fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

月別アーカイブ  [ 2013年02月 ] 

聞けぇ!おまえら聞けぇ 

聞け!お前ら、聞け

 昔からこのブログには、嫌がらせや攻撃、アラシさんのコメントがよく入るのですが、先日ご紹介した「会田誠展」には、良識派?とも思える人たちからの強いお叱りのメールも届いております。

 いちいちお返事を差し上げることは致しませんが、ご注目頂きまして、ありがとうございます。

 ずいぶん昔に、「ハレンチ学園」「が子供に悪影響を与えるとか言い出したおバカな連中がいたことを思い出しました(^^)

「首輪の全裸少女」作品に市民団体が抗議

 こういった抗議をされる人たちは、どうして団鬼六氏の作品や「私の奴隷になりなさい」といった映画には寛容なのだろうか。

 しかし、性差別では?という指摘にはうなずける部分もある。

 なぜならば

「男が手足を切断され首輪をつけられている絵」

 をも会田が描いていれば、その指摘は当てはまらなくなるから。

会田誠 天才でごめんなさい


 そういう意味で会田は性差別論者なのかもしれない。

 んなコトは別にどうでもいいのですが、会田誠にしてみれば、もともとそういう世間的な常識やモラルを逆撫でするのが粋なのであって、「してやったり ( ̄ー ̄)ニヤリ」 といったところではないですか。

 タブーに挑戦という類いでなく、ギリギリのキワドイラインでもなく、

 最初っから、もう完全にアウト みたいなもんなんだから(^^;;;)

 これが銀座のヴァニラ画廊みたいにコジンマリとしたところで開催されていれば、アホ馬鹿な市民団体にも気づかれなかったのにと思う。

 あるいはスルーできたのかもしれない。

 森ビルという場所柄もさることながら、あの規模が、やはりインパクトあった。

 アホ馬鹿な市民団体はそれが許せなかったんじゃないかな。

 彼らの真意は

 「もっと目立たないところで、コソコソとやれ」

 というレベルでしょう。

 言うなれば、これはピカソやゴッホ並みの回顧展で、会田誠の才能というより企画力の凄さが際立つ展示会でもあると思う。

 僕のように、一面的な会田誠の芸術性を部分的にしか「鑑賞」していなかった輩にとっては、とても有意義な展覧会でした。

 性的なタブーやインモラルなコンテンツに関する世間の不寛容さはどこにでも常にあります。

 「春川ナミオ原画展」を北海道で開催するにあたって、とてもローカルなレベルで似たような(ちょっと違うかな?)プレッシャーを僕も感じたことがある。

 志摩紫光氏が「小妻容子追悼絵画展」を企画した際にも、同様の圧力がかかったというような話も聞きました。

 この種の(ヘンタイかゲージツかが微妙な)世界にご縁や免疫のなかった方々、特に若い人たちには、なんの先入観もなしに観に行って頂きたいものです。

 アホ馬鹿な市民団体には僕はこう言いたいです。

 観るな、お前ら観るな〜!


三島由紀夫
三島由紀夫

 「切腹女子高生」を三島ならどう評価したであろうか(>_<)




[ 2013/02/02 15:25 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(3)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

5位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング