fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

月別アーカイブ  [ 2012年03月 ] 

目ちから 


黒い帽子のベルト・モリゾ Berthe Morisot with a Bouquet of Violets (1872年)


 エドゥアール・マネの描く女性のまなざしに惹かれます。

 女性とのアイコンタクトが苦手な僕にとって、マネのモデルたちの「目ちから」には圧倒されつつも、気がねなく見つめられる心地よさみたいなものを感じます。

フォリー・ベルジェール劇場のバー
フォリー=ベルジェール劇場のバー (1882年)


 気高く、意志が強そうで、どこか寂しそうな表情。


草上の昼食 (1863年)


 「草上の昼食」はサロンで落選し、物議をかもした有名な作品です。

 ナポレオン3世が落選展を主催し、そこでスキャンダルを巻き起こした。

 この裸の女性のカメラ目線に、当時の人びとも僕のような気まずさを感じたのでしょうか。

SubT_Manet_Olympia.jpg

 そしてついにサロンに入選してしまった歴史的な問題作がこの「オランピア」

 オランピアとは、モデルになった娼婦の源氏名で、彼女はマネの愛人でもありました。

 美術史上初めて描かれた娼婦の絵は、「草上の昼食」以上のインパクトを社会に与えました。

 彼女の目ちからも、「私の奴隷になってみる?」と言わんばかりに見えます。

 ヴィーナスのパロディとして娼婦を描いたことが、芸術を冒涜していると非難されました。

 しかし、それは芸術ではなく、娼婦を冒涜したものでした。

 現代の日本で、日展や二科展に風俗嬢をモデルに応募したらどうなるのでしょう。

 ひと目でそれとわかるよう、SMクラブの女王様がM男に顔面騎乗をしている姿が妖艶に描かれていたら...

 芸術的に認められれば、院展にでも入選できるでしょうか...

 

 そろそろ

顔面騎乗が真の芸術のテーマとして認められ、


 ユネスコの文化遺産 


  に登録されてほしいものです。







 




[ 2012/03/22 00:48 ] 美術 | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

5位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング