FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

どんなご縁で 

どんなご縁で

 イトーさんのブログが逝ってしまいました。

 突然ブログが閉鎖されるのはよくあることですが、今回のはちょっと寂しい。

 ネット空間からアクセスできなくなるだけとはいえ実質的には関係性の消滅を意味します。

 リアルな人間関係にだって、同様のことは起こりうるものですが、これからもお友達でいたいのに、わざわざ縁を切るという宣言がなされるわけで、これはツライです。

 だからといって、アポとって会ってお茶を飲むというところまで、なかなか持ち込めないような気もするし....

 ネット社会の発展は、人間の関係性を微妙に変えてきたように思う。

 例えば、最近は何かちょっと気になることがあっても、人に直接、気軽に質問しにくいんです。


ググってみれば?(Googleする=ググる)  

  
 つまり

  ネットで検索すれば?  

 などと、たいていこう言われてしまうのです。

 メールやBBSで書かれるならともかく、目の前でそう言われるとなんとなく凹んでしまう。

 ちょっとそのネタで会話してみたいだけかもしれないのに、それが拒絶されたかのような気になる。

 (つまり、それは婉曲的に拒絶されたのであろう、僕という個人が...)


 インタラクティブで豊かなコミュニケーションを実現したかに見えるネットワーク・ツールは、現実には空虚なムードや会話も同時に生み出してきた。

 誰につぶやいているのか意味不明なツイッター。

 横顔すら見えないSNSのプロフィール。

 本当に大切なことを口では言わず、どうでもいいことを何度もメールする。

 自分が興味あるものへの情熱をネットやウェブはサポートしてくれる一方で、

 その網は「無関心」というフィルターを他人に向けている。

 この「マゾ花」が典型的な例だが、自分の変態性をわかってくれそうな人たちにだけオープンな、ある意味では極端に閉じたブログだ。

 食べログや旅ログ、読書ブログや恋愛ブログなど、一般のブログにしても似たような思潮風土はある。

 同じコミュニティー内で親睦の輪を広げようとして、異端を排除するシステムなわけである。

 しょせん自分のことなど他人はわかってくれない。

 わかってくれそうな部分だけを共有しあって、他の部分はとりあえずスルーしておく。

 そうすることでお互いに傷つかず、なまぬるいがそれほど不快でもない動的平衡が持続する。

 肌と肌がふれあうような交流も、チャットや出会い系などで即座に可能となっているようだが、

 Wi-Fiや光ケーブルで繋がれた人間関係というのは、やはりどこか虚しいような気がする。

 きっかけとして利用し、その後しっかりとした絆が芽生えればそれにこしたことはないけれど、

 なんだかんだいって僕たちが生きているのは「今、ここ」しかないのだ。

 たわいない話とはいえ、二度とありえないその瞬間を、共有することのできる喜び。

 それは、時空を越えたかのように見えるネット社会においても同じこと。

 たとえ直接会うことは叶わなくても、ネットでアクセス可能ということは、いつかは会えるかもしれないという関係性の持続が期待できる。

 極端に閉じた世界でのこの種の関係性というのは、とても貴重なものだろう。

 そこにもやはり、「今、ここ」にしかない、かけがえのない絆が存在している。


 目に見えない絆を確認するためには、やはり顔面騎乗しかない。

 女性のお尻が顔の上にのっかった瞬間に、「今、ここにしかない」刹那が生起する。


 顔面騎乗は失われつつある人間性を回復させてくれる魂の故郷なのだ。

 そして人はいつか死ぬ。

 僕は女性のお尻の下で死にたい。


 あれ? なんの話でしたっけ(^^)

 
 なんとなく「イトー節」のような感覚で書いてみたつもりですが、あの名文がもう読めないなんて、本当に残念でなりません。

 きっといつかどこかで、またお目にかかれる日がくることを願っております。

 その日まで、お元気で、イトーさん!









[ 2012/09/24 18:16 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(3)

ある女王様の訃報 

神楽環

 M男には、実際にはプレイをしたことはなくても、心の中で崇拝している女王様というのが何人もいる。

 会いに行こうと思えば、会えるAKB48みたいなプロ女王様から、拝謁の不可能なカリスマ女王様や、はては実在しない脳内妄想女王様など、無数に存在する。

 直接は知らなくても、自分の中で勝手な思い入れを作り、偶像崇拝しているのである。

 ユリイカのゆ@様のダイアリーで知りましたが、まだ若く、とても魅力的で人気のあった神楽 環女王様がお亡くなりになられたそうです。

 僕は直接は存知あげず、ただ雑誌のグラビアなどで注目し、もしかしていつかご縁があったら...などと勝手な妄想をしておりました。

 故人を知る人たちの悲しみは計り知れない気がします。

 謹んでご冥福をお祈りいたします。


神楽環女王様





 
[ 2012/09/22 17:42 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

ゴッホ今泉の展覧会なウ 

ゴッホ今泉

 ピカソやゴッホと並び、今や日本を代表するイラストレーターとして世界に知られるゴッホ今泉氏のキッチュな展示会が新宿で開催中です。

 この人の画風はとても日本人が描いたとは思えないほどアメリカンでポップ。一般的な評価はもちろん、フェティッシュなコミュニティーでもすこぶる人気の高いアーティストだ。

 僕も彼のアンディ・ウォーホルみたいな筆致が大好きです。

 今回は絵の展示ではなく、彼が手がけたTシャツとガールズブリーフ(つまり女子のパンティー)を一挙公開するもの。

 デートの勝負下着ではないが、SMクラブやフェティッシュバーなどに着ていくと行くとミストレスの受けがいいかも。
 
 それよりなにより、自己のテンションがあがるのは間違いない(>_<) 

 フェルメール展みたいに混雑しまくりの展覧会より、このまったりしたギャラリーでデートするのもいい鴨かも川〜




[ 2012/09/10 10:56 ] トピック | トラックバック(-) | CM(1)

女は縛ると美しくなる 

伊藤晴雨フォト

 女は縛ると美しくなる


 確かにそうかもしれない。

 こんなことを言うから、戦後のSMはS男M女の世界に統一されてしまった。


高手小手縛り

 これは僕が言ったのじゃなくて、 伊藤晴雨 さんという、知る人ぞ知る日本緊縛史上のカリスマのお言葉ですので。

 すでに言い尽くされているのかもしれませんが、ノーマルな人でもたんなる女性ヌード写真よりは、緊縛写真のほうに興奮するものなのではないでしょうか。


高手小手縛り着衣
(着衣でも)


 それはやはり、縛られることによって女性の美しさ、魅力が倍増するからでしょう。

 だからM男が女性緊縛写真に萌えても悪いことはないはずです。

 などと別に今さら開き直らなくても、原体験(目撃)が女性緊縛写真だったマゾヒストは多い。

高手小手縛り_01
トラディショナルな高手小手縛り


 今でこそ男性緊縛写真も珍しくはないですが、昔のSM雑誌にはそういうのは皆無でした。

 だから、女性緊縛写真に己の姿を投影させるしかなかった。

高手小手縛り_02

 SM以外のアブノーマル系読者を想定した企画に時々男性緊縛写真やイラストが掲載されていたことはあります。

 しかし、どういうわけだか、緊縛されているからといって、女性ほど美しく思えない。

 というよりか、それで興奮できるものではありませんっちゅうの(>_<)

男性緊縛

 当時は写真のクオリティも悪かっただろうし、やはり美的観点から言っても女性緊縛写真のほうがレベルが上であったと思う。ゲイやホモ系の人々はまた異なる見解ではあるのでしょうけれど....

 現代のゲイ雑誌の男性緊縛写真はレベルが高いですね。

 興奮できるかどうかはさておき、少なくとも昔よりはかなりアーティスティックに見えます。

 緊縛写真の場合縄師の存在が重要となるわけですが、「縛られている」という絵的な要素だけで、すでになんらかの美的パワーがあります。

 フォルムとしての美しさが、なぜだか緊縛によってさらに強調されてしまう。

 確かに、伊藤晴雨も言うが如く、「女は縛ると美しくなる」わけです。けだし名言。

 しかし、男の場合はいかがなものか?

 ビジュアル的に美しく感じてしまうのは女性の身体であるということが大きいのだと思う。

 男性ヌードにも美しさはありますが、縛ると美しさがアップするとは(僕には)思えません。

 いや、このように言い直しましょう。

 M男 は、縛られると醜くなる。

 そして最近の僕は、美しい女性緊縛写真よりは、惨めで目を背けたくなるような男性緊縛写真のほうに、より昂奮するようになってしまったのでした....


高手小手縛り和服

 緊縛には和服がよく似合う。やはり日本の伝統文化という気がするne




【本記事を読まれた人は次の過去記事にも興味を持たれるかもしれません】


■ 男性緊縛美
樹里ふぉとぐらふ



■ 緊縛の芸
女性緊縛_1



■ 緊縛の女王・絹川文代



■ 縛師 Bakushi



■ 椋陽児  女性緊縛イラストの巨匠!



■ 女王様の地位向上の歴史



■ 拝啓クィンローズ様



[ 2012/09/01 12:43 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(6)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

23位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ