fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

女神様が撮ってくれた写真 

思い出の芸術写真

 お気に入りの写真家、カメラマンはいらっしゃいますか?

 女の子を撮らせたら篠山紀信? 女王様を撮らせたら Kazuki さんが思い浮かびますが、お元気でしょうか... 

 この世界で有名なところでは、ジョン・ウイリーとか、ヘルムート・ニュートンあたりかな。ボブ・カルロス・クラーク、Roy Stuart、クロード・アレキサンドルはご存知でしょうか。マン・レイを好きな人は多いと思う。

 土門拳やロバート・キャパ、岩合光昭さんなど、モチーフや被写体、写真家の思想によって、様々なジャンル、カテゴリーがありますけれども、もし「男性マゾヒスト」を撮らせるとしたら、誰がいいでしょうか?

 僕にとっては、自分の惨めな姿を撮影して下さる、セッション中の女王様が、この世で最高のフォトグラファーとなります。

 今回ここでご紹介している写真は、僕のビギナー時代のもので、忘れ難い一枚。

 僕は全裸で首輪、手かせ、足枷を装着されて四つん這いにさせられ、鏡の前に連れていかれます。

 そこで女王様が僕の背中に脚を乗せて、一休みして寛いでいる時のもの。

 その時に女王様が、何気なくスナップショットを撮影されたのです。

 どんな気分? 今、ナニを考えているの?

 この頃の僕は、とにかく顔面騎乗をして欲しくて、こんな「人間家具」みたいな、お上品なプレイはすっ飛ばして、はやいとこ僕の顔の上に座ってくれないかな〜、みたいなコトを考えていました。

 もちろん、そんなコトは口にはしません。

 まだ僕もビギナーでしたから、かなり緊張していました。

 よく覚えていませんが「恥ずかしいです」とか、「惨めな気持ちです」とか言ったかと思う。

 後になってから、この写真を、しげしげと見ていて、思ったのです。

 客観的に見ても、このシーンはそれほどエロティックでもなく、刺激的とは言えないのかもしれない。

 ただ、後づけではありますが、かなり芸術的で、魂を揺さぶる感動的な作品だと思います。

 鞭で打たれるでもなく、顔面騎乗されて悶えているでもなく、ただ、じっと四つん這いになって跪いている静かな場面。

 個人的には「聖なる時間」が見えます。

 おそらく退屈しているであろう多くの鑑賞者にとって、唯一つの関心は、この四つん這いで跪いている男(=僕ですが)が、どんな顔をしているのだろうか?ということぐらいでしょうか。

 初心者ゆえの羞恥心に、引きつった表情をしているのか?
 
 それとも、基本的なマゾヒズムの歓喜にウハ〜!状態で舞い上がっているのか?

 何も知らない観賞者側にとって、そこのところは推測するしかありませんが、男の表情が見えないところに、この写真の芸術性がある。

 一般的な鑑賞者には、知り得ない真実として、僕が被写体本人だから言える事実は、それほど期待通りのプレイにはなっておらず、やや欲求不満を募らせている・・・といった表情なのです。

 しかし、そんな事実はどうでもいい。見る人の目には、各自のイマジネーションで、それなりにダイナミックな物語が想像もされ、多少なりともエロティックな、思い思いの FemDomファンタジーの世界が写し出されているのではないでしょうか。

 そういう余白の多い、洗練された一瞬を捕らえているこの写真は、純粋に精神的でかつ記号的な象徴性を放つアート・フォトの典型とも言えそうです。

    ↑ イエネ〜よ! (。。)☆\バキ。

 まぁ、自分が写っているのに、芸術的な写真だと言うのもド厚かましいのですが、この写真を冷静に見ることで、当時の現場では判り得なかった自分を、己自身を「他者」として、つまりマゾヒストとしての自己同一性を、初めて認識できたような気がするのです。

 これが芸術の持つ力だとも思うのですが、僕自身はこの場合、ある種の特権的な鑑賞者であり、勝手な思い込みに過ぎません。

 しかし、ほとんどあらゆる鑑賞者が自由に、自分勝手に解釈していいのです。

 芸術が常に爆発するとは限らない。

 この写真の撮影者である女王様には、特に意図はなかったであろうと思います。

 しかし、意図的にしろ、何気なしにせよ、30数年も過ぎた今、僕にとってはアーティスティックに捉えられた「作品」となり、普遍性を獲得しました。

 この時のふとした行為、言葉が昨日のことのようにありありと、鮮明にその記憶が蘇ってくる神秘には芸術性を感じざるを得ない。

 そしてそのことに、感謝せずにはいられない。

 女王様も、確かあの時、そのようなことをおっしゃっっていた。

 「私に感謝しなさい。あなたを、そういう気持ちにさせてあげたのだから」

 これは先ほどの、「どんな気分?」と聞かれて「恥ずかしいです」と応えた時の場面です。

 セッション中に女王様から「感謝しなさい!」とは、よく使われる台詞です。

 口では感謝していますとか、ありがとうございましたとか言っていても、当時は感謝の気持ちが足りなかったと、今頃になってもう手遅れですが、反省しています。

 女王様、本当にありがとうございました。

 女神様が撮ってくれた写真

 


■ マゾ写メ
M男的台詞付画像_T1


■ 柊一華写真展「ガールズ」のエクスタシー
Girls_Photo_Ruiko.jpg

 


[ 2022/08/30 16:52 ] マゾの思い出 | トラックバック(-) | CM(5)

春川ナミオの日記シリーズ The Diary 

日記シリーズ_1

 時々、海外の読者から春川さんのイラストに関してお問い合わせを頂きます。
よくあるのが、絵の中に書き込まれているキャプションや、タイトルなどの日本語について。

 「なんて書いてあるの?」「どういう意味ですか?」という、質問をされました。

 絵の中では文字データとしてウエブ上では現れていませんから、コピー&ペーストで翻訳ソフトへ持っていけません。
 
 春川さんご自身による手書き文字もたまにあります。

 僕が「ダイアリーシリーズ」と勝手にカテゴライズしている作品群がそれです。

Diary_010.jpg

 この手書き筆跡の文言は、言うまでもなく、そこにいる女王様目線の日記です。

 時々、M奴隷視線とも読める場合もあって、興味深いものがあります。

Diary_03_20220825172446be3.jpg

 部分的に少ししか見えなくて、全文を読むことは出来ないのですが、だいたい予想はつく。

 この不完全性が、読み手にイマジネーションを発揮させてくれる機会となり、絵によりいっそうの深みを、美しい輝きを加えます。

 よくある「M男的台詞付画像」ではないけれど、この類いの文言には、思わず感情移入して引き込まれてしまいます。

 ほとんど文芸作品の世界に近くて、春川さんのまた別の一面を垣間見る思いが致します。

Diary_10.jpg





■ 春川ナミオの幻の流出原画
春川ナミオ_サン出版流出原画

 ■ 挿絵画家としての春川ナミオ
ダメ男M日記_01
 
■ 春川ナミオのストイックなペニス描写について
ペニスが強調されることがあまりない_1








[ 2022/08/26 16:34 ] 試験に出る春川ナミオ | トラックバック(-) | CM(4)

死後のコレクション問題(仮) 

 恥の多い人生を歩んできました。

 余談ですが、mugiさんのエッセイコミックは、どこを読んでも、思わず目頭が熱くなってしまいます。

 ちなみに、僕が最も泣けたシーン(コマ)の一つがこちらです。



 コレはね〜、心当たりのある人も多いんじゃないでしょうか?

 SM雑誌はかさばるし、保管が難しいから、僕も春川さんのページだけ切り抜いて、ストックしていました。

 この作業自体も、けっこう泣けるんだよね (>_<)

 どうせ残りはほとんど女性緊縛写真やらS男M女向けコンテンツばかりだったから、未練はなかったけど、媒体としての資料的価値には、少し未練にも似た、後ろ髪ひかれるような思いはしていたと思う。

 しかし、平成に入ってからはそうもいってられなくなっていました。

「女王様バイブル」や「スナイパーEVE」など、全ページM男向け記事満載の専門誌がゾクゾク登場します。

 切り抜くところが多すぎる!

 だったら、丸ごと保存すればいいんだけど、とにかくボリュームを減らそうと、M系コンテンツの断捨離を敢行せねばなりません。

 それもまた苦渋の決断で、時間はかかるし、もうめんどくさいから、やっぱり全部捨てるしかないのかも。

 自分が死んだ後のことなんだから、恥ずかしいもクソもないもんだが、遺された人達に、気まずい思いをさせてしまうのはまずい。

 だけど、変なハナシ、僕は人間の意識というのは、死後も残るんじゃなかろうかと、無責任に思っています。

 ま、幽霊や妖怪を信じているわけではないですが、何か漠然と、そんな気がするのです。

 認知症のはじまりかな?

 部屋の中で、M雑誌の整理をしている時、スマホをポケットに持っていながら、スマホを探しまくるというおバカな失態を演じましたが、これは恥ずかしかった。  

 それはともかくとして、逝く時は、なるべく誰にも迷惑をかけずに、逝きたいものです。

 だから、本当に認知症になって、要介護のステージが3とかになっちゃったなら、安楽死させて欲しいです。

 人間いつ死ぬかはわからない。

 終末期の延命治療を拒否する程度の調整はかろうじて可能かもしれないが、基本的に大災害、事故や事件などで突然の不幸に巻き込まれるリスクは誰にだってある。

 コロナもまだ油断できない。

 明日、いや、今日死んでもいいように、身辺整理はきちんとしておきたい。

 それはにはまず、恥ずかしいコレクションの断捨離だよ・・・(>_<)



 ■ 死後のコレクション
絶対に秘密


■ 外国の FemDom メディア
keel


 
 *最近は海外の読者も増えました。mugi さんの春川ナミオ追悼コミックを英訳したページのリンクをまとめておきましたので、Giive it a try man !


English version of "Namio Harukawa Forever ! "
       〜 The essay comic by mugi - san.



Namio Harukawa Forever !  #1


Namio Harukawa Forever !  #2
mugi_p02_20211103191530bc1.jpg

Namio Harukawa Forever !  #3


Namio Harukawa Forever !  #4


Namio Harukawa Forever !  #5
Mugi_p05.jpg

Namio Harukawa Forever !  #6


Namio Harukawa Forever !  #7

Namio Harukawa Forever !  #8

Namio Harukawa Forever !  #9

Namio Harukawa Forever !  #10

Namio Harukawa Forever !  #11

Namio Harukawa Forever !  #12

Namio Harukawa Forever !  #13

Namio Harukawa Forever !  #14

Namio Harukawa Forever !  #15




Namio Harukawa Forever !  #16









 

 








[ 2022/08/23 17:49 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(10)

ブーツとハイヒール、舐めるならどっちだ? 

舐めるならブーツ?

 この命題の前に、舐める場合はナマ足か?靴をはいた足か?という問題を解決しておかなければならない。

 あるM紳士が「生足は臭いからいやだ」などという不適切な発言をしていたが、その一方で

  臭いからよい 

などというMもいるからこの世界は奥が深い、というかワカラン。


 このことは、足コキされるなら、素足であるべきか、それとも靴下を履いているべきかという問題にも通じる。

 さらに履くならルーズソックスかパンティストッキングかという悩ましいオプションも発生する。

 この考え方を突き詰めていくと、顔面騎乗はナマ(素尻)がよいのか、下着越しの方がよいのかという高尚な判断にも影響し、フェティッシュ的には多大な影響が予測されるため、慎重な考察を要する。

 いずれにしても、そこが清潔であることが大切である。 

    ... たとえ臭くても(>_<)

 ロングブーツだと脚のナマ領域を舐めるチャンスが薄いが、素足にハイヒールだとナマ領域も同時多発的に舐められる可能性が残されている。

 どうでもいいか、そんなコト(>_<)









【関連エントリー】

■ マゾとサドはどちらがより変態か?

■ レズとS女はどちらが変態か?

■ ホモとマゾはどちらがヘンタイか?

■ マルキ=ド・サドとマゾッホの会話

■ 文豪座談会



[ 2022/08/21 18:40 ] フェチの世界 | トラックバック(-) | CM(5)

本当の自分は、マゾの時になれる 

本当の自分

 
 本当の自分って、何だろう?

 仕事をしている時の自分?

 家族と一緒にいる時の私?

 独りでいる時の孤独な己自身?

 それとも、SMクラブの女王様の前で平伏している変態な俺?

 人間にはいろいろな面があるとして、いったいどれが本当に一番自分らしいのかを考える時、迷ってしまう。

 一時的に今だけ、お馬鹿なことやってるけど、こんなの本当の自分ではない、と思っている。

 しかし、それは偽善だ。

 最近コメントして下さる方で、「普段のわたしと、プレイ中のわたしの両方とも、自分だと思っています」というのが心に刺さりました。

 少なくとも、日常の一般人としての自分は、SMをやってる時の自分とは別だと思っていましたが、そんなワケないですよね、よく考えてみれば。いや別によく考えてみなくても。

 それでも、やはり、全く同じではない、と思いたい・・・

 どのような自分であれ、これが本当の自分だ!と誇らしげにカミングアウトするのは、難しい。

 それが公的に誇れるようなことでも、恥ずかしいものがある。

 複雑で多様な現代に生きる私たちの人格は、一人ではなく、複数の「分人」であるという概念も登場しているようです。だとすれば、本当の自分に一番近いのは、誰になるのであろうか?

 本当の自分も、嘘の自分も、自分は自分。

 客観的に、「他者」としての自分を見つめるために、恥ずかしい自分の自撮り写真を眺めたりするようになりました。

 昔は目もあてられず、自分を軽蔑してしまったり、落ち込んだりもしたのですが、還暦を過ぎてからは、少し冷静に見つめることができるようになりました。

 しかも、こうしてブログで皆さんと共有することも、出来たりして、自分でも意外でした。

 他者と、世界中の皆さんと、共有させて頂くことにより、己のアイディンティティーを再認識することになるのではなかろうかとも思いました。

 恥ずかしい痴態を晒すことにあまり抵抗感がなくなってきたのには、マゾヒストとしての自分が、そのおかしなオカシナ性癖を満たすためのカタルシスなのではなかろうかとは思います。

 そんな自分勝手な自己主張も、皆さんにとってはいいご迷惑でしょう。

 本当に申し訳ありません。

 正直なところ、これが本当の自分だ!と自己主張する気にもなれないのです。

 ただ、それを承知で、お見苦しい画像をこれまでにも紹介してきましたが、こうすることで、自分の魂を解放し、本当の自分自身を見つけることが、もしかしたらできるのかもしれない・・・ とも感じております。

 悪趣味な写真を公開するんじゃネ〜よという声も聞こえてきそうですが、それでも見たいとおっしゃって頂ける奇特な読者もわずかながらいらっしゃることもあり、これからもご紹介してみたいとは、考えております。(考えているだけですが・・・)

 


■ ご挨拶の儀式の魅力
ご挨拶

■ 記憶しておこうと思う
RealME_Ritual_GTOP_Memory.jpg

■ 本当の自分になれる時
本当の自分・女王様の前でご挨拶

■ 黒いハイヒールの眩惑
ほらほら

■ 感動の人犬プレイ
エクセレント








[ 2022/08/19 11:33 ] マゾの思い出 | トラックバック(-) | CM(8)

ご挨拶の儀式の魅力 

ご挨拶

 何度でも書かせて頂きますが、「ご調教お願いします」の儀式が大好きです!

 これをやっとかないと、モードが切り替わらない、というのもありますけど、確かに「呪術」的というのか、祝祭というべきか、精神的、もしくは宗教的な意味合いも大きいと思います。

 よくある台詞を自分なりにカスタマイズして、台本に書いた通りの文言で、心を込めて、はっきりと、大きな声で言うのです。普段は言えない、恥ずかしくて声に出せない日本語。

「親愛なる女王様、この愚かな私めを奴隷にして頂きましてありがとうございます」

 とかなんとか、これを呪術と言わずして、何と言うのでしょう。

 ただのお馬鹿? そうかもしれません。

 いずれにしても、三文芝居で大根役者がアホな演技をすることに変わりありません。

 でも、そこがいいんですわ。なんともいえない哀愁を感じます。

 昔は緊張して上手く言えなかったけれど、だんだんとこの儀式、呪術的な意味の重傷性を認識して、大切に、厳かに行えるようになってきました。

 最近からトップ画面に使用している上の写真は、その儀式が上手くいったところで、特にお気に入りの場面となっています。

 土下座して、平伏してご挨拶がなんとか上手くいった後に女王様が、

 「よく出来たわね。お顔をもっとよく見せて」

  と、アゴの下を足の先で持ち上げたところです。

 そして、僕を見つめてニッコリと微笑んでくれました。

 たったそれだけのことなのに、僕は感動して、胸がいっぱいになってしまいました。

 自分でもおめでたいヤツだと思う。

 でも、この時こそが「本当の自分」なのだと、確信できた。

 女王様に喜んでもらえる一瞬というのは、セッションの間で何度か体験することがありますが、まだセッションは始まってもいないのに、こうした、まったりした雰囲気でしっかりと手応えを感じることができて、大満足です。

 もちろん、この後で あんなコトや、こんなコトもやらされたり、やって頂いたりもしたのですが、そういうエロティックなファンタジーの実現よりも、彼女の笑顔を、落ち着いて拝むことができたことが、本当に嬉しかった。

 まだ、顔面騎乗もされていなければ、どこも舐めていないのにも関わらず、ぐっと距離感が近くなったことを確認できたことが、最高の喜びに感じられました。

 お金を払って、お客の立場で三文芝居につき合って頂いているだけなのに、そこに、わずかな絆、関係性を感じることが出来たような気がします。

 性的な快楽とはまた別の、本当の自分の真実と出合うことは、人生で貴重な体験だと思われます。



■ 記憶しておこうと思う
RealME_Ritual_GTOP_Memory.jpg

■ 本当の自分になれる時
本当の自分・女王様の前でご挨拶

■ 黒いハイヒールの眩惑
ほらほら





Cpq859a8.jpg










 
 




[ 2022/08/16 11:40 ] マゾの思い出 | トラックバック(-) | CM(4)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

8位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング