fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

幻の絵コンテ ⑤ 

復讐の檻_06

 高校時代からSMクラブ通いしていたとカミングアウトされたコメンテーターがいたが、あの時代にそれが可能であったということ、しかも港区民だったということは、かなり育ちがよろしかったのであろう。
 
 それでなくとも、十代で逝く勇気、その決断力に驚かされる。

 30歳過ぎてから遅咲きで逝った人もいるようだし、僕などは標準レベル?だったのであろうか・・・

 僕が初めて逝ったのは大学生の時だったが、悩みに悩ぬいて、やっとの思いで決断した覚えがある。

 本当に、逝ってもいいのだろうか?

 そんなことが許されるのか?

 いざ現実的に実行可能となった段階で、怖じ気づいていた。

 遡ればそれは、ショー学生の時から追い求めていた、人には言えぬ、見果てぬ夢であった。

 実際のところ、バイト代を積み立てた秘密の「M預金」だけでは足りず、親からの仕送りで補填。

 なんとか、やりくりしたが、それがまた罪悪感というか、ウシロメタくて・・・

 両親は僕が東京で勉学に勤しみ、立派な大人になることを願って、送金してくれている。

 そのかけがえのない、貴重なお金を、SMクラブで女王様に顔面騎乗されるために使うだなんて、誰がどう考えても、親不孝にもほどがある。せめて就職してから、自分で稼いだ初任給でまず親に感謝の気持ちの贈りものをしてからにすべきだった。

 これほどナサケナイ自分にも、良心の呵責ってもんがある。

 いや、もう良心そのものがない。しかし、両親はある。(イヤ、シャレでなくて)


 僕の青春時代は、特に何かに打ち込むという情熱は持てずに、その日その日を、何ものかに追われるかのように、それなりに、いや、かなり真面目に送っていた。

 ほどほど裕福で、比較的恵まれた環境にいて、何かに必死になりたかったのかもしれない。

 そして何となく、実態のわからない夢を情熱的に追い求めていたような気もする。

 そのような「表」向きの熱意とは別に、肉体的、精神的コンプレックスからくる、暗い負の情熱が、マグマのように噴出口を求めて、渦巻いていたのではないかと、今になってからは、思うのである。

 港区六本木での初めてのSM体験によって僕は、眩しい青春の喜びと、人生の苦悩に目を開かされた。



 アレ、なんのハナシでしたっけ?

 あ、「復讐の美尻」は、中古DVDがまだかろうじて流通しているようですので、見ようと思えば見れるかもです。

 この作品の監督は春川氏本人で、そういう意味からも見逃せない作品だと思います。




幻の絵コンテ ①

幻の絵コンテ ②

幻の絵コンテ ③

幻の絵コンテ ④





[ 2022/09/22 18:27 ] 試験に出る春川ナミオ | トラックバック(-) | CM(12)

敬老の日のマゾ 

敬老の日のマゾ

 このブログをお読みになられている方々も、昔に比べれば高齢化が進んでいると思われます。

 両親や自分自身も含めて、僕は「老い」というものを、これまで見て見ないフリをしていた。

 足腰が弱くなったり、物忘れや勘違いが酷くなったりしても、差し迫ったものは、あまり感じられない。

 少なくとも、マゾヒズム的には。

還暦マゾ_1

 今回シェアする写真は「花奴隷」という雑誌の、別冊グラビアでよく目にしたものです。

 このおじさん、当時ほぼ還暦なのですが(キャプションに書いてありました)、これを見た時の僕の年齢が20代前半で、こんなに老いぼれていても、SMできちゃうんだ!と衝撃を受けました。

 SM雑誌のグラビア写真には、M男の場合、モデルのなり手がいなかったのか、圧倒的に若い人が多く登場し、上のほうはせいぜい40代の中高年がいいとこ。

 ロリマゾという言葉も昔ありましたけれど、マゾの高齢化がすすみ、自分の孫の世代の女王様の調教を受けていらっしゃるご同輩もおられるのでしょうか・・・

還暦マゾ_2

 今、僕もすでに、この時の還暦Mオヤジの年齢を越えております。

 自分が「老いぼれ」ているとは感じてなくて、みっともない言い方をすれば、まだまだ若いものには負けんぞ〜!的な気分です。

 少なくともマゾヒズム的には。

 青春時代は終わっても、マゾおやじとしての人生は、本当にまだこれからだと思う。

還暦マゾ_3


 人生は短く、儚いなどと申し上げるつもりもございませんが、現実を、本当の自分を見つめる勇気を持ちたいと願っております。

 その上で、楽しい妄想やファンタジーに耽るのが、健全な逝き方ではなかろうかと・・・

 











[ 2022/09/19 12:53 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(13)

Absolute Domain ! 絶対領域主義 

持続可能なマゾヒズム

 太ももを鷲掴みにして、絶対領域を舐めようとしている浅ましいM男。

 許されない謁見行為とはいえ、正直、羨ましい一瞬でもある。

 女王様が手にしている痛そうな鞭が、この後のお仕置きを暗示している。

 お許しもなく、思わずやっちゃったのかよ?

 それとも、常識的にはお許しがあってのことだとは思われるが、そこのところの判断が、なんだか曖昧な、難しい一瞬をとらえているとも言える。

 ある種の制限のもとで得られる自由の喜びは、一般社会での民主主義にも通じ、SMプレイ時におけるマゾの自由主義を支える概念であろう。

 しかし、規範を敢えて犯して罰を受けるという、別の「自由」もある。

 マゾに自由などない、と女王様は言うだろうか?

 本来は、原則として、けしてないはずの自由を、与えてくれる女神様が、実は女王様だということを、人々は知るべきであろう。

 







■ スタジオ・ジブリが顔面騎乗のアニメを作らない理由について
顔面騎乗大好きです by 宮崎駿





[ 2022/09/18 20:03 ] 憧れの一瞬ギャラリー | トラックバック(-) | CM(7)

幻の絵コンテ ④ 

復讐の檻_05


 しばらく中断していた春川さんの幻の絵コンテをご紹介します。


 これは昔、春川さん自らが企画され、北川プロからリリースされたビデオ作品「復讐の美尻」の原案のラフ・スケッチです。

 このスケッチブックは、絵としては未発表のものでして、次世代に伝えたい文化遺産として今回、初めて公開するものです。

 便宜上ラフという言い方をしてしまいましたが、とてもラフとは思えない、緻密な構成になっています。




幻の絵コンテ ①

幻の絵コンテ ②

幻の絵コンテ ③







[ 2022/09/17 18:00 ] 試験に出る春川ナミオ | トラックバック(-) | CM(2)

医療的な顔面騎乗 

医療的顔面騎乗

 慌ただしい日常の中で、自分を見失い、心身ともに疲れてしまう。

 時には立ち止まって、本来の自分自身を取り戻すことが大切です。

 顔面騎乗は、そのための有効な手段です。

 裸で仰向けになり、姿勢を整えます(調身)

 これからのことを念頭に、呼吸を整える(調息)

 そして、心を静寂に保つ(調心)

 最後に、女王様に顔の上に座って頂きます。

 たったこれだけで、心身が解放され、肩こりや腰痛も緩和されるなど、医学的にも有効な効果が報告されています。

 女王様の体重を顔で受けとめることに不安があり、負担が大きすぎると感じる前期高齢者の場合、女王様には申し訳ありませんが、立った状態で奴隷が顔をお尻にくっつけるスタンディング・スタイルが推奨されます。

 その際、女王様は男の頭を押さえつけて、お尻に押しつけるなどの「加療」をお願いします。

 淫らな気持ちを抑制する自制心も大切です。
 
 許可なく勝手に舌を伸ばしてはいけません。

 無心になり、解脱、悟りへの道も開かれています。

 顔面騎乗により、豊かで持続可能なライフスタイルを手に入れることができます。

 





■ 顔面騎乗の社会的評価



■ よくわかる顔面騎乗






■ 現代思想としての顔面騎乗 レヴィ・ストロースも好きだったかもしれない顔面騎乗



■ 顔面騎乗の形而上学  普遍的な文化芸術としての顔面騎乗

■ 顔面騎乗の宇宙 人類に残された最後の謎、顔面騎乗ワールド

■ 幸福な顔面騎乗

■ ファッションで見る顔面騎乗

■ 顔面騎乗の美学
 
顔面騎乗はとてもストイックな美学の羞恥で、必ずしも性的快楽を目指すものではないのです。


■ 初心者S女のための顔面騎乗教室

■ 彼女に顔面騎乗をしてもらう9つの方法

■ エリック・スタイルの顔面騎乗

エリックの顔騎_B


■ 顔面騎乗に適したお尻とは?


*参考画像:形として顔面騎乗に適したお尻



■ 高貴な顔面騎乗

高貴な顔面騎乗


■ 幸福な顔面騎乗

■ 本当はツライ顔面騎乗 ま、そりゃそうだわな(^^;;;)


*参考画像:神様に感謝する顔面騎乗



■ 人間椅子

■ 顔面騎乗に市民権を与えた男

■ 試験に出る春川ナミオ

■ 試験に出る顔面騎乗

■ 試験に出るSM





[ 2022/09/14 19:27 ] 顔面騎乗探求 | トラックバック(-) | CM(8)

グエンドリンの冒険 

グエンドリンの冒険

 ジョン・ウイリーの代表作にグエンドリンの冒険というのがあります。


 金髪でグラマラスなグウェンドリンは、親の遺産で細々と田舎に暮らす世間知らずな少女。

 彼女がさまざまな困難に巻き込まれながら、悪漢に拘束され虐められるという、典型的なボンデージ・コミックです。
 
 この物語の悪役でグウェンドリンの最大の敵が、髭をはやしたチビの三流貴族、ダーシー卿 (Sir d'Arcy)。

グエンドリンの冒険


 英国のSardaxは、この古典的な素材をもとに 換骨奪胎した「グウェンドリンの復讐」というシリーズを描いています。

グエンドリンの復讐_01

 本来ならば、S男的キャラのダーシー卿を、M女ではなかったけれどもかよわき乙女的なグウェンドリン嬢が支配して虐めるという、これまた典型的な逆転の構図が描かれる。

 古典的・伝統的な Fem-Dom ファンタジーの王道をいく物語が、Sardax の見事な筆致で楽しめます。


グエンドリンの復讐_02

 この絵では、ペニスに紐をつけられているようで、ぶらチンポの伝統を踏襲しているように見えます。

 原作のファンが見たらどう思うのか微妙ですが、S男性なら憤慨するのでしょうか。

 FemDom嗜好で、元ネタのダーシー卿がS系だと知っていれば、この構図はたまらない。

 これも言い方を変えるといわゆる「二次創作」あるいは、パクリの一種という見方もありえるのでしょうが、原作をリスペクトした、新しいオリジナリティという見方も可能だと、僕は思います。

 まぁ、パクリばっかりやって自己満足してる僕が言うのもおこがましいとは思いますけど、Sardaxのこのやり方は筋が通っていて、粋だと感じる。

 仮にパクリだとしても、その手法、見せ方に巧みの芸があり、感動させてくれる。

 彼は一流の芸術家・画家だと思う。



【関連エントリー】

■ Sardaxの世界







[ 2022/09/10 09:00 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(4)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

8位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング