FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

マゾは病気か? 

 世界保健機関 (WHO)の国際統計分類(ICD)によれば、マゾヒズムは未だに精神疾患の一つとして見なされているのだとか。

 時々、自分は病気なのかもしれないと思うことはある。(いろいろな意味で)

 風邪とか頭痛ぐらいなら、おとなしくしていればそのうち治るだろうというのがあるけれど、マゾヒズムに関しては、子どもの頃から一生治らない「ビョーキ」だと思っていました。

 昔はそれが「異常」で、つまり普通じゃないから自分は特殊なんだというコンプレックスが強かった。

 今この歳になってみると、「異常」というほど深刻ではないにしろ、やはり「ビョーキ」なんだろうなぁ...とは常々思っているわけです。

 女性がMの場合、それは「異常」とか「ビョーキ」というカテゴリーにはなりにくいように思います。

 失礼な言い方になってしまうのを恐れずに言えば、それは女性性の一部であり、どちらかといえば「フツー」の領域。

 男の場合にのみ「アブノーマル」とか、「ヘンタイ」と言われてしまう。

 S男性は不思議とあまり変態呼ばわりされない。基本的人権も保証されていますね。

 マゾヒズムはサディズムより、矛盾や倒錯性が大きいという受け止め方をされていると思われます。

 19世紀から20世紀にかけて性的倒錯がひろく精神病みたいに認識されていたことも理由の一つでしょうが、社会性の強い男の場合、この種のレッテルを貼られることは致命的であったため、秘匿性が高く、目立つことは極力避けられていた。女装趣味やホモセクシャルなどもその一つでしょう。

 だから表沙汰になることは滅多になく、表面化した場合のインパクトも大きかった。

 僕自身、M男は超少数派だとずっと信じてました。

 しかし、実はそうではなく、無自覚な人も含めてその数は意外と多いことがわかってきたし、存在も知られ、認知されてきている。

 ゲイや性同一障害などと同じく、病気でも異常でもなく、個性の一つとして受け入れてくれる人も増えてきました。

 昨今のSMブームや大衆化により、息苦しさは少なくなってきたような印象ですが、僕としては社会的にそれほど認められなくてもいいかな、とも感じています。

 そんなに、みなさんに無理してわかってもらえなくてもいいんです。

 みんな違って、みんないい。

 自然に受け入れてくれるほうがいい。

 もともと全てを受け入れるなんて無理だし、「あんた、ちょっと変態?」みたいな目で見られている方が、心地よい感じがするのは、やっぱりビョーキだからでしょうか。

 近年、デンマークではマゾヒストの人権に配慮し、マゾヒズムを精神疾患とはみなさなくなったそうです。

 ジル・ドゥルーズの批判にもかかわらず、ICDにおいてはサディズムとマゾヒズムは相関関係にあるという考えを背景にして、両者は今なお「サドマゾヒズム(F 65.5)」という疾患名に包括されています。


マゾは病気





m(_ _)m

ランキング




[ 2010/05/26 23:16 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(12)

顔面騎乗の形而上学 

胸か尻か?それが問題だ

 昔と比べてポピュラーになった顔面騎乗とはいえ、それはM男にとっての話であって、女性には依然として不可解なようです。

 ノーマルな男性による、ちょっとエッチな願望であれば、「しかたないわねぇ^^」みたいな感じで、おそるおそる顔の上に座ることはできても、もしその彼氏が真性ドMで、マジでリクエストされ、死ぬほど圧迫して欲しいと懇願されたなら引いてしまう可能性がある。

 愛する彼氏の少し変わった「趣味」程度の認識では、

 普遍的な文化芸術としての顔面騎乗 を理解するのは難しいかもしれない。

 口に出してこそ言わないが窒息寸前まで苦しみ、「落ちる」瞬間の官能を求めるアブナいマゾヒストは多い。

 というか、マゾヒズム的にはそれが王道とも言える。

 もしその息苦しさが快楽の本質であるならば、圧迫されるのがお尻でも胸でも、窒息感に違いはないのでは?という趣旨のコメントが寄せられました。


>大きなお尻で顔中を埋め尽くされるのと、
>ふくよかな胸に窒息するかのように顔をうずめるのと
>共通項って存在しますよね??


 これには正直意表をつかれました。とてもいいご質問だと思います。

顔面騎乗の形而上学2


(前のエントリー「女子高生の顔面騎乗」のコメントでたいへん有意義なやりとりをさせて頂きました。この場を借りてお礼申し上げます)

 コメント欄の返信ではいいたりなかったので、ちょっと補足させて下さい。

 僕は胸で圧迫されたいと思ったことはありません。(されても文句は言いませんけど ^^)

 男として「巨乳がどうのこうの」といったこだわりもなく、ただ子どもじみた憧れみたいなものぐらいでしょう。

 母乳で育ったという記憶もあやふやですが(そうらしいが)、自分のM性に女性の胸はあまり深く関わっていなかった。

 Fem-dom的な象徴として、女性の身体の一部として崇め奉るという意識であり、沼正三の言うようなスクビズムとは対極の位置にあるのだと思います。

 だからこんなことしちゃ、↓ 絶対にダメね
おっぱい

 おそらく、ほとんどのマゾヒストにとって、胸と尻では雲泥の差があるのではないかな。

 このことを端的に説明するのに、春川ナミオのインタビュー記事から引用してみたい。

 ある雑誌の取材に彼は次のように述べています。

おっぱい

 オッパイはお母さんになるから、オッパイやったら何かこう・・・

   甘えたくなる。


舐め舐め男_Top


 でも僕の場合、お尻はお母さんじゃないんですね。

  もっと 高貴で神秘的 なものです。

 お尻の奥には何があるんだという謎めいた場所。



ー春川ナミオー 
「お尻倶楽部」(1998年1月号)のインタビュー記事から
 




 それがどうした? ・・・って言われそうですけど ^^;;;;


 僕自身、上手くは説明しきれないというのが、正直なところです。
 
 また、例えそれが出来たとしても正解とは限らない。

 顔面騎乗をたんなるSMのツールやカテゴリーという見方をされている人には難しいでしょうね。

 ただ一つだけ確実に言えるのは、顔面騎乗の宇宙は、果てしなく広く、深い・・・ ということです。


【関連エントリー】


■ 胸かお尻か?

■ 顔面騎乗の社会的評価



m(_ _)m

ランキング







[ 2010/05/25 20:06 ] 顔面騎乗探求 | トラックバック(-) | CM(3)

女子高生の顔面騎乗 

 最近の顔面騎乗はいったいどうなっているのか?

 現状を把握するべく、今入手できるネット動画やDVDをかたっぱしから購入してみた。

 かりそめにもAVを製作する立場になったからには、いやでも少し市場調査をしなければなるまい。

女子高生の顔面騎乗

 何を今さらということかもしれないが顔面騎乗をタイトルにつけた作品数が爆発的に急増しているのに驚く。

 僕が初めていわゆる「顔面騎乗もの」として買ったビデオは、かれこれ20年以上昔の顔面アッパク120分という作品。SMビデオで他にこれ以外は見当たらなかった。

 当時ガンキはまだカテゴリーとして確立されておらず、レアーな「顔面騎乗」の名場面集みたいな構成であった。

 何だかもうしわけなさそうに、顔面騎乗だけのシーンを集めているといった、製作者側の罪悪感がひしひしと伝わってくる。静かで、暗くて、淫靡で...

 今は違うよ。 もう、なんか凄いよね。

あっけらか~んとしている。

 俺たち、ガンキ大好きだぜ、ベイビー! てな感じ?

 顔面騎乗はもはやSM関係でなくとも、普通のアダルトメーカーやフェチ動画の定番ジャンルになっている。

 この分野では美芸会や北川プロぐらいしかなかった時代が懐かしい。

 新しいと思っていたセビアンやブレーントラスト、アロマ企画などはすでに時代遅れなのかもしれない。

 こういう状況を見ていると、誰かさんが

北川プロはもう終わった

 などとのたまっていたというのも頷けるような気がする。

 確かに、昔ながらのやりかたを続けていて、イノベーションとは縁遠い北川プロではあるのだが、それが絶対に必要な業界でもなかったのも事実である。
 
 世の中不景気なはずなのに、この業界だけはあまり影響がない。もっとも、薄利多売なんだろうけど。

 それはともかくとして、最近の傾向としてやたらと女子高生ものが多いのがまた際立っている。

 これは顔騎だけの話ではなく、アダルト全般にあてはまるようだ。

 OLや女子大生ものより圧倒的な割合を占めているのはどういうワケなのだろう。

 やはりそれだけニーズがあって、売れるからということなのか。

 こんな「指導」なら受けてみたかった?
女教師顔面騎乗

 JKものの一部になるのかもしれないが学校ものも目立つ。ガンキに限らず、学校ものには男性教諭が年下の女子高生に虐められたり手コキ足コキされるというマゾ・シチュエーションが定番だが、女教師に陵辱される男子生徒というのも大きな市場としてある。

 もし誰かに顔面騎乗されるのだとしたら、あなたはその相手の属性にコダワルだろうか?
 
 やはり好きになった人が一番だと思うのだが、アダルトサイトで職業や年代でカテゴライズされているのを見てふと考えてしまった。

 僕にも学生時代から顔面騎乗願望はあったけど、不思議と同級生の女の子にして欲しいと思ったことはない。

 普通の恋愛感情とは別のところにある意識だった。

 また、女教師に対しても、当時はおばさんにしか見えなかったから論外である。マゾヒスティックな幻想は、日常的な空間の学校では見えにくかったのであろう。

 しかし今この年齢になると、もう女子高生でも女教師でもオッケーだ。

 学校自体に現在は非日常性が漂っているわけだし、メディアがこしらえた共同幻想にどっぷり洗脳されてしまっている。

人妻の顔面騎乗
 もうパッケージだけで抜ける迫力に圧倒されてしまいます。

 ただ、人妻は・・・ねぇ~

 セックスなしとはいえ、不倫のようで相手にも旦那さんにも悪いような気がする。

 ガンキだけなら不倫にはならないと、自信たっぷりに言い切れない。

 やはり、顔面騎乗はハッピーフェイスシッティングでなければ。

 淫靡であってよいけれど、インモラルではいかがなものか。


       女子高生相手にするほうがよっぽど、モラルに反するって (。。)☆\バキ


傲慢美人上司


 基本的に座ってもらうのは、独身の良識ある大人の女性でないと、社会的に顔面騎乗は認められない。

 高校生同士のガンキならいいんだろうけど、それも不純異性交遊となるのだろうか?

  女子高生には見えないんですけど ↓
女子高生の顔面騎乗_2


 とにかく、数的には女子高生ものが圧倒的に多い。



 タイトルに「女子高生」つければ売れるってものでもないだろうに。

FREEDOM 女子高生 顔面騎乗2



女子高生の顔面騎乗2


 顔面騎乗は、SMシーンの中でも、ローソクや浣腸などに比べると


 爽やかな感じ


 があるから、やはり女子高生はそのイメージ・キャラクターとして適切なのだろう。

女子高生×顔面騎乗



 そういう理由からなのか、人妻系の顔面騎乗の作品は少なかった。製作サイドとしてもモラルに反するということで自主規制している・・・わけないか。
  
 あまり売れないのかもネ。人妻に顔面騎乗してもらいたいという需要が少ないのかもしれない。

女子高生のムレパン股間で顔面圧殺


女子高生のお尻で顔面圧迫されたい!!


女子高生の顔面騎乗 



 一つ不思議に思ったのは、JKに顔面騎乗されたり手コキ足コキされても、鞭で打たれるという作品が見当たらなかった点。僕が知らないだけでどこかにひっそりとマニアックに存在するのかもしれないが、少なくともB10Fや動画配信サイトのDUGAなどではカテゴライズされてはいなかった。

 女子高生と鞭 というキーワードはこれからのトレンドかもしれない。

 いずれにしても、これだけJKものがマーケットにあふれているのだから、僕があらためてやることもないというのがわかりました。

 それ以前に、いい歳した大人の女王様にセーラー服を着て下さいとは、僕には言えません。

 仮に女王様が20歳ぐらいだっとして、ルックス的になんとか許容されても、口が裂けても言えない。

 やはり本物の、現役の女子高生でないとまずい。(ん? そういう話だっけ ^^)

 顔面騎乗する時の衣装やスタイルにはこだわっても、女子高生というカテゴリーはパス。

 
 う~ん、残念 (>_<) ?



【関連エントリー】

■ ガンキ?

■ 顔面騎乗をしてもらう9つの方法
























[ 2010/05/24 20:00 ] もしヘタレMが北川プロの作品を監督したら | トラックバック(-) | CM(5)

日本文明と近代西洋 

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
(1998/09/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


 普段ほとんどテレビを見ない僕ですが、今年はNHK大河ドラマ「竜馬伝」にハマッっています。

 明治維新という、誰にでもお馴染みであるはずの歴史的場面が、思いがけなく、わかりやすく伝わってくる。

 知っているようで、意外と知らない(というか忘れている)ことが多い。

 「竜馬がゆく」を読んだのはもう20年以上も昔になるし、忘れていて当然だろう。

 鎖国や封建制の影を引きずりながら富国強兵・殖産興業へと走った日本の、漠然とした知識が補強され、再確認でき、そして新たな発見と感動がある。


もういちど読む山川日本史もういちど読む山川日本史
(2009/09)
五味 文彦鳥海 靖

商品詳細を見る


 日本の近代化をあらためて考えてみると、結局日本は欧米のシステムを上手くとりこんだようでいて、なんら独自性もなく猿真似を繰り返してきただけなのだなと、ため息がでてくる。

 平たく言えば「西洋かぶれ」みたいなものへの負い目というか罪悪感なのだが、普段はそんなことを意識せず、むしろ誇らしげに英語を勉強し、海外文学を好む自分がいる。

 郷愁的な日本文化や伝統への憧れはあるのだが、どこか嘘っぽい。

「やっぱエゲレスだべや」とか、「鞭打ちはカッコいい」などと、

 ワケのわからない根拠で欧米文化を讃歌してしまうのだ。

 その一方で革や鎖で拘束されるより、麻縄で縛られている方が美しい(気持ちいい)と感じる。
 (もちろんその逆の人もいるであろう、フェチ的に)

 靴やハイヒールの底よりは、生の足を舐めるのが好きな日本の感覚は素晴しいと思っている。

 今さらあらたまって歴史のお勉強もかったるいけど、週に一回、大河ドラマでその気になってみるのもけっこう楽しい。



日本文明と近代西洋―「鎖国」再考 (NHKブックス)
日本文明と近代西洋―「鎖国」再考 (NHKブックス)

(1991/06)
川勝 平太

商品詳細を見る


 この本は偶然買ったのですが、著者が大学時代の先生でした。
経済学の講義を半年ぐらい受けただけで、その単位は落としてしまったけれど、門外漢の僕にも親しみやすいお話がとても印象的でした。「竜馬伝」見ている人にはおすすめです。やはり経済がわかると、歴史は数倍面白くなる。



【関連エントリー】

■ 坂本龍馬はM?



 ・・・・   m(_ _)m

ランキング




[ 2010/05/23 18:06 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(6)

S男性のカメラマン 

If_hM_Bar

【前回までのあらすじ】

1 ヘタレMが北川プロの作品を監督したら
2 女王様という名の女優
3 キャスティング
4 北川繚子
5 ある日の会話
6 スタッフ編成


 僕がもう一人、スタッフとして絶対に参加して欲しい人がいます。

 作品の中で使用できるイメージ写真ができるだけたくさん欲しい。

 専属のスティール撮りカメラマンが必要になります。

 北川プロには昔から Kazuki さんという女王様を撮らせたら最高のカメラマンがいるのですが、この人は現在は北川プロを離れており、ちょっと依頼しにくいという事情があります。

 実はちょっと前に一度お会いして、頼もうかな~と思っていたのですが、言い出せなかった。

 個人的に親しいプロのカメラマンは何人かいるのですが、まさかSMプレイの撮影を頼めるような人はいません。

 しかし、幸いなことに最近、SM関係の撮影を安心してまかせられる人物と知り合いになりました。

 昨年北川プロの北海道ロケでご一緒したMr.Tです。




「北の大地SM紀行」の撮影風景 撮影:Mr.T 


 彼はS男性なのに気は優しくて力持ちというタイプで、北川繚子さんともすぐに意気投合していた好人物なのでした。

 この人は世界を股にかけて活躍する事業家であり、趣味の写真の腕はプロレベル。(いやプロより凄い!)

 鬼畜系のS男ならではのシャープな目線がとらえる洗練されたヴィジュアル感が素晴しい。

 一緒にいて本当に気持ちのよいナイスガイで、話していると彼がS男であることをよく忘れてしまう。

 もちろん彼もボランテイアです。無報酬で、まる1日ないし2日間拘束され、SMプレイを撮影するというのは(しかもM男向けの内容なのに)体力的にも精神的にもかなりキツいことなのですが、Mr.T さんは快諾してくれました。

 ちなみに、北川プロの場合M男優やスタッフは無報酬ですが、交通費や宿泊が必要な場合にはホテル代の他、当日の食事など、必要経費は出ています。

 主役の女王様ではなく、先にスタッフまわりから固めるというやり方からして、従来の北川プロの製作スタイルとは異なる方向で動きだしたこのプロジェクト。
 
 今僕の頭の中にあるのは、ハイレベルな女王様のイメージを、映像技術的にもクオリティの高い条件で記録し、構成することです。

 その条件はほぼ整いつつあります。

 あとは、いよいよその「ハイレベルな」女王様を誰にお願いするかという段階になってきました。

 






m(_ _)m

ランキング







[ 2010/05/21 01:37 ] もしヘタレMが北川プロの作品を監督したら | トラックバック(-) | CM(4)

アンケートご協力のお願い 

 皆様、もしよろしければご協力お願いします。

 深い意味ありませんので、お気軽にどうぞ!











 ・・・・   m(_ _)m

ランキング




[ 2010/05/20 21:40 ] トピック | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

19位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ