fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

リモコン萌え〜 

 こういう、シンプルな画像にムクムク、ボッキんと反応してしまう時もある。

リモコン

 池袋のファムファタール叶門凛子さんがリモコンで Tweetしてました。

 そういうのを当て込んでの投稿でもないと思いますが、いいセンスだと思う。

 リモコンだけだと絵にならず、そのスイッチを入れる「支配者」としての存在感が輝く。


 リモコン(リモートコントローラー)は、比較的新しいツールであり、技術だ。

 いわゆる「大人のオモチャ」でなく、テレビや家電製品が登場する前には存在しなかった。

電気プレイ_06


 しかし、過去の時点における夢、サイエンス・フィクションとしては、その概念だけは古くからあった。

 究極なのは、人の心をコントロール(支配)するというコンセプトだろう。

 心というのは、自分のも含めて、なかなか自由にならないから、強制的に物理的に、肉体的に身体的な、社会的・制度的に人のコントロールを目指したのが、奴隷制だったのかもしれない。

 それはともかく、女王様がバイヴや電気ショックを与えるガジェットのリモコン・スイッチを持っている姿というのは、何故かソソるものがあります。

 それだけで思わず勃起したことがある自分に、少し驚いたことがある。

電気プレイ_01

 この種のプレイは昔から個人的には好きではなかっただけに意外だった。

 僕が若い頃はツールもまだ開発されていなかったと思う。

 レトロな電動アンマ機を使い、直接手作業で急所を責めるプレイはあったけれど、有線のリモコンでさえ登場するのはずいぶん後になってからだったと思う。

 女王様が手に鞭を持っているイメージと重なる部分もあるのでしょう。

 それを使われて、どういうことになるかを、自分がどんなめにあうのか想像して興奮するメンタルな遊戯とも言える。








[ 2022/01/30 11:16 ] 勃起力に花束を(>_<) | トラックバック(-) | CM(0)

新カテゴリー 

Bokki-ryoku_Hanataba.jpg

 
 勃起の難しいお年頃になった高齢者向けに、爽やかにエレクトできそうなイメージを求めて、新しいカテゴリーを創設してみました。

 その名も、「勃起力に花束を!」

 わざわざ新しいカテゴリー作るほどのことか? 

    ↑  っていうツッコミはなしでオナシャス。

 そもそも、このブログのカテゴリーは厳密ではなく、むしろテキトーと言う方が適当かもしれませんが、「萌え画像」とか「憧れの一瞬」を足して二で割ったような分類になるかな?

 どんなことにエロ(エロスでも)を感じるかは、人それぞれ。

 SMスナイパーの表紙を本屋で見かけただけでもう勃っちゃうこともある。



 みんなで集まった時に、勃起したことのある写真を持ち寄って、せ〜の!で見せっこする遊び、昔やりませんでしたか?

  ↑ やらね〜から ↑


 好きなタイプの女の子の、着衣の姿を見かけても勃起していたかつてのウブな自分を、もう一度取り戻したい。

 中ガク生の頃、音楽の授業に、たて笛の時間がありました。

 好きな子の吹いている、そのたて笛に、何故か興奮したことがあります。

縦笛少女
 *何も下着姿でなくてもよい。イヤ、そのほうがモア・ベタ〜ではあるけれど・・・


 その笛が欲しかった。

 その笛を吹いてみたい(>_<)

 間接キス(←もしかして死語?)への淡い思いが、ピュアだった・・・

 チュー学生の時は、SMのことはよく知らんし、プレイ経験はもちろんないけど、マゾであったろうことは確実。

 早熟マゾは、ノーマルな男子より、純粋だったですよ、たぶん。

 いや、どんなヘンタイ諸氏にも、ピュアな時期はある。

 誰にだって純粋な心はあるんだ。

 それが失なわれたように見えても、あるいは汚れてしまったように思えても、心のどこかに、きれいな状態で、必ず残っているんだ。

 僕はそのように思っています。

 



 





[ 2022/01/19 20:22 ] 勃起力に花束を(>_<) | トラックバック(-) | CM(0)

女神の乗馬 




 ちょっと以前のmugiさんのコメントに「勃起力に花束を!」というのがありました。

 勃起したくても、勃起しないお年頃になってしまいましたが、思いがけず、意外な映像が刺激となって、少しだけ元気になる時がありますね。
 
 こういう、フツーの映像を見ていても、勃起できるだけ、幸福だと思うのです。

 SM愛好家はフツーの性欲と、いわゆる「SM欲」が分離しているんじゃないかと思う。

 セックスしたいとは思わず、鞭で打たれて〜!とか、思うんだよね?

  ( ↑ 人による)

 かつて、昭和の時代には、オナニーは悪という文化もあったような気もする。

 そのくせ、大人たちは、SEXそのものは保留にしておいて、青少年には自慰行為は暗い衝動であるような教育をしていたんじゃないか。

 ハナシが少し違うかもしれませんが、西欧のキリスト教文化では、セックスは快楽であってはイケナイという。

 そこで、セックス抜きの喜びを見いだそうと、BDSMやフェティシズムが発達した(たぶん)

 性に目覚める前にSMを知った僕は、オナニーよりも、マゾヒズムに夢中になっていた。

 オナニーするにしても、女王様の許可を頂いてからという快感の誘惑に惹かれる。

 そういう歪な快楽の虜になったマゾに、今さら勃起力は必要ないのかもしれない・・・

       (>_<)


会田誠展 美少女オナニー







[ 2022/01/09 21:09 ] You Tube ネタ | トラックバック(-) | CM(2)

おいしいSM 


痛いばかりじゃ苦痛です。

心地よい、ゆるい、恥ずかしい、と、

いろいろあるのがM男の性癖。

問いたいのは味であります。

身も心もとろけるような顔面騎乗。

ソフトに圧迫されてわかる深遠なおいしさ。

ちょっとクセのある不思議なおいしさ

恍惚のないのは嫌い、まずいのはダメ。

自分の恥ずかしさをさがすトリップは、

そのまま自分の性癖を晒すことらしい。

美味しい女王様に出会って、きれいなお尻に顔をうずめて、

おいしい時間を過ごす。

そんな生活、理想に終わらせたくないな・・・

女王様と一緒に、奴隷も、

もっと食いしん坊になるつもりの2022年です。


おいしい生活


 いや〜、もう40年も前の広告だなんて、信じられない〜(>_<)




[ 2022/01/06 16:36 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(0)

持続可能なSMプレイ 


もっと舌を伸ばして


 女王様を舐めたらあかんぜよ(>_<)

 いえイエ、きちんとリスペクトしています。

 実際問題、崇拝してはいても、つい、舌で舐めてしまう。

 この行為で、愛と忠誠心とを示すのも、ひとつのSMプレイ。

 持続可能なライフ・スタイルで、持続可能なSMプレイも、できればと。

 しかし、もう限界かもしれない・・・

 人生そのものが、持続可能なのだから (>_<)

 
 今年もよろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m







 
[ 2022/01/03 07:33 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(4)

謹賀新年 2022(令和四年) 

舐めましておめでとうございます

「新年」

それは昨日に続く今日の上

日常というやや平坦な場所に

言葉が建てた素晴らしい家、

世界中の人の心が

何の疑いもなく引越していきました。


           石垣りん「ユーモアの鎖国」 より

 
 別に新年だからって、どうってことないだろう? とでも言いたげなポエム。

 詩人の名前だけは昔から知っていたけど、彼女の作品を読んだことはなかった。

 おそらく教科書か何かで、既視感があったような気はする。

 昨年、たまたま新聞で「この父ありて」というルポルタージュ記事を読み、彼女の壮絶な生きざまを知った。

 女流詩人という言い方は、今の世の中マズいのかもしれませんが、石垣りんは、おそらく日本のボーヴォワールのような人で、シリアスでシビアな詩情には、胸にささるものがあります。




 
■ 人はマゾに生まれない



[ 2022/01/01 15:09 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

8位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング