FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

モバイル SMプレイ・ルーム? 

 風営法改正によってプレイルームでの営業が違法となり、日本の多くのSMクラブではミストレスがホテルへ派遣されるシステムとなっています。

 この問題を解決できそうな新しい取り組みがSM先進国ドイツで始まったというトピック。

ドミナモバイル_1


 高級車仕様のバンを改造して車内をスタジオに仕上げ、責め道具一式を取りそろえた

  その名も ドミナ・モバイル !

 土地代の高いに日本にまさにうってつけのアイデアです!

 どうして今まで気づかなかったのだろう。


 しかし、マジですか? ↓ コレ ^^;;;  
ドミなモバイル_4
 車内はこんな感じ


 その昔、マンションの一室を利用していたプレイルームだって所帯染みてて狭かったことを思えば、これぐらいのスペースがあればコトは足りる。

 しかも路上駐車してやれば、紙一重のところを通行人が歩いているわけで、セミバーチャルな露出プレイ的雰囲気が、場をよりいっそう盛り上げることだろう。

ドミナモバイル_5


 最も重要なポイントは車内は完全防音で、いくら呻き声をあげてもバレる心配はなくて安心とのことだけど、この車の中に入るところを見られた時点でアウトじゃん ^^

 しかし、かつてのラシオラのように周辺住民から苦情が出て摘発されるリスクはない。

 警察署近くのパーキングに駐車してプレイするとよりいっそう興奮できるだろう。

ドミナモバイル_3
 なかなか魅力的な女王様です


 フランスの高級車ルノー・マスターを「走るSMスタジオ」

にしちゃったのは、24歳のドイツ人女王様・レディ・リー

 彼女曰く:

「顧客がわざわざ遠い場所から私のスタジオにまで足を運ばなくてもすむようにバンを買いました。

 車内には鞭に拘束具、それに檻などM男に必要なものは全てそろっているの。

 これでいつでも、どこにであなたを調教しに行けるわ♡」


 なんて素晴らしい女王様なのだろう! 

 M男の苦しむ顔が大好きというだけあって、向こうからやってくるのが待ちきれず、自分からM男のところまで出向いちゃうという。女王様とお呼び! ではなくて、

   女王様を お呼び! というわけですね。

 
 自宅の前に来てもらい、奥さんや子どものすぐ近くの密室で女王様に調教されるなんて、ステキな経験に違いない。

 まあ、それにしましても、カーライフとSMの洗練されたミックスという発想もさることながら、このような話題が色メガネで見られることもない点に、文化の違いを感じてしまいます。

 この車を改造するまでのドキュメンタリー番組のようなプロモーションビデオまであって、相当なこだわりと予算を投入している。

 日本でもこんな車をミストレスにプレゼントするようなパトロンの旦那が登場してくれないだろうか。


ドミナモバイル_6
六本木のあちこちでこんな車を見かける日も近い?






 


現在SMカテゴリーで65位。













[ 2009/10/31 20:32 ] FemDom TIMES | トラックバック(-) | CM(4)

恥ずかしい写真 

恥ずかしい写真

 できることなら、なかったことにしたい。そのような思い出がたくさんある。

 SMのセッション体験もその一つだ。中には忘れがたいほど官能的で、よい思い出として残っているメモリーも、記憶の深い階層の奥に追いやって、滅多にアクセスすることはない。

 最近はSMプレイをしている時、ドミナから何の前触れもなく撮影されることがある。

 それをネタに恐喝されるんじゃないだろうか? 携帯もデジカメもなかった時代にSMクラブで遊んでいた時には、そういう警戒心や恐怖があったであろう。

 今の時代はもちろんそのような悪意からではなく、無邪気な気持ちから気軽に面白いと思った風景を記録するという文化なのだろう。自分も時々撮影を依頼することがある。

 しかし、そんな恥ずかしい写真をいったいどうしたらよいのか。

 後から自分で見て楽しむ? 

 最初はまともに見ることが出来なかった。

 しかし見るのに慣れてくると、今度は人に見せたくなってくるから怖い。

 目線やモザイクを入れたところで、今のところ私にはそれをブログで公開する勇気はない。

 ドミナからも顔をぼかしてブログで紹介していいかと尋ねられるが、お断りしている。

 顔がわからなくても、精神的な身の破滅を招きそうな気がする。

 いや、全ての個人情報も含めてまるごと公開され、社会的に立ち直れないほどの恥をかかされるのもいいかな?というアブナい衝動を抑えられない。

 だから、いっそのこと燃やしてしまって完全にこの世から消してしまいたい。

 しかしデジタルデータは燃やすことは出来ないのだ。

 そういう人向けに、このようなサイトはいかがだろう。


さやか

 「ファイルを選択」をクリックして、焼却したい写真を自分のHDからアップロードするだけ。たった2回のクリック操作で驚くほど簡単に完成する。

 オプションでGIFアニメバージョンも手軽に作成できる。

 他にも様々な合成やエフェクトメニューがあって、けっこう遊べる。

  Photo Funia


 このような加工を施しておけば、アップロードしてもよいかな、などと・・・



 いやいや、そのうちは絶対にありませんから!




【あまり関連してないエントリー】

■ マイ・タイム

■ マゾ差別をなくすために




そのうちじゃなくて今クリックして


ランキング



[ 2009/10/30 23:00 ] FemDom TIMES | トラックバック(-) | CM(0)

オナニーマラソン 

オナニーマラソン


 オナニーの持続時間を競うマスターベーションマラソンの世界大会が今年米国・サンフランシスコで開催され、なんと日本人が優勝したそうです。しかも2連覇。

■オナニーマラソンで、日本人男性が2連覇

 この大会はもう10年も続いているそうで、嘘のようなだがホントの世界大会。来年はコペンハーゲンで開催される。

 衆人環視の中で10時間近くもオナニーを続けられるとは驚きだが、優勝者は男性用オナニーグッズの販売会社の役員だというから、ほぼ納得できそう?

 最近のアダルトグッズの技術革新は凄い。たかがオナニーのためにこんな商品が開発されているとは知らなかった。


オナニーマシン


 まるで iPhonのようなルックスはつい欲しくなるけど、どうやってオナニーするのでしょう? 

 こういうハイテク機器で女王様からペニス責めされてみたい気もします。
 
 女王様の命令で強制オナニーさせられても、すぐに逝ってしまう身の上としてはなんとも羨ましい。オナニー見られるのは恥ずかしいし、興奮するものですが、一人の女性に見られながらするのが精一杯ですね。


【関連エントリー】

■ 逝かせて下さい女王様!







オナニーなんかしてないで勉強しなさい!
ヒアリングマラソン




ヒアリングマラソン・アーカイブヒアリングマラソン・アーカイブ
(2006/05/23)
不明

商品詳細を見る








なぜ誰もクリックしてくれないのだろう

ランキング








[ 2009/10/29 20:36 ] FemDom TIMES | トラックバック(-) | CM(0)

卑弥呼 

卑弥呼


 女王という言葉の響きに郷愁を感じてしまう。

 それはSMと関係なさそうでいて、実は女性に支配されることへの歴史的な根拠が日本には昔からあったのである。

 頭のカタい学者は認めたがらないが、中国の古い歴史書「魏志倭人伝」によると、弥生時代の日本人の多くはマゾヒストであり、争いを続けていたM男を統一した卑弥呼と呼ばれる女王が大和朝廷の礎を築いたのだと。

 (この邪馬台国が大和朝廷と結びつくかどうかについては諸説あり、論争は継続中)

 いずれにしても、日本の歴史上、初めての統一国家は女王様とM奴隷の国であった。

3小

 この恥ずかしい史実を、明治以降の政府は国民にひた隠しにし、デタラメな歴史教育を行ってきたのである。


続きを読む前にクリック
   ↓
ランキング

ついでにコレも
エログ-(エログランキング)

[ 2009/10/28 22:35 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(2)

愛の嵐 

爆れつハンター ショコラ・ミス (1/8スケールPVC塗装済み完成品)爆れつハンター
ショコラ・ミス

(1/8スケールPVC塗装済み完成品)

(2009/07/01)




ショコラ

 誰がどうみてもこれはシャーロット・ランプリングのコレでしょう。

 いや別にいいんですけどね。

 デカダンスという言葉の意味も知らないようなガキんちょが萌えるキャラクター設定にしては、結構いい趣味しているなぁ~、と感心した。

 「爆れつハンター」にはこの他にティラ・ミスという女王様キャラもある。なんとなく楽しそう。

 フィギュアなるものにはさほど興味はなかったのだが、女王様っぽいのがあれば一つぐらい購入してみたいかなと思っていた。

 フェティシズムの新しい王道とでもいうのか、わからなくもない。

 昔はプラモデルを愛していたし、サンダーバードも夢中になって見ていた。(あまり関係ないか)



 

 しかし、なかなか欲しいと思えるのがない。

 以前 調教ものエロゲーム でも触れたように、そもそもM男向けの商品は存在するのだろうか?
 
 毎度のことなので半ばあきらめていところ、最近「おや!」と思って見つけたのがコレ。

 でも、今さらアラフィフのおやぢが今さら手をだすようなシロものではないような (^^)

 フィギュア自体が趣味にするにはすでに手遅れなアイテムではありますが、ちょっと萌えてしまった。





愛の嵐-無修正ノーカット完全版- [DVD]愛の嵐
-無修正ノーカット完全版- [DVD]

(2005/03/16)
ダーク・ボガート
リリアーナ・カヴァーニ

商品詳細を見る



 イタリア映画「愛の嵐」(1973年: The Night Porter)は元ナチ将校とユダヤ人少女が終戦後に再会するドラマです。パッケージからSM的内容をイメージされるかもしれませんが、そのテの描写はありません。とても刺激的な内容ではある。僕は公開当時中学生でしたが、成人指定ではなかった(と思う)。

 ただ「見る人が見ればわかる」とでもいうのか、どういうわけか必ずSMの文脈で引用、暗示されることが多く、イヤラシイ作品だろうと思われている人も少なくないのかもしれません。


 激しいけれど、静かな、大人の映画です。


 確かに見方によってはいやらしい。健全とは言いがたいが、戦争という狂気が免罪符になっているのでしょうか。

 むさぼりあうような愛の、愛欲の嵐には、単純なエロスを越えた迫真の倒錯に目も眩むばかりです。

 官能の世界に溺れる2人の演技がまた凄い。

 ただならぬ映像美を実現しているのは、あのヴィスコンティの助監督をしていたというイタリアの女性監督リリアーナ・カヴァーニ。

 男の視点ではこういうファザコンっぽい作品にはならなかったと思う。

 この映画には女性ファンが多い理由も何となくうなずける。

 マザコンのM男向けというより、ファザコンの女性向きと言えるかもしれない

 そんなトリヴィアなこと知らなくても、トップレスで軍帽を被り、サスペンダー姿で歌い踊るシャーロット・ランプリングに、ただただ萌え~るだけでいい。


愛の嵐_01

 
 この有名なシーンではマリーネ・ディートリッヒの「望みは何と訊かれたら」が歌われている。これがまたいいんだよなぁ。音楽も素晴らしい。(ダニエル・パリス)

   ♪
  
   何が欲しいと聞かれたら 小さな幸せとでも言っておくわ

   だってもし幸せすぎたら 悲しい昔が恋しくなってしまうから

 

 また、ここは「サロメ」のエピソードとの連想でよりいっそう鮮やかな場面になるわけなのですが、公開時に初めて見た時には知らなかった。それでも、あの箱の中には男の首が入っているのだろうな、ということは子ども心にも想像がつく。なんだか知らないけど、見てはイケナイもの、アブナい感じ、尋常ではない雰囲気に打ちのめされた覚えがある。

 この時の主人公のセリフ「異常とか正常とか、誰が決めるんだ」という言葉が、当時ヘンタイに目覚めつつあった思春期の僕を励ましてくれた。

 とにかく僕は大好きな映画です。このブログを読まれている人にはお勧めできます。

 この映画のインパクトが大きすぎるからなのか、フィギュアが欲しくても買うのをためらってしまっている自分が、かわいい。(なんのこっちゃ!)


愛の嵐_s

 そうは言うものの、この作品を退屈でつまらないと思う人もいらっしゃるでしょう。

 むしろそういう人のほうが多いのかもしれない。

 確か同じ頃「エマニエル夫人」が公開されていましたが「愛の嵐」はそれほどのヒットはしてなかったはずです。

 公開時のコピーは「ロマンティックなポルノ」でした。


愛の嵐_03

 収容所での屈折した愛。一見すると調教ものイメージだが、登場人物はサディストでもマゾヒストでもない。そういうカテゴライズが無意味に感じるほど純粋な人間模様が描かれる。

 僕はハリウッドの娯楽大作をよく観るし、小津安二郎も大好きです。そういう俗物の僕がこの作品をきちんと理解しているかどうかもあやしい。公開当時は中学生だったので、内容をきちんとわかって観ていたわけではないのは明らかです。

 ただ、感じた。 

 退廃という言葉も戦争の歴史を知らなくても、何かを感じることが出来たのは、作品の力がそれを受け取る感性にどこかでシンクロしたのだと思います。

 絵画や彫刻、そして演劇、音楽や文学など、あらゆる芸術の真の価値とは、僕たちの新しい感性を開発してくれることです。

 そういう意味でも、BDSMのセッションなどは、芸術的で創造的な活動と言えるのではないか、などと思ったりしています。



むさぼるようにクリックしてくだされ!

↓    






【この映画で感動した人は以下の映画も観ています!】


■ 小津安二郎 「麦秋」



紀子 : ねえおばさん、本当に私みたいな売れ残りでいいの?

たみ : へ?

紀子 : 私で良かったら...謙吉さんの女王様に...

(中略)

たみ : 紀子さん、パン食べない? あ、ついでに
鞭でも打ってみる?

inspiered by マミヤシュウキチ








[ 2009/10/27 11:16 ] FemDom座映画劇場 | トラックバック(-) | CM(2)

サタミシュウの主従関係 

私の奴隷になりなさい (角川文庫)私の奴隷になりなさい (角川文庫)
(2007/12)
サタミ シュウ





商品詳細を見る



 人間が全て平等というのは幻想に過ぎない。生まれた時から、環境や親の性質、体力から経済力に至るまで「格差」だらけである。本人の努力次第で勝ち組に残れるチャンスがあるかもしれないというだけで、本質的には古代ローマの奴隷制社会と変わらないのだ。

 「平等であるべきだ」という固定観念が、本来自然な格差社会に対してストレスを生む。

 それなのに、力ずくで不平等を是正しようとするから亀裂が生じる。本来の姿、支配するかされるかという、そのどちらかの立場に甘んじれば、無理に苦しむことはない。そのように割り切って考えると、もっと平和で幸福に生きられるのではないだろうか。




 サタミシュウ の作品では、官能的なエロスというよりも、男女の人間関係におけるダイナミックな構図をモチーフとした、より刺激的で斬新な世界が描かれる。

 そこには「主従関係」至上主義ともいうべき思想がある。

 現代社会においては、組織でも男女間のプライベートな世界であっても、主従関係こそが合理的でスムーズに機能する要素だというのがサタミシュウの主張だ。これは本来的には古代社会から脈々と続く普遍的な真理なのかもしれない。

 原始時代から社会の最小構成単位であった家族において、子は親に従うというミニマムな主従関係から出発していた。その親も老いては子に従う。

 マゾッホが「毛皮を着たヴィーナス」の中でゲーテの有名な一節を引用している。

 「汝はすべからく、叩かれる鉄床となるか、それとも叩く鉄槌となるか」

 人間関係に平等はありえない。特に男女関係は、愛こそが不平等や理不尽の源泉であることを、私たちは認めたがらない。あるいは気づかない。

 金槌となるか、鉄床となるか、そのどちらかになるしかない。

 何もそこまで極端に考えなくても、「金槌=能動的」、「鉄床=受動的」 と置き換えてもいいかもしれない。好きでもない格差社会で這い上がるだけが勝ち(価値)ではないはず。

 あるSMクラブの女王様のブログを読んでいて、自分に素直に生きるということが、はたして能動的なのか受動的なのかが一瞬分からなくなってしまった。

 「毛皮を着たヴィーナス」の主人公はこれを「奴隷となるか、暴君となるか」と解釈する。

 鞭で打たれるのか、鞭で打つ立場になるのか。

 サタミの考え方は、要するにここに通じるものがあるように思う。


おまえ次第 (角川文庫)おまえ次第 (角川文庫)
(2008/08/23)
サタミシュウ




 そしてもう一つ重要なポイントが、この主従関係は不変ではなく入れ替わるということ。あらゆる局面において「主」というのは存在しない。

 SMクラブの女王様が彼氏に対してはM女であったり、ある特定のM女を調教しているS男性が、実は家庭で恐妻家だったりということは、現実にはよくある。

 24時間365日始終ぶっつづけで主人だったり奴隷だったりするのは不可能だ。

 状況や場面ごとに、ケースバイケースでM転やS転していくなめらかな生き方も尊いと思う。しかし、属性がシフトはしても、ロールプレイでの役割は厳密で曖昧にはせずに。

 SMのパートナー同士でたまにリバーシブルプレイを行う場合にも当てはまるだろう。

 その時どきの役割をきっちりと演じて責任を果たすことが大切である。


Charlotterampling
photo by Helmut Newton






だまされたと思ってクリックしましょう!
↓    







[ 2009/10/25 20:56 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | コメント(-)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ