fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

忘却とは忘れ去ることなり 

Whhipping_Serving_6.jpg

 忘れえずして忘却を誓う心の悲しさよ・・・

   ぁうぅ... ・・・恥の多い人生を歩んできました。

 忘れたくても、忘れられない、心の染みのような思い出。

 君の名は、・・・ ぅ... 女王様 (>_<)・・・  

 SMプレイの思い出というヤツは(僕にとっては)、そういうアンビバレントなものです。

 セッション中の精神状態は、とてもまともではいられなかった。

 当時の映像記録を、オソル恐る見ているだけで、気が狂いそうになる。

 念願の夢を実現させたくて、意を決して行ったはいいが、散々な目にあって討ち死に。

 夢破れて精子あり。 ぅ...ぅ... なかなか思い通りには逝かない...

 それでも、思い起こせば、たまには、報われるような体験もしてきました。

 今回はそんな思い出のひとつをご紹介してみたいと思います。

ご奉仕中にケイン


 もしかした、女王様に鞭で打たれるかもしれない…

 そんな思いにビクビクしながらご奉仕するのは、よいものだ。

 一生懸命にご奉仕しているのに、舐め方が悪いと、ビシッと鞭が飛んでくる(>_<)

 そんな(ごく普通の?)プレイを昔は、かろうじて、していたこともある。

 こちらの誠意が足りないのではなく、女王様にとってご不満な舐め方だと、ダメなのだ。

 まぁ、当然と言えば当然だろう。

 でも、女王様はお優しい(?)から、たとえご満足されていたとしても、

「舐め方がなってないのよ!」 ビシ!

 と、厳しく打ってくる...

 きちんと丁寧に舐めたくて、舌の動きをわざとではないが(わざとらしくではなく)ゆっくりにすると

 遅い!遅〜い!も〜っとスピィーディーに出来ないの? ビシ! バシ!

 どうやっても、お仕置きされてしまうぅう... (>_<) 

 *余談ですが女王様によっては、この部分はゆっくりして欲しいと依頼されるコトもあります

 もっとも、ぐずぐず、モタモタしていても満足される場合もある。

 女王様の、その気まぐれなバイブスは、気心が知れていても、測りかねる難しい領域だ。


 例えば、言葉責めに対する返答次第で、その後の展開は劇的に変わる。

 そういった「駆け引き」みたいなものも、セッションの醍醐味の一つだ。

3rdSession_Ponyplay_03.jpg

 オマエ、それできちんとご奉仕しているつもりなの?

 ぅぁぅぁ...  も、申し訳ございません。

 答になってないわよ! そんな舐め方で私が満足すると思っているの?

 うぅ・・・ あのぅ、努力しておりますぅ…

 オマエが本当にご奉仕できているかどうかを

 後で確認させるため、置きカメで撮影しているのに。


 あぁぁ… ありがとうございます。

 だけどオマエ、確認はそっちのけで、コレ見ながらオナニーするんでしょ?

  めっ、めっそうもございません! 

 嘘おっしゃい! 本番では上手く逝かないから、練習したいって言ってたじゃない?

 ぅうぁぁ… イエ、あのぅ、その可能性が高いとは言えませんが、誠心誠意、

 映像を見て、今後の舐め方の改善策を模索したいと存じます。

 「舐め方」ではなくて、「逝き方」の改善が目的のクセに!

 ぁあ…ぅう イエ、ソノ・・・ ぉ、ぉ お許し下さい....

 射精する決定的瞬間を、後で賢者タイムに自分の目で見たいんでしょう?
 
 ぅうぁ… (>_<)  その・・・ぁぁ… そ、そんなことは・・・あります

 じゃあ、見せてあげるワ!

 今すぐ、私のお尻を舐めながら、オナニーしなさい!


 ええ〜? よ、よヨヨ、よろしいんですか (^^) ?

 私が許可を与える前に逝ったら許さないわよ!

 オマエ、全てがのろいクセに、逝くのだけ早いんだから。うふふ・・・


 (*奴隷は女王様のお尻を舐めながら自慰を開始)

  はぁ...ハァ (>_<) ぅぅぅ... ぁぁぁ

 そうそう、いいじゃない♥︎ その調子で、アナルのシワとシワの間も丁寧に

 もっと舌を伸ばして!


忘却とは忘れさること

 アラ? オマエそこ、大きくなってきたわねえ。でもまだ逝っちゃダメよ!

 これからは、オマエが射精出来るのは、私のお尻を舐めている時だけなんだから!


 ぁぅううぁあ… (>_<)   

   どぴゅんっ どぴゅんっ 



  彼女は言葉責めがとても上手で、アドリブでオリジナリティあるツッコミをどんどん入れてくる達人でした。

 事前のプレイ内容カウンセリングで、置きカメ撮影をお願いした時に、

 「後でおかずにするんでしょ?」

 という痛烈なツッコミがさりげなく巧みで、まいっちゃったんだよね・・・(>_<)

 そしてその後で、彼女はこんな風におっしゃって下さいました。

 私なんかでお役にたてるのかしら? あまり自信ないけど、よろしくお願いします。ウフフ...


 知的で謙虚で、気品もある聡明な淑女でした。

 その年齢のわりには威厳もあり、上品で本当に一期一会の、素敵な女王様です。

 (*最近のトップ画像で、お馬さんごっこをして頂いている女王様です)

 実は、その凄まじい美貌に一目惚れし、彼女のデビュー時に衝動的に指名してしまい、酷い目にあって、トラウマにもなった女王様でした。

 まぁ、美人だから仕方がないや(← 当時はこんな程度に考えていました、スミマセン)

 安直に指名した僕が悪い。彼女はビギナーにしては一生懸命やってくれた。
   (*初回のセッション時、まだ女子大生でした)

 その時は、地雷を踏んだと思い、「もう二度と指名しない!」と思ったものでしたが、どういうわけだか... 惹かれるものがあり、ナンダかんだで、十年程のお付き合いとなりました。一期十会か二十会ぐらい、僕が入った女王様としては最多・最長です。

 瞬く間にドミナとして急成長され、人気ナンバー・ワンとなってからはリピーターとだけの限定セッションとなり、数年前に引退されましたが、永遠に忘れることの出来ないエクセレントな女王様です。

 この出会いには心から感謝しております。本当にありがとうございました。

エクセレント



 思い出には「なかったことにしたい」負の遺産として残るものも正直、あります。

 しかし、恥の多い人生は、意外と短かい。

 還暦も過ぎ、高齢者となった今では、懐かしみながら楽しく思い返すこともできる。

 忘却とは、忘れ去ることではない。

 忘れたいことを、未来に活かすことなのだ。

 凹むことも多かった人生は、振り返れば、たいしたことがなかった気がする。

 どなたかも仰っていましたが、心の傷は消えても、思い出は消えない。

 断捨離が流行っている時代ですけど、モノには使えても、心には使わない。

 捨てるのではなく、苦しかったことを楽しい思い出に変換していくのが、いい人生だと思う。

 忘却で楽になるより、何度も思い返して楽しむことができるようになるほうがいい。

 忘れ去らずに、慈しみ、哀愁を楽しんで逝ければと、願っています。

 タダでさえツラいことの方が多い人生なんだから、なるべく楽しまなくっちゃ!

 でも自分だけが楽しむんじゃなく、女王様ファーストであるべきなのは言うまでもない。

 女王様に楽しんで頂くことが、僕の喜びであり、老後の楽しみなのです。

      (もう老後だが・・・)






■ 記憶しておこうと思う
RealME_Ritual_GTOP_Memory.jpg


■ 感動の人犬プレイ
エクセレント

■ 黒いハイヒールの眩惑
ほらほら







[ 2022/11/25 16:20 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(6)

速報!国連が性癖多様性をCOP27採択? 

性癖多様性

 地球環境保全のため、気候変動や温暖化の次に重要な項目として、「性癖多様性」の尊重についても議論するべきであるとの基本的な合意に達し、国連枠組条約国締結会議(COP27)が閉幕した。

 これにより、フェティシズムやマゾヒスムなど、持続可能であるにも関わらず、これまで軽視・差別されてきたユニークな性的倒錯の維持や推進を、自然保護のための新たな国際目標として設定できるかが、今後の大きな焦点となる。
 
 19世紀末からソーホーの売春宿などでの鞭打ち(いわゆるSMプレイ)を法的に放置、放任してきた英国を始め、女性崇拝・女性による支配を理想とするOWKを陰で支援してきたチェコスロバキア政府などが、発展途上国でも安心してSMプレイが楽しめる都市開発に向けての、精子放出削減の採択を目指すと見られる。

 現場からは以上です。

 ジュネーブの国連本部前から、MHKの特派員、ヒロ・森田がお伝えしました。



 いや〜、そうなんですか。国連の後押しがあれば、SMクラブとかで女王様にもっと恥ずかしいことを、言いにくいことをお願いできるようになりますよね。

 例えば、ストッキングはいてもらった脚にチ●コをこすりつけて射精させて下さいとか・・・

LindaLegHump_4.gif

 限りある精子という資源の「損失と被害」という概念を、世間(とSMクラブの女王様)がもっと認識することによって、マゾヒストがより暮らしやすい社会が実現されることを願っております。

 
4_Cum_結

 精子の無駄遣いは控えよう! 女王様の許可なく射精することは国連条約違反になります。

 M男は持続可能なオナニーを実践して地球環境保全に貢献しなければ(>_<)















[ 2022/11/21 19:23 ] たわごと | トラックバック(-) | CM(12)

深いブログを楽しみながら・・・ 

tomomi_Img.jpg
 
 僕が長年愛読している、「深い流れにとまどいながら...」も、随分と長い歴史を持つ老舗のM男系ブログになります。

 毎回、ダイアローグと画像を楽しみに拝見しておりますが、この画像が胸に突き刺さりました。

 もし僕がSardaxに、女王様に捧げるツーショットの肖像画を依頼するとしたらば、tomomiさん作成のこの画像を見せて「こんな感じでオナシャス!」てな感じで依頼するんだ!

 (もっと丁寧な言葉使いにするのは言うまでもない)

 どこからどうみても、毎度おなじみのコラージュだと思われますが、そう言いつつ合成とは思えないほど自然に仕上がっていて、コレ凄いですよ。神ってるって。

 男性の頭部をアソコにここまで巧みにはめ込む技術は、さてはTomomi氏、並大抵のフォトショッパーではあるまい。

 僕も昔のバージョンのAdobe Photoshopでキャプションの合成ぐらいしかやってませんが、弟子にして下さい tomomiパイセン(>_<)

 近年稀にみるFem-Dom Photo コラージュの最高傑作だと思います。
 
 室内や家具の配置、後方の画中画にしても、上品で優雅で、素晴らしい。

 この画面構成のセンスは、光と影の画家・フェルメールと同等か、それ以上でしょう。

 日本人の洋画家で言えば黒田清輝とか、tomomi パイセンは外光派の画風を研究されていらしゃるのでしょうか。

 絵画的な美しさもさることながら、全裸で正坐してのご奉仕が、「粋」というか、日本人の伝統的な価値観と美意識が Fem-Dom Artと見事に融合して、世界に通用する素晴らしいインパクトを感じます。

 かなり乱暴な言い方すると「わび・さび」ですな。

 このようなところも、Sardax氏にアピールできそうな構成になってます。

 僕のブログがモノローグ形式の自己主張が多いの対して、tomomi さんの場合、主に女王様との会話で構成されています。クオリティの高い言葉責めのオンパレードで、読んでいるだけでドキドキさせられるのですが、tomomi さんの実体験も反映されているのか、説得力、迫力があります。

 もしかしたら妄想や叶わぬ願望も交じっているかもしれませんが、リアリティもあって、文学的にも読み応えのある内容になっています。
 
 秋の夜長に、読書の代わりにネットでMブログを読むのも楽しいひとときなのであります。


 あぁ… 美術と文学を愛する全てのマゾヒストにおすすめの「深い」ブログ.. うぅぅ


 その名も「深い流れにとまどいながら・・・」

 こちらの記事もおすすめ→ 昔の話…(3) もしくは マゾヒズムに花束を!


 今後とも楽しみにフォローさせて頂きます!


























[ 2022/11/18 18:04 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(2)

Rest in peace...ご冥福をお祈りして・・・ 

Rest_in_peace.

 この絵は、Mr.Sardax 氏の最近の作品ですが、彼のブログによれば、昨年亡くなられたあるマゾ紳士とそのプライベート・パートナーであり、ニューヨークのプロ女王様、Mistress Michelle Lacy さんの肖像画として制作されたものだそうです。彼らのコミュニティーの親しい友人たちがコミッション費用を募って、哀悼の意を込めてSardaxにこの肖像画制作を依頼しました。

 そういう事情を知らなくても、この絵には、何か心あたたまる詩情を感じざるを得ません。

 モデルのお二人はニューヨークのBDSMスタジオでセッションを共にしていました。窓の向こう側にも同じような、見覚えのありそうな陰影が見えます。

 そうした、おそらくはかつて活気に満ちていたであろう雰囲気を背景に、しとやかな場面として描かれている。

 ただ、描かれている男性は、もはや帰らぬ人。

 きっと、Sardax の絵のファンだったのでしょう。

 描かれている彼の所作は、Sardaxの筆致そのものです。

 まだお若く見えますが、もしかしたら美化されて、実際はご高齢だったのかもしれません。

 こうした、諸々の絵の向こう側にある「見えない背景」や知識、情報は、作品の観賞、解釈にもやはり、大きく影響します。

 それらを知らずに見るのと、知ってから見るのとでは、大きな違いがある。


 この作品は、死を直視した美を描いた希有な Fem-Domアートになりました。

 
 彼は女王様に恭順の意を現し跪いて、彼女の差し出す手にキスをしている。

 彼女が腰掛けている木箱の中には、いろいろな秘密道具がしまわれているのでしょうか。

 多くの鑑賞者にとって、見知らぬ故人のプライベートな肖像画に前向きな関心を持つことはないだろう。

 しかし、少なくとも近代絵画においては、肖像画のモデルというのはすでに帰らぬ人であることの方が多い。

 死を越えて、失われた時を示唆するかのように、静かな時間が、永遠に続いていく幻惑を見せてくれるこの絵は、僕の心を激しく打った。

 紛れもなく優れた、美しい芸術作品です。


 故人のご冥福を、謹んでお祈りします。




 ■ 春川ナミオさん、逝く








[ 2022/11/15 16:50 ] 無題 | トラックバック(-) | CM(4)

SMは筋書きのないドラマ 

起承転結の起

 以前、「言葉責めの矛盾」というエントリーで、海外のM男的台詞付画像を紹介しましたが、その作品シリーズのキーワードは Stroke ! Edge ! Deny ! Repeat ! という4つの動詞でした。

起承転結の承

 要はM男にオナニーさせておいて、絶頂の直前でお預けをくらわし、それを繰り返すという構成なわけで、わかりにくいけど、好きな人にはナイスなプレイなのでしょう。

 寝取られにも言えそうですが、判る人にしかワカラナイ、ワカラナイ人にとっては、全くわけのわからん世界という気がしないでもありません。

 でも、エスエムって、そういう世界です。

 国際的にも通用する概念で、英語では ruined-orgasm(台無しにされてしまうエクスタシー)とかナントカ言います。

 高度なスキル、ハードルの高そうな世界で、専門的な解説をされているサイトも見つけました。

起承転結の転

 ところで、この4つのキーワードは、いわゆる「起承転結」とも紐づいており、それぞれの動詞を命令形として使う言葉責めで、自分好みのアイドルや女王様に台詞として言わせて(埋め込んで)頭の中でコラージュして楽しむことができます。

 僕が昔、実際に行ったプレイのスナップショットを使って、この「起承転結」を構成してみました。

4_Cum_結

 寸止めとところで僕はいつも失敗し、逝ってしまう筋書きになってしまうのですが、きちんと女王様の命令を守って、何度も絶頂直前でストップしてもよし、ガマン出来ずに逝ってしまうのもよし。

 できるものなら女王様の言いつけを守り、忠誠心をおみせしたいところですが、命令違反という罪を侵してしまう禁断の快楽を味わうのも、一粒で二度美味しい部分ではないでしょうか?

 まぁ、女王様には申し訳ないですが、禁を犯してしまったお詫びに、「どのようなお仕置きでも承りまする〜」と土下座するという、定番の歌舞伎プレイでお楽しみ頂けるよう、つまり道化として立ち回る芸を極めてみたいです。

 予定調和も結構ですが、この後どうなっちゃうんだろう?というワクワク感のある方が楽しめると思うのです。

 



[ 2022/11/14 19:05 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(2)

なに勝手に逝ってるのよ! 

もう我慢できません

ついに、女王様のお許しもなく、射精してしまいました〜(>_<)

逝かせて頂きます女王様

 これこそが、誰にも見せられない本当の自分の姿なのだ。

  ↑ 見せてるじゃね〜か 

ナニ勝手に逝ってるのよ

 女王様の許可を得ないで粗相してしまったわけですが、特にお仕置きありませんでした。

 なぜか女王様は、満足そうな微笑みを浮かべながら「しょ〜もない奴隷だこと」とおっしゃいました。

FemDom 3Dにインスパイアーされて派手に逝ってるようにフェイクしてみましたが、実際はちょろちょろと染み出たように控えめ?なものであったことを、告白させて頂きます m(_ _)m







[ 2022/11/12 13:19 ] 昔ネタ | トラックバック(-) | CM(10)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

8位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング