FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

万華鏡〜抒情と緊縛 

万華鏡_扉絵

 漫画雑誌「ビックコミック」で連載が始まった「万華鏡~抒情と緊縛~」(作・倉科遼/画・ケン月影)を毎週楽しみに読んでいます。

 これは大正時代の抒情画家、竹久夢二と、緊縛絵師の伊藤晴雨、そしてこの二人のモデルとして活躍したお兼(お葉)の物語で、かつて団鬼六が「外道の群れ―責め絵師・伊藤晴雨伝」( 幻冬舎アウトロー文庫)でも紹介しているエピソードが元になっています。

 個人的には待望の劇画化で、SM界隈でも大きなトピックになってもおかしくないはずなのに、今のところ誰も話題にもつぶやきにもされてないので、マゾのくせにけしからんと言われても、僕がここで紹介しちゃいます。

 タイトルの「抒情」は夢二を、「緊縛」は晴雨を象徴し、この二人を万華鏡のように見ると、さまざまな愛の色模様が見えてくるというメタメッセージが伝わってきます。

竹久夢二と伊藤晴雨

 緊縛がブームとなり、一般ノーマルな人々の間でも「SM」がポピュラーになったとはいえ、これまでさほど日の目を見ることのなかった伊藤晴雨の存在が強烈にクローズアップされケン月影がいい感じの絵柄で描いている。

万華鏡_シーン

 艶やかな和服美女を描かせたらこの人の右に出る者はいないと言われるケン月影は、その女を陵辱する男をグロテスクに描くことにおいても秀逸で、同じようなコントラストは近年亡くなった椋陽児にも通じる感性でした。



 ところが、今回登場する伊藤晴雨は、なんとも言えない愛嬌のあるキャラとして描かれており興味深い。

絵師・伊藤晴雨

 まるで「あしたのジョー」の丹下段平を彷彿させる伊藤晴雨と、「巨人の星」の花形満ばりの竹久夢二の確執は、劇画というフォーマットに落とし込むための、相変わらず見られるわざとらしいデフォルメにも感じられますが、そこは大ベテランにして伝統的な官能エロス劇画の巨匠であるケン月影の手にかかると、全く違和感はありません。

団平と花形


 自由恋愛の難しかった時代、いや、SMという文化や価値観すらあり得なかった時勢において、絵師という立ち位置からギリギリのところで女性を縛って写真を撮り、責絵を描き、当時はまだ認められなかったその芸術性と美を追求した日本近代SMの父と呼ばれる伊藤晴雨。

 彼の反逆的とも言える冒険がなければ、今の日本におけるSM文化の花は開かなかった。

 いや日本だけではない。

 「緊縛の文化史」の著者マスターKによれば、米国BDSMメディアの創始者、ジョン・ウイリーも、伊藤晴雨の責め絵や写真に影響を受けていたのだという。

 戦後の「奇憚クラブ」は、伊藤晴雨の弟子にあたる須磨利之による編集で革新的なSM雑誌へと変貌した。

 晴雨の撮影した写真や責め絵、文章が数多く掲載され、その後のSMメディアの先駆けとなりました。

 それらの雑誌が、当時日本に在住していた米国人によってジョン・ウイリーの手元に渡っていたのです。

 さらにジョンの編集するSM雑誌「ビザール」は、伊藤晴雨のDNAが交じりながら逆輸入されてくる。

 そして団鬼六や濡木痴夢男、明智伝鬼や雪村春樹、有末剛といった、SMの高度成長を支えたキーパーソン達にも、確実に伊藤晴雨のDNAが隔世遺伝していったのです。

 江戸時代後期の刑罰や拷問の歴史を研究し、その目撃者や生き証人から直接取材し、いにしえの緊縛(つまり広い意味でのSM)のルーツを知る伊藤晴雨は、近代日本SMの最重要人物です。

 劇画というフィルターを通してではあるものの、晴雨の生き生きとしたリアリティを垣間みることができるのが、なんとなく嬉しいのは、僕だけではないでしょう?

 むしろS男性の代表者である縄師の方々や、緊縛講習会などで縛り方を習っているようなS女性の卵たちにこそ、注目されるに値する作品だと思います。


【M男のくせにけしからん関連エントリーの数々(>_<)】


■ 伊藤晴雨  責め絵(女性緊縛絵画)のパイオニア!
伊藤晴雨フォト


■ SMのクオリア



■ 椋陽児  女性緊縛イラストの巨匠!


■ 女は縛ると美しくなる
 責め絵の巨匠・伊藤晴雨


■ 緊縛の文化史・日本人の知らない日本美
緊縛の文化史 表紙


■ マスター "K"の素顔に触れて
マスター



■ 緊縛の芸
女性緊縛_1



■ 縛師 Bakushi



■ 男性緊縛美
樹里ふぉとぐらふ



■ 緊縛の女王・絹川文代


[ 2014/08/28 07:36 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(4)

非リアルな感動 

 Realless という妙な名前のアーティストの作品に目がとまりました。

 lessというのは little の比較級で「より少ない」という意味が付加されます。

 直訳すると「現実感がより少ない」ということになるのでしょうか。

 下のイラストの現実感はともかくとして、僕の目を引いたのは、後ろの黒板に描かれている絵です!

 これは春川ナミオのスケッチからに間違いありません!!!

4f7495bbfb30bb0cb0738cace0d61a16.jpg

 以前「顔面騎乗に花束を!」の制作の時、これと同じ構図を実現しようとして、実はこのポーズは現実的でないことを実感したのでした。

海外で紹介された顔花


 ネット上では、無修正の生々しい画像が氾濫しまくっています。

 その中で最近特に目立つのが、3Dアプリケーションなどで作画されたデジタル作品。

 描画テクニックの水準も一昔前に比べると格段に上がっています。

1308fd14_reall.jpg

 イラストよりはリアルなようでいて、写真よりはリアリティがないような、独特に中途半端な感じは相変わらずだと思います。

 ネット初期の頃からPoserといった人体モデリングソフトを使ったエロティック画像が公開されてましたが、コンピュータ・グラフィックスであるがゆえの歪なエロスには、それほど感動はなかったものです。

 それが FemDom をテーマとする作品の場合には、逆説的な感動を覚えてしまうことがたまにある。


ccd527375cf465c950e4fa95ce1eb489.jpg

 以前「下手でもパワフル」でも述べましたけれど、CGだろうがヘタウマだろうが、そこに描かれている内容に主観的に興奮できれば問題ないのです。

 春川ナミオやSardaxのような、いかにも「2次元」といった画像にも似たような興奮は昔から感じていたのだけれど、3Dグラフィックならではのリアルさ(または非リアル?)感が、独特の官能美を生み出しているように感じます。

e586425c8b4f3af24ad8e3d936df554b.jpg


 Whipping Mistress(僕好み)でも、たまにCGによるFemdom画像が紹介されていますが、シチュエーションをイラストや写真よりもリアルに描くには、3Dデジタル表現は優れているみたいです。

 なので、シチュエーションに萌えるマゾヒストは、3DCGのやや不自然な違和感には目をつぶり、そこに展開する非現実的なFemdomファンタジーに心をときめかすことができるのでしょう。


リアルレス顔面騎乗




[ 2014/08/20 07:59 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(4)

戦争と平和とSMと 

戦争と平和

 毎年この時期にだけ、戦争とか平和について少しだけ考えているような気がします。

 普段は、それほど真剣には、考えていないのに。

 全く考えていないワケではないという免罪符も、SMのことを考えている時には通用しない。

 戦没者や被爆者、その遺族の人々には、SMのコトばかり考えている自分を

本当に申し訳なく思う(>_<)

ジャックバウアー


 堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、

 以てマゾヒズムの為に、女王様を敬わんと欲す



 平和な世の中だからこそ、SMを楽しむことが出来るのである。

 そういう時代に生きていることを、感謝せねばなるまい。


 どうでもいいか、そんなコト。


 僕が感じているのと同じようなことを、とあるSMクラブの女王様もお書きになられてました。
 
この日に思うこと


 ここまできれいには、僕には書けないのですが、全く同感です。

 本当は1年に一度ぐらいじゃ足りないかも。

 せめて、2回、いや3回ぐらいは考えよう!

 それからSMクラブに行っても、女王様から罰は当たらない?



【関連してるかどうか、よくわからんエントリー】

■ 戦争と平和

■ 終戦記念日


 




[ 2014/08/16 17:09 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(2)

ビンタされたい症候群 

 僕はしたことないけれど、されたことは何度かあります。(SMと関係なしに)

 小学生の頃、同級生のかわいい女の子と遊んでいて、なんかあると「ビンタするわよ!」とよく言われてた。
 
 実際にはなかなかしてくれませんでしたが、なんとなく好きなんですよね、これ。



ビンタされる時に女王様の胸がプルンぷるんと揺れるところが萌える(>_<)


 びんた(ビンタ)と言えば、親が子どもを躾けたり、お仕置きとしてのイメージが古典的ですが、最近は体罰や児童虐待などが社会問題化したせいなのか、以前ほど見かけなくなりました。

 僕と同世代かそれより上の人は幼少時にわりと親や教師などから普通にされていたように思います。

 気のせいか、昔の大人のほうが、権威というのか、威厳があったように感じる。

 今の軟弱な大人には、ビンタは出来ないのでしょうか。

 それでも浮気が発覚した時などの「最終兵器」として、大人同士ではたまに使われます。

 SMではスパンキングの一種として確立したジャンルであり、ノーマルな人でも、憧れの人からビンタされたいという愛好者(?)も多いのではないでしょうか。

 誰だって、好きな人からはビンタされたい ですよね?

 これは特にアブノーマル性癖とは言えない、

 きわめてまっとうな願望 なんだと思う。

 倒錯性という意味で顔面騎乗やお馬さんごっこほどではないにしても、やはり幼少時の屈折した思い出やトラウマが引き金となったリビドーの一つだと思う。

 しかし、プロレス技にもありますし、スポーツ感覚で健全に行うことのできる変態遊戯とも言える。

言えネーよ ↑


 サテンや革製手袋で平手打ちをして欲しいという人もいます。

 こうなってくるとフェチとの合わせ技で少し変態性レベルが高い。僕は素手派です。

 これは、例えば「手コキ」を手袋でされたいか、素手なのかという問題にも共通します。

 ビンタは手コキと違って(明らかに違う)、特に道具やシチュエーションを必要とせず、いつでもどこでも誰とでも気軽にやれる点がいい。

 
誰とでも気軽にできネーよ ↑


 女性の手のぬくもり感が一瞬で伝わるスキンシップであり、やはり健全と言えるでしょう。


↑ 言えないって (。。)☆\バキ 

 

ビンタ



[ 2014/08/11 21:08 ] マゾの手帳 | トラックバック(-) | CM(10)

ロマン・ポランスキー監督「毛皮のヴィーナス」 

毛皮を着たヴィーナス2014年映画

 これはもう見る前から必ず失望できると期待(?)できる。

 以前にも1969年に映画化されたバージョンのエントリーで述べたように、原作の小説に深い思い入れがあればあるほど、映画化された作品への失望は大きくなるという方程式は普遍です。

 もともとロマン・ポランスキーの映画はあまり好みのタイプとは言えず、その彼の三度目の奥さんである主演女優にも魅力が感じられない。

 というのは僕の偏見の入り交じった所見で、一般的には優れた映像作品であろうと予想されます。

 マゾッホの「毛皮を着たヴィーナス」をベースにした脚本で、どのような演出がなされるのか。

 マゾヒズムの新解釈が期待できるのか? そういった興味は尽きません。

 ところで、日本公開版のビジュアル・イメージには少しドキッとさせられて、ある思い出が蘇りましたので、今回はその哀しいエピソードについて触れてみたいと思います。

 一昨年、眼鏡(遠近両用)を新調したのですが、その翌日、シオラの周年パーティの2次会か何かで六本木のクラブに朝霧リエさんたちと行った時のこと。

 そこで、ある女王様にお立ち台のステージへと引っぱり出され、一緒に踊らされたのです。

 そういうのは苦手だったんだけど、女王様にバツの悪い思いをさせるワケにもいかず、

 僕は仕方なくデスコ」風 ダンスを踊りました。 

サタデーナイトフィーバー

↑ その時点ですでに女王様はバツの悪いをしてるっちゅう〜の!


 僕はノリは悪いけれど、マンボと、ブギウギダンスは踊れるんです!

 そのうち、ノリノリになった女王様が僕に馬乗りになったり、ちょっとSMっぽい振り付けで絡んできたりしたので、こちらもエキサイトして、というか空気を読んで自分の踊りを

 70年代デスコ から、90年代の Hip Hop・スタイル へと

 ヒート・アップしてみたら、ちょっと首を激しく回しすぎたはずみで眼鏡がフロアーに落っこちた。

 すかさず不幸なタイミングで女王様の足で踏まれてしまい!まさに映画のポスターのように眼鏡のレンズが砕かれたのです。

 もう20年以上愛用しているスイスフレクスというメーカーの、軽くて壊れにくい素材だったのに、木っ端みじんでした(>_<)

 僕も女王様も一瞬で素に戻り、彼女がステージ上で恐縮しきりに謝ってくれるので、僕は平然を装い(心の中では泣きながら)「まあ、これはなかったことにしましょう」と、また踊り続けたのでした(>_<)

 相手が女王様でなかったなら、つい恨み言のひとつでも口に出そうな局面ではあったのですが、意識的にスルーしました。

 この時の心情は実に複雑で、新調したばかりのお気に入りの眼鏡が壊れたことのショックと、それと同時にお気に入りの女王様の足で踏まれて壊されたことへの官能的な思いが入り乱れ、なんとも忘れがたい夜となりました。

 マゾヒズムって、こういう時にお買い得ですよネ!って、なんのこっちゃ(>_<)

 別にまぁ、どうってことのない思い出です・・・

 もう忘れてたんだけど、このポスター見てふと思い出しちゃった。


 どうでもいいか、そんなコト。



[ 2014/08/06 15:05 ] FemDom座映画劇場 | トラックバック(-) | CM(2)

M男を見抜くコツ 

ママが僕を甘く躾(イジメ)る理由(ワケ)

 M男性にはマザコンが多いというのが一般的な通説だとか(コン?)

 しかし、これは普通の男性にもあてはまるので一概には言えないと思う。

 多くの男性はマザコンだから、M男にもマザコンが多いというだけの話。

 つまりマザコンのS男性もいるわけで、M男だからといってマザコンとは限らない。

 ただ、サディストよりも、マゾヒストがマザコンである確率は高いのかもしれない。

 もしマザコンを見抜くコツというものがあれば、それはマゾを見抜くコツにも応用できそうです。

 アマルコルドの早川舞さんが、ズバリ「本当のM男を見分けるポイント」という記事を書いている。

 彼女の言うことが全て当てはまるとは思えないですが、まあまあいい感じの分析をしている。(この件に関してはいずれ本人にツッコミを入れたいと思う)

 マザコン野郎は本人にその自覚のない場合が多く、母親の過干渉を無意識に受け入れているだけで、それをことさら隠そうともしない点が痛い。

 それに比べると、マゾヒストは自分の性癖をよく自覚しており、普段はそれを巧みに隠そうと必死ですから、それを「見抜く」というのは、マザコンを見抜くよりは難しい気がする。

 フロイトによれば、多かれ少なかれ、男の子はマザコンに、女の子はファザコンに育つ(らしい)。

 マザコンは正式にはエディプス(オイディプス)・コンプレックスと言って、(ファザコンは「エレクトラ・コンプレックス」という)異性愛が前提です。

 少なからず女性にもマザコンはいるので、専門的なことはよくわかりませんが、SMの場合は同性愛もありますし、より屈折、倒錯しています。

 フロイトの学説を批判する気はありませんが、いずれにしても、子どもの成長に両親の影響が大きいのは当たり前で、それがSM気質の発生や取得にも関連があるのも当然です。

 だからといって、ファザコンの女性にS女が多いとかどうとか、そういう話にはあまりならないでしょう。

 例えばこういう話もよく耳にします。

 普段は全てに対して主導権を握りたがる(Sっぽい)男性が、性行為の時だけ受け身になったり甘えたがる傾向があるという。

 昔からよくある俗説に、政治家や医者にマゾヒストが多いというのもここから来てます。

 逆に、普段はおとなしく控えめな男がセックスの時だけ攻撃的になるとか。

 「Mだから、Sだから、〜である」というような定義は、あまり意味や普遍性がない。

 人には誰にでもMとSの両面があり、特定の誰かに対してMになったりSになったりする、というのが僕の持論、というか一般的によく言われていることです。

 つまり何かを根拠にして相手がMかSかと定義するのは無意味で、それを見抜くコツなんてものも存在しない。

 人それぞれだから。

 重要なのは相手がMかSかでなく、MとSの両面性があることを前提に、自分に対してM性をさらけ出せる人なのかどうか。

 それを知るための「観察力」が、コツと言えば言えるかもしれない。

 ユリイカみたいなフェティッシュバーに行くと、そこにはM男性を名乗る(カミングアウト・サロンだから)人がいますが、見た目だけでは「え〜?この人本当にMなの?」みたいな意外性を目の当たりにできて面白い。

 キワドい質問をされた時のリアクションや雰囲気でなんとなくわかる時もある。

 命令口調で目がトロンとなったり。

 僕の場合、答えに詰まって黙っていると

「何とか言いなさいよ!」、と静かに詰め寄られたりすると、もうイチコロです(>_<)

 それでも、その女性に虐めてもらいたいとか、「女王様像」を求めているわけではない。

 ここがヤヤコシイ部分で、もちろんそういう場合もあるけれど、その女性の持つS性に惹かれているのであって、その女性自身を好きかどうかは、これはまた別問題になると思う。

 相手によりけりなんだけど。

 だから、やっぱり「人それぞれ」なの。

 もしもSM的な意識を抜きにしてその女性が好きになってしまったなら、普通の男女交際を望むのか、女王様になって欲しいのかの葛藤が生まれます。

 真性マゾヒストであれば対等な男女関係でなく、不平等な主従関係を望むのでしょう。

 僕は「仮性」マゾだから、そこまで徹底する気にはなれない。

 対等な男女関係、あるいは男性上位のポジションから、奴隷契約を結び瞬間的に転落する過程を好むとか、何かとやっかいで複雑で未知なる項目が絡んでくる。

 矛盾もあるし、合理性はない。

 愛にも同じようなことが言えますが、SMを恋愛感情の一種と見る傾向が、ここ数年の傾向としてあるように感じます。

 特に若い人たちによるSMのポップ化とリンクしている。

 愛の問題となると、これはもう宇宙一のミステリーの世界です。

太陽系

 M男を見抜くコツがわかれば、宇宙の真理も解明できるでしょう。

 マゾヒズムとは心の闇の奥の底にある魂のブラックホールであり、高速で膨張している。

 そう簡単には見抜けないし、見抜くためには光よりも高速の判断力が必要になる。

 もし見抜くコツが発見されても、マゾヒズム自体が光の早さで膨張しているので、追いつくのは難しい。

 ビックバンもヒッグス粒子も、驚異的で粘り強い観察から発見されました。
 
 M男を見抜くためには、辛抱強く相手を観察するしかない。

 観察されるのを好むのも、M男なのです。


S女性の見分け方はわりあいに簡単










[ 2014/08/02 14:37 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(6)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ