FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

我がマゾ人生に悔いなし 

首輪で服従

 ここ数年フェティッシュ・バー関連ばかりで、しばらくリアルSMから遠ざかっております。

 リアルと言うのか、もともとそれほど経験豊富というわけではなく、実際にプレイするよりは、妄想で楽しむタイプなもので。

 もういい歳ですし、最近は体力的な問題も正直なところ、なきにしもあらず...

 しかし、マゾ・モチベーションだけは歳を重ねるごとに意気盛んになって逝きます。

 ふと気がつけば、僕が人生で初めてのSMプレイを体験してから、まもなく

 ちょうど30年 が経過しようとしている!!

 なぜわかるのかというと(それがいつなのかは特定秘密なので言えませんが)初SMは自分の誕生日に行ったから。

 10代後半までの僕にとって、SMは完全に個人的な妄想世界であり、実際に他者と行うためには、なんらかのきっかけみたいな口実が必要でした。


お尻舐めナメ
*写真と本文は関係ありません


 今にして思うと滑稽な話で、きっとそれぐらいの「祝祭性」を持たないことには、行く決心がつかなかったのでしょう。

 大学生になって年齢的にも経済的にも、そして精神的にも、いつでも行ける状況になってからすでに2〜3年は経過しており、予算も時間も心の準備も確保してから、実際に行くと決めるまでにもさらに2〜3週間悩んでいます。

 何も考えずにドピュッと逝けばいいのに、なかなか勇気が出なかった。

 それに当時はまだSMクラブという場所の信頼性にも疑問が残る時代でした。
 
 もしかしたらプレイ中に身ぐるみ剥がされて、本当の奴隷市場に拉致監禁されてしまうのでは?という恐怖心もマジであったのでした。

 何か危険な目にあいそうになった時「お誕生日だから」 という理由で

 勘弁してもらえるかもしれないなどという、ほとんど子どもみたいなことを本気で考えていた。

 もしプレイ中に何か酷いことでもされそうになった場合に「お誕生日だから」という理由で許してもらおうという保険(切り札?)の意味もあった。( ← なんだソレ?)

 あるいは「お誕生日だから」、そのお祝いのどさくさにまぎれてイイことをして頂けるかもしれない期待感も、全くなかったとは、自信を持っては言い切れないと、言えないことはなかったかもしれない。

 SM的には無知で、リアル知り合いもいなかったし、己の恥ずかしい願望に悶々と悩みに悩み続けていた青春時代が終わろうとしていました。

 これ以上自分の気持をごまかして生きていくのはもう耐えられないと、清水の舞台から飛び降りる思いで、初SMの予約の電話をかけたのです。

エリックスタイルの顔面騎乗
*写真と本文は一切関係ありません


 携帯電話のまだない時代、公衆電話からダイヤル式だったので、震える指先がうまく穴にはまらず苦労したのをよく覚えています。今と違って電話をかけるには段取りに少し時間がかかる。
 (リストから選んでワン・プッシュというワケじゃない)

 ダイヤルを回している途中で「やっぱりやめよう!」と何度も受話器を切ったりもしました。

 たかがSMクラブに電話するだけなのに、変な自分。

 これからただならぬことをしようとしている罪悪感のようなプレッシャーに胸が張り裂けそうでした。

 アホだよね、自分(>_<)

 当時の僕にとっては(今もだけど)、「たかがSM」ではなかった。

 とてつもなく大きくて、深淵で、神聖で、そして何よりも大切なコトだった。

エリックの体位_1
*写真と本文は一切関係ありません


 ためらいの本当の理由は、それをやることによって、何かを失うような気がしていたのかもしれない。

 想像しているだけなら「普通の人」だけど、実際にやってしまったら、人生が終わる。

 いや、人生終わらないまでも、少なくともその後の人生の何かが変わってしまうだろう。

 真剣にそんなこと思ってました。

 記念すべき初SMの記憶はおぼろげながらしか残っていません。


 しかし、確かにあの時から、僕の真のマゾ人生が新たにスタートしたのでした。

 あれから30年… いろいろなコトがあったけど(どちらかというと悪いことの方が多かったような気がする…)マゾとしてのどうしようもない人生に後悔はありません。

 痛かろうと、恥ずかしかろうと、我がマゾ人生に悔いはない〜♪

 素晴らしい人たちに出会えたし、少しはいい経験もさせて頂きました。

 我がマゾ人生30周年を記念し、自分自身への「ご褒美」として久びさのリアルSMにチャレンジしてみようと思っております。

 いや、別にネ、「誕生日だから」という理由で、何かへんな下心みたいなものはありませんから!

 いつ、どこで、誰とやるのかについては、特定秘密保護法により情報開示できません(>_<)



エリックの体位_2
*写真と本文は、本当に一切関係ありません!








[ 2014/05/29 20:46 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(8)

おめグミ調教 

おめグミ調教_01

 SMクラブに行っておきながらも、自分の願望をなかなか正直に言えなくて苦労してきました。

 女王様の方からは「恥ずかしがらずに、なるべく何でも言ってくれたほうがいい」という、ありがたいお言葉を頂くこともありますので、ダメもとで一応言うだけのことは言ってはみるんだけれども、ギリギリ最後に1%だけ残っている羞恥心が、100パーセントの本心を言わせてくれません。

 ここまで来て何を今さら恥ずかしがるんだ!と、恥を知る自分を褒めてやりたい(>_<)

 もともとマゾヒズムは矛盾だらけの意味不明な世界でもあるのです。

 それはともかく、ですから本当に好きなことはナカナカしては頂けず、苦手な鞭や緊縛などは、

 頼みもしないのにやられてしまう!

 さらに、それだけはやめてほしいというコトまでされちゃうのは何故なのか(>_<)

 おそらく女王様はよかれと思ってやって下さっていらしゃるのかもしれませんが、僕の中途半端な依頼内容が空回りして、誤解を招いているのでしょう。

 というよりも、僕の願望や妄想は、たわいもないもので、自分が感じているほど女王様が重要とは認識されていないのだと思います。

 やっぱり自分のコダワリは特殊でどうしようもないのだ・・・と昔から思っていました。

 エゴマゾのくだらないファンタジーは、いくら説明しても理解してもらえない。

 そんな超マイナー・プレイで、実現は不可能かと思われていたスタイルの一つが、なんと Men Are Slave という大手Femdomサイトでピックアップされていたので驚きです。

 最初に見つけたのは数年前ですが、つい最近も別バージョンがアップされていました。

 この妄想は僕だけの特定秘密としてオクラ入りにしようとずっと思っていたのでが、かようにオフィシャル(?)になったからには、思い切って情報開示してみようと思います。

 それは、「女王様のお尻からオヤツを頂けるプレイ」と、僕が勝手に名づけているのですが、市販のオヤツを女王様が食べながら、それをおすそ分けして頂けるというものです。

 女王様のお尻から・・・
おめグミ調教_02

 
 女王様がお尻の谷間の部分にビスケットをはめ込んで、それを奴隷が口で(あるいは舌で)ほじくりだすようにして頂く・・・

 このように文章でクドクドと書くと、ものすご〜く恥ずかしいけれど、既存の映像があればそれを解説するようなノリなので、心理的な負担がやや軽減されますね。

  いずれにしてもチョー恥ずかしいが(>_<)

おめグミ調教_03
 女王様のお尻に埋め込まれたオヤツを、M奴隷がじーっと見つめている。

おめグミ調教_05

 「さあ、お食べ」と、女王様のお許しが出たら頂くことができます。

 めったに見かけない珍しいプレイだったので(他にもどこかであったのかもしれませんが)Men are slaves のようなメジャーサイトでとりあげられたぐらいだから、このプレイは市民権を得たのだと、ちょっとうれしくなりました。

↑ M男に市民権なんてない!   (。。)☆\バキ


 今から思うと「それほどのことか?」とも言える生ぬるいプレイの一種なのかもしれません。

 しかし、黄金がNGの僕にとっては擬似的な被虐感をかみしめることができて、これは想像するだけでもかなり興奮します。

 一見「ゆるい」ように見えて、個人的には衝撃的なインパクトがあります。

 しかし、SMというか Femdomと言えるのか、どう言ってよいものやらわかりませんが、とにかく女王様にとっては

「ふざけんじゃないわヨ!と一蹴されそうな気がして、

 長年にわたって口に出せない、妄想の域を出ないプレイでした。

 実は数年前、清水の舞台から飛び降りるような勇気を出して、お慕いするある女王様にこのムービー(古い方)をお見せしました。

 やっぱり言葉では巧く伝えられなくて「こんな感じなんですが・・・」と、恐る恐るお願いしてみたところ、やっと実現してむせび泣いたものでした(>_<)

 一般的な顔面騎乗では、女王様のお尻が重力的にのしかかってきてツラいものがあるのですが(それはそれでいい部分でもあるが)、このプレイの場合は

 水平方向に 自分で力加減を調節することが可能 なのです。

 つまり縦ではなく、横の顔面騎乗。

 垂直方向に働く Femdom の支配力から一瞬だけ解き放たれ、

 女王様のお尻との スキンシップ が味わえる!

 モノが谷間の微妙な位置にあると、自分から顔をお尻に押しつけて、取り出そうと舌をさらに奥の方へと伸ばさなければならない幸福な屈辱感。

 奴隷が食べやすい(または食べにくい)ように女王様はお尻の筋肉を緊張させたりもします。

おめグミ調教_06

          ↑
 M奴隷が食べやすいように、女王様の方がこういう体制をとってくれるというのにも感動!

 優しい女王様は、口で取りやすいよう、食べやすいよう、谷間の先っぽの方に入れて下さるのですが、気持ち的には、なるべく奥の方へ設置(?)して欲しいのですが、そんな細かいところまではお願いできません(>_<)

 これほど女性上位や崇拝というラインからは遠くかけ離れたような概念を、マゾヒズムの文脈から表現するのは困難と思われていたのですが、こうして他者がやっているのを客観的に見ると、それほど難しいものではなかろうというのがご理解頂けるのではないでしょうか。

 
↑ わからんって (。。)☆\バキ


 いずれにしてもM男的にはアリエナイ貴重なプレイスタイルだと思います。

 このプレイをご快諾いただいた女王様の優しさとご好意には本当に感謝しております。

 その時はオヤツの中では僕の大好物であるフルーツ・グミを使って頂きました。

フルーツ・グミ

 グミの独特のあの「プヨプヨ感」が、女王様の柔らかくて透明感のあるお尻によくマッチし、ゼラチン質のほどよい摩擦係数は、アナルと谷間の間での安定感をささえてくれます。

 まさに女神様からのお恵みとも言える「おめグミ調教プレイ」と新たに名づけました。

 何か問題ありましたでしようか?





【顔面騎乗関連記事】


■ 人類の起源への郷愁  男はなぜ、女性のお尻の穴に惹かれるのか?


■ エリック・スタイルの顔面騎乗

エリックの顔騎_B


■ 初心者S女のための顔面騎乗教室

2010年末Top_010



■ 顔面騎乗の社会的評価  たかが顔面騎乗、されど顔面騎乗



■ 顔面騎乗の起源と歴史  意外と新しい顔面騎乗の歴史

StartAtNipplesFinishAtBalls.jpg



■ 現代思想としての顔面騎乗 レヴィ・ストロースも好きだったかもしれない顔面騎乗


■彼女に顔面騎乗をしてもらう9つの方法


■ 顔面騎乗の形而上学  普遍的な文化芸術としての顔面騎乗

■ 顔面騎乗の宇宙 人類に残された最後の謎、顔面騎乗ワールド


■ よくわかる顔面騎乗





■ ファッションで見る顔面騎乗

■ 顔面騎乗の美学
 
顔面騎乗はとてもストイックな美学の羞恥で、必ずしも性的快楽を目指すものではないのです。


■ 顔面騎乗に適したお尻とは?


*参考画像:形として顔面騎乗に適したお尻



■ 高貴な顔面騎乗

高貴な顔面騎乗


■ 幸福な顔面騎乗

■ 本当はツライ顔面騎乗 ま、そりゃそうだわな(^^;;;)


*参考画像:神様に感謝する顔面騎乗



■ 人間椅子

■ 顔面騎乗に市民権を与えた男

■ 試験に出る春川ナミオ

■ 試験に出る顔面騎乗

■ 試験に出るSM






[ 2014/05/26 20:40 ] 完全希望調教メニュー | トラックバック(-) | CM(4)

割礼と包茎の文化史 


キリストの割礼
キリストの割礼(グイド・レーニ 画、1640年頃)


 割礼については「旧約聖書」にその記述があることから、ユダヤ教信仰の一環という認識も多いようですが、古代ギリシアの歴史家ヘロドトスの「歴史」にも、古代エジプト人・エチオピア人も昔から割礼を行っていたと紹介されています。

 しかし、古代ローマやギリシアではそのような風習がなかったため、奇異の目で見られていたのかもしれません。

 その後、キリスト教の影響もあって割礼文化は西欧社会に広まっていきました。

 割礼、つまり今で言うところの「包茎手術」は、歴史的・宗教的・衛生的な理由を問わず、西欧社会ではわりあい「普通に」行われる一方で、日本ではそれほど普及していない観があります。

 ですから、

 「包茎チンポが虐められる」 という文化・風習は、

日本独特のもので、西欧社会ではあまり一般的ではない。

 というよりも、欧米の成人男子の包茎率が低いというのが、彼らがマイノリティとして迫害されずに生き延びてきた最大の理由でしょう。

 キリスト教徒はしばしば弾圧されてきましたが、包茎という理由で差別されたり、虐められることはなかったのです。

 そもそも、みんな恥ずかしがって言わないから本当のところ正確な数字が不明ですが、どうやって調べたのか日本人の包茎率は7割を超えるという統計データもあります。

 もしそうであるなら、日本人のマゾヒストの7割も包茎とも言えることになります。

 M男自体が少数ですから、その中に占める包茎マゾ男の密度はかなり高いと思われます。

 欧米男子のマゾヒストの包茎率は、これまで低いと考えられてきました。

 欧米のマゾヒズム願望の大きな項目にCBT (Cock Ball Torture)というのがあり、その映像数は膨大です。

 その中で「チンポ虐め」のイメージには、多くの場合、皮の剥けた立派なペニスが登場します。

 しかし近年、インターネットによる無修正画像の異常な「解禁現象」により確認されたのが、少数ではあるものの、欧米の成人男子にも包茎野郎が少なからず見受けられたという事実です。

 例えば、English Mansion というサイトにあるFemdom ムービーには、包茎のM男を虐める女王様の物語がありました。

tem60610-15.jpg

 少ないながらも、あっちにも包茎野郎はいた。

 画像の修正や不正ではなく、包茎チンポはあります!

 それでもBDSMというジャンルに限って言えば、少なくともFemale Domination(女性支配)というカテゴリーではやはり少数派なのが包茎チンポ。

 包茎チンポが女性にバカにされたり、辱められるという優れた伝統や文化は、日本固有のものであることを認めざるを得ません。

 国際社会におけるマゾヒストの包茎問題について、我が国は積極的に支援と保護の政策を打ちだし、彼らがもっと気持ちよく虐められる環境を整備していかなければならないでしょう。


包茎野郎



[ 2014/05/15 07:06 ] マゾヒズム概論序説 | トラックバック(-) | CM(2)

されたくない願望 



 だって、痛そうなんだもん(>_<)




 これぐらいなら、いいカモ(>_<)
tumblr_mezxo5v1Eq1ra163eo1_250.gif






[ 2014/05/14 16:09 ] 萌え画像 | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

23位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ