FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

心を尽くしてきた「姫」を守るため・・・ 



 普段、この種のニュースには全く関心がないのですが、東京地検特捜部の家宅捜査が行われた群馬県中之条町の折田前町長、つまり小渕優子・前経済産業相の元秘書であり、彼女の政治団体の金庫番でもあった折田氏によるこの発言には胸を打たれました。

(前略〜)折田前町長は小渕優子氏や父親の小渕元総理大臣の秘書を30年余りにわたって務め、優子氏のことを『姫』と呼び・・・(中略)

心を尽くしてきた「姫」

お守りするため説明責任を果たしたい


   と述べている

 「姫」というのは別の言い方をすると「女王様」であります。

 他にも「女御主人様」、「ミストレス」、「クイーン」、etc… 

 とにかく折田前町長は小渕優子氏のことを崇拝し、ご奉仕していたことが伺い知れるのです。

小渕優子

 小渕優子氏は大雑把に知る限りではサラブレッドのような生い立ちと経歴で、政治家としてはともかく、崇拝するに値するキャラクターではありそう。

 首相秘書や町長も経験した66歳のキャリア老紳士が崇拝する初の女性経済産業省大臣(44歳)との主従関係は、究極の「女王様と奴隷」というイメージに近い。

 学歴や知性もない、そこらへんにいる小娘とは異なります。

 もしかしたら女性初の内閣総理大臣にもなれたかもしれない(まだ間に合う、というか可能性は残されているけれど・・・)崇高なる女性。

 そういう女性が身近にいて、長年にわたり奴隷のようにお仕えすることのできた折田氏が羨ましい。

 であればこそ、潔く羞恥プレイの表舞台に立つことぐらい、折田氏にとってはお茶の子さいさい(←もしかして死語?)だったのでしょう。

姫と秘書


 問題となっている不透明な資金処理についても(いつもならどうでもいいような項目ですが)、他の大臣みたくSMバーで落とした交際費だとか、調教ルームの改築費用だったり、鞭やボンデージ衣装などのグッズ類購入費用の可能性もあるかと思うと、ワクワクしてきます。



 ・・・どうでもいいか、そんなコト。





SMバーでの政治活動








[ 2014/10/30 21:51 ] トピック | トラックバック(-) | CM(2)

ハロウインとSMプレイの哲学的近似性について 

ハロウイン看護婦

 ハロウィン祭というのが、日本文化に浸透してどれくらいになるでしょうか。
 
 今日ではクリスマスやバレンタインデーのように、元からある宗教性や歴史的文脈を離れて、単なるコスプレ・イベントとして定着してしまいました。

ハロウイン女王様


 その衣装にはフェティッシュなものが多く、魔女や看護婦などと一緒に、なぜか意味なく女王様っぽいスタイルもかなり目立ちます。

 普段コスプレなんかは絶対にやりそうもない良識的な大人たちが、「健全に」コスプレを楽しめる希少なシーズンとも言えるようです。

 この時期だけは秘めたる変態性願望に目覚め、行動することが許される。

 考えてみれば、SMプレイというのも、一種の「コスプレ」なんだと思う。

 マゾヒストは全裸になって「奴隷」あるいは「物体」という見えないコスチュームを身につける。

 女王様は崇高なる存在を象徴する「支配者」という衣装を纏う。

 奴隷は首輪、全頭マスク、貞操帯などを装着する。

ハロウィンM男の衣装


 女王様はハイヒールや手袋、コルセットなどを身につける。

ハロウインコスチューム


 これらはアクセサリーやメイクアップと同じ意味で、自分を「モノ化」する儀式です。

 つまり「自己客体化」であり、最終的にはプラトン的な美という理想型へ到達するための手段となる。

 なんだか理屈っぽくこじつけているように思われるかもしれませんが、はた目から見ると狂気と言えなくもないSMプレイには、きちんとした秩序があり、ルールや様式に従ってお互いの理想型を追求するロール・プレイとも言えるわけです。

ハロウィン敵顔面騎乗


 女王様とM男が行うエロティックな遊戯には、宗教的な意味合いとは異なるけれど、哲学的で精神性の深いコスプレ的な面があると思います。

 どうでもいいか、そんなコト。




[ 2014/10/27 20:18 ] マゾの手帳 | トラックバック(-) | CM(4)

経済産業省大臣がSMバーに行ってどこが悪い 

NHK7時のニュース

 ついさきほど、NHKの7時のニュースで、「SMバー」というボキャブラリーが聞こえてきたので一瞬ギョッとしました。

 しかも、字幕テロップにも

「宮沢大臣、資金管理団体、SMバーに支出の記載」

 と、堂々とSMバーという単語が・・・

 これは事件ですぜ。NHKですぜ! ゴールデンタイムの7時のニュースですぜ!!!

 経済産業省では先日、小渕優子氏が辞任したばかりなので、また任命責任が問われそうですが、政治家にSM愛好家が多いのは羞恥の事実だから、別にどうでもいいような事件ではある。

 というよりも、大臣がSMバーに行ったことはもちろん、それが経費として支出されたことに事件性はない。

 この犯罪でもなんでもないトピックが、NHKの7時のニュースでオンエアされたことを評価したいです。

 民放やネットでなら、またか、てな感じですが、皆様のNHKにしては、よくやるよと思う。

 SMバーに「宮沢会」政治活動費

 SMバーに政治活動費

 こういうことで、またSMバーの社会的ポジショニングが微妙にブレてしまうのがやりきれない。

 銀座のスナックだろうがSMバーだろうが、収支のつじつまが合っていて、虚偽の記載でなければ問題はなかろうもん。

 さらに言えば、政治家のストレスはハンパじゃないから、そのお店が「SMクラブ」でも交際費で落とせるでしょう。

 大臣がSMクラブで女王様に鞭打たれる(あるいは顔面騎乗される)のに国民の税金が使われるのを、僕は特に問題視しません。

 こういう場合、バカな政治家でも、暖かい目で見てあげたい。

宮沢大臣SMバーに行く?

 でも宮沢大臣は、聞かれてもいないのに、まず開口一番

 「店には行ってない」

 ことを強調していましたが、これは最高の羞恥プレイでしたね〜(^^)





■ 偏ったSM報道


■ 六本木のSMバーが摘発

ジェイル摘発報道V











[ 2014/10/23 20:36 ] トピック | トラックバック(-) | CM(6)

「オルセー美術館展」再び 

 オルセー美術館が4年ぶりにまた六本木に来ています。

オルセー美術館展

 カバネルの「ヴィーナスの誕生」は随分昔に、本家本元のパリで観てましたので、とても懐かしく、日本で再びこれが観られるとは思ってもいませんでした。

カバネル「ヴィーナスの誕生」
Art_Cabanel_venus.jpg


 というよりも、よくもまあフランスがこの作品を国外に貸し出したものだなと。
 

 オルセー美術館は、リニューアル工事で財政的に苦しかったのか、最近は世界中へ巡業のように出稼ぎ展覧会を行っています。

 それでも絶対にこれだけは日本に来ないだろうなと思っていただけに、嬉しい再会です。
 
 この作品については一昨年にも紹介しているので、興味のある方はそちらもお読みになって下さい。こう言っては身も蓋もないけれど実はけっこうエッチな絵です。

 ヴィーナスの足のつま先をご注目。微妙に反り返っているでしょう?

 これはエクスタシーの絶頂にあることを仄めかしているんだそうで、保守的なカパネルにしては大胆な描写という解説がよくされています。

 ツールが鉛筆だろうが油彩の絵筆だろうが、あるいはコンピュータでもマウスでも。

 それが写実だろうと抽象だろうと、描き手の思いなり、依頼主の願望だったり。

 何も見えなかった白いキャンパスに、多くの人々を感動させてくれるイメージが生み出される。

 無から造り出されるコンテンツは、ビックバンで膨張する宇宙のように、人間の心の闇へも拡大していく。

 そのような果てしないエネルギーがアーティストの指先に凝縮されている。

 下手でもパワフルな絵があるわけで、上手ければもっとパワフル。

 カバネルは、キリスト教の因習的社会に対して、エロスを自分がいいと思った手法で描いた。 

 絵を描くというのは、神聖で偉大な行為だと思う。

 そういう意味において、カパネルや春川ナミオは同じレベルの巨匠と言えます。

mane12.jpg  

今回はマネの「笛を吹く少年」も初来日!


 何かを表現するという行いに、上手いも下手もない。

 いいと思うのか、そうでないのか。

 人の評価がどうあれ、自分が好きならそれでいいじゃない。


 一般的にはまっとうではない、 とされるエロティック・アートや

  FemDom Art などを観る時にも、同じ思いで鑑賞しています。



オルセー美術館展 印象派の誕生 ―描くことの自由― 
 10月20日まで  国立新美術館 企画展示室2E (東京・六本木) 




会田誠「泣く女」
 ■ヘンタイでごめんなさい

裸体のマハ
 ■ 名画のエロス


バルテュス展フライヤー
 ■ バルテュス展


会田誠
 ■ 会田 誠


 ■ スヌーピー展
スヌーピー展


 ■ チャーリー・ブラウンがマゾだったら?
マゾのチャーリーブラウン



  ■ 西牧徹 展



 ■ 三島由紀夫の愛した美術





[ 2014/10/09 08:06 ] 美術 | トラックバック(-) | CM(7)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

23位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ