FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

恥ずかしくてためになる店 

BARBAR_shot

 麗子女王様の札幌遠征ライブショーを見た。相変わらずオーラ出まくりの緊縛ショーには堪能させられた。

 お相手は先日のDVD撮影にも出演していた、地元札幌のSMクラブギルティの美人M女さん。同じM女性なのに、やはり男性縄師からによる責めと違い、麗子女王様からの責めにはより妖艶な表情を浮かべていたように感じたのは僕だけだろうか。

 きっと見方が違うのだと思う。

1.S男性がM女性を責める

2.S女性がM女性を責める

 この二つのパターンに僕が感情移入するのは難しい。

 今回のステージ第2部ではお店のお客さんであるM男を麗子女王様が責めるというものだった。

3.S女性がM男性を責める

 僕はヘタレとはいえ一応はM男だから、このパターンに一番興奮するのは言うまでもない。

 最近SMイベントやショータイムを目にする機会が増えたが「女王様がM男を責める」ショーは極端に少ないような気がする。まあ、昔に比べると少しは増えたかもしれないが。

 第2部が始まる直前、飛び入り参加のM男二人がほとんど全裸でステージに正座してスタンばった。ぶっつけ本番の打ち合わせなし。麗子さんはバーカウンターに座ってまだ休んでいる。スタートするにはまだ多少時間があるようだ。

 僕はちょっと心配になって、「もしもの時のセーフワード(プレイ中止の合図)とかは決めないの?」と聞いた。

 麗子さんは「そんなに酷いことはしません」とおっしゃる。つまりとことんやるわけだ。

 「止めてと言われても、やめない?」

 「針とかないし大丈夫よ」

 と麗子さんが言うと店のスタッフが
「いやありますよ。サイズもそろってます」だと。

 すると麗子さんの目が輝き「え、あるの? 貸して貸して!...ってお返しできるものじゃありませんけど、ぜひ使いたいですワ」だと。

 ひょえ~、僕は針はダメなんですよ、ってギャラリーの僕がいうことではない。

 M男二人のうち片方が「NGです!」と言うと麗子さんはもう一人のM男に

 「アナタはいけるわよね?」と有無を言わせずに針使用を承諾させた。
 
 こんなに美しくて素晴らしい女王様を目の前にして「針、いけるわよね?」と迫られたら拒否するのは困難であろう。それが恐ろしい。

 このM男性は針の経験はあるらしいが、それほど好きでもなさそう。このスリリングなやりとりを見聞きしているだけでも興奮してしまう。まさに筋書きのないドラマである。緊縛と鞭打ちだけのはずが結局針もやることになった。

 針セットを受け取ると麗子さんは満面の笑みを浮かべながらステージに入った。

 顔見知りのスタッフが「いよいよホーマーさんお待ちかねのショーですね!」と話かけてきた。

 そうなのだ。この店では何度かSMショーを見ているが、M男が責められるのを僕は見たことがなかった。さっきの薫さんのショーも素晴らしかったが、僕はこれから始まるM男のショーの方によりいっそうの期待をしていた。

 麗子さんの責めを受けるM男たちは全頭マスクをすることもなく、素顔を晒して嬉しそうな表情を浮かべている。それがまた新鮮というか、驚きだ。

 こいつら人生投げてんのか?

 と一瞬思ったがそんな上から目線の自分を恥じた。本当は羨ましいと思っているくせに。
 
 東京のフェティッシュバーでも、ハプニング的にSMプレイらしきことが突然始まることがよくある。

  BARBARでそれがごく自然に行われるのは、普段イベント的にこの種のショータイムが行われているからなのだろうか。SMバーやフェティッシュバーはもはや日常的な場所として定着している。とはいえハプニングが始まることによってやはり「非日常的な空間」とはなる。

 その「非日常性」に違和感がなくなる時、照れやためらい、そしておそらく無意識の偏見からも解放されるのだろう。お客さん同士の一体感も含め、リラックスしてショーを見たり参加できるムードが心地よい。

 BARBAR札幌の龍パパが理想とする異空間の演出に、僕はすっかり酔いしれてしまった。




そうメンドクサがらずクリックお願いします!


↓    
  





[ 2009/08/30 08:16 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(7)

麗子女王様 



 「お前さんは、真っ先に私の肥料(こやし)になったんだねぇ」(谷崎潤一郎「刺青」)

 北川プロでは作品 No.187 妖艷!淫虐乱舞で強烈にデビューした麗子女王様はティーンの頃からこの業界で活躍していた。中1の時にSMツーショットダイヤルを経験、高校時代にはSMテレクラでM男と出会って実際にプレイをしたという筋金入り。日暮里のSMクラブを振り出しに老舗のコルドンブルーを経て、現在は新宿スウィートデビルの看板女優的存在である。

 数年前、北川プロのイベントで初めてお会いした時に僕は虜になってしまった。彼女の本格的な刺青を見て「肥やし」になってしまったのである。

 しかし、刺青なんか見なくとも、ほとんどの人が麗子女王様を見れば肥やしになってしまうだろう。今夜札幌のBARBARでそれが明らかになるはずだ。


北川繚子と麗子_s

 春川ナミオと大阪で会った時、その同じホテル内では麗子女王様主演による 北川プロ次回作の撮影 が行われていた。大阪のニューハーフM男が麗子女王様の大ファンで、そのラブコールが北川繚子女史を通じて麗子女王様に伝わり、この企画が実現した。そのセッション風景の一部始終を見学させてもらったのだが、麗子女王様のプレイスタイルは完璧で、ろくに打ち合わせもせずにその日初めて会うM男相手に流れるようにスムーズなプレイが淡々と行われるのを目撃し感動してしまう。

 麗子女王様のライブショーはコルドンでも見たことがある。その見事な縄さばきは女流緊縛師といってもいいぐらいで、とにかく早かったのが印象的だった。この日の撮影ではニューハーフM男の希望でラバーのコスチュームやゴムチューブが使用された。使い慣れた麻縄ではなくゴムチューブで縛る麗子女王様は珍しく段取りに手間取っているように見えた。しばらくして「カメラ止めて下さい。これでは上手くいきません」と突然カットを要請した。絵にならないと判断するや無理はしない潔さはあっぱれで「これがプロの仕事か!」とうなってしまった。麻縄のように滑るようにくぐらすことが出来ない質感は確かにやりにくそうである。チューブでの緊縛が仕上がった状態から撮影が再開された。

 また、大阪では昔から北川プロをサポートしていた凄腕のM男スタッフがAD業務をこなしており、撮影現場は全てが滑らかにテキパキと進行していた。札幌ロケのまったりした雰囲気とは全く異なる。その理由はなんといっても北川繚子さんのテンションがやたら高いことだろう。自ら仕込んだSMプレイの撮影には異常なエネルギーで取り組むようである。全て地元にゲタを預けていた札幌での撮影とはそこが違った。

 プレイヤーとしての麗子女王様は完璧だが、素顔もまた素晴らしい。現場スタッフへの優しい気配りやキュートな仕草にまたやられてしまう。

 記念写真をお願いしすると快く応じて下さり「普通のツーショットでいいんですか?」と、女王様と奴隷のようなイメージを自ら演出してくれるなど、

 「あんたの趣味はわかっているのよ」

 と口でこそ言わないけれども、態度で僕をくすぐる術は最高だった。

麗子女王様と

 美しすぎます! パーフェクト・ビューティー。










[ 2009/08/28 01:29 ] 人物 | トラックバック(-) | CM(2)

スカトロと人間便器願望 



 北川プロの作品で、常に売り上げ数が高いのが「黄金調教」ものだそうです。

 買った人全員がやっているとかどうかはともかく、その数字の裏付けには戦慄を覚える。ずいぶん昔から北川プロの作品を知っていますが、黄金ものは見て見ぬフリをしてきました。

 人間便器のエントリーでは各方面からメールやコメントを頂きましてありがとうございます。皆さんそれぞれに、ユニークな視点で興味深かったのですが、共通して言えると思うのは、変に構えることなく、ポジティブな見方をしていらっしゃるということでした。これがすごく新鮮で、嬉しい驚きでしたね。 それでも、シークレットメッセージや鍵コメントが多かったのですが。

 僕自身は本当に正直に言うと「考えるだけでもおぞましい」世界だと、思っていました。「食わず嫌い」ではありません。こんな話題持ち出すだけで軽蔑されたりするんじゃなかろうか。だから間接的とはいえ、ある種の対話が成立することにもちょっと驚いた。

「そんな話聞きたくもないね」という(ホントは好きかもしれなくとも)ネガティブなリアクションもあるだろうかなぁと。顔面騎乗や鞭打ちなどに比べると、共有しにくいトピックだと思う。

 恐る恐るビデオや画像を見ることはあっても、積極的に関わりあいになれるような世界ではない。あくまでもファンタジーの世界。だけど、深層心理まではわからないし、調教されたら考えが変ることもあるのかもしれない。

 それにしてもやっぱり「変りたくない」という気持ちがどこかにまだある。

 今のところ幸いにしてそういう出会いがないからいいけど、心の底から崇拝できそうな女性から、そんな機会に恵まれたとしたらどうなるかわからないから怖い。

 「それだけは勘弁して欲しい・・・」と、心のブレーキが働いても、その場の勢いでアクセルを踏み込む可能性はある。やはり精神的にも弱いんでしょうね。男らしく毅然とした態度で臨み(望み)たいものです。

 岩清水君のように、「君のためなら飲める(食べる)」と、言えればいいんだけれど。

 何人かの経験者ともお話したことがありますが、皆さんとてもあっけらかんとしている。一線を越えたという感じがしない。一見すると別に普通の人だけど、

 そうか、この人やってるんだ・・・  

 やはりどこかで、ちょっと引いた目線では見てしまう自分。

 その一方で、「うらやましい・・・」と感じているのかもしれない。

 少し以前の自分なら絶対にあり得ない世界なのだが、身近に経験者がいるとなると、そうも言ってられなくなる。なんとなくリスペクトしてしまっているのである。

 これがまた、恐ろしい事実である。

 極論すれば、実際に鞭で打たれることだって、一線を越えた行為と言えなくもないように思うのですが、既にそれは経験のある今の僕にとっては、別にどってことないじゃんと思っているわけで、同じようなことが将来スカトロや人間便器にも言えるのかもしれない。

 ちなみに人間便器には聖水と黄金の二つのタブがあるわけですが、今の段階で僕はあえてどちらも区別していません。

 さらにちなみに「スカトロ」と「人間便器願望」もまた厳密には違いますよね。これもゲイとニューハーフを混同してるようなもので、門外漢にとっては同じようなものだったりする。出来そうもないとは思っていても、やってみたいかも~とどこかで思っている別の自分がいる。黄金や聖水の苦手意識とは裏腹に「人間便器」というコンセプトに惹かれる矛盾をどう説明していいのかわかりません。

 嫌なものはイヤ。いいものはいい。

 結局そうとしか言いようがないですね。




 それにしても、いつかはやってしまうのだろうか。あるいは無理矢理やらせられる日が来るのか・・・


OWK_人間便器



お読み頂きましてありがとうございます。

お帰りかはこちらからどうぞ!


















 
[ 2009/08/25 20:26 ] マゾの手帳 | トラックバック(-) | CM(3)

今日のクレーン 

本日のクレーン


 ブログでアップする画像は、写真であろうとイラストであろうと、僕はかなり気を使っています。

 「ウソこけ! テキトーなくせに!」

    ↑ というツッコッミもありえる記事が過去にあったかもですが、その画像を紹介したいがためにネタを無理矢理書くこともしばしばなのです。逆に、あるネタにふさわしい画像を探すのに時間をかけることもある。まじめに苦労している。

 最近の「人間便器」のように、ネタが先が画像が先かわかんない場合もありますけど。その時にある女性の方から画像の出典をズバリ言い当てられた時はドキっとしました。苦労して出自がわからないようにしていただけに。

 だいたいが春川ナミオのイラストと一緒で、本来は人様にお見せできるような代物ではありません。要するに自分の秘めたる願望的なイメージである場合が多く、実際にやるかどうかはともかくとして、おおっぴらに「この絵(写真)が大好きです!」と誇らしげに宣言できないものがある。
 
 だけど、ブログで紹介するということは、まさにそれをやっちゃっているわけで、そこは暗黙の了解とでも言うか、たとえ悪趣味なイメージと読者の目には映っても、それは言わない約束だったりする。著作権など何かと厄介な問題もありますし、不適切な場合は鋭い突っ込みは歓迎なのですが、例えば「これ OWK でしょ?」などと指摘されてしまうと、不意打ちを食らったような衝撃を感じます。

 「あんたの趣味はわかっているのよ」

 と見透かされたような気になる。
(まぁもともとバレてるようなものだから別にいいんだけどネ・・・)

 でも、そういう自分の弱みを握られた状況というのに「萌え」を感じてしまうのも僕のマゾヒズムだったりする。 ハードディスクの中身を知られて、女性捜査官から取り調べを受けるような気分とでも言おうか。

 つい先日も自分で撮影した写真にモザイクかけて掲載しましたが、ある関係者からの要請でさしかえさせて頂きました。その「関係者」というのが業界では重鎮の大物だっただけに、ちょっとびびりました。もしご迷惑をおかけしていたとしたらお詫び申し上げます。

 今日のクレーンのように、どこかのWebページから引っ張ってくるのと違って、神経使いますね。

 ちなみに春川ナミオさんの作品は全て、どの媒体に掲載されたものであっても、春川さんが著作権を保有されており、ご本人が了承していればネットなどで紹介する分には構わないとのことでした。先日ご丁寧な残暑見舞いを頂きまして、「どうぞご自由にお使い下さい」と書面でもご許可を頂きました。これまでも春川さんのイラストは無許可で勝手にアップしていたのですが、これで大っぴらにバンバン紹介できそうです。昔の奇譚クラブを片っ端からスキャンして「春川ナミオイメージ・ギャラリー」を作ってみようかなどと考えています。




ランキング








[ 2009/08/23 00:56 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(0)

縛師 Bakushi 

緊縛師

 先日のDVD撮影で縄師をやっていたヤギー氏とBARBARで少しお話しました。M男とS男性縄師との奇妙な会話は1時間程度でしたが、いろいろと勉強になりました。

 女性緊縛写真を見て興奮はしても、僕には女性を縛りたいという気持ちはほとんどなく、もともと緊縛そのものに対する強い関心はなかった。M男的に女王様から「縛られたい」という願望もそれほどない。女王様が望むならやってもいいけどね、ぐらいな。

 しかし、伊藤晴雨 喜多玲子(須磨利之)の責め絵は昔から好きで、S男的な気分ではなく、美学的な見地から緊縛の世界にはなぜか惹かれるものがあった。

 自分はM男なのに女性が縛られている図に興奮するのに違和感がない。それは自分のマゾヒズムと矛盾はしないけれども、M女が縛られて悶える感覚は、M男的にはよく理解できない部分だ。

 ましてや、女性を縛って悶えさせるなんて、ちょっと僕には想像もできない。

 団鬼六さんから直接聞いた話で「マゾヒズムを理解していないと、本当のM女を満足させる責めはできない。俺にはマゾ気質もある」とおっしゃっていたのが印象に残る。

 S男性がマゾヒズムを理解できるなら、M男にもサディズムが理解できるのだろうか。

 そんな気持ちでいろいろとヤギーさんにお話を伺う中で、この人もやはりマゾヒズムをしっかりと理解していた。M気質があるかどうかまではわからなかったけれど、人としての魅力や品性があってこその責めのスタイルに、ダンディーな美学を感じた。

 S男性として一流の人物は、おそらく普通の男として女性を満足させるような、つまりまともなセックスでも女性を満足させることが出来るのだろう。

 僕にはそれが、とても出来そうにもないことなのでした。











ランキング






[ 2009/08/22 11:39 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(0)

ハードディスクの中の青春 

HumanPony_IN_PC



  ハードディスク内の画像を消去すれば無罪で、保存し続けると有罪となる?

 バレななければいいという問題でもなかろう。メールで変な画像を送りつけられたタイミングで通報されたらアウトではないか。

 誰かが覚せい剤を知らない間にポケットに忍ばせるようなもので、現行犯逮捕されたらおしまいである。

 先日のPCを盗んだヤツだって、その段階で一時的に児童ポルノを「所持」した罪は問われないのだろうか。
 
 児童ポルノ、つまり児童の性的虐待は悪質で許されないとはいえ、その画像を持ってるだけで犯罪というのは行き過ぎなのではないかと思う。

 しかし、この種の悲劇を撲滅するためには、そこまでやるしかないのか? 

 という気も、しないでも、なきにしもあらずとは、言えなくもないのかもしれないかも鴨川。

 ターゲットが児童でないというだけで、SMも性的虐待という意味では似たようなものかもしれない。

 ただ虐待とは言えないのは、大人同士の合意と了解があり、愛があり、常識があるからだ。どこまでが合意で、何を常識とするのか、グレーゾーンは広くて深い。

 児童にとっては酷なダメージが、大人だからといって全くないかというとそうでもない。本質的には同じような気がする。

 そのような「ダメージを楽しむ回路」がマゾヒズムにはあるわけで、ある意味で病気なんだと思う。

 自分のことですが。

 心の病気。 

 ずっと10代までは、いや大学生ぐらいまではそう思っていた。

 今は「病気」ではなく「病的」ぐらいに感じている。

 しかし、患者にはなっても犯罪者にだけはなりたくない。

 変な妄想したり、悪趣味な画像を集めるのは「ビョー的」かもしれないが、

「犯罪的な行為」ではないと思うのだが。



■ ハードディスクの個人情報








ランキング







[ 2009/08/21 00:05 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

24位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ