FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

マゾは性的マイノリティなのか? 

マゾはマイノリティなのか?
 
 LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の中には今のところ、マゾヒストは含まれていませんが、レズやゲイの人々の嗜好の中には、マゾヒズム的要素が含まれている場合もあります。

 マゾヒストやM男が、マゾヒズムを主張してデモ行進することはまずありえないでしょう。

マゾはマイノリティなのか?-2

 なのでマゾはもっと間口の狭い、超「少数派」だと思われてきたような印象があります。

 しかし僕はマゾがマイノリティと言えるのかどうかに、疑問を感じています。

 大前提として、人間は誰でもサディズムとマゾヒズムの両面を併せ持っている。

 Sが表面化しやすく、Mが埋没しやすいという属性が、マゾヒズムを見えにくくしてきた。

 むしろマゾは、

 サイレント・マジョリティー

   (声をあげない多数派)ではないのだろうかと。
 
 出典が明らかではないものの、最近の研究では人間の50%は変態である可能性があると言われており、その性的倒錯の中で最も多かったのがマゾヒズムに関するものだったそう。

 僕のような恥ずかしがり屋さんの羞恥系マゾヒストは、意外に数多くいるのかもしれない。

 ここ数年の世の流れは、少数者の権利を見直す動きが活性化していて、LGBTや性的マイノリティという言葉もよく耳にするようになりました。

 それにも関わらず、マゾの人権が回復されないのは、実は多数派だからなのかもしれません。

 もしそうだとしても、やっぱり「恥ずかしがり屋さん」というのは、少数派ではないかと思われるのです。

 アブノーマル性癖を隠して、コソコソと変態プレイを密室でやっていた昭和の時代を懐かしく思い出す。

マゾはマイノリティなのか?-2
顔面騎乗もパブリックでやれちゃう時代?


 公然と誇らしげに自らの恥ずかしい姿をBlogやTwitterで晒す平成の現代社会には、何となく違和感を覚えるのは僕だけでしょうか。


マゾはマイノリティなのか?-3
このぐらいならやれそうかも?




これは無理だから(>_<)
マゾはマイノリティなのか?-4
先っぽから我慢汁が出ています・・・



 ガマンしてもいないのに、ガマン汁と言うがごとし





[ 2016/07/30 16:48 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(4)

伯爵夫人 

伯爵夫人

 失礼ながらもう「終わった人」かな、とも思っていた蓮實重彦

 80歳で今年の三島由紀夫賞を受賞した作品が「伯爵夫人」

 「今さら新人賞かよ!」

 と、受賞記者会見の不機嫌極まりない態度で話題となっていたやつです。

 あれはわざとやった「営業」だと思うのですが、元東大総長にしてはおちゃめな感じがしてあの会見は面白かった。

 蓮實さん、80歳にしては若すぎる!

 実は、この人の文章は学生時代からよく読んでいました。

 彼の小難しい映画評論は、演劇専攻の学生にとって必修科目。小林秀雄の絵画論より難解ではなかったけれど、独特のエクリチュールはわかりにいという思い出が残っています。

 意外にも小説作品はこれが3作品目だそうで、今回初めて読んでみました。

 とても初々しい、平成の現代に書かれた「昭和の近代文学」のような、一流の官能小説という印象を得ました。

 多少SMっぽいテイストも入ってますので。(どうでもいいか、そんなコト)

ルイーズ・ブルックス

 僕よりも一回りか二回り上の世代の高齢者にはルルという呼び名が懐かしいルイーズ・ブルックスという、往年のハリウッド女優が(名前だけ)頻繁に登場します。彼女は蓮實さんの世代にとっては絶対的な崇拝の対称として君臨していたようです。

 表紙がまさにそのイメージなのですが、それよりもこのカバーに使用されている紙質が素晴らしい。

 これはぜひ、書店で手にとって頂きたい! これだけでもう貴族趣味〜♪

 独特の手触りとしなやかさをもつ高級な特殊紙が使用されていて、なんというかフェチ心をくすぐってくれるのです。

 つい撫で撫でしたくなるんだよね(>_<)

 革の鞭を、指先で触っている時のような感触が・・・
   (僕は打たれるのは苦手ですが、鞭そのもののマテリアル感は好きだったりして)

 作品中で唐突に登場し、細かい描写がなされるドラステのココア缶の尼僧といい、蓮實さんのマニアックなこだわりにはクラシックなフェティシズムが感じられます。

カカオの缶


 最近の若い女王様は、ケータイで現代の官能小説をよく読まれているようですが、アナログな紙のぬくもりを感じながらこういう作品にも触れて頂きたいと思います。

 もしかしたら80歳で新人賞を狙っていたのかも?とも思えるような、「よく書けるよな〜」とため息がでるほどのずみずしい文体は、読んでいて本当に恥ずかしくなってくる。

 接続詞を使わずにシームレスにつなげる手法は、若い頃の山田詠美のスタイルを彷彿させてくれます。

 ばふりばふりとまわる回転扉も、河野多恵子のSM小説「回転扉」を連想させてくれました。

 高齢化社会の下流老人に、夢と希望を与えてくれる作品です。

oisakimizikaiz.jpg


 日本の近代文学というのは、乱暴な言い方をしてしまうなら、ほとんどが官能小説だったように思う。

 特に男性作家が書いていたのは恋愛小説と言ってもよく、谷崎の「痴人の愛」は間違いなくそれで、昭和の純文学系作家には、その流れが何らかのかたちで受け継がれている。

 純愛をいかにエロティックに、過激なエロスをさりげなく、婉曲的に表現できるのか。

 つまり、下品なことを上品に描けるかが文豪の腕の見せ所。

 勝手に興奮するのは読者の領域。

 そういう意味で「伯爵夫人」の文中には、これでもかというほど扇情的で露骨なキーワード(熟れたま○コ」や「魔羅」とか)が羅列されていくのですが、不思議と卑猥な感じがしない。

 後半にはついにというかやっぱりというべきか「射精」なる表現のオンパレードで、80歳にしても性的欲望が枯れてないのがなんとなく伝わってくる。

 そうした表現上のスキルが、作品テーマの表現形式を通して示される。

 テーマが官能でもSMでも、性愛やセックスに年齢はあまり関係ないということなのでしょう。

 二十歳の人にはその年齢でしか書けないものがあり、80歳の人にも同じことが言えます。

 これはある意味で、カミングアウトを兼ねたファイナルファンタジーなのかもしれない。

 もしかしたら蓮實さん、隠れマゾヒストだったんじゃないか。

 久々に太宰治や川端康成のような、いわゆる「文豪」が若い頃に書いたような純文学作品を読ませてもらった〜という、しっかりとした読み応えを感じました。

tumblr_nqam0c7UQ71sdvbtao1_500-1.gif
旧い映画の話もよく出てくる


某Blogから勝手に拝借した伯爵夫人っぽいイメージ
某Blogから勝手に拝借した伯爵夫人っぽいイメージ



伯爵夫人というと、なぜか鞭を持っているような「偏見」を抱いております。
何か間違ってますしょうか?
伯爵夫人の優雅な休日
伯爵夫人の優雅な休日


こういう画像を紹介するからといって、僕が鞭で打たれたいわけではない(>_<)
こういう画像を紹介するからといって僕が鞭で打たれたいわけではない













[ 2016/07/24 08:06 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(2)

強欲なSMの世界 

 人生や仕事について、なるべくならうまくコトが運べばいいナ、とは誰しも思うと思う。

 だけども僕は、普段それほど強くは意識していない。

 それを謙虚と言われても戸惑うのですが、ただ投げやりなだけだったりして。

 しかし、ことSMに関してだけは、貪欲にむさぼりたくなるのは何故なんだろう?

 ちなみに、S女性や女王様には強欲なタイプが多いような気がします。

 まぁ、そうでなければやっていけない世界だとも感じる。

何もかもうまくいきますように!

 何もかも、うまくいきますように(>_<)

 こういう大雑把な祈願は、あまりよろしくない。

 出来るだけ具体的に、細かく、正直に お願いすべきだと。

 そうでないと、神様だって、困るでしょ?

 当選祈願とか合格、就活や結婚、安産など人生の節目節目でその都度やるのがセオリーだと。

 例えば、憧れの女王様に予約したとする。 ← それが「人生の節目」かい!

 プレイ当日の朝に僕が神社でお願いするのは以下のとおり。

今日だけでも、世界が平和でありますように!

 プレイ中に地震やテロが起きませんように!

 女王様に痛いことされませんように!

 プレイ前の女王様は体調完璧でご機嫌がよろしいように!

 緊張せずにきちんとご挨拶できますように。

 跪いて足を舐められますように!

跪いて足を舐める

 冷静にプレイができて、なおかつ興奮できますように。

 女王様に愉しんで頂けますように!

 恥ずかしい気持になれますように(>_<)

 自分の思い通りのプレイが、何も言わなくてもできますように!

tumblr_o6ftpmy4CE1vqb3woo1_500.jpg

 気持いい顔面騎乗をしてもらえますように。

 女王様に気に入ってもらえますように(>_<)

黙っていても、僕の気持が女王様に伝わりますように!

 女王様から「お舐め!」と命令されますように!

お舐め!

 女王様も満足できますように!

 言われただけで勃起してしまう官能的な言葉責めをして頂けますように!

 チ○ポがきちんと勃起しますように。

 勃起したチ○ポを、痛くない程度に踏みつけてもらえますように!

ペニス踏み

 プレイ中に他の女王様が乱入してきませんように!

 本当の自尊心を傷つけない、キワドいギリギリの羞恥責めをしてもらえますように!

 心の闇をやさしく照らすような、感動的なフェチプレイになりますように!

 万が一ドジを踏んでも「よく頑張ったわね」と顎クイしてもらえますように!

よく頑張ったわね

 女王様に気持いいことしてもらえますように。

 初めてのSMプレイ(3月26日付記事)で提出した希望リストが叶えられますように!

「逝かせて下さい女王様!」ときちんと宣言してから、気持よく射精できますように!

 今言えなかった願望で、後から祈願しても全て実現しますように!

 岩合光昭さんに撮影された猫ちゃん達が健康で健やかに暮らしていけますように!

岩合光昭と猫

 それから、僕の友人とフォローしてる知人、及びフォロワー、

 このブログの読者の皆さん、相互リンクしているブロガーさん、コメントしてくれた方々、

 過去にプレイした全ての女王様

 これまで自分とご縁のあった関係者各位全員が何もかもうまくいきますように!

 僕と出会うみんなが幸せになれますように!



 などなど…と、自分だけでなく、他の人や猫のことまでお願いすることによって、控えめな態度を神様にアピールしています。

 ↑ どこが (。。)☆\バキ



 滅多に神社には逝かないのだけど、SMプレイをする時だけは、細かいお願いを花園神社でしてから、歌舞伎町のラブホに向うのですが、どこか間違ってますでしょうか?

 ↑ バチがあたるって


 あ、そうだ。

 サマージャンボ宝くじ1等賞当たりますように!

岩合光昭ネコ

 神様、女王様、女神さま、どうもありがとうございます!




[ 2016/07/10 15:00 ] 徒然ネタ | トラックバック(-) | CM(4)

あのコ 

あの娘

 マゾのことを「あのコ」と言う女王様がよくいらっしゃいます。

 「この前、吊ったがね・・・」 とか、

 いったいどういうコなのかなと思って聞いていると、僕よりも年長者の話だったりして、ちょっとびっくりする。

 いつ頃からなのか、そういう表現をする習わしのようで、ブログやTwitterでもそうした書かれ方をしているのを見かけますが、ひと回りもふた回りも年齢が上の「マゾじじい」が、少女のように若い女性からそんな呼ばれ方されているなんて、なんだかとっても不思議に感じる。

 まぁ、別にいいんだけど。

あのこ

 「あのコ」というのは、最初はその女王様と同年代か、年下のM男のコトを言っていて、そのうちにマゾじじいにも使われて始めて普及して逝ったのかもしれません。

 それにしても、20〜30代の若い女性が、50〜60代のマゾじじいを「あのコ」呼ばわりするのに、違和感を持たないのだろうか?と思うのは僕だけでしょうか?

 特に見下しているとか、そういうことではなく、もちろん見下されているとも感じてはいませんけれど(見下されること自体は全く問題ない)、他に適当な人称代名詞も思い浮かばない。

 「この前吊った奴隷が・・・」とは大きな声では言えないだろうし、「この前吊ったヤツが・・・」というのも品がない。


Ckttx1bWEAMDoHR.jpg

 M男、執事、家来、ブタ野郎、SMクラブの場合ならお客さんとか、様々な呼び名が考えられるのですが、「あのコ」という表現には愛嬌があって、いい感じだとは思う。

 しかし、もしかして自分が女王様からそのような呼ばれ方されているのかと思うと...、なんとなく不気味だったりする(>_<)

 
↑ 呼ばれてないから

 
 初めてのSMプレイでは年上の女王様だった。

松たか子_気持いいため



 ビギナー時代は、しばらく年上の女王様とのプレイが続き、いろいろ教えてもらったりもしていたからか、「女王様」というと年上のお姉さんというイメージがつきまとう。

 最近はさすがに、もう年上の女王様と出会うことはなくなってしまった。

 みんな年下で可愛いのだが、女王様のことを「あのコ」とは絶対に呼べない(>_<)

 アラサーの女王様が一番しっくりするのは、僕の精神年齢が30歳ぐらいでとまっているからだと思う。


 どうでもいいか、そんなコト。


ゆ@様ツイート




[ 2016/07/07 18:54 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(6)

マゾなぜ相談室 

tumblr_o30v6vU9dA1rcg3klo1_500.jpg
 
 最近、どのSMクラブがいいのか、オススメの女王様は誰? とかいうご質問をよく頂くようになりました。

 マゾとしてあるべき流儀や、もてマゾ紳士になるには?といったご相談も受けるのですが、

 んなこと知るかっちゅう〜の!

 ん〜でなくて、具体的なお答えは致しかねます (>_<)

 僕が知りたいくらいです。

 このブログは「マゾなぜ相談室」ではありませんので、何かお悩みの方のご相談にのることは

 出来ない相談です(>_<)

 とは言いつつも、そんな突き放すような、冷たいことも言いたくはない。

 でも、無責任なことを言ったりして、失望させたりするのも憚られる。

 相談者には若いM男性が多く、何を求めているのかが不明なのと、自分が何を求めているのかがわかってないケースもお見受けします。

 ちなみに、マゾヒズムに年齢はあまり関係ないらしい。

 M青年でも、高齢マゾでも、そのマゾヒズムの本質に違いはないのかもしれません。

下流老人

 それはともかくとして、マゾなぜ相談に限らず、相談者は、相談内容よりも、自分のことがまずわかっていないことが多いです。

 実際、僕自身も未だにわかっていないところがあるのだけれど、単純に鞭で打たれたいとか、縛られてみたいとか、あるいは女王様に気に入られたいとかいうシンプルな願望であるなら、どこでもいいし、誰でもいい。

 みんなはおそらく、そこまでシンプルではないはずで、もっと複雑な何かがあって、それを解決したい。

 あるいは満たされない願望にフラストレーションを抱えているのだと思うのです。

 その複雑な何かモヤモヤしたものを、冷静に見つめ直すことが大切だと思う。

 しかし、若い人には、とりあえず、やってみなはれ、と言うしかない。

 M性感でも、SMクラブでも、自分がいいと思ったところに逝ってみなはれ。

 そこでいい思いをするか、シッチャカメっちゃかな目にあうか、責任持てませんけど(>_<)

ご奉仕

 僕の経験から言えるのは、SMクラブで自分のファンタジーが実現し、願望が一瞬満たされたとしても、なんの解決にならないことが多いということです。

 むしろ問題が増幅してしまうことだってある。

 これはプライベートのSMプレイにも言えるのかもしれません。

 それを女王様のせいにしてはダメです。

 一番いいのは、プレイする前に女王様に相談してみることではないでしょうか。

 ありのままの自分を曝け出せば(それが難しいのだが)、自分を受け入れてもらえる可能性は、どこの相談室よりも確実だと思います。

Mazo_Why.jpg


 と、そんなことを考えていたら、昔から相互リンクしていて、愛読している女王様ブログの最近の記事に、一つの解答を見たような気がしました。

 僕にメールを下さった読者の方は、この記事をご覧になってみてはいかがでしょうか。


あやつきのブログ
「SMクラブでもM性感でもしっくりこないあなたへ」


 何となく僕と考えていることが似ているような気がする。

 これはよくある「客寄せパンダ記事」ではありません。

tumblr_njktebnKqv1u9y9wto1_500.gif

 今さら新人のベビー・ドミナじゃあるまいし、この人はそんなみえすいた営業をする女王様ではない。

 まぁ、「読むと指名したくなる女王様ブログ」ではありますが、それよりも、悩めるM男へのやさしい眼差しの方が強く感じられます。

 海千山千のベテラン・ミストレスだからこそ書ける迫力の筆致は、全ての悩めるM男必見の記事です!

 それにしても、凄い記事。なかなかここまでアケスケに書けるものではない。

 プレイを予約したら何も考えずに勃起しろって言ってますよ(>_<)

 これはブルース・リーの「考えるな、感じろ!」に通じる哲学。

 そうなんですよ。SMというのはアレコレ頭で考えるものじゃない。

 女王様ブログにもいろいろありますが、この人のは別格です。

 自分のことを「風俗嬢」と言い切ってる。僕にはそういう考え方できないんですが・・・

 他にないねこういうタイプ。

オ・オ・オ○ンコー!!!

 オ・オ・オ○ンコー!!!(>_<)



 僕は別にオ○ンコにはこだわってないです。
          (どうでもいいか、そんなコト)


feminin_zone.jpg
 「気まぐれコンセプト」
ビックコミック・スピリッツ 2016年 7月11日号



■ 正しいマゾのなり方
PU_i_am_M.jpg



■ 悩み相談
Top_Downtown


■ 女王様からの手紙




[ 2016/07/01 16:00 ] マゾなぜ相談室 | トラックバック(-) | CM(4)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

25位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ