FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

背中に座られる時 

お馬さんごっこ_イサム_cover

 SMプレイでは女王様が全裸になることはありえないと前に書きました。

ファッションで見る顔面騎乗


 しかし、お馬さんごっこに関してだけは許されるのです ^^

  
↑ そんな勝手な、あまりにも勝手すぎる


 
お馬さんごっこ_イサム3_L

 全裸女王様の馬になるというのは、M男垂涎の夢であります。

 馬がパンツはいてるのもなんだかおマヌケでいい。

お馬さんごっこ_イサム2

 女王様の楽しそうな笑顔がいいなぁ~...

 やっぱり、お馬さんごっこですよ、SMは。


外国のお馬さんごっこギャラリー






【憧れの一瞬ギャラリー】


人間便器 ■ 人間便器にされる時

首輪 ■ 首輪につながれる時

命令される時 ■ 命令される時

自然に帰る時 ■ 自然に帰る時

顔に座られる時 ■ 顔に座られる時

鞭で打たれる時 ■ 鞭で打たれる時




m(_ _)m

ランキング



■ NHKの変態講座
NHKの変態講座








[ 2010/05/31 14:21 ] 憧れの一瞬ギャラリー | トラックバック(-) | CM(4)

サド裁判 

 この事件で広まったバカみたいな迷信は、

  「女の人を鞭で打つような小説を書くのは犯罪だ」

  というようなことです。子ども心に当時の僕はそう思いました。

 いやつまり、子どものくせに僕はそういう迷信には懐疑的だったのです。

 サドはいいこと書いてるのに、なぜ悪者になるのか? と思ってました。
   (実際に悪者にされたのは出版社と翻訳した澁澤龍彦)


朝日新聞 2010年5月28日付夕刊サド裁判

*クリックで記事全文拡大表示



 昔、父の書斎に「チャタレイ夫人の恋人」の初版本がありました。

 小学生の頃、母から「これは発禁本だから読んじゃだめ」というような話を聞いたことがあり、強烈な記憶に残っています。

 そんなこともあって、サド裁判の事件(悪徳の栄え事件)も、マゾとかサドの言葉はまだ意味不明ながらよく覚えています。

 サドの著作を読んだのは、実はつい最近になってからなのですが、僕はマゾだから、サドの文学的な功績を評価はしても、その作品を読む気にはなれないでいました。

(というか、マゾヒストは読まなくてもいいよねって思っていました)

 偏見や先入観と言われても仕方がないけれど、おそらく一般の人も、変態でない人(つまりSMに興味のない人々)だってそう簡単にサドの「悪徳の栄え」を読もうとは思わないんじゃないかな。

 僕が初めて読んだのは2年ほど前で、ちょうど澁澤龍彦没後20年ということもあり、美術展やイベントなどのドサクサにまぎれてようやく読んでみたのでした。

 ずっと気にはなってはいたのに、読まなかったのは、サド裁判の弊害だったと思いたい。

 今さらではあるけれども、もっと早くに、こだわりのない気持ちで読んでおけばよかったと、思います。

 正直なところ作品的に僕の好みのタイプとは言えませんが、想像していた以上には面白かったし、ある種の感動があったのも事実です。
  
 なぜこれが裁判沙汰になるほど騒がれたのか本当に不思議に感じます。

 内容ではなく「騒がれた」という歴史には、意味があったのでしょう。

 児童ポルノがらみで表現の自由に関する報道をみていても、芸術か猥褻かという議論があまりにも虚しく響く今、

 再読の価値はあるでしょう。

 そして、ドSとかドMとか言ってる人はともかく、SMについて何かを表現したり考えたりしようとする人は、読んでおいて損はない。

 ちなみに「毛皮を着たヴィーナス」が日本で初めて出版されたのは昭和23年。戦後の混乱期で裁判どころの騒ぎではなかったのでしょうか。チャタレー事件はその5年後でした。
 
 「毛皮を着たヴィーナス」は昭和32年に佐藤春夫訳で再び発行され、これで少し有名になりましたが、

 女性が男性を鞭打つというシーン

 はそれほど話題にはならなかったようです。

 サド裁判のずっと後になって文庫化もされた種村季弘訳が出版されました。

 もしも「毛皮を着たヴィーナス」が猥褻罪で糾弾され

  マゾ裁判

   みたいなことになっていたら、M男の人権はもっと悲惨なものになっていたかもしれない....

 と考えると、なぜかワクワクしてしまいます。



悪徳の栄え〈上〉 (河出文庫)悪徳の栄え〈上〉 (河出文庫)
(1990/10)
マルキ・ド サド

商品詳細を見る



【関連エントリー】

■ 毛皮を着たヴィーナス



m(_ _)m

ランキング




[ 2010/05/30 10:06 ] 報道 | トラックバック(-) | CM(4)

A conversation with Ryoko Kitagawa 

If_hM_Bar

日本語訳



北川繚子_sRyoko:Homer, you 're not familiar with our earlier films are you ?

Homer_shomer:No I 'm not.

         Actually, I only got to know Kitagawa PRO after No.120...


北川繚子_sRyoko:It was about the time of Mistress Rie Asagiri...

Homer_shomer:A lot of Mistresses made them debut one after another.

      That was a golden era.


北川繚子_sRyoko:I did facesitting a long time ago, myself.

Homer_shomer:Oh yeah, It was called smothering or butt assault.


ビデオカタログ「女王様とマゾ奴隷」より  ⓒ 北川プロ      
No_54「ザ・顔面騎乗」



北川繚子_sRyoko:I put the term "Facesitting" on the title No.54 for the first time.

Homer_shomer:I remember that was fantastic!

北川繚子_sRyoko:I'm afraid you would not see this....

        Anyway it was kind of usual to sit on the face in bare butt at that time.


Homer_shomer:You mean tongue service.

北川繚子_sRyoko:There has to be more of a relationship between the Mistress and the slave

Homer_shomer:I see. It's totally different from facesitting on wearing panties.

北川繚子_sRyoko:Young mistresses don't like the style these days.

       Seems like they would not even consider it as BDSM.


Homer_shomer:At the end of the day, it comes down wheather they admit or not the slave

北川繚子_sRyoko:Whipping is more easy. It's about distance from the skin.

Homer_shomer:So you want to say facesitting is special, right ?

北川繚子_sRyoko:You can not do this with someone you do not know so well.

Homer_shomer:I guess so.

Appendix by S:Homer makes a pun on the word "shiri" meaning know and bottom.

北川繚子_sRyoko:Especially, in the case of bare butt facesitting

       the slave must be chosen for that.

      On top of that, it must be special reward for the slave.


Homer_shomer:You mean that it can't be done instantly, that would be the wrong way?

北川繚子_sRyoko:A certain relationship with your mistress has to be developed.

Homer_shomer:Okay, but that's the main point is I want to get rid of the restraint.

北川繚子_sRyoko:You just would like to pursue your desire, wouldn't you? ( ̄∀ ̄メ)

Homer_shomer:That's not true. I want to show the most essential thing.

北川繚子_sRyoko:You mean the essential is your desire (laughing)

Homer_shomer:Anything essential is invisible to the eyes.

北川繚子_sRyoko:That makes no sense.

Homer_shomer:Can I ask what the desire of Mistress?

北川繚子_sRyoko:Ultimate domination.

Homer_shomer:You can get it by sittnig on the male face.

北川繚子_sRyoko:It's not so good because the slave is having fun.

Homer_shomer:I'm telling you they are suffering. Smell bad.

北川繚子_sRyoko:But that's what you want !

Homer_shomer:Oh no. I don't like pain.

北川繚子_sRyoko:Again! you make me sick!! バキ/☆( 。。)

Homer_Doh





*There were some soft pieces in the Kitagawa Production.

No_15

*This is sold out。





 ・・・・   m(_ _)m

ランキング




[ 2010/05/30 01:16 ] もしヘタレMが北川プロの作品を監督したら | トラックバック(-) | CM(2)

別の日の会話 

If_hM_Bar
English version



北川繚子_s北川繚子:homer さんは私の出演作とか、北川プロ初期の作品は知らないでしょう?

Homer_sホーマー:見てません。実際に買い始めたのは、作品 No.120番ぐらいからかな。

北川繚子_s北川繚子:朝霧リエさんの頃ね。

Homer_sホーマー:新しい女王様が次々とデビューしてきて、勢いのあった時代です。

北川繚子_s北川繚子:私も昔は顔面騎乗をけっこうやっていたのよ。

Homer_sホーマー:あの当時は、尻責めとか、顔面圧迫という表現でした。


ビデオカタログ「女王様とマゾ奴隷」より  ⓒ 北川プロ      
No_54「ザ・顔面騎乗」



北川繚子_s北川繚子:題名で顔面騎乗というのは作品 No.54(1988年)で初めて使いました。

Homer_sホーマー:あれ、最高に面白かったです!

北川繚子_s北川繚子:ご覧になってないと思うんですけど、当時は素尻が普通だったの。

Homer_sホーマー:素尻(すしり)... または生尻(なまじり)、つまり舌奉仕ですか。

北川繚子_s北川繚子:その奴隷との関係性がものを言います。

Homer_sホーマー:下着をつけての顔面騎乗とは意味が違うわけだ。

北川繚子_s北川繚子:今の若い女王様は嫌がりますね。

         顔面騎乗自体を認めていないところがある。


Homer_sホーマー:最終的には、そのM男を認めるかどうかですよね。

北川繚子_s北川繚子:同じプレイでも、鞭で打ったりするのとは、距離感が違ってくるんです。

Homer_sホーマー:顔面騎乗というのは、SMセッションの中でも特異な世界だと。

北川繚子_s北川繚子:よく知りもしない相手に、顔面騎乗はなかなかできないことです。

Homer_sホーマー:よくもしない相手(笑)

北川繚子_s北川繚子:特に素尻での顔面騎乗は、相手を選びます。

      奴隷にとっては最高のご褒美にもなるわけだし。


Homer_sホーマー:だからイキナリの顔面騎乗は邪道だとおっしゃりたいのですね。

北川繚子_s北川繚子:ある程度の信頼関係のプロセスが必要だと思います。

Homer_sホーマー:それはわかりますが、だからこそ、あえてそういうのをとっぱらいたい。

北川繚子_s北川繚子:そうやって、自分の願望だけを追求する ( ̄∀ ̄メ)

Homer_sホーマー:違います。核心部分を抜き出すことで、もっと大切なことに迫るのです。

北川繚子_s北川繚子:大切って、それが自分の願望なんでしょ (笑)

Homer_sホーマー:大切なことは、目で見えない。

北川繚子_s北川繚子:すごくわかんない。

Homer_sホーマー:じゃあ、お尋ねしますけど、女王様の願望って何ですか?

北川繚子_s北川繚子:究極の支配、征服感でしょうか。

Homer_sホーマー:男の顔の上に座ることで、それは達成されるのでは?

北川繚子_s北川繚子:奴隷が喜んじゃっているのはよくない。

Homer_sホーマー:いえ苦しんでいますよ。息苦しいし、臭いし

北川繚子_s北川繚子:でもそこがいいんでしょ?

Homer_sホーマー:そんなことないですって。痛いのや苦しいのはダメなんです。

北川繚子_s北川繚子:またそのオチかい。バキ/☆( 。。)

Homer_Doh





*北川プロにも、ヘタレM向けのソフトな作品はかつて存在していた!!

No_15

*この作品は廃盤だそうです。北川プロの作品は再プレスされませんので、在庫がなくなればそれまでです。





【関連エントリー】

■ ある日の会話

■ ヘタレMが北川プロの作品を監督したら

■ 女王様という名の女優

■ キャスティング

■ 北川繚子

■ スタッフ編成

■ S男性のカメラマン





 ・・・・   m(_ _)m

ランキング



[ 2010/05/29 10:00 ] もしヘタレMが北川プロの作品を監督したら | トラックバック(-) | CM(6)

ペーパーバック 

eroticonJustice

 高校生の頃、英語の勉強によくペーパーバックの原書を読んでました。

 自分が一番興味のあるものを選んで読みなさいと先生に言われて最初に買ったのがこれ。

 表紙買いですな ^^

 この当時、日本のSM雑誌にもここまで洗練されたビジュアルは見られませんでした。

 テーマ以前に語彙力の問題で、最初はほとんどまともに読めません。

 しかし、どんなことが書いてあるのだろうという強い好奇心から、辞書とにらめっこしながら読んだものです。

なぜか買うのは、打たれたいわけでもないのに「後ろ姿に鞭」という表紙が多かった。

pb

右上にベラスケスの「鏡を見るヴィーナス」が見えます。
このような絵を飾っているミストレスの部屋でなら、鞭で打たれてみるのもいいかもしれません。



 わからなくても先生に質問に行けないし、想像力が培われました。

 このおかげで難しい英語の長文に対するアレルギーが軽減され、読解力はついた。

 英語の偏差値は高校入学時に平均55ぐらいだったのが、1年後には70ぐらいまで上がってました。

 期末テストの点数と違って、標準偏差というのは短期間でこれほど激的に伸びるものではありません。

 文法や英作文なら多少のつけ焼き刃がきくものですが、英文解釈や長文読解力の場合は、ひたすら読み込むしかないのです。

 辞書を使わないで100ページも読んでると、知らない単語があってもストーリは追えるようになります。

 最初のうちはわからないことが多すぎてストレスがたまるんだけど、やがてそれが苦痛に感じなくなる。

 だからマゾヒズムに通じるようなところがあり、このやりかたはM男君に絶対おすすめできますね。

 英語の成績で悩んでいる若い人や、TOEICや英検など目指しているような人には、マジでこの方法は有効です。会話力も飛躍的に向上します。

 勉強のためにつまらない英文を無理して読むよりも、楽しみながら読めるようになれるほうがずっといいでしょう。


Female Domination - Short Stories: Vol IFemale Domination - Short Stories: Vol I
(2009/03)
Constance Pennington Smythe

商品詳細を見る



 Sardaxの新刊か?と思ったらそうではありませんでした。

 著者は女性で、ブログによればライターや編集の仕事をしているようですが、元ミストレスです。

 お決まりのFemDomストーリーで、ちょっとSFっぽいところもあり、星新一のショートショートのような構成。

 各話に1枚、Sadaxの挿絵もおしゃれです。

 


 ・・・・   m(_ _)m

ランキング




[ 2010/05/28 14:36 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(0)

ファッションで見る顔面騎乗 

ジーンズガンキ

 顔面騎乗は着衣姿がいいのか全裸であるべきか?

 この問題はきわめて基本的であるにもかかわらず、あまり話題となることがない。

 そんなのどっちでもいいし、なし崩し的に両方やってますというのは間違いだ。

「どちらも」というのは気持ち的にはわかるが、

 必ずどちらかに決めておかないと、 あとで問題となる。

 クンニの好きなM男は生尻がいいだろうし、パンストのような特定の素材越しにこだわるフェチもいる。

 圧迫感、被虐感がメインで舐めたくない人は、着衣での顔面騎乗を希望するだろう。


フォルム
 世の中にはジーンズでガンキされたいM男もいる。
 
 しかし、やはり顔面騎乗の醍醐味はお尻にあるわけで、お尻の形や質、匂いや肌のスベスベ感、もちもち感がわかる程度の肌の露出は必要だ。

(全てのSMプレイに言えるが、女王様がヌードになるのは好ましくない)

 基本はCFNMで、たとえクンニやアナル奉仕が「あり」の場合でも

 女王様は上半身に何かを身につけているべきなのだ。

( ↑ 「べき」というほど断定的に言わなくてもいいのに ^^;;;)

 ただほとんどのM男は女王様のヌードにはあまり関心を持たないので、これが問題となることは滅多にない。

 時々、SMクラブのFAQに「女王様はヌードになりません」というのを目にするが、

 わざわざ断り書きしなければならないほど勘違い客が多いのだろうか。

 SMクラブで女王様のヌードを期待するなんて、言語道断である。

ファッションとして顔面騎乗_Yuka_3

 オーソドックスな顔面騎乗というのは下着をつけての形式になると思われる。

ファッションとして顔面騎乗_Yuk_2

 生尻が許されたとしても、上半身は絶対に着衣であるべきなのだ。

( ↑ 「絶対」というほど決めつけなくてもいいのに)


 ここで重要となるのは、チラリズムではないけれど、 

「お尻や太ももは見えるが、局部は見えない」という点にある。(お尻とはアナルではなくほっぺた部分のこと)

全裸顔面騎乗_大

 大切な部分は目で見えないほうがいい

 顔面騎乗がリクエストされた時点で、そこには局部奉仕や舐め舐めプレイ?の可能性が言外に示唆されているわけで、わかっている女王様ならM男側の希望に沿うようなかたちでセッションを組み立ててくれるものだ。

 SMクラブによってはオプションにして別料金にしているような店もあったけれど、基本的には女王様の個人的裁量の範囲であり、M男の頑張り次第とも言えるし、なりゆき次第みたいなところもある。

 ノーセックス、ノーヌードが大原則のSMクラブにおいて、あまり野暮は言いたくないではないか。

 何も言わなくても、全裸で顔面騎乗をして下さる女王様もたまにいらっしゃる。

 礼節を重んじるマゾヒストであるならば「脱がないで下さい」というべきであろう。

 
僕は言わないけど ^^  (。。)☆\バキ


 最終的に全裸での顔面騎乗にたどりつくとしても、最初はパンティ越しで、着衣状態から少しずつ肌を露出していくプロセスが重要だと思われる。

 ただし、例外が一つだけある。

ファッションとして顔面騎乗_Yuk_5

 女子高生が女王様の場合、脱ぐのならパンティだけにして頂いて、ルーズソックスや靴は履いていてもらいたい。

 どうでもいいか、そんなコト。


【関連エントリー】

■ 顔面騎乗の美学





[ 2010/05/27 16:49 ] 顔面騎乗探求 | トラックバック(-) | CM(10)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

14位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ