FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

サレンダー服従の恍惚 

サレンダー 服従の恍惚サレンダー 服従の恍惚
(2006/01)
トニ ベントレー

商品詳細を見る


 著者がバレエダンサーということもあり、タイトルに惹かれて読んでみましたが、これは大当たりでした。

 ひと言で説明するなら、バレエ・ダンサーがアナルファックに目覚めた話。ただそれだけのことなのに、ぐいぐいと、まるで自分の肛門に異物が挿入されるように引き込まれてしまう。おそらく自己の体験をもとにしたノンフィクションなのだろう。

 著者はニューヨークシティバレエ団で踊っていた女性。ダンサーでありながらもニューヨーク・タイムズ紙に書評なども執筆していたぐらいで、彼女の文章はとても格調高く、なおかつエロティックに読ませるという秀逸な内容となっている。ダンサーとしての実績も素晴らしいものがあります。

 何を隠そう僕も実は30代の前半頃まで、クラシックバレエを習っていたことがあります。週1回から3回程度のレッスンを受けていて、舞台(発表会レベル)に立ったこともあるので、バレエの世界のことは多少知っているつもりです。(あくまでもつもり)

 僕のように才能のない者は、ターンや習った振りが出来るようになるまでには時間がかかります。どんなに練習してもいつまでたっても出来ないこともあるし、ほとんどのテクニックは凡人には一生かかっても出来ないのかもしれない。それでもいつかは出来るようになると信じてひたすら稽古に励む日々。これはもうほとんど宗教の世界とも言える。上手に踊れないのは自分が悪い。というか、神様の試練と解釈してストイックに厳しいレッスンに耐える。殉教者のような気持ちになる。神様、つまり振付師を信じて健気に服従せざるを得ない。その奥には純粋にマゾヒスティックな心理があったようにも思います。

 作品の中にはこんな表現もありました。

 「どれほどの性欲を抱いたら神の怒りに触れるのだろう」

 一瞬でも思い通りの動きで踊れた時の快感は、セックスにも勝るとも劣らない快楽を与えてくれる。観客はダンサーの動きにウットリしますが、ダンサー自身はそれを表現している時の身体的苦痛と快楽を、同時多発的に味わっているわけで、とてもSM的な美学がそこにあるように思いますね。公開羞恥という面もあるでしょう。スタジオで一人で練習している時も自虐的に楽しいのだけれども、大勢の人に見られているという事実は大きい。


 自分の欲望と真摯に向き合い、神と対話しながら歩む快楽と苦痛の道のりが描かれています。



お読み頂きましてありがとうございます。
お帰りかはこちらからどうぞ!








[ 2009/09/29 22:24 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(4)

SM道 

土下座_s

 SMというのは武士道と同じで「礼にはじまり礼に終わる」ものだと思う。

 クラブなどでは時間も限られているので適当に消化する傾向もあるようですが、

 相手が若く年下だからといって

「お手柔らかに、よろしく頼むね」

  などとカジュアルな態度はよろしくない。

 形式的でも、ご挨拶というのは気持ちを込めて大切にしたい。

「こうすれば、ああなる」みたいな「型」のようなものがありますね。

 挨拶がサマになってなければ、お仕置きされる。

 なにナマイキなこと言ってるのよ!と、ビシッ と引っぱたかれてみたりするのもいいかもしれないのだけれども。

 きちんとご挨拶すれば、「何して欲しいか言ってごらん」とか言われたりするかもしれない。

 そこでイキナリ「顔面騎乗」などと自分が一番好きなこと言ってはいけない。

 定番の答えとしては

「女王様のお気に召すままに」

という古典的なものがある。

 とはいえ、NG項目は最初に伝えてあるか、セーフワードを決めているはずなので、それほど酷いことはされないだろうという甘い期待はしていたりする。

 ところが、何度かセッションを重ねているうちに、気心がお互いに知れてくると、ちょっとずつ限界に近づくところまで責められることもある。本当の忠誠心が試される時だ。

 仮想現実とはいっても、SMプレイの醍醐味はこういう駆け引きみたいなところにある。

 相手がプロの女王様であればまかせて安心ですが、素人さんやプライベートのS女さんの場合は注意が必要です。何されるかわからないスリルもいいけれど、安全第一。衛生面の配慮も大切です。型にハマったスタイルや様式を守ることも重要だと思う。

 きちんと依頼内容を伝えて、挨拶からしっかりやっていれば、そこそこいいセッションが期待できそうなものなのに、

あえて毛嫌いされるような態度をとる裏ワザ的

 なことをしてハードに責めてもらう達人もいらっしゃいます。

 本当に心の底から馬鹿にされたり軽蔑されたいという願望を持つ人たちは、日常的には「いい人」だったりするので、けっこう苦労していると聞きます。普段は尊敬されているから、逆に軽蔑されたいんでしょうか。

 僕なんかは普段から馬鹿にされてますから(泣)、SMのセッション中ぐらいは尊敬されてみたいのですが。

 尊敬されながらも虐めてもらいたいという、ワケのわかんない厄介な願望です。

 矛盾しているけど、それがマゾヒズムの真実です。


B&W

SMクラブ Black & Whiteのセッション風景
「北の大地 SM紀行」より



【関連エントリー】

SMプレイのご挨拶





お義理でクリックお願いします!


↓    








[ 2009/09/25 06:29 ] 試験に出るSM | トラックバック(-) | CM(2)

昔のSM雑誌から 

家じゃ女房子どもが待ってるんだろm

 ちょっと前まで残骸が残っていた「男人受虐狂者的独白@mヲ」も気がつくとアクセスできなくなっていました。悲しい。しんのすけさんお元気なのでしょうか?
 
 もしこれを読んでたら、たまにはコメントして下さい!

 僕はいわゆるM男系ブログが好きです。女王様系ブログよりも楽しく読んでますね。何故かというと、やっぱり「共感」できることが多いから。

 女王様系ブログは、はっきり言って

 ウソくさいのが多い。

 全てがそうだとは言わないけれど、少なくともクラブに所属しているプロの女王様の文章は、M男向けにダイレクトに書かれすぎているような気がします。あえて自分の気持ちを偽り、つまり無意識にも営業的な文言になっています。

 これにはどうしても萎えてしまうのです。

 それに対してM男系はバカ正直というか、「うん、うん、そうだよね」と思えてしまう。ついつい拍手ボタンをクリックしている。
 
 セミマゾヒストの密やかな愉しみもお気に入りの一つです。イラストがまた味わい深いものがあります。

 昔のSM雑誌をたまたまパラパラと紐解いていた時に見かけたグラビアのコピーで、こりんさんのことをふと思い出してしまいました。こりんさんは妻子あるセミマゾヒストということですが、きっと

「家じゃ女房こどもが待ってるんだろ?」と、

 などと、女王様に言われてんじゃないかなぁ~と、思ったわけです。

 実際こりんさんは奥さんと上手くやっていらっしゃるみたいですけどね。

 奥さんがいるのに、いや、逆に奥さんとノーマルな関係だからこそ、アブノーマルな関係を別に持つというのは、浮気とも不倫とも違うような気がするのですが、ここらへんの解釈は人それぞれなのでしょう。

 性的な関係ではないので不倫にはならないという考え方もあるようですが、性行為よりも濃く、夫婦や愛人関係とは異なるタイプの信頼感がSM的な主従関係にはあるわけで、むしろ不倫よりも「罪深い」のではないだろうか?とも思います。

 なんとも言えない、グレーゾーンなのかもしれません。

 ちょっぴりFemDom?の Kai さんのようにご夫婦でよろしくやっていらっしゃるケースもありますが、夫婦でSMというのは、うらやましいと思う反面、切り分けておきたいと思ったりもします。




そうメンドクサがらずクリックお願いします!


↓    
  



[ 2009/09/20 00:05 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(7)

鬼頭暁 

鬼頭暁_クンニm

 この歳になってくると、昔のSM雑誌に郷愁感を抱きつつページをめくることが多くなりました。「あ~コレ好きだったんだよな~」などと胸をときめかしていた作品のいくつかをご紹介しましょう。

 まずは鬼頭暁。この人の画風には日本に古くからある「責め絵」や「縛り絵」の伝統が忠実に再現されており、小妻要ほどではありませんが、伊藤晴雨の流れに繋がるものがあるような気がします。もっぱらS男性を対象にした小説の挿し絵などでお目にかかっていました。

 しかしそれは男性マゾヒズムを主題とする作品が少なかったからで、鬼頭暁には Fem-dom系のテイストに独特の魅力を感じます。M男性というより、普通の男が強制的にM的状況に追い込まれるという設定が多く、必然的に男が縛られる図になってしまうのですが、安易に「緊縛イラスト」というネーミングで呼ぶのがはためらわれるような格調の高さを感じます。

鬼頭暁_聖水m

 カラーの口絵などで見られる色彩感覚が印象的で、女性の肌やストッキングなどの質感も木目が細かく、その繊細な描画には独特のエロティシズムが放出されています。

尻の下の天国

 また、こっけいなほど哀れなマゾ男の姿も描かれ、作者にもおそらくあったであろう被虐趣味が共感を呼びます。


 1973年(昭和48年)のSMキング12月号に、鬼頭暁のインタビュー記事が、この種のもとしては珍しく顔写真入りで掲載されています。奥さんの姿もちょっとだけ見ることが出来ますが、恐妻家であることを告白されていました。

インタビュー_1



【関連エントリー】

SMのクオリア


















[ 2009/09/18 20:40 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(1)

鞭で打たれたい 

黒谷友香_鞭


 フィットネスクラブでなく鞭を使ったウイップネス。
 
 これはつまり、女性が男性を鞭打ってダイエットするという、画期的な商品なわけです。

 んなわけなくて、「黒谷友香の鞭(ウィップ)を使った乗馬エクササイズ」なんだとか。

  いいですね~。

 黒谷友香ちゃんが乗馬を始めたきっかけというコーナーでは、


自分が馬に乗り「右に行きたい」「左に行きたい」と意思を 伝えることで、

自分より大きな動物がその通りに動いてくれる感動があったからです。


 という素晴らしいコメントがありました。


馬派マゾヒストにとっては、こういう文章を読むだけでもう逝ってしまいますが、何か?

乗馬


【関連エントリー】

お馬さんごっこ

韓国のお馬さんごっこ



お読み頂きましてありがとうございます。

お帰りかはこちらからどうぞ!

















[ 2009/09/16 00:01 ] マゾの願望 | トラックバック(-) | CM(4)

SMプレイのご挨拶 

大道寺

「北の大地 SM紀行」と同時発売の北川プロの秋の新作。

 こちらは新宿のSMクラブスウィートデビルに所属している大道寺ゆり女王様のセッションが収録されている。

 ゆり女王様のセッションは、その優しそうでおっとりした顔に似合わず、迫力あるプレイに魅入ってしまった。

 それに悔しいが撮影が安定している。美しい映像は北川プロで長年カメラを回していた元スタッフの手によるもので、やっぱ流石だよな~と思った。

 ところで、どこのSMクラブに行っても、たいていの場合女王様から「ご挨拶なさい」というのがきっかけとなるか、言われなくたってM客のほうから

「ご調教お願いします」

とか言うのが習わしとなっていますね。

 最近、初老のM紳士が「ご調教のほうよろしくお願い申し上げます」と言ったところ、若い女王様から「ほうはいらない」とか言われて鞭打たれたそうで、孫同然の娘ッ子ドミナに日本語を指南されてしまうとは!と嘆いていました。

 まぁそれはともかくとして、北川女史も「今どきそんなご挨拶って流行らないわよね~」と否定的な見解を示してはいた。
 
 そりゃ何十年も女王様やったりビデオ製作していれば耳タコにもなるんだろう。

 だが、滅多にSMクラブに行かない立場としては、そういうベタな台詞を言ってもみたいし、言わされたいというのが本音でもある。

 この新作でもやはりクサい挨拶がなされていて、オジサン的にはなんとなく安心してしまった。タイトル通り過激な内容でもお約束はきちんと守られている。でも今の若い人たちはもっとユルいのかもしれない。

 最近は本格的なSMクラブが次々と閉店しており、巷のSMクラブの密室でどのようなプレイがなされているかはよく知らないが、聞いたところではこの大道寺ゆり女王様のセッションはいつもお店でやっている内容そのままらしい。もちろんハードな部分は相手次第で、今回はそれなりにエグいことをやっている印象ではある。僕はちょっと逝けないと思うけど。

 ちなみにスウィートデビルにはコルドンブルーから移籍した麗子女王様も在籍している。昨年ラシオラが摘発された時に数名のドミナが流れたこともあり、今新宿では安定した人気のSMクラブに成長した。僕は行ったことないけれど、新規客にはオーナー自らがしっかりと出向いて入会手続きが行われる。そこでかなりマニアックな対応もしており、M男心理を誠実に受けとめようとする姿勢は、ラシオラのそれとはまたひと味ちがったコンプライアンスを感じる。

 SMに対するアプローチの違いでどちらがいい悪いという問題ではなく、オーナーのコンセプトが女王様の意識レベルにも反映するということだ。ラシオラが顧客満足度を軽視しているわけではないが、オーナーが女性か男性かで、あるいはSかMかで多少の温度差はあるように感じる。

 札幌にも昨年ギルティというS専(M女しかいない)SMクラブがオープンしたが、ここも支配人が客と直接面談して入会手続きをとるシステムだ。

 お相手が女王様だろうとM女だろうと、いいプレイをするためにまず信頼関係を築くという姿勢は大切だと思う。そのための基本はやはり最初の挨拶にある。きちんとした挨拶は良好な人間関係のための欠かせないステップだ。

 つかの間とはいえ、密度の濃いお遊びをしたければ、そしてそれなりに満足度を得るためにはこれぐらいの段取りや手間ひまをかけることに躊躇することはないだろう。

 指名してみたい女王様の出演 DVD をチェックするのもまた、楽しい手間だと思う。

 どんな相手でも、どのような状況であっても、常に相手に敬意を払い誠実なご挨拶を心掛けたいものです。








クリックしてやって下され~ ポチッとな!















[ 2009/09/14 00:29 ] ビデオレビュー | トラックバック(-) | CM(2)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ