピリッツに連載されていた Beehive (森園みるく)もクラブ女王様がメイン・キャラクターでした。



 しかしこの「毒恋」のように、日常の中にいるごく普通の女性のサディズムというのは、なかなか上手く描けていなかったように思うんですよ。そもそも世の中にはいったい、本物のS女性がいるのだろうか?ということを僕は常々疑問に思っていました。ポーズやキャラでS女を巧みに演じることが出来る女性はいても、心の底から倒錯的にサディストって、実はいないんじゃないか。少なくとも表面的には現れてこないような気がしていたわけです。



 もっとも、僕の身の回りには見当たらないだけで、どこかで実際にはいるのかもしれないということを、例えば福満しげゆきのおねえさんのキックなんていう作品を読むと思ったりするわけです。こんなヘタウマ系の線で繊細なマゾヒズムが明解に表現されるというのは、凄いことじゃないでしょうかね。



 子どもの頃、好きな女の子につい意地悪をしてしまう男の子の心理は、倒錯でもなんでもない、ごく普通の感情でした。それを社会人になってから女性上司が男性部下にやるというパターン。これだけなら恋愛ドラマにありがちですが、足を舐めさせてしかもオナニーさせるというのは、SMプレイの定番です。男性キャラはまだマゾの自覚がないところも新鮮でした。なぜなら、普通はM男の方から足を舐めさせて下さいとお願いして、オナニーの許可を求めたりするのが初期設定だからです。


 
 自虐的に自分の惨めさを自覚する哀しみと快楽の矛盾は、わかる人にしかわからないし、表現もできない。この毒恋では、巧みにそのあたりが描かれていて楽しめました。

 スーパージャンプ(3/25号)に掲載



【関連エントリー】

Behive ハレンチ学園 Sです、あなたは?> お元気クリニック 麗羅(三山のぼる)





[ 2009/03/18 00:00 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(1)

女子中学生が男を鞭打つシーンのテレビ放映 

 もしかすると全国放送ではないのかもしれませんが、日本テレビ系列で水曜深夜に放映されているAKBINGO!(エーケービンゴ!)という番組をご存知でしょうか? 
 秋葉原を拠点に活動する秋本康プロデュースのアイドルグループ AKB48 が中心の、昔の夕やけニャンニャンみたいなバラエティ番組です。

 これがまた「けしからん!」のですが、ナカナカいい。

 未成年の少女達に様々なコスプレをさせて審査員を「萌え」させるコスプレバトルというコーナーがあり、昨年12月17日に放送されたシーンが 物議を醸し ているとのこと。

 審査員は年齢も職業も様々な男性で、心拍数が上がると頭につけたパトカーの赤いサイレン(パトライト)が回る装置を身体のあちこちに装着しています。あるレベルまで興奮すると自動的にパトライトが回るという仕組み。これだけでもけしからんですが、こうやっていわゆる「萌え」度を測定するわけ。

 少女達は一応は自分の好きなコスプレをすることになっていて、審査員をいかにエキサイトさせるかを競う。5人のパトランプが回ると1万円の賞金(商品券)がもらえる。小中学生には大金だから皆一生懸命頑張りますよ。しかし、どうみても番組側の演出でコスプレをやらされているのは明らかです。そして5つのパトランプが回らないと罰ゲームをやらされます。

 バスガイドや女医、暴走族のレディースといったコスプレの後、かぐや姫というなんともかわいらしい演技をした小野恵令奈(15)は、過激さが足りず罰ゲームをするハメに。それが四つん這いになった男を鞭で叩くSMプレイだったから驚きです。

 セイラームーンのような格好をして登場した男(イジリー岡)が

月に代わってお仕置きよ!と言いながら僕を打ちなさい」

と鞭を手渡す。

 すると15歳の小野恵令奈は「え~?ちょっと嫌なんですけど・・」と一瞬は戸惑うんですが、男が四つん這いになって尻を向けると、無邪気に打った(思いっきり!) なるほど、かぐや姫だから月に代わってとくるあたり、これは大人の演出です。

 この時に番組の司会者が「うわ~、コレ子どもが見てなくてよかったですね~」というアホなツッコミにをいれるあたり、うかつにも笑ってしまった。
 だって鞭打ってる当人が子どもだし、おニャン子クラブみたいに回りには小中学生がたくさんいるんですぜ。

 暴走族レディースのコスプレをした松井珠理奈は、とてもそうは見えなかったが11歳の小学生だ(カワイイ!)。パフォーマンスの中で「ビンタしていい?」と言うセリフがあって、審査員のおっさんが「叩かれてみたいな~」とか言ってみたり、いいツボおさえているとは思いますが、小学生相手にする問答ではなかろうもん。

 彼女の罰ゲームではリコーダー(たて笛)を吹かせてその後で前出のイジリーがリコーダーの吹き口をじっと眺め、舌を出したり引っ込めたり、舐めようとする。いやはや、そこにいるのはSMもフェラチオも知らない(ハズの)小中学生です。これは行き過ぎだということで、業界の倫理団体が問題視して調査を始めたというのも、やむを得なかったのかもしれない。オールナイト・フジだったらよかったんだけどね。

 この映像は今のところYou Tubeにアップされてはいますが、クリックしても再生されない場合は削除されたということになりますのでお早めにご覧下さい。




 というほど過激でもなんでもないのだけど、少女の性を売り物にした演出は冴えてはいました。それは百歩譲って最近の少女達がませていることの反映だったとしても、ちょっと悪ノリだったかもしれません。しかし僕にはこの番組を批判する資格はないし、するつもりもない。清純そうな少女がウレシそうに男を鞭打つシーンには、正直「萌え」てしまっていたから。

 良識ある大人なら、「未成年にコスプレをさせ、大人がそれを見て興奮するとご褒美に商品券を与えるのは見ていて不快」とか言い出すんでしょうか。じゃ見なきゃいいじゃん。この程度で「けしからん!」というほど、今の世の中ウブではなかろうとは思ってましたが、僕はやっぱりアブノーマルだから、感覚がマヒしているのかなぁ・・・
 
 番組に「共感」は出来ても、「先読み」は難しい。

 いたいけな少女達とは言っても、彼女たちは生き馬の目を抜くような芸能界のプロ。ディレクターが思い描く大人のファンタジーを、見事に実現していた少女達の「先読み力」に脱帽してしまいました。



[ 2009/03/13 13:16 ] You Tube ネタ | トラックバック(-) | CM(2)

女王様からの手紙 

初SMプレイでお世話になった女王様から手紙が届いた。

石原さとみ


Homer、元気にしてる?

 今でもお気に入りのグラビア・アイドルの顔を、SM雑誌の女王様の顔にすり替えるアイコラやってるの?たったそれだけのために、あの高価な Adobe Photoshop やマニュアル本を買っていた Homerを懐かしく思い出しています。

 「お許し下さ~い」と泣きじゃくる Homer に鞭打っていたあの日から、もう20年も経つのね。月日が流れるのは早いものです。

 お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いた?

 今思うと、私たちのSMプレイってひどかったなぁと思います(汗)。
Homerはいつも自分のして欲しいことばかり言って、寂しい思いをしていたのは私だけでしたね。「寂しいのは気の持ちようだ」なんて小学生みたいなことを言っていたHomerが、今もきっと変わらないのだろうと思うと、クスクスと微笑ましくも思えます。

 そういえばHomerにとっては初めての相手が私だったのよね?最初のころのHomerは、なんだか奉仕するときも勢いありすぎて、あの時は少し怖かったんですよ。慣れてくるとやけに自信をつけていましたね。「おれうまいだろ」って(笑)。

 付き合いはじめたころ、Homerはいきなり

「顔面騎乗してほしい!」って言っていましたね。

 そういうことを平気で言えてしまうところ、今でもきっと変わらないんだろうなぁと想像すると、少し今のHomerの人間関係が心配になります。

 SMを総合的に考えれば、私はHomerと付き合えたことを、とても感謝しています。つらいことをつらいと思わなくなったのも、イライラをうまく忘れられるようになったのも、Homerのおかげです。

 いろいろ書きましたが、私はHomerのことがそれでも好きでした。これからもHomerらしくいられるよう、そして当時のように人間便器になる夢をあきらめないで(笑)、幸せをふりまいてください。

 またいつか会いましょう。では。

P.S. Homerが貸してくれた「毛皮を着たヴィーナス」、もうヤフオクで売ってもいいですか?



 な~んてね。というような手紙をもらえたらいいかも、とそろそろ思うお年頃であった。

以下 ↓ のサイトのお遊びをカスタマイズしてみました。

初恋の人からの手紙

 初恋の人からよりも、初めてSMプレイしてくれた相手から手紙をもらいたいものである。
そういうバージョン誰か開発してくだされ。



【関連エントリー】

■ 悩み相談

■ 女王様はわかってくれない?

■ SMを楽しむために

■ SMクラブの仁義

■ SMクラブの快楽

■ SMサロン

■ 妄想が現実となったあの日  初のSMプレイ体験記(>_<)







[ 2009/03/11 21:50 ] たわごと | トラックバック(-) | CM(3)

女は腰? 





 う~ん、そうなのかも。じゃ男は?

なんだか、意識しだすと、やたら気になってくるな、深きょん。

こ、コレってもしかして・・・

 ちがう、ちがう(笑)




[ 2009/03/10 18:49 ] たわごと | トラックバック(-) | CM(0)

深田恭子の女王様姿 



 今日から公開されている「ヤッターマン」は、往年のオリジナルアニメファンよりは、深キョンの女王様姿を見たい層を動員しているように思う。

 ドロンジョ様のキャラの魅力+深キョンの構成は、世に隠れ住むフェチマゾ系の心を揺さぶっている。

 どうでもいいか、そんんなこと。

 僕は前々から、

劇場のバカでかいスクリーンで女王様を見たい

と思っていたのだが、この映画では、その願いの一部が叶えられそうな期待をしている。





[ 2009/03/07 19:55 ] たわごと | トラックバック(-) | CM(2)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

24位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ