FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

春日ルミ 

 伝説の女王様

春日ルミ_1

 「戦後、女と靴下は強くなった」という有名な、そして今はすっかり忘れ去られてしまった表現がありますが、その意味するところはともかくとして、戦前の女性は弱かったのでしょうか?

 国威宣揚の名の下に、本来はオトナシかった大和撫子(ヤマトナデシコ)が国防少女となって鬼畜米英と戦う。

 そんなイメージをも抱くのですが、戦後生まれの僕にはどうもピンときません。 

 卑弥呼やクレオパトラなどのような権威としての女王様ではなく、性的な、いわゆるSM的女王様イメージの萌芽は、いったいどこらあたりに求められるのか。

 少なくとも戦前には、「女性が男性を鞭打つ」なんていう姿は誰にも想像できなかったと思います。

 昭和の初期には谷崎の「痴人の愛」がヒットしていたとはいえ、M男に育てられる従順な女性からスタートしたナオミ的キャラでなく、天性のS性を備えた女王様のイメージは、誰かの想像力の中にあったとしても、現実には存在し得ていなかった。

 ただ、敗戦の混沌の中から、まだその言葉すらなかった「SM的なる」女王様像が、戦勝国である欧米の影響を受けつつ、徐々に形づくられていったのではないかとは推察されるのです。


春日ルミ_2

 1954年(昭和29年)の「奇譚クラブ」7月号に、春日ルミという伝説的な女王様がグラビアを飾ります。

 日本のメディアに初めて登場した女王様的キャラクターとしては一般的にこの人が知られています。
 
 それまでは、海外マゾ小説の挿し絵や、須磨利之の手によるイラストなどで女王様的イメージがかろうじて描かれてはいましたが、日本人女性によるビジュアルな女王様像というのはこれが初めてでした。

 今からみると、下着姿でケインのようなものを持って立っているだけの、どうってことのない図。

 だが「奇譚クラブ」の読者にとってはこれだけでもう充分。すぐ次のページには、黒タイツ姿で首輪を付けた男性を足蹴に、そして男が縄で縛られその上に座っている彼女の写真が続きます。

 典型的な大和撫子風の顔立ちの中に(ちょっとケバいような気もするんですけど)明らかにみてとれるサディスティックな表情は、それまでフラストレーションのたまっていた「奇譚クラブ」のM読者たちにとって垂涎の的となります。

 西洋的なミストレスではなく、初の日本人女性による女王様の降臨は大きなインパクトを当時の日本に与えました。

 春日ルミはその後もしばしばグラビアに登場し、日本家屋を舞台に当時の現実味ある(少し貧乏臭い)背景の中で女王様を演じ、Japanese Female Domination のイメージを定着させていくのです。




奇譚クラブ1954_07表紙_m




クリックよろしくです m(_ _)m

ランキング






■ ベティ・ペイジ
PU_bettie_page_20.jpg






[ 2010/01/31 07:40 ] 伝説の女王様 | トラックバック(-) | CM(2)

最近思ったこと 

ナミオM画廊_01

絵を上手に描こうと思っても描けない人はたくさんいる。

上手に描けたとしても、評価されない人もたくさんいる。

ごくあたりまえのことである。

何かを実現しようとしても、上手くいかないことの方が多いのが現実なのだ。

 試験がうまくいかない。

 仕事がうまくいかない。

 人間関係がうまくいかない。

 SMクラブでうまく逝かない。

 女王様だって一生懸命やっているのにM客は満足しない。

 世の中自分の思い通りにいかない。

 
 だからといって、「なんでなんだチクショー」といって人殺しをする人は少ない、はず...


 しかし、少ないとはいっても、いることはいる。


 例えば借金から、そして憎しみから、人は様々な理由で自分を見失い、挫折する。

 それにしても、ネット掲示板で無視されたぐらいで、自殺したり人を殺したりすることができる感覚が、

 どうにも理解できない。

 それで人生が終わるわけじゃないんだし。

 昔は「キレる」という表現自体なかったと思うが、最近はキレる人が増えたらしい。

 僕はムカツク程度で、キレるとこまで行ったことはこれまであまりなかった。

 去年ちょっとあったけど、でもキレて怒鳴るぐらい、もうどうってことないのか、って思ったりもする。

 キレること自体は人として避けられないのなら、その時どうすればいいのか。

 そして、その後は?

 そういうことを教育や行政で、なんとかなるものなのだろうか。

 容疑者や被告が、裁判で全貌を明らかにしたからといって、本当に再発防止に役立つのだろうか?

 こればかりは試験にも出てこない。正解はないような気がする。

 いくら勉強しても、解けない問題が世の中にはあるのだということを、僕たちは学ぶべきだろう。

 ない正解を見つけられないからといって、不合格ということになはならないのだ。

 別に不合格でも、かまわないし...


 キレる直前の自分に落ち込むことも多いのだが、その程度ですんできたことで少しだけ救われる。

 たまたま街なか歩いていて、キレた若者に殺された人たちには申し訳ないけれど、それが僕でなかったことに、

 ちょっとだけ感謝している。


 被害者にも、そして加害者にもならなかったことに....


ナミオM画廊_02



みんな、なんでクリックしてくれないんだチクショ~ウ!
ランキング下がっちまったじゃねーか (`∧´)
 あ、怒ってないからね~ ^^;;;;;


ランキング





 
[ 2010/01/30 23:11 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(2)

本当はツライ顔面騎乗 

 前回に続いて、北川プロで使用されている春川作品を素材にして顔面騎乗を学習しよう。

 今回は、比較的ポピュラーではあるものの、難易度の高いスタイルを4つ見ていくことにする。


スーザン

スーザン

 顔面騎乗に甘美なる幻想を抱く人は多い。

だが実際には、想像以上に身体に負担のかかるキビシさを認識している人は少ない... <-_->

 
 ↑ 目が遠くを見つめている  (cf.理想と現実


 春川ナミオの顔面騎乗はしばしば、人体の構造を無視したようなフォルムで描かれ、これをそのまま真似しようとするとかなり危険である。

 この例ではオリビアの時と違って、頭部から首、胸のラインの屈折率が半端ではない。

 キャサリンと比較しても明らかなように、これは相当キツイ状態である。

 さらに、頭はスタンドが支えているから楽だろうと思われがちだが、クラリスの椅子のように、いよいよとなれば倒れてしまえばいいケースと異なり逃げようがない。

 やったことのある人間にしかわからない、驚異的な苦しみがここにある。

 見た目の雰囲気にだまされてフェティッシュバーなどで試しにやってみるという軽卒な行動は控えて頂きたい。


シルビア

シルビア


 スーザンとよく間違えられやすいのがこのシルビア。どこが違うかおわかりだろうか?

 女王様とM男の向きが反対であることに注目してほしい。

 スーザンは後背位型で、こちらのシルビアは正乗位である。

 ここは紛らわしいので注意が必要だ。よくネラワレやすい項目になっている。

 向きなんて気にしない女王様がたまにいらっしゃいますが、これ試験に出ますから!

 また、ここではスタンドがないかわりに、首輪に繋がったリードが上体を固定している。

 ツライからといって倒れてしまうことはできない。

 のしかかってくる体重をきちんと支えなければ、首つり状態になってしまう恐ろしい仕組み。

 見た目はエレガントなのだが、男は凄まじい苦痛に耐えている点を見逃さないように。





ジェーン
ジェーン

 関西エリアで人気のクラリスの椅子の応用バージョン。

 全国統一模試で昨年出題されていた。

 男の手を後ろに縛り正座させている。

 前述のクラリスは完全に座り体重をかけていた。

 こちらのジェーンはよりかかっているだけのようにみえる。

 比較的負担の軽い顔面騎乗で年配者に配慮しているのだろう。

 そうはいっても、よく見ると首輪にリードが繋がれており、

 その気になれば首の骨がへし折られるリクスがある。

 これは高齢化社会に適した多目的型顔面騎乗として、

 安楽死をも見据えた需要に対応しているのである。




クララ
クララ


 黄金調教で好んで用いられるスタイル。

お尻と口との距離を調節できるメリットがある。

 舌使いが悪いとリードが引っ張られる。

口の位置や舐め方の強弱もこれで微調整が可能。

これほど見事なM字開脚は実写では無理だ。

右足の膝は完全に向こう側に裏返っている。

まともな足ではありえない曲がりかたである。

実はクララは幼い頃、足が不自由だった。

このように平面性と空間性の矛盾をつく表現は

エバちゃんの座り方 にも見ることができる。

不可能なんだけど、不自然じゃない不思議さ。

足の悪いクララが無理をしてまでも、ここまでギリギリ股を開いてくれることで、

奴隷の舌はアナルの奥深くまで届くのだという、春川ナミオの力づよいメッセージなのである。



クララ

 ちなみにこれは「アルプスの少女」クララ。




   まったく関係ありませんな。 (。。)☆\バキ




【過去問題】平成16年 横浜国立大学

 次の文章を読み、以下の質問の答として最もふさわしいものを3つの中から一つ選びなさい。

  女王様が顔面騎乗しているのにM男の○んぽが立ちません。

 悶えながらも勃起することに弱気なM男に「意気地なし!もう知らない!」と怒鳴って女王様は走りだします。

 女王様を追いかけようとして思わずM男が起き上がると、その時チ○ポはむくむくと勃起していました。

  この時女王様はなんと言ったのでしょう?


(1) やればできるじゃない。

(2) お許しもないのに、それはどういうコト?

(3) 立った!立った! チ○ポが立った!




正解:(3)
ハイジ









 【関連エントリー】

■ 試験に出る春川ナミオ

■ 理想と現実

クリックよろしくです m(_ _)m

ランキング








[ 2010/01/28 19:16 ] 試験に出る春川ナミオ | トラックバック(-) | CM(3)

試験に出る春川ナミオ 

オリビア
 北川プロのビデオ(DVD)パッケージ・デザインには昔から春川ナミオのイラストが使用されてきました。その作品の内容に関わらず、約30点ほどのイラストから一定のローテーションで繰り返し登場します。各イラストで描かれる女王様には知る人ぞ知るお名前がついていたのをご存知でしたか?

 センター試験で今後出題されるかもしれないので、少しご紹介しておきましょう。

ビデオカタログの表紙にもなっているこれは オリビア といいます。

 北川プロの代表的なイメージとして定着しています。




塩化ブーツ_オリビアのポーズ
 椅子や台の上に男の頭を乗せて腰掛けるこのスタイルを

通称「オリビアのポーズ」とも言い、

その後の多くのM男系イラスト作家にも影響を与えてきました。

典型的でかっこいい顔面騎乗と言えばまずこのポーズが思い浮かびます。

 ここで注目したいのは、ペニスの扱いについて。

 ほとんどの春川作品では、ペニスが描かれません。

 登場するM男は勃起することが許されていないかのような印象です。




ベス_PK

迫真Mビデオとかマゾビデオというべタな表現には  

 この種のビデオが数少なかった当時においては、

 想像を絶するほど、もの凄いインパクトがありました。

 タイトルからして口に出して言えない日本語です。

 そのフレーズだけでもう心臓がドキドキものでした。


 レトロな雰囲気がお似合いのこの女性は エリザベス

北川繚子さんが特にお気に入りで僕も大好きな作品です。




べス

 かつて限定発売された写真集の表紙にも使用されました。

 女性が顔の上にすわるのではなく、

 男がこのように土下座してお尻に

 接吻するかのようなこのスタイルには、

M男の惨めな哀愁 が漂います。

 多くのM男の共感を呼ぶこの形式は

 べスのポーズとして親しまれてきました。

 これもまた北川プロの作品性を象徴する名作と言えます。


Beth_m
 春川ナミオもこのスタイルはお気に入りで、

 他のメディアにもこの形式を出題しています。

 時と場所を選ばずに、顔面騎乗よりは

  気軽に出来る ので、

 幅広い年齢層から絶大な支持を得ています。

 ちょっと生意気な若い男の手は、 →

 躾けの意味で足で踏まれているのがポイント




キャシー
   キャシー  です。

 北川プロのラインナップでは唯一の聖水シーン。

 男の表情が生き生きと描かれており、
 
 直接顔面騎乗されていないという意味でも珍しいタイプ。

 流れ出る聖水の色彩表現がまた見事です。





佳人痴愛_m
 よく仁王立ちになって聖水を与えるミストレス がいます。

 もちろん、それもよろしいのですが、そうではなくてこのように

「キャシー・スタイル聖水」

 を懇願するM男は多いようです。






クラリス 春川ナミオ氏が北川繚子さんにプレゼントした クラリス

 2005年9月に行われた北川プロのイベントGo! Fetish Go !

 のパンフレットにも使われていました。

よく見ると衣装には「KITAGAWA」という文字が! 

 春川さんの心憎い気配りがここで確認できますね。

 関西のSMクラブでは「クラリスの椅子」とも呼ばれる人気スタイルです。

(初心者はアブナいので真似しないように)



 ちなみにこれは「カリオストロの城」のクラリス。
クラリス 
宮崎駿はそれまで、自分の作品に登場する少女の胸を

けして大きく描かなかったことで有名でしたが、

春川ナミオのクラリスに影響を受けて、

初めて巨乳のヒロインを描きました。

春川ナミオの底知れぬ影響力の一つです。




エバ エバちゃん。

現在発売されているDVD「復讐の美尻」(No.165)のイラスト。

春川ナミオが監督したことでも知られている作品です。

M男の下半身に注目してみて下さい。

勃起しているのでしょうか?

顔面騎乗は大胆に描かれるのに、ペニスにはどこかためらいが感じられます。




サンドラ
  サンドラです。

 キャシーの聖水とともにこのサンドラのシャワーは

 バスルームでよく出題される基本的な形式。

 やはり水の色彩表現に絶妙な感じが出ています。

 ここでも、春川ナミオはペニスを描きません。

 このシチュエーションならM男は勃起していてもいいのに

 なぜかストイックに表現される。

 その抑制された美学に僕は感銘を受けます。





キャサリン流し目が色っぽいキャサリンです。

オリビアのポーズに代表される、とても北川プロらしいスタイル。

ここでもペニスは見えません。

自分の股にはさんで押さえ込んでいるのでしょうか....

子どもの頃に チ○ポを自分の太ももではさんで隠して

「オイラ女の子になゃっちゃったゼ」ごっこ

をしてたのを思い出しますね。

これを見ると、チ○ポがしめつけられる思いです。




 古い作品を中心に基本的なスタイルをみてきました。

 これだけは確実におさえておきたいオリビアキャサリン

 しかし顔面騎乗と聖水はセットで出題されることが多く、キャシーも要チエック。

 女王様に「ほら、ベスのポーズよ」と言われたらすぐに土下座してアナル奉仕ができれば合格圏内です。

 比較的新しいクラリスやエバは私立文系でよく出題されるので注意しましょう。

 次回はリアルでやるには難易度の高い、国公立理系で狙われてくる体位を勉強します。





【関連エントリー】


■ 春川ナミオの芸術
PU_春川ナミオの芸術



■ よくわかる春川ナミオ
よくわかる春川ナミオ



■ 顔面騎乗に市民権を与えた男

■ 春川ナミオ氏と会う!
春川ナミオと
  憧れの巨匠とついにご対面!


■ 描かれる女性たち


■ 巨女渇愛


■ 人間便器
人間便器_サムネール





■ 今年を振り返って

■ SMでしゃべらナイト


クリックよろしくです m(_ _)m

ランキング








[ 2010/01/26 17:58 ] 試験に出る春川ナミオ | トラックバック(-) | CM(4)

お知らせ 

 来週の日曜日、北川プロのイベントが久しぶりに東京で行われます。

 ◇と き  1月31日(日)午後12時~17:00

 ◇ところ  新宿のどこか

 ◇料 金  男性 ¥15,000  女性 ¥5,000


  軽食 ドリンク付き 
  参加者全員プレゼント付き(DVDがもらえるそうです!)

 北川繚子さんをはじめ、去年復活した老舗のSMクラブクイーンズクラブを襲名した山咲美花さんとそこに所属するプロ女王様。
 
 そして、六本木 Kedama の飛室イヴさんらがご出演。

 
「北の大地SM紀行」より
美花

山咲美花女王様(後方は北川繚子さん) 撮影/豊正   

 


 他にも多数のミストレスが参加するもよう。コミック作家の乾はるか氏も登場する予定?

 詳しくは北川プロ編集日記をご覧下さい。

 参加申し込みは ↑ このブログから直接北川プロにメールします。

 5年前に僕が初めて北川プロのイベントに参加した時のルポにも詳しく書いてますが、これは本当に楽しいですよ。

 SM的にはもちろんツボをおさえた内容で、北川さんのあたたかいお人柄があふれるアットホームな雰囲気。

 真性であろうとなかろうと、M男なら一度は行っておきたいイベントです。

 美芸会の立花玲子と並ぶ、日本でSMの高度成長を支えた伝説の女王を拝めるチャンスは、もしかすると、公の場ではもうこれが最後になるかもしれない....

 僕も行きたいのですが、たまった仕事が片付かないので、ちょっと無理なんだよなぁ...残念(>_<)

 今回はイベントというよりは、オフ会みたいな感じで、女王様とM男のパーティーといった趣きのようです。

 撮影の予定も組まれているので、全頭マスクを持参すれば、「出演」も可能だったりして ^^;;;;

 東京近郊都内のM男&S女性は必見のイベントですよ~!


イヴ

イヴ女王様(北川プロカレンダーより 撮影/Kazuki





【関連エントリー】

■ 緊縛の芸!飛室イヴ女王様

■ 北川プロの北海道ロケ

■ 北川プロ撮影日記

■ 撮影現場

■ M男の羞恥心



クリックよろしくです m(_ _)m

ランキング







[ 2010/01/24 21:54 ] トピック | トラックバック(-) | CM(0)

かわいければいいってもんじゃ... 

 女優さんやタレント、女子アナなどから「この人に女王様になって欲しい」という例を上げるのは簡単ですが、今回は逆向きのベクトルで、美しくて魅力があるにも関わらず僕の女王様にはなれない人たちを紹介してみたいと思います。

佐々木希

 佐々木希ちゃんは、いい目力を持っていますが、ツンデレ止まりでミストレスとしての風格にまで届いていません。

かわいければいいってものじゃない




 元レースクイーンの森下千里は普通のレベルでは文句なしの美人ですが、S女的な魅力を感じることのできないタイプ。「クイーン=女王様」というわけにはいかなかった。残念です。



 
 おじさんには森下千里と区別がつかない森下悠里

 こういう紛らわしいのはパス!

 ちなみに昔の森高千里は良かった。


原幹恵

 原幹恵さんの迫力のナイスバディは女王様向きではあるものの、どちらかというと縛ってあげたいM女さんに見えてしまいます。

 (でもキューティーハニーは想定外でよかった)



 井川遥はビミョーです。

 この人は痴女としてなら通用しそうな雰囲気がありますかね。



 安田美沙子もいい女で申し分ないのですが、女王様としての色気に欠ける。

 セクシーだからいいってものじゃないんです。



 優木まおみちゃんも人気ありますね。しかしミストレスとしては童顔すぎます。
 
 くどいようですが、

かわいければいいってものじゃないんですよ。




 ロリマゾにはうけそうな仲村みうは悪くないんだけど、何かがちょっと違う。
 
 SMクラブでなくメイド喫茶で頑張って下さい。




 熊田曜子は惜しい! いい線いってるんだけどなぁ。

 クールだからといって誰もがミストレスにはなれるわけではありません。




 身の程知らずの上から目線。それが通用するのは若いうちだけです。

 南明奈は時々そういう目力を発揮しますが、草食系M男子にしか通用しない。


 みんなそれなりにかわいいのに、どうして女王様になれないのでしょう。

 グラビア系アイドルに人格は存在しません。あくまでも「見た目」だけの世界。

 もちろんルックスだけで判断できないし、本当はS女だったらどうすんのよ!というツッコミはさておき、

 その記号から発信されるメッセージは、受け取る側の感性で決まります。

 だから当然ながらここで例に挙げたアイドルにミストレス的な魅力を受けとめるM男性もいるはず。

 とどのつまり、人それぞれの世界

 どうやって女王様になって欲しいようなイメージの持ち主を特定しているのか?

 そんなの僕には説明できません。


 というわけで、M男の審美眼には、イイカゲンな面もあるヨというお話でした。


【関連エントリー】

■ M男の審美眼

■ 眞鍋かをり



ランキングなんてイイカゲンだと思いつつ
 順位が下がると凹むのはなぜなんだろう...


ランキング

クリックよろしくです m(_ _)m












[ 2010/01/23 09:27 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(5)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

23位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ