fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

月別アーカイブ  [ 2010年07月 ] 

女装とマゾ 

 女装にはかなり古い歴史と伝統があります。

女装と日本人 (講談社現代新書)女装と日本人 (講談社現代新書)
(2008/09/19)
三橋 順子

商品詳細を見る


 僕に女装の趣味はないのですが、コスプレ趣味というか、変身願望みたいなものはあるかもしれない。
 
 学生時代に演劇をかじっていたこともあって、舞台上で違う人間になるというのは快感であり、メーキャップでかなりスイッチが入ることは肌で理解しているつもりです。

 化粧やコスチュームによる外面の変化が、人間の内面に及ぼす影響の深刻さというのが面白いなと思いました。

 女装はこれに「性の変化」が追加される。

 しかし、女装が好きだからといって、男が好きとは限らない。

 逆に女装はしないけれど、男が好きという人もいる。これがゲイ?

 あるいは女装が趣味なだけで、内面的な性は男のままという場合もあるのでしょう。

 以前SMクラブで強制的に女装メイクされ、女の子の下着もつけさせられてプレイしたことがありますが、その時なぜか、無意識に女の子の言葉づかいになっていた自分に驚いたことがある。

 普通(?)なら「お許し下さい、女王様」って言うのに、その時は、

「あぁ~ん、おやめになって...」とかなんとか、普段は絶対に持ってないボキャブラリーが登場する。

 つまり内面的なジェンダーが女性になり、対象は女王様だから、いきなりレズになってしまった。

 だけど、これは普通(?)の同性愛とまたカテゴリーが違うような気がする。

 そもそも性同一障害は、病気なのか、変態なのでしょうか。

 一瞬でも、おねえ言葉を無意識に使ってしまう自分っていったい...?

 以前にも性倒錯 というエントリーで同じことを書いてますが、

 「おかま」や「ホモ」、「ゲイ(レズを含有)」、あるいは「バイ」とか、最近では「女装子ちゃん」などという表現もあり、それらの区別はビミョーであり、曖昧です。

 ストレートな人間からすると、正直よくわかりません。

 一つだけ僕が大きな声で言いたいのは、

「異性が好き!」 という部分で、

僕にとってヘテロセクシャル(異性愛)は絶対に譲れない最後の砦みたいなものなのです。

 いくらマゾでもニューハーフの女王様はちょっと勘弁して下さいっていうか、ダメなんです。逝ける人もいるみたいですが・・・

 そして、なんとニューハーフのマゾもいるんですね。これはホモでマゾとはまた違う世界らしい。

暴虐調教

今回北川プロから同時発売の新作には、ニューハーフMが登場します!


 北川プロの新作「暴虐調教」に登場するM役の彼(彼女?)は、普段はSMクラブにM女として登録し、男性客とプレイをしているのですが、麗子女王様の大ファンで、北川プロにM男優(女優?)として応募してきました。

 つまりこの人にとっての日常はヘテロセクシャルですが、撮影時にレズになる。

 う~ん、ますますワケがわからなくなってきます。

 この作品では、いちおう女王様がM男を責めるシーンが見られるわけですが、素直に喜べない倒錯性があるような気がします。

 麗子女王様の調教は完璧で、お相手がどんなヘンタイだろうと安心して見ていられる。

 内容的にはけっこうハードなのでヘタレの僕にとってはキビしいシーンもありましたが、従来の北川プロらしいスタイルを維持しつつ、新しい倒錯美を狙った意欲作に仕上がっています。
 



【関連エントリー】

■ ホモとマゾはどちらがヘンタイか?

■ レズとS女はどちらが変態か?

■ マゾとサドはどちらがより変態か?


ランキング





[ 2010/07/11 11:46 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(5)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

5位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング