FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

下手でもパワフル 

下手でもパワフルなFemdomアート_011

 絵やイラストを上手いと思うかどうかの評価は、主観的な要素も大きいので一概には言えませんが、明らかに技術的なレベルで「ナンダカな〜」みたいなのはけっこうあって、僕はわりとそういうのも好む傾向がある。


下手でもパワフルなFemdomアート_002


 Femdom系作品の場合、描き手の願望がイメージの本質であり、それを共有できる鑑賞者なら、絵の上手い下手はたいして問題にならない。

下手でもパワフルなFemdomアート_010


 ここで紹介しているのが、レベルが低いとは言いませんけど、春川ナミオやSardaxのような完成されたスタイルと比較するなら、やはりイマイチな水準とは言えるでしょう。

下手でもパワフルなFemdomアート_004


 それでも、人に言えない秘めたる願望を描くために、稚拙な技術を超えた表現力が、心の闇からわき上がってくる。


下手でもパワフルなFemdomアート_005


 もちろん、可能ならもっと上手に描いて欲しいなとも思うのですが、表現されている状況やポーズなどに

「うん、うん、ワカル、ワカル」

 と納得できれば、もうその作品には永遠なる芸術としての価値が生まれてしまう。


下手でもパワフルなFemdomアート_006


 リアルなCGから同人誌系のヘタウマにも、Femdomをモチーフとする表現には得体のしれない普遍性があり、どの作品にもパワフルなインパクトを感じます。


下手でもパワフルなFemdomアート_016

う〜ん、ワカルなア (>_<) 


下手でもパワフルなFemdomアート_009


誰でもこんなコトされてみたいよね


下手でもパワフルなFemdomアート_001

この作者は「毛皮を着たヴィーナス」の愛読者ではないでしょうかね〜(^^)


下手でもパワフルなFemdomアート_003



下手でもパワフルなFemdomアート_008

 実に様々なシチュエーションが描かれています

下手でもパワフルなFemdomアート_007

 顔面騎乗の構図にも、独特のこだわりや持ち味があるわけで・・・ 



tumblr_lfswte8XNW1qfghv3o1_500.jpg


tumblr_lgjrcaoTGH1qf7ykmo1_400.png

 これはなかなか芸術的。教会の祭壇画みたい。


tumblr_lhk8gvhN101qzkjyio1_500.jpg



tumblr_lgbqf2P8YN1qzkjyio1_400.jpg



tumblr_ln9839a2041qdelrro1_500.jpg




[ 2013/03/21 08:30 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(2)

Sardaxの電子ブック「毛皮を着たヴィーナス」発売 

Sardax電子ブック「毛皮を着たヴィーナス」表紙

 英国のFemdomアーティスト Sardaxが、「毛皮を着たヴィーナス」の電子ブックを出版しました。

 「毛皮を着たヴィーナス」は僕の愛読書でもあり、このブログでも紹介したことがありますが、Sardaxも以前からこの作品への習作をオマージュ的に制作しており、彼のウエブサイトでもすでに何度か発表されていました。

 今回は待望の新しいイラストとともに、キンドル用のE-Bookとして、Amazonなどで購入できるようになったものです。

 しかもSardax自らが翻訳を手がけており、世界的なFemdom挿絵画家による新解釈が見どころともなるでしょう。

 英語訳は僕も二つのバージョンを読んでいますが、日本語訳をすでに読んでいると英文による表現の違いについてはなんとなくわかるもので、Sardaxの新英語訳のほうが読みやすく感じました。
 
 英文解釈が苦手な人でも、Sardaxのイラストを楽しみながら、英語のよい勉強にもなると思います。



Venus in Fur sardax chapter 7




Sardax電子ブック「毛皮を着たヴィーナス」リンク




【関連エントリー】
*以下の記事で Sardaxのイラスト作品を何点か紹介しています。

Sardax ~英国紳士の描く上品なミストレスたち

■ 女王様の肖像画

■ 毛皮を着たヴィーナス

■ Sardax の世界

■ 顔面騎乗に市民権を与えた男



Sardax のオフィシャル・サイト

Sardax_banner

[ 2013/03/08 07:42 ] トピック | トラックバック(-) | CM(1)

ジロリの女 

ジロリの女_010

 坂口安吾といえば「堕落論」なわけで、僕はこれを読んでから、堕落してもかまわないのだというような気になり、事実、堕落した。

 まぁ、読まなくても堕落はしていたと思うけれども。

ジロリの女_012


 それ以前に、最初からもう、これ以上は堕ちることもできないほど堕落していた。

ジロリの女_014

 
「堕ちる」ことの快楽を知るには、堕ちる以前の、もしかしたら崇高だったかもしれない自分を意識できなければならない。

 この感覚はマゾヒズムと通じるものがあるなと思う。


ジロリの女_013

 武士道にも、天皇制も、日本文化にはマゾヒズムを受容する素地があったような気がする。

 沼正三が「ある夢想家の手帖から」の中で「ジロリの女」を紹介しているが、坂口安吾もマゾヒズムの理解者だったのだろう。


ジロリの女_015

 女性から見下されたように「ジロリ」と見つめられるのを不愉快に感じる人は、堕落することが出来ないのだ。


ジロリの女_016


ジロリの女_018


ジロリの女_002



ジロリの女_004


ジロリの女_007

ジロリの女_009



ジロリの女ジロリの女
(2012/09/13)
坂口 安吾

商品詳細を見る



■ 家に帰ると妻が必ず鞭を持っています



■ 家に帰ると妻が必ず女王様のふりをしています
pu_家に帰ると妻が必ず女王様のふりをしています



■ 家に帰ると妻が必ず死んだフリをしています



■ 家に帰ると夫が必ず便器のフリをしています




■ M男の審美眼





[ 2013/03/05 19:14 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(2)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ