fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

The virtue of Face-Sitting 

Face sitting

 今さら言うまでもなく、顔面騎乗において大切なポイントは、(いろいろありますが)一つにはご奉仕関係だと思われます(たぶん)

 プロ女王様の中には、

 おマ●コだけは舐めさせないんだからネ!

 と、最初から啖呵切ってくるツワモノもいます。

 そうかと思えば、たまには

「最終的にはどこを舐めたいの?」

 と、ストレートに尋ねてくれるベテランもいらっしゃいます。

 まぁねえ・・・ ここら辺は人それぞれ、女王様次第だと思います。

 一つのポイントは、「前」か「後ろ」の問題にもなるのですが、いずれにしても、それを逝っちゃ〜オシめ〜よってな感じて、あまり好ましくないと、僕は思います。

 アソコを舐める舐めないの問題は、オプションとかメニューで決まってる場合はともかく、ラシオラみたいにドミナの裁量にまかされているなら、別に決めなくてもいいんじゃないかな。

 ノリで。

 頑張って女王様に認められたなら、ご褒美として、「ご奉仕」させて頂ける。

 まぁねえ、昔からなんとなく、そういうコトになっているような気がします。

 これぐらいのスタンスで、もしダメだったら、努力が足りなかったとあきらめる(>_<)

 どっちでもいいから、とにかく、命令して欲しい。

 もしも、女王様的にイヤだったら、ギリギリのところで「ハイ、そこまで!」とかわせばいい。

 僕の場合は、最初のカウンセリングというか打ち合わせの時でも、なんとなくこういう「肝心な部分」はあやふやにして、とっておきたいというのが本音であります。

 やってみなければ、どうなるかワカラナイというスリルは、リアルで本物だよ。

 後ろはいいけど、前はNGという女王様もよくいるんで、その辺りは気をつかいますね。

 アナル奉仕していても、どさくさに紛れて舌を伸ばすと、アソコに届いてしまったりとか。

 顔面騎乗の場合は、
 てか、前も後ろも同時多発的に舐めちゃいたいですよ(>_<)

 業界で長いベテラン女王様は、

 「結局、舐めたいだけなんでしょ?」
 
 と、ケロリンと、何もこだわらずに好きにさせてくれる場合もある。

 だけ、ではない。 

   それもある (。。)☆\バキ

 それもあるけど、それだけではない。

 例えば、匂いを嗅いだり、近寄ってくるアヌスを眺めて、濃厚接触する直前の瞬間に離れてしまう(女王様がしゃがみかけて、また立ち上がる)「間」だとか、そういう複雑なバリエーションが無限に連なる宇宙のような時空を心理的・身体的、物理的・非論理的に味わいたいんだよ。

 とか説明してみたところで、女王様の方はキョトン(←もしかして死語?)とされている。

 何度目かのセッションでこの女王様は、まったりした顔面騎乗の最中に、

 「宇宙? 宇宙見えてる?」 

 と訊いてくれたことがあったんだけど、なかなかやるじゃんと、その時は感動した。

 いや、そうではなくて、顔面騎乗の魅力は非常にパーソナルなもので、特定秘密だと言いたいのです。

 そんなこと逝っても、開示しなければプレイは進まない、と思われる向きもありましょう。

 言葉責めで強制的に自白させられるのもいい展開だと思う。

 「舐めさせて下さいと、お願いしなさい!」

  と命令されるのも、萌え〜かもしれない。(実際、そういう女王様もいらっしゃった)

 昔、僕は「顔面騎乗して下さい」と、直接言えないマゾだったことを思うと、哀願させられる屈辱の瞬間は、屈折してるようでいて、素直になれる唯一のチャンスだった。

 そのようにして特定秘密を開示し、自らの真実をさらけ出す快楽が、顔面騎乗にはある。

 いや、他の調教・責めにも当てはまるとは思うのですが、顔面騎乗は緊縛や鞭・ローソクよりは、奥が深く、複雑で、わかりにくい巧みの世界であろう。
 
 緊縛や鞭愛好家も、同じことを言うだろうけど・・・

 比べても仕方がないのはわかっていますが、鞭や緊縛よりは、僕に限って言えば、ただただ、真剣に、本当に、宇宙いち顔面騎乗が好きなだけです。

 それだけではないのですが。

 顔面騎乗を表現するイラストでは、舌舐め奉仕の描写に鑑賞の目は向うことが多い。

 そして、顔面騎乗絵図の神とも言われる春川ナミオの作品では、そこの描写が上手いぐあいに曖昧です。

 具体的に描かれているような図は、意外なほど少ない。

 男の舌が、見えるか見えないかギリギリの部分でとどめている。

 暗藻ナイトやその他の現代作家の場合、特にこだわりを持つことなくさらりと表現しているような印象を受けますが、ここの露骨な描写があるかないかで、顔面騎乗としての価値が決まると逝っても過言ではないだろう。

 d018.jpg


 ちなみに、このイラストも、あんまりペニスに目立った動きはないようですね・・・












[ 2022/07/28 19:45 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(0)

白いハイヒールの眩惑 

白いハイヒール

 赤いハイヒールはもちろん大好きですが、色よりもやはり、こういうシチュエーションが、まず先に来ます。

 mugi さんの最近のエントリー「赤いハイヒールの眩惑」の冒頭の描写で、真っ先に思い浮かんだイメージが実はこれなのでした。

 男は「太腿をハイヒールの踵でグリグリと抉られ」、痛みで顔を歪めながら女王様にお慈悲を請う。

 男の顔は目の前に見える太もも越しに、女王様の神々しい顔を見上げている。

 そして、女王様はきっと、次のような台詞を言うんだと勝手の妄想する。

「あら、なあに、物欲しそうな顔して。 もっと強く踏んで欲しいの?」

 女王様は見下しながら、さらに体重をかけて踏みつける。

 ち、違います。痛すぎるので、もっと軽くにしてくらひゃい・・・

 と、声には出さず、心の中でつぶやく・・・

 などと、モーソー。

 こういうのは、マゾヒストの十八番というか、春川ナミオのイラストを見ても、似たようなコト考えてしまう。

 そこに描かれている描写や物語の主題、作者の意図などお構いなしに、自分勝手に自己の願望を重ね合わせて陶酔する。絵画や音楽、他の芸術作品にも、多かれ少なかれ、鑑賞者の自由なインスピレーションで、イマジネーションは無限の宇宙を彷徨うのです。

 そんなこと、みんなやってるよ。

 マゾだけでなく、サドもヴァニラも、大人もコドモたちも、人間の感性には、多様性の中にも、共通の普遍性がある。

 そうでありながらも、世界には格差と対立があふれている。

 このシチュでは、ハイヒールの色は赤でなければならない、とプーティンは言う。

 ウクライナは、従来どおり黒で突っ張る。

 そこんとこは、白でオナシャスと、国連とアメリカが仲介してくる。

 ここで紛争を避けるには、柔軟な思考と嗜好で、色にはこだわらずに、痛みのあるなし、その後の展望や持続可能性を視野に入れたプレイ、でなくて、施策の創出であろうか・・・

 紛争や対立が避けられないにしても、両者は合意の上で傷は最小限にとどめるような知恵を、世界はSMから学んで欲しい。 


    などと、モ〜ソー・・・



白いハイヒール





[ 2022/07/24 18:31 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(0)

黒いハイヒールの眩惑 


ほらほら

 やや中途半端なM字開脚で、私は、股を広げたままの状態で固定されていた。

 硬直した私のソレは、エナメルの黒いハイヒールの下にある。

 まだ半分ほど皮かむりの亀頭が、少しだけ顔をのぞかせようとしていた。

 「あら? オマエのこどもチンポ、今日は生意気ね」

 天真爛漫なその若い暴君は、眩しい微笑みをうかべながらおっしゃった。

 「・・・今日は中々いい感じの女王様に当たったな…」と、私は心の中で呟いた。

 そう思ったのもつかの間、冷たいヒールの感触が、私の熱いソレと中和するかのように、少しずつ重く、不気味にのしかかってくる。

 「でにゆうぃうんゃn〜」
  
   と、言葉にならない嗚咽をあげて、私は女王様に、情けを請う。

「でも、ホーケーだから窮屈そうネ」  ← *事実は仮性包茎

  珍しく、私のソレは、いつもより元気よく、かたくなっているではないか・・・

  「私がこうして、大人のペニスにしてあげる!」 

A_Little_more_Mashi_2.jpg

 私は思わず股を閉じるように、横に倒れてしまった。
 
 そんなことにはお構いなく、すかさず女王様は、

 ハイヒールの先で、皮を押し下げて、半分隠れていた亀頭を剝き出しにしていく・・・

   ううぅぅ… ぅやあぃャう おやいああゃあょ〜・・・

 「あら、そんなに嬉しいの?」
 
   猿ぐつわをされているので、きちんと声にならない・・・
  
 「お返事は?」

  女王様は、朗らかに力を入れて踏みつけてくる〜。

 「うふふ、チンポ 剝き❤️ムキ〜と♪」

 ああ、楽しそうに笑っている。惨めな私のソレは若い暴君の玩具と化した。

 ふと、女王様は何かに気づいたように姿勢を低くしてその玩具を見つめた。

  「あら? まだ、大きくなってくるのね〜?」

 黒いハイヒールは、私の身体をステージにして、リズミカルにダンスを踊る。

 女王様が少しだけ力強く踏むたびに、私のソレは少しだけ大きくなる。


  「もともとが小さいからね〜、もっと大きくなるのかしら?」

 私のソレが、女王様のハイヒールと一体化し、ワルツを踊っているようだ・・・


  私は無意識のうちに、甘えたような声を漏らしながら

 「ああ、永遠にこの幸せな時間が続けばいいのに…」と願った。

      ( ↑ mugi さん、ごめんなさい ↑)


          「黒いハイヒールの眩惑」 未完




 う〜ん・・・ (>_<)

 ほぼノンフィクションの実話ですけど、あからさまに書くのは、やっぱり恥ずかしいですね〜

 この時の女王様のお言葉が、僕にとっては本当に宝ものになりましたから、なるべく、ありのままに記してみました。

 これは、およそ10年ぐらい前のプレイで、新人時代からおつきあいのあった女王様だったので、一生懸命によくやってくれたと思います。

 内心では、やってる最中はヒヤヒヤもので、ここでの僕の気持ちの吐露は、多少美化されています。

 実のところ、しばらく再起不能のトラウマの、闇記憶となっていたプレイです。

 一応セーフワードも取り決めておいたのですが、スリル満点でした。
  (結局は使いませんでした)

 僕にとっては、恐怖の言葉責めで来るものの、実際に怖いことはせず、力も加減してやさしくしてくれて、楽しみながらも、僕を愉しませようと努力してくれていたのが印象に残っています。

 今から冷静に思い返すと、わりと無邪気なプレイ内容でした。

 事前に僕は、仮性包茎であることに強いコンプレックスを感じていたことを素直にカミングアウトしていたことが、幸いしていたのだと推察されます。

 「そんな人、たくさん、いますよ。あまり気にすることないですよ」と、彼女は思いっきり無邪気に言ってくれました。

 女王様どうもありがとうございました。


 さて、mugi さんの真似してみようと思ってみたのですが、少しはプレイ体験記っぽく書けたのでしょうか?

 こんなんでよろしかったでしょうか・・・(>_<)   いかがでしたでしょう?



スマホ待ち受け画面_チン踏み

 女王様のご命令で、私はこの画像を ↑ スマホの待ち受け画面にさせられている。




■ 恥ずかしいマゾがいる。マゾの恥ずかしさというというものはない
JiJi_mazo_20190601112939a18.jpg


■ マゾの壁

■ 女王様とハグできますか?
e448ad2cfa0ca80cd9d08ad98faaf46f_20190601211151101.jpg



認めたくないものだな

シャー

己自身の、マゾさゆえの恥ずかしさというものを





[ 2022/07/20 15:01 ] マゾの思い出 | トラックバック(-) | CM(5)

暑中見舞い申し上げます 



 
 女王様と海に逝きたいな・・・

 ちょうど3年ぐらい前の記事で使った写真。

 この写真が、ネホリ氏のお気に入りだそうで、僕も大好きです。

  赤いハイヒールを履いて頂いての、コスプレのようなSMもよろしいと思いますが、やはり日常的なところで、異化効果を狙った「支配と服従」という構図が見え隠れする趣も、また格別の味わいがあるなぁと思います。

 そうはいっても、最近の「マゾほど素敵な性癖はない!」で拝見した、赤いハイヒールでペニスを踏まれるプレイは美しい。

 mugi さんのこのプレイは世界SM芸術遺産に登録したい。

 確かにあれが普通の黒いハイヒールだったら(別に悪くはないけど)赤と比べちゃうと、少しだけ残念な気はする。

 なにしろ昔、ビギナーの女王様に黒いハイヒールで踏まれて、皮剥かれちゃったことがあって、それが今でもトラウマになっていたりします(>_<)

ほらほらこうしたら少しはマシになるのかしら?


  赤いという、ただそれだけの理由で勃起力が増すのは、人類学的な必然なのかもしれない。

 そういえば、昔使っていたマゾ花のロゴは、こんなのです。

マゾ花ロゴ
 
 これのオリジナルは、「奇譚クラブ」のカットで、モノクロだったのを、僕が女王様だけ赤く塗りつぶしたのです。

 なんてことのないシルエットですが、確かにmugiさんのおっしゃるように、赤いだけでかなり引き立つのがよくわかるイメージだよね。自分でやっておいてよく言うよだけど、この方がクールだろうと無意識にやっていた。

 赤は魅力的な色だけど、刺激的すぎて疲れる面もあります。

 もしペニス踏まれるんだったら、僕は白いハイソックスがいいかなぁ〜

 てか、素足が一番でないですか?

 エナメルフェチとか、ビニールなど、コダワリさんのヴァリエーションは豊富でいいと思うのですが、やっぱペニス踏まれるんだったら、素足の土踏まずの部分が最高でないでしょうかっ!

 ハイヒールは舐めるものであって、無理してペニス踏まなくてもいいんだ。

 もう歳だし、健康的で持続可能なSMが、理想というか、希望です。



 暑い日が続きますが、熱中症とコロナに気をつけて、皆様ご自愛下さい。




■ ハイヒール・フェチ

■ 不可解な願望
TopIMG_Leg_01



■ 表紙フェチ

■ 平安時代の足フェチ      

小柴垣草子
小柴垣草子



■ 靴(くつ)フェチM男

■ 富美子の足

■ 加藤ローサの足

■ フツーに蹴りとか

■ 声フェチ

■ 全裸フェチ

■ お尻ぺんぺんフェチ

■ 宗教フェチ




[ 2022/07/15 18:16 ] 過去記事リバイバル | トラックバック(-) | CM(2)

感動の人犬プレイ 

g.jpeg

 昔、Men In Pain という海外のBDSMサイトで見た写真・動画と同じようなプレイをしてみたいと、女王様にお願いしたことがあります。形態としてはよくあるスタイルですが、難易度はなかなかのものでした。

All_four-1.jpeg

 まず女王様には中級以上の緊縛スキルが求められますし、マゾのほうにも意外と体力的な負担が大きかった。

All_four-3.jpeg

 実際にやってみないとわからない、キツいプレイでしたけど、やってみてわかったことは、なすすべもない惨めさ感が最高でした。


 これは永井豪の「バイオレンス・ジャック」に出てくるワンシーン。



 昔、これを見ていたこともあって、出来ればいつかやってみたいと切望していたプレイだったのです。

 この時の女王様には随分とご苦労をおかけしましたが、見事に実現して頂き、感謝しております。

 要望としては、贅沢で、ワガママなリクエストだったと思います。

 女王様は快諾して下さり、面白がって頂けたのも幸いし、エクセレントなセッションとなりました。

 あの目の高さで這いつくばりながら、女王様の足元を追うダイナミックな体験は実にリアルな感動を与えてくれました。

 
エクセレント

 スマホはまだ持ってなかった時代で、普通のデジカメのタイマー撮影で記念写真。

 赤いロープはなかったので、衣装のほうだけ赤でコーディネートして下さりました。

 本当にありがとうございました。
 






[ 2022/07/09 17:06 ] マゾの思い出 | トラックバック(-) | CM(4)

欲望のあいまいな対象 

ニューステイトメナー

  この景観に見覚えのある方もいらっしゃるでのしょうか。

 ここは東京の渋谷区代々木にある高層マンションの一角。

 昔、摘発前のラ・シオラがお店を構えていた場所です。

 新宿南口(今のバスタ新宿あたり)から歩いて10分ぐらい、青梅街道から左に入ってしばらく行ったところです。

 六本木と違って、明るく緑の多い、開放感のあるロケーションでした。


 豪華プレイルームというほどではなかったように思いますが、上品な調度品や、欧州のフェティッシュ雑誌などが待合室にさりげなく置かれており、緊張していたけど、リラックスできるように配慮された、粋な設えでした。

 こういったところにも、朝霧さんの理念が反映されていたように思います。
 
欲望のあいまいな対象


 


[ 2022/07/07 11:44 ] マゾの思い出 | トラックバック(-) | CM(2)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

8位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング