FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

椋陽児 

 2001年の7月30日に椋陽児が亡くなった。(7月31日という表記も)
この人は名前の読み方も馴染みがなく、他界したことを知らなかった人も多いと思う。それでも、名前に聞き覚えがなくとも、この人の書いたイラストを見れば

あ、あの人か」と思い当たるのではないだろうか。

椋_1

 椋陽児のSM媒体への登場頻度は春川ナミオにも匹敵するほど高く、70年代のSM雑誌を開くと必ずといっていいほどに彼の作品を見ることができる。そのテーマは少女の被虐美で、いたいけな10代の女の子が縛られ、羞恥の表情を浮かべる姿には、団鬼六の世界とはまた異なるエロスが巧みに描かれていた。おそらくは団鬼六もが見たかった「情趣」がそこにあったと思われる。

椋_3

 僕はM男の分際で、椋陽児の絵が好きだった。S男性は当然注目していたとは思うが、ノーマルな男が見ても潜在する己の狂気をほじくりかえすようなそのスタイルは素晴らしく、肌の質感や周辺のディテール、そして生々しいリアリティには、フェティシズムを超えた豊かな技量と才能があった。彼の描く少女にはどこか共通の面影が感じられ、その魅力にも惹き込まれていた。

椋_4

 椋陽児が亡くなってからしばらくして、濡木痴夢男が「S&Mスナイパー」(2002年9月号)で、「話すことも供養になるのかも」と、椋陽児の秘められたエピソードを語っている。それによると、これらの少女モデルは妻の夢子夫人だとされている。

椋_11

  しかしその奥さんがマゾだったのかというと、そういうわけではなく、旦那の芸術のために脱いだ?みたいな感覚の延長線上で、(不本意ながら)縛られて絵のモデルになっていたらしい。しかも夫を雑誌デビューさせるために、当時「裏窓」の編集長をしていた濡木のところに緊縛グラビアのモデルとして現れて、その時に自分の夫を売り込む。実はそれをさせたのは夫の椋で、自分の奥さんをSM雑誌の編集部に「派遣」し、縛らせるついでに、自分の作品(当時は小説)を売り込ませるという戦略。夫婦合意での第三者を交えてのSMプレイを企画したウラ技はなかなか凄いものがある。

 M女であれば喜んでそれが出来そうにも思うが、濡木によればそうでないらしい。夢子夫人を(椋陽児の妻とは知らずに)縛って写真を撮った彼が言うには、「そのケがあるやつはね、ちょっと喋るだけもわかるんだ。すぐにね。夢子は違いますよ。もし夢子がマニアだったら、俺は十年たとうが、二十年たとうが彼女が婆さんになろうが会いに行くんだけども、まったくノーマルだからね」

椋_7


これを読んで僕はあることに納得した。

椋_6

 椋陽児の緊縛画に描かれる少女たちは、常に純真無垢である。責められて喜ぶようなM女はけして登場してこない。嫌がっているその表情がやけにリアルで、そこが本来M男にはあるはずのないサディズムを刺激していたように思う。そして椋陽児の本物のサディズムが、無垢な夢子夫人をモデルにすることで開花したのではないか。これで夢子夫人が「アヘアヘ」いって喜んでいたら椋も萎えてしまって、いい作品は描けなかったのではないだろうか。

椋_2
 いやらしいおっちゃんが一緒に描かれることが多かった。


 S女でない奥さんを女王様にしているM男もいれば、マゾでない奥さんを縛って絵を描く真性S男がいてもいい。ヘンタイ、倒錯、SMなんて、言ってみればなんでもアリの世界。愛し合う二人、いやもしかして愛し合っていなくても、夫婦間の性愛は第三者にはわからない。よろしくやってくれというしかない。



 同じ事は、SMプレイをやる男女の関係にも言えて、結局「世界は二人のためだけ」にあるということになるのだろう。


椋_10
 コミック(劇画)作品や小説の挿絵、表紙カバーなども手がけていた。


椋陽児プロフィール

1928年(昭和3年)大阪生まれ
1960年代「裏窓」への投稿がきっかけとなり同編集部へ就職する。
落合龍二のペンネームで絵を、豊中夢夫の名前で小説を書いていた。その後「漫画天国」(芸文社)、「劇画快楽号」(サン出版)などで劇画を発表。70年代以降多くのSM雑誌で売れっ子となり、80年代には劇画単行本も出版された。90年代から「SM秘小説」「SMマニア」などに挿絵やカットを発表していた。

 画集に「縄」(まんだらけ刊)などがある。

 2001年7月30日永眠。享年73歳。




ホントにいやらし~いおっちゃんがよく登場するんだコレが。






【関連エントリー】

■ 椋陽児(2009年4月27日)

ギャラリー
椋 陽児の世界展



お読み頂きましてありがとうございます。
お帰りかはこちらからどうぞ!










[ 2009/07/30 00:01 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(1)

M男の羞恥心 




 今発売中のスナイパーEVEに、北川プロが札幌で行った公開収録の模様が紹介されています。それはいいんだけど、よくみると僕がかなり登場してるヨ。目線が入っていても見る人が見れば、誰だかわかるじゃないですか。マズいヨ~、コレ。いやマジで。

 なんだかM男みたいで(イヤ、実際M男なんだけどサ)超~恥ずかしいぞ~!

 ちなみに僕はこれまでに何度か新聞や雑誌に実名で登場したことがあります。僕のある活動が紹介されたり、原稿が掲載されたりというもので、それはそれで気恥ずかしいものがありますが、人から「あ、見たよ!」とか言われても不名誉なことにはならない。

 ところが「スナイパーEVEに出てたでしょ?目線入れてもバレバレだよ」とか言われたらドーする?

 「あ、あれ僕じゃないよ、似てるけど」なんて言えるか?

 公開羞恥の快楽は、僕にはよく理解できないものがある。いいものはいいんだろうか?


スナイパーEVE_s
 せめてこれくらい顔は隠して欲しかった。右から北川繚子さん、山咲美花さん。

 北川さんによると「M男優募集していますか?」という電話が時々かかって来るそうですが、そんなマネは僕にはとても出来ません。

 そもそも 北川プロに電話をかけるなんて、怖い です。

 まあ、こうしてお手伝いして北川さんと多少お付き合いさせて頂いたので、もう怖くはなくなったけど、それでも、電話はまずかけないと思う。ビデオは見るもの。あるいは撮るもので、出るものではない。

 いくら全頭マスクしたりモザイクかけたとしても、自分の痴態を第三者に撮影され、それが全国の皆さんに見られてしまうなんて、

  絶対にあり得ないから。

 そういう神経が信じられない。偉いと思う。

 札幌で撮影を手伝った時、何人か地元のM男さんが出演されました。カメラをまわしながら、何となく申し訳ないような気持ちになった。彼らは好きでやってるからとやかく言う筋合いではないけれど、「ビデオに出ちゃう」ということは、ある一線を超えたようなワケで。しかも北川プロです。全国区です。女王様にとっては、ある種のステイタスになり得るのでしょうけど、M男にも勲章?になるのでしょうか・・・

 北川プロには昔から顔出しOKという強者M男さんがいらっしゃいました。今でもいます。この前岡山で会った人がそうでした。これまた信じられん。本当に大丈夫なのですか?と人ごとながら心配になるです。職場の人に「あ、『黄金調教地獄・至福の糞尿責め』見たよ、よく食べられたね」とか言われたりしてもいいわけ?

 見た人がそれを言うことはまずないにしても、知り合いに見られる可能性はある。顔出ししてMビデオに出演しちゃうM男って、人生投げているのでしょうか・・・目線やモザイクが入っていればいいというものでもないと思うのですが。

 だけど、そういう究極の羞恥というのも、また新たなる快楽なのかしらとも思う。もう2度と社会復帰できないほど転落し、同僚や身内の人から軽蔑され、精神的に陵辱され、惨めに情けなくなっていく。

 黄金は出来ないけど、想像だけなら興奮するのと一緒で(ちょっと違うか?)、楽しそう~とポジティブに考えられるようになってきているのは、そのうち・・・
  

 いやいや、そのうちは絶対にありませんから!!


【関連エントリー】


■ M男の羞恥心

■ 北川プロの北海道ロケ

■ 北川プロ撮影日記

■ 撮影現場

■ どんなご縁で(岡山編)





そうメンドクサがらずクリックお願いします!


↓    
  







[ 2009/07/28 00:23 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(3)

身体も心もボクのもの 

身体も心もボクのもの ~はじめてのSMガイド~身体も心もボクのもの ~はじめてのSMガイド~
(2009/05/18)
三葉

商品詳細を見る


 先日 モード・エ・バロックにおじゃました時に、「こんな本があるんだネ」とみづき桃香さんから手渡されたのがコレ。「おお!」と感動し、マニアックな稀少本だと思いデジカメで表紙を撮影させてもらいました。ところが翌日、新宿の紀伊国屋書店で堂々と新刊コーナーに平積みされていたのをみてまたまた感動!

050

051_s

 SMの敷居が低くなったとはいえ、こういう本が一般書籍と同じ目線で並ぶのに違和感を覚えるのは、もう歳なのだろうか。SM雑誌などの企画ページではなく、普通の単行本です。ハウツーものであります。「はじめてのSMガイド」というサブタイトルからも明らかなように、SMをよくわかってない人、特に若いカップル向けに書かれたこの本は、きわめて真面目で誠実な内容。初心者をしっかりと導いてくれるのは間違いないでしょう。

 良書というのは目次を見ただけで内容が把握でき、「わかったような気」になれるもの。
(本当にわかるかどうかは別にして・・・)

ちょこっと目次を紹介します。

第1章 SMってどんなもの?

  1-1 どうしてSMなの?
  1-2 SMってどういうもの?
     コラム:SMの種類
  1-3 SMって普通のコト!?
     コラム:S世間のSM認識
  1-4 SMは愛 
     コラム:プレイの責任はSにあり)

第2章 パートナーを見つけよう

 2-1 彼女とSMプレイをしよう
 2-2 SMの危険性とリスク 
 2-3 トホホなSM
 2-4 SMだけの相手を見つけよう
 2-5 会員制SMクラブ
 2-6 SMプレイをさせてもらう説得の方法

なかなか良さげでしょ? 以下、第3章からはソフトからハードまで、実践的なノウハウがビギナーにわかりやすく図解入りで紹介されていく。ざっくばらんに言えばS男性向け。言葉をかえれば「M女の見つけ方」とか、「調教入門」と言えなくもないのだけれども、M男的にも参考にはなる。SMの本質にも触れた読み応えのある構成になっていた。「SMプレイをさせてもらう説得の方法」なんていう涙ぐましいタイトルには思わず吹き出してしまったけれど。

M字開脚_s

 本の中身は素晴らしいし、文句をつける筋合いではないのだけれど、こんな本を読まないと出来ないんだったら、SMプレイはやらない方が身のためかもしれない、などとも思った。

 ちょっと気晴らしに陶芸でも初めてみようか。今度の日曜は手打ちソバでも自分でやってみるか。その前に入門編の書籍を買おう。そんな安易な気持ちでSMって、やっていいものなの?

 いいのかもしれない

 リスクヘッジのための、安全にプレイを行うための最低限の基礎知識はこの本で習得できる。しかし、安全であればあるほど、危険が全くないというレベルのSMは、なんとなくツマラナイようにも感じられる。もちろん好き好んで危ない思いはしたくない。だけど、命を落とすとまではいかなくても、下手すると怪我ぐらいはするだろうな、という覚悟は必要なんじゃないか? 

 実際鞭で打たれたら、跡が残る。これはある意味で傷であり、「怪我」なのだ。やっぱ痛いからやめとこ。そんな中途半端な気分でやるんじゃない!

 傷も跡も残らないソフトな鞭打ちで、雰囲気だけ楽しむSMも「あり」だろう。実際それで「ほぼ満足」という人がいてもいい。おままごとみたいなSMプレイを恋人同士で楽しんで下さい。

 しかし、心底崇拝できるような女王様から、跡が残るほど打たれる激痛に耐えるという醍醐味も、SMの魅力の一つではないのだろうか。

 はたして、そこまで相手にやらせることが出来るのか。また相手もそこまですることに全くのためらいがないのか。どこまでが許されるのか。「調教」と「虐待」のラインはどこで引かれるべきなのか。

 SMプレイにおける両者の「合意」とは、いったい何なのか?

 SMには様々な形態があり、相手により、また同じ相手でも時と場合により変わってくる。定義は不可能だし、無意味だとさえ言える。万人に共通のハウツー的なスキルはあっても、真のSMは自分にしか理解しえない。

 崇拝する喜びとか、羞恥心を味わうとか、人にいくら説明しても、肝心な部分がわかってらえる気がしない。ある程度は伝わっても、本当の核心的なところは、自分にだってよくわかっていないのだから。

 僕はいつも自分自身に問うている。

「それのいったい、ドコがいいわけ?」 と。

 明快な解答を、いまだにだせていない。



 いいものはいいんだよネ。





            (* ̄▽ ̄)ニヤリ




お読み頂きましてありがとうございます。

お帰りかはこちらからどうぞ!




















 

[ 2009/07/25 20:39 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(2)

性倒錯 

つばき

 女装の趣味はありませんが、コスプレ趣味というか、変身願望みたいなものはあるのかもしれません。
 
 学生時代に演劇をかじっていた頃、舞台上で違う人間になるという快感を知り、本格的なメーキャップでかなりスイッチが入ることを体感したことがある。「変る」というよりは、何か底知れぬ自分の可能性を信じることができるような、勇気みたいな?すっぴんでは気合いが入らなかったりするなど、化粧やコスチュームによる外面の変化が、人間の内面に及ぼす影響の深刻さというのが面白いと思いました。

 女装すると内なる本能というか、心の奥の闇に閉ざされた可能性(トランスジェンダー)への扉が開くのでしょうか・・・

 ところが、女装が好きだからといって、男が好きとは限りません。SMクラブにも女装コースなるものがありますし、昔は優雅とか麗雅という女装専門のSMクラブがありました。このようなところでは女装したM男が女王様に責められるわけで、これは性行為がなくてもヘテロセクシャルです。
(*「遊雅会」という大きなユニットで、レズビアンSMなど、幅広い嗜好にきめ細かく柔軟に対応してくれる優良クラブだったと思います)

 それでも、なんとなく同性愛と混同しがちだったりします。

 「おかま」や「ホモ」、「ゲイ(レズを含有)」、あるいは「バイ」とか、最近では「女装子ちゃん」などという表現もありますが、性同一障害といってもいろいろな幅やニュアンスの相違がありますね。

 しかしながら、ストレートな人間からすると、それらの区別がよくわかりません。
 
 少し前にホモとマゾはどちらがヘンタイか? で、どっちも同じ変態というようなことを書いてしまったのですが、これは少し修正させて下さい。

 よくわからないからといって「ヘンタイ」というカテゴリーに押し込めてしまうことには、ちょっとためらいがあります。

 同性愛(性同一障害?)は「ヘンタイ」というよりは、もっと本能的な部類に属し、なりたくてもなれるものではないし、ある意味で趣味的なSMとは区別されるべきでしょう。

 SもMも本能という見方も可能でしょうけど、

 一つだけ大きな声で言いたいことは、「異性が好き!」という部分は、僕にとって絶対に譲れない最後の砦みたいなもので、いくらマゾでもニューハーフの女王様はちょっと勘弁して下さいっていうか、ダメなんです。逝ける人もいるみたいですが・・・

 例えば椿姫彩菜(つばき あやな)さんという女性(♂)がいますが、過去を知らなければ思わず跪いてしまっていたかもしない。だけど後になって生物学的に男性であったことを知ったなら後悔すると思うのです。申し訳ないのですが。

 内面がいくら女性でも、チ●ポという外面があれば、そしてそれが外科的に取り除かれ、戸籍上も女性になったとしても、やっぱり貴女は男性でしょ?

 これも差別と言われてしまうとちょっと悲しいですが、女性が好きなんだからしかたがない。

 もちろん、人は見かけだけが全てではない。性差よりも人間的な魅力で人を見るべきだもと思う。ただ、ジェンダーに関しては、内面よりも外面なのかも鴨川。男っぽくても、ジェンダーが女性であれば、好きになれる。女っぽくても、男性だったら好きになれない。

 難しいところですね。







ランキング




[ 2009/07/18 10:16 ] 試験に出るSM | トラックバック(-) | CM(5)

レズとS女はどちらが変態か? 

ビアンの女王様

 レズビアンの女王様という存在をちょっと甘く見ていたかもしれません。

 緊縛ショーなどでは、女王様がM女を縛って責めるというパターンはよくあります。

 あれはM男的にはイマイチなのです。

 飛室イブさんのように上手い人もいるけれど、ストレートな存在感でしっかりM男を責めることが出来る女王様の方に僕は魅力を感じる。

  (イブさんはそれもパーフェクトですが)

 変態性や倒錯レベルとしては、S女よりはレズビアンの方が勝っているのではないかと勝手に思っています。

 なぜなら、M男は変態ですが、S女様や女王様は変態ではありません。

 女王様はノーマルです。

 サディスティックな趣味をお持ちの貴婦人とでも言うべきか。そしてヘテロセクシャル。

 それに対して、レズビアンの場合、M男には目もくれず、Sッ気があったとしても女の子の方に意識は向う。

 ホモセクシャルのマゾのことはわかりません。

 というより僕には同性愛への理解不足、違和感みたいなものがどこかにあるのかもしれない。

 偏見は持ち合わせていませんが、積極的に理解しようともしていないと思います。ゲイM男さんには申し訳ないのですが...

 同性愛も「愛」です。しかし僕にとってはヘテロセクシャルな愛に、少なくとも性愛を感じます・・・

 言いたいことは、男同士のホモSMショーよりは、レズビアンのSMショーの方が興奮するということ。

 これはつまり、僕がストレートでヘテロセクシャルだからだという理由で納得できる。

 だから、レズッ気のある女王様の方が偉いとまでは言いませんが、倒錯レベルがワンランク上ではあるような気がするわけです。

 ゲイではない(ストレートな)M男としては、レズッ気のある女王様よりは、(M)男を愛してくれる可能性のあるヘテロセクシャル嗜好の女王様に魅力を感じる。

 SMの世界もヘテロセクシャルがまず初期設定だと思う。

 その次なるステージというか、オプションで女装なり、ニューハーフ女王様のベクトルに逝く。

 男であるはずの自分がM女に無理矢理ならされちゃって、レズっ気のある女王様に責められるというシナリオのほうが、通常のSMプレイ(?)よりはるかに倒錯レベルが高いと思うですが、何か問題ありますでしょうか?

 結論として、S女よりはレズのS女の方がヘンタイだと考えます。

 これを同性愛に対する偏見と思われたくないのですが、ただ、M男だって、「男」としてのアイデンティティーにこだわりたいという部分かもれません。

 もちろん通常の Femdom 的なSMセッションにおいて、強制女性化(forced feminization)というカテゴリーはある。

 しかし僕は、SMプレイの時だけ女になって、ペニスを責められているのに「私のクリちゃん虐めないでェ~」とかなんとか、女言葉では口がさけても言えそうにありません(>_<)!

 こんなこと思うのもエゴマゾのワガママなのでしょうか。


【関連エントリー】

■ ゲイ・バイ・チョイス

■ 性倒錯

■ ゲイ作家・田亀源五郎
Gay_Artist_TAGAME.jpg 









[ 2009/07/15 10:06 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(1)

ホモとマゾはどちらがヘンタイか? 

 去年、マゾとサドはどちらがより変態か? ということを書いたのですが、最近「女装」とか「同性愛」などについて考える機会が増えてきました。この二つは全然違うんでしょうけど、ストレートな人間からするとごっちゃになっちゃっているのです。


「劇画マッドマックス」より

 ホモ(ゲイ)でマゾという人は、普通の(?)変態よりは、ヘンタイ度のレベルが高いような気がします。

 それでは、普通(?)に(女性が好きな)マゾな人と、マゾではないフツー(?)のホモ(ゲイ)とでは、どちらがより変態なのでしょうか。
 
 いや、そもそも、マゾとホモ(ゲイ)を単純に比べてもいいものなのでしょうか?

 女王様のご命令とあれば、ホモ(ゲイ)でもないのに女王様の彼氏(または別の奴隷)のペニスも舐めることができる強者マゾもいるようです。これはこれでレベルが高い。

 実は僕にはゲイの友人がいるのですが、一応は話をあわせられるだけで、もしかしたら理解できていないのだと思います。彼の子供のころの話を聞いていると、いろいろとツライ思いをしたんだろうなァ、と同情はするものの、マゾもマゾなりにツライ経験はある。本来他人の苦しみというのは、ナカナカわからない部分があるもので、それが理解できないからといって友達づきあいができないわけではない。実際いい友達なのです。(ただ、彼は僕のM性癖を知らない)

 最初は彼が僕を見る目つきを異様に感じました。僕にまったくその気がないのを知ると「迷惑はかけない」と引いたものの、「ん~、でもそのうちにね ^^」みたいな不気味なことを言うのです。

 「そのうち」も絶対にありませんから!
 
 ただ、マゾヒストやってると、同じ「ヘンタイ」という共通項にカテゴライズされる集合体には属しているんだろうな、とは思う。それでも、マナカナならどっちでもいいよ、と言えるほど割り切れない。(自分でも意味不明な例えだが)

 よく知らないだけで、偏見も敵意もないかわりに、親しみもそれほどありません。同じ変態同士じゃないか!と言われるとその通りなんだけど、いまいち親近感が持てない。もちろん差別意識なんて絶対にないと思いたいけど、心のどこかで避けたいと思っているのかもしれないことは一部認めざるを得ないかもしれない、と断言しない。

 さて、そんな僕ではありますが、まったくその気(ケ)がないのに、女王様から責められている時に思わず「女っぽい口調」になってる時があるのはいったい何故なんだろう?

 女王様から「命令」されてそうなるのではなく、自発的にそうなっちゃっている自分。女装子ちゃんではないのに、やはり責められる性とは女性性なのかしらん?あハん、いやん。

 レズSMでタチ役の女の子が男っぽい声を使っても、責められてる女が「ヤメてくれ!」と男言葉使わないです。

 でも、まあレズはいいや。レズ同士の話は聞いていても気持ちいい~!と感じるです。

 それなのに、ホモやゲイでは気持ちよくなれないのは、ヘテロセクシャルだからという理由で決着がつかないような気がする。

 以上、同性愛や女装趣味についての認識不足、というか全然わかってないくせに書いてきましたが、本当に興味は全くないのです! 

    と言い切っておいて、こんなことブログで書いてるということは、もしかして、心の闇に・・・

 
 いやいや、とにかく、 「そのうち」は絶対にありませんから!





            (* ̄▽ ̄)ニヤリ







[ 2009/07/11 11:11 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(5)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

24位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ