fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

月別アーカイブ  [ 2011年07月 ] 

サディスト仮面 

 自分の性癖を開き直ってカミングアウトしてくるブログもあれば、心なしかウシロメタイ気持ちを引きずりながら綴られているのもあります。

 僕も最初は、ためらいがちに恐る恐る書いてました。 (ホントだよ~)

 5年もやってると、だんだん慣れてきて、大胆になれるものですが、心の奥底に残るコンプレックスから解放されることは、ありません。

 こんなクレイジーな願望や妄想の好きな自分は、やはりどこか異常なのだ。

 しかし一方で、僕はこんなことも考えている。


 男はみんなマゾである。


 フランスの哲学者で Femdom 論で有名な ボーヴォワールも言ってます。

「人はマゾに生まれない、マゾになるのだ」と 

*(「第二の性」) ↑ ウソつき (。。)☆\バキ Femdom でなくてフェミニズムだ!






 このブログの読者にS男性はいないと思うので言うと、S男も一皮むけばマゾになる。

 女性に虐められる快感というのは、世界人類に普遍的なものなのだ。

 かっこワルイとか、自尊心が邪魔してなかなか認めたくないと思われるが、心の底では、M女を虐めるように自分も虐められたいと願っているに違いない。

 アインシュタインの言葉にも「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクション」というのがある。

 自分が被虐の立場に追い込まれた時の喜びを知らないだけなのだ。

 ある意味で、とてもかわいそうな人種とも言えるかもしれない。




 全ての男はサディストの仮面をかぶったマゾヒストなのである。


 最近、時々思う。

 自分は天然でMでよかった!と。  (いや、やっぱよくないかも?)


それに、仮性だし・・・ (>_<)



【まったく関連のないエントリー】


■ もし、M男に普通の彼女がいたら?



[ 2011/07/07 12:56 ] たわごと | トラックバック(-) | CM(7)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

5位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング