FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

視線責め 



 今さら言うまでもなく、SMには、いろいろな責めのスタイルがある。

 特に道具を使わず、誰でもすぐに出来そうだけれど、難しいのが言葉責め。

 下手するとコメディになってしまうので、やはり経験というか習熟は求められる。

 言葉(台詞)そのものより、タイミングとか口調なども重要なんだ。

 それとの合わせワザみたいなものですが、僕は視線責めが大好き(>_<)

 わざわざカテゴリーを立てなくても、皆さんも無意識にやってるでしょう。

 
↑ 「ヤラれちゃっている」っていう意味でね


ヘラクレスとオンファレ

 しかし、SMクラブのプレイメニューには、載ってない場合が多い。

 オプションにもないし、そんなもんにわざわざ追加料金払う気になれない人もいるだろう。

 だからこそ、深堀りして、濃密な時間となるまたとない機会でもある。

Torture_of_Line-of-sight.jpg

 簡単には説明できない魅力が潜んでいる。

 まさに目は口ほどにモノを言う。

 セッション中に、マゾが何かドジ踏んで、女王様から

 あらあら

 とでも言われんばかりの表情に、激萌え〜してシマウマ(>_<)

 tumblr_o343o6Bi6T1v51w7zo1_1280.jpg

 しかし、これは誰でもいいというわけにもいかず、さらに、心理的状態とか、個性にもからんでくるので何とも言い難い微妙な領域の快楽、官能世界という感じ。


M男的台詞
 懐かしい〜(>_<) M男的台詞付画像!


 昔あった「M男的台詞付画像」でも、僕は台詞よりも登場する女性の目線が刺さりまスた。

 (台詞はピンキリでしたが、中にはいい感じのもありました... )

 羞恥的要素の強い、不特定多数の視線が好まれる場合もあるのでしょうけど、やはり崇拝する特定の(お気に入りの)女王様から、見下されるのが、最もインパクトあるような気がします。

Motoko_teki_Serihu_1012_202103221208310bd.jpg
↑ 
こんなの絶対に言われなくないけどネ(>_<) でもこの画像見ちゃうと、それもいいかも?と思えてくるから不思議だ


 それにしましても、こういうの(M男台詞付画像)を作ってる人たちは、こんな娘っこから、こういうこと言われてみたいと思って作ってるんでしょうけど、凄い才能だと思う。
 
M_otokoTeki_20.jpg

 元画像には台詞ないわけで、普通の人なら、恥ずかしくて出来ないよ。

 その画像の、つまり女性の視線・目線・表情から、ありえない言葉責めを創りだす文才は素晴らしい。
 
 いや、普通の人でないからこそ可能とも言えるけど、普通のマゾにはできないでしょ?
   (そうでもないか・・・)

 んじゃ普通のマゾって何だ?というツッコミが予想されますが、一般的なマゾは画像だけで、だから視線責めだけで満足できますが、アブノーマルなマゾの場合は、自分でカスタマイズした、自分好みの台詞をその目線に乗せて聞きながら逝く。

 んじゃ、アブノーマルなマゾってどんなんなんだ?という声も訊かれる。

 朝霧さんは先日のコラムで、「マゾの嗜好も大差ないしね」などと綴られていましたが、いつの時代も、マゾは多様化していて、どれがまともで、どれが異常かなんて誰もわからんだろうし、定義出来ないと思う。

 ただ、日常的にいろいろなマゾのバリエーションを見慣れているプロ女王様にとっては、みんな似たり寄ったりで、特に明確な差異には無頓着になるのかもしれない。


「マゾの嗜好も大差ないしね」 

 などと言われると、相変わらずワンパターンな自分のことを思い出して、少し悲しくなる。

 僕は自分のことを「仮性マゾ」とよく自嘲気味に言ってますが、あまり深い意味なくて、強いて言えば「ひと皮剥けてないマゾ」とでもいいましょうか、中途半端なマゾぐらいの気分です。

 ある女王様は、

「みんなそれぞれユニークで、いいワルいのモンダイじゃないヨ」

 といみじくも宣いました。

 みんなちがって、みんないい。

 そういう気持ちの眼差しが、視線の奥にあって欲しい。


 

 

■ ジロリの女


視線責め-2


■ フツーのマゾ



[ 2021/03/25 16:52 ] 責めの種類 | トラックバック(-) | CM(3)

昔と今のマゾ 

 古い記事だけど、朝霧リエさんの「昔と今の女王様」というコラムを読んだ。

 昔から彼女の文才には瞠目していましたが、今の若いマゾヒストも必見のコンテンツです。

 僕も、いつの間にか「昔のマゾ」になってしまったみたいだ(>_<)

「それなりの覚悟と意気込み」に関して言えば、当時の女王様だけでなく、マゾにもあてはまっていたと思う。

 たとえその場限りの「お遊び」にせよ、相当の覚悟がなければ、SM体験はできるものではなかった。

 日本三大マゾの武勇伝ほどではないけれど、僕も昔は「それなり」の覚悟があって(今もだが)、修羅場は踏んでないにしても、様々な経験をさせて頂いた。

 社会人としての、仕事での経験以上のものを、SMから学んできたと思っている。

 口コミはもちろんのこと、ほとんど情報がなかった時代、やみくもに自分の夢を求めて彷徨う姿は、真剣だっただけに、今思うと滑稽にさえ感じる。

 マゾも女王様も、手探りで真面目に模索していた時代だった。

 僕の個人的な感覚かもしれないが、今でも遊び感覚でSMをやる気になれない。

 やるからには、ガチで本気で、純粋に、そして可能であれば女王様にはお楽しみ頂けるように精一杯努力したい。

 楽しくなければSMじゃない! という女王様もいる。

 「私が楽しくないと、マゾは悲しいんでしょ?」と、こともなげにおっしゃる平成生まれの女王様には、正直、脱帽してしまう。

 おっしゃるとおりです(>_<)

 昔と今を単純に比較は出来ないのだけれど、今風の、若い女王様の中にも、昔ながらの伝統芸を引き継いだようなセンスをお持ちのドミナがいらっしゃるのが救いだ。

 SMの文化、特にFemDom的な情趣豊かなものは、昔の日本にはなかった。

 「女は縛ると美しくなる」とか言ってた伊藤晴雨など、先駆的な人材は女性緊縛等に集中し、沼 正三や春川ナミオの登場まで、男性マゾヒズムは、SM変態カテゴリーの中では、隅っこに追いやられていた。

 西洋的なスタイルとセンスを持ち込み、洗煉された形に仕上げたのが、リエさんを含む黎明期のSM女王様たちだった。

 リエさんは、そういう意味で、西洋のFemDom的な情趣を日本の伝統と融合させ、女王様としての巧みの芸を後世に伝え継ぐエヴェンジェリストだと言える。

 先行き不透明で閉塞感が漂う昨今ではありますが、もともとSMというのは、一発で答の出る世界ではない。

 どうしたって胡散臭いし、いかがわしい。

 しかし、究極の感動や美が見られる瞬間も、確かにある。

 関係性の賜物で、過程であり、揺れであり、共感するもの。

 言葉や表現は異なれど、リエさんは昔から同じようなことを述べられていた。

 僕もそうしたことを、わかっていたとは言わないけれど、無意識で了解していたような気もするのです。

 どうでもいいか、そんなコト(>_<)


【朝霧リエさん関連エントリー】

■ SMの女王様に市民権を与えたのは朝霧リエです

■ ラシオラは裏切らない

■ ラシオラよ永遠に!

■ ラシオラのSM 朝霧リエの思想と美学
朝霧リエ

■ 朝霧リエに調教されたドM有名人とは?



朝霧リエ




[ 2021/03/20 14:20 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(0)

マゾは顔面騎乗がお好き 


 そんな映画、昔ありませんでしたっけ?




 僕は「お熱い」のも好きなんですが、顔面騎乗はたいてい、ひんやりしてますね。

 座られますと、おでこやほっぺたがが火照ってきて、やがてほどよい温度になります。

 僕は自分では(されたことはあっても)顔面騎乗をしたことはないのでよくわかりませんが...

 ホットカイロの上に座ったのと似たような感じになるのではないでしょうか?

 冷え性気味の女王様は、ぜひマゾの顔の上に座って臀部を暖めて下さい。

マゾは尻がお好き」



【顔面騎乗関連記事】


■ 顔面騎乗の起源と歴史

■ 顔面騎乗の社会的評価

■ 顔面騎乗に市民権を与えた男

■ よくわかる顔面騎



【大好評「試験に出る!シリーズ」】

■ 試験に出る春川ナミオ

■ 試験に出る顔面騎乗

■ 試験に出るSM


■ 文豪座談会

明治の文豪も愛した顔面騎乗


■ 別の日の会話
No_15
 北川プロのCEO、北川繚子さんが語る顔面騎乗論。舌奉仕は顔面騎乗において是か非か?













[ 2021/03/17 14:42 ] FemDom座映画劇場 | トラックバック(-) | CM(3)

幻の絵コンテ ② 

復讐の檻_03

 幻の絵コンテの続きです。

 偉大な画家は自画像を残していますが、このラフ・スケッチの中で、ご自身の理想像ともいえる姿が描かれているように感じました。

 初めて僕が春川さんにお会いした時、すでに還暦を過ぎていた頃でしたが、なんとなく若かりし日の面影が、このラフ画から偲ばれます。

 と申しますか、ダンディーでスタイリッシュ、まさに「カッコいいマゾ」とはこういう人のことなんだと。

 僕だけの感じ方とは思うけど、春川さんの顔は画家の岸田劉生に似ていると思いました。

 【岸田劉生の自画像】

 岸田劉生

 岸田は様々な年代の自画像をたくさん残しており、知らないで見たら別の人かも?と思えるくらいどれを見ても独特な違いが印象に残る。


 娘さんを描いたこの絵が有名 ↓

img_c5031ada598face79120e26cb0bbdb1e124928.jpg

 別の時期に描かれた同一人物 ↓

s-293.jpg
      *こっちの方がカワイイよね  (。。)☆\バキ

 春川さんの作風は、その情景にご自身の姿を投影させている、いわば離見の見をポストモダン的に実現されているように感じます。

全然関係ないけどドラクロワの自画像
ドラクロワ
 これも春川さんを彷彿させてくれるイケメンぶり(>_<)


 「モナリザ」はダヴィンチの自画像だという説もあります。

o0221032912005130295.jpg



■ 春川ナミオの芸術
PU_春川ナミオの芸術


■ 春川ナミオ氏と会う!
春川ナミオと
  憧れの巨匠とついにご対面!







[ 2021/03/14 14:14 ] 試験に出る春川ナミオ | トラックバック(-) | CM(4)

かっこいいマゾの作りかた 

  恥の多い人生をおくってきました。

 僕はどちらかというと、きわめて楽観的な性格なのですが、おウチ時間が長期化し、気軽にSMが出来ないとなってくると、やっぱり独特のフラストレーションがたまってきます。

 なので先日、我慢しきれなくなって Go To SM してきまスた・・・

 SMというのは、気軽にやるべきものではない。

 ストレス発散のために「気」にやるのはいいが、慎重に行うべきである。

 今でも僕は、SMクラブへ予約の電話をする時は、緊張・・・ ?  う〜ん、

 実はもう、それほど緊張しなくなりましたかね〜(>_<)


 先日、一応は覚悟を決めて、SMクラブに逝ってきたんですけど、しょっちゅう通ってるわけではないのに、冒頭で「いつもお世話になっております。」なんて言ってみたりして。

 「こんなご時世で誠に申し訳ありませんが、予約可能でしょうか?」と、

 敢えて腰の引けた挨拶を、アドリブで言えた自分に、我ながら感心してしまいました。

 もう予約をする段階からプレイは始まっている。

 昔はそんな感覚で電話をしていた。

 最近は、立て板に水が流れるように、とまではいかないけど、噛まずに、とちらずに、こちらの発話が先方の応対にかぶらないように、落ち着いて、間を意識しながらなめらかで自然なトークを心がけています。

 ご調教のご挨拶ではないですが、丁寧な敬語で最大限のリスペクトを表現。

 ある意味で、「私の恥ずかしいマゾヒズム」のプレゼンテーションを行う心意気。

Presentation_of_homers_embarrassingM.jpg

 プレイそのものが、マゾヒズムのプレゼンテーションなわけで、それを冷静に行うぐらいの、余裕というか気持ちのゆとりを持ちたい。

 そんなこと言ったって、優秀な女王様は容赦なく追い込んでくるから、

「ウハー」

と、いつの間にか、なっちゃうんだけど(>_<)
 
 平常心でSMやっても、面白くないのでは?という意見もあるでしょう。

 それはごもっともと思う一方で、冷静に惨めな自分を見てみたい気もする。

 いわば能楽の世界で言うところの「離見の見」みたいな?

 昔、カメラを部屋の隅っこに置きっぱなしにしてセッションを撮影してたりしました。

 自分で撮影しておきながら、恥ずかしくて、とても見られたもんじゃないんだけれど、最近は、おうち時間が増えたこともあって、少しだけ冷静に見られるようになった。

 画面の中で、一応はまともに「お許し下さい〜 ヒえ〜!!!」とか叫んでる(>_<)

 今、この歳になって見てみて言えることは、

 バカだよね、ジブン(>_<)

 この「ひエ〜」と言ってるジブンの姿はおぞましい(>_<)

 もうちょっと、なんとかならんものか・・・

 馬之助さん龍パイセンのように、スタイリッシュでかっこいいマゾになりたいものである。

 とてもじゃないが、この偉大なお二人のようにはなれそうもないけれど、平常心で冷静にSMプレイができれば、少なくとも見た目には「カッコいい」ような気がする。

 ラリって見苦しく女王様の前でのたうちまわるのもいいんだけど、人生百年時代、残りの人生で、かっこいいいマゾになることを目標にしたいと思っているのですが、何かモンダイありましたでしょうか?


Mr-Umanosuke_Twitter_a-means-to-an-end.jpg
 *馬之介さんの文章は昔mixy時代から拝見していたけど、好きだったなあ〜

 

 *マゾヒストとしての勝ち組ともいえる、北川プロ初期作品にも出演されていた龍パイセン。またの名をヤプー0号氏
龍パイセン
 ブログ「マゾほど素敵な性癖はない!」より



 

あの人に会いたい





[ 2021/03/13 17:06 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(3)

Sardax美術の困ったところ 

Sardax美術の奇蹟

 最近 SardaxのTwitterで見かけた作品です。

 すでにこの種のFemDomアートは、これまでに何度も目にしているのですが、描かれている情景(責めのタイプ)によっては、どうにも、好きになれない感じのする時もあるのが正直なところ。
 
 ただ、彼の絵は大好きだし、美術作品として鑑賞する分にはいい。

 こんな上品な部屋で美しい女王様から鞭撃たれるという妄想は、楽しいし、興奮する。

 Sardaxの絵の怖いところは、それを見ると、本当は自分の苦手な項目(Whipping)でも、たまにはいいかな〜(>_<)と、思わされてしまう点です。

 心底イヤでも、美しい女王様に調教されることによって、好きになれるのかもしれないし、その冒険やファンタジーの喜びを、Sardax のアートは、与えてくれる。

 
 おそらくは、女王様の魅力やスキルが、あるいはマゾヒスト独特の感性が、論理的には説明できない思考(嗜好)や行動を促すのがBDSMの醍醐味という解釈が一般的でしょう。

 僕がこの絵について、そういう感想をつぶやいたので、Sardax は次のように述べます。

 ..., being whipped isn’t a pleasure in itself
but becomes a pleasure if it is endured for the love of the mistress.


 鞭で打たれること自体は喜びにならないが、女王様への愛のために耐えることができるなら、喜びとなる。

 まったくその通りだと思う!

 というか、BDSMのそのような王道ともいえる概念は、わかっていた(つもりであった)

 だけど、実際の経験的な痛みや恐怖が混在した複雑な思いが、なんとなくそういう理解を妨げていたように感じられた。

 Sardaxの絵の中で、男の表情は見えないけれど、その「耐えよう!」としているような身構え方で、将来彼が感じるであろう恍惚に共感できそうなムードがそこにある。

 そこが、見た瞬間に思わず惹きこまれ、この世界に耽溺してしまう大きな理由だろう。

 Sardaxの画家としての才能が、そういう奇蹟を可能にしている。

 こうした一面は、あらゆる芸術作品の持つ特徴だとも思います。


■ Sardax 英国紳士の描くSM絵画
Sardax_鞭



■ Sardaxの世界 Fedmom 美術の芸術性
Sardax_Harp


■ ハゲ頭のマゾがご奉仕するには
バカマゾへの崇拝指南



 


[ 2021/03/11 15:06 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

12位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ