FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

職業としての女王様 

ホイチョイ

 先日のSM落語で笑わせてくれた女王亭マイキーこと、フリーライター早川舞さんが興味深い記事を書いていましたので、ご紹介したいと思います。

  “根拠のある自信”を持つ女だけがM男を跪かせる

 この記事に反論するわけではないのですが、というよりも、あまり関係ないかもしれませんが、昭和の時代のSMクラブでは、「根拠のない自信」をかろうじて持つ女王様が、多かったような印象を、ふと思い出しました。

 舞さんの趣旨とは離れますが、関連するかもしれないこんな記事もあります。

   ↓

  SM女王様とS女性は真逆のスタイル

 今はそうでもないけれど、少なくとも昭和の昔は、プロもアマも、仕事だろうが趣味であろうとなかろうと、女王様がマゾを跪かせる技術や知識、情報なんて皆無。

そこにあるのは、マゾ側のドロドロとした妄想と、意味不明な倒錯や性癖。

 「奇譚クラブ」をはじめとする、初期SM媒体が全国にばらまいたファンタジーの多くは、夫婦ですら(いや夫婦であればこそ)実現不可能な桃源郷なのでした。

奇譚クラブ  SMキング keel  



 それらに偏見を抱くことなく、変態行為を実現してくれる女性は現実社会には存在せず、よほど親しい間柄でも、カミングアウトした瞬間にドン引かれ、軽蔑され、かろうじて見下されることによってマゾ希望に叶うという悲惨な状況。

 ハードルの高い幻想を、脳内妄想でいかに自由に思い描けるかが、マゾヒズムの知能なのであった。

 現代は、信じられないことに、職業女王様を高い意識レベルでめざす若い女性が、少なからず実在する。

「素人」S女性も増えているようですが、実際問題、お店に所属していないというだけで、プロ顔負けの素人女王様が10代から覚醒している状況に思えます。

 彼女たちは、M男の需要や願望に応えるべく、それなりに研究熱心。

 利益よりも顧客満足度を高めるような方向性と、彼女たちが持つ本来の母性本能が合わさり、かつてない水準で「最強」の女王様、ミストレスたちが続々と登場しているのは、喜ばしい限りです。

 ネットに氾濫する共有情報などもおそらく貢献しているのでしょう。

 昔は、意思の疎通面も含めてコミュニケーション不足だった。

 きちんとこちら側の願望や性癖をプレゼンテーションできていない未熟さを棚上げし、「女王様は判ってくれない!」なんてこと言って凹んでいた自分が恥ずかしい(>_<)

 一見、判ってくれなさそうな女王様であっても、心の中では判ってあげようと努力している。

 このことは、昭和の時代からも継続されてきた伝統だったのかもしれない。

 
 一般的には「風俗嬢」というレッテルで見られ、待遇面でもまだまだ改善の余地が残される環境ではあるにせよ、質的に高度で、知的かつクリエイティブな能力も必要な職業として社会に認知されつつあるのは、彼女たちの誠実な姿勢の賜物であると思われます。

 プライベートで女王様を演じてくれるパートナーがいればもちろんですが、SMクラブへ逝かれるM男性は、ただ当たり前に「女王様」として崇拝するのではなく、それ以上に、職業としての女王様を選んでくれた女性として、最大限のリスペクトを持つべきです。
 
 女王様というのは職業的であっても、マゾヒストの夢を叶えてくれる女神様だと思っています。







■ そうだったのか!マゾヒズム
学べるニュース
池上彰がSMを解説したら?



 【関連記事】

■ SMは風俗か?

■ 職業に貴賤なし

■ 女王様はわかってくれない?

■ SMクラブの仁義

■ 料理とSM

 
  Mエグゼクティヴ 




[ 2018/07/20 16:32 ] マゾの手帳 | トラックバック(-) | CM(1)

妄想は、心の宇宙のビッグバン 


塩化ブーツ_夏のビーチのマゾヒズト

 別にこれまで内緒にしていたわけではありませんが、僕はエナメルとかブーツはあまり好みではありません。

 これが好きな諸兄には申し訳ないのですが、暑苦しい。(悪くはないと思うヨ)

 女王様に履いて頂きたいのは、涼しげなハイヒールで、皮膚はなるべく露出して頂きたい(>_<)

 だから網タイツもいいけど、生足(脚)のほうがいいネ!

 そんなこともあって、塩化ブーツは好きなアーティストですが、ちょっと距離を置いてました。

 でもこの人は随分昔から地道に活動しており、常に注目はしていました。

 ある理由(後述)から個人的には距離感を抱いてましたが、親しみやすい「ゆるキャラ」の女王様によるポップな表現は好きでした。

塩化ブーツ_鞭で打たれるM男

 ペンネームからも明らかなように、ブーツやエナメルなどへの嗜好性が強く見受けられます。

塩化ブーツ_エナメル女王様



 女王様との関係性やシチュエーションに独特のこだわりが際立つのも大きな特徴。

塩化ブーツ_幼なじみは女王様

 様々な状況で多彩に展開される Femdom ワールドには、爽やかな明るさも共存する。

Enka_Boots_osanpo.jpg


塩化ブーツの最新作
塩化ブーツ_僕の彼女は女王様
 「僕の彼女は女王様」

 
塩化ブーツ_ブーツを舐めるM男

 消えてしまいたいような恥ずかしさを、天真爛漫に笑いとばすようなアニメ顔の女王様が眩しい。

塩化ブーツ_初期の習作
 初期の作品にも味があった

 画風としては無個性なアニメ・テイストですが、手書きのぬくもり感も伝わるタッチに好感が持て、コミックでも味わいのある作品をいくつか発表しています。

長身美女とチビ男_扉


 ご自身も認めていらっしゃるように、長年精力的に活動しているわりには絵柄にさほど変化がなく、進歩がないというのか(安定しているというべきかもしれませんが)「パソコンでお絵描き」レベルの時代がしばらく続いていましたが、Twitterに投稿するようになってから微妙に画風が洗練されてきたような印象です。

 そんなことを感じていたら、最近では紙媒体の「女神の愛」にも登場するようになり、一気にメジャー入り。

塩化ブーツ_女神の愛

 モティーフにブレはなく、終始一貫して美脚の長身女性にブーツを履かせる粘り強さには目を見張るものがあります。

 マゾヒズム特有の羞恥やコンプレックスをさらりと表現するテクニックに優れ、フェチよりも羞恥のほうに本質的な魅力が感じられる描写です。

塩化ブーツ_乳首責め

 己の信念を貫くマゾ絵巻の世界を追求する姿勢には、春川ナミオにも通じるものが感じられる。

 数は少ないですが顔面騎乗絵図も描いており、そのツボのおさえ方は一流です。

顔面騎乗_オリビアのポーズ
(以前、「試験に出る春川ナミオ」という記事で紹介した "オリビアのスタイル")

 塩化ブーツさんには包茎ペニスへのこだわりも強く意識される表現も目立ちます。

塩化ブーツ_ペニス責め


 僕自身、このあたりの機微がよくわかるだけに、このタイプの作品を紹介するのがためらわれた時期がありました。

 その点、春川ナミオ氏の作品はペニス描写が抑制されており、違和感なく鑑賞を楽しめますが、塩化ブーツさんの場合、身につまされる思いがして正直ツラいものがある(>_<)

 やはり自分にとっても深刻なコンプレックスが描かれている内容を、真面目な顔して解説できるほど修行を積んでおりません(>_<)(>_<)


塩化ブーツ_女王様おお尻を舐めるM男

 塩化ブーツさん自身が似たようなコンプレックスをお持ちかどうか存じませんが、フェチの裏側に秘められた己の真の妄想や願望を見いだすことを可能にしてくれる表現は希代のFemdomアートの世界だと思います。


 このような「ゆるいキャラ」でSMを描く試みは、夫婦でSM ~マリア様と菊千代~にも共通しています。

 いわゆる「劇画」でなく、昔のギャグ漫画のようなテイストで、僕はこの系統が好きですね。

 ラシオラの七さんとか、mugiピョンの絵柄もこのタイプに分類されるように思います。


 どうでもよくもわるくもないかもカモ川、そんなコト (。。)☆\バキ






[ 2018/07/15 20:46 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(2)

すべての未来は妄想からはじまる 

すべての未来は妄想からはじまる

 明治維新も妄想からはじまったのか・・・

 NHK大河ドラマ「西郷どん」の特番から。



春川ナミオ_夏の花火
花火を見ながら顔面騎乗されたい(花火見れないけど)




わしの妄想


[ 2018/07/12 19:32 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(2)

最後の晩餐 

人生の特別な一瞬6





[ 2018/07/07 07:24 ] 無題 | トラックバック(-) | CM(0)

ハッシュタグ「M男あるある」 


 女王様に支配してもらいたいのに、いつのまにか女王様を支配している。

SMプレイにおける茶番劇

 ツイッターほとんどやってませんが、Kakuさんパイセンのつぶやきで、こんなハッシュタグがあるのを見つけました。

 タグでくくれるほど単純なものでもないと思うのだけれど、複雑なりに共通項は多いですよね。


 ジル・ドゥルーズが「マゾヒズム的ユーモア」 という表現でこんな解説をしています。


 違反すれば懲罰を与えるという脅威によって、
  欲望の実現を禁じているはずの戒律が、
   同時にまた懲罰を与えることによって、
    欲望の満足を準備してくれる戒律でもあるということ。

 

 まぁ、ねえ・・・ (>_<)

 SMクラブでのプレイがその典型で、とどのつまり茶番劇なんだけど、

「それは言わないお約束」

  みたいな不文律があったりもする。

 お互いに、それが道化芝居であるのを承知しつつ、演じるのがSMプレイ。

 筋書きのないドラマであっても、シナリオは存在する。


 昭和の時代は、その場でアルバム見てから、ぶっつけ本番でいきなり指名せざるを得ないこともあって、相当な気合いと覚悟が必要でした。

 何を依頼するか(プレイ内容)にもよりますが、けっこう怖かっただよ(>_<)

とりあえず射精管理してくれる?

 好きで指名しているからには、多少のことには目をつむっても、ナニされるかわからない恐怖心は、SMのサスペンス的な愉しみを超えていた。

 特にその女王様と初対面であれば、最初から信頼関係があるはずもなく、恐る恐る、

 こんな感じで・・(←どんな感じか、肝心なことは曖昧にぼかす)よろしくお願いしますネ、みたいな?

 「NG項目」という今なら当たり前の業界用語もなかったし、されたくないことを言って、それをあえてされてしまうかもしれない?みたいな、ヘンテコリンなリスクも想定して言えなかった苦しみ。

 というか、恥ずかしみ(そんな言葉あるのか?)

 だからと言って、して欲しいことだけ言うのもウシロメタイ・・

 というよりも、本当の願望をカミングアウトするのが、恥ずかしかった。

    * ↑ 恥ずかしいのが好きなくせに  (。。)☆\バキ

 矛盾しているようだが「あまり恥ずかしい思いをしたくない恥ずかしがり屋」も存在する。

 その場限りの、行きずりの女王様でも、旅の恥はかきすてという感覚がなかった。

 例えその場限りであっても、きちんとした信頼関係を、結べるものなら結びたい。

 どんなご縁で、こうしているのかわからないけれど、一期一会の瞬間を切なく思う。

 そして、バーチャルであろうとギリギリのところで信頼関係があるものと期待して、全てを委ねるのだ。


 プロの女王様というのは、忖度の達人だと思う。


 また、そのようであって欲しいとも願っている。

 

 なんだかんだ言って結局、無意識のうちに、女王様を願望実現のために誘導している自分がそこにいる。

 それこそが矛盾なのだが、懲罰を恐れているようで、愉しみにしている気持ちと重なるんよ。


 ど〜でもいいか、そんなコト

 

【関連エントリー】




■ SMクラブの仁義

■ 女王様はわかってくれない?

■ SMを楽しむために

■ よくわかるSM

■ ノーと言えないマゾ

■ SMは風俗か?

■ 職業に貴賤なし

■ マゾ力








[ 2018/07/01 11:52 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(6)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

16位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ