FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

濃厚接触(Rich contact) 

 HN_ayashi-munasawagi_1.jpg

 アソコを舐める話が出ましたけど、SMというのは、究極の濃厚接触です。

 下手するとセックスよりも濃密でしょう。

 鞭打ちなどのように、肌との接触がなさそうに見えて、結局やることはやっていたりする。

 密室で、密接に、なんともいえぬ濃密な関係性がそこに発生しているんだ。

 2メートル以上間隔をあけてやるSMなんて、クリープを入れないコーヒーのようなものだ
     (古い?)

 言葉責めや羞恥プレイの時も、やっぱり1メートル以内、なるべく近いところでの視線責めが効く。

 感染リスクを越えても、僕はSMに濃厚接触を願っているのですが、どこか間違ってますでしょうか?

 何も舐めるだけが接触ではない。

 舐めさせて頂ければ最高だけど、女王様が優しく触れてくれるだけで、もうそれでいいんだ。
 
 最も大切なのは、気持ちが触れ合うことだと思う。

 刹那的とはいえ、心と心が「濃厚接触」する瞬間が、SMにはある(ない時もあるけど)

 はたから見たら、どれだけハシタナイ、くだらない妄想に向き合う僕たちの態度は、その接触を確認することで、なんとなく満たされるような気がする。

 だから、直に接触することがなくても、気持ちが触れ合うこと出来れば、それでいいんじゃないかとも思っていたりする。


 もちろん、マスクとフェイスシールドをつけて、きちんと、ご奉仕致します (。。)☆\バキ

EaZFtCcXsAEscAH.jpg




 





[ 2020/06/20 17:39 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(3)

フェミニンゾーン? 



 なんで「ご奉仕しなさい!」って言えないかな〜?

 
#1(1コマ目) Actress(Mistress): Lick my delicate zone soon.

#2(2コマ目) Director: “Cut! It's not something like that.Speak more directly.

#3 (3コマ目)Actress:Lick my feminine zone faster!
 

#4 (4コマ目)Director:Cut,cut. Why don’t you say omanko?

         Actress: I’m sorry.
       I used to appear in a commercial Film of detergent for female genitals.

[ 2020/06/15 13:32 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(4)

羞恥力(Ability to feel embarrassed) 



 何を恥ずかしいと思うのかは人によって異なると思う。

 いずれにしても、馴れてくるとそれほど恥ずかしくなくなってくる。

 昔はSMクラブに逝くのも恥ずかしかったけれど、最近はそうでもなくなりました。
(もっとも、いくら恥ずかしくたって、絶対に逝くと決めたら逝くのだが・・・)

 このブログのある読者が、「来週、何年ぶりかでSMクラブに行きま〜す!」と、わざわざコメント欄で報告してくれました。

 ありがとうございました(スルーしてスミマセン)
 
 そうやって高らかに?宣言して行くというのも、人によっては恥ずかしいと思うのかもしれません。

 そっとしておくのがマナーかなとも思いましたマジで。

 まぁ、恥ずかしい思いをしたいから、カミングアウトしていくという複雑な心理もあるかもですが。

 もしかしたら、恥ずかし思いをしながら、コメントして、悶えていたとか(いや、それはネ〜だろうな)

 羞恥心を高度に感じることの出来る能力を仮に「羞恥力」と名づけるとするなら、その力は衰えていくばかりだと思うのです。

 どうやって、その力を高めることが出来るのでしょうか?

 そもそも、羞恥心というのは、自分ではなかなかコントロールできません。

 ウシロメタイ気持ちともリンクしているようで、どこからどこまでが羞恥心なのかは難しい。

 まぁねえ、コレが恥ずかしい要素とかカテゴリーはわかっていても、

「さあ、これから恥ずかしい思いをするぞー!」といくら気合いを入れたところで、どうにもなりません。

 もっと恥ずかしい思いをしたい!と行動を過激にしていくのではなくて、同じ行為(プレイ)でも、研ぎ澄ませてどんどん恥ずかしい思いを増幅し、存分に味わい続けて逝くことは可能なのか? 


ZZXbHQg-1024x870.png


 慣れて(馴れて)ないから恥ずかしいのなら、極めてしまうのは逆効果だとも思われます。

 持続可能な羞恥心を、恥ずかしくも維持して逝けるかどうかは、SMコミュニティ全体に共通する深刻な課題ではないでしょうか。

 「羞恥力アップ講座」とか、「必ず恥ずかしくなれるスキル」とか、そのようなセミナーなんてありませんよね?
  (あっても、申し込まないけど。申し込む時点で相当に恥ずかしいから、いいか?)

 SMプレイ中に女王様から「恥ずかしいのが好きなんでしょ?」みたいなことよく聞かれます。

 この質問の正解が、未だによくわからない。

1537930946-722x1024.jpg



 瞬間(心理的)女装マゾになりすまして、「いや〜ん、恥ずかしい〜(=もっと辱めて〜)」と言えばいいのか、キリッとM男風に、「いいえ。恥ずかしいのは苦手です」(だからもっとお願いします)と正直に言えばいいのでしょうか?

 ど〜でもいいのか、そんなこと。楽しければ?

 いや〜、羞恥心って、ホントいいものですね!

 それでは皆さん、またお目にかかりましょう。

  サヨナラ、サヨナラ、 サヨナラ。


picture_pc_cc10a411c5ad4bf087cf817913319b80feb79c41.jpg


 【関連エントリー】

■ 恥ずかしいマゾがいる。マゾの恥ずかしさというというものはない


■ そうだったのか!羞恥心
何となく変態

■ 変態を生きる 今だけ、この瞬間だけ変態だから(>_<) 2009年07月28日


■ M男の羞恥心 2009年07月28日
スナイパーEVE_s
 M男としてメディアに登場してしまった Homer


■ 羞恥心について 昔は顔面騎乗という言葉さえ言えなかったのに... 2011年8月16日


■ 罪と恥 2009年 10月14日

■ 羞恥心とは不可思議なるもの


■ 匿名の羞恥心
匿名の羞恥心_1

■ 男としては最低で、M男としては最高の瞬間


■ マゾばか日記
M男の排泄シーン「ご覧下さい」

 「いや〜見ないで〜」と言いながら排便するのは、チョー気持ちいいかもしれない。








[ 2020/06/13 10:21 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(2)

アイコンタクト 

女生徒&マゾ教師

 この作品は、厳密には顔面騎乗とは言えないのですが、なかなかいい構図だと思う。

 通常は、顔面騎乗されている時に、女王様の顔を拝むことは出来ない。

 いわゆる「エリック・スタイルの顔面騎乗」であれば別だが、女王様のお尻と密接している場合には難しい。

エリックの顔騎_B

 絵の鑑賞者の立場から言うと、奴隷と女王様の表情が同時に見れるのは、エキサイティングだと思う。

 おそらくは男性教師であろう奴隷の惨めで哀れっぽい表情と、女王様である女学生のドヤ顔のコントラストが素晴らしい!
 
 「もっと舌を伸ばして!」という女王様の声が聞こえてきそうだ(>_<)



【顔面騎乗関連記事】


■ よくわかる顔面騎乗




■ 顔面騎乗の社会的評価


■ 現代思想としての顔面騎乗 レヴィ・ストロースも好きだったかもしれない顔面騎乗

■ 顔面騎乗の形而上学  普遍的な文化芸術としての顔面騎乗

■ 顔面騎乗の宇宙 人類に残された最後の謎、顔面騎乗ワールド

■ ファッションで見る顔面騎乗

■ 顔面騎乗の美学
 
顔面騎乗はとてもストイックな美学の羞恥で、必ずしも性的快楽を目指すものではないのです。

■ 初心者S女のための顔面騎乗教室

■ 彼女に顔面騎乗をしてもらう9つの方法





[ 2020/06/06 07:51 ] 試験に出る春川ナミオ | トラックバック(-) | CM(0)

Sardax と春川ナミオ 〜同時代を生きた芸術家 

 今でこそ春川ナミオさんの絵が大好きだと大きな声で言えますけれど....

  昔は小声でも言えなかった(>_<)

 時々、SMクラブでは、プレイ前の打ち合わせで春川さんの絵をお見せすることはあります。

 以前の女王様との会話は、こんな感じでした。

「こんなのが好きなの? オマエは変態マゾだね〜!」  ← 当たり前なんだけど(>_<)

 最近は女王様のリアクションも変わってきて、

「ステキよね〜。マドンナも大好きってインスタで言ってたよー♡」

 ごく健全に話が盛り上がるし、そこにウシロメタサはもうない。

 顔面騎乗を得意としない女王様も、春川さんの絵を見せるとしてくれる! 

     ↑ ウソです (。。)☆\バキ

 いえいえ、たまに、喜んでしてくれる女王様もいらっしゃいました。

「これって、絵と同じ感じ?」とプレイ中、僕が持参した絵を片手に頑張ってくれるミストレスもいた。

 そういう意味でも、春川さんには感謝しています。

Sardaxは昔から春川ナミオを敬愛しており、10年ぐらい前に出版された彼の初めての画集にも謝辞が記されていました。

 当時はやはりまだ、大きな声では言えないんだよね〜という感じも少しあったので、このカミングアウトには、「かっこいいな!」と思ったのを覚えている。

Sardaxも春川さんほどではないにしても、顔面騎乗系の作品は結構描いていた。

 特に春川さんの影響を受けていたようには感じなかったけれど、無意識に同じ匂いを感じていたのかもしれない。

ナミオ追悼画像

 そのSradaxが、先月お亡くなりになられた春川さんへの追悼コメントに続いて、心からご冥福をお祈りしたいという強い思いで作品を描きました。

 依託という形式で女王様の肖像画を描くことの多いSardaxですが、これは自主的に、純粋な気持ちで描かれています。

 まぁ、こういう世界ですから、あまり詳らかにしたくない気もするのですが・・・。

 しかし、誰がどう見ても明らかに春川さんを意識した筆致に、換骨奪胎とかパロディーとかの域を越えた、完全純粋芸術とも言える筆さばきが見事だと思う。

 水彩画なのに、春川さんお得意の鉛筆画風にタッチを工夫しており、これはSardaxのこれまでのスタイルとは一線を画する技法で独自性が感じられます。
 
 ティッツアーノやルネサンス絵画など、あるいは近代西洋美術の水準を遥かに越えた技術とクオリティの昇華がここにある。

 SardaxはFemDom Art の世界におけるレオナルド・ダビンチであり、アンディー・ウオホールなのです。
 
 いわゆるFemdom Artist と呼ばれる人たちで、春川さんの影響を全く受けてない人は稀だと思いますが、Sardaxこそは、春川芸術と彼の思想の偉大なる継承者と呼ぶにふさわしい。

 Thank you very much Mr.Sardax !!!

  It's AMAZING !!

  Exquisite representations of Namio's beauty.

  I can't say anything but gratitude.

        ↑ Having said that, I already said many things.... (。。)☆\バキ




■ Tribute for Harukawa-san by Mr.Sardax

顔面騎乗に花束を!_DVD_2


■ 春川ナミオの絵について・団鬼六
団鬼六氏プロフィール写真
 S男の代名詞的存在だった団鬼六氏から、春川ナミオ原画展に寄せられたメッセージ。



■ 春川ナミオの芸術
人間便器フェアー_1s


■ 顔面騎乗に市民権を与えた男
Sardax


■ 春川ナミオ氏と会う!
春川ナミオと
  憧れの巨匠とついにご体面!





[ 2020/06/01 12:57 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(3)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

16位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ