FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

北川プロ撮影日記 

 今回の取材協力店は、札幌では老舗のフェティッシュ・バー「幻想空間 CURE」 Club Patio フェチパブ Hee&Kwai フェティッシュバー BARBAR 、そしてSMクラブの Black & White である。

 たった2日間、実質的には1日半でこの5本の収録をこなすハードスケジュールが組まれていた。事前打ち合わせもリハーサルもなし。一応は各店舗の方で何かが仕込まれているというお膳立てがありそうであるが、これという決まりはなく、アドリブまかせみたいなところがある。

 形式としては美花さんがナビを務める札幌のSMスポットを紹介するルポルタージュ番組で、最初は穏やかなトークでスタートするのだが、だんだんディープになっていき、ついにはハプニング的にSMプレイも始まるという趣向。一応プレイをする女王様やM男は手配されている。

 カメラはほとんど回しっぱなしになる。オープニングで店の紹介からドアを開けて店内に入るまでのショットをハンディで僕が撮影した。店内では1カメが定位置にセットされ北川さんがスタンバッている。美花さんがカウンターに座ってママと歓談を始める。ヤラセなしのドキュメンタリー・スタイルだ。話は盛り上がり、おもむろに鞭打ちや緊縛が始まる。ここの展開はやや強引なのだが、とにかくイキナリ生のSMプレイが始まることに誰も文句は言わない。
 
 奇跡的に自然な流れでなんの滞りもなく撮影は進行する。

 しかし、いわゆるショーではなくて、個人的なSMプレイをこんな至近距離で見るのは初めてだった。

 無我夢中で撮影した。はたしてこれでいいのか?とも思いつつ、自分が見たいアングルで必死にカメラを構える。それでなくてもエキサイティングな現場にいて、誰よりも(1カメの北川さんよりも)近い位置にいるのである。興奮しないはずがない。

 今自分は、あの北川プロの作品を撮影しているのだ。そんな思いがふと頭をよぎる。めまいがしてきた。ロマンティックな気分に浸っていると、目の前でM男の乳首に針が貫通していた。とっさに身を引いてしまった。

 こ、これが、戦い・・・ アムロのような気持ちで再びクローズアップにした。びびってる場合ではない。そこで繰り広げられている光景は、現実なのである。一時停止して巻き戻すわけにはいかないのだ。



 なんとか、終わったみたい。



 撮影終了。

 ほっとしているヒマはなく、すぐ撤収の準備をする。北川さんは店の関係者やお客さんと歓談を始めるが、次のスケジュールが迫っているのである。それでも時間に少しゆとりがあり、もう移動出来ますよ的な状態で、しばし休憩する時間はあった。

 店の女の子が出してくれたう~ろん茶を飲んでいると、隣のお客さんがしげしげと僕を見つめながら、「もう、長いのですか?」とボソっと聞いてきた。

 日本語って難しいよね。主語は? 何が長いというのだろうか。この人は僕のことを北川プロの奴隷スタッフと思っているんだろう。そんな目つきが痛い。今日初めてやっていることなんですけど。実際のところそのような立場でここにいるわけではあるのだが・・・ 
 
 まぁ、この世界をちょっとでも知っている人なら、北川プロのM男スタッフと言えば、筋金入りのドMで超変態というイメージをお持ちになるのであろう。でも僕はそうじゃないんです。フェチ系のソフトプレイしか知らない、仮想Mなんです~とは口がさけても言えないよね。

 これまでおそらく何十人というM男が北川プロの製作&出演に関わったと思われるが、僕はその中では最下層の部類だろう。岡山でお会いした aquaさんの話などから総合すると、僕レベルはMの風上にもおけないヘタレのエゴマゾ野郎である。

本物のSMプレイを目の当たりにして、しょうもない自分の情けなさに少し落ち込んでしまった。

 しかし僕のM男人生の中では、最高の経験をさせてもらった。ドーパミンは出まくっていたのだ。 

 これで使える映像が撮れていれば言うことないんだけど・・・









[ 2009/05/30 02:04 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(10)

北川プロの北海道ロケ 

ホーマ&北川

 M男ビデオ制作会社の老舗である 北川プロ の次回新作「北の大地 SM紀行」(仮題)の北海道ロケに同行した。以前にも女王様情報!関東編 など、東京や関西でのSMクラブ紹介番組が制作されていたが、ついにその札幌バージョンの登場である。

 今回はこじんまりとしたパッケージなので北川繚子さんと、主演の 山咲美花女王様 、そして宣伝スティル用のカメラマンのみのスタッフ編成。毎度のことながら監督&ビデオの撮影は北川さんが行う。何かお手伝いできることがあるかもしれないと思って参加してみたのだが・・・


[ 2009/05/28 00:55 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(3)

ダウンタウン松本人志の結婚 

ダウンタウン松本

 恋多き男・ダウンタウンの松本人志が結婚するというニュースには正直驚きました。いい男だし結婚できないわけではないだろうが、本人もかねてから言ってたように、結婚なんて人生のオプションにはなかったイメージでしたから。
[ 2009/05/26 11:29 ] FemDom TIMES | トラックバック(-) | CM(0)

団鬼六「Mの呪縛」 

Mの呪縛 [DVD]Mの呪縛 [DVD]
(2009/05/25)
成田愛長澤つぐみ

商品詳細を見る


 団鬼六の新作映画「Mの呪縛」が早くもDVD化され、5月25日から発売される。これはもともと「妖女」という作品の映画化で今年1月に公開されたばかりだ。

[ 2009/05/24 15:24 ] ビデオレビュー | トラックバック(-) | CM(1)

徒然草 



 つれづれなるままに、毎日パソコンに向かいて、ツマラナイ妄想をブログに書き綴っていると、ワケもわからないうちにアブナクなってくる。

 最近お気に入りのあるブログを読んでいて、ふと吉田兼好を思い出しにけり。

 そのブログ筆者は女性で内容的にはむしろ清少納言を連想したりするのだが、やはり日記文学や随筆そして小説などは、女性の書いたものがおもしろいと思う。ブログもその例にもれない。

 もしかして吉田兼好は僕と似たようなことを感じていたのではないかという気がする。

 鎌倉時代のM男ブログ

 吉田兼好が「徒然草」を書いた鎌倉時代、その当時から300年も昔に書かれていた「枕草子」はすでに伝説のベストセラーとして知識階級に知名度が響いていた。現在僕たちが読んでいる「枕草子」はこの時に記された写本が元になっている。源氏物語もそうだが宮廷女性が描く物語や随筆のレベルの高さに、貴族社会にあって男性優位時代の男心がひねくれた。

 だから兼行は出家してしまう。貴族とは言っても彼は下の方の階級で今で言うなら地方公務員みたいなもの。どんなに頑張っても、出世も創作活動も無理っぽい。そんなメインストリームから外れたアウトサイダーの視点から書かれたのが「徒然草」であり、負け組の心にしみる隠者の文学としての価値が「徒然草」はあるように思われる。

 それに比べて華やかな王朝文化に息づく清少納言の表現は、さながらS女性のブログのようである。
跪いてキス
 最近僕が読み始めたそのブログも、S女性らしい知的な文体に優れ、それが創作だろうと随想だろうと、書かれる内容にはすべてエスプリが効いている。独特のSM的な「もののあわれ」が感じられる。

 M女にしてもS女にしても、女性が書く面白いブログに見られる共通の特徴は「春はあけぼの」とストレートに言い切るところ。表現のスタイルは様々だが、とにかくなんの根拠もなくイキナリ彼女たちは自分の気持ちや考えを述べる。

 千年以上も前に清少納言がやっていたのは、自分の「好み」という観点から様々な森羅万象をまるで鞭で打つようにビシバシと言い切ってみせ、その後で「そう思わない人もいるかもしれませんけど・・・」と、一応は慎み深い態度も見せつつ、最終的には「でも、やっぱり私の思うことが正しいのよね!」と自分の意見で締めくくる。

 ヒット・アンド・アウェイで巧みに読者を惹きつけるその手法は、やっぱり女王様のSMプレイを思わせる。

 こういうスタイルはM男系ブログにはあまり見られない傾向だ。

 M男系の場合「どうせ自分はMですから」みたいに妙にへりくだったり、斜に構えるのが好きで、一体ぜんたい何が言いたいのかがわからないことが多い。(特に僕のブログがそうだったりする)

 まぁ、これはS性とかM性ではなくて、男女のジェンダー的な違いなのかもしれない。

 吉田兼好は女についてこう書いている。

「女というものは、こちらから尋ねるともったいぶって何も言わないくせに、聞かれもしないうちから、とんでもないことをぺらぺらとしゃべり出したりする。女なんて底が知れているのだ。そんな女に男がよく思われようとして緊張するなんて馬鹿げたことだ」

   ↑ 僕が思っているわけではありません。徒然草の一節です(第107段)


 「引きこもりのオヤジおたくがよく言うよ!」とも思うけど、鎌倉時代の男も、現代とまんざら変らない? 見解を女性に対して抱いているようで・・・ ^^;;;

 M女系ブログは言うにおよばず、「聞かれもしないとんでもないコト」を書きまくっているのは、女性が圧倒的に多い。

 M男も頑張らなくてはならないと思う。

 それにしましても、清少納言のような、タブーに関してあけっぴろげになれることに抵抗を感じない(感じさせない)センスは、平安時代から千年の時を越え、伝統と実績を背負いながら現代に生きる女性にも受け継がれているのであろうか。



  ↑
 吉田兼好が出家したのはマゾだったからという説がある。


              ↑ ない!  ないって (。。)☆\バキ




現代語訳・徒然草 (河出文庫)現代語訳・徒然草 (河出文庫)
(2004/04/07)
吉田 兼好

商品詳細を見る


 マルキ・ド・サドの作品などに登場する教会の神父や牧師には、上に「超」がつくほどの変態が多い。

 似たようなことが日本の坊さんにも言えるのではないかという気がします…






[ 2009/05/23 08:06 ] 徒然ネタ | トラックバック(-) | CM(0)

スウィートスメルに花束を! 

スウイートスメル

 昨年あたりから大手SMクラブの摘発や閉店が相次いでいますが、いずれもかつて自分がお世話になったことのあるお店ばかりなだけに、複雑な気持ちになる。もちろん僕のせいではないのだけれど、SMクラブに足を運ぶこと自体に多少の負い目があるだけに、なんとなく罪悪感が増幅されてしまう。

 また昨年は SMスナイパーが廃刊 になるなど、この業界への風向きは最近よくない気がします。ドMやちょいS女が言葉としては人気が出ても、本当の愛好者、BDSM文化の享受者にとっては相変わらず世知辛いのではないでしょうか。
 
 そして残念なことに、またしても僕の大好きだったSMクラブが閉店することになりました。

 六本木の スウィートスメル はフェチに特化したユニークなSMクラブとして独特の存在感があった。

 中野クイーンのような硬派ではないが、SADS系列ほど軟派でもない。クラブとM性感の中間的なポジションで、ハードなドMにも、へたれなエゴマゾにも、嗜好によっては満足のいくいい感じのお店。

 特に「顔面騎乗」へのこだわりは相当マニアックで、SMのサブカル化とは別の流れで顔面騎乗をメインストリームにのし上げてきました。

 吊りのクイーン。鞭ならラシオラ、アナルはアシッド。そして

「顔面騎乗はスメル」 が合い言葉だった。

 実際「スメルの顔騎にハズレなし」とはよく言われていた。他の有名店で人気の女王様であっても、顔面騎乗で満足できないケースはよくあります。その女王様が好きだったから(顔面騎乗が下手でも)許せるという世界で、これまであまり問題が表面化してこなかった項目です。

 顔面騎乗の宇宙はとてつもなく広大で深い。

 女性のお尻や子宮への強いパッション(情熱)は、Passion がキリストの「受難」という意味でもあることからも明らかなように、苦痛と快楽のアンビバレントな願望を同時に満たす、人類にとっては本質的な行為なのです。

 そして現代人にとっては子宮回帰体験に匹敵する究極の癒しの空間。

 それがスイートスメルだったのです。

 ラシオラのように、またいつの日か復活して欲しいと願うのみです。

顔面騎乗後背位正座型







[ 2009/05/21 12:25 ] 顔面騎乗探求 | トラックバック(-) | CM(1)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ